フライブルク

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 フライブルク 7 1 4 3 5 16 -11 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-10-22
22:30
ブンデスリーガ
第9節
フライブルク vs ヘルタ・ベルリン
2017-10-29
26:00
ブンデスリーガ
第10節
シュツットガルト vs フライブルク
2017-11-04
23:30
ブンデスリーガ
第11節
フライブルク vs シャルケ
2017-11-18
23:30
ブンデスリーガ
第12節
ヴォルフスブルク vs フライブルク
2017-11-25
23:30
ブンデスリーガ
第13節
フライブルク vs マインツ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.10.14
22:30
ブンデスリーガ
第8節
バイエルン 5 - 0 フライブルク
2017.10.01
20:30
ブンデスリーガ
第7節
フライブルク 3 - 2 ホッフェンハイム
2017.09.23
22:30
ブンデスリーガ
第6節
ブレーメン 0 - 0 フライブルク
2017.09.20
27:30
ブンデスリーガ
第5節
フライブルク 1 - 1 ハノーファー
2017.09.17
22:30
ブンデスリーガ
第4節
レバークーゼン 4 - 0 フライブルク

基本データ

正式名称:SCフライブルク

原語表記:Sport Club Freiburg

愛称:Breisgau-Brasilianer(ブライスガウ地方のブラジル人)

創立:1904年

ホームタウン:フライブルク

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

ハインケス初陣バイエルンが5発大勝! 3試合ぶりの勝利《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは14日、ブンデスリーガ第8節でフライブルクをホームに迎え、5-0で大勝した。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦を2点のリードを守りきれずに引き分け、2試合勝利のない2位バイエルン(勝ち点14)は、2012-13シーズンにクラブを3冠に導いたハインケス監督を再招へい。そのバイエルンはヒザに重傷を負ったリベリの代役にコマンを起用した。 ▽15位フライブルク(勝ち点7)に対し、2列目に右からロッベン、ミュラー、コマンと並べる[4-2-3-1]で臨んだバイエルンは、立ち上がりから敵陣でボールを保持。しかし、6分に大ピンチを迎える。キミッヒのボールロストからショートカウンターを浴び、ニーダーレヒナーのラストパスを受けたケントにGKとの一対一の局面を作られる。しかし、ウルライヒがストップして難を逃れた。 ▽すると8分、相手陣内でボールを奪ったバイエルンが先制する。コマンのスルーパスをボックス左深くで受けたアラバが折り返し、ミュラーが詰めたところでクリアにかかった相手DFのオウンゴールを誘発した。 ▽その後、10分にチアゴがミドルシュートでGKを強襲したバイエルンが一方的にボールを保持する展開となるも、5バックを敷くフライブルクを崩せない状況が続く。すると35分、ミュラーのミスパスからショートカウンターを受け、ギュンターの左クロスにフランツがヘディングで合わせるシュートでゴールを脅かされたが、枠の右に外れて助かった。 ▽すると42分、ボックス右のロッベンのシュートをGKが弾いたルーズボールをコマンがダイビングヘッドで押し込み、バイエルンに追加点が生まれた。 ▽迎えた後半もボールを保持したバイエルンは、60分にキミッヒの仕掛けからソユンクのハンドを誘ってPKを獲得した。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって取り消されてしまう。それでも63分、ゴール正面の位置からチアゴの巻いたコントロールシュートが枠の右隅に決まって3-0とした。 ▽さらに75分、ミュラーがソユンクからボールを奪ってショートカウンターに転じると、パスを受けたボックス右のレヴァンドフスキが確実にシュートを決めて4-0とした。終了間際にはキミッヒにもゴールの生まれたバイエルンがハインケス就任後初戦を大勝で飾り、3試合ぶりの勝利としている。 2017.10.15 00:31 Sun
twitterfacebook
thumb

10人のフライブルクを攻めあぐねたドルトムント、低調ゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第3節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽代表ウィーク前の前節ヘルタ・ベルリン戦を2-0と快勝し、2連勝スタートとしたドルトムントは、水曜日にアウェイでのチャンピオンズリーグ(CL)・トッテナム戦を控える中、負傷明けのシュメルツァーを先発で起用した以外は過去2戦と同様のスタメンを送り出した。コンディション不良により一足早く代表を後にした香川は引き続きベンチスタートとなった。 ▽前節ライプツィヒに1-4と完敗したフライブルク相手にドルトムントは6分にピンチ。ラヴェのパスを受けたボックス右のクラインディーンストに枠内シュートを浴びるも、GKビュルキが好守で阻止した。 ▽その後も攻めあぐねるドルトムントは立て続けに負傷者に見舞われる。まずは17分にバルトラが負傷してトプラクとの交代を強いられると、27分にはラヴェに右足首をスパイクされたシュメルツァーが負傷。ザガドゥとの交代を強いられた。 ▽このプレーによってラヴェが一発退場となったフライブルクに対し、ドルトムントが引き続き押し込むと、40分にシャヒンのミドルシュートが枠を捉えるもGKにセーブされる。 ▽迎えた後半も一方的に押し込んだドルトムントは、64分にようやく決定機。しかし、ボックス左からのM・フィリップのシュートはわずかに枠の右上に外れる。 ▽その後も攻めあぐねるドルトムントは78分、ゲッツェに代えてデビュー戦となるヤルモレンコを投入。すると81分に決定機を演出した。シャヒンのフィードに反応したボックス右のピシュチェクがヘディングシュート。だが、わずかに枠の左に外れた。 ▽これ以降チャンスは生み出せず、低調ドルトムントはゴールを奪えずにタイムアップ。開幕からの連勝が2でストップした。 2017.09.10 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

フライブルク、ヤングボーイズからMFヨリック・ラヴェを獲得…昨季は10G20A

▽フライブルクは26日、スイスのヤングボーイズからフランス人MFヨリック・ラヴェ(27)を獲得したことを発表した。背番号は16。 ▽グルノーブル出身のラヴェはサンテチェンヌやグラスホッパーを経て、昨夏ヤングボーイズに加入。同クラブで10番を背負って公式戦44試合に出場し、10ゴール20アシストをマークするなど存在感を放った。 ▽現ヘントの日本代表FW久保裕也ともプレーしていたラヴェは、加入の喜びを以下のようにコメントしている。 「フライブルクでの挑戦は、僕のキャリアの大きな1歩だ。僕はフライブルクのフットボールが好きなんだ。チームメイトや監督たちと働けることを本当に楽しみにしているよ」 2017.08.28 14:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーの2発などで昨季2位ライプツィヒが今季初勝利!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第2節、RBライプツィヒvsフライブルクが27日に行われ、ホームのライプツィヒが4-1で快勝した。 ▽開幕戦で共に勝利を逃した両者が今季初勝利を目指す一戦。前節、シャルケ相手にボールを持たされて攻めあぐねた末、少ない決定機をモノにされて0-2の敗戦を喫した昨季2位のライプツィヒは、昨季後半戦から対戦相手の徹底した対策が進む中、フランクフルトとの開幕戦をゴールレスドローで終わったフライブルクを相手にホーム開幕戦で勝利を目指した。 ▽立ち上がりから縦に速いお馴染みの高速アタックで相手を押し込むライプツィヒは9分、ボックス右でクロステルマンからのパスを巧みなファーストタッチで収め、絶妙な浮き球コントロールで切り返したオギュスタンが左足を振り抜くが、これはGKのビッグセーブに遭い、スーパーゴールとはならず。その後もヴェルナーやオギュスタンがカウンターからゴールに迫るが決め切れない。 ▽すると、ここまで防戦一方の展開を強いられたフライブルクが圧巻のコンビプレーで先制点を奪う。23分、左サイドで味方のヒールパスに抜け出したテラッツィーノがマイナスに折り返すと、これをニアの味方がDFを引き付けてのまたぎスルー。最後は中央に走り込んだニーダーレヒナーが正確なダイレクトシュートで流し込んだ。 ▽先制を許したライプツィヒは素早い攻守の切り替えとフォルスベリやケイタらの個人技で再三の決定機を創出するが、相手GKシュウォローの好守に阻まれて前半のうちに追いつくことはできなかった。 ▽それでも、後半に入って攻勢を見せるライプツィヒは48分、左CKの場面でキッカーのフォルスベリが入れたインスウィングのクロスをニアに飛び込んだヴェルナーが頭で合わせ、開始早々に同点に追いつく。これで完全に勢いづいたホームチームは55分、再びセットプレーの二次攻撃から右サイド深くでオギュスタンが入れた低いクロスをゴール前に攻め残っていたオルバンがワンタッチで流し込み、瞬く間に逆転した。 ▽切り札のペテルゼンら早々に交代枠3枚を切ったフライブルクに対して、得意のカウンターが面白いようにハマり出したライプツィヒは71分、オギュスタンのパスに抜け出したヴェルナーが快足を飛ばして左サイドを突破してボックス内に持ち込み、最後はニアポストに左足のシュートを突き刺す。さらに80分には2アシストのオギュスタンに代わって投入された新戦力のブルマがボックス手前左から圧巻のボレーシュートをゴール右上隅に突き刺し、移籍後初ゴールを奪った。 ▽その後、相手の退場で数的優位まで手にしたライプツィヒは、4-1のまま試合をクローズ。エースFWヴェルナーの2発にブルマのブンデス初ゴールも決まったライプツィヒが、ホーム開幕戦で大勝を飾り、今季初白星を手にした。 2017.08.28 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

フライブルクがカイザースラウテルンからドイツ人DFを獲得

▽フライブルクは22日、カイザースラウテルンに所属するドイツ人DFロビン・コッホ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間と移籍金については公表されていないが、ドイツ『Kicker』によれば移籍金は推定350万ユーロ(約4億5000万円)とのこと。 ▽アイントラハト・トリーアの下部組織出身であるロビン・コッホは、2014年にレギオナルリーガ(ドイツ4部)でトップチームデビュー。その後、2015年7月にカイザースラウテルンのリザーブチームであるカイザースラウテルンⅡへとフリートランスファーで加入すると、2016年9月にトップチーム昇格を果たした。昨シーズンは、ブンデスリーガ2部で24試合に出場している。 ▽カイザースラウテルンのスポーツディレクターを務めるクレメンス・ハルテンバッハ氏は、今回の件について以下のようにコメントしている。 「ロビン・コッホは、大きな才能を持っている選手だ。我々は長い間、彼の成長を追っていた。獲得できたことに嬉しく思うよ」 ▽また、カイザースラウテルンへの加入が決定したロビン・コッホは、以下のようにコメントしている。 「契約がスムーズに進んだことをとても嬉しく思うよ。ここに来た時から良いフィーリングを感じた。フライブルクへの移籍が僕にとって正しいステップであると確信しているよ」 2017.08.23 10:14 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング