レノファ山口

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 山口 9 2 3 4 8 11 -3 9

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
13:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
山口 vs 長崎
2017-05-03
16:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
湘南 vs 山口
2017-05-07
16:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
愛媛 vs 山口
2017-05-13
13:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
山口 vs 京都
2017-05-17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第14節
群馬 vs 山口

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
14:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
名古屋 0 - 2 山口
2017.04.15
14:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
山口 0 - 1 千葉
2017.04.08
13:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
山口 1 - 1 徳島
2017.04.01
13:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
水戸 1 - 1 山口
2017.03.26
13:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
山口 1 - 0 讃岐

基本データ

正式名称:レノファ山口FC

原語表記:RANOFA YAMAGUCHI FC

創立:1949年

ホームタウン:山口

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

21位の山口が小野瀬&小塚弾で首位の名古屋を叩く《J2》

▽22日にパロマ瑞穂スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第9節の名古屋グランパスvsレノファ山口FCは、アウェイの山口が2-0で勝利した。 ▽直近の5試合で4勝1分けの首位に立つ名古屋と、3戦未勝利で21位に沈む山口が激突した。試合は、前節の3バックから4バックにシステム変更を施した名古屋が押し気味に進める展開となる。 ▽しかし、立ち上がりから内田やシモビッチのシュートでゴールに迫った名古屋に対して、山口も20分に高柳がクロスバー直撃のミドルシュート。山口が徐々にペースを引き寄せる。 ▽すると、リズムが悪い名古屋は28分、早々に杉森を下げて和泉を投入。ところが、山口は34分、右から中央にクロスが入り、正面に詰めた小野瀬が押し込んだ。 ▽均衡を破った山口は続く36分に追加点。小野瀬のシュートがDFに当たってゴール前に流れると、これに反応した小塚が右足ダイレクトで蹴り込み、名古屋を引き離した。 ▽2点ビハインドのまま試合を折り返した名古屋は、後半の頭から八反田に代えて永井を途中起用。続く69分には最後の交代枠で押谷を諦め、フェリペ・ガルシアを送り込む。 ▽結局、攻め続けた名古屋は最後までゴールが遠く、下位に低迷する山口に不覚。首位を叩いた山口は4試合ぶりの白星を手にした。 2017.04.22 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

土壇場PKで山口を撃破! 千葉がラリベイの加入後初ゴールで5試合ぶりの白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第8節のレノファ山口vsジェフユナイテッド千葉が15日に維新百年記念公園陸上競技場で行われ、0-1で千葉が勝利した。 ▽第7節終了時点で、1勝3敗3分で19位につける山口と、2勝2敗3分で13位につける千葉の一戦。直近の2試合をドローで終えている両者の試合は、攻守の切り替わりが激しい立ち上がりとなる。 ▽最初にチャンスを迎えたのは山口。8分、小野瀬がスルーパスに反応し、右サイドを突破するとクロスを供給。これに米澤が頭で合わせるも、GK佐藤優が弾いたボールがバーに当たり、先制点とはならない。 ▽対する千葉はその直後、左サイドでボールを受けた高橋がカットインからシュート。しかし、これは相手DFに当たってわずかにゴール右へ外れる。 ▽前半半ばに差し掛かると、互いにラストパスの精度を欠き、シュートまで持ち込めない時間帯が続く。こう着した時間帯が続いたが、千葉が徐々に主導権を握り始める。35分、敵陣中央で縦パスを受けた高橋が反転して、ボックス手前からシュート。さらに36分、ホルヘ・サリーナスの落としを受けた町田がボックス右から左足を振り抜くも、GK山田が立て続けにセーブする。 ▽攻勢を続ける千葉は39分、決定機を作り出す。左サイドを突破したキム・ボムヨンが敵陣深くからクロス。これをニアサイドで清武が落とすと、船山が右足でシュートを放つも、バーに嫌われる。 ▽後半に入っても前半同様、千葉が山口を攻め立てる。対する山口はパスワークから相手の最終ラインの裏を突くも、高いポジションを取るGK佐藤優の飛び出しに阻まれ、チャンスを潰されてしまう。 ▽それでも千葉がやや優勢に試合を進めると67分、右サイドを抜け出した船山がカットインから左足を振り抜く。これは枠を捉えるも、GK山田の好守に阻まれる。 ▽一進一退の攻防は終盤に激しさを増す。千葉は82分、右サイドを突破した町田がクロスを上げると、ラリベイが潰れる。こぼれ球に反応した町田が、ボックス右から左足を振り抜くも、またしてもGK山田に阻まれる。 ▽対する山口はその直後、浮き球のパスを送ると、近藤がクリアミス。これに反応した小塚が、GK佐藤優が飛び出しているのを見逃さずループシュートを放つ。しかし、シュートは左ポストに嫌われ、ネットを揺らすことができない。 ▽このまま引き分けかと思われた90分、千葉が土壇場でチャンスを迎える。ボックス左に侵攻した高橋が前との一対一で倒されると、PKの判定。少々不可解なジャッジであったが、これをラリベイが冷静に右隅へと沈め、移籍後初得点。このゴールが決勝点となり、千葉が5試合ぶりの白星を飾った。対する山口は3試合未勝利となった。 2017.04.15 17:01 Sat
twitterfacebook
thumb

山口vs徳島は劇的ドロー! 渡が後半ATに得点ランクトップの5点目で値千金同点弾《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第7節のレノファ山口FCvs徳島ヴォルティスが8日に維新百年記念公園陸上競技場で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽共に2試合ぶりの勝利を目指す18位山口と、5位徳島の一戦。試合は開始3分にボックス手前左から馬渡が強烈なシュートで相手GKに好守を強いるなど、アウェイの徳島が押し込む入りとなった。 ▽だが、時間の経過と共に水を含んだピッチの利点を生かして持ち味のパスワークを発揮し始めた山口が、小野瀬のミドルシュートなどで反撃を開始。さらに、20分過ぎには鋭い縦への攻めからボックス付近の小塚、前が続けてシュートを放つが、GK梶川の牙城を破れない。 ▽前半半ばから終盤にかけてもオープンな攻防が続く中、徳島は馬渡の鋭いクロス、山口は相手の背後を突いたシンプルな攻めでゴールに迫る。42分には裏へ抜け出した前に再び決定機も、序盤から安定していたゴールキーピングを見せていたGK梶川にまたしてもビッグセーブで阻まれ、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、徳島はDF石井を下げてハーフタイム明けにアタッカーの松村を投入し、3バックからより攻撃的な4バックに変更し、先制点を目指す。だが、後半立ち上がりは前半に比べてボール支配率を増した山口が押し込むが、和田のシュートは枠を捉えきれない。 ▽55分には徳島に後半最初の決定機。味方のスルーパスに抜け出した杉本がボックス左から決定的なシュートを放つが、これはGK山田の顔面セーブに阻まれる。この直後に徳島は、小西を下げてカルリーニョスを2枚目の交代カードとして投入した。 ▽後半立ち上がり以降、押し込まれる時間が続く山口は、高柳と小野瀬に代えて池上と加藤を投入し、攻撃に変化を加える。なかなか攻め切れない場面が目立ったものの、73分に待望の先制点を奪う。左サイドを攻め上がった星からのグラウンダーの折り返しを受けた前がボックス右角から強烈なシュート。これはGK梶川に弾かれるが、ファーサイドでこぼれ球を拾った星が角度のないところから左足のシュートをファーポストに流し込んだ。 ▽試合終盤にかけては連敗を避けたい徳島が決死の猛攻を見せるが、焦りからか、アタッキングサードでのプレー精度を欠き、なかなか決定機を作れない。逆に、前がかりになったところを引っくり返されては、山口の鋭いカウンターを浴びる。90分にはボックス左に抜け出した加藤の折り返しを米澤に流し込まれるが、ここはオフサイドに救われる。 ▽すると、再三のピンチを何とか凌いだ徳島は、試合終了間際の後半アディショナルタイム1分に右サイド深くで広瀬が上げたクロスを、ファーサイドで競り勝った渡が頭でゴール右隅に流し込み、土壇場で追いついた。そして、渡の得点ランキングトップとなる今季5点目でドローに持ち込んだ徳島が、勝ち点1を持ち帰ることに成功した。 2017.04.08 15:19 Sat
twitterfacebook
thumb

山口GK村上昌謙が入籍「ゴールだけでなく彼女も守っていけるように」

▽レノファ山口FCは3日、GK村上昌謙(24)が入籍したことを発表した。なお、相手の方の氏名や年齢などの公表はされていない。 ▽村上はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 「このたび、入籍したことをご報告させていただきます。これからはゴールだけでなく彼女も守っていけるように、より一層の努力と責任感を持って頑張っていきますのでこれからもよろしくお願いします」 ▽滋賀県出身の村上は、2015年に大阪体育大学から山口に入団。昨シーズンの明治安田生命J2リーグで12試合に出場したものの、今シーズンはここまで出番がない。 2017.04.03 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

山口がMF平林輝良寛の現役引退を発表…名古屋のスクールコーチに就任

▽レノファ山口FCは31日、昨シーズン限りで契約満了となり退団していたMF平林輝良寛(32)の現役引退を発表した。また、古巣の名古屋グランパスでスクールコーチを務めることも発表している。 ▽名古屋ユース出身の平林は、2003年にトップチームに昇格する。しかし、出場機会に恵まれないでいると2006年9月に当時J2のサガン鳥栖へと期限付き移籍。2007年には当時JFLのFC刈谷へと完全移籍した。FC刈谷ではエースとして活躍。2シーズンで61試合に出場し19得点を記録した。 ▽2008年限りでFC刈谷を退団すると、Fリーグの絶対王者・名古屋オーシャンズに練習生として入団。その後プロ契約を結び、2度のリーグ優勝を経験した。 ▽2011年からは当時JFLのツエーゲン金沢に加入すると、2シーズンで57試合に出場し15得点を記録。2013年には当時中国サッカーリーグの山口へと移籍し、JFL、J3、J2とチームの昇格に大きく貢献した。また、U-16、U-17、U-19と世代別の日本代表も経験している。 ▽平林はJ1で通算14試合出場1得点、J2で8試合出場、J3で30試合出場4得点、JFLで144試合出場39得点、中国サッカーリーグで16試合出場7得点。Fリーグでは22試合に出場し5得点を記録していた。平林はクラブを通じてコメントしている。 「遅くなりましたが私、平林輝良寛は、2016シーズンを最後に現役を引退する事となりました。プロサッカー選手とプロフットサル選手として、そして地域リーグからJ1まで、様々な環境でプレーできた事が自分の素晴らしい財産となりました。これらの経験を今後の人生に活かして、これからも自分らしく歩んでいきたいと思っております」 「平林輝良寛を応援していただいたファン・サポーターの皆様、そして自分に関わっていただいた全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました」 2017.03.31 13:49 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング