サッスオーロ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 サッスオーロ 21 6 3 11 13 30 -17 20

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-01-21
23:00
セリエA
第21節
サッスオーロ vs トリノ
2018-01-28
セリエA
第22節
サッスオーロ vs アタランタ
2018-02-04
セリエA
第23節
ユベントス vs サッスオーロ
2018-02-11
セリエA
第24節
サッスオーロ vs カリアリ
2018-02-18
セリエA
第25節
ボローニャ vs サッスオーロ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.01.06
23:00
セリエA
第20節
ジェノア 1 - 0 サッスオーロ
2017.12.30
23:00
セリエA
第19節
ローマ 1 - 1 サッスオーロ
2017.12.23
23:00
セリエA
第18節
サッスオーロ 1 - 0 インテル
2017.12.20
23:00
コッパ・イタリア
5回戦
アタランタ 2 - 1 サッスオーロ
2017.12.17
23:00
セリエA
第17節
サンプドリア 0 - 1 サッスオーロ

基本データ

正式名称:USサッスオーロ・カルチョ

原語表記:Unione Sportiva Sassuolo Calcio s.r.l

創立:1922年

ホームタウン:サッスオーロ

チームカラー:緑、黒

関連ニュース

thumb

ローマが指揮官古巣相手に痛恨ドロー…好調サッスオーロはP・カンナバーロ引退試合に花を添える《セリエA》

▽セリエA第19節、ローマvsサッスオーロが30日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、ユベントスとの上位対決に敗れた4位のローマ(勝ち点38)は、年内最終戦となる今節、ホームに指揮官ディ・フランチェスコ監督である14位のサッスオーロ(勝ち点20)を迎えた。公式戦2連敗中のホームチームは、3試合ぶりの白星を目指すこの一戦に向けて先発2人を変更。ストロートマンとエル・シャーラウィに代わって、古巣初対戦のペッレグリーニ、シックを起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むローマは、中央を徹底的に締めるアウェイチームに対して、コラロフやペッレグリーニのクロスを起点に攻め手を窺う。しかし、やや単調な形から上げられるクロスは現役引退試合で意気込むDFパオロ・カンナバーロを中心とした相手守備にことごとく跳ね返される。 ▽時間の経過とともに攻めあぐねる場面が目立つローマだったが、31分にゴールをこじ開ける。左サイドで仕掛けたペロッティが中央にグラウンダーのパスを供給。ここでシックのトラップミスを拾ったゼコがDFを背負いながら左でフリーのペッレグリーニへ丁寧に落とすと、最後はペッレグリーニが左足で古巣のゴールへ流し込んだ。 ▽その後、前がかりになってきたサッスオーロの反撃を受けながらも冷静に対応するローマは、前半終了間際の44分にボックス内で縦に仕掛けたコラロフにシュートチャンスも、ここは精度を欠き前半のうちに2点目を奪うことはできなかった。 ▽迎えた後半、1点リードのローマは前半終盤に負傷したマノラスに代えてハーフタイム明けにファン・ジェズスを投入。さらに49分には負傷か、戦術的な理由かシックを下げてエル・シャーラウィを続けてピッチに送り出す。 ▽後半に入ってなかなかリズムを掴めないローマは57分に相手のカウンターからラグサにボックス内への侵入を許すが、ここは相手のシュートミスに助けられる。それでも、65分にはコラロフがゴールラインぎりぎりで折り返したボールをニアのエル・シャーラウィがワンタッチで合わすが、これは相手GKの好守に遭う。 ▽この決定機をキッカケに攻勢を強めるローマは、71分に波状攻撃からルーズボールを回収したデ・ロッシのスルーパスに抜け出したゼコが左足の強烈なシュートをネットに突き刺すが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。さらに75分には左サイドからカットインしたゼコが右足を振り抜くが、シュートはわずかに巻き切らず、枠の右へ外れる。 ▽すると、ここまで攻守に奮闘を見せていたサッスオーロに追いつかれる。78分、右サイドからのクロスがファーサイドに流れると、これを拾ったペルーゾに高速クロスを許す。これをゴール前のミッシローリに頭で流し込まれた。 ▽ホームで勝ち点逸は許されないローマは、失点後の81分にペッレグリーニを下げてジェンギズを投入。すると85分にはゼコの浮き球パスに反応したフロレンツィがゴール前に飛び出してGKの頭上を抜くチップキックでゴールネットを揺らす。しかし、オルサート主審がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認を行うと、ゴールシーンでオフサイドポジションのジェンギズがプレーに関与したとの判定でゴールは認められず。 ▽その後、決死の猛攻を見せるローマは、試合終了間際にパワープレーからフロレンツィ、ファシオに続けてシュートチャンスが訪れるも、いずれも枠に飛ばすことができず。試合はこのまま1-1でタイムアップ。ホームで指揮官の古巣相手に痛恨ドローのローマは、公式戦3戦未勝利で2017年の戦いを終えることになった。一方、イアキーニ新体制以降、粘り強い戦いを見せるサッスオーロは連勝が「3」でストップも難敵相手の価値あるドローでパオロ・カンナバーロの現役最後の試合に花を添えた。 2017.12.31 01:01 Sun
twitterfacebook
thumb

パオロ・カンナバーロが現役引退!! 兄・ファビオが率いる広州恒大のコーチ就任へ

▽サッスオーロは28日、イタリア人DFパオロ・カンナバーロ(36)が現役を引退することを発表した。 ▽ナポリのユースからトップチームに昇格し、2014-15シーズンからサッスオーロでプレーするパオロ・カンナバーロ。同チームではここまで5シーズンを過ごして公式戦112試合1ゴールを奪う活躍を見せていた。 ▽しかし、実の兄である元イタリア代表のファビオ・カンナバーロが、広州恒大の指揮官に2年ぶりに復帰したことを受けて、同チームでのコーチ就任が噂されている。そのために、現役を引退する決断を下したようだ。同選手は次のように語っている。 「ピッチ上や、ピッチ外でも生き様をみせたかった。ただ、僕自身は野心が強く、今回の決定を受け入れてくれたクラブには本当に感謝しているよ。このクラブには素晴らしい価値観がある。他のクラブでは見られなかったものであり、僕の家のように感じる」 「現役最後となる土曜日の試合は奇妙な気分になるだろうね。フィールドに立って全てを見逃さないようにしたい」 ▽また、中国での新たなキャリアについても語っている。 「僕にとっては新しい都市だね。今はここでの最後の試合に向けて集中しているけれど、新しいキャリアについても準備している段階だ。僕が知っているサッカーの知識を伝えてきたい。中国語は難しいけれど、英語でコミュニケーションを取れるはずだ」 「兄とは一緒の時間を過ごしてこなかった。再び一緒に働けることを嬉しく思っているよ。僕にチャンスを与えてくれたので、それを逃さないようにしたんだ」 2017.12.29 09:02 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディPK失敗のインテルが痛恨の2連敗、長友は出場せず《セリエA》

▽インテルは23日、セリエA第18節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗戦した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節はウディネーゼにホームで1-3と敗戦して今季初黒星を喫し、首位から3位に転落したインテル(勝ち点40)は、ウディネーゼ戦のスタメンから2選手を変更。ヴェシーノとサントンに代えてガリアルディーニとカンセロを起用し、長友は6試合連続ベンチスタートとなった。 ▽2連勝中の14位サッスオーロ(勝ち点17)に対し、カンセロを右サイドバックに、ダンブロージオを左サイドバックに据えたインテルがボールを保持する展開となると、7分にカンドレーバが枠内シュートを浴びせれば、直後にもCKからシュクリアニルがヘディングシュートを浴びせてゴールに迫った。 ▽その後もハーフコートゲームを展開したインテルは、25分にチャンス。右クロスに合わせたペリシッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKコンシーリのセーブに阻まれてしまう。しかし34分、一瞬の隙を突かれて失点してしまう。ポリターノに右サイドを持ち上がられてクロスを入れられると、ファーサイドのファルシネッリに頭で押し込まれた。 ▽失点後、ベラルディにも枠内シュートを浴びせられたインテルは、ハーフタイムにかけてはチャンスを作れず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からブロゾビッチに代えてエデルを投入したインテルは、開始3分にカンセロのクロスがボックス内のアチェルビのハンドを誘ってPKを獲得する。しかし、キッカーのイカルディが枠の左を狙ったシュートはGKコンシーリのセーブに阻まれてしまう。 ▽さらに55分、カンドレーバが枠内シュートを浴びせたインテルだったが、その後は攻めあぐねてしまう。 ▽目立ったチャンスを作れない中、77分に負傷したダンブロージオに代えてダウベルト・エンリケを投入したインテルは81分、ポリターノにGKハンダノビッチを強襲されてしまう。 ▽ひやりとしたインテルは85分、イカルディの頭での落としに反応したエデルがボレー。しかし、わずかに枠の左に外れ、0-1のまま敗戦。インテルは痛恨の2連敗を喫し、サッスオーロは3連勝とした。 2017.12.24 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

サッスオーロがブッキ監督を解任、後任はイアキーニ監督

▽サッスオーロは27日、クリスティアン・ブッキ監督(40)を解任したことを発表した。併せてジュゼッペ・イアキーニ監督(53)の就任を発表している。契約期間は2019年6月までとなっている。 ▽昨季、セリエBでペルージャを5位に導いた手腕を評価され、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ前監督の後を受けて、今季からサッスオーロの指揮官に就任したブッキ監督だったが、セリエAでは14試合を戦って9敗を喫し、降格圏の18位SPALと1ポイント差の16位に沈み、ホームでは未勝利が続いていた。 ▽後任のイアキーニ監督はこれまでサンプドリアやシエナ、パレルモなどを歴任。昨季途中の10月に解任されるまでウディネーゼを率いていた。 2017.11.27 22:31 Mon
twitterfacebook
thumb

解任危機のモンテッラ、サッスオーロ戦勝利で一先ず満足「ミランはこれから良くなる」

ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラは5日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。<br><br>ミランは今シーズンのセリエAにおいて1カ月ほど勝利に見放されるなど成績が低迷した上、2日に行われたヨーロッパリーグのAEKアテネ戦ではスコアレスドローに終わった。指揮官解任の可能性が報じられる中、注目された5日の第6節サッスオーロ戦はDFアレッシオ・ロマニョーリおよびFWスソのゴールによりミランが2-0で勝利した。これによりモンテッラの解任問題はひとまず先送りとなった。サッスオーロ戦において思い通りのゲームを進めることに成功した指揮官は満足感を口にしている。<br><br>「素晴らしい試合ができて私は満足している。このチームの特徴、クオリティをすべて表現できた。もちろん改善していかなければならない部分はある。他チームがどんどん歩みを進める中、順位表で後れを取っている。仮に負けるべきではない試合で取りこぼしをしていなかったとしても、後れを取っていただろうことに変わりはない。私はこれまでこれほどクオリティの高いチームを指揮したことはなく、決して落胆などしていない」<br><br>「このチームがこれから良くなっていくことは間違いない。(レオナルド)ボヌッチ、(ルーカス)ビリア、(ニコラ)カリニッチは経験もある選手たちだが、さらに成長できるだろう。私はこのチームを信じている。他チームの成績にもよるが状況がひっくり返る可能性もある。引き続き成長を続けていきたい。このチームの実力を示すことができれば、後半戦、運命が変わる可能性がある」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.06 18:19 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング