ボルシアMG

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 ボルシアMG 31 9 4 9 30 34 -4 22

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-02-18
26:00
ブンデスリーガ
第23節
ボルシアMG vs ドルトムント
2018-02-24
23:30
ブンデスリーガ
第24節
ハノーファー vs ボルシアMG
2018-03-02
28:30
ブンデスリーガ
第25節
ボルシアMG vs ブレーメン
2018-03-10
26:30
ブンデスリーガ
第26節
レバークーゼン vs ボルシアMG
2018-03-17
23:30
ブンデスリーガ
第27節
ボルシアMG vs ホッフェンハイム

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.02.11
23:30
ブンデスリーガ
第22節
シュツットガルト 1 - 0 ボルシアMG
2018.02.03
26:30
ブンデスリーガ
第21節
ボルシアMG 0 - 1 ライプツィヒ
2018.01.26
28:30
ブンデスリーガ
第20節
フランクフルト 2 - 0 ボルシアMG
2018.01.20
23:30
ブンデスリーガ
第19節
ボルシアMG 2 - 0 アウグスブルク
2018.01.14
23:30
ブンデスリーガ
第18節
ケルン 2 - 1 ボルシアMG

基本データ

正式名称:ボルシア・メンヒェングラットバッハ

原語表記:Borussia VfL Monchengladbach

愛称:Fohlen(子馬)、Fohlenelf(子馬の妖精)

創立:1900年

ホームタウン:メンヒェングラットバッハ

チームカラー:緑、白

関連ニュース

thumb

土壇場で決勝点を挙げた新戦力ルックマン、ライプツィヒ監督「投入5分での交代を考えた」

3日に行われたブンデスリーガ第21節で、RBライプツィヒはボルシアMGとのアウェイ戦に1-0で勝利した。ラルフ・ハーゼンヒュッテル監督は試合後、決勝点を挙げたFWアデモラ・ルックマンのシューズを巡る意外な事実を明かしている。<br><br>リーグで7試合1勝と調子を落としていたライプツィヒだが、移籍市場最終日にエバートンから20歳のルックマンをレンタルで獲得。U-21イングランド代表でもあるその左ウイングは、ボルシアMG戦の78分に投入されると、89分に相手3人をかわしてシュートを突き刺し、ドイツデビューを飾った。<br><br>しかし、そんなルックマンはすぐにでも下げられる可能性があったようだ。ハーゼンヒュッテル監督は試合後の会見で、「モラ(ルックマン)を投入したが、ゴールを決めたときにまだピッチにいたことはラッキーだったね。ピッチで滑ってばかりいたので、5分後に交代しようと考えていたんだ」と苦笑。「イングランドから1足のシューズしか持ってきておらず、底が凸凹のそれを履くと聞かなかったのでね」と、トラクション性能が低い靴を選んでいたことを明かしている。<br><br>またドイツ誌『キッカー』が伝えたコメントでは、本人は「幸せだよ。特に勝ち点3を獲得できたことにね。それが一番大事なので」と試合を満足気に振り返っている。そしてプレミアリーグとブンデスリーガの違いについて、ドイツのサッカーは「より技術的」と語り、「いつもこの靴を履いてプレーするんだ。でもドイツのピッチはイングランドとは少し違うようだね。こっちの方が少し滑りやすいかもしれない」と微笑みながら付け足した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.05 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

新戦力ルックマンのデビュー弾でライプツィヒが暫定3位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第21節、ボルシアMGvsライプツィヒが3日に行われ、0-1でライプツィヒが勝利した。 ▽7位ボルシアMG(勝ち点31)と5位ライプツィヒ(勝ち点32)による上位を窺う両チームの対戦。共に勝利すればチャンピオンズリーグ出場圏内浮上が見えてくる一戦は序盤、ボルシアMGが前に出ていく。すると13分、T・アザールがボックス右で仕掛けてウパメカーノをかわしシュート。枠を捉えていたが、GKグラーチのセーブに阻まれた。 ▽やや押される入りとなったライプツィヒも15分に反撃。高い位置でボールを奪って、ボックス中央のブルマがシュート。決定的だったが、枠の右上を捉えていたシュートはGKシッペルのファインセーブに阻まれた。 ▽その後は一進一退の攻防が続き、互いにシュートに持ち込めない状況となる。結局、ハーフタイムにかけては互いにチャンスを作れずゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始30秒にN・ケイタが枠内シュートを浴びせたライプツィヒが押し気味に試合を進めると、60分にサビツァーがミドルシュートでGKシッペルを強襲。 ▽その後もライプツィヒが前がかる中、79分にはブルマに代えてエバートンから加入の新戦力ルックマンを投入すると直後、ボックス手前中央で得たFKをサビツァーが直接狙う。このシュートが枠の右上を捉えたが、ここもGKシッペルの好守に阻まれ、均衡を破れない。 ▽それでも終盤の89分、ライプツィヒがゴールをこじ開ける。バイタルエリア中央でパスを受けたルックマンがドリブルでボックス右に侵攻。グラウンダーのシュートをゴール左に流し込んでライプツィヒに待望のゴールをもたらした。これが決勝点となってライプツィヒが勝利。3試合ぶりの白星で暫定3位に浮上している。 2018.02.04 04:25 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルトが上位対決制して暫定2位に浮上!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第20節、フランクフルトvsボルシアMGが26日に行われ、ホームのフランクフルトが2-0で勝利した。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、MF鎌田大地はベンチ外となった。 ▽7位のフランクフルト(勝ち点30)と5位のボルシアMG(勝ち点31)による上位対決。直近2勝2分けと好調を継続するフランクフルトはゲームキャプテンの長谷部を公式戦4試合連続で起用した。 ▽長谷部をリベロで起用したフランクフルトは開始直後の5分にいきなり絶好機を作る。自陣からのロングカウンターで左サイドのレビッチに縦パスが繋がる。ここで豪快に持ち上がったレビッチがボックス左からゴール前に走り込むヴォルフに折り返す。だが、相手DFにディフレクトしたボールをヴォルフがワンタッチで合わすも、このシュートは枠の左に外れた。 ▽その後、15分過ぎにボルシアMGの守護神ゾンマーが負傷交代を強いられるアクシデントに見舞われた試合だが、時間の経過とともに互いに攻め手を欠くこう着状態に陥る。 ▽それでも、長谷部を中心に冷静なラインコントロールで相手に決定機を許さないホームチームは43分、相手陣内左サイドで縦パスを受けたチャンドラーが強引な突破からボックス内ライン際に持ち込んでマイナスのクロス。これをゴール前に走り込んだK・ボアテングがスライディングシュートで流し込み、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽フランクフルトの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。ヴェントを下げてヤンチュケをピッチに送り出し、システムをより攻撃的な[3-4-3]に変更。この交代で右ウイングバックに入ったヘアマンを起点に攻勢を仕掛けると、53分にはボックス中央のキュイサンスが枠内シュートを放つ。続く57分にはカウンターからボックス右に持ち込んだヘアマンが右足を振り抜くが、この決定的なシュートはクロスバーを掠めて枠外に外れた。 ▽その後もボルシアMGが押し込む展開が続く中、77分にはボックス内でDFチャンドラーがシュート体勢に入っていた相手を倒してしまい、ボルシアMGにPKが与えられる。しかし、キッカーのトルガン・アザールの右足シュートはクロスバーを叩き、絶好の同点機をモノにできない。 ▽相手のミスで同点を免れたフランクフルトは試合終盤に入っても劣勢を強いられるが、最後の最後に試合を決める2点目を奪う。後半アディショナルタイム2分、前がかりな相手に対してカウンターに転じて中央でDFを引きつけたバルコクがボックス左でフリーのヨビッチへパス。これをヨビッチが冷静に流し込み、途中出場の2選手の連係から貴重な追加点を奪った。そして、苦しみながらもボルシアMGとの上位対決を2-0で制したフランクフルトが5戦負けなしで暫定2位に浮上した。 2018.01.27 06:47 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、スイス代表DFエルベディと2021年まで契約延長

▽ボルシアMGは24日、スイス代表DFニコ・エルベディ(21)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽右サイドバックとセンターバックをこなすDFのエルベディは、2015年夏にチューリッヒからボルシアMGに移籍。ボルシアMGではこれまで公式戦80試合に出場し、今季はブンデスリーガで18試合に出場して1ゴール2アシストを記録。主力として活躍している。 ▽2016年5月にデビューしたスイス代表ではこれまで4試合に出場している。 2018.01.24 23:42 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫不出場のケルン、古巣復帰のテローデのラストプレー弾で劇的2連勝《ブンデスリーガ》

▽ケルンは14日、ブンデスリーガ第18節でボルシアMGとのホーム戦に臨み、2-1で勝利した。ケルンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ウインターブレイク前の前半戦最終戦となったヴォルフスブルク戦でようやく今季初勝利を飾った最下位ケルン(勝ち点6)は、この冬にシュツットガルトから獲得し、5年ぶりの復帰となったテローデを先発で起用。肺炎でウインターブレイク前のリーグ戦2試合を欠場していた大迫はベンチスタートとなった。 ▽6位ボルシアMG(勝ち点28)に対し、押し込まれる展開となったケルンは、13分にシュティンドルに枠内シュートを浴びせられる。続く17分にはCKの流れからクラマーに決定的なシュートを許したが、枠を外れて助かった。 ▽その後もボルシアMGがポゼッションを高めていく中、28分にはカウンターからT・アザールがケルンゴールに迫る。しかし34分、先制したのはここまで攻め手のなかったケルン。中央やや右の位置で得たFKをヨイッチがゴール前へ蹴り込むと、ゴールエリア左のソーレンセンが右ヒザで合わせたシュートがネットを揺らした。 ▽後半からグリフォに代えてラファエウを2トップの一角に投入し、T・アザールを左サイドに回した1点ビハインドのボルシアMGが、押し込む流れで試合は推移していく。 ▽そのボルシアMGが攻めあぐねる状況を強いられていたが、67分にT・アザールのヘディングシュートでゴールに迫ると、69分に同点に追いついた。シュティンドルのスルーパスでボックス中央に抜け出したヘアマンのシュートはGKホルンのファインセーブに阻まれ、ルーズボールをボックス右のラファエウがシュート。これもゴール前のヘクターにブロックされたが、ルーズボールを再びラファエウが拾ってゴールへ蹴り込んだ。 ▽ケルンは失点直後、ソーレンセンがFKからゴールに迫ると、75分には途中出場のクレメンスがGKを強襲するシュートを浴びせる。しかし、終盤にかけてもボルシアMGが攻勢に出ると、86分には逆転のチャンス。T・アザールのスルーパスをボックス右で受けたJ・ホフマンがシュート。だが、わずかに枠の左に外れ、1-1のままタイムアップとなるかに思われた。 ▽ところが、ラストプレーとなった追加タイム5分、ラウシュの左クロスにテローデがヘッド。これがゴール右に決まり、ケルンが土壇場で勝ち越し。古巣復帰となったテローデの劇的ゴールでケルンが後半戦初戦を制し、2連勝としている。 2018.01.15 01:32 Mon
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング