パリ・サンジェルマン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 パリ・サンジェルマン 18 6 0 0 21 3 18 6

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-09-23
24:00
リーグ・アン
第7節
モンペリエ vs パリ・サンジェルマン
2017-09-27
27:45
CLグループB
第2節
パリ・サンジェルマン vs バイエルン
2017-09-30
24:00
リーグ・アン
第8節
パリ・サンジェルマン vs ボルドー
2017-10-15
リーグ・アン
第9節
ディジョン vs パリ・サンジェルマン
2017-10-17
27:45
CLグループB
第3節
アンデルレヒト vs パリ・サンジェルマン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.09.17
28:00
リーグ・アン
第6節
パリ・サンジェルマン 2 - 0 リヨン
2017.09.12
27:45
CLグループB
第1節
セルティック 0 - 5 パリ・サンジェルマン
2017.09.08
27:45
リーグ・アン
第5節
メス 1 - 5 パリ・サンジェルマン
2017.08.25
27:45
リーグ・アン
第4節
パリ・サンジェルマン 3 - 0 サンテチェンヌ
2017.08.20
28:00
リーグ・アン
第3節
パリ・サンジェルマン 6 - 2 トゥールーズ

基本データ

正式名称:パリ・サンジェルマンFC

原語表記:Paris Saint-Germain Football Club

愛称:PSG

創立:1970年

ホームタウン:パリ

チームカラー:紺、赤

関連ニュース

thumb

ごたごたPSGにまたも波乱!? FKのキッカー争いでカバーニvsD・アウベスが勃発

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のキッカーを巡った論争にブラジル代表DFダニエウ・アウベスも参戦していたようだ。スペイン『マルカ』がブラジルのテレビ局『SporTV』でのインタビューを引用して報じている。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のリヨン戦を2-0で勝利し、首位キープに成功したPSG。しかし、その試合の78分に獲得したPKのキッカーを巡って、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとブラジル代表FWネイマールが激突していたことがスペイン『マルカ』によって報じられていた。しかし、今回の報道によると、キッカーを巡ってのいざこざはこのシーンだけではなかったようだ。 ▽その場面は55分、ボックス右手前でネイマールが倒されるとPSGがFKを獲得する。すると、このボールを拾ったダニエウ・アウベスにカバーニがボールを渡すように要求したが、ダニエウ・アウベスはこれを拒否。その後、ブラジル代表の同僚であるネイマールにボールを渡してキッカーを譲った場面が『マルカ』によって動画で紹介されている。 ▽しかし試合後、ダニエウ・アウベスはこの一件について、FKのキッカーをネイマールに譲ったのではなく、自身が蹴りたかったことを明かした。それでも、個人の結果よりもチームの勝利が優先だと主張している。 「僕は蹴るつもりだったんだ。過去にその位置からゴールを決めたことがあるからね。FKの時にボールを拾ったのは、また同じ位置から決められる自信があったからなんだ」 「ただ、これはそれほど重要なことではない。最も重要なことはチームが勝利を手にすることなんだ。それはどんな個人の結果よりも大事にしなければならない」 「試合がうまく言っていない時、その責任をとらなければならない。そして、僕はその責任をとりたかったんだ。ただ、最後はネイマールが蹴ることになって、僕が蹴ることはできなかったんだけどね」 2017.09.19 16:02 Tue
twitterfacebook
thumb

影でのデシャン批判が災いに…クルザワ、ギャングの恐喝被害に

▽フランス代表のある選手がギャングから恐喝被害を受けた。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽ある選手とは、パリ・サンジェルマンに所属するDFレイヴァン・クルザワ。パリ市内のバーでフランス代表のディディエ・デシャン監督を批判する姿が携帯電話のカメラで盗撮されたようだ。 ▽伝えられるところによれば、この仕業には数名のギャングが絡んでいた模様。ギャングは後日、クルザワに連絡を取り、口止め料として10万ユーロ(約1300万円)の支払いを求めたという。 ▽これを受けて、クルザワも地元警察に被害届を提出。容疑者3名が逮捕されていたとのことだ。 ▽フランス代表では、以前にも恐喝事件が起きている。FWカリム・ベンゼマに対して、セックス・テープでMFマテュー・ヴァルブエナを脅迫した容疑がかけられていた。 2017.09.18 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

カバーニvsネイマール勃発!? エメリ監督も悩ますPSGのある悩みとは

▽今シーズンの国内リーグ戦で全勝中のパリ・サンジェルマン(PSG)は、ある悩みを抱えているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のリヨン戦を2-0で勝利し、首位キープに成功したPSG。しかし、その試合中のある場面で、昨シーズンのリーグ得点王でもあるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと今シーズンにバルセロナから加入したブラジル代表FWネイマールにいざこざがあったという。 ▽その場面が訪れたのは78分、ボックス内でフランス代表FWキリアン・ムバッペが倒されてPKを獲得。そこでボールを拾ったカバーニがペナルティスポットに近づくと、ネイマールがPKを譲るように要求したようだ。だが、カバーニはこれを拒否。その挙句、このPKを失敗してしまった。 ▽試合後、PSGを率いるウナイ・エメリ監督はこの一件について言及。また、カバーニとネイマールに解決するように頼んだことを明かした。 「私は彼らの間でこの問題を解決するように頼んだ。これを問題にはしたくない」 2017.09.18 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGが終盤のオウンゴール2発で開幕6連勝! リヨンは今季初黒星…《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第6節のパリ・サンジェルマン(PSG)vsリヨンが17日にパルク・デ・プランスで行われ、2-0でPSGが勝利した。 ▽前節メスに完勝し開幕5連勝を飾ったPSGが、ホームにリーグ無敗を継続するリヨンを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のセルティック戦を行ったPSGは、その試合から先発を1人変更。マルキーニョスに代えてキンペンベが起用された。 ▽対するリヨンは、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のアポロン・リマソル戦から先発を4人変更。M・コルネやフェリ、ラファエウ、マルカルに代えてトラオレ、エンドンベレ、テテ、F・メンディが先発に名を連ねた。 ▽試合序盤、先にチャンスを迎えたのはリヨン。7分、フェキルのパスを受けたデパイがボックス左から仕掛けると、カットインから右足を振り抜くが、シュートはGKアレオラがキャッチ。 ▽対するPSGは12分、ショートコーナーの流れからボックス左に侵入したネイマールがクロスを供給。ファーサイドから走り込んだチアゴ・シルバが右足で合わせたが、このボールは枠を外した。 ▽その後、PSGは敵陣まで侵攻するも、リヨンの集中した守りにシュートまで結びつけることができない展開が続く。前半終了間際の44分には、中盤でボールを受けたムバッペの鋭いパスからネイマールにチャンスが生まれるも、ペナルティアーク左からのシュートはGKアントニー・ロペスの正面を突き、前半はゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、PSGは56分に決定機を迎える。カウンターを仕掛けたネイマールがペナルティアーク右付近で倒されFKを獲得。ネイマールの直接FKがゴール左を捉えるも、これはGKアントニー・ロペスの好セーブに阻まれた。 ▽対するリヨンは68分、CKのセカンドボールを拾ったエンドンベレがバイタルエリア右から強力なミドルシュートを放つも、これはクロスバーを直撃した。 ▽ゴールの遠いPSGは、72分にドラクスラーとクルザワを下げてロ・セルソとユーリを投入。すると75分、右クロスのこぼれ球をボックス手前のモッタが頭でつなぐと、これを受けたロ・セルソが巧みな反転で相手DFのマークを外すとクロスを供給。これがマルセロのオウンゴールを誘い、PSGが先制に成功した。 ▽先制したPSGは、78分に追加点のチャンスを迎える。ロ・セルソがF・メンディに右サイド深くで倒されFKを獲得。このFKでネイマールがクロスを入れると、ボックス内でポジション争いを繰り広げたムバッペがF・メンディに倒され、主審はPKを宣言。しかし、カバーニのPKはGKアントニー・ロペスが左手で弾くと、クロスバーを叩いた。 ▽チャンスを逃したPSGだが86分、ネイマールのラストパスで相手DFの裏に抜け出したムバッペがゴール正面からシュート。これは飛び出したGKアントニー・ロペスに弾かれるも、守備に戻ったモレルに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。好調リヨンに苦戦したPSGだが、終盤の2得点で開幕6連勝を飾った。 2017.09.18 06:13 Mon
twitterfacebook
thumb

右SBながら3G3Aの離れ業見せたムニエ、ガチでユナイテッドファンの模様

▽パリ・サンジェルマンに所属するベルギー代表DFトーマス・ムニエ(26)がマンチェスター・ユナイテッドへの愛情を口にした。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 ▽クラブ・ブルージュで頭角を現してベルギー代表でもポジションを確保しつつあるムニエは、長身で攻撃力のある右サイドバックとして評価を高めている。今年8月31日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループH第7節のジブラルタル代表戦では3ゴール3アシストを記録するという離れ業をやってのけ、大きな話題を呼んだ。 ▽そのムニエがユナイテッドのファンであることを明かした。EAスポーツ制作の人気ゲーム『FIFA18』で、どのクラブでよくプレーするか『SFR Sport』のインタビューで問われたムニエは以下のように答えた。 ムニエ「PSGは自分でもチェックするけど、ほかならマンチェスターだ」 ――マンチェスターってどっちの? ムニエ「(食い気味に)ユナイテッド。本物、本物の方。僕は常にファンだから」 ムニエ「彼らは偉大な監督を手にし、偉大なチームだ。偉大なサポーターがいるパーフェクトなチームだ」 ▽ユナイテッドの右サイドバックは現在、DFアントニオ・バレンシアとMFアシュリー・ヤングが主に担当している。両者共に32歳だけに、この話を聞いたジョゼ・モウリーニョ監督がオファーを考える可能性もあるかもしれない? 2017.09.16 16:21 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング