超ワールドサッカー

マインツ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 マインツ 37 10 7 17 44 55 -11 34

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ケルン 2 - 0 マインツ
2017.05.13
22:30
ブンデスリーガ
第33節
マインツ 4 - 2 フランクフルト
2017.05.07
22:30
ブンデスリーガ
第32節
ハンブルガーSV 0 - 0 マインツ
2017.04.29
22:30
ブンデスリーガ
第31節
マインツ 1 - 2 ボルシアMG
2017.04.22
22:30
ブンデスリーガ
第30節
バイエルン 2 - 2 マインツ

基本データ

正式名称:1.FSVマインツ05

原語表記:FSV Mainz

愛称:ヌルフュンファー(05)、カルネファルフェライン(カーニバルチーム)

創立:1905年

ホームタウン:マインツ

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

武藤嘉紀が所属するマインツがシュミット監督の退任を発表

▽日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツは22日、マルティン・シュミット監督(50)の退任を発表した。 ▽シュミット監督は、2010年7月にマインツⅡの監督に就任。2015年2月にキャスパー・ヒュルマンド監督の後任として、トップチームの監督に就任した。マインツの監督に就任したシュミット監督だったが、今シーズンは序盤こそ勝ち点を積み重ねるも、後半戦で苦戦。プレーオフ圏の16位ヴォルフスブルクと勝ち点で並ぶも、得失点差でなんとか残留を決めていた。 ▽スポーツディレクターを務めるルーベン・シュローダー氏は「日曜日の夜にマルティン・シュミットと非常にオープンで正直な会談をし、有効的な終了を終えることとなった」とコメントした。シュミット監督とマインツは2018年まで契約を結んでいた。 2017.05.22 22:36 Mon
twitterfacebook
thumb

マインツ武藤嘉紀が語った来季の目標と希望「点を取る自信も活躍できる自信もある」

マインツに所属するFW武藤嘉紀は、ブンデスリーガ最終節の後、厳しいシーズンとなったことを認めている。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。<br><br>マインツは前節勝利したことで、得失点の関係でほぼ残留を決めた状態で最終節のケルン戦を迎えた。武藤も「それもあって、きょうはみんな気持ちがどこかに行ってしまっていたというか」と認めた試合は0-2で敗れ、シーズンを終えている。<br><br>武藤は「ヨーロッパリーグとの離脱はハードだった」としつつ、残留争いに巻き込まれた戦いを振り返った。<br><br>「残留争いをしたことはなかったですし、非常に厳しいシーズンだったなと。自分自身のケガもありました。それでも最後はしっかり、調子を上げられたのは良かったとは思います。降格もしなくて良かったですね」<br><br>来シーズンも再びヨーロッパリーグを目指すと語り、「欲を言えばチャンピオンズリーグだったり」と、上を見据えた武藤。自分自身の目標についてはこのように語った。<br><br>「来シーズンを100パーセントで臨めるように、コンディションをつくっていきたいです。あとは、ケガなく出場を続けること。そうすれば点を取る自信も、活躍できる自信もあるので。大きなケガをせず、とにかくゴールを取り続けることを意識したいと思います」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 09:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ゴールで締めくくった大迫勇也、来季EL出場で「僕自身も一つ上のレベルへ」

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也は、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得して喜びを露わにした。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。<br><br>ケルンは20日、ブンデスリーガ最終節でマインツと対戦。先発出場した大迫は1ゴール1アシストの活躍を見せ、2-0での勝利に大きく貢献した。試合後のインタビューに応じた大迫は、ヨーロッパリーグ出場権獲得について「素直によかったです。チームとしての目標だったので」と語り、喜んだ。また、得点についても「あのようなシチュエーションが来るだろうなと思っていたので、落ち着いて決められた」と振り返っている。<br><br>今シーズンについては「良い形で入ることができた」としながら、代表戦でのケガを悔やんだ大迫。それでも目線は先を向いている。<br><br>「来年につながると思うし、ELもあるし、試合数も増えるのでまた頑張りたいです。来季は今年以上の成績を残さないといけないと思います。新しい選手も取ると思うし、チームの中でもまた良い競争が生まれる。またそこで勝てれば、僕自身も一つ上のレベルにいけると思います」<br><br>シーズン最終戦で素晴らしいサポートを見せたファンについては「このサポーターと来年また一緒に、良いシーズンを送れたらいいと思います」と感謝しつつ、飛躍を誓った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 06:35 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫の今季7ゴール目などで完勝のケルンが来季のEL出場権を獲得!! 敗戦のマインツも1部残留が決定!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ最終節のケルンvsマインツが20日に行われ、2-0でケルンが勝利した。ケルンの大迫は88分までプレーし、87分に今季7ゴール目を記録した。マインツの武藤は62分からプレーした。 ▽8位ケルン(勝ち点46)が、本拠地ライン・エネルギエ・シュタディオンに13位マインツ(勝ち点37)を迎えた一戦。ヨーロッパリーグ(EL)出場へ勝利が絶対条件のケルンは、前節のレバークーゼン戦から先発を2人変更。スボティッチとビッテンコートに代えてラウシュと大迫が起用された。 ▽一方、引き分け以上でほぼ残留の決まるマインツは、前節のフランクフルト戦からスタメンを3人変更。G・ドナーティ、エツナリ、デ・ブラシスに代わりブンゲルト、クアイソン、ホルトマンが起用された。前節1ゴールを記録した武藤だが、フランクフルト戦に続きベンチスタートとなった。 ▽ポイントロスを避けたい両者の一戦は、互いに主導権を譲らない球際の激しい立ち上がりとなる。そんな中、まずはホームのマインツが仕掛ける。5分、ボージャンのパスを受けたコルドバがドリブルでボックス右手前まで持ち上がると、ミドルシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 ▽良い流れを掴みかけたマインツだったが、15分にアクシデント。右足太ももを痛めたバログンがピッチに座り込むと、プレー続行不可能となりハックとの交代を強いられた。 ▽ハーフタイムにかけては、ケルンが押し気味に試合を進める。36分、バイタルエリア中央でボールを受けた大迫がペナルティアーク左まで持ちこみ左足を振り抜く。このシュートは枠の上に外れたが、43分にケルンに待望の先制点が生まれる。 ▽左サイドからのスローインをバイタルエリア左付近の大迫が頭で繋ぐと、このボールに反応したヘクターがドリブルでボックス左まで持ち込みシュート。これがGKフートの脇をすり抜けゴール右に決まった。 ▽後半も主導権を握るケルンは57分、ヘクターのパスをペナルティアーク手前で受けたビッテンコートが反転から右足を振り抜いたが、このシュートはGKフートが正面でセーブ。 ▽後半に入り決定機を作り出せないマインツは62分、クアイソンを下げて武藤を投入。さらに75分にはブンゲルトに代えてエツナリをピッチに送り出した。対するケルンは79分、ビッテンコートを下げてS・ツォラーを投入した。 ▽すると87分、ケルンに決定機が生まれる。中盤でパスカットしたヨイッチが右サイドを持ち上がると、前線の大迫へスルーパス。バイタルエリア中央で受けた大迫がボックス中央まで持ち込み左足を振り抜くと、これがゴール右隅に決まった。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。大迫の今季7ゴール目などで最終節を飾ったケルンは、最終的に順位を5位まで上げ、来季のEL出場権を獲得。一方、残留争いに巻き込まれていたマインツは、同時刻に行われていた15位のヴォルフスブルクが16位ハンブルガーSVに1-2で敗戦したため、残留圏内の15位でシーズンを終えた。 2017.05.21 01:36 Sun
twitterfacebook
thumb

後半から出場の武藤が決勝ゴール&PK獲得で逆転勝利のマインツが残留に大きく前進《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第33節、マインツvsフランクフルトが13日に行われ、4-2でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀は後半から出場し、フランクフルトのMF長谷部誠は負傷のため欠場している。 ▽残留プレーオフに回らなければならない16位ハンブルガーSVに勝ち点で並び、得失点差で上回る15位マインツ(勝ち点34)は、6試合ぶりに武藤をベンチスタートとした。 ▽残留を決めている11位フランクフルト(勝ち点41)に対し、互角の攻防で立ち上がった中、マインツは14分に右クロスを受けたボックス左のブロシンスキが際どいシュートを浴びせる。 ▽徐々に攻勢を強めていったマインツは20分にF・フライが決定的なシュートを浴びせると、35分にはG・ドナーティがミドルシュートでGKを強襲。その後も押し込んだマインツだったが、42分に一瞬の隙を突かれて失点する。 ▽バルコクの浮き球パスを胸トラップで処理したフルゴタがボックス左から左足でゴール右へシュートを流し込んで、フランクフルトが先制した。 ▽迎えた後半からマインツはエツナリに代えて武藤を2トップの一角に投入。その後半開始5分、マインツは追加点を奪われる。 ▽タワサの左クロスをヘディングで合わせたフルゴタのシュートはGKフートの好守に阻まれるも、クリアしたルーズボールがセフェロビッチに当たってゴールラインを割った。 ▽2点を追う展開となったマインツは58分、ガバミンのミドルシュートでGKを強襲すると、60分に1点を返す。F・フライのフィードに抜け出したコルドバがボックス右へ進入。冷静にGKとの一対一を制した。さらに62分、右サイド絞った位置からのブロシンスキのFKにベルが頭で合わせてゴール右へシュートを叩き込んだ。 ▽その後も勢い付くマインツが攻勢に出ると、76分に武藤が逆転ゴールを奪った。ボックス手前右からのボージャンのフィードにヘディングで合わせた武藤のシュートがゴール左に決まった。 ▽そして追加タイム2分にはボックス左で仕掛けた武藤がヘクターに倒されたとしてPKを獲得。これをデ・ブラシスが決めて4-2としたマインツが逆転勝利し、16位HSVとの勝ち点差を2として残留に大きく前進している。なお、マインツは最終節でヨーロッパリーグ出場権獲得を狙うケルンと敵地で対戦する。 2017.05.14 00:59 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング