超ワールドサッカー

サッスオーロ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 サッスオーロ 46 13 7 18 58 63 -5 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.28
27:45
セリエA
第38節
トリノ 5 - 3 サッスオーロ
2017.05.21
22:00
セリエA
第37節
サッスオーロ 6 - 2 カリアリ
2017.05.14
19:30
セリエA
第36節
インテル 1 - 2 サッスオーロ
2017.05.07
22:00
セリエA
第35節
サッスオーロ 2 - 2 フィオレンティーナ
2017.04.30
22:00
セリエA
第34節
エンポリ 1 - 3 サッスオーロ

基本データ

正式名称:USサッスオーロ・カルチョ

原語表記:Unione Sportiva Sassuolo Calcio s.r.l

創立:1922年

ホームタウン:サッスオーロ

チームカラー:緑、黒

関連ニュース

thumb

サッスオーロがパオロ・カンナバーロらベテラン4選手と契約延長

▽サッスオーロは22日、MFダビデ・ビオンディーニ(34)、DFパオロ・カンナバーロ(35)、MFフランチェスコ・マニャネッリ(32)、GKジャンルカ・ペーゴロ(36)との契約延長を発表した。 ▽クラブの発表によると、ビオンディーニ、P・カンナバーロ、ペーゴロは2018年6月30日まで、マニャネッリは2019年6月30日までの契約延長とのことだ。 ▽ビオンディーニは、2014年7月にジェノアからサッスオーロに加入。今シーズンはセリエAで14試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 ▽P・カンナバーロは2014年7月にナポリから加入。今シーズンはセリエAで18試合出場1ゴール、ヨーロッパリーグで3試合に出場していた。 ▽マニャネッリは2005年からサッスオーロでプレー。今シーズンはセリエAで15試合に出場し1ゴール、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。 ▽ペーゴロは2013年9月にシエナからサッスオーロに加入。今シーズンはセリエAで1試合、ヨーロッパリーグで1試合に出場していた。 2017.06.22 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

サッスオーロが新監督にブッキ氏を招へい…今季はペルージャで指揮

▽サッスオーロは20日、新監督にクリスティアン・ブッキ氏(40)を招へいしたことを発表した。 ▽ブッキ氏は、現役時代にナポリやシエナ、ボローニャ、カターニャ、ペスカーラ、カリアリなどでプレー。セリエAでは通算59試合に出場し11ゴール、セリエBでは322試合に出場し105ゴールを記録。2011年7月にナポリで現役を引退していた。 ▽現役引退後はペスカーラU-19で監督のキャリアをスタート。2013年3月からはトップチームを指揮。今シーズンはセリエBでペルージャを率い5位でフィニッシュしていた。 ▽サッスオーロは今シーズンまでチームを率いていたエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が退任し、ローマの新指揮官に就任していた。 2017.06.20 21:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、メルテンス2戦連発も主将ハムシクのミスなどで格下相手に痛恨ドロー…《セリエA》

▽セリエA第33節、サッスオーロvsナポリが23日にマペイ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽2位ローマ(勝ち点72)と熾烈なチャンピオンズリーグ(CL)ストレートイン争いを繰り広げる3位ナポリ(勝ち点70)は、2戦無敗の15位サッスオーロ(勝ち点35)とのアウェイゲームに臨んだ。サッリ監督はこの一戦に向けて前節のウディネーゼ戦と同じスタメンを起用。3トップはカジェホン、メルテンス、インシーニェのお馴染みの3選手が起用された。 ▽立ち上がりからアウェイのナポリがボールを保持する展開が続くが、集中して守るサッスオーロの守備に苦戦し、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、31分には高い位置でのパスカットからボックス左に抜け出したメルテンスの折り返しをファーに飛び込んだカジェホンが右足で蹴り込むが、これはサイドネットを叩く。直後の32分にも相手のミスからペナルティアーク付近のハムシクにシュートチャンスも、今度はGK正面を突いた。 ▽続けざまのミスからピンチを招いたサッスオーロだったが、こちらも反撃を開始。34分にはカウンターからボックス付近で時間を作ったデフレルから横パスを受けたベラルディがボックス右から得意の角度で左足を振り抜くが、これは枠の左に外れる。さらに、立ち上がりから相手の高い最終ラインの裏を狙うホームチームは36分、ゴール前に飛び出したデフレルに決定機もトラップ際をDFクリバリに触られ、チャンスを生かせず。 ▽前半終盤にかけて打ち合いの様相を呈しながらもゴールレスで折り返した中、先に動きを見せたのはサッスオーロ。ペッレグリーニ、デフレルを前半で下げてハーフタイム明けからマトリ、マッツィテッリを同時投入した。 ▽一方、後半も立ち上がりから攻勢に出たナポリは、52分にゴールをこじ開ける。カウンターから味方のスルーパスに抜け出したカジェホンがボックス右から折り返すと、ゴール前に飛び込んだメルテンスが頭で流し込んだ。2試合連続ゴールのメルテンスは、このゴールでキャリアハイのリーグ戦22得点目となった。 ▽幸先良く先制に成功したナポリだったが、主将ハムシクの痛恨ミスで同点に追いつかれる。59分、自陣ボックス手前中央のハムシクがルーズボールを頭でGKにバックパスを試みると、これをベラルディにかっさらわれてゴールに流し込まれた。 ▽思わぬ形から試合を振り出しに戻されたナポリは、すぐさまゴールを目指して前がかる。65分にはボックス手前の好位置で得たFKをメルテンスが直接狙うが、このシュートはクロスバーを叩く。さらに75分にはボックス左でカットインしたインシーニェが得意の角度から右足を振り抜くが、今度は右ポストを叩き、勝ち越しゴールとはならない。すると80分、ボックス付近で与えたセットプレーの流れからボックス左のライン際でラグサがマイナスに折り返したボールをマッツィテッリに右足で流し込まれ、まさかの逆転を許した。 ▽CLストレートインに向けて取りこぼしが許されないナポリは、ジエリンスキ、ミリクと続けて攻撃的なカードを切ると、85分に右CKからアルビオルがフリックしたボールをゴール前のミリクが左足で流し込み、同点に追いつく。勢いづくアウェイチームは、試合終盤にかけても猛攻を見せるが、ハムシクらの決定機を相手の身体を張ったブロックに阻まれ、試合は2-2でタイムアップ。格下サッスオーロ相手に痛恨ドローのナポリは、アウェイ戦の連勝が「6」でストップした。 2017.04.23 21:51 Sun
twitterfacebook
thumb

インモービレ弾とOGでラツィオがサッスオーロに薄氷の逆転勝利《セリエA》

▽ラツィオは1日、セリエA第30節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 ▽前節カリアリ戦を0-0と引き分けて連勝が4でストップした4位ラツィオ(勝ち点57)は、3位ナポリとの勝ち点差が6に広がった。そのラツィオは翌火曜日にローマとのコッパ・イタリア準決勝2ndレグを控える中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽積極的な入りを見せてきた15位サッスオーロ(勝ち点31)に対し、ラツィオは13分にビリアの直接FKで牽制。その後、ポゼッションを高めて主導権を握るかに思われたが、26分にPKを献上する。ロングフィードに抜け出したベラルディをGKストラコシャがボックス左で倒してしまった。このPKをベラルディに決められ、先制されてしまう。 ▽続く28分にはデフレルにロングフィードに抜け出されてGKと一対一となるも、枠を外れて助かったラツィオだったが、主導権を握れない状況が続く。 ▽それでも42分、フェリペ・アンデルソンのスルーパスに反応したインモービレがゴールエリア左へ侵入し、左足でゴール右へ流し込んだ。 ▽さらに45分、ルリッチがボックス左ゴールライン際から折り返したクロスにインモービレが合わせる決定機を演出。しかし、P・カンナバーロのスーパークリアに阻まれ、前半は1-1で終了した。 ▽迎えた後半、56分にインモービレがミドルシュートでGKを強襲したラツィオは、直後に2枚代えを敢行。ケイタとJ・ルカクを投入した。 ▽しかし、サッスオーロの守備を攻略しきれない状況が続き、1-1のまま試合は終盤へ突入する。それでもミリンコビッチ=サビッチが攻撃を牽引すると、83分に待望の逆転ゴールを奪う。 ▽ボックス右から途中出場のロンバルディが鋭いクロスを折り返すと、ペッレグリーニのオウンゴールを誘った。終盤、90分にペッレグリーニのヘディングシュートがバーを叩いて助かったラツィオはそのまま逃げ切り。勝利を取り戻し、3位ナポリとの勝ち点差を暫定3に縮めた。 2017.04.02 03:15 Sun
twitterfacebook
thumb

サラーの今季10点目にゼコが2戦連発! サッスオーロに逆転勝ちのローマが連勝で2位死守!《セリエA》

▽セリエA第29節、ローマvsサッスオーロが19日にスタディオ・オリンピコで開催され、ホームのローマが3-1で勝利した。 ▽前節、パレルモ相手に快勝し、公式戦の連敗を「3」でストップした2位ローマ。直近のヨーロッパリーグ・ラウンド16の2ndレグ、リヨン戦では2-1で勝利を飾るも、1stレグの敗戦が響きラウンド16での敗退が決定した。 ▽EL敗退からのバウンスバックが期待される今節では、3戦未勝利の15位サッスオーロをホームに迎えた。リヨン戦からのメンバー変更は4点。GKにシュチェスニーが戻り、マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ゼコに代わってエメルソン・パルミエリ、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィが先発に入り、システムは[3-5-2]を採用した。 ▽開始2分に相手の連係ミスからボックス内に侵入したサラーにいきなり決定機が訪れるが、ここはGKコンシーリのビッグセーブに阻まれる。さらに、こぼれ球をサラーがダイレクトで蹴り込むが、このシュートはサイドネットを叩いた。 ▽立ち上がりにいきなり決定機を演出したローマだったが、この直後にベラルディのクロスからデフレルに決定機を許す。すると9分、再び左サイドのベラルディのクロスから中央でポリターノがスルーして空けたスペースに入ってきたデフレルに見事な左足ダイレクトシュートをゴール左隅に流し込まれ、ホームで先制を許してしまった。 ▽すぐさま反撃に出るローマは、サラーのスピードを生かした攻めで相手の最終ラインに揺さぶりをかける。16分には右サイドでボールを受けたブルーノ・ペレスを起点にした攻めからサラーが丁寧に落とすと、パレデスがボックス手前で右足を一閃。地を這う弾道のミドルシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽早い時間帯に勝ち越したいローマは、19分にナインゴランがボックス右で折り返したボールがファーサイドに流れると、これをエメルソンが左足ダイレクトで合わすが、この強烈なシュートはクロスバーを叩く。さらに、29分にも再びボックス左でボールを持ったエメルソンが強烈な左足のシュートを狙う。 ▽一方、追いつかれたものの、前線からのハイプレスや3トップのスピードを生かした攻めで果敢にゴールを目指すサッスオーロは、20分に最終ライン裏へ抜け出したポリターノが際どいシーンを作ると、前半終盤にかけてもダンカンの折り返しからデフレルがヒールシュート、さらにこのプレーで得たCKの流れからポリターノが際どいミドルシュートも、GKシュチェスニーの牙城を破れない。 ▽このまま1-1のイーブンで前半終了かに思われたが、ローマが一瞬の隙を突いて勝ち越しに成功する。前半アディショナルタイム2分、ファシオからの絶妙なスルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがボックス内に持ち込んでシュート。これはGKに弾かれるも、こぼれ球を奪ったサラーが冷静に流し込み、今季リーグ戦10点目を奪った。 ▽ローマがリードして折り返した試合は、後半も打ち合いの様相を呈す。51分にはストロートマンのスルーパスに抜け出したサラーが、ボックス右から利き足とは逆の右足でファーポストを狙うが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽一方、後半に入って攻撃的右サイドバックのリロラを投入するなど、攻撃な布陣でゴールを目指すサッスオーロは、度々ボックス内を陥れてデフレルに決定機も、DFファシオとDFマノラスの好守に阻まれる。だが、攻勢を強める中でデフレルが負傷してしまい、マトリとの負傷交代を強いられた。 ▽一方、早い時間帯に追加点を奪って試合を決めたいローマは、60分にブルーノ・ペレスを下げて、ここまで温存していたエースFWゼコを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。ゼコは投入直後にいずれもセットプレーからヘディングシュートとボレーシュートでゴールに迫ると、さすがの決定力を発揮してチームに3点目をもたらす。 ▽68分、ボックス手前でDF3人を引きずりながら強引に仕掛けたゼコは、近くのストロートマンにボールを預けてゴール前に走り込む。ここにストロートマンから絶妙な浮き球のリターンパスが届き、最後はヒザを使ったワントラップから右足シュートを流し込み、2試合連続となる今季のリーグ戦21ゴール目を奪った。 ▽この3点目で試合を決めたローマは、殊勲のサラーとパレデスを下げてペロッティ、デ・ロッシを投入し、逃げ切り態勢に入る。その後は自身にゴールがほしいエル・シャーラウィやペロッティが積極的にゴールを狙うも、試合はこのまま3-1でタイムアップ。ホームで先制を許すなど、厳しい展開を強いられた一戦をサラーやゼコのゴールで逆転し、リーグ2連勝で2位キープに成功した。 2017.03.20 06:46 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング