モンペリエ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 モンペリエ 51 11 18 9 36 33 3 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.19
28:00
リーグ・アン
第38節
レンヌ 1 - 1 モンペリエ
2018.05.12
28:00
リーグ・アン
第37節
モンペリエ 1 - 1 トロワ
2018.05.06
24:00
リーグ・アン
第36節
ナント 0 - 2 モンペリエ
2018.04.27
27:45
リーグ・アン
第35節
モンペリエ 0 - 1 サンテチェンヌ
2018.04.22
22:00
リーグ・アン
第34節
ニース 1 - 0 モンペリエ

基本データ

正式名称:モンペリエHSC

原語表記:Montpellier Herault Sport Club

愛称:MHSC、La Paillade

創立:1919年

ホームタウン:モンペリエ

チームカラー:青、橙

関連ニュース

thumb

モンペリエ、来季41歳の鉄人DFイウトンと1年の契約延長! 今季27試合出場でリーグ2位の堅守をけん引

▽モンペリエは4月30日、ブラジル人DFヴィクトリーノ・イウトン(40)との契約を1年間延長したことを発表した。 ▽今年9月に41歳となる鉄人DFはクラブとの契約延長に際して以下のようなコメントを残している。 「ここでキャリアを続けられることを心から誇りに思うよ。同時にすごく興奮しているよ。40歳という年齢に関わらず、こういったハイレベルでのキャリアを続けられていることは本当に珍しいことだからね」 ▽2011年にマルセイユからモンペリエに加入したイウトンは、加入初年度の2011-12シーズンにモンペリエのクラブ史上初となるリーグ優勝に貢献。また、ここまでリーグ年間ベストイレブンに4度選出された経験を持つ同選手は、卓越した戦術眼とリーダーシップを武器に、同クラブのディフェンスリーダーとして活躍している。 ▽今季は40歳という年齢を感じさせない圧巻のパフォーマンスを披露し、昨年9月にはリーグ月間最優秀選手候補に選出されるなど、ここまでのリーグ戦27試合に出場。今季[5-3-2]の新布陣を採用し、リーグ2位の堅守を武器に8位と躍進するチームを支えている。 2018.05.02 14:28 Wed
twitterfacebook
thumb

堅守モンペリエの牙城を崩せなかったマルセイユ、ゴールレスドローで4位後退…《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは8日、リーグ・アン第32節でモンペリエと対戦し、0-0の引き分けに終わった。酒井はフル出場している。 ▽来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内死守を目指す3位マルセイユ(勝ち点62)が、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を狙う6位モンペリエ(勝ち点45)をホームに迎えた一戦。 ▽ミッドウィークにEL準々決勝1stレグのライプツィヒ戦を行ったマルセイユは、その試合から先発を2人変更。ミトログルとアンギッサに代えてジェルマン、マキシム・ロペスを先発で起用した。 ▽立ち上がりから押し気味に試合を進めるマルセイユは3分、パイエのパスでボックス右深くまで侵入したB・サールがマイナスの折り返しを供給。これをボックス中央に走り込んだサンソンがダイレクトシュートで合わせたが、ボールはゴール左に外れた。 ▽主導権を握りながらもモンペリエの堅守に苦戦するマルセイユは、アタッキングサードでの連係ミスや質を欠いたプレーが続く。結局、マルセイユは最後までモンペリエの守備ブロックを攻略できず、前半は枠内シュート0本で終了した。 ▽後半も前半同様にマルセイユが押し気味に試合を運ぶと55分、パイエの右クロスをボックス右で収めたサンソンが左足でシュートを放ったが、これは左ポストに弾かれる。さらに直後の56分にも、アマヴィのミドルシュートでモンペリエゴールを脅かすも、これは相手GKがキャッチ。 ▽ゴールの遠いマルセイユは、59分にジェルマンを下げてミトログルを投入。さらに59分にはパイエを下げてアンギッサをピッチに送り出した。すると67分、B・サールの右クロスをゴール前に走り込んだミトログルが左足で合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 ▽90分には、B・サールの右クロスからファーサイドのエンジエがダイレクトボレーで合わせたが、これは枠を大きく外した。結局、試合は0-0でタイムアップ。マルセイユはモンペリエGKルコントの牙城を崩せずに勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2018.04.09 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

リーグ・アンでサポーターが選手を襲撃…前日にはイングランドでも同様の事件

11日に行われたリーグ・アン第29節のリールvsモンペリエで、試合後にリールサポーターがピッチに乱入し、自チームの選手を襲撃しようとする事件が起きた。<br><br>現在リーグ19位と降格圏に沈んでいるリールは、ニコラス・ぺぺのゴールで先制。しかし、その後同点に追いつかれ、1-1で試合を終えた。試合終了のホイッスルが吹かれるとリールのサポーターが一斉にピッチになだれ込み、自チームの選手たちを追いかけ始めた。<br><br>試合を観戦していたリールのジェラルド・ロペスオーナーとマーク・イングラスポーツダイレクターの目の間で起きた惨事に、FWヤシン・ベンジアは試合後に以下のようにコメントした。<br><br>「彼らの反応は理解できるよ。しかし、選手が襲われるというのは許されるべきことではない。越えてはいけない一線があるんだ。僕はすでに控室にいたけど何人かの選手は怯えていたよ」<br><br>前日には、イングランドで行われたウェストハムvsバーンリーでもウェストハムサポーターがピッチに乱入し、試合が中断する事態が起きていた。<br><br>提供:goal.com 2018.03.11 16:50 Sun
twitterfacebook
thumb

再三の好守で挽回も失点に絡んだGK川島永嗣のメスが好調モンペリエに屈す…《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第25節、メスvsモンペリエが10日に行われ、アウェイのモンペリエが1-0で勝利した。なお、メスのGK川島永嗣はフル出場した。 ▽前節、マルセイユに6失点大敗を喫した最下位メスがホームに6位のモンペリエを迎えた一戦。試合は立ち上がりからホームのメスのペースで進むが、リーグ2位の堅守を誇る相手の守備を崩し切るまでには至らず。 ▽すると24分、GK川島の不用意な対応からモンペリエに先制点が生まれる。右サイド深くでムベンザが入れたグラウンダーのクロスに対して、中途半端に飛び出した川島はボールに触れず、ファーに流れる。これをジョバンニ・シオに左足で流し込まれた。 ▽先制を許したメスはすぐさま反撃を開始。36分にはリビエールの完璧なスルーパスに抜け出したルーがボックス内でGKと一対一になるが、ここは名手ルコントに阻まれる。逆に前半終了間際にはモンペリエに続けて決定機も、ムキエレ、ラスヌの枠の隅を捉えたシュートをGK川島が続けてビッグセーブで防いだ。 ▽モンペリエの1点リードで迎えた後半、立ち上がりの49分にはジョバンニ・シオに2点目のチャンスもここは川島が意地のセーブで阻んだ。その後、互いに選手交代で流れを変えに行く中、時間の経過と共にホームのメスが押し込む形となる。 ▽しかし、メスの試合終盤の猛攻はリーグ屈指のセーブ率を誇るGKルコントの再三のビッグセーブに阻まれ続け、試合はこのままタイムアップ。再三の好守で挽回を試みた川島だったが、先制点に繋がるミスが最後まで響く形となりチームは2連敗。一方、得意のウノゼロで試合を締めたモンペリエは連勝で暫定5位に浮上した。 2018.02.11 06:50 Sun
twitterfacebook
thumb

カバーニがイブラ超えのクラブ新記録の157点目! 堅守モンペリエ粉砕で2試合ぶりの白星!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第23節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsモンペリエが27日に行われ、ホームのPSGが4-0で快勝した。 ▽首位のPSG(勝ち点56)と7位のモンペリエ(勝ち点31)による上位対決。前節、3位リヨンとの上位対決に敗れ今季2敗目を喫したPSGは、バウンスバックを目指す今回の一戦で先発4人を変更。3試合の出場停止を科されたダニエウ・アウベス、負傷のムバッペに代わってムニエとドラクスラーが起用された。一方、リーグ最少失点の堅守を武器に直近4戦無敗と好調を継続するモンペリエは、PSGを今季唯一無失点に抑えた前回対戦の再現を狙った。 ▽試合は開始早々にホームのPSGが決定機を作る。2分、右サイドでディ・マリアとパス交換したドラクスラーがボックス内に抜け出し飛び出したGKの脇を抜くチップキックを放つが、これはわずかに枠の右に外れる。この絶好機を逃したものの、経験の少ない相手の左ウイングバック、コッツァのサイドからその後も決定機を作っていく。 ▽すると11分、左サイドで味方からのパスを受けたネイマールが一瞬タメて自身を追い越してボックス左に走り込むラビオへ短いパス。これをラビオがグラウンダーで折り返すと、ゴール前でフリーのカバーニがワンタッチで押し込んだ。そして、このゴールがPSGでの公式戦157点目となったウルグアイ代表FWはイブラヒモビッチを抜き、クラブ最多得点記録を樹立した。 ▽カバーニの偉業達成に沸くパルク・デ・プランスの大歓声を後押しにその後も相手陣内でハーフコートゲームを展開するPSGはディ・マリアやドラクスラーに幾つかの決定機が訪れるが、リーグ最少失点を誇るモンペリエもGKルコントを中心に粘りを見せる。しかし、前半終了間際の40分にはボックス手前でドラクスラーの放ったシュートがDFペドロ・メンデスのハンドを誘い、PKを獲得。先日のディジョン戦では記録達成のかかったカバーニに譲らず、ブーイングを浴びたネイマールだが、今度は温かな空気の中で冷静にPKを成功させ、前半のうちに追加点を奪った。 ▽迎えた後半、来週ミッドウィークのカップ戦を睨んでキャプテンのDFチアゴ・シウバを下げてマルキーニョスを頭から投入する余裕の采配を見せるPSGは得点力不足の相手の反撃を危なげなくいなしつつ、試合を決定付ける3点目を目指す。 ▽ややこう着状態が続く中、67分にはモンペリエがサンビアの無回転ミドルでゴールに迫るが、ここはGKアレオラが冷静にはじき出す。すると70分には右サイドのスペースに抜け出したムニエがゴール前に絶妙なマイナスの折り返しを入れると、これをディ・マリアが左足ダイレクトでゴール左隅に流し込み、ようやく試合を決める3点目が入った。 ▽この3点目で試合を決定付けたPSGはドラクスラー、ラビオを下げてパストーレ、エンクンクをピッチに送り出し、完全に試合を締めにかかる。82分には自陣深くのロングカウンターからディ・マリア、カバーニと繋ぎ、最後はゴール前のネイマールが冷静に無人のゴールへ流し込み、堅守モンペリエに今季ワーストとなる4失点目を与えた。そして、カバーニの偉業達成にネイマール2ゴールと実りある内容で快勝のPSGが2試合ぶりの勝利を手にした。 2018.01.28 02:51 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング