超ワールドサッカー

ケルン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 ケルン 49 12 13 9 51 42 9 34

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ケルン 2 - 0 マインツ
2017.05.13
22:30
ブンデスリーガ
第33節
レバークーゼン 2 - 2 ケルン
2017.05.05
27:30
ブンデスリーガ
第32節
ケルン 4 - 3 ブレーメン
2017.04.29
22:30
ブンデスリーガ
第31節
ドルトムント 0 - 0 ケルン
2017.04.21
27:30
ブンデスリーガ
第30節
ケルン 1 - 1 ホッフェンハイム

基本データ

正式名称:1.FCケルン

原語表記:FC Koln

愛称:ガイスベッケ(雄ヤギ)

創立:1948年

ホームタウン:ケルン

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

大迫勇也、来季のパートナーは?来季EL出場のケルンが武藤嘉紀・同僚の獲得に前進か

日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは、マインツからFW武藤嘉紀の同僚であるFWジョン・コルドバ(24)の獲得を狙っているようだ。ドイツ『ビルト』『キッカー』など複数メディアが報じた。<br><br>20日に行われたブンデスリーガ最終節でケルンはマインツを2-0で下し、来季ヨーロッパリーグ(EL)本選出場権が与えられる5位でシーズンを締めくくった。その試合後、歓喜に包まれるスタジアムで、ケルンのエースストライカーであるFWアントニー・モデストが感極まった姿を見せた。<br><br>そのため、以前から報じられてきたモデストをめぐる移籍話が再燃。ケルンとは2021年までの契約を結んでいる同選手だが、中国やイングランドのクラブ、または母国フランスのマルセイユが興味を示していると見られる。ケルンのヨルク・シュマットケGM(ゼネラルマネジャー)は「オファー次第で話し合う必要がある」と明言を避けるも、売却の可能性を否定していない状況だ。<br><br>そんななか、複数メディアでケルンはマインツでプレーするコロンビア人FWのコルドバの獲得を考えているという。『ビルト』は、マインツがモデストと同様、フィジカルに長けている同選手に対して求める移籍金は800万ユーロ(約10億円)程度と指摘。また、『キッカー』は、来季は3コンペティションに参戦するケルンはモデストが残留を決めた場合にも、コルドバを加える希望だと伝えている。<br><br>いずれにしても前線の補強で動きが予想されるケルン。マインツに関しても、マルティン・シュミット監督が解任され、武藤の立ち位置が変わる可能性も高い。いずれにしろ、両クラブの今夏の動向に注目したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.23 13:41 Tue
twitterfacebook
thumb

ゴールで締めくくった大迫勇也、来季EL出場で「僕自身も一つ上のレベルへ」

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也は、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得して喜びを露わにした。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。<br><br>ケルンは20日、ブンデスリーガ最終節でマインツと対戦。先発出場した大迫は1ゴール1アシストの活躍を見せ、2-0での勝利に大きく貢献した。試合後のインタビューに応じた大迫は、ヨーロッパリーグ出場権獲得について「素直によかったです。チームとしての目標だったので」と語り、喜んだ。また、得点についても「あのようなシチュエーションが来るだろうなと思っていたので、落ち着いて決められた」と振り返っている。<br><br>今シーズンについては「良い形で入ることができた」としながら、代表戦でのケガを悔やんだ大迫。それでも目線は先を向いている。<br><br>「来年につながると思うし、ELもあるし、試合数も増えるのでまた頑張りたいです。来季は今年以上の成績を残さないといけないと思います。新しい選手も取ると思うし、チームの中でもまた良い競争が生まれる。またそこで勝てれば、僕自身も一つ上のレベルにいけると思います」<br><br>シーズン最終戦で素晴らしいサポートを見せたファンについては「このサポーターと来年また一緒に、良いシーズンを送れたらいいと思います」と感謝しつつ、飛躍を誓った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 06:35 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫の今季7ゴール目などで完勝のケルンが来季のEL出場権を獲得!! 敗戦のマインツも1部残留が決定!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ最終節のケルンvsマインツが20日に行われ、2-0でケルンが勝利した。ケルンの大迫は88分までプレーし、87分に今季7ゴール目を記録した。マインツの武藤は62分からプレーした。 ▽8位ケルン(勝ち点46)が、本拠地ライン・エネルギエ・シュタディオンに13位マインツ(勝ち点37)を迎えた一戦。ヨーロッパリーグ(EL)出場へ勝利が絶対条件のケルンは、前節のレバークーゼン戦から先発を2人変更。スボティッチとビッテンコートに代えてラウシュと大迫が起用された。 ▽一方、引き分け以上でほぼ残留の決まるマインツは、前節のフランクフルト戦からスタメンを3人変更。G・ドナーティ、エツナリ、デ・ブラシスに代わりブンゲルト、クアイソン、ホルトマンが起用された。前節1ゴールを記録した武藤だが、フランクフルト戦に続きベンチスタートとなった。 ▽ポイントロスを避けたい両者の一戦は、互いに主導権を譲らない球際の激しい立ち上がりとなる。そんな中、まずはホームのマインツが仕掛ける。5分、ボージャンのパスを受けたコルドバがドリブルでボックス右手前まで持ち上がると、ミドルシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 ▽良い流れを掴みかけたマインツだったが、15分にアクシデント。右足太ももを痛めたバログンがピッチに座り込むと、プレー続行不可能となりハックとの交代を強いられた。 ▽ハーフタイムにかけては、ケルンが押し気味に試合を進める。36分、バイタルエリア中央でボールを受けた大迫がペナルティアーク左まで持ちこみ左足を振り抜く。このシュートは枠の上に外れたが、43分にケルンに待望の先制点が生まれる。 ▽左サイドからのスローインをバイタルエリア左付近の大迫が頭で繋ぐと、このボールに反応したヘクターがドリブルでボックス左まで持ち込みシュート。これがGKフートの脇をすり抜けゴール右に決まった。 ▽後半も主導権を握るケルンは57分、ヘクターのパスをペナルティアーク手前で受けたビッテンコートが反転から右足を振り抜いたが、このシュートはGKフートが正面でセーブ。 ▽後半に入り決定機を作り出せないマインツは62分、クアイソンを下げて武藤を投入。さらに75分にはブンゲルトに代えてエツナリをピッチに送り出した。対するケルンは79分、ビッテンコートを下げてS・ツォラーを投入した。 ▽すると87分、ケルンに決定機が生まれる。中盤でパスカットしたヨイッチが右サイドを持ち上がると、前線の大迫へスルーパス。バイタルエリア中央で受けた大迫がボックス中央まで持ち込み左足を振り抜くと、これがゴール右隅に決まった。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。大迫の今季7ゴール目などで最終節を飾ったケルンは、最終的に順位を5位まで上げ、来季のEL出場権を獲得。一方、残留争いに巻き込まれていたマインツは、同時刻に行われていた15位のヴォルフスブルクが16位ハンブルガーSVに1-2で敗戦したため、残留圏内の15位でシーズンを終えた。 2017.05.21 01:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ケルン大迫勇也、3試合ぶり出場も2点リード追いつかれ「もったいない」

ケルンに所属するFW大迫勇也は、レヴァークーゼン戦をドローで終えて悔しさをにじませた。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。<br><br>ケルンは13日、ブンデスリーガ第33節でレヴァークーゼンと対戦。大迫はベンチスタートとなった。試合はケルンが2点をリードしながら、ホームのレヴァークーゼンが意地を見せて、2-2で終了。後半頭から出場し、3試合ぶりの実戦となった大迫は「もったいない」と振り返る。<br><br>「後半の入りは良かったんですけどね。2点目を取って3バック(5バック)にしてからは、相手が攻撃し放題になったというか&hellip;。あのまま続けていたほうが良かったのかも知れないですけど、それは結果論ですからね」<br><br>「もったいないですね。でも切り替えて最終節もまた頑張ります」<br><br>勝ち点1を積み上げたケルンは7位に浮上。6位フライブルクとは2ポイント差で、最終節にヨーロッパリーグ出場権を目指し、マインツと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.14 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫が後半から出場のケルン、レバークーゼンに2点差追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

▽ケルンは13日、ブンデスリーガ第33節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也は後半から出場している。 ▽前節ブレーメンとの打ち合いを制してヨーロッパリーグ出場圏内の6位ヘルタ・ベルリンに1ポイント差に迫った7位ケルン(勝ち点46)が、残留をほぼ確実としている12位レバークーゼン(勝ち点38)のホームに乗り込んだライン・ダービー。 ▽扁桃腺炎から復帰したものの大迫を2試合連続ベンチスタートとしたケルンは8、10分と立て続けにゴール至近距離からのキースリンクのヘディングシュートでゴールを脅かされる。それでも、守護神ホルンのファインセーブで凌ぐと、14分に先制する。ゴール正面のヨイッチの放ったミドルシュートがイェドバイに当たってコースが変わり、ネットを揺らした。 ▽その後もレバークーゼンにボールを持たれたケルンは統制の取れた守備で凌ぐも、37分にピンチ。キースリンクに三度ヘディングシュートでゴールを脅かされた。しかし、ここもGKホルンがファインセーブで阻止。さらに右クロスからまたもキースリンクにヘディングで狙われたが、右ポストに救われた。 ▽後半から大迫をフラットな[4-4-2]の2トップの一角に投入したケルンが49分に追加点を奪う。クランターがドリブルでボックス右へ進入。シュートを放つと、GKレノの脇をすり抜けてネットを揺らした。 ▽しかし60分、ケルンは左クロスをキースリンクにヘディングで押し込まれ、1点差に詰め寄られると、その後も守備に追われる中、71分に試合を振り出しに戻される。ハフェルツの左クロスをポヒャンバロにヘディングで合わせられた。 ▽終盤にかけても劣勢が続いたケルンだったが、何とか凌いで2-2でタイムアップ。勝ち点1を積み上げてEL出場権獲得に望みを繋いだ。なお、ケルンは最終節、残留をほぼ決めているマインツとホームで対戦する。 2017.05.14 04:33 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング