サッスオーロ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 サッスオーロ 31 9 4 16 36 46 -10 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
25:00
セリエA
第30節
サッスオーロ vs ラツィオ
2017-04-08
25:00
セリエA
第31節
アタランタ vs サッスオーロ
2017-04-15
25:00
セリエA
第32節
サッスオーロ vs サンプドリア
2017-04-23
19:30
セリエA
第33節
サッスオーロ vs ナポリ
2017-04-30
セリエA
第34節
エンポリ vs サッスオーロ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.19
28:45
セリエA
第29節
ローマ 3 - 1 サッスオーロ
2017.03.12
20:30
セリエA
第28節
サッスオーロ 0 - 1 ボローニャ
2017.03.05
23:00
セリエA
第27節
クロトーネ 0 - 0 サッスオーロ
2017.02.26
23:00
セリエA
第26節
サッスオーロ 0 - 1 ミラン
2017.02.19
23:00
セリエA
第25節
ウディネーゼ 1 - 2 サッスオーロ

基本データ

正式名称:USサッスオーロ・カルチョ

原語表記:Unione Sportiva Sassuolo Calcio s.r.l

創立:1922年

ホームタウン:サッスオーロ

チームカラー:緑、黒

関連ニュース

thumb

サラーの今季10点目にゼコが2戦連発! サッスオーロに逆転勝ちのローマが連勝で2位死守!《セリエA》

▽セリエA第29節、ローマvsサッスオーロが19日にスタディオ・オリンピコで開催され、ホームのローマが3-1で勝利した。 ▽前節、パレルモ相手に快勝し、公式戦の連敗を「3」でストップした2位ローマ。直近のヨーロッパリーグ・ラウンド16の2ndレグ、リヨン戦では2-1で勝利を飾るも、1stレグの敗戦が響きラウンド16での敗退が決定した。 ▽EL敗退からのバウンスバックが期待される今節では、3戦未勝利の15位サッスオーロをホームに迎えた。リヨン戦からのメンバー変更は4点。GKにシュチェスニーが戻り、マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ゼコに代わってエメルソン・パルミエリ、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィが先発に入り、システムは[3-5-2]を採用した。 ▽開始2分に相手の連係ミスからボックス内に侵入したサラーにいきなり決定機が訪れるが、ここはGKコンシーリのビッグセーブに阻まれる。さらに、こぼれ球をサラーがダイレクトで蹴り込むが、このシュートはサイドネットを叩いた。 ▽立ち上がりにいきなり決定機を演出したローマだったが、この直後にベラルディのクロスからデフレルに決定機を許す。すると9分、再び左サイドのベラルディのクロスから中央でポリターノがスルーして空けたスペースに入ってきたデフレルに見事な左足ダイレクトシュートをゴール左隅に流し込まれ、ホームで先制を許してしまった。 ▽すぐさま反撃に出るローマは、サラーのスピードを生かした攻めで相手の最終ラインに揺さぶりをかける。16分には右サイドでボールを受けたブルーノ・ペレスを起点にした攻めからサラーが丁寧に落とすと、パレデスがボックス手前で右足を一閃。地を這う弾道のミドルシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽早い時間帯に勝ち越したいローマは、19分にナインゴランがボックス右で折り返したボールがファーサイドに流れると、これをエメルソンが左足ダイレクトで合わすが、この強烈なシュートはクロスバーを叩く。さらに、29分にも再びボックス左でボールを持ったエメルソンが強烈な左足のシュートを狙う。 ▽一方、追いつかれたものの、前線からのハイプレスや3トップのスピードを生かした攻めで果敢にゴールを目指すサッスオーロは、20分に最終ライン裏へ抜け出したポリターノが際どいシーンを作ると、前半終盤にかけてもダンカンの折り返しからデフレルがヒールシュート、さらにこのプレーで得たCKの流れからポリターノが際どいミドルシュートも、GKシュチェスニーの牙城を破れない。 ▽このまま1-1のイーブンで前半終了かに思われたが、ローマが一瞬の隙を突いて勝ち越しに成功する。前半アディショナルタイム2分、ファシオからの絶妙なスルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがボックス内に持ち込んでシュート。これはGKに弾かれるも、こぼれ球を奪ったサラーが冷静に流し込み、今季リーグ戦10点目を奪った。 ▽ローマがリードして折り返した試合は、後半も打ち合いの様相を呈す。51分にはストロートマンのスルーパスに抜け出したサラーが、ボックス右から利き足とは逆の右足でファーポストを狙うが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽一方、後半に入って攻撃的右サイドバックのリロラを投入するなど、攻撃な布陣でゴールを目指すサッスオーロは、度々ボックス内を陥れてデフレルに決定機も、DFファシオとDFマノラスの好守に阻まれる。だが、攻勢を強める中でデフレルが負傷してしまい、マトリとの負傷交代を強いられた。 ▽一方、早い時間帯に追加点を奪って試合を決めたいローマは、60分にブルーノ・ペレスを下げて、ここまで温存していたエースFWゼコを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。ゼコは投入直後にいずれもセットプレーからヘディングシュートとボレーシュートでゴールに迫ると、さすがの決定力を発揮してチームに3点目をもたらす。 ▽68分、ボックス手前でDF3人を引きずりながら強引に仕掛けたゼコは、近くのストロートマンにボールを預けてゴール前に走り込む。ここにストロートマンから絶妙な浮き球のリターンパスが届き、最後はヒザを使ったワントラップから右足シュートを流し込み、2試合連続となる今季のリーグ戦21ゴール目を奪った。 ▽この3点目で試合を決めたローマは、殊勲のサラーとパレデスを下げてペロッティ、デ・ロッシを投入し、逃げ切り態勢に入る。その後は自身にゴールがほしいエル・シャーラウィやペロッティが積極的にゴールを狙うも、試合はこのまま3-1でタイムアップ。ホームで先制を許すなど、厳しい展開を強いられた一戦をサラーやゼコのゴールで逆転し、リーグ2連勝で2位キープに成功した。 2017.03.20 06:46 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、今夏のベラルディ獲得が内定か

▽インテルが、今夏の移籍市場でサッスオーロのU-21イタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(22)の獲得を内定させたようだ。イタリア『Il Giornale』が報じている。 ▽2013年にセリエAに昇格したサッスオーロで2シーズン連続15ゴール以上を挙げる大活躍をみせ、一躍イタリアの次代を担う若手アタッカーとして注目を集めたベラルディ。以前はサッスオーロと友好関係を築くユベントスとの共同保有という形の契約を取っており、2016年夏にはユベントス移籍が既定路線となっていたものの、結局サッスオーロ残留という道を選択した。 ▽だが、『Il Giornale』の伝えるところによれば、新オーナーとなった中国『蘇寧グループ』から今夏に2億ユーロ(約238億円)の補強資金を与えられるといわれるインテルが、今夏のステップアップを目指すベラルディ獲得に着手したという。そして、既にベラルディ、サッスオーロ双方と移籍に向けた交渉で合意を取り付けたようだ。 ▽なお、先日のミラン戦でPKを失敗したものの、“ミランキラー”として知られるベラルディのインテル加入が実現した場合、来シーズンの“ミラノ・ダービー”ではそのプレーに大きな注目が集まることになるはずだ。 2017.03.01 01:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ベラルディのPK失敗に救われたミラン、苦手サッスオーロにPKの一発で辛勝《セリエA》

▽ミランは26日、セリエA第26節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。ミランMF本田圭佑はベンチ入りも出場はしなかった。 ▽前節フィオレンティーナ戦を2-1と競り勝った7位ミラン(勝ち点44)が、マペイ・スタジアムで3戦3敗と苦手とする12位サッスオーロ(勝ち点30)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽前節に続いてホセ・ソサを中盤アンカーに据え、3トップに右からスソ、バッカ、デウロフェウと並べる[4-3-3]で臨んだミランは、互角の攻防で立ち上がった中、11分にPKを献上する。クツカがボックス内でダンカンと入れ替わってしまい、思わず倒してしまった。しかし、キッカーのベラルディが枠の右に外し、失点を免れる。 ▽助かったミランは14分、FKの流れからデウロフェウが強烈な枠内シュートでGKを強襲。続く18分にもデウロフェウがバッカとのワンツーから決定的なシュートを浴びせると、21分にPKを獲得した。ベルトラッチがボックス内でうまく前を向いたところでアクイラーニに足を蹴られた。これをキッカーのバッカは軸足を滑らせながらも決めてミランが先制した。 ▽先制後、サッスオーロの圧力に押し込まれる展開を強いられたものの、凌いだミランは41分にバッカがヘディングシュートでネットを揺らすも、わずかにオフサイドでノーゴールの判定に。前半は1点のリードで終了した。 ▽迎えた後半もサッスオーロに押される展開の中、ミランは54分にCKからクツカがヘディングシュートでゴールに迫る。しかし、引き続きサッスオーロの圧力を受ける流れとなり、劣勢が続く。 ▽耐えたミランは81分、久々に決定機。相手CKを防いだロングカウンターからスソがボックス右へ侵入。決定的なシュートに持ち込むも、GKコンシーリのファインセーブに阻まれた。さらに1分後にはCKからサパタのヘディングシュートでゴールに迫ると、終了間際にもスソが決定的なシュートを浴びせたミランが、追加点こそ奪えなかったものの1-0で逃げ切り勝利。2連勝とし、上位を追走している。 2017.02.27 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

イグアインの6試合連続弾などでユベントスがサッスオーロに快勝《セリエA》

▽ユベントスは29日、セリエA第22節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 ▽前節ラツィオ戦を快勝した首位ユベントス(勝ち点48)は、4日前に行われたコッパ・イタリア準々決勝のミラン戦を2-1と勝利。そのユベントスはミラン戦のスタメンから4選手を変更。GKブッフォンやキエッリーニ、アレックス・サンドロらがスタメンに戻り、公式戦3試合連続でマンジュキッチを左サイドハーフで起用する[4-2-3-1]の攻撃的な布陣で臨んだ。 ▽ベラルディやポリターノら主力が復帰して2連勝中の14位サッスオーロ(勝ち点24)に対し、やや不安定な立ち上がりを見せたユベントスだったが、9分に先制する。マンジュキッチのヒールパスに抜け出した左サイドのアレックス・サンドロの鋭いクロスに、イグアインがダイレクトで合わせてネットを揺らした。 ▽イグアインのリーグ戦6試合連続ゴールで先手を取ったユベントスは、自陣に引いてサッスオーロの攻撃を受け止めていく。すると21分には左サイドのスペースを突いたマンジュキッチのクロスをイグアインが合わせる決定機を演出するも枠を捉えきれない。 ▽それでも25分、ショートカウンターに転じて追加点を奪いきる。イグアインがP・カンナバーロからボールを奪って左サイドからクロスを送ると、ディバラがスルー。ボックス中央でフリーとなっていたケディラが難なくゴール右へシュートを流し込んだ。 ▽2点をリードしたユベントスは引き続き自陣に引いてサッスオーロの攻撃を受け止めながら時間を進める。何度か自陣での危険なミスパスが散見されたものの、ピンチを迎えることなく2点をリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半、左サイドのマンジュキッチが起点となって立ち上がりから攻勢を強めたユベントスは54分、ディラバのミドルシュートが右ポストを直撃。続く57分にはピャニッチのミドルシュートでGKを強襲するも、直後にポリターノとマトリに立て続けに枠内シュートを浴びるピンチを迎える。しかし、この局面をGKブッフォンが好守で凌ぎ、2点のリードを保った。 ▽サッスオーロが58分にデフレルとダンカンを投入する2枚代えを敢行してきたのに対し、69分にイグアインがGKを強襲するシュートを浴びせたユベントスは、ボールを保持して試合をコントロール。終盤にかけてディバラをお役御免としたユベントスがサッスオーロの反撃を許さずにシャットアウト。勝ち点3を積み上げ、2位ローマとのポイント差を暫定4に広げた。 2017.01.30 00:56 Mon
twitterfacebook
thumb

アクイラーニがペスカーラからサッスオーロへ移籍! 昨年末に契約解消発表もレンタル移籍に

▽サッスオーロは3日、ペスカーラから元イタリア代表MFアルベルト・アクイラーニ(32)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="konami161228_ios" data-page-id-and="konami161228_and" data-height="180px"></span> ▽昨年8月にスポルティング・リスボンから1年契約でペスカーラに加入していたアクイラーニだったが、最下位に沈むチームの中でセリエAでは6試合の先発に留まっていた。昨年12月末にはペスカーラが双方合意の下での契約解消を発表していたが、給与の支払いなどの諸々の事情を考慮してレンタル移籍という形に切り替えたようだ。 ▽ローマユース出身のアクイラーニはリバプールやユベントス、ミランにフィオレンティーナなど名門クラブを渡り歩いてきた。 2017.01.04 00:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング