超ワールドサッカー

マルセイユ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 マルセイユ 62 17 11 10 57 41 16 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
28:00
リーグ・アン
第38節
マルセイユ 1 - 0 バスティア
2017.05.14
28:00
リーグ・アン
第37節
ボルドー 1 - 1 マルセイユ
2017.05.07
28:00
リーグ・アン
第36節
マルセイユ 2 - 1 ニース
2017.04.30
22:00
リーグ・アン
第35節
カーン 1 - 5 マルセイユ
2017.04.21
27:45
リーグ・アン
第34節
ナンシー 0 - 0 マルセイユ

基本データ

正式名称:オリンピック・マルセイユ

原語表記:Olympique de Marseille

愛称:OM、マルセイエー

創立:1899年

ホームタウン:マルセイユ

チームカラー:水色

関連ニュース

thumb

“みんなに助けられた”酒井宏樹、ほぼ完璧な1年目にも驕らず「毎日が学びだった」

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、シーズンを通して安定したパフォーマンスを見せながら、驕ることはない。<br><br>酒井は昨夏、ハノーファーからフランスのマルセイユへと移籍。加入当初こそリーグ・アン特有のアタッカーや守備戦術に戸惑っていたが、次第に&ldquo;学習&rdquo;していき、パフォーマンスは安定していった。<br><br>結果として出場機会にも恵まれ、マルセイユの中心選手となった酒井は「みんながすごく良いお手本だった」と話し、チームメイトの存在が自身の成長に繋がったと感じているようだ。<br><br>「毎日が本当の意味での練習でした。ただ淡々とやるのではなく、ほぼ全員が年上の経験ある選手たちばかりだったので、すごく新しいサッカー感を教えてもらいました。監督も含めて。それに、自分自身も期待に応えよう、と貪欲に追求していったのが良い方向に向いていったんじゃないかと思います」<br><br>「自分でもよくやったという実感は?」という記者の問いにも、酒井は「みんなに助けられたシーズンだと思わないと」と語り、しっかりと地に足が着いていることをうかがわせた。<br><br>「チームの結果がすべてでそこで評価されるので、自分個人の結果というよりは、みんなに助けられたシーズンだと思わないと一瞬で自分のパフォーマンスは落ちていくので。誇れるとしたら、選手とのコンビネーションや細かいコミュケーションが密にとれるようになったことじゃないかと思いますね」<br><br>メディアや選手、指揮官から度々受ける称賛にも「リップサービスももちろんある」として、自分自身を見つめた酒井。謙虚かつ勤勉な日本人SBが来シーズン、さらなる飛躍を遂げることを期待したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 16:35 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹が振り返るマルセイユ初年度「やれるべきことはやった」「個人的には合格点」

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、シーズン最終戦後にフランスリーグ初年度を振り返った。<br><br>マルセイユは20日、ヨーロッパリーグ出場権が確定となる5位の座を死守すべく最終節に臨んだ。6割を超えるボール占有率でゲームを主導しながら得点を奪えずにいたマルセイユだったが、74分に主砲ゴミスが渾身のヘディング弾を決めて待望の先制点。この1点を守りきり、勝利で最終節を飾って来シーズンは予選3回戦からのヨーロッパリーグ(EL)参戦が決まった。<br><br>試合後に充実した表情を浮かべた酒井は「今日は勝ち点3をとることだけがすべてだったので、みんなに満点を与えていいんじゃないかと思います」と試合を振り返った。<br><br>それでも、シーズン全体についてはあくまでも最低限の目標を達成したに過ぎないとし、成長を誓った。<br><br>「オーナーが変わって(昨年10月、元MLBのLAドジャーズオーナーのアメリカ人実業家フランク・マコートがクラブを買収)、新しいチームとなった僕らの目標としては最低限の位置かな、とは思います。来年また5位だとブーイングですから! そういう覚悟をもっていかないとダメだと思いますし、今シーズンは苦しんだ試合も多かったので、来年は取りこぼさないようにもっと成長していかないといけないと思います」<br><br>■リーグ・アン初挑戦の自己評価は?<br><br>また、自身にとってリーグ・アン初年度については「悔いのないシーズンだった」と話し、合格点を与えている。<br><br>「難しいシーズンだったと思います。序盤戦はファンからもチームを攻撃するようなアクションがみられましたけど、後半戦は(スタジアムに)人も戻ってきて、街のみんなが応援してくれるようなシチュエーションを作れたのは、間違いなくチームの行動の成果だと思うので、そこは胸を張っていきたいです。ただすべては来年の結果だと思うので、これに満足することなくやっていくことが大事かな、と思います」<br><br>「僕個人としては、とにかくすべてやりました。チームを好きになりましたし、街を好きになりました。やれるべきことはやったシーズンだったと思いますし、個人的には合格点なんじゃないかと思います」<br><br>酒井は今季35試合に出場し、計3012分の出場時間は、GKヨアン・プレを除くフィールドプレーヤーで最多だ。紛れもなくチームの中心選手の一人としてデビューシーズンを駆け抜けた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユが5位で来季のEL予選出場権を獲得…酒井宏樹は最終節もフル出場

日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユが、リーグ・アン最終節を勝利で飾り、シーズンを5位で終えた。<br><br>マルセイユは20日、リーグ・アン第38節でバスティアと対戦。前節は累積警告により、欠場した酒井もシーズン最終戦では先発メンバーに名を連ねた。<br><br>試合は順位で上回るマルセイユが終始押し込む展開。相手の倍以上のシュートを放ちながらも、最後のところで枠内にボールが飛ばず、ネットを揺らせないマルセイユであったが、74分に待望の先制点が生まれる。右サイドからマキシム・ロペスがクロスを上げると、エースのバフェティンビ・ゴミスが頭で合わせて、これが決勝点となった。ゴミスはリーグ戦20ゴール目となっている。<br><br>勝ち点3を手にしたマルセイユは、リーグ戦を5位でフィニッシュ。リーグ・アンではフランス杯優勝チームがヨーロッパリーグ(EL)本大会から、そして4位とリーグ杯優勝チームに予選3回戦からの出場権が与えられるが、リーグ杯はすでにチャンピオンズリーグ出場権を獲得しているパリ・サンジェルマンが制しているため、5位のマルセイユに回ってくる。<br><br>なお、フランス杯の決勝戦ではアンジェとパリ・サンジェルマンが対戦する予定で、アンジェが勝利した場合は、アンジェがEL予選3回戦の出場権を獲得し、パリ・サンジェルマンが勝利した場合は6位のボルドーに与えられる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹の来季の立ち位置は? マルセイユSDの大改革で厳しい競争の可能性

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、今シーズン目覚ましい活躍を見せながら、来季の居場所は確約されていないようだ。フランス『le10sport』が報じた。<br><br>今季からフランスに主戦場を移した酒井は、累積警告による欠場を除けば、ほとんどの試合に出場し、リーグ戦34試合でプレーしている。ヨーロッパリーグ出場圏内の5位に踏みとどまるマルセイユの中心には酒井がいるといっても過言ではないだろう。<br><br>実際、同サイドでプレーし、今季の活躍が認められ、フランス代表にまで招集されたフロリアン・トヴァンは以下のように褒めちぎっている。<br><br>「彼のおかげで、良いシーズンが過ごせているんだ。彼は何でもしてくれる。ピッチを縦横無尽に走りまわる。彼は僕のために戦ってくれる戦士だ。脱帽だよ。彼とプレーするのは大好きだ。マルセイユに来るまでは彼のことを知らなかったけどmびっくりしたよ。素晴らしい選手だ。守備も、攻撃も、何でもこなす。自己犠牲をいとわないんだ」<br><br>もちろん、感嘆の声を上げているのはチームメイトだけでなく、フランスメディアやリュディ・ガルシア監督も度々働きぶりを称賛している。しかし、リーグ・アンで1、2を争う新星となっているにもかかわらず、マルセイユの次の移籍市場の犠牲者になるかもしれない。<br><br>具体的な名前こそ明らかになっていないものの、実績のある右サイドバックが加入する可能性があることが、『Goal』の取材によって伝えられている。マルセイユのアンドニ・スビサレッタSD(スポーツディレクター)は、決して酒井のパフォーマンスに不満を抱えているわけではないが、欧州で成果を収めるため、そして名門としての地位を取り戻すため、大型補強を示唆した。すでにレアル・マドリーのFWアルバロ・モラタが市場に出れば、獲得に動く考えも口にしている。<br><br>いずれにしろ、来季のマルセイユは様変わりする可能性すらある。酒井がその中で埋もれ、あっという間に今季の活躍ぶりが忘れられてしまうのか、それともスター揃いの中で堂々とプレーすることになるのかは、彼のパフォーマンス次第となるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.15 17:54 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユSDスビサレッタ氏、「モラタが市場に出るならば獲得に動く」

元バルセロナのスポーツディレクターで、現在はマルセイユで同職を務めるアンドニ・スビサレッタ氏は、レアル・マドリーFWアルバロ・モラタが市場に出るならば獲得に動くとの考えを口にしている。<br><br>2016年10月からマルセイユのスポーツディレクターを務めるスビサレッタ氏は、フランス『ジャーナル・ドゥ・ディマンシュ』とのインタビューで、マルセイユにとってモラタが理想的な選手であるとの見解を示した。<br><br>「私のプライオリティーは強力なチームをつくることにある。しかし、ユニフォームが売れる選手を獲得したいわけじゃない。もしモラタが3000万ユーロで市場に出ていると知ったら、私は即座に獲得を目指すよ。そんなことは起こらないと思うがね」<br><br>なおスペイン『マルカ』によれば、モラタは満足に出場機会を得られていない現状に不満を抱えており、今季限りでレアル・マドリーを退団することも検討しているという。マルセイユにも、獲得の可能性があるのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.15 01:13 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング