エイバル

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 エイバル 26 7 5 6 25 24 1 18

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-19
27:15
コパ・デル・レイ
準々決勝1stレグ
アトレティコ・マドリー vs エイバル
2017-01-22
28:45
リーガエスパニョーラ
第19節
エイバル vs バルセロナ
2017-01-25
27:15
コパ・デル・レイ
準々決勝2ndレグ
エイバル vs アトレティコ・マドリー
2017-01-28
26:30
リーガエスパニョーラ
第20節
エイバル vs デポルティボ
2017-02-06
リーガエスパニョーラ
第21節
バレンシア vs エイバル

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.15
26:30
リーガエスパニョーラ
第18節
スポルティング・ヒホン 2 - 3 エイバル
2017.01.12
27:00
コパ・デル・レイ
5回戦2ndレグ
エイバル 0 - 0 オサスナ
2017.01.07
24:15
リーガエスパニョーラ
第17節
エイバル 0 - 2 アトレティコ・マドリー
2017.01.03
27:00
コパ・デル・レイ
5回戦1stレグ
オサスナ 0 - 3 エイバル
2016.12.18
24:15
リーガエスパニョーラ
第16節
レガネス 1 - 1 エイバル

基本データ

正式名称:SDエイバル

原語表記:Sociedad Deportiva Eibar

創立:1940年

ホームタウン:エイバル

チームカラー:赤紫/青

関連ニュース

thumb

“戦う姿勢”示した乾、ヒホン戦で9針縫いながらプレー続行…次戦も出場可能な状態に

どんな状態でも簡単にピッチから退きたくはない。エイバルMF乾貴士は、リーガエスパニョーラ第18節スポルティング・ヒホン戦で戦う姿勢を示した。<br><br>乾はヒホン戦の前半38分、相手DFマヌエル・カステジャーノ・&ldquo;リージョ&rdquo;とサイドライン際で激しく衝突。頭から流血し、治療のため数分間ピッチから離れることになった。<br><br>治療を終え、頭への衝撃を防ぐ目的で水泳帽のような帽子を被ってピッチに戻った乾だが、どうやら止血のためにその場で9針縫っていたようだ。それでもプレーへの意欲を強く示し、74分にMFルベン・ペーニャと交代するまで奮闘した。<br><br>最終的に、エイバルは敵地モリノンでヒホンに3-2と勝利を収めた。乾の&ldquo;戦う姿勢&rdquo;がホセ・ルイス・メンディリバル監督やチームメートの信頼につながったのは間違いなさそうだ。<br><br>なお、19日のコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのレアル・ソシエダ戦、22日のリーガ第22節バルセロナ戦への乾の出場には問題がないとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 18:33 Tue
twitterfacebook
thumb

乾先発のエイバル、アドリアンが3ゴールに絡む活躍で5試合ぶり勝利《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは15日、リーガエスパニョーラ第18節でスポルティング・ヒホンのホームに乗り込み、3-2で勝利した。エイバルのMF乾貴士は74分に交代している。 ▽前節アトレティコ・マドリーに0-2と惜敗した10位エイバル(勝ち点23)は、3日前に行われたコパ・デル・レイのオサスナ戦を0-0で引き分けて準々決勝進出を決めた。そのオサスナ戦のスタメンから7選手を変更。ペドロ・レオンやセルジ・エンリク、ダニ・ガルシアら主力が先発に戻り、乾がリーガ10試合連続スタメンとなった。 ▽3連敗中の18位ヒホン(勝ち点12)に対し、エイバルはいつも通りの[4-2-3-1]を採用。乾は定位置の左MFで先発となった。試合は3分に乾が仕掛けてルーズとなったボールを拾ったアドリアンがボックス左でアモレビエタに倒されてPKを獲得。シミュレーションに近かったが、このPKをアドリアン自らゴール左に決めてエイバルが先制した。 ▽しかし9分、GKリエスゴのキックミスからルーズボールをカルモナに決められ、すかさず試合は1-1となってしまう。失点直後、右サイドからのクロスを乾がシュートする決定機を迎えるも、枠を捉えることができない。さらに18分、右サイドのFKからアドリアンのヘディングシュートが左ポストを直撃したエイバルだったが、21分に勝ち越しに成功した。アドリアンのミドルシュートをGKが弾いたルーズボールをペドロ・レオンが詰めた。 ▽さらに23分、畳みかけるエイバルは再びアドリアンのミドルシュートがGKクエジャールを強襲すると、ルーズとなったボールを今度はルナが詰めた。ハーフタイムにかけても鋭い出足を見せるエイバルのペースが続き、低調なプレーに終始するヒホンに対してはホームのファンからブーイングが起こった。 ▽迎えた後半開始3分、左CKのルーズボールをボックス右の乾がボレー。だが、わずかにシュートは枠の上を越えていった。続く50分にもセルジ・エンリクのシュートでゴールに迫ったエイバルは、58分に失点する。FKの流れからカセスのミドルシュートが味方に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽さらに61分にもビゲラに決定的なシュートを許したエイバルは、65分にアドリアンに代えてフラン・リコを投入し、守備を締めにかかる。さらに74分、乾がピッチを後にし、ペーニャが投入された。交代枠を使い切ったエイバルは終盤にかけて、集中した守備で凌ぎ逃げ切り勝利。5試合ぶりの白星を飾った。 2017.01.16 04:24 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバル、合計スコア3-0でオサスナを上回りベスト8に進出...乾は出場せず《コパ・デル・レイ》

12日に行われたコパ・デル・レイ5回戦セカンドレグで、エイバルは本拠地イプルアにオサスナを迎えて0-0と引き分けた。この結果、2試合合計スコア3-0でエイバルが準々決勝に進んでいる。MF乾貴士は出場しなかった。<br><br>リーガエスパニョーラで10位につけるエイバルと、最下位に位置するオサスナ。余力を残すエイバルがコパの上位進出に意欲を燃やす一方で、オサスナはファーストレグの敗戦(0-3)の影響もありリーガに集中するためメンバーを落として試合に臨んだ。<br><br>3点のアドバンテージを見越して乾をはじめ主力選手を温存したエイバルはカンテラーノのサリエギが先発に抜擢される。対してオサスナもブニュエル、オラビデ、オテギのカンテラーノ3選手がスタメンに名を連ねた。<br><br>序盤から優勢に試合を進めたエイバルだが、10分にアクシデントが発生する。フンカが足を痛め、交代を要求。急きょペドロ・レオンが投入され、ウィングを本職とするルベン・ペーニャが左SBに入った。<br><br>エイバルは15分にこの試合最初の決定機を迎える。左サイドに開いたベベがボールを受けると、浅い位置からインスイングのクロスを入れる。そのクロスにサリエギが飛び込んだが、数センチ及ばずシュートには至らなかった。<br><br>その後もベベとP・レオンが両サイドで起点になり攻撃を仕掛けるも、エイバルはファイナルサードでの精度を欠く。52分にはフラン・リコがミドルレンジから鋭いシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。<br><br>エイバルは最後までゴールを割れずに試合を終えた。それでも1stレグの点差を生かしてベスト8に名乗りを挙げている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.13 08:47 Fri
twitterfacebook
thumb

エイバル監督がアトレティコ戦の乾を称賛 、「まるで絵に描いたような選手」…しかし「従順過ぎる」という課題も

7日のリーガエスパニョーラ第17節、エイバルは本拠地イプルアでのアトレティコ・マドリー戦を0-2で落とした。ホセ・ルイス・メンディリバル監督は試合後、MF乾貴士が「まるで絵に描いたような選手」であると、同選手の能力を称賛している。<br><br>この試合で先発出場を果たした乾は、積極果敢なドリブルなどでエイバルの攻撃の起点に。対面するアトレティコの右サイドバック、DFシメ・ヴルサリコはこの日本人MFのプレーにきりきり舞となり、ディエゴ・シメオネ監督はハーフタイムに同選手をDFフアンフラン・トーレスに代えて対応した。<br><br>メンディリバル監督はアトレティコ戦後、乾という選手の能力に疑いの余地がないと断言。「彼は並外れたクオリティーを有しており、まるで絵に描いたような選手だ。良いプレーを見せてくれる」と述べた。しかし一方で、日本人MFにはまだ課題があるとの見解も示す。それは「従順過ぎる」ことだという。<br><br>「彼という人間は、あまりにも従順過ぎる。いつも言われたことだけをやろうとするんだ。彼には競争に臨む、ということが欠けている。アトレティコはそれができていたが、彼は苦労を強いられていた。まあ、少しずつだがずうずうしくなっているし、チームメートは彼とのプレーを楽しめているね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.08 11:12 Sun
twitterfacebook
thumb

エイバル戦勝利も乾のプレーに苦しんだと明かすシメオネ「ヴルサリコは2枚目のイエローをもらう可能性があった」

▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、7日に行われたエイバル戦についてコメント。MF乾貴士の活躍で選手交代を行ったことを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽アウェイでのエイバル戦に臨んだアトレティコは、前半こそゴールレスに終わったものの、後半そうそうにサウール・ニゲスがゴール。74分にはグリーズマンが追加点を奪い、0-2で勝利を収めた。 ▽シメオネ監督は0-0で迎えた後半開始からヴルサリコを下げてファンフランを投入。この交代は、乾の活躍によるものだったことを明かした。 「乾が良いプレーをしているのを見ていた。ヴルサリコはイエローカードをもらっていたし、乾は良い選手で、なおかつ小柄だ。シメ(・ヴルサリコ)は競り合いの中で2枚目をもらう可能性があった。私は選手が退場するリスクを冒したくなかったんだ」 ▽乾はアトレティコ戦に先発出場。左サイドで積極的な仕掛けと味方とのパス交換で躍動。68分にペペと交代していた。 2017.01.08 10:54 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング