ウェストハム

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 ウェストハム 33 9 6 14 40 52 -12 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
23:00
プレミアリーグ
第30節
ハル・シティ vs ウェストハム
2017-04-04
27:45
プレミアリーグ
第31節
アーセナル vs ウェストハム
2017-04-08
23:00
プレミアリーグ
第32節
ウェストハム vs スウォンジー
2017-04-15
23:00
プレミアリーグ
第33節
ウェストハム vs スウォンジー
2017-04-15
23:00
プレミアリーグ
第33節
サンダーランド vs ウェストハム

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
24:00
プレミアリーグ
第29節
ウェストハム 2 - 3 レスター・シティ
2017.03.11
24:00
プレミアリーグ
第28節
ボーンマス 3 - 2 ウェストハム
2017.03.06
29:00
プレミアリーグ
第27節
ウェストハム 1 - 2 チェルシー
2017.02.25
26:30
プレミアリーグ
第26節
ワトフォード 1 - 1 ウェストハム
2017.02.11
24:00
プレミアリーグ
第25節
ウェストハム 2 - 2 WBA

基本データ

正式名称:ウェストハム・ユナイテッドFC

原語表記:West Ham United Football Club

愛称:ハマーズ、アイアンズ

創立:1895年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:えんじ、水色

関連ニュース

thumb

代表クラスのFW求めるウェストハム、ルーニーの獲得レースに参戦か

マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが今夏ウェスト・ハムに移籍する可能性があると『スカイスポーツ』が報じている。<br><br>今シーズンからマンチェスター・ユナイテッドで指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督の下、ルーニーはリーグ戦の先発出場はわずか9試合にとどまっている。先月には中国の3クラブから獲得オファーが届いていたが、モウリーニョ監督はルーニーの放出を否定し、同選手も残留すると声明を出していた。しかし、ユナイテッドは今季終了後に2019年夏までの契約期間が残っているルーニーの移籍を容認する構えを見せている。<br><br>今夏イングランド代表キャプテンの獲得を目指している数あるクラブの中の一つとウェスト・ハムは認めているが、オファーに関する具体的なコメントを現時点では発表していない。今夏、代表クラスのストライカーと右サイドバックの獲得を優先するハマーズは、移籍市場に大金を投入する準備を進めている。<br><br>2004年にエヴァートンから2700万ポンド(当時約40億円)でユナイテッドへ移籍したルーニーは、これまでに5回のプレミアリーグ優勝と2008年にチャンピオンズリーグを一度制している。また1月のストーク・シティ戦で、クラブの最多得点記録を更新する250得点目をマークしていた。以前からプレミアリーグでプレーするのはエヴァートンとマンチェスター・ユナイテッドだけと語っていた31歳のイングランド代表FWは、夏にどのような決断を下すのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 08:24 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司、4戦連続先発も評価は及第点…チームは4連勝も結果は残せず

レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司がウェスト・ハム戦で先発出場し、及第点の評価を得ている。<br><br>レスターは18日、プレミアリーグ第29節でウェスト・ハムと対戦。岡崎は先発出場し、76分までプレーしたが、ゴールに絡むことはできなかった。チームは3-2で勝利し、監督交代後公式戦4連勝と波に乗るが、岡崎への評価はそれほど芳しくない。<br><br>地元紙『レスター・マーキュリー』は岡崎に「6」の採点。「疲れを感じさせず働いたが、徐々に足が止まり始めた」と記述された。<br><br>また、『デイリー・メール』でも「6」の評価で、及第点。チーム最高は先制点を挙げたリヤド・マフレズで「8」となっている。<br><br>クラウディオ・ラニエリからクレイグ・シェイクスピアへと指揮官交代後、4試合連続先発出場で、公式戦4連勝に貢献している岡崎。しかし、本人としては目に見える形で結果を残したいと考えているはずだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.19 11:04 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎先発レスター、ウェストハムの追い上げを振り切りアウェイ初勝利で3連勝《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは18日、プレミアリーグ第29節でウェストハムとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。レスターのFW岡崎慎司は76分に交代している。 ▽前節ハル・シティとの残留を懸けたシックスポインターを3-1と制して15位をキープしたレスター(勝ち点27)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのセビージャ戦を2-0と勝利し、逆転での8強入りを決めた。シェイクスピア監督就任で息を吹き返したチームはセビージャ戦のスタメンからモーガンに代えてベナルアンのみを変更してリーグ戦3連勝を目指した。 ▽ここ4試合勝利のない11位ウェストハム(勝ち点33)に対し、レスターは5分、ボックス手前右からマフレズが左足で送ったクロスに岡崎が反応。岡崎はボールに触れなかったが、そのままゴール左にボールが吸い込まれ、先制に成功した。 ▽さらに8分、FKの流れからボックス中央のオルブライトンの右足アウトでの絶妙な浮き球パスをゴールエリア右のフートが頭で押し込み、追加点を奪った。 ▽瞬く間に2失点を喫したウェストハムは、リードが右足を負傷してスノッドグラスとの交代を強いられるも、20分にボックス手前左で得たFKをランシーニが直接ゴール左上へ決めて1点差に詰め寄る。 ▽その後は一進一退の攻防が続いた中、39分にレスターが突き放す。右CKから混戦となったところをヴァーディが左足で押し込んだ。 ▽迎えた後半、ウェストハムの圧力を受けたレスターだったが、59分に決定機。ディフェンスライン背後を取ったヴァーディがボックス左へ侵入。飛び出したGKを外すチップキックシュートを狙うも、わずかに枠を外れた。 ▽すると63分、ウェストハムが1点差に詰め寄る。左CKをファーサイドのキャロルがヘッドで折り返し、A・アイェウが頭で押し込んだ。押せ押せムードのウェストハムに対し、レスターは76分に岡崎とヴァーディに代えてスリマニとムサの2枚代えを敢行するも劣勢が続く。 ▽終盤にかけてもピンチの連続となったレスターだったが、A・アイェウのシュートミスやGKシュマイケルの好守によって何とか3-2で逃げ切り。アウェイ初勝利を挙げて3連勝とし、降格圏から遠ざかることに成功した。 2017.03.19 01:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハム主将が引退のランパードを称賛「もう二度と現れない選手」

ウェストハムに所属するイングランド人MFマーク・ノーブルは、今後チェルシーのレジェンド、フランク・ランパードのように得点を量産できる中盤の選手は現れないとマッチデイ・プログラムの中に綴った。<br><br>先月、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティでスパイクを脱いだランパードは、2001年に1100万ポンド(約15億円)でウェストハムからチェルシーに移籍してからクラブ史上最多となる211点を挙げた。月曜日に行われ、2-1でチェルシーがハマーズを下したロンドン・スタジアムの試合ではノーブルがランパードの功績を称賛していた。<br><br>「1カ月前に引退したフランク・ランパードの功績を称賛したい。彼は試合ですべてのことを成し遂げ、数々のタイトルを手に入れた。彼のように多くのゴールを奪えるミッドフィールダーは今後現れないと思う。フランクが得点を決めたときは、いつも難しいゲームになった。しかし、個人的には忘れられないいくつかの思い出がある。彼は何の悔いもなく引退できたと願っているし、次に何をしようとも成功できると信じている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.08 12:53 Wed
twitterfacebook
thumb

アザール&コスタ弾でダービーに完勝のチェルシーが連勝で首位堅持!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第27節、ウェストハムvsチェルシーのロンドン・ダービーが6日にロンドン・オリンピックスタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが2-1で勝利した。 ▽前節、好調スウォンジーを撃破し、2試合ぶりの勝利を収めた首位チェルシーは、連勝を目指して直近3試合無敗の9位ウェストハムとの敵地でのダービーに臨んだ。前日に行われた試合で2位トッテナム、3位マンチェスター・シティがいずれも勝利したため、勝ち点3奪取が求められるこの試合に向けて、コンテ監督はスウォンジー戦と全く同じ11人を起用した。 ▽ダービーらしい緊迫した立ち上がりの中、ウェストハムにいきなりアクシデント。ゴール前の競り合いで相手DFと交錯したキャロルが眉間をカットして流血するが、数分間の治療の後にプレーに復帰する。 ▽その後はロングボールとフィジカル勝負で優位に立つウェストハムがやや押し気味に試合を運び、チェルシーにとって我慢の展開が続く。だが、持ち味の堅守で簡単に決定機を許さないアウェイチームは、十八番の高速カウンターからワンチャンスをモノにする。 ▽25分、自陣左サイドでのカンテの絶妙なインターセプトからアザールに縦パスが入る。このまま相手陣内をドリブルで持ち上がったアザールは、一度中央のペドロにボールを預けてスピードアップ。ボックス左でペドロからのリターンパスを受けたアザールは、ドリブルで右に持ち出しながらDFとGKをかわし、無人のゴールで右足のシュートを流し込んだ。 ▽アザールのリーグ3試合ぶりのゴールで均衡が破れた試合は、その後は互いに中盤で潰し合うクローズな展開に逆戻り。それでも、前半終了間際には互いに決定機を作り合う。まずは39分、ノーブルとのパス交換で中央を破ったランシーニがペナルティアーク付近でシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。続く41分には左サイドを突破したアザールの折り返しからモーゼス、ペドロとボックス内でフリーの選手が続けて枠内シュートを放つが、DFクレスウェル、GKランドルフの身体を張ったブロックに阻まれ、2点目とはならず。 ▽チェルシーの1点リードで折り返した試合は、後半開始早々の動く。50分、左CKの場面でセスクが入れたボールがニアで競ったDFの頭に当たってゴール前にこぼれる。これに抜け目なく反応したジエゴ・コスタが泥臭く太ももに当てて流し込んだ。 ▽ジエゴ・コスタの2試合連続ゴールでウェストハムを突き放したチェルシーは、52分にも効果的な攻撃参加を見せたマルコス・アロンソが3点目に迫るなど、きっちり試合をコントロール。一方、攻め手がないウェストハムは64分にフェグリ、リードを下げてアンドレ・アイェウ、バイラムを同時投入する2枚替えを敢行した。 ▽その後も危なげなく試合を運ぶチェルシーは、65分にペドロを下げてマティッチを投入し、中盤を厚くして逃げ切り態勢に入る。さらに75分過ぎにはモーゼス、アザールを下げてウィリアン、ズマを同時投入し、試合をクローズにかかる。だが、直近のリーグ戦4試合連続失点中と守備面でやや甘さが見えるチェルシーは、試合終了間際にセスクの不用意なプレーからカウンターを許し、ボックス右でアイェウのパスを受けたランシーニに一矢報いるゴールを献上。またしてもクリーンシートを逃した。 ▽それでも、敵地でのダービーに完勝のコンテ率いるチームは、リーグ戦2連勝で2位以下との勝ち点差をきっちりキープした。 2017.03.07 08:04 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング