エンポリ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 エンポリ 25 6 7 15 36 54 -18 28
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-03-30
26:00
セリエA
第29節
ユベントス vs エンポリ
2019-04-03
26:00
セリエA
第30節
エンポリ vs ナポリ
2019-04-07
22:00
セリエA
第31節
ウディネーゼ vs エンポリ
2019-04-14
22:00
セリエA
第32節
アタランタ vs エンポリ
2019-04-20
22:00
セリエA
第33節
エンポリ vs SPAL
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.03.17
23:00
セリエA
第28節
エンポリ 2 - 1 フロジノーネ
2019.03.11
28:30
セリエA
第27節
ローマ 2 - 1 エンポリ
2019.03.02
23:00
セリエA
第26節
エンポリ 3 - 3 パルマ
2019.02.22
28:30
セリエA
第25節
ミラン 3 - 0 エンポリ
2019.02.17
23:00
セリエA
第24節
エンポリ 3 - 0 サッスオーロ
基本データ

正式名称:エンポリFC

原語表記:Empoli Football Club 1920

愛称:アッズーリ

創立:1921年

ホームタウン:エンポリ

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

エンポリで今季2度目の監督交代! イアキーニ解任でアンドレアッツォーリが昨年11月以来の復帰

エンポリは13日、ジュゼッペ・イアキーニ監督の解任および昨年11月までチームを率いていたアウレリオ・アンドレアッツォーリ氏(65)の再任を発表した。 今季、アンドレアッツォーリ氏の下でシーズンをスタートしたエンポリだったが、同氏の下ではセリエA第11節終了時点で1勝3分け7敗と苦戦。降格圏の18位に沈んでいた。そして、昨年11月に同氏を解任した後、イアキーニ監督の下で立て直しを図ったが、新体制移行後は4勝4分け8敗の17位と目立った変化はなく、11日に行われたローマ戦での敗戦を受けて更迭を決断した。 ローマでコーチや監督を長年務めていたアンドレアッツォーリ氏は、2017年12月にエンポリの指揮官に就任。就任後はリーグ戦23試合無敗でセリエBを制覇し、エンポリを1年でセリエA昇格に導いていた。 2019.03.13 23:18 Wed
twitterfacebook
thumb

終盤10人のローマ、VARにも助けられラニエリ初陣を勝利で飾る!《セリエA》

ローマは11日、セリエA第27節でエンポリとホームで対戦し、2-1で勝利した。 今季、セリエA第26節終了時点で12勝8分け6敗で5位に沈むローマは、前節のラツィオ戦で0-3の完敗、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦のポルト戦でも逆転負けを喫すると、8日にディ・フランチェスコ監督を解任。そして、新指揮官に8年ぶりの復帰となるクラウディオ・ラニエリ氏を招へいした。 エンポリとの初陣に向けてラニエリ監督は、ポルト戦から先発6人を変更。出場停止となるジェコやコラロフに加え、同試合で負傷したデ・ロッシ、マノラスらに代えてシックやエル・シャーラウィ、クライファート、クリスタンテ、フロレンツィらを先発で起用した。 17位のエンポリを相手に押し込む入りを見せたローマは早い時間にゴールを奪う。9分、右CKのセカンドボールを拾ったエル・シャーラウィがペナルティアーク手前からコントロールショットをゴール右に突き刺した。 幸先よく先制したローマだったが、12分にセットプレーから同点弾を許す。バイタルエリア左手前で獲得したFKからパスクアルがクロスを供給。これをボックス右のシルベストレが頭で折り返すと、DFファン・ジェズスのオウンゴールを誘った。試合を振り出しに戻したエンポリは、15分にもパスクアルの直接FKが左ポストを直撃するなど、立て続けにローマゴールを脅かした。 同点に追い付かれたローマは30分、クリスタンテのパスをボックス右のエル・シャーラウィがヒールで落とすと最後はザニオーロが左足で狙うも、このシュートはわずかにゴール右に外れた。それでも32分、右サイド深くで獲得したFKからフロレンツィがクロスを入れると、ゴール前で競り合ったシックがヘディングシュートをゴール左に叩き込み、勝ち越しに成功した。 迎えた後半、1点をリードするローマだったが55分にアクシデント。左ふくらはぎに違和感を訴えたザニオーロを下げてペロッティを緊急投入。対するエンポリは65分に、アックアーを下げてブリーギをピッチに送り出した。 一進一退の展開が続く中、ローマは71分にチャンス。相手陣内でクリスタンテがハイプレスを敢行すると、これで生まれたロストボールをボックス左手前で拾ったエル・シャーラウィが縦に持ち上がりシュート。しかし、これはゴール右に外れた。追加点を逃したローマは、80分にフロレンツィがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となる。 数的有利となったエンポリは、88分に決定機。クルニッチの縦パスをボックス手前で受けたオベルリンがターンを狙うも相手DFと接触。しかし、こぼれ球をボックス左で拾ったカプートがマイナスに折り返すと、中央に走り込んだクルニッチがゴール右隅へ流し込んだ。 再び同点かと思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、オベルリンがターンを狙った際にブロックに入ったファン・ジェズスのクリアボールが腕に当たっており、これがハンドの判定に。エンポリのゴールは取り消された。 結局、試合はそのまま2-1で終了。10人のローマが逃げ切り、ラニエリ監督の初陣を白星で飾った。 2019.03.12 07:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマに痛手! ギリシャ代表DFマノラスが筋肉の損傷で3週間離脱へ

ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスが、負傷離脱を強いられることになるようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』が報じた。 6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのポルト戦(2-3で敗戦)にフル出場したマノラスは、試合後の検査で筋肉の損傷が発覚。『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、3週間の離脱が予想されている。 今回のケガによりマノラスは11日に行われるエンポリ戦、SPAL戦という2つのリーグ戦を欠場。今月に行われるユーロ2020予選に向けたギリシャ代表の招集も辞退し、31日に行われるセリエA第29節のナポリ戦での復帰を目指すようだ。 なお、ディ・フランチェスコ体制が終焉を迎えたローマは、マノラスの他にMFハビエル・パストーレとFWジェンギズ・ウンデルが負傷離脱しており、次節のエンポリ戦ではFWエディン・ジェコやDFアレクサンダル・コラロフ、DFフェデリコ・ファシオが出場停止となる。 2019.03.09 01:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ピョンテク5試合連続ゴールでミランがエンポリに快勝!公式戦10戦負けなしでリーグ3連勝!!《セリエA》

ミランは22日、セリエA第25節でエンポリと対戦し、3-0で勝利した。 公式戦9試合負けなし中の4位ミラン(勝ち点42)。冬加入のピョンテクの4試合連続ゴールもあり、上位陣との勝ち点差を詰めてきた。クラブの公式戦10戦無敗、ピョンテクの5試合連続ゴールが期待される今節は、前節のアタランタ戦から1選手変更。右サイドバックのカラブリアに代わり、A・コンティがスタメンに起用された。 7分にエンポリに試合のファーストシュートを許したミランは10分、左サイドバックのリカルド・ロドリゲスのクロスをパケタが頭で合わせて先制したかに思われたが、VARはオフサイドと判定。ゴールは取り消しとなった。 その後、試合は停滞気味に。互いにバイタルまで攻め込んでもなかなかシュートに繋がらない。そんな中ミランはカスティジェホが2本のシュートを放つがどちらもGKにセーブされた。前半アディショナルタイムには右サイドのクロスのこぼれ球をパケタが詰める場面もあったが、相手のチェックに遭いシュートは打てなかった。 ゴールレスで迎えた後半、前半は枠内シュートゼロだったエンポリがチャンスを迎える。48分、左サイドからグラウンダーで上がったクロスをカプートがゴール前で丁寧に落とすと、クルニッチがダイレクトで狙う。しかし、これをゴール右上に外してしまい、またとない決定機を逃してしまった。 するとミランはこの隙に攻撃を仕掛ける。49分、敵陣でボールを奪ったカスティジェホからケシエ、チャルハノールと縦パスがつながり、ボックス右に侵入したチャルハノールの折り返しを最後はピョンテクが合わせてゴールイン。ミランが後半開始早々に先制点を決めた。 ピョンテクの5試合連続ゴールでリードしたミランは、さらにその2分後の51分、ドリブルで右サイドを上がったカスティジェホのスルーパスからボックス右に入ったケシエがGKとの一対一を華麗なループシュートで制して追加点を記録した。 ミランはさらに、67分には右サイドのコンティのグラウンダーのクロスをカスティジェホが左足で巧くニアを突いて3点目。試合を決定づけたところで、ガットゥーゾ監督はピョンテクとパケタを下げてクトローネとボリーニを投入した。 そのボリーニは70分過ぎにドリブル突破からネットを揺らすも、再びVARで取り消しに。ミランは1試合で2度もゴールが取り消された。 それでも十分な3点を奪ったミランが完封で快勝。これで公式戦10戦負けなし。リーグ戦は3連勝とした。 2019.02.23 06:27 Sat
twitterfacebook
thumb

カイセドがPK弾で2戦連発! 格下に2戦連続ウノゼロの辛勝となったラツィオが暫定4位浮上《セリエA》

セリエA第23節、ラツィオvsエンポリが7日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのラツィオが1-0で勝利した。 トップ4を争う7位のラツィオ(勝ち点35)が残留を争う17位のエンポリ(勝ち点18)をホームで迎え撃った一戦。 前節、格下フロジノーネ相手の辛勝で連敗をストップしたラツィオは、共にコンディションに不安を抱えるエースのインモービレとルイス・アルベルトがベンチ外となり、コレアとカイセドが縦関係の2トップを組んだ。その一方で、今冬の移籍市場最終日にジェノアから加入したロムロが右ウイングバックの位置でデビューを飾った。 立ち上がりにアチェルビがファーストシュートを放ったラツィオだが、その後はファリアスとカプートの2トップがうまく起点を作るエンポリのカウンターに苦戦。7分にはボックス内に侵入したカプートに決定的なシュートを許すが、ここはGKストラコシャの対応で難を逃れる。 その後はボールを保持しながらも攻め切れないホームチームに対して、守備から攻撃の切り替えで勝るエンポリがやや優勢に試合を運んでいく。しかし、地力で勝るラツィオは最後の局面で仕事をさせない。 すると、前半終了間際の42分には味方からのバックパスの処理にもたついたGKプロベデルに死角からプレッシャーをかけたカイセドが足を蹴られてPKを獲得。これを自ら決めたカイセドが2試合連続ゴールとした。 相手のミスを見逃さない試合巧者の戦いぶりで試合を折り返したラツィオだが、連戦の影響か流れの中ではなかなかピリッとしない。60分には簡単にサイドを崩されてボックス中央のクルティッチに際どいシュートを許すが、これは枠の右に外れた。64分にはロングカウンターに抜け出したコレアに決定機も、ここはシュートを焦った結果、大きく枠外に外してしまう。 時間の経過と共に守勢に回るラツィオはミリンコビッチ=サビッチ、バロン・ベリシャに代えてカタルディ、バデリ、負傷のカイセドに代えてペドロ・ネトと出場機会の少ない選手たちをピッチに送り込み、逃げ切り態勢に入る。そして、試合終盤のエンポリのパワープレーをきっちり凌ぎ切ったラツィオが格下相手の2試合連続ウノゼロの辛勝で暫定ながら4位に浮上した。 2019.02.08 06:32 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング