ボーンマス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ボーンマス 38 10 8 16 49 63 -14 34

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
23:00
プレミアリーグ
第35節
サンダーランド vs ボーンマス
2017-05-06
23:00
プレミアリーグ
第36節
ボーンマス vs ストーク・シティ
2017-05-13
23:00
プレミアリーグ
第37節
ボーンマス vs バーンリー
2017-05-21
23:00
プレミアリーグ
第38節
レスター・シティ vs ボーンマス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
23:00
プレミアリーグ
第34節
ボーンマス 4 - 0 ミドルズブラ
2017.04.15
20:30
プレミアリーグ
第33節
トッテナム 4 - 0 ボーンマス
2017.04.08
25:30
プレミアリーグ
第32節
ボーンマス 1 - 3 チェルシー
2017.04.05
28:00
プレミアリーグ
第31節
リバプール 2 - 2 ボーンマス
2017.04.01
25:30
プレミアリーグ
第30節
サウサンプトン 0 - 0 ボーンマス

基本データ

正式名称:AFCボーンマス

原語表記:Association Football Club Bournemouth

ホームタウン:ボーンマス

チームカラー:赤、黒

関連ニュース

thumb

スパーズ戦で負傷交代したウィルシャーのシーズンが終了…左腓骨に亀裂か

▽ボーンマスのイングランド代表MFジャック・ウィルシャーが足を負傷し、今シーズンの復帰はなくなるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽アーセナルからレンタル移籍でボーンマスに加入したウィルシャーは、今シーズンはここまで大きなケガもなく、プレミアリーグで29試合(うち2試合はアーセナル)に出場していた。 ▽しかし、15日に行われたプレミアリーグ第33節のトッテナム戦でウィルシャーが負傷。56分にルイス・クックと交代していた。 ▽ウィルシャーは検査を受け、左腓骨に亀裂が見つかったとのこと。これにより、残りシーズンを欠場することになるようだ。 2017.04.19 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズが破竹の7連勝! ケインが3年連続プレミア20ゴール達成!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第33節、トッテナムvsボーンマスが15日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが4-0で勝利した。 ▽リーグ6連勝で首位チェルシー(勝ち点75)を7ポイント差で追う2位トッテナム(勝ち点68)は、11連勝中のホームで15位ボーンマスを迎え撃った。4-0で大勝したワトフォード戦からのメンバー変更は2点。ヤンセンとトリッピアーに代わって、エースのケインとウォーカーが先発に復帰した。 ▽立ち上がりからいつも通り、相手を押し込むトッテナムは、13分にデンベレが強烈な右足のミドルシュートでGKボルツを脅かすと、16分に先制点を奪う。左CKの場面でエリクセンのクロスが中央の密集をすり抜けると、ゴール右で拾ったデンベレがワントラップから右足のシュートを突き刺した。 ▽デンベレの今季初ゴールで幸先良くリードを奪ったトッテナムは、直後の19分にもウィルシャーの縦パスを高い位置でカットし、ケインの絶妙な落としに抜け出したソン・フンミンがボックス右から冷静にGKの股間を抜くシュートを流し込み、リーグ4試合連続ゴールを達成した。 ▽畳みかける攻めで一気に2点のリードを奪ったトッテナムは、ややゲームコントロール優先の戦い方にシフト。それでも、きっちり主導権を握って3点目を狙うと、前半終了間際にはエリクセンやソン・フンミンにゴールチャンスも、ここはGKボルツの好守に遭い、2点リードのまま試合を折り返した。 ▽迎えた後半、トッテナムが開始早々に3点目を奪う。48分、ボックス中央でデレ・アリからクロスを受けたケインが相手DFをブロックしながら足裏を使った巧みなボールコントロールで反転し、左足のシュートを流し込んだ。なお、負傷明け後初ゴールのケインは、3年連続でリーグ戦20ゴールを達成した。 ▽エースのゴールで試合を決めたトッテナムは、その後も勢いづくケインやソン・フンミンが相手ゴールに襲い掛かっていく。一方、防戦一方の展開が続くボーンマスは、56分に接触プレーで足を痛めたウィルシャーがプレー続行不可能となり、ルイス・クックの投入を余儀なくされた。 ▽試合の大勢は決したものの、攻撃の手を緩めないトッテナムは、質の高いパスワークで再三相手守備に揺さぶりをかけては、決定的な枠内シュートを放つが、GKボルツが孤軍奮闘の活躍で4点目を許さない。試合終盤にかけて殊勲のケイン、デレ・アリ、エリクセンをベンチに下げ、負傷明けのワニャマらを投入し、試合を締めに懸かる。 ▽その後、後半アディショナルタイムにセットプレーの流れからヤンセンが流れの中からプレミア初ゴールを決めたトッテナムは、実り多き内容でホーム連勝を「12」に伸ばすとともに、破竹の7連勝で翌日にマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチを控える首位チェルシーにプレッシャーをかけることに成功した。 2017.04.15 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ボーンマス指揮官ハウ「チェルシーと対戦する時、最も危険なのは…」

▽ボーンマスのエディ・ハウ監督は、チェルシーと対戦するときに、一番気を付けなければならないことは、自分たちがボールを保持している時であると語った。イギリス『インデペンデント』に語った。 ▽ボーンマスは、8日に行われたプレミアリーグ第32節でチェルシーと対戦し、1-3で敗北した。ハウ監督は、今季リーグ戦で首位を走るチェルシーのストロングポイントが縦に速いカウンターであることを強調している。 「彼らから得点を奪うのはタフなことだよ。彼らの最終ラインには5人もいるから、ピッチの真ん中を通過すると相手ゴールに近くなる。そこに危険が待っている」 「チェルシーと対戦する時に最も危険なことは、自分たちがボールを持っている時だ」 「普通、ほとんどの相手では、自分たちがボールを持っている時が一番安全なはずだ。しかし、チェルシーに対しては違う。ボールを失った瞬間、一気に危険になる可能性がある。彼らはそういった選手を揃えているんだ」 「彼らのシステムは明白に問題を与えてくる。勝つためにボールを保持することは必要だが、彼らに渡さないようにするのはかなり難しい。そしてもちろん、彼らに得点を許してはいけない。我々は抵抗したよ」 「最初のゴールはがっかりしたよ。予想外だった。我々はあまりにも守りに入り過ぎてしまっていた。彼らは少し運が良かった。でもそれがシステムの結果だ」 2017.04.10 22:27 Mon
twitterfacebook
thumb

アザールの2戦連発弾含む3ゴールで完勝のチェルシーが首位を快走!《プレミアリーグ》

▽チェルシーは8日、プレミアリーグ第32節でボーンマスとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 ▽前節のマンチェスター・シティ戦を2-1で勝利し、前々節のクリスタル・パレス戦での敗戦からバウンスバックに成功した首位チェルシー(勝ち点72)が、13位ボーンマス(勝ち点35)の本拠地ディーン・コートに乗り込んだ一戦。チェルシーはシティ戦の先発メンバーからズマとセスクに代えてマティッチとモーゼスを起用した。 ▽リーグ制覇に向けて連勝を飾りたいチェルシーだったが立ち上がり、冷やりとする場面を迎える。2分、フレイザーに右サイドから鋭いクロスを入れられると、D・ルイスのクリアボールがゴールの方向へ。しかし、これはGKクルトワが弾き出し、危機を脱する。 ▽あわやオウンゴールという場面を迎えたチェルシーはその後、落ち着いてボールを支配する。すると17分、右サイドでボールを受けたモーゼスがボックス右からゴール前にグラウンダーのクロスを供給。これを受けたジエゴ・コスタが巧みに反転して左足を振り抜くと、ミスキックになるもシュートブロックに入ったA・スミスの頭に当たってゴール左隅へと吸い込まれた。 ▽ラッキーな形で先制に成功したチェルシーは、20分にも決定機。自陣でのパス回しからカンテが敵陣中央左へロングボールを送ると、これに反応したアザールが相手最終ラインの裏に抜け出し、GKボルツとの一対一を冷静に制した。 ▽早い時間帯に2点のリードを奪ったチェルシーは、前半半ばに失点のピンチを迎える。29分、左サイドでパスを受けたダニエルズにクロスを許すと、走り込んだアフォベに右足で合わせられる。しかし、これは右ポストに助けられる。 ▽難を逃れたチェルシーはその後攻勢を続けるも、ボーンマスにカウンターから反撃を許す。42分、アフォベのパスをボックス右手前で受けたJ・キングが右足を振り抜くと、対峙したD・ルイスに当たってゴール右隅へと突き刺さった。 ▽1点リードで後半を迎えたチェルシーだが、試合の流れは前半終了間際に1点を返したボーンマスに傾く。50分、ボックス手前でパスを受けたピューにアフォベとのワンツーで守備陣がいなされると、最後はフレイザーのミドルシュートでゴールに迫れたが、これはわずかにゴール左へ外れる。 ▽その後もボーンマスに押し込まれるチェルシーだったが、の苦しい状況をセットプレーから打開する。68分、ボックス手前でFKを獲得すると、これをマルコス・アロンソが左足で直接狙う。このシュートにGKボルツは一歩も動けず、右隅を捉えたボールがゴールネットを揺らした。 ▽このゴールでボーンマスの流れを断ち切ったチェルシーは、80分にもモーゼスが一対一の場面を迎えるなど、その後は攻撃で時間を消費。終盤には、モーゼスに代えてズマを投入し、試合をクローズ。アザールの2戦連続ゴールなど3発で快勝したチェルシーが、連勝で首位を快走している。 2017.04.09 04:09 Sun
twitterfacebook
thumb

オリジの2戦連発弾もリバプールが終盤の失点で痛恨のドロー《プレミアリーグ》

▽リバプールは5日、プレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、2-2の引き分けに終わった。 ▽リーグ戦4試合負けなしと好調の3位リバプール(勝ち点59)が、本拠地のアンフィールドに14位ボーンマス(勝ち点34)を迎えた一戦。4日前に行われたエバートンとの“マージーサイド・ダービー”を3-1で勝利したリバプールは、その試合からスタメンを2人変更。エバートン戦で負傷したサディオ・マネとマティプに代わり、エバートン戦で3点目を奪ったオリジとクラバンがスタメンに起用された。 ▽エバートン戦と同様の[4-3-3]の布陣で試合に臨んだリバプールは、開始早々にボーンマスゴールに迫る。1分、パスを受けたフィルミノがボックス右角から右足を振り抜くも、これはGKボルツが弾き出す。 ▽良い入りを見せたリバプールだったが7分、ボーンマスに一瞬の隙を突かれる。自陣ボックス手前でアーターのハイプレスを受けたワイナルドゥムがGKミニョレにバックパス。しかし、これをゴール前のアフォベに奪われ、そのままゴールネットを揺らされた。 ▽反撃に出たいリバプールだったが、21分に再びピンチを迎える。フランシスの右CKをゴール右で競り合ったクックが繋ぐと、ゴール左でフリーだったピューがボレーシュート。しかし、これはゴール右に外れた。 ▽ポゼッションを上げて押し込むリバプールは24分、右CKのセカンドボールをペナルティアーク手前で拾ったワイナルドゥムが低い弾道のミドルシュートでゴールを脅かすも、これはGKボルツがセーブ。 ▽ハーフタイムにかけても押し込み続けるリバプールは、40分に試合を振り出しに戻す。GKミニョレからのロングフィードを前線のオリジが競り合うと、このボールを拾ったフィルミノが前線へスルーパス。このパスに抜け出したコウチーニョがGKボルツとの一対一を冷静に制し、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。 ▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはリバプールに生まれる。48分、右サイドでボールを受けたクラインがボックス右手前まで切り込み強烈なミドルシュート。しかし、これはクロスバーに嫌われた。 ▽後半の主導権を握ったリバプールは59分、スルーパスをボックス左で受けたワイナルドゥムが縦に切り込みクロスを供給。これをゴール前のオリジが頭で押し込み、待望の勝ち越しゴールを奪った。 ▽さらにリバプールは、72分にも左サイドからのFKをニアでルーカスがフリックすると、ファーサイドのロブレンがオーバーヘッドキックで合わせたが、これはGKボルツが正面でセーブ。 ▽試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたがリバプールは混戦から同点弾を許す。87分、ロングスローのセカンドボールをボックス手前のアーターがダイレクトボレーで狙うと、ボックス中央でこれをコントロールしたJ・キングが反転シュートをゴールに突き刺した。 ▽土壇場で追いつかれたリバプールは89分、右CKを途中出場のマティプがヘディングシュート。さらに後半アディショナルタイム1分には、左クロスをファーサイドのマティプが折り返し、中央のクラバンが頭で狙ったが、これはGKボルツの正面を突いた。 ▽結局、試合はそのまま終了。終盤の失点で勝ち点3を逃したリバプールは、上位2チームとの勝ち点差を縮めることができなかった。 2017.04.06 06:24 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング