ボーンマス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 ボーンマス 44 11 11 16 45 61 -16 38
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-23
24:00
プレミアリーグ
第27節
ボーンマス vs ウォルバーハンプトン
2019-02-27
28:45
プレミアリーグ
第28節
アーセナル vs ボーンマス
2019-03-02
プレミアリーグ
第29節
ボーンマス vs マンチェスター・シティ
2019-03-09
プレミアリーグ
第30節
ハダースフィールド vs ボーンマス
2019-03-16
プレミアリーグ
第31節
ボーンマス vs ニューカッスル
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.09
24:00
プレミアリーグ
第26節
リバプール 3 - 0 ボーンマス
2019.02.02
26:30
プレミアリーグ
第25節
カーディフ 2 - 0 ボーンマス
2019.01.30
28:45
プレミアリーグ
第24節
ボーンマス 4 - 0 チェルシー
2019.01.19
24:00
プレミアリーグ
第23節
ボーンマス 2 - 0 ウェストハム
2019.01.13
23:15
プレミアリーグ
第22節
エバートン 2 - 0 ボーンマス
基本データ

正式名称:AFCボーンマス

原語表記:Association Football Club Bournemouth

ホームタウン:ボーンマス

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

マネ4戦連発でリバプールがボーンマスに快勝! 3戦ぶり白星でバイエルン戦へ《プレミアリーグ》

リバプールは9日、プレミアリーグ第26節でボーンマスと対戦し、3-0で勝利した。 リーグ戦直近の2試合でドローが続いているリバプール(勝ち点62)。以前は「10」もあった勝ち点差も埋まり、マンチェスター・シティと肉薄している。負傷者を多く抱える中、バウンスバックが絶対条件の今節のスタメンは、前節からララナに代わりワイナルドゥムが起用された。 まずゴールに迫ったのはアウェイのボーンマス。2分、アイブが敵陣中央をドリブルで前進しボックス左のフレイザーへ。フレイザーは中に切り返して右足でシュートを放ったが、GKアリソンがさすがのセーブを見せた。 一方、リバプールはボーンマスの集中した守りに攻めあぐねる。そんな中サラーが10分過ぎに強引に2本のシュートを放っていったがノーチャンスだった。 すっきりしない時間が続いたが24分に試合を動かした。右CKの流れからミルナーがクロスを上げると、DFの間に入ったマネが頭で合わせてリバプールが先制点を奪った。 マネの4試合連続ゴールで先制したリバプール。28分にはカウンターからサラーに好機が訪れるも、フィルミノのパスが浮いたせいか、上手く足に当てることが出来なかった。 ここ2試合、先制してから追いつかれてドローに持ち込まれているリバプールだが、34分にケイタのプレスから左サイドでボールを奪うと、ロバートソンの浮き球スルーパスでボックス左を侵攻したワイナルドゥムが見事なループシュートを決めて追加点。2試合連続で1-1で引き分けているリバプールにとって安心できる2点目となった。 迎えた後半、リバプールはさらにリードを広げる。48分、自陣右サイドのスローインから再開し、ケイタが前線のフィルミノへ浮き球でピンポイントパスを送る。その背後に走り込むサラーに、フィルミノは足裏を使って絶妙な落としを供給。スイッチしたサラーは楽々と左足で流し込み、決定的な3点目を沈めた。 苦しくなったボーンマスは59分にアイブを下げて古巣対決となるソランケ、73分にムセを投入。どうにか策を講じるが、それでもチャンスを作るのはリバプール。76分、サラーがフィルミノとのワンツーでボックス右に侵入。左足で狙ったシュートはクロスバーを叩いた。 圧倒するリバプールを後押しするように、77分にアーノルドがワイナルドゥムに代わってピッチへ。およそ1ヵ月ぶりの復帰にスタジアムが沸く。また、87分にはカウンターからフィルミノがGKと一対一に。しかしここはGKポルツに軍配が上がる。 終盤にはマネやフィルミノを下げる余裕を見せたリバプールがこのまま試合を締めてタイムアップ。3-0で快勝。3試合ぶりの白星を収め、19日のチャンピオンズリーグ・バイエルン戦に弾みをつけた。 2019.02.10 01:57 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ボーンマスの大器ブルックスに72億円用意か

トッテナムが、ボーンマスに所属するウェールズ代表MFデイビッド・ブルックス(21)に大金を用意しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 シェフィールド・ユナイテッド出身のブルックスは2018年夏にボーンマスに加入。シェフィールド・Uでは主に攻撃的MFを主戦場にしていたが、エディ・ハウ監督率いるボーンマスでは主に右ウイングで起用されるようになり、ここまでリーグ戦22試合で6ゴール4アシストを記録している。 トッテナムは、ブルックスを来夏に獲得することを目標としており、5000万ポンド(約71億7000万円)物移籍金を用意しているという。ボーンマスに加入した際の移籍金が1150万ポンドだったことと比較すると破格の値段だ。 だが、先日のチェルシー戦では1ゴール1アシストで、4得点大勝の立役者に。マンチェスター・ユナイテッドも興味を持っていることが伝えられており、ブルックスの評価はこれからどんどん上がっていくかもしれない。 2019.02.04 15:43 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、イグアインプレミアデビューもボーンマスに4失点大敗《プレミアリーグ》

チェルシーは30日、プレミアリーグ第24節でボーンマスと対戦し、0-4で敗れた。 前節、アーセナルに敗れた4位のチェルシー(勝ち点47)は、この間に行われたEFLカップとFAカップでそれぞれトッテナムとシェフィールド・ウェンズデイを下し駒を進めた。およそ10日ぶりとなるリーグ戦に向けて、ダビド・ルイスやジョルジーニョ、カンテ、アザールらが先発に顔をそろえたほか、今冬に獲得したイグアインも名を連ねプレミアデビューを果たした。 立ち上がりからボーンマスの素早いプレスに攻撃のリズムを作れないチェルシーは、3分に自陣でペドロがボールを奪われ、キングにシュートを許す。するとこのシュートがダビド・ルイスの顔面に直撃。しばらく倒れ込んでいたが、大事には至らなかった。 いつものようにジョルジーニョが徹底マークされるチェルシーはクロスからチャンスを演出。右サイドのペドロのクロスをファーサイドから飛び込んだコバチッチが頭で合わせたが、GKがわずかに触れたことでクロスバーに弾かれる結果に。 25分にはカウンターからペドロがシュートに持ち込むが、ボックス内から左足で放ったシュートはGKの正面に。その後、守りを固めるボーンマス相手に攻めあぐねていると、35分にピンチを迎える。 CKを得たボーンマスはその流れから、右サイドの深い位置からクロスが上がる。キングがこれを頭で逸らしてブルックスがフィニッシュ。しかしここはGKケパがしっかりセーブ。チェルシーは41分にと44分にもカウンターから危険な場面を迎えたが、ケパが躍動。なんとか無失点で試合を折り返した。 しかし、前半最後の嫌な雰囲気を後半に持ち越すことになった。ボーンマスは47分、左サイドのフレイザーからの浮き球パスをボックス左で収めたブルックスがキングにラストパス。ボックス中央でキングは豪快にネットを揺らし、ホームのボーンマスが先制した。 一向に得点のにおいがしないチェルシーは61分にペドロを下げてウィリアンを投入。その後、立て続けに3本のCKを得るも、3本目のCKを跳ね返したボーンマスがカウンターを発動。キングのパスを受けたブルックスがゴール前で冷静に相手を躱しゴールに流し込んだ。 まさかの展開となったチェルシーはイグアインを下げてジルーをピッチへ。プレミアデビューとなったイグアインだが、良いところを見せられなかった。 直近のFAカップでも投入直後のジルーのアシストからゴールが生まれたチェルシーがここからギアを上げていきたいところだったが、74分に再びカウンターから失点。キングにこの試合2点目を許し、3点差をつけられてしまった。 チェルシーは後半アディショナルタイムにも、途中出場のアイブのクロスから、途中出場のダニエルズのゴールが生まれ4失点目。結局、チェルシーは0-4で敗戦。リーグ戦2連敗となった。 2019.01.31 06:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、在籍9年のMFピューが2部ハル・シティにレンタル

ボーンマスは22日、イングランド人MFマーク・ピュー(31)が今シーズン終了までのレンタル移籍でチャンピオンシップ(イングランド2部)のハル・シティに加入することを発表した。 バーンリーでプロキャリアをスタートした右利きのウイングプレーヤーのピューは、ベリー、シュルーズベリー、ヘレフォードを経て2010年に当時フットボールリーグ1(イングランド3部)のボーンマスに完全移籍。 若きエディ・ハウ監督率いるチームの主力に定着すると、2012-13シーズンのチャンピオンシップ昇格、2014-15シーズンのプレミアリーグ初昇格に貢献。直近3シーズンは途中出場を中心に準主力として活躍も、今季ここまでは国内カップ3試合の出場にとどまっていた。 2019.01.23 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、ブレントフォードからウェールズ代表DFメファムを獲得

ボーンマスは22日、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するブレントフォードからウェールズ代表DFクリス・メファム(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は長期とだけ明かされている。 2012年にチェルシーの下部組織からブレントフォードの下部組織に入団したメファムは、2017年にの夏にトップチームに昇格。トップチームでは公式戦48試合に出場し1ゴール1アシストを記録。今季もここまでリーグ戦22試合に出場していた。 また、2018年3月にデビューしたウェールズ代表では、ここまで4試合に出場している。 2019.01.23 04:14 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング