フライブルク

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 フライブルク 44 13 5 12 38 52 -14 30

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
22:30
ブンデスリーガ
第31節
ダルムシュタット vs フライブルク
2017-05-07
24:30
ブンデスリーガ
第32節
フライブルク vs シャルケ
2017-05-13
22:30
ブンデスリーガ
第33節
フライブルク vs インゴルシュタット
2017-05-20
22:30
ブンデスリーガ
第34節
バイエルン vs フライブルク

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.23
22:30
ブンデスリーガ
第30節
フライブルク 2 - 1 レバークーゼン
2017.04.15
22:30
ブンデスリーガ
第29節
ライプツィヒ 4 - 0 フライブルク
2017.04.08
22:30
ブンデスリーガ
第28節
フライブルク 1 - 0 マインツ
2017.04.05
27:00
ブンデスリーガ
第27節
ヴォルフスブルク 0 - 1 フライブルク
2017.04.01
22:30
ブンデスリーガ
第26節
フライブルク 2 - 5 ブレーメン

基本データ

正式名称:SCフライブルク

原語表記:Sport Club Freiburg

愛称:Breisgau-Brasilianer(ブライスガウ地方のブラジル人)

創立:1904年

ホームタウン:フライブルク

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

ライプツィヒが好調フライブルクに4発完勝でバイエルンとのポイント差を8に《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは15日、ブンデスリーガ第29節でフライブルクをホームに迎え、4-0で大勝した。 ▽前節レバークーゼン戦を退場者を出しながらもY・ポウルセンの終了間際弾で辛勝して3連勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点58)は、首位バイエルンを10ポイント差で追う。そのライプツィヒは出場停止のオルバンを除いてベストメンバーを送り込んだ。 ▽ヨーロッパリーグ圏内の6位に浮上したフライブルク(勝ち点41)に対し、ライプツィヒは6分にフォルスベリが左足ミドルを浴びせると、続く9分にはデンメのシュートがGKを強襲。 ▽その後、25分にロングフィードに抜け出したフランツのシュートはGKグラクシがセーブすると、36分に先制した。中央からのフォルスベリのFKをボックス左のY・ポウルセンがDFに競り勝ってヘディングシュート。これがゴール右に決まった。 ▽続く42分にはY・ポウルセンのスルーパスに抜け出したヴェルナーがGKとの一対一を制して2-0とした。 ▽2点をリードして迎えた後半、51分にライプツィヒが決定的な3点目を奪い切る。N・ケイタが味方とのパス交換で前線へ上がっていくと、最後はルーズボールをゴール右へ蹴り込んだ。 ▽余裕のライプツィヒはN・ケイタやサビツァー、Y・ポウルセンを下げるも、追加タイム1分にヴェルナーのヘッドでの折り返しをデンメが頭で押し込み4-0。ライプツィヒが4連勝とし、首位バイエルンとのポイント差を8に縮めた。 2017.04.16 05:29 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤がリーグ戦5試合ぶりのフル出場もフライブルクに敗戦…《ブンデスリーガ》

▽8日に行われたブンデスリーガ第29節のフライブルクvsマインツは1-0でフライブルクが勝利した。日本代表FW武藤嘉紀は5試合ぶりのフル出場を果たしている。 ▽前節のライプツィヒ戦で約7カ月ぶりのゴールを奪った武藤は、フライブルク戦でスタメンに名を連ねた。試合は前半をゴールレスで終えると、迎えた70分、ペテルゼンのゴールでホームのフライブルクが先制する。追いつきたいマインツだったが、ネットを揺らすことはできずに試合は終了を迎えた。 ▽この結果マインツは、残留プレーオフ圏内の16位・アウグスブルクとの勝ち点差を広げられず、アウグスブルクの結果次第では16位に後退となる。 2017.04.09 05:18 Sun
twitterfacebook
thumb

逆転負けのフランクフルト、長谷部の日本人ブンデス最多出場記録更新を勝利で飾れず…《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは5日、ブンデスリーガ第23節でフライブルクをホームに迎え、1-2で敗戦した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節のヘルタ戦に0-2で敗れ、リーグ戦3連敗となった6位フランクフルト(勝ち点35)が、9位のフライブルク(勝ち点30)を本拠地コメルツバンク・アレーナに迎えた一戦。フランクフルトは、直近のDFBポカール準々決勝のビーレフェルト戦から先発メンバーを3人変更。ダビド・アブラアムとバルコク、マイヤーに代えて、オチプカと長谷部、フルゴタを起用した。3バックの真ん中で起用された長谷部は、この試合で奥寺康彦氏の持つ日本人ブンデス最多出場記録を235試合に更新した。 ▽この試合に勝利して嫌な流れを断ち切りたいフランクフルトは、コンパクトなディフェンスから複数人でプレスをかけ、相手に自由を与えない。すると12分、フランクフルトが先制点を奪う。最終ラインのヘクターからのロングボールがボックス手前に落ちると、これにレビッチが反応。体を寄せて潰れると、こぼれたボールを拾ったフルゴタが左足を振り抜いて、ゴールネットに突き刺した。 ▽幸先の良いスタートを切ったフランクフルトは23分、追加点のチャンスを迎える。ボックス左でパスを受けたタワサが中央にクロスを供給すると、フリーになったブルームが左足で合わせたが、これは枠を捉えることができない。 ▽するとその直後、フライブルクに一瞬の隙を突かれる。25分、ハーフウェイライン付近からホフラーに縦パスを入れられると、このボールで最終ラインの裏に抜け出したニーダーレヒナーにGKフラデツキーがかわされ、同点弾を許してしまう。 ▽振り出しに戻されたフランクフルトは32分、長谷部の左CKからファーサイドに走りこんだレビッチが頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。しかし、ガシノビッチがGKシュウォローを妨害したという判定が下され、ゴールが取り消される。フランクフルトは勝ち越しのチャンスをモノにできず、1-1で試合を折り返す。 ▽後半に入ると、フライブルクに押し込まれる展開が続く。56分、ボックス左手前でのパス回しから最後は、グリフォにゴール右上隅を捉えられるも、GKフラデツキーが落ち着いて対処する。我慢の時間が続くフランクフルトだったが59分、逆転を許してしまう。自陣中央でのパス回しから中盤を崩されると、グリフォが最終ラインの裏にスルーパス。抜け出したニーダーレヒナーに、一対一を制される。 ▽追う立場となったフランクフルトは65分にMFバルコク、74分にFWタラシャイ、80分にMFマイヤーを投入し、攻撃の活性化を図る。しかし、守備固めに徹したフライブルクの前に、シュートチャンスを作ることができない。終了間際、フランクフルトはボックス手前でFKを獲得するも、フルゴタの直接FKは枠を捉えることができず、そのまま試合終了。逆転負けでリーグ4連敗を喫したフランクフルトは、長谷部の日本人ブンデス最多出場記録更新を勝利で飾ることができなかった。 2017.03.06 05:48 Mon
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンのドッペルパックなどでドルトムントが快勝、香川は76分から出場《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは25日、ブンデスリーガ第22節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。ドルトムントMF香川真司は76分から出場している。 ▽前節ヴォルフスブルク戦を3-0と快勝して3位に浮上したドルトムント(勝ち点37)が、9位フライブルク(勝ち点30)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽[3-5-2]で臨んだドルトムントは13分、ボックス手前右で得たFKをラファエウ・ゲレイロが蹴ると、パパスタソプーロスがヘディングシュートでネットを揺らし、先制する。 ▽続く19分には分厚い攻めを見せて、最後はゴール至近距離のドゥルムがシュートに持ち込むも、DFのブロックに阻まれる。その後、24分にもオーバメヤンがGKを強襲するシュートを浴びせたドルトムントがハーフタイムにかけてもフライブルクを圧倒。追加点こそ生まれなかったものの、スコア以上の差で後半へ折り返した。 ▽迎えた後半、55分にボックス左で相手DFの股間を抜く突破を見せたロイスのパスをオーバメヤンが押し込んで、ドルトムントが2-0と突き放した。さらに70分、ドゥルムのラストパスをオーバメヤンが決めて3-0としたドルトムントは、85分に左クロスに合わせた香川のヘディングシュートはわずかに枠の右へ外れる。このまま3-0で快勝したドルトムントがリーグ戦2連勝としている。 2017.02.26 01:43 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井高アシストもチームはPK失敗でフライブルクにドロー《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは18日、ブンデスリーガ第21節でフライブルクをホームに迎え、2-2で引き分けた。HSVのDF酒井高徳はフル出場している。 ▽前節ライプツィヒに3-0と快勝して残留圏内に浮上した15位ハンブルガーSVの酒井高は引き続き右サイドバックで先発となった。 ▽8位フライブルク(勝ち点29)に対し、立ち上がりからボールを保持したHSVは15分に先制する。スローインの流れからボックス左へ侵入したホルトビーのクロスを、ニアに詰めたフントがダイレクトで流し込んだ。 しかし、23分に同点とされる。ペテルゼンのスルーパスを酒井高がマークに付いていたM・フィリップに通され、ボックス左からシュートを決められた。 ▽続く30分にもピンチを迎えると、M・フィリップにボックス右ゴールライン際までえぐられて折り返される。しかし、ボックス中央のアブラシのシュートは枠を外れて助かった。直後、パパドプーロスが負傷し、ジュルーとの交代を強いられる。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となる中、互いに決定的なシュートには持ち込めず1-1で前半を終えた。 ▽後半からディークメイヤーに代えてグレゴリッチュを最前線に投入したHSVは押し込まれる状況を強いられたが、57分に勝ち越す。ホルトビーのスルーパスを受けたボックス右の酒井高の折り返しをグレゴリッチュが押し込んだ。 ▽酒井高のアシストでリードしたHSVだったが、72分に再び同点とされる。酒井高の寄せをものともしなかったペテルゼンにスルーパスを通され、グリフォにGKとの一対一を制された。 ▽終盤にかけてフライブルクを圧倒していったHSVは86分、ボックス右に侵入したフントがトレホンに倒されてPKを獲得。しかし、キッカーのフントが枠の左を狙ったシュートはGKシュウォローにセーブされ、勝ち越しならず。リーグ戦3連勝はならなかった。 2017.02.19 04:24 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング