ウエスカ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 ウエスカ 7 1 4 10 12 30 -18 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-16
26:30
リーガエスパニョーラ
第16節
ウエスカ vs ビジャレアル
2018-12-23
20:00
リーガエスパニョーラ
第17節
バレンシア vs ウエスカ
2019-01-05
リーガエスパニョーラ
第18節
ウエスカ vs ベティス
2019-01-12
リーガエスパニョーラ
第19節
レガネス vs ウエスカ
2019-01-19
リーガエスパニョーラ
第20節
ウエスカ vs アトレティコ・マドリー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.09
24:15
リーガエスパニョーラ
第15節
ウエスカ 0 - 1 レアル・マドリー
2018.12.01
21:00
リーガエスパニョーラ
第14節
セルタ 2 - 0 ウエスカ
2018.11.24
26:30
リーガエスパニョーラ
第13節
ウエスカ 2 - 2 レバンテ
2018.11.11
20:00
リーガエスパニョーラ
第12節
アラベス 2 - 1 ウエスカ
2018.11.04
26:30
リーガエスパニョーラ
第11節
ウエスカ 1 - 1 ヘタフェ

基本データ

正式名称:SDウエスカ

原語表記:Sociedad Deportiva Huesca

創立:1960年

ホームタウン:ウエスカ

チームカラー:青と赤

関連ニュース

thumb

マドリー、最下位ウエスカに大苦戦もベイルのゴールで公式戦4連勝《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは9日、リーガエスパニョーラ第15節でウエスカと対戦し、1-0で勝利した。 ▽ソラーリ監督の正式就任以降、3勝1敗という成績を収めているマドリー。ローマ、バレンシアといった難敵との連戦を乗り切り、直近のコパ・デル・レイ4回戦では格下メリリャ相手に6得点を奪って見せた。リーグ戦連勝を目座す今節のスタメンは、控え中心で挑んだメリリャ戦からカルバハル、オドリオソラ、M・ジョレンテを除く8選手を変更。ベンゼマやベイル、モドリッチらが先発に名を連ねた。 ▽試合は早々に動く。7分に相手のCKからエチェイタにヘディングシュートを許し危ない場面を作られたマドリーだったが、その後の攻撃で右サイドのオドリオソラのセンタリングにベイルが反応。ファーサイドに走り込んだベイルは左足でダイレクトで丁寧に流し込んだ。 ▽早い段階で失点しまったウエスカだが怯まず攻撃の形を作る。17分、カウンター気味に真ん中から左サイドに展開。ボックス左のクリスティアン・リベラのシュートの跳ね返りをモイ・ゴメスがゴール手前で拾い、後方のアビラにラストパス。アビラはダイレクトで強烈なシュートを放ったが、コースが甘くGKクルトワが正面でパンチングで弾いた。 ▽その後にも、ウエスカの素早いトランジションから右サイドからピンチを迎えたマドリーだが、25分にはベイルがボックス手前右から力強いシュートでGKヨバノビッチを強襲。 ▽マドリーの1点リードで迎えた後半、ウエスカは47分に左サイドのフェレイロのクロスを途中出場のメレロがヘディングシュート。ゴール目の前での絶妙な飛び出しでのシュートだったが、惜しくも枠の左へ。千載一遇のチャンスを逃してしまった。57分には、再びボックス左に侵入したフェレイロが右足でシュートを放ったがGKクルトワが掻き出す。 ▽マドリーは58分に、ダニ・セバージョスを下げてバルベルデ、66分にモドリッチを下げてイスコを投入してアクセントを加える。70分に相手のクリアボールを奪ったマドリーは、イスコがすぐさま左サイドのベイルに送ると、ベイルはボックス左からシュート。しかし、惜しくも枠を捉えられなかった。 ▽その後はなかなかチャンスが作れないマドリーは、試合終盤にクチョにゴール前からシュートを許すなど、何度か同点にされてもおかしくない場面も作られたが、最後までリードを守り切って試合終了。リーグ戦2連勝を収めた。 2018.12.10 02:15 Mon
twitterfacebook
thumb

サラビアのドブレテで最下位に勝利のセビージャが3位浮上《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは28日、リーガエスパニョーラ第10節でウエスカとのホーム戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽前節バルセロナとの首位攻防戦を落として4位に後退したセビージャ(勝ち点16)が、最下位ウエスカ(勝ち点5)をホームに迎えた一戦。 ▽セビージャがボールを持つ静かな展開で立ち上がっていった中、21分に先制しかける。左サイド絞った位置からのバネガのFKをカリソがボレーで蹴り込んだが、わずかにオフサイドでVARの末にノーゴールとなった。 ▽さらに26分、浮き球パスでボックス左に侵入したイェデルがシュートを流し込むも、このプレーもわずかにオフサイドでVARの末にノーゴールとなってしまった。 ▽38分にFKの流れからアギレラに際どいミドルシュートを打たれたもののわずかに枠を外れて助かったセビージャは、前半のうちにゴールを割れずハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半も攻め手の乏しいセビージャは、53分にアンドレ・シウバに代えてプロメスを投入。すると61分に決定機。FKの流れからルーズボールをセルジ・ゴメスがボレーでミート。これはGKにセーブされるも、65分に均衡を破った。イェデルがボックス右深くまでえぐって中に折り返すと、サラビアが押し込んだ。 ▽そして78分、セビージャがリードを広げる。決めたのはまたもサラビア。フランコ・バスケスとのワンツーから浮き球パスをボックス右で受けたサラビアがGKとの一対一を制した。 ▽試合終了間際、プリードにゴールを許したセビージャだったが、2-1で勝利し3位に浮上している。 2018.10.29 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位ウエスカ、40歳フランシスコ・ロドリゲス氏が監督就任

▽ウエスカは10日、スペイン人のフランシスコ・ロドリゲス氏(40)を新監督に招へいしたことを発表した。 ▽9日に成績不振を理由にレオ・フランコ前監督を解任したウエスカは、ここまでリーグ戦第8節を終えて1勝2分け5敗で最下位に位置。沈みゆく船の舵取りを任されたのが、前監督のさらに1歳年下の若手監督だった。 ▽ロドリゲス氏は、現役時代はアルメリアやアルバセテでプレー。2010年の引退後すぐにアルメリアのアンダーチームの監督に就任すると、2013-14シーズンには同クラブのトップチームを任され、これまでの監督キャリアではそのシーズンが唯一のラ・リーガでの指揮となっていた。 ▽直近では、17-18シーズンにスペイン2部のルーゴを率いて12位の成績。また、今年6月末にはコルドバ監督に就任したものの、クラブの財政難によって8月頭に辞任していた。 2018.10.11 13:17 Thu
twitterfacebook
thumb

最下位に沈むウエスカ、今夏に就任したレオ・フランコ監督の解任を発表…

▽ウエスカは9日、レオ・フランコ監督(41)を解任したことを発表した。 ▽昨シーズンのセグンダA(スペイン2部)を2位で終え、クラブ創設58年目にして初のプリメーラ昇格を果たしたウエスカだが、チームを昇格に導いたルビ監督が今夏にエスパニョールに引き抜かれ、後任として同クラブでディレクター職と共にユース年代の指導を行っていたレオ・フランコ監督が指揮官に就任。 ▽トップチームでは今回が初の指導となるレオ・フランコ監督は、エイバルとの開幕戦で勝利を飾ったが以降は4連敗を含む5敗2分けと低迷。チームは最下位に沈んでいる。 2018.10.10 04:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、またも守備陣に負傷者? ヒメネスが筋肉に違和感

▽アトレティコ・マドリーは25日、ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスが筋肉に違和感を抱えていたことを報告した。 ▽コロンビア代表DFサンティアゴ・アリアスや元スペイン代表DFフアンフランが離脱している中、ヒメネスはリーガエスパニョーラ第6節ウエスカ戦(3-0でアトレティコが勝利)に先発出場。しかし、前半の38分にフランス代表DFリュカ・エルナンデスとの交代を強いられていた。 ▽スペイン『マルカ』は、ヒメネスを下げた理由はディエゴ・シメオネ監督のリスクマネジメントによるものだと解説。守備陣の負傷者が相次いでいる状況だったため、大事を取ったようだ。 ▽クラブの報告では離脱期間などは伝えられていないが、29日のリーガ第7節レアル・マドリー戦の出場は叶うのだろうか。 2018.09.26 16:20 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング