ウェストハム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 ウェストハム 33 9 6 11 32 39 -7 26
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-22
28:45
プレミアリーグ
第27節
ウェストハム vs フルアム
2019-02-26
29:00
プレミアリーグ
第28節
マンチェスター・シティ vs ウェストハム
2019-03-02
プレミアリーグ
第29節
ウェストハム vs ニューカッスル
2019-03-09
プレミアリーグ
第30節
カーディフ vs ウェストハム
2019-03-16
プレミアリーグ
第31節
ウェストハム vs ハダースフィールド
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.09
24:00
プレミアリーグ
第26節
クリスタル・パレス 1 - 1 ウェストハム
2019.02.04
29:00
プレミアリーグ
第25節
ウェストハム 1 - 1 リバプール
2019.01.29
28:45
プレミアリーグ
第24節
ウォルバーハンプトン 3 - 0 ウェストハム
2019.01.19
24:00
プレミアリーグ
第23節
ボーンマス 2 - 0 ウェストハム
2019.01.12
21:30
プレミアリーグ
第22節
ウェストハム 1 - 0 アーセナル
基本データ

正式名称:ウェストハム・ユナイテッドFC

原語表記:West Ham United Football Club

愛称:ハマーズ、アイアンズ

創立:1895年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:えんじ、水色

関連ニュース
thumb

FA、ハマーズ戦で審判団批判のクロップ監督を処分!

イングランドサッカー協会(FA)は13日、先日のウェストハム戦後に審判団の判定に対して批判的なコメントを行ったリバプールのユルゲン・クロップ監督に処分を科すことを発表した。 クロップ監督が率いるリバプールは、今月4日のプレミアリーグ第25節でウェストハムと対戦し、1-1で引き分けた。試合の中で22分にFWサディオ・マネが先制点を記録した場面ではMFジェームズ・ミルナーに明らかなオフサイドがあったとして、物議を醸した一戦となった。 しかし、試合後にクロップ監督は逆にケビン・フレンド主審を含む審判団を批判。「五分五分の状態では常に相手のFKになった」、「審判がハーフタイムにオフサイドに気付いてから、奇妙なシチュエーションを見ることになった」などと語り、むしろリバプールに不利な判定があったことを主張していた。 なお、FAはクロップ監督に対する今回の処分に関して以下のような声明を発表している。 「今回の処分に関しては彼(クロップ)が2019年2月4日に行われたリバプールとウェストハムのリーグ戦後のインタビューで発したコメントに対するものであり、FA規則のE3(1)の『マッチレフェリーに対する健全性を疑う行為および暗黙のバイアスを疑う』という違反に該当する」 なお、クロップ監督には2月18日夕方まで異議申し立てを行う権利が与えられるが、仮に処分が確定した場合は罰金あるいはベンチ入り禁止処分が科される見込みだ。 2019.02.14 03:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ハマーズ逸材MFライスがイングランド代表入りを表明! アイルランドに悲報…

ウェストハムに所属するアイルランド代表MFデクラン・ライス(20)は13日、自身の公式ツイッターを通じてイングランド代表入りを決断したことを明かした。 センターバックと守備的MFを主戦場とするロンドン生まれのライスは、7歳から2014年までチェルシーのアカデミーに在籍。その後、ウェストハムのユースに移籍し、昨シーズンはリーグ戦26試合に出場した。そして今季はマヌエル・ペジェグリーニ新監督の信頼を勝ち取ると、[4-1-4-1]のアンカーポジションで攻守に質の高いパフォーマンスを続けている。 現在、チェルシーやトッテナム、リバプールなど国内のビッグクラブの関心を集める逸材に関しては、祖父母の生まれ故郷であるアイルランド代表と、自身の生まれ故郷であるイングランド代表の間でも綱引きが行われていた。 これまでライスはU-16代表からアイルランドの世代別代表でプレーし、昨年3月に行われたトルコ代表との国際親善試合ではフル代表デビューも飾り、ここまでいずれもフレンドリーマッチながら通算3キャップを記録。 しかし、より高いレベルでのプレーを希望するライスは13日、アイルランド代表を率いるミック・マッカーシー監督と、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督の双方に直接連絡し、今後イングランド代表としてプレーする意向を固めたことを伝えた。 「今日の午後、僕はミック・マッカーシーとガレス・サウスゲートの2人に対して、FIFAにアイルランドからイングランドに国籍変更を求める書面の提出を行う旨を電話で伝えた」 なお、アイルランド代表として公式戦に出場しておらず、イングランドの国籍も持っているライスの国籍変更はすぐに許可される見込みだ。 そのため、3月末に行われるチェコ代表とモンテネグロ代表とのユーロ2020予選でイングランド代表初招集されるようだ。 2019.02.14 03:18 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、エリクセン流出に備えウェストハムMFライスを強襲か

トッテナムが、ウェストハムに所属するアイルランド代表MFデクラン・ライス(20)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 トッテナムでは、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(26)の契約が2020年夏までとなっている。しかし、新契約締結に至ってはおらず、流出の危機に瀕していることが囁かれている。 そのため、トッテナムはデンマーク代表MFの後釜の獲得に動き出しており、以前から注視していたライス獲得を本格的に検討しているという。ライスは昨年12月にクラブと2024年までの新契約を締結したばかりだが、トッテナムは移籍金3500万ポンド(約50億円)を用意しての強襲を画策しているようだ。なお、同選手に関しては、リバプールとマンチェスター・ユナイテッドからの関心も伝えられている。 センターバックと守備的MFを主戦場とするロンドン生まれのライスは、7歳から2014年までチェルシーのアカデミーに在籍。その後、ウェストハムのユースに移籍し、昨シーズンはプレミアリーグ戦26試合に出場した。そして今シーズンはマヌエル・ペジェグリーニ新監督の信頼を勝ち取ると、[4-1-4-1]のアンカーポジションで攻守に質の高いパフォーマンスを続け、リーグ戦22試合に先発している。 2019.02.09 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルとウェストハムがエスパニョールMFロカに熱視線

インテルとウェストハムが、エスパニョールに所属するスペイン人MFマルク・ロカ(22)に熱視線を送っているようだ。スペインメディアのレポートを引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 2007年からエスパニョールでプレーするカンテラ出身のロカは、184cmと恵まれた体躯に加え、長短使いこなす高精度のパスや中盤でのボール奪取能力を武器にディフェンシブMFを主戦場として活躍。今シーズンもここまで公式戦24試合に出場するなど、スペイン期待の若手として注目されている。 注目株のロカに関しては、レアル・マドリーを含む複数クラブが熱視線。しかし、2022年までエスパニョールとの契約を残しており、契約解除金も4000万ユーロ(約50億円)に設定されている。 今回伝えられるところでは、新たにウェストハムとインテルが争奪戦に名乗り。エスパニョールが契約解除金の値引きに応じない構えであることが伝えられているが、どのクラブが獲得に漕ぎ着けるのだろうか。 2019.02.06 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

FA、クロップに意見書の提出を要求…ジャッジの偏りを検証か

イングランドサッカー協会(FA)が、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督に意見書の提出を求めた。イギリス『BBC』が報じている。 クロップ監督が率いるリバプールは、4日のプレミアリーグ第25節でウェストハムと対戦し、1-1で引き分けた。試合の中で22分にFWマネが先制点を記録した場面でオフサイドがあったとして、物議を醸している一戦だ。 しかし、試合後にクロップ監督は逆に審判団を批判。「五分五分の状態では常に相手のFKになった」、「審判がハーフタイムにオフサイドに気付いてから、奇妙なシチュエーションを見ることになった」などと語っており、むしろリバプールに不利な判定があったことを主張している。 そして、FAはクロップ監督に意見書の提出を要求。これはジャッジへのコメントに対するものであり、イギリス『スカイ・スポーツ』の報道では発言を“検証する”という表現が用いられている。つまり、クロップ監督が指摘するような公平性を欠く判定がどの場面に当てはまるかを精査し、実際に不利を被ったか否かを突き付けられることになるだろう。 2019.02.06 09:30 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング