超ワールドサッカー

フライブルク

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 フライブルク 48 14 6 14 42 60 -18 34

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
22:30
ブンデスリーガ
第34節
バイエルン 4 - 1 フライブルク
2017.05.13
22:30
ブンデスリーガ
第33節
フライブルク 1 - 1 インゴルシュタット
2017.05.07
24:30
ブンデスリーガ
第32節
フライブルク 2 - 0 シャルケ
2017.04.29
22:30
ブンデスリーガ
第31節
ダルムシュタット 3 - 0 フライブルク
2017.04.23
22:30
ブンデスリーガ
第30節
フライブルク 2 - 1 レバークーゼン

基本データ

正式名称:SCフライブルク

原語表記:Sport Club Freiburg

愛称:Breisgau-Brasilianer(ブライスガウ地方のブラジル人)

創立:1904年

ホームタウン:フライブルク

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

ドルトムント、フライブルクから若き万能アタッカーのフィリップ獲得!

▽ドルトムントは7日、フライブルクからU-21ドイツ代表MFマクシミリアン・フィリップ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽2014年にフライブルクでトップチームデビューを飾ったフィリップは、これまで公式戦88試合に出場し、18ゴール23アシストを記録。ドイツ代表MFマルコ・ロイスを彷彿とさせる、卓越した両足のテクニックとスピード、攻撃センスを特長とする若手アタッカーは、今季ブンデスリーガで9ゴールを記録し、昇格1年目で7位に躍進したフライブルクの攻撃をけん引した。 ▽ドルトムントへの加入が決定したフィリップは、クラブ公式サイトで喜びを露わにしている。 「BVBは世界で最も成功したプレーヤーたちがいる世界最大級のクラブの1つだ。僕はここでプレーすることを光栄に思っているよ。個人的に23歳という年齢は成熟し、このステップを踏める年齢だと感じている。そして、ドルトムントでさらに成長していきたいと思う」 ▽また、ドルトムントでスポーツ・ディレクターを務めるミハエル・ツォルク氏は、「国内外で競合したマクシミリアン・フィリップという素晴らしいプレーヤーを獲得できて非常に嬉しい。彼は中盤の攻撃的なポジションで多くの役割をこなし、素晴らしいポテンシャルを持っている」と、有望株の獲得に満足感を示した。 ▽ドルトムントは、今月ポーランドで行われるU-21ユーロ2017に出場する逸材の獲得に関して、1400万~2000万ユーロ(約17億4000万円~25億円)の移籍金を支払うようだ。 ▽なお、今夏の移籍市場でDFオメル・トプラク、MFマフムード・ダフード、DFダン=アクセル・ザガドゥを獲得しているドルトムントにとって、フィリップは4人目の獲得選手となる。 2017.06.07 20:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、躍進フライブルクの主力MFグリフォを獲得!

▽ボルシアMGは28日、フライブルクからイタリア人MFヴィンチェンツォ・グリフォ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は32に決定。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽イタリア人移民でドイツ生まれのグリフォは、2012年にホッフェンハイムでトップチームデビュー。その後、2015年に加入したフライブルクでは、左サイドハーフを主戦場に絶対的主力として活躍。今シーズンはリーグ戦30試合に出場し、6ゴール12アシストの活躍をみせ、ブンデスリーガ復帰1年目のフライブルクを7位に躍進させる原動力となった。 ▽また、フル代表での招集経験はないものの、U-20イタリア代表としてプレーしていた。 2017.05.28 23:32 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンがシャビ・アロンソ、ラームの現役ラストマッチで白星飾る!!《ブンデスリーガ》

▽20日にブンデスリーガ最終節のバイエルンvsフライブルクがアリアンツ・アレーナで行われ、4-1でバイエルンが勝利した。 ▽今シーズンのブンデスリーガはすでにバイエルンの優勝が決定している。試合開始前には、今シーズン限りで現役引退を発表しているラームやシャビ・アロンソなどのセレモニーが実施された。一方の6位のフライブルクはヨーロッパリーグ出場権を争っており、負けられない一戦となった。 ▽試合はバイエルンが主導権を握る中、4分にロッベンが右サイドからカットインして右足を振り抜くと、これがディフレクトしてゴールマウス左隅に決まった。 ▽その後も攻勢に出るバイエルンは、12分にアラバのフィードからミュラーがボックス内で合わせるがGKがセーブ。23分には右サイドから崩してボックス内からボールがこぼれたところにビダルがシュートを放つが決めきれない。 ▽一方のフライブルクも27分にフランツが放ったシュートがアラバに当たってコースが変わるもGKシュターケが好セーブを見せて防ぐ。その後はバイエルンが多くの決定機を作り出し、40分にはシャビ・アロンソがミドルシュートを狙ったが決めきれずに1-0で前半を終えた。 ▽後半もバイエルンペースで試合が進むと69分にはロッベンが中央に流れながらシュートを放つがここはクロスバーを叩く。それでも73分には右サイドのロッベンが中央に入れたボールをビダルが蹴り込んで2点目を奪った。 ▽一方のフライブルクは78分にカウンターで抜け出したペテルゼンが冷静にシュートを流し込んで1点を返す。しかしバイエルンの勢いは止まらず、バイエルンが決定機を作り出していく。迎えた86分にはラームがラフィーニャとの交代を告げられる。ラームはピッチ上の選手と抱擁し、スタジアムのサポーターからのスタンディングオベーションに応えて、ベンチへと下がった。 ▽試合は終盤に入ると、後半アディショナルタイムには自陣のボックスでフライブルクのセットプレーを防いだバイエルンがカウンターを開始。ロッベンがボールを運んで、最後はロッベンが入れたグラウンダーのボールに、ファーサイドまでしっかりと走りこんだリベリが押し込む。 ▽さらに試合終了間際には左サイドからのクロスにレヴァンドフスキが頭で合わせる。決まればオーバメヤンと並んで2シーズン連続の得点王となるチャンスだったが、このシュートは枠を外しており、ファーサイドに詰めていたキミッヒが押し込み試合は終了。バイエルンが引退選手たちの花道を白星で飾った。 2017.05.21 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

フライブルクが生え抜きの24歳GKシュウォローと契約延長

▽フライブルクは9日、ドイツ人GKアレクサンダー・シュウォロー(24)と契約延長したことを発表した。契約の詳細は明かされていない。 ▽下部組織出身のシュウォローは、2014年5月にトップチームデビュー。ビーレフェルトへのレンタル移籍を経て、2015年夏にフライブルクに復帰し、ドルトムントへ移籍したスイス代表GKロマン・ビュルキの後釜として正GKの座に就いていた。 ▽今季は不動の守護神としてリーグ戦32試合にフル出場中で、昇格組ながら5位と健闘しているチームを最後尾で支えている。 ▽シュウォローは契約延長について公式サイトにて以下のように語っている。 「フラウブルクではここ数年間とても居心地よく過ごしているし、共に成功を収めたいと思っているんだ。今回の契約延長は気持ちの部分で決断したところもあるよ」 2017.05.10 02:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが好調フライブルクに4発完勝でバイエルンとのポイント差を8に《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは15日、ブンデスリーガ第29節でフライブルクをホームに迎え、4-0で大勝した。 ▽前節レバークーゼン戦を退場者を出しながらもY・ポウルセンの終了間際弾で辛勝して3連勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点58)は、首位バイエルンを10ポイント差で追う。そのライプツィヒは出場停止のオルバンを除いてベストメンバーを送り込んだ。 ▽ヨーロッパリーグ圏内の6位に浮上したフライブルク(勝ち点41)に対し、ライプツィヒは6分にフォルスベリが左足ミドルを浴びせると、続く9分にはデンメのシュートがGKを強襲。 ▽その後、25分にロングフィードに抜け出したフランツのシュートはGKグラクシがセーブすると、36分に先制した。中央からのフォルスベリのFKをボックス左のY・ポウルセンがDFに競り勝ってヘディングシュート。これがゴール右に決まった。 ▽続く42分にはY・ポウルセンのスルーパスに抜け出したヴェルナーがGKとの一対一を制して2-0とした。 ▽2点をリードして迎えた後半、51分にライプツィヒが決定的な3点目を奪い切る。N・ケイタが味方とのパス交換で前線へ上がっていくと、最後はルーズボールをゴール右へ蹴り込んだ。 ▽余裕のライプツィヒはN・ケイタやサビツァー、Y・ポウルセンを下げるも、追加タイム1分にヴェルナーのヘッドでの折り返しをデンメが頭で押し込み4-0。ライプツィヒが4連勝とし、首位バイエルンとのポイント差を8に縮めた。 2017.04.16 05:29 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング