ボルドー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ボルドー 55 16 7 15 53 48 5 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.19
28:00
リーグ・アン
第38節
メス 0 - 4 ボルドー
2018.05.12
28:00
リーグ・アン
第37節
ボルドー 4 - 2 トゥールーズ
2018.05.06
22:00
リーグ・アン
第36節
サンテチェンヌ 1 - 3 ボルドー
2018.04.28
27:00
リーグ・アン
第35節
ボルドー 3 - 1 ディジョン
2018.04.22
28:00
リーグ・アン
第34節
ボルドー 0 - 1 パリ・サンジェルマン

基本データ

正式名称:FCジロンダン・ボルドー

原語表記:Football Club des Girondins de Bordeaux

愛称:ジロンダンズ

創立:1881年

ホームタウン:ボルドー

チームカラー:紺、白

関連ニュース

thumb

ブンデス昇格のデュッセルドルフがボルドーからDFコンテントを獲得! 2014年まではバイエルンでプレー

▽来シーズンからブンデスリーガに昇格するフォルトゥナ・デュッセルドルフは22日、ボルドーからDFディエゴ・コンテント(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年間となる。 ▽なお、コンテントとボルドーは、今シーズン限りで契約が満了を迎えるため、フリーでの移籍となる。 ▽バイエルンの下部組織出身のコンテントは、2010年にトップチームデビュー。しかし、左サイドを主戦場とするオーストリア代表DFダビド・アラバから定位置を奪取することができず、2014年の夏にボルドーへ完全移籍。 ▽ボルドーでは加入初年度からレギュラーポジションを獲得すると、在籍4シーズンで公式戦93試合に出場し3ゴール4アシストを記録。しかし、今季はDFマキシム・ポンジェに定位置を奪われ、公式戦4試合の出場に留まった。 ▽デュッセルドルフへの移籍が決定したコンテントは、クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。 「僕はデュッセルドルフでの新たな仕事を楽しみしているよ。デュッセルドルフに来てスタジアムを見た時とても興奮したね。なぜなら、デュッセルドルフの街やサポーター、そしてクラブに来ることをとても楽しみにしていたからね」 2018.05.23 03:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マウコムはやはりバイエルン移籍か? 合意報道に「それが真実であれば、とても嬉しい」

▽ボルドーのブラジル人FWマウコム(21)はやはり今夏バイエルンに新天地を求める可能性が高いようだ。 ▽ブラジル代表FWネイマールの後継者とも謳われているマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨シーズンはリーグ戦で7ゴール5アシストを記録。今シーズンもここまで33試合に出場し10ゴール6アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽そのマウコムに関しては選手自身が英語を学んでいることからアーセナル行きが有力視されている。だが、ボルドーのステファーヌ・マルタン会長と共にドイツ『ビルト』のインタビューを受けたブラジル人FWはバイエルン移籍が自身の夢であると語っている。 ▽今年2月に関係者を通じて5年契約で合意に至ったとの噂に関して問われると、「僕にはよくわからないよ。アドバイザーたちとはそのことに関して何も話し合っていないんだ。ただ、それが真実であれば、とても嬉しいよ。バイエルンは世界で最も大きなクラブの1つだからね」とコメント。バイエルン移籍に前向きな姿勢を示した。 ▽また、マルタン会長は先日にバイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOがマウコムへの関心を否定したと話を振られると、「現時点での否定はほとんど意味がない」と移籍成立に含みを持たせている。 「現時点での否定はほとんど意味がない。第一に既存選手にとって正しいメッセージではない。第二に、クラブの補強プランを早期に他のクラブに知らせることは得策ではない。したがって、マウコムはまだバイエルン移籍の夢を見続けられるはずだ」 ▽来シーズンもFWアリエン・ロッベンとMFフランク・リベリの2選手との契約更新を行う意向であるバイエルンだが、世代交代は急務だ。リベリに関しては同胞FWキングスレー・コマンという後釜がすでにいるものの、ロッベンに関しては後釜不在の状況が続いており、マウコムがその後釜に座ることになるのか。 2018.05.07 19:21 Mon
twitterfacebook
thumb

ボルドー関係者、NL勢関心の逸材マウコムの今夏退団を認める

▽ボルドーのブラジル人FWマウコム(21)の今季限りでの退団が濃厚なようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ブラジル代表FWネイマールの後継者とも謳われているマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨シーズンはリーグ戦で7ゴール5アシストを記録。今シーズンもここまで30試合に出場し9ゴール6アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽そのマウコムに関してはアーセナルとトッテナムのノースロンドン勢に加え、バイエルン、パリ・サンジェルマンといったビッグクラブが獲得に興味を示している。 ▽この状況の中でボルドーの主要株主の1人であるニコラ・デ・タフェルノース氏がマウコムの今夏売却の可能性を認めた。 「我々のクラブにはクラブを去りたがっている主要なブラジル人プレーヤーがいる。そして、我々はクラブの利益のために彼を売却する準備をしている」 「我々が彼を獲得した大きな理由はクラブの利益を得るためだった。したがって、元々数シーズン以内で売るつもりだった」 ▽すでに英語のレッスンを行うなどプレミア移籍に関心を示しつつ、バイエルンとの個人合意も噂されるマウコムの新天地は果たしてどのクラブになるのか。 2018.04.21 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心の逸材・マウコム、自身が将来望むことは?

▽ボルドーに所属するU-23ブラジル代表FWマウコム(21)が、ヨーロッパのビッグクラブでのプレーを筆頭に、将来望んでいることを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ブラジル代表FWネイマールの後継者とも謳われているマウコム。2016年1月にコリンチャンスからの移籍を果たすと、昨シーズンはリーグ戦で7ゴール5アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦30試合に出場し8ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽そんなマウコムは今冬の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン、アーセナルやトッテナムなどが強い関心を示していたとされるが、移籍が実現することはなかった。これに対してマウコムは2月に「移籍を望んでいた」ことを明かしていたが、ボルドーはヨーロッパのビッグクラブからオファーを受けた場合、今シーズン終了時に移籍を容認する可能性をあることを示唆している。 ▽そんな中、マウコムは自身が望んでいる3つのことを告白。そのためにも今シーズンに最高の成績を残すことに意気込んだ。 「僕はヨーロッパのエリートクラブでのプレー、チャンピオンズリーグ優勝、ブラジル代表でのプレーを望んでいるんだ」 「ビッグクラブでプレーすることは、僕の可能性が広がるんだ。ボルドーには全てのことに感謝したいよ。まずは今シーズン最高の結果を出したい。その後に家族とエージェントと共に交渉へ移りたいね」 「僕は今英語を学んでいるんだ。世界で最も重要な言語だからね。どこにいたって英語が話すことができれば、うまくやっていくことができる。とても重要なことだよ」 2018.03.22 11:47 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコ13戦負けなし! ボルドー先制もヨベティッチ&R・ロペス弾炸裂で逆転勝利《リーグ・アン》

▽モナコは2日、リーグ・アン第28節でボルドーをホームに迎え2-1で勝利した。 ▽リーグ12戦負けのない2位モナコ(勝ち点57)が、2戦勝ちのない8位ボルドー(勝ち点36)とホームで行った一戦。 ▽モナコは、3-3のドローに終えた前節のトゥールーズ戦からスタメンを3名変更。ケイタらに代えてヨベティッチらを起用した。 ▽試合は序盤からモナコが優勢に運ぶ。ピッチ中央のレマルが頻繁にボールに絡みつつボルドーに危機を与えると、16分には裏抜けしたヨベティッチがボックス内で後方からのクロスに右足で合わせる。しかし、シュートは右ポストの外側に逸れていく。 ▽さらに27分にも、ボックス内右でボールを持ったレマルが、中央に折り返す。走り込んだゲザルが、ブロックに入った相手DFのタイミングを外して左足を振り抜いたが、ボールはバーに直撃。得点には繋がらなかった。 ▽モナコが主導権を握りつつ試合が進行していくが、32分にボルドーが一撃を浴びせる。カウンターの場面で右サイドを駆け上がったサバリが、アーリークロスを供給。モナコDFの前方の浅い位置にグラウンダーのボールが入ると、下がりながらワンタッチで合わせたヴァダがネットを揺らした。 ▽1点を負う展開となったモナコは、リズムを変えようと猛攻を試みる。すると前半終了間際の45分、前線からプレスをかけるモナコのショートカウンターが発動。ボールを持ったレマルが相手陣内中央付近から素早くラストパスを出すと、ヨベティッチがボックス中央に抜け出し、GKコスティルとの一対一を制して同点弾とした。 ▽1-1のスコアで折り返した試合は、後半もモナコがボールを持ちつつ、ボルドーがカウンターを狙うという形が続く。攻め込みつつもなかなか決定的なシーンが作り出せないモナコは、63分にボックス手前中央でボールを持ったヨベティッチがミドルシュートを狙う。GKコスティルにキャッチされたが、意表を突いたシュートがボルドーゴールを脅かした。 ▽すると69分、モナコが押し込んだ場面でオーバーラップしたシディベが、右サイド深い位置でボールを持つ。ディレイ気味の対応をしたドゥ・プルヴィルの股の下を通してボックス内にパスを供給すると、ニアに走り込んだR・ロペスが決め切った。 ▽結局、モナコが逆転ゴールを決めた後はボルドーが盛り返せないまま、2-1のスコアで終了。この結果、モナコはリーグ13試合負けなしに。対するボルドーは、手痛い逆転負けを喫して3試合勝ちなしとなった。 2018.03.03 06:46 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング