エンポリ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 エンポリ 22 5 7 14 15 37 -22 26

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-03-05
23:00
セリエA
第27節
エンポリ vs ジェノア
2017-03-12
23:00
セリエA
第28節
キエーボ vs エンポリ
2017-03-19
20:00
セリエA
第29節
エンポリ vs ナポリ
2017-04-02
セリエA
第30節
ローマ vs エンポリ
2017-04-09
セリエA
第31節
エンポリ vs ペスカーラ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.25
28:45
セリエA
第26節
ユベントス 2 - 0 エンポリ
2017.02.18
28:45
セリエA
第25節
エンポリ 1 - 2 ラツィオ
2017.02.12
23:00
セリエA
第24節
インテル 2 - 0 エンポリ
2017.02.05
23:00
セリエA
第23節
エンポリ 1 - 1 トリノ
2017.01.29
23:00
セリエA
第22節
クロトーネ 4 - 1 エンポリ

基本データ

正式名称:エンポリFC

原語表記:Empoli Football Club 1920

愛称:アッズーリ

創立:1921年

ホームタウン:エンポリ

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

主力一部温存のユーベ、エンポリを寄せ付けずホーム戦30連勝達成《セリエA》

▽ユベントスは25日、セリエA第26節でエンポリとのホーム戦に臨み、2-0で快勝した。 ▽前節パレルモ戦を4-1と大勝してリーグ戦6連勝とした首位ユベントス(勝ち点63)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦を2-0と先勝。そのポルト戦のスタメンから6選手を変更。ディバラやGKブッフォン、キエッリーニらがベンチスタートとなった一方、アッレグリ監督と衝突してポルト戦をスタンド観戦となったボヌッチが先発に戻った。 ▽17位エンポリ(勝ち点22)を29連勝中のホームに迎えたユベントスは、[4-2-3-1]の2列目に右からクアドラード、マンジュキッチ、ストゥラーロと配した。そのユベントスは開始5分にマンジュキッチのパスを受けたイグアインがシュート。ゴール至近距離からの決定的なフィニッシュだったが、GKスコルプスキの好セーブに阻まれた。 ▽ユベントスがゆったりと試合を運んだことで予想外にもほぼ互角の展開で推移した一戦は、枠内シュートの少ない膠着状態が続く。そんな中31分、ユベントスに決定機。イグアインのスルーパスを受けたマンジュキッチがボックス内へ侵入。しかし、DFに止められ、シュートを打ちきれなかった。続く39分にはピャニッチがミドルシュートを浴びせるもわずかに枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、ギアを上げたユベントスは52分に均衡を破る。右サイドからのクアドラードのクロスにマンジュキッチが頭で合わせ、バーの下に直撃したシュートがGKスコルプスキに当たってゴールラインを割った。 ▽試合をコントロールするユベントスは65分、ダニエウ・アウベスの右クロスを受けたボックス左のアレックス・サンドロがDFを背負いながら反転して左足を振り抜くと、これがゴール右に決まって追加点を奪取した。 ▽2点をリードしたユベントスは自陣に引いてエンポリにボールを持たせて時間を進めていく。88分には途中出場のディバラが際どいコントロールシュートを浴びせたユベントスが、2-0で試合を終わらせてセリエAにおけるホーム戦30連勝を達成している。 2017.02.26 06:36 Sun
twitterfacebook
thumb

イカルディ&ペリシッチ出停のインテル、スコルプスキ躍動も代役エデルの1G1Aで快勝《セリエA》

▽インテルは12日、セリエA第24節でエンポリを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、2-0で快勝した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ユベントスとのイタリア・ダービーを0-1と敗れて連勝が7で止まった5位インテル(勝ち点42)は、イカルディとペリシッチが出場停止で、ブロゾビッチが負傷で欠場となった中、パラシオやエデル、コンドグビアといったバックアッパーが先発となった。 ▽17位エンポリ(勝ち点22)に対し、ユベントス戦同様にメデルを3バックの中央に配す[3-5-2]で臨んだインテルが立ち上がりから一方的に押し込むと、10分に決定機を演出。FKからパラシオのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKスコルプスキのビッグセーブに阻まれる。 ▽それでも14分、右サイドからのカンドレーバのクロスがディフレクトしたルーズボールをゴールエリア右のパラシオがヘディングでつなぐと、最後はゴール前のエデルが胸で押し込んでインテルが先制した。 ▽25分にエル・カドゥーリに枠内シュートを浴びたインテルだったが、GKハンダノビッチがセーブすると、32分に追加点に迫る。しかし、ゴール至近距離からのガリアルディーニのシュートは再びGKスコルプスキのビッグセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけても押し込んだインテルは追加タイム3分、コンドグビアのミドルシュートでGKスコルプスキを強襲したもののゴールを割るには至らず1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半もインテルが押し込む流れとなったが、53分にピンチを迎える。ワンツーでボックス右への進入を許したクルニッチに決定的なシュートを許すも、GKハンダノビッチがビッグセーブで防いだ。 ▽すると直後、インテルが突き放す。左サイドからのエデルの右足アウトでの絶妙なクロスをファーサイドのカンドレーバがボレーで叩き込んだ。 ▽その後、59分にロングボールに抜け出したマッカローネにGKハンダノビッチと一対一となるピンチを迎えるも、ハンダノビッチが冷静にストップ。 ▽2点のリードを保って余裕のインテルは73分にパラシオに代えてガブリエウ・バルボサを投入。77分のクローチェのボレーはGKハンダノビッチがセーブすると、89分にはガリアルディーニがゴール至近距離からヘディングシュート。結局、この決定機もGKスコルプスキのビッグセーブに阻まれたインテルだったが、2-0で快勝。主力を欠く中、勝利を取り戻している。 2017.02.13 01:08 Mon
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、エンポリから元ミランMFサポナーラを獲得! 買取義務付きの18カ月ローン移籍

▽フィオレンティーナは28日、エンポリからイタリア人MFリッカルド・サポナーラ(25)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2018年6月30日までの1年半となる。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、フィオレンティーナは18カ月のレンタル契約終了後に1000万ユーロ(約12億3000万円)をエンポリ側に支払い、完全移籍で獲得することになるという。また、前所属先のミランはエンポリとの取り決めによって、移籍金の一部として130万ユーロ(約1億6000万円)を受け取るようだ。 ▽2009年に加入したエンポリで頭角を現したサポナーラは、2013年にミランへ完全移籍で加入。だが、イタリア屈指の名門で思うように出場機会を得ることができず、2015年1月にエンポリへ復帰していた。 ▽それでも、復帰したエンポリではマルコ・ジャンパオロ前監督(現サンプドリア)の下、昨シーズンのリーグ戦33試合に出場し、5ゴール10アシスト。[4-3-1-2]のトップ下として創造性に溢れるプレーで攻撃の大黒柱として活躍。今シーズンここまでは、リーグ戦18試合に出場し、2ゴールを記録している。 ▽なお、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同日、サポナーラの確保に成功したフィオレンティーナが、ウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(29)の獲得に迫っていると報じている。昨夏にユベントスとの契約が終了して以降、無所属の状態が続いている同選手は、先日に条件面で合意に至っていたトルコのトラブゾンシュポルのメディカルチェックをパスできず、契約が破談に終わっていた。そのため、29日に受けるメディカルチェックをパスできるかが、重要な焦点となる模様だ。 2017.01.29 05:17 Sun
twitterfacebook
thumb

ペスカーラが元イタリア代表FWジラルディーノの加入を発表!

▽ペスカーラがエンポリに所属する元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(34)を獲得した。チームの公式ツイッターで発表している。 ▽これまでパルマやフィオレンティーナ、ミランなど多くのセリエAのクラブを渡り歩いてきたジラルディーノは、2016年夏にパレルモからエンポリへ加入。今シーズンはここまでリーグ戦14試合に出場するも、先発出場は5試合に留まっていた。 ▽なお、契約期間などは明かされていないが、ドイツ『Transfermarkt』によると、ジラルディーノはエンポリとの契約を解消し、ペスカーラと半年間の契約を結んだと示唆している。 2017.01.10 02:26 Tue
twitterfacebook
thumb

前半苦戦もラパドゥーラのドッピエッタとスソの3戦連発でミランが快勝《セリエA》

▽ミランは26日、セリエA第14節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、4-1で快勝した。ミランの本田はベンチ入りも出場しなかった。 ▽インテルとのダービーではスソの2ゴールを守り切れず、終盤の被弾によって引き分けに終わった2位ミラン(勝ち点26)。勝ち点2を失った中、ダービーのスタメンから4選手を変更。負傷明けのロマニョーリが先発に戻った一方、バッカが負傷で欠場となった。その他、ニアンやパレッタ、クツカがベンチスタートとなった。 ▽前節フィオレンティーナに惨敗した17位エンポリ(勝ち点10)に対し、ミランは立ち上がりから劣勢を強いられる。3分にGKドンナルンマのミスパスからマッカローネに決定機を許すも、枠を外れて助かった。続く6分にはボックス左への侵入を許したサポナーラにGKドンナルンマを強襲される。 ▽10分には負傷したM・フェルナンデスがプレー続行不可能となり、クツカを投入せざるを得なくなったミラン。それでも15分、ディオセからボールを奪取したクツカが右サイドのスソに開くと、スソは右足でクロス。最後はラパドゥーラが右足で流し込み、ミランが先制した。 ▽しかし17分、右サイドからのアーリークロスをGKドンナルンマが飛び出してパンチング。しかし、やや小さくなったルーズボールをゴール正面のサポナーラに拾われると、胸トラップから左足でシュートを決められ試合は振り出しに戻った。 ▽エンポリの攻勢が続く中、23分にはロングカウンターで持ち上がったサポナーラのラストパスを受けたマッカローネにループシュートでゴールを脅かされてしまう。これは枠を外れて助かったミランは、32分にアバーテが、直後のCKからスソが際どいシュートを浴びせるもGKスコルプスキにセーブされる。ハーフタイムにかけてもペースを掴めないミランは1-1のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もエンポリに押し込まれる苦しい展開が続いていたミランだったが、61分に勝ち越す。ラパドゥーラのパスを受けたアバーテがボックス右深くからマイナスに折り返し、ボックス中央のスソが丁寧に左足のシュートでゴール左に流し込んだ。 ▽スソの3戦連続ゴールが生まれたミランは続く65分、ドリブルでボックス左へ侵入したボナヴェントゥーラの折り返しが相手DFのオウンゴールを誘い、3-1とリードを広げる。エンポリの戦意を喪失させたミランはさらに77分、スソのパスを受けたボックス右のラパドゥーラが利き足の左でゴール左へシュートを流し込んで4-1とした。終わってみれば快勝のミランが勝利を取り戻している。 2016.11.27 06:41 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング