マルセイユ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 マルセイユ 52 14 10 10 48 38 10 34

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
リーグ・アン
第35節
カーン vs マルセイユ
2017-05-05
リーグ・アン
第36節
マルセイユ vs ニース
2017-05-14
リーグ・アン
第37節
ボルドー vs マルセイユ
2017-05-20
リーグ・アン
第38節
マルセイユ vs バスティア

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.21
27:45
リーグ・アン
第34節
ナンシー 0 - 0 マルセイユ
2017.04.16
28:00
リーグ・アン
第33節
マルセイユ 4 - 0 サンテチェンヌ
2017.04.09
22:00
リーグ・アン
第32節
トゥールーズ 0 - 0 マルセイユ
2017.04.01
24:00
リーグ・アン
第31節
マルセイユ 1 - 1 ディジョン
2017.03.17
28:45
リーグ・アン
第30節
リール 0 - 0 マルセイユ

基本データ

正式名称:オリンピック・マルセイユ

原語表記:Olympique de Marseille

愛称:OM、マルセイエー

創立:1899年

ホームタウン:マルセイユ

チームカラー:水色

関連ニュース

thumb

先発出場の酒井が3点目の起点に!! マルセイユは4試合ぶりの白星!!《リーグ・アン》

▽マルセイユは16日、リーグ・アン第33節でサンテチェンヌと対戦し4-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹は先発出場を果たし、80分までプレーしている。 ▽リーグ戦3試合連続ドロー中の6位・マルセイユ(勝ち点48)が、7位のサンチェチェンヌ(勝ち点45)をホームに迎えた一戦で、酒井は7試合連続となるスタメン出場となった。試合は開始7分、ボックス内でエブラが頭でGKに戻したボールがルーズとなり、マルセイユがピンチを招く。しかしカバーに入っていた酒井が大きく蹴りだして事なきを得た。 ▽すると22分にトヴァンのゴールでマルセイユが先制すると、31分にはゴミスも加点して2-0で前半を終える。迎えた58分、中盤でこぼれたボールを酒井が回収し、前線へパス。するとトヴァンが右サイドからボックス内へと入っていき3点目を奪いきった。 ▽酒井は80分に交代が告げられてベンチへ。チームは終盤にも1点を加えて4-0と快勝した。勝利したマルセイユは次節、アウェイでナンシーと対戦する。 2017.04.17 09:01 Mon
twitterfacebook
thumb

DF酒井宏樹はマルセイユの日本向けの親善大使に就任か「フランスは“楽園”」

▽日本代表DF酒井宏樹が、マルセイユの日本に向けた親善大使になるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽今シーズンからマルセイユに加入した酒井は、加入1年目ながら右サイドバックのポジションを確保。リーグ・アンでは29試合に出場し攻撃の起点としても活躍している。 ▽フランスでもその能力を認められた酒井は、『AFP通信』で自身のフランスでのプレーぶりについてもコメント。フランスでの生活やサッカーにも適応していることを明かした。 「フランスには今日本人選手は2人(川島永嗣/メス)しか居ない。僕は大きな責任を感じています」 「僕はこれ以上のプレーができるとは考えていませんでしたが、僕は本当にグレードアップした気がしています」 「僕はフランス語が話せませんでしたし、フランスのフットボールは考えにありませんでした。でも、ベストを尽くし、みんなが僕を助けてくれました」 ▽ハノーファーで4シーズンプレーしていた酒井だが、チームは昨シーズン終了後にブンデスリーガから2部に降格。チームを退団した酒井のマルセイユ行きを後押ししたのは、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督だった。 ▽ハリルホジッチ監督は、「オリンピック・マルセイユが私に電話をかけ、ヒロキについて知った。私は彼は素晴らしい若者で、訓練され、集中力もあり、素晴らしい人間だと彼らに伝えた」と語り、酒井をマルセイユに推薦していたようだ。 ▽フランス語も話せなかった酒井だが、9カ月が経過し環境にも慣れたとのこと。試合中も英語と少しのフランス語で対応しているようだ。 「僕には大きなチャレンジでした。勉強をする必要もありました。試合中は英語を話しますし、フランス語も少し話します」 「でも、9カ月が過ぎて、僕は精神的に非常に長い道のりを歩み、ここでの生活に完全に適応しました。サポーターが僕を嫌っているとも思いません(笑)」 ▽また、生活面でも問題を抱えていることはなく、フランスでの生活を楽しんでいる様子も明かした。 「ここでの魚は非常に新鮮で、産地には良い物がたくさんあります。僕はワインを少し飲みますし、食べ物にも慣れています。ウナギも食べましたよ」 「時には日本に帰りたいとも思いますが、ヨーロッパは僕のキャリアが始まった場所です。フランス南部の美しさは知りませんでした。いつもグレーで雨が降るドイツにいましたが、ここは楽園です」 2017.04.07 19:21 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユがカシージャスに2年契約のオファー? 酒井宏樹の同僚になる可能性が浮上

リーグ・アンのマルセイユが、GKイケル・カシージャスに2年契約のオファーを準備していると、ポルトガルメディア『ABOLA』が報じている。<br><br>ポルトに所属するカシージャスは今シーズン限りでポルトとの契約が切れることになっている。一定試合数の公式戦出場で、ポルトと新契約を結ぶことが可能なオプション契約が盛り込まれているが、数々のタイトルを獲得してきた経験豊富なベテランGKには、ヨーロッパの他の名門クラブが視線を送っていた。<br><br>マルセイユのスポーツディレクターを務めるアンドニ・スビサレッタ氏は、スペイン代表の後輩でもあるカシージャスの獲得を以前からクラブに進言していた。<br><br>今冬の移籍市場ではMFディミトリ・パイエ、DFパトリス・エヴラといったベテラン選手を獲得していたマルセイユ。酒井宏樹も在籍することで知られるフランスの名門クラブだが、果たして今夏の移籍市場ではカシージャスを迎え入れるのだろうか。<br><br>カシージャス本人も、ロシア・ワールドカップを前にスペイン代表復帰を目指しているだけに、来季の所属クラブ選択は重要な分岐点となりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.03.29 08:15 Wed
twitterfacebook
thumb

DF酒井宏樹「最終予選は結果」…内容よりも結果重視の考え明かす《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は27日、翌28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽練習終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。右サイドハーフの関係性や、W杯アジア最終予選6試合の戦いぶりを振り返り、「最終予選は結果」との考えを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井宏樹</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">──タイ戦の注意点</span> 「立ち上がりは注意したい。良いモチベーションで試合に入ることが大事。観客を含めて会場が一体になって、向こうにプレッシャーを与えることができれば、相手にプレーさせることはないと思う。後ろが90分しっかり引き締められれば良い試合になる」 <span style="font-weight:700;">──これまでのホームゲームで苦戦</span> 「内容に関して、苦しいとは思っていない。なかなか点が入らなかったり、失点をしてしまったりしていることはあるけど、チームとしてタフになることができている。内容云々というよりも、最終予選は結果。ワールドカップのチケットが取れれば良い」 <span style="font-weight:700;">──FW久保裕也との連携面</span> 「時間が短すぎるので、連携というよりも、お互いを信じ合ってやっていくしかない。それに、誰と組んでも、僕のプレースタイルは変わらない。プレースタイルというか、僕の考えることは変わらないので、前の選手がやり易いように動くだけ。主導権はサイドハーフにある。それに合わせて、動くこと、考えることが大事だと思っている」 <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「最後にはオーストラリア代表、サウジアラビア代表といった厳しい戦いが残っているので、タイもどういう戦い方でくるかわからないですが、0-0で進めば僕らも焦るかもしれない。明日は難しい試合になる」 <span style="font-weight:700;">──初戦UAE戦での敗戦について</span> 「負けることは許されなかったが、ポジティブに考えるしかない。予選が終わった時にあの敗戦があったからと思えるようにしたい」 2017.03.28 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今の活躍はなかったか? カンテがレスター入り前にマルセイユ行きを考えていたと明かす

▽チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、レスター・シティではなくマルセイユに行く可能性があったことを明かした。フランス『カナル・プリュス』が伝えた。 ▽2015年8月にリーグ・アンのカーンからレスターへと加入したカンテ。当時の評価は決して高いものではなかったが、レスターではボランチのポジションで大活躍。昨シーズンのレスター奇跡の優勝に大きく貢献し、一気にスターダムを駆け上がった。 ▽カンテは2016年7月にはプレミアリーグ挑戦わずか1年でチェルシーへと移籍。今シーズンもここまでリーグ戦27試合に出場し1得点を記録するなど、首位を独走するチームを支えている。 ▽フランス代表としてもポジションを掴んだカンテだが、レスター移籍の前にマルセイユ行きを迷っていたことを告白した。 「僕を獲得したいクラブにはマルセイユとレスターがあったんだ。最初は、自分のキャリアのためにもフランスのビッグクラブにを通らなければいけないと思っていた」 「僕はママドゥ・ニアン、フランク・リベリー、サミル・ナスリなどの世代を覚えているし、そのチームが好きだった。特にチャンピオンズリーグではね」 「でも、両クラブとも合意はしていなかったし、ギリギリのところには行きたくなかった。プレミアリーグのクラブに加入することは良いと考えていた。そして、プレミアリーグに最初の一歩を踏み入れた。後悔はしていないし、本当に素晴らしい1年を過ごしたよ」 2017.03.27 12:03 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング