レンヌ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 レンヌ 50 12 14 12 36 42 -6 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-08-19
27:00
リーグ・アン
第3節
レンヌ vs ディジョン
2017-08-26
27:00
リーグ・アン
第4節
トゥールーズ vs レンヌ
2017-09-10
リーグ・アン
第5節
マルセイユ vs レンヌ
2017-09-17
リーグ・アン
第6節
レンヌ vs ニース
2017-09-24
リーグ・アン
第7節
サンテチェンヌ vs レンヌ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.08.11
27:45
リーグ・アン
第2節
レンヌ 1 - 2 リヨン
2017.08.05
27:00
リーグ・アン
第1節
トロワ 1 - 1 レンヌ

基本データ

正式名称:スタッド・レンヌ

原語表記:Stade Rennais Football Club

愛称:Les Rouges et Noirs

創立:1901年

ホームタウン:レンヌ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース

thumb

モナコ、レンヌから逸材ウイングを獲得!

▽モナコは2日、U-21フランス代表FWアダマ・ディアカビ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽カーンの下部組織出身のディアカビは、2015年にレンヌへ完全移籍で加入。2016-17シーズンにトップチームデビューを果たすと、ヴォルフスブルクFWポール=ジョルジュ・エンテプ、ドルトムントMFウスマーヌ・デンベレといった前任者を彷彿とさせる、鋭いドリブル突破と高精度の左足を武器に主力に定着。リーグ・アン25試合に出場し、4ゴールを記録した。 ▽なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、ディアカビの移籍金は1000万ユーロ(約13億1000万円)程度となったようだ。 2017.08.03 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

レンヌ、メス川島同僚の逸材MFを獲得! バルサ関心も堅実なステップアップに

▽レンヌは26日、メスからセネガル代表MFイスマイラ・サール(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽なおフランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は1700万ユーロ(約22億1000万円)となったようだ。 ▽2016年夏に母国のジェネレーション・フットからメスに加入したサールは、プロデビューシーズンとなった2016-17シーズンにリーグ戦31試合に出場し、5ゴールを記録。左ウイングを主戦場とする若きドリブラーは、優れた身体能力とテクニックを武器に、緩急自在の仕掛けで圧巻の存在感を発揮。加えて、カットインから精度の高い右足のシュートで多くのゴールチャンスに絡んだ。 ▽デビューシーズンで多くのインパクトを残したサールには、フランス国内のビッグクラブを始め、バルセロナなど多くのクラブが獲得に関心を示したが、堅実なステップアップを望んだ同選手がレンヌ行きを決めた。 ▽サールは、レンヌの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「メスからバルセロナに直接移籍することは、自分にとって早過ぎると思ったんだ。このクラブで多くの試合に出場し成長できれば、今後ヨーロッパのビッグクラブに移籍することも可能だと思う」 2017.07.27 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、レンヌからコートジボワール代表FWジョバンニ・シオと元ポルトガルU-21代表DF獲得!

▽モンペリエは18日、レンヌからコートジボワール代表FWジョバンニ・シオ(28)と元ポルトガルU-21代表DFペドロ・メンデス(26)を獲得した。 ▽スイスのシオンでプロキャリアをスタートしたジョバンニ・シオ[写真:左]は、その後、ヴォルフスブルクやアウグスブルク、バーゼル、ソショーなどで活躍。抜群の身体能力を活かしたドリブル突破を武器とする同選手は、コートジボワール代表として2014年ブラジル・ワールドカップにも出場している。 ▽一方、母国の名門スポルティング・リスボンの下部組織で育ったペドロ・メンデス[写真:右]は、2013年にパルマに加入。その後、サッスオーロやスタッド・レンヌでプレー。屈強なフィジカルを武器とする長身センターバックは、2016-17シーズンのリーグ戦19試合に出場している。 2017.07.19 01:25 Wed
twitterfacebook
thumb

レンヌ、マジョルカからFWブランドン・トーマス獲得

▽レンヌは10日、マジョルカからスペイン人FWブランドン・トーマス(22)を獲得したことを発表した。契約は2020年までの3年契約となる。 ▽ゴールへの嗅覚と確かなボールコントロール技術を持つブランドン・トーマスは、トップからウイング、さらにはトップ下までこなせる万能型のFWだ。昨季はリーガエスパニョーラ・セグンダ・ディビシオンでリーグ戦39試合に出場し、12ゴール4アシストを記録した。同選手はレンヌの公式サイトで、その喜びを語っている。 「クラブの人たちは、力強く僕への信頼を語ってくれたよ。僕にとって、スタッド・レンヌは本当に良いフランスのチャンピオンクラブだ。10年以上、このクラブは安定して良いシーズンを送ってきた。それは僕にとって本当に良いチャンスなんだ」 2017.07.10 21:01 Mon
twitterfacebook
thumb

レンヌ、チェルシーのFWレミ獲得に興味か

▽レンヌがチェルシーのフランス代表FWロイク・レミ(30)の獲得に興味を示しているという。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽今夏すでに、U-20フランス代表DFクリスト=エマヌエル・フィトゥ・マウアサ(18)、マリ代表DFハマリ・トラオレ(25)、元U-20フランス代表MFバンジャマン・ブリドー(23)を獲得しているレンヌは、次はアタッカーの補強を目論んでいるようだ。 ▽FWの獲得を目指すレンヌは、ポルトのカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(25)の獲得を試みていたが破談に終わったようだ。そこで新たにチェルシーで出場機会が得られていないレミに着目。昨シーズンは、レンタルでクリスタル・パレスに加入したものの、負傷により長期離脱を余儀なくされ、公式戦わずか8試合の出場にとどまっていた。 ▽『レキップ』によると、レンヌはすでにチェルシーとコンタクトを取っている模様。契約が2018年までとなっているレミは、今夏チェルシーを退団するとみられている。 2017.07.05 16:41 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング