レンヌ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 レンヌ 58 16 10 12 50 44 6 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.19
28:00
リーグ・アン
第38節
レンヌ 1 - 1 モンペリエ
2018.05.12
28:00
リーグ・アン
第37節
パリ・サンジェルマン 0 - 2 レンヌ
2018.05.06
24:00
リーグ・アン
第36節
レンヌ 2 - 1 ストラスブール
2018.04.29
22:00
リーグ・アン
第35節
レンヌ 2 - 1 トゥールーズ
2018.04.20
26:30
リーグ・アン
第34節
ナント 1 - 1 レンヌ

基本データ

正式名称:スタッド・レンヌ

原語表記:Stade Rennais Football Club

愛称:Les Rouges et Noirs

創立:1901年

ホームタウン:レンヌ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース

thumb

レンヌ、ウェストハムからセネガル代表FWディアフラ・サコー獲得

▽スタッド・レンヌは29日、ウェストハムからセネガル代表FWディアフラ・サコー(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2020年6月30日までの2年半となる。 ▽メスの下部組織出身のD・サコーは、2009年にトップチームに昇格すると、2010年1月13日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦のリヨン戦でトップチームデビュー。メスでは在籍5年間で公式戦91試合に出場し28ゴールを記録した。 ▽この活躍が認められ2014年8月にウェストハムへ完全移籍したD・サコーは、加入初年度からレギュラーに定着すると6戦連続ゴールを決めるなど、シーズン10得点をマークしチーム得点王に輝いた。 ▽しかし、その後は度重なる負傷により徐々に出場機会を減らすと、昨季はわずかリーグ戦4試合の出場に留まった。復調傾向を見せる今季はここまでリーグ戦14試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽3年半ぶりのリーグ・アン復帰となるD・サコーは、今回の移籍について以下のようにコメントしている。 「レンヌに加入したことはとても嬉しいし誇らしいことだ。(サブリ・)ラムシ監督と話し合ってレンヌのプロジェクトに共感できたし、(オリヴェル・)レタン会長も僕を獲得するために懸命に動いてくれた。だからレンヌ以外のクラブに加入することはまったく考えていなかったよ」 2018.01.30 00:21 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井フル出場のマルセイユが3発完勝で新年のリーグ初戦を白星で飾る!《リーグ・アン》

▽マルセイユは13日、リーグ・アン第20節でレンヌと対戦し、3-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。 ▽上位追走を目指す4位マルセイユ(勝ち点38)が、9位レンヌ(勝ち点25)のホームに乗り込んだ一戦。新年最初のリーグ戦を勝利で飾りたいマルセイユは、酒井やトヴァン、ルイス・グスタボ、ラミなど主力メンバーを揃ってこの試合で起用した。 ▽クープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦の再戦となった一戦は、立ち上がりこそボールポゼッションで上回るマルセイユが攻勢を見せたが、レンヌもカウンターから決定機を迎えるなど、試合は一進一退の展開となる。 ▽すると27分、マルセイユはボックス右から仕掛けたトヴァンがメクセルに倒され、PKを獲得。しかし、トヴァンのPKはGKコウベクの完璧なPKストップに阻まれた。決定機を逃したマルセイユだったが35分、左クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったトヴァンがゴール前にパスを供給。これをジェルマンが右足で流し込み、先制に成功した。 ▽先制点で勢いづくマルセイユは、45分にも右サイドを持ち上がったジェルマンのクロスをボックス内に走り込んだサンソンがゴール右へダイレクトシュートを突き刺し、追加点を奪った。 ▽後半も一進一退の展開が続く中、マルセイユは68分にパイエを下げてアンギッサを投入。さらに75分には、ジェルマンを下げてエンジエをピッチに送り出した。すると82分、エンジエのヒールパスで左サイドに抜け出したグスタボのクロスをファーサイドのトヴァンがヘディングで流し込み、3点目を奪った。 ▽リードを広げたマルセイユは、その後も危なげない試合運びで試合をクローズ。ジェルマンの1G1Aの活躍などで3発完勝のマルセイユが、2018年のリーグ初戦を白星で飾った。 2018.01.14 03:02 Sun
twitterfacebook
thumb

グルキュフ辞任のレンヌ、ラムシ監督就任

▽レンヌは8日、サブリ・ラムシ監督(45)を招へいしたことを発表した。契約期間は2年間でオプションで3年目も付随しているとのことだ。 ▽レンヌは今季9試合を終えてわずか1勝と苦しんでいたが、リーグ戦ここ3試合は連勝して浮上の途中にあった。しかし、クリスティアン・グルキュフ監督(62)は3日のボルドー戦後に辞任を発表していた。 ▽新監督のラムシ氏は現役時代にいぶし銀の守備的MFとしてパルマやインテル、モナコでプレー。フランス代表としては12試合に出場していた。指導者転向後はコートジボワール代表とアル・ジャイシュ(カタール)を率いていた。 2017.11.09 02:04 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユの守備崩壊は止まらずレンヌに3失点で初勝利献上…先発の酒井は38分で交代《リーグ・アン》

▽10日にリーグ・アン第5節のマルセイユvsレンヌがベロドロームで行われ、3-1でレンヌが勝利した。日本代表DF酒井宏樹は、チーム事情により38分に交代となった。 ▽前節のモナコ戦で6-1と大敗を喫して2試合白星から遠ざかっているマルセイユが、開幕から2分け2敗と未勝利が続くレンヌを迎えた。酒井は右サイドバックの位置で先発出場となった。 ▽試合は開始早々に動きを見せる。2分に右サイドから仕掛けたレンヌは、サールが入れたマイナスのボールにニアへと走り込んだハズリがヒールで流し込んでアウェイチームが先制点を挙げた。 ▽その後もレンヌが主導権を握ると10分にはブリゴーがやや距離のある位置から右足で放った無回転のシュートがゴールネットに突き刺さり、一気にマルセイユを突き放す。 ▽一方、守備陣の崩壊が止まらないマルセイユは、パイエやジェルマンらアタッカー陣に良い形でボールを入れられずチャンスを作れない。逆に裏を狙うハズリに危ない場面を作られるなど苦しい戦いを強いられる。それでも35分にはクイックリスタートから抜け出したジェルマンがGKと一対一を迎える。しかしシュートは決めきれず、この試合最初の決定機を逸してしまった。 ▽すると38分、酒井を下げて攻撃的なB・サールを投入するなど、ガルシア監督が積極的な采配を見せる。しかしその後もチャンスすら作れずに前半は終了。スタジアムに詰めかけたサポーターのブーイングを浴びながらマルセイユの選手たちは控室へと戻っていった。 ▽後半に入ると追いかけるマルセイユが攻勢に出る。しかし前半と同様に、パスミスが目立ち攻撃のリズムを掴めずフィニッシュまで持ち込むことができない。すると70分、レンヌが右サイドのボックス横でFKを獲得すると、低く鋭いグラウンダーのボールをギャニオンが蹴り込んで3点目を奪う。 ▽良い所がないマルセイユは、失点場面でスライディングブロックを試みた新戦力のアブデヌールが左足のハムストリングを負傷。最後の交代カードをDFに使うなど、まさに踏んだり蹴ったりの状況となる。 ▽87分にはパイエのスルーパスに抜け出したサンソンのシュートがポストに当たりながらもゴールラインを割って、マルセイユが1点を返す。90分にはロランドがPKを献上するが、ムベレのシュートはクロスバーを越えて傷口は広がらず。試合はそのまま終了を迎え、レンヌが今シーズン初勝利を飾った。 2017.09.11 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

レンヌ、スパルタ・プラハからチェコ代表GK獲得! クラブOBチェフからアドバイスも

▽レンヌは28日、スパルタ・プラハからチェコ代表GKトマシュ・コウベク(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽母国のフラデツ・クラーロヴェーから2015年にスパルタ・プラハに加入したコウベクは、加入初年度にリベレツにレンタル移籍で出されるも、昨シーズンは守護神として活躍。また、2016年にチェコ代表デビューを飾り、ここまで5試合に出場している。 ▽自身初の海外移籍でレンヌを新天地に選んだコウベクは、移籍に際して過去にレンヌに在籍し、チェコ代表で同僚だったチェルシーGKペトル・チェフからのアドバイスがあったことをクラブ公式サイトで明かした。 「僕は先週、ペトル・チェフに電話したんだ。そのときに彼はこのクラブやレンヌの街に関して、知り得るすべてのことを話してくれ、ここの素晴らしさを知ることができたんだ」 ▽198cmの長身GKは憧れの同胞がステップアップへの足掛かりとしたレンヌで飛躍を遂げられるか。 2017.08.29 05:44 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング