モンペリエ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 モンペリエ 28 6 10 5 18 14 4 21

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-01-20
28:00
リーグ・アン
第22節
モンペリエ vs トゥールーズ
2018-01-28
リーグ・アン
第23節
パリ・サンジェルマン vs モンペリエ
2018-02-04
リーグ・アン
第24節
モンペリエ vs アンジェ
2018-02-11
リーグ・アン
第25節
メス vs モンペリエ
2018-02-18
リーグ・アン
第26節
モンペリエ vs ギャンガン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.01.17
27:00
リーグ・アン
第21節
アミアン 1 - 1 モンペリエ
2018.01.13
28:00
リーグ・アン
第20節
モンペリエ 0 - 0 モナコ
2017.12.20
28:50
リーグ・アン
第19節
ボルドー 0 - 2 モンペリエ
2017.12.16
28:00
リーグ・アン
第18節
モンペリエ 1 - 3 メス
2017.12.09
28:00
リーグ・アン
第17節
アンジェ 1 - 1 モンペリエ

基本データ

正式名称:モンペリエHSC

原語表記:Montpellier Herault Sport Club

愛称:MHSC、La Paillade

創立:1919年

ホームタウン:モンペリエ

チームカラー:青、橙

関連ニュース

thumb

モナコは後半戦ドロー発進で連勝が「4」でストップ…リーグ最高の堅守モンペリエを攻略できず…《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第20節、モンペリエvsモナコが13日にスタッド・デ・ラ・モソンで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽前半戦を7位で終えたモンペリエと2位のモナコによる後半戦初戦の上位対決。立ち上がりから上位対決らしい一進一退の攻防が続く中、18分にはモナコがロニー・ロペスのドリブル突破からボックス内に侵入したケイタがシュートを放つが、これは枠の右に外れる。 ▽対するモンペリエは今季お馴染みの[5-3-2]の守備的な布陣から鋭いカウンターとセットプレーで相手ゴールに迫っていく。この流れの中でピリスやペドロ・メンデスがゴールに迫るが、いずれも枠に飛ばすことができない。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。ジェメルソンの負傷でラッジをハーフタイム明けに投入したモナコは、立ち上がりの49分と50分にR・ロペスとケイタが際どい枠内シュートを放つが、リーグ最高のセーブ率を誇るGKルコントの好守に阻まれる。 ▽その後もポゼッションを握るモナコ、カウンターで応戦するモンペリエという構図の下、一進一退の攻防が続く。相手の堅守攻略を図るモナコはR・ロペス、ケイタに代えてヨベティッチ、ディアカビとタイプが異なる2人のアタッカーを投入。対するモンペリエはジョバンニ・シオ、イコネの2トップを下げて、ここ最近ジョーカーとして存在感を放つムベンザ、ドリーの投入で攻勢を強めていく。 ▽後半半ばから終盤にかけてはモンペリエのカウンターが猛威を振るうが、絶好機はモナコに訪れる。78分、ゲザルの右CKをゴール前に飛び込んだエンドラムが豪快なヘディングで合わす。だが、ゴール至近距離からのシュートをGKルコントが何とか身体に当てるビッグセーブで阻む。さらに試合終了間際の89分にはモナコがボックス手前の好位置でFKを獲得する。だが、ゲザルの直接FKはわずかに枠の右に外れた。 ▽互いに見せ場を作ったものの、結局試合はゴールレスドローで決着。この結果、前回対戦に続きモンペリエの堅守に手を焼いたモナコは連勝が「4」でストップした。 2018.01.14 05:56 Sun
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、カメルーン代表DFオヨンゴを獲得! ANC2017優勝に貢献!

▽モンペリエは2日、今シーズン限りでメジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトを退団したカメルーン代表DFアンブローズ・オヨンゴ(26)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号は「8」に決定。契約期間に関する詳細は明かされていない。 ▽母国カメルーンのコトン・スポルトでプロキャリアをスタートしたオヨンゴは、2014年にMLS所属のニューヨーク・レッドブルズにレンタル移籍で加入。その翌年にモントリオール・インパクトに完全移籍で加入すると、以降は左サイドバックのレギュラーとして公式戦72試合に出場し3ゴールを記録。今シーズンはシーズン序盤からレギュラーとしてプレーもヒザの負傷により長期離脱を強いられていた。 ▽また、2012年にデビューを飾ったカメルーン代表ではこれまで27試合に出場し3ゴールを記録。昨年開催されたアフリカ・ネイションズカップでは全試合に出場し、同国優勝に貢献していた。 ▽なお、モンペリエのローラン・ニコラン会長は、同選手の入団会見の場でオヨンゴの獲得に際して、同選手がモナコやセビージャ、マルセイユが来夏獲得を狙うフランス人DFジェローム・ルシヨン(24)の後釜を担う存在だと語っている。 2018.01.02 22:29 Tue
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン前半戦ベストイレブン】PSGから最多5選手を選出

▽2017-18シーズンのリーグ・アンは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆前半戦ベストイレブン GK:ルコント DF:D・アウベス、マルキーニョス、イウトン、ジョルジ MF:アワール、グスタボ、ラビオ FW:フェキル、カバーニ、ネイマール GKバンジャマン・ルコント(26歳/モンペリエ) リーグ・アン出場数:19(先発回数:19)/失点数:13<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リーグ最少失点の堅守を支える。今夏ディジョンから加入すると、モンペリエ最大のウィークポイントであった最後尾のポジションを一躍ストロングポイントに変えた。卓越したショットストップ、的確なポジショニングに加え、アクシデンタルな場面における冷静な判断力が光った。 DFダニエウ・アウベス(34歳/パリ・サンジェルマン) リーグ・アン出場数:21(先発回数:21)/得点数:5<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ネイマールと共にリーグタイトル奪還の切り札として加入し、その期待通りの働きを見せている。攻撃面では未だ世界最高峰の立ち位置にいるベテランラテラルは、押し込む試合展開が多いチームにおいてビルドアップやアタッキングサードの場面でさすがの存在感を示した。 DFマルキーニョス(23歳/パリ・サンジェルマン) リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前半戦のベストDF。若干23歳にして世界最高のセンターバックの風格を醸しだし、多士済々の各チームの主力アタッカーをことごとく封じた。前がかりなチームにおいて決定的な形でのカウンターを浴びる場面も少なくなかったが、卓越した身体能力と判断力を武器に無理の利く守備で堅守を支えた。 DFイウトン(40歳/モンペリエ) リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リーグ最年長のベテランセンターバックは今季も健在。[5-3-2]の守備的な布陣を敷くモンペリエの守備を完璧に統率。9月にはパリ・サンジェルマンを今季公式戦唯一の無得点に封じるなど、圧巻のパフォーマンスを披露し、リーグ月間MVP候補にも選出された。 DFジョルジ(21歳/モナコ) リーグ・アン出場数:15(先発回数:15)/得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽やや不作だった左サイドバックのポジションにおいて最も印象的なパフォーマンスを披露した。ブラジル産ラテラルらしいテクニックと攻撃センスを武器に、前任者メンディの後釜として及第点のパフォーマンスを披露。後半戦に向けた改善点はやや規律と繊細さを欠く守備面の改善。 MFフセム・アワール(19歳/リヨン) リーグ・アン出場数:12(先発回数:10)/得点数:3<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽本格ブレイクを予感させる大器。今夏、バイエルンに旅立ったトリッソの着用していた背番号8を託されたアルジェリア系フランス人の19歳MFは、ドリブルやパスセンスに加え、守備でも献身性を見せる万能型MF。シーズンを経るごとに存在感を増しており、後半に向けて楽しみな人材だ。 MFルイス・グスタボ(30歳/マルセイユ) リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:5<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽復調気配を見せるマルセイユの中盤の要。今夏ヴォルフスブルクから加入すると、攻撃面は魅力的ながら攻守のバランスに問題を抱えるガルシア監督率いるチームを見事なバランス感覚で支えた。さらに、“フランス・ダービー”で圧巻のミドルシュートを決めるなど、ここまで5得点と攻撃面での貢献も光る。 MFアドリアン・ラビオ(22歳/パリ・サンジェルマン) リーグ・アン出場数:16(先発回数:15)/得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽首位を快走するチームを支える若き司令塔。昨季、完全に独り立ちを果たすと、今季は去就問題に揺れたMFヴェッラッティを食う存在感で中盤を見事にけん引している。球際や前線への飛び出しといった持ち味に加え、よりシンプルなプレーを心がけることによって課題のイージーミスがかなり減っている。 FWナビル・フェキル(24歳/リヨン) リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:13(PK:2)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽“フランスのメッシ”が完全復活。以前からそのポテンシャルは多くの人が知るところだったが、FWラカゼット、MFトリッソと共に下部組織で育った主力が引き抜かれた今季は両選手に代わるエースとしてチームをけん引。優れたテクニック、攻撃センス、魔法の左足を武器にキャリアハイのハイペースでゴールを量産中だ。 FWエディンソン・カバーニ(30歳/パリ・サンジェルマン) リーグ・アン出場数:18(先発回数:17)/得点数:19(PK:2)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前半戦のMVP。ムバッペ、ネイマールと共に超強力トリデンテの“MCN”を形成し、2年連続得点王に向けて視界良好だ。今季も豊富な運動量や質の高いオフ・ザ・ボールの動き、決定力を武器にゴールを量産。さらに、今季はリーグ上位陣との対戦でもゴールを記録しており、エースストライカーとしての存在感も絶大だ。 FWネイマール(25歳/パリ・サンジェルマン) リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:11(PK:2)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_16_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽新天地フランスで格の違いを見せつける。今夏、バルセロナから移籍市場最高額で電撃移籍を果たしたメガクラックは、デビュー戦となったギャンガン戦でいきなりゴールを記録すると、以降もゴールとアシストを量産し、その高額な移籍金に相応しい活躍を披露している。PK戦を巡るカバーニとの衝突や要所で見せる独善的なプレーは気がかりではあるが、このまま順調にいけば、シーズンMVPの可能性も十分にある。 2017.12.30 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

酒井フル出場のマルセイユ、2つの疑惑判定で辛くもドロー《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第16節、モンペリエvsマルセイユが3日にスタッド・デ・ラ・モソンで行われ、1-1のドローに終わった。なお、マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。 ▽リーグ戦10試合無敗で2位に位置するマルセイユ(勝ち点31)と、リーグ最少失点(8失点)の堅守を武器に、4戦無敗で7位に付けるモンペリエ(勝ち点21)による南仏対決。来週ミッドウィークに決勝トーナメント進出が懸かるヨーロッパリーグ(EL)のザルツブルク戦を控えるマルセイユだが、酒井やトヴァン、ルイス・グスタボ、ラミなど主力メンバーを揃ってこの試合で起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持するマルセイユだが、組織的な相手の守備ブロックの前でボールを横に動かす場面が目立ち、なかなか危険なエリアでボールを受けられない。逆に、9分にセセニョン、18分にムベンザと相手得意のカウンターからGKマンダンダがセーブを強いられる場面が続く。 ▽なかなか流れを掴み切れないマルセイユは29分、一瞬の隙を突かれて先制点を許す。相手のショートカウンターからボックス左でルシヨンが入れたクロスがDF酒井にディフレクトしてボックス中央のスペースへ。これをジョバンニ・シオがアクロバティックなボレーで合わすと、GKマンダンダの手を弾いたボールがネットに吸い込まれた。 ▽リーグ最高の堅守を誇るモンペリエを前にビハインドを背負う苦しい展開となったマルセイユは、古巣対戦のサンソンや酒井とトヴァンの右サイドを起点に攻勢を強める。すると、前半終了間際の45分に味方のスルーパスに抜け出した酒井が右サイド深くで折り返す。これを中央の味方がシュートすると、DFイウトンが身体に付けていた腕にボールが当たる。ここで主審はかなり微妙な判定ながらハンドを取り、マルセイユにPKが与えられる。これをキッカーのトヴァンが冷静に右隅へ決めてリーグ戦3試合連続ゴールを記録した。 ▽幸運な判定によって1-1のイーブンで試合を折り返したマルセイユは、後半も前半同様にボールを保持していくが、相手の堅守を前にほとんど決定的な場面を作れない。何とか流れを変えたいガルシア監督は61分にトヴァンを下げてオカンポスを投入。70分過ぎには酒井の際どいクロス、ジェルマンの枠を捉えたミドルシュートでゴールに迫るが、GKルコントの好守に遭う。 ▽試合終盤にかけてはホームのモンペリエが押し返す展開が続く。すると88分、マルセイユは自陣右サイドで与えたFKの場面でキッカーのサンビアのクロスをニアのカマラに頭で合わせられ、これがゴール右隅に吸い込まれる。土壇場で痛恨の勝ち越し点を許したかに思えたが、副審はカマラのヘディングに反応したオフサイドラインのイウトンがプレーに関与したとの判定でフラッグを上げ、主審との話し合いの結果、ノーゴールの判定となった。その後も相手の猛攻に晒されたマルセイユだが、何とか守り切って試合は1-1のドローで決着。2つの幸運な判定によって辛くも勝ち点1を拾ったマルセイユは11戦無敗継続もリヨンとモナコに勝ち点で並ばれ、得失点差の関係で4位に転落した。 2017.12.04 07:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ビエルサ、危篤状態の相棒見舞うためチリへ無断渡航! リールが一時職務停止発表でこのまま退団も…

▽リールは23日、同クラブを率いるマルセロ・ビエルサ監督の職務一時停止を公式サイトで発表した。 ▽一部フランスメディアの報道によると、ビエルサ監督はかつてアルゼンチン代表やチリ代表などで21年間を連れ添ったフィジカルトレーナーで、現在は胃がんの闘病生活を強いられているルイス・ボニーニ氏(67)を訪ねるため、クラブの許可なくチリに渡航したという。その後、23日には12日間集中治療室で治療を受けた末、同氏の死亡が明かされた。 ▽一方、リールは一連の報道を受け、公式サイトで以下の声明を発表した。 「リールは、マルセロ・ビエルサ氏の監督としての職務を一時的に停止することを本日決定した」 ▽なお、フランス『レキップ』などが伝えるところによれば、今回の職務放棄と成績不振を理由にリールがビエルサ監督の更迭に踏み切る可能性があるという。その場合、同監督は現在、指揮官不在のチリ代表監督に復帰する可能性もあるようだ。 ▽今夏にビエルサ監督を招へいしたリールだが、開幕から不振に陥るとリーグ・アン第13節終了時点で3勝7敗3分けの19位に低迷。なお、リールは25日にリーグ・アン第14節でモンペリエとのアウェイ戦に臨む。 2017.11.24 01:06 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング