ボーンマス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 ボーンマス 44 11 11 16 45 61 -16 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-15
24:00
プレミアリーグ
第17節
ウォルバーハンプトン vs ボーンマス
2018-12-22
24:00
プレミアリーグ
第18節
ボーンマス vs ブライトン
2018-12-26
24:00
プレミアリーグ
第19節
トッテナム vs ボーンマス
2018-12-30
25:30
プレミアリーグ
第20節
マンチェスター・ユナイテッド vs ボーンマス
2019-01-02
28:45
プレミアリーグ
第21節
ボーンマス vs ワトフォード

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.08
21:30
プレミアリーグ
第16節
ボーンマス 0 - 4 リバプール
2018.12.04
28:45
プレミアリーグ
第15節
ボーンマス 2 - 1 ハダースフィールド
2018.12.01
24:00
プレミアリーグ
第14節
マンチェスター・シティ 3 - 1 ボーンマス
2018.11.25
22:30
プレミアリーグ
第13節
ボーンマス 1 - 2 アーセナル
2018.11.10
24:00
プレミアリーグ
第12節
ニューカッスル 2 - 1 ボーンマス

基本データ

正式名称:AFCボーンマス

原語表記:Association Football Club Bournemouth

ホームタウン:ボーンマス

チームカラー:赤、黒

関連ニュース

thumb

サラーの今季初ハットトリックでリバプールがボーンマスに快勝!リーグ5連勝でCLナポリ戦に弾み《プレミアリーグ》

▽リバプールは8日、プレミアリーグ第16節でボーンマスと対戦し、4-0で勝利した。 ▽無敗を続けるリバプールは前節のバーンリー戦は後半に先制点を奪われる展開になったものの、直後のミルナーの同点弾をきっかけに最終的に3-1で快勝を収め4連勝とした。今節のボーンマス戦は、3日後に控える決勝トーナメント進出をかけたチャンピオンズリーグのナポリ戦を睨んでの戦いとなる中、スタメンを前節から5選手変更。サラーやフィルミノが先発に復帰したほか、ミルナーを右サイドバックに起用して望んだ。 ▽5連勝を目指すリバプールが開始からボーンマスを押し込む展開となる中、ゴール前に人数をかけるチェリーズの守備網を掻い潜るには至らない。13分にはゴール正面からのFKをシャキリが直接狙っていったが壁に激突。15分にはシャキリの浮き球パスに反応したサラーがゴール前に飛び出すが、コントロールがうまくいかずノーチャンスに。 ▽一方、ボーンマスはキングを中心に攻撃を組み立てる。22分には敵陣右寄りの位置でボールを受けると一人でドリブル突破。シュートまで持ち込んだが左に外れた。さらに23分には、左サイドからリバプールを攻略。ボックス手前左に攻め込んだスタニスラスの縦パスに抜け出したブルックスが左足でシュートを放ったが、GKアリソンがファインセーブで逃れる。 ▽決定機を作ったボーンマスだが、試合はリバプールが動かす。25分、敵陣中央で後方からパスを受けたフィルミノはワンタッチでサラーに流し、さらにサラーもワンタッチでフィルミノに戻す。ワンツーでマークを外したフィルミノが放ったシュートはGKベゴビッチに弾かれるものの、こぼれ球をサラーが押し込んでネットを揺らした。 ▽失点後、圧力を強めるボーンマスは豊富な運動量でリバプールを押し込む時間帯が続くが、GKアリソンやファン・ダイクが立ちはだかりいい形でシュートで終われない。 ▽1点リードで前半を終えたリバプールは後半開始早々にそのリードを広げる。48分、左サイドでボールを奪ったフィルミノはすぐに敵陣中央のサラーに渡す。サラーはそこからドリブルでボックス左に侵入し、相手のマークを受けながらも左足でゴールに流し込んだ。 ▽65分になり、両チームとも選手交代。リバプールはシャキリとN・ケイタを下げて、マネとララナを投入。ボーンマスはブルックスに代えてムセがピッチに送られた。 ▽68分、リバプールはカウンターから左サイドのロバートソンに展開。敵陣中央のファビーニョに預けて、縦に走り込んだところでもう一度パスを受けて中に折り返す。するとこれがクックの足に当たってオウンゴールに。これでリバプールは3点目を奪った。 ▽さらに77分には、自陣右サイドでのスローインのリスタートからララナが前線のサラーにロングパス。上手く収めたサラーはドリブルで侵攻し、GKも躱してゴールイン。今季初のハットトリックを達成した。 ▽その後は、終盤にララナが頭から出血するアクシデントがあったものの、ボーンマスの反撃を許すことなくリバプールが無失点で相手を退けて試合終了。4-0で快勝し、ナポリ戦に弾みを付けた。 2018.12.08 23:23 Sat
twitterfacebook
thumb

ボーンマスのイングランド代表MFクックが右ヒザ前十字靭帯断裂で6~9カ月の離脱

▽ボーンマスは6日、イングランド代表MFルイス・クックが右ヒザの前十字靭帯断裂によって6~9カ月の離脱となることを発表した。 ▽クックは4日に行われたプレミアリーグ第15節ハダースフィールド戦でフル出場していたが、試合後の検査で重傷を負っていたことが判明した。 ▽セントラルMFを主戦場とする21歳のクックは、今季のプレミアリーグで13試合に出場。7位と健闘しているチームの主力として活躍し、今年3月にはイングランド代表デビューを飾っていた。 2018.12.06 23:56 Thu
twitterfacebook
thumb

ボーンマス戦全6試合ゴールのスターリングの活躍でシティが快勝! プレミア連続20戦無敗でユナイテッドやアーセナルに続く《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは1日、プレミアリーグ第14節でボーンマスと対戦し、3-1で勝利した。 ▽ここまで11勝2分け無敗で首位を走るシティ。先月末に行われたチャンピオンズリーグでは、リヨン相手に引き分けに持ち込んでグループ突破を決めた。ひとまず安堵したプレミア王者は昨季から続くリーグ戦20試合無敗に向けて、3トップにスターリング、ジェズス、ザネを起用。アグエロは招集外となった。 ▽序盤から攻勢をかけ、11分にジンチェンコのパスからジェズスがシュートに繋げたシティは16分に先制する。再び左サイドバックのジンチェンコから前方へ浮き球のパスが送られると、これにザネが反応。一歩早くゴール前に飛び出したザネだったが、GKベゴビッチに先に触られシュートは打てず。しかし、ベゴビッチがこのボールを処理し切れずルーズとなったところを、ベルナルド・シウバがボックス中央から押し込んでネットを揺らした。 ▽公式戦ここ3試合をケガで欠場していたポルトガル代表の復活ゴールで先制したシティは17分にも左サイドをえぐったザネのクロスをベルナルド・シウバがダイレクトボレーで狙っていく。 ▽対するボーンマスは42分に、スローインからフレイザーが右サイドを突破しマイナスにクロス。これにJ・キングがダイレクトで合わせるが、シュートはオタメンディにブロックされた。 ▽それでも、40分過ぎから圧力を強めていったチェリーズは44分、右サイドのフランシスが左足で上げたクロスにウィルソンが頭で合わせて同点に。ウィルソンの今季7点目で、試合は同点で折り返した。 ▽後半先にゴールに迫ったのはシティ。54分、右サイドでボールを持ったスターリングがドリブルでボックスに侵入し守備陣をごぼう抜き。最後はボックス中央から体勢を崩しながら左足でシュートを打っていったが、サーマンに当たってコースが変わり左ポストを叩いた。 ▽54分に鼻をケガしたジンチェンコに代わってデルフを投入したシティはその2分後、スターリングのパスを受けたダニーロがボックス右に侵入しシュート。これはGKに弾かれるものの、スターリングが押し込んで勝ち越しに成功した。スターリングはこれでボーンマスとの全6試合でゴールを記録した史上初めての選手となった。 ▽67分にはギュンドアンのFKからジェズスがヘディングシュート。これはGKベゴビッチが横っ飛びでかき出した。さらにその後のCKの流れのまま、ボックス左を侵攻したジェズスの折り返しを、ファーサイドでフリーとなっていたフェルナンジーニョがシュート。ポスト左を掠める際どいシュートだった。 ▽シティは77分にジェズスを下げてシルバを投入。するとそのシルバが追加点に絡む。79分、シティの左CKの場面。ザネが上げたクロスは一度相手に跳ね返されるものの、再びボールを持ったザネがシルバとのワンツーでボックス左に侵入。ゴール前へのグラウンダーのクロスをギュンドアンが押し込んでリードを2点に広げた。 ▽その後もボールを支配したシティは相手に反撃の隙を与えることなく試合をクローズ。3-1で勝利し、プレミアリーグ連続20戦無敗を達成。マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルだけが持っていた連続20試合以上無敗という偉大な記録の3チーム目となった。 2018.12.02 01:55 Sun
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンの8得点目でアーセナルがボーンマスを下す!公式戦17試合無敗《プレミアリーグ》

▽アーセナルは25日、プレミアリーグ第13節でボーンマスと対戦し、2-1で勝利した。 ▽公式戦16試合無敗のアーセナルだが、リーグ戦ではここ3試合引き分け続き。およそ1カ月ぶりの勝利を目指す今節は、2週間前の前節のウォルバーハンプトン戦からスタメンを2選手変更。エジルとラカゼットに代えてパパスタソプーロスとムヒタリアンを起用した。 ▽一進一退の攻防を見せる立ち上がり、まずはボーンマスがチャンスを作った。8分、ジョシュア・キングのパスを受けたブルックスがネットを揺らしたがオフサイドラインを半身超えていたとしてオフサイドに。アーセナルも10分にボックス手前からトレイラがミドルシュートを放っていったが、右ポストに嫌われた。 ▽17分にはサイドからのクロスを頭で合わせたウィルソンのシュートが枠を捉えるも、アーセナルGKレノがキャッチ。23分に左CKからシュートにつなげたのはアーセナルのオーバメヤン。だが、胸トラップからのシュートは枠を外へ。 ▽そんな試合が動いたのは30分。アーセナルのコラシナツがボックス左からゴール前へ折り返したクロスをレルマがオウンゴール。クリアを試みて滑り込んだが、豪快にネットへ突き刺してしまった。 ▽思わぬ形で得点を与えてしまったボーンマスだったが前半アディショナルタイムに取り返す。自陣のゴール前でボールを奪いカウンターを発動し、左サイドのウィルソンから敵陣中央のブルックスへ。ブルックスはワントラップから素早く右にはたくと、ボックス右のJ・キングがこれをダイレクトでゴール左上に付き差し、同点に追いついて試合を折り返した。 ▽後半立ち上がりは拮抗した試合に。65分にブルックスにボックス内からシュートを放たれボーンマスに危ない場面を作られたアーセナルだったが、その2分後に勝ち越しに成功する。 ▽右サイドのハーフウェイライン付近からFKでリスタートしたアーセナル。左に流れたイウォビの縦パスで一気に攻撃のスイッチを入れると、コラシナツのボックス左からのクロスにオーバメヤンが滑り込みながら合わせて2点目を奪った。 ▽さらに68分には、カウンターで持ち上がったオーバメヤンのラストパスでムヒタリアンがビッグチャンスを迎えたがまさかのシュートミス。左足で放ったシュートは虚しくも枠の左に外れた。 ▽その後は互いに交代策を講じながら試合を進める。ボーンマスは85分にレルマのシュートがボックス左に激突。同点に追いつくことは出来ない。 ▽アーセナルは後半アディショナルタイムにオーバメヤンを下げてエンケティアを投入。有効に時間を使い果たしたところで試合終了。リーグ戦8勝目を手にし、公式戦無敗を17試合に伸ばした。 2018.11.26 00:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、DFアダム・スミスの負傷と手術実施を発表…離脱期間は3カ月

▽ボーンマスは19日、DFアダム・スミスが右ヒザの手術を受け、全治3カ月と診断されたと発表した。 ▽A・スミスは10日に行われたプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦に先発出場したが、前半26分に右ヒザを痛めてダニエルズと交代していた。 ▽右ヒザの十字靭帯断裂など長期離脱が心配されたA・スミスだが、ボーンマスは、右ヒザ軟骨の損傷との診断結果を発表。 ▽なお、A・スミスは18日に同箇所の手術を実施。全治には約3カ月を要するとボーンマスは発表している。 2018.11.20 02:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング