フライブルク

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 フライブルク 17 4 5 5 19 22 -3 14

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-15
23:30
ブンデスリーガ
第15節
デュッセルドルフ vs フライブルク
2018-12-19
28:30
ブンデスリーガ
第16節
フライブルク vs ハノーファー
2018-12-22
23:30
ブンデスリーガ
第17節
ニュルンベルク vs フライブルク
2019-01-19
23:30
ブンデスリーガ
第18節
フランクフルト vs フライブルク
2019-01-26
23:30
ブンデスリーガ
第19節
フライブルク vs ホッフェンハイム

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.08
23:30
ブンデスリーガ
第14節
フライブルク 3 - 0 ライプツィヒ
2018.12.01
23:30
ブンデスリーガ
第13節
ドルトムント 2 - 0 フライブルク
2018.11.25
23:30
ブンデスリーガ
第12節
フライブルク 1 - 1 ブレーメン
2018.11.10
23:30
ブンデスリーガ
第11節
フライブルク 1 - 3 マインツ
2018.11.03
23:30
ブンデスリーガ
第10節
バイエルン 1 - 1 フライブルク

基本データ

正式名称:SCフライブルク

原語表記:Sport Club Freiburg

愛称:Breisgau-Brasilianer(ブライスガウ地方のブラジル人)

創立:1904年

ホームタウン:フライブルク

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

辛勝ドルトムント、リーグ戦4連勝で首位固めに成功《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは1日、ブンデスリーガ第13節でフライブルクをホームに迎え、2-0で勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節マインツ戦を低調ながらも勝利して首位固めに成功したドルトムント(勝ち点30)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦を低調なゴールレスドローで終えた中、決勝トーナメント進出を決めた。そのブルージュ戦のスタメンから4選手を変更。アルカセルやラファエウ・ゲレイロに代えてサンチョやゲッツェ、ラーセンらがスタメンに戻った。 ▽11位フライブルク(勝ち点14)に対し、[4-2-1-3]で臨んだドルトムントは3トップに右からサンチョ、ゲッツェ、ラーセンと並べ、トップ下にロイスを据えた。 ▽そのドルトムントが敵陣で試合を進める展開で立ち上がっていくと、24分に最初の決定機。右サイドからのサンチョのクロスにゲッツェが右足を伸ばして合わせにかかるも、ミートしきれず枠の左に外れてしまった。 ▽それでも38分、ボックス右で仕掛けたサンチョがハインツに倒されてPKを獲得。このPKをロイスが決めてドルトムントが先制した。先制後の42分、ゴンドルフの約30mの直接FKがバーを直撃してひやりとしたドルトムントだったが、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始4分、ロイスが相手ボックス内でのボール奪取から決定的なシュートを浴びせたドルトムントが敵陣でのプレーを続けると、59分にはヴィツェルがミドルシュートで牽制。その後、なかなかシュートシーンを生み出せないドルトムントは70分にゲッツェに代えてアルカセルを投入した。 ▽そのドルトムントは83分、ピシュチェクがボックス右から枠の左角を直撃する強烈なシュートを浴びせると、終盤の追加タイム1分に勝負を決定付けた。カウンターに転じ、サンチョのパスをボックス右で受けたピシュチェクのラストパスをアルカセルが確実に蹴り込んだ。 ▽このまま2-0でドルトムントが勝利。リーグ戦4連勝とし、首位固めに成功している。 2018.12.02 01:46 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のブレーメン、後半AT弾でフライブルクにドローで連敗ストップ《ブンデスリーガ》

▽ブレーメンは25日、ブンデスリーガ第12節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は63分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦を完敗して3連敗となり、7位に後退したブレーメン(勝ち点17)。そのボルシアMG戦ではコンディション不良の影響もあって今季初めてベンチスタートで出番のなかった大迫は、日本代表戦ではゴールを決めるなど好プレーを見せた中、引き続きベンチスタートとなった。 ▽11位フライブルク(勝ち点13)に対し、立ち上がりから劣勢を強いられたブレーメンは11分にワルドシュミッドに際どいミドルシュートを打たれてしまう。さらに17分、ステンゼルのミドルシュートでゴールに迫られるも、GKパブレンカが防いだ。 ▽その後もゴンドルフのミドルシュートやテラッツィーノのボックス内からのシュートでブレーメンはゴールを脅かされていく。 ▽30分頃からボールを持てるようになったブレーメンは33分、J・エッゲシュタインの左クロスからクラーセンのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKの正面を突いてしまう。すると40分、VARの末、ワルドシュミッドのシュートがボックス内のモイサンデルの手に当たったとしてフライブルクにPKが与えられる。これをワルドシュミッドに決められ、ブレーメンは先制されてしまった。 ▽失点したブレーメンは追加タイム2分、FKの流れからクラーセンのボレーシュートが枠を捉えるも、GKの好守に阻まれて前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半開始5分、浮き球パスに抜け出したワルドシュミッドのボレーシュートをGKパブレンカがファインセーブで凌いだブレーメンは、続く68分のゴンドルフのボレーシュートもGKパブレンカがビッグセーブで防いだ。 ▽守護神の活躍で1点差を保つブレーメンは63分、2枚代えを敢行し、大迫を投入した。ここから攻勢を強めたブレーメンは、大迫がヘディングシュートを放つなど圧力を強めていくと、終盤の83分に大迫に決定機。左サイドからのFKをニアの大迫がヘッドで合わせるも枠を捉えていたシュートはGKシュウォローのファインセーブに阻まれた。 ▽それでも後半追加タイム2分、ブレーメンの猛攻が実を結ぶ。CKの流れからアウグスティンションがルーズボールを蹴り込んだ。このまま1-1でタイムアップ。ブレーメンが連敗を3で止めている。 2018.11.26 01:28 Mon
twitterfacebook
thumb

低調バイエルン、終盤のニャブリ弾もフライブルクに追いつかれ痛恨ドロー《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは3日、ブンデスリーガ第10節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節マインツ戦を2-1で押し切って2位に浮上したバイエルン(勝ち点19)は、4日前に行われたDFBポカールでは4部チーム相手に2-1の辛勝を収め、公式戦4連勝とした。そのバイエルンはレーディングハウゼン戦のスタメンから6選手を変更。負傷したチアゴが欠場となり、リベリやミュラー、ハビ・マルティネスらがベンチスタートとなって、レヴァンドフスキやロッベン、ハメス・ロドリゲスら主力が先発に戻った。 ▽ここ3試合負けのない11位フライブルク(勝ち点12)に対し、[4-3-3]で臨んだバイエルンは3トップに右からロッベン、レヴァンドフスキ、ニャブリ、中盤アンカーにキミッヒ、インサイドにハメス・ロドリゲスとレナト・サンチェスを配した。 ▽そのバイエルンが押し込む流れで推移すると、26分に最初の決定機。ニャブリのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキがボックス左まで侵入してシュート。しかし、GKシュウォローに右足でセーブされた。 ▽さらに34分、ボックス右のロッベンのボレーシュートが枠を捉えたが、ここもGKのセーブに阻まれ、低調な前半をゴールレスで終えた。 ▽後半も押し込んだバイエルンだったが、崩しきれずにいると、63分にロッベンに代えてリベリを投入。さらに71分、ハメス・ロドリゲスに代えてミュラーを投入する。 ▽すると80分、後半最初のチャンスで先制した。右サイドでボールを持ったニャブリが中に切れ込んでボックス右へ侵入。枠の右隅へシュートを決めきった。 ▽ニャブリのバイエルン加入後初ゴールで均衡を破ったバイエルンだったが、89分に同点とされる。左サイドからの鋭いクロスをホーラーに押し込まれた。 ▽結局、5分の追加タイムでバイエルンに勝ち越しゴールは生まれず、1-1で引き分け。痛恨のドローに終わり、公式戦連勝は4で止まった。 2018.11.04 01:38 Sun
twitterfacebook
thumb

ワルドシュミッドのドッペルパックに沈んだボルシアMGが5試合ぶりの黒星…《ブンデスリーガ》

▽ボルシアMGは26日、ブンデスリーガ第9節でフライブルクと対戦し、1-3で敗戦した。 ▽リーグ戦4試合負けなしと好調の2位ボルシアMGが、11位フライブルクのホームに乗り込んだ一戦。前節のマインツ戦を4-0と快勝したボルシアMGは、その試合からノイハウスに代えてザカリアを先発で起用。トルガン・アザール、シュティンドル、プレアの3トップで試合に臨んだ。 ▽ボルシアMGは開始早々に失点を許す。2分、相手のロングボールにギンターがクリアミスを犯すと、これを拾ったワルドシュミッドを飛び出したGKゾンマーが倒してしまいPKを献上。これをワルドシュミッドにゴール左隅へ決められた。 ▽先制を許したボルシアMGもすぐに反撃。6分、 T・アザールの左CKをゴール前に走り込んだエルベディが左足で合わせたが、これは右ポストを直撃した。徐々に押し込む時間が増えるボルシアMGは19分、ボックス内でシュティンドルがハインツに倒されてPKを獲得。これをT・アザールがゴール中央に突き刺し、試合を振り出しに戻した。 ▽1-1で迎えた後半、ボルシアMGはプレアを下げてヘアマンを投入。しかし、先に試合を動かしたのはホームチームだった。57分、スルーパスで右サイドをハベラーに突破されると、マイナスの折り返しを走り込んだワルドシュミッドにゴール左に流し込まれた。 ▽再び追う展開となったボルシアMGは、65分にストロブルを下げてノイハウスを投入。さらに79分には、ラングを下げてトラオレをピッチに送り出し、攻撃に厚みを加える。 ▽しかし、その後もフライブルクの牙城を崩せない時間が続くと、後半アディショナルタイム4分に中盤でスローインを受けたGKゾンマーがパスミス。これをカットしたホーラーが無人のゴールにロングシュートを流し込んだ。 ▽直後に試合終了のホイッスル。ワルドシュミッドのドッペルパックに沈んだボルシアMGが、5試合試合ぶりの黒星を喫した。 2018.10.27 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レスターがトルコ代表DFソユンクの獲得合意を発表! 2023年5年契約を締結

▽レスター・シティは9日、トルコ代表DFチャグラル・ソユンク(21)を獲得することでフライブルクと合意に達したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となる。 ▽2013年に母国のアルトゥノルドゥでプロキャリアをスタートしたソユンクは、2016年にフライブルクに加入。187cmの長身に加えて、プレーリードや足元の技術にも長けた万能型センターバックとして同クラブの若きディフェンスリーダーとして活躍している。 ▽また、2016年にデビューしたトルコ代表としても16キャップを誇る逸材DFには、マンチェスターの2チームやチェルシー、リバプール、ローマなど多くのクラブが関心を示していた。 2018.08.10 03:45 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング