ナント

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 ナント 34 10 4 7 19 20 -1 21

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-01-20
25:00
リーグ・アン
第22節
ナント vs ボルドー
2018-01-28
リーグ・アン
第23節
ギャンガン vs ナント
2018-02-04
リーグ・アン
第24節
カーン vs ナント
2018-02-11
リーグ・アン
第25節
ナント vs リール
2018-02-18
リーグ・アン
第26節
ニース vs ナント

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.01.17
27:00
リーグ・アン
第21節
トゥールーズ 1 - 1 ナント
2018.01.14
29:00
リーグ・アン
第20節
ナント 0 - 1 パリ・サンジェルマン
2017.12.20
28:50
リーグ・アン
第19節
アミアン 0 - 1 ナント
2017.12.17
23:00
リーグ・アン
第18節
ナント 1 - 0 アンジェ
2017.12.10
25:00
リーグ・アン
第17節
ナント 1 - 2 ニース

基本データ

正式名称:FCナント

原語表記:Football Club de Nantes

愛称:カナリア

創立:1943年

ホームタウン:ナント

チームカラー:黄・緑

関連ニュース

thumb

フランスサッカー連盟が、選手を蹴り、イエローカードを提示したチャプロン主審を次節の担当から外すと発表

▽フランスサッカー連盟(FFF)は15日、渦中のトニー・チャプロン主審の処分を発表した。公式サイトで発表した。 ▽チャプロン主審は、14日に行われたリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)で主審を務めていた。0-1でPSGがリードして迎えた後半アディショナルタイムに事件が発生。ナントのブラジル人DFディエゴ・カルロスが守備に戻る際にチャプロン氏と交錯。倒れこんだチャプロン氏は、そのままカルロスの足を蹴り、さらにはイエローカードを提示。カルロスは2枚目のイエローカードを受けて退場となっていた。 ▽FFFは、主審の愚行に対してすぐさま処分を発表。チャプロン氏は、17日に行われるアンジェvsトロワの主審を務める予定だったが、担当から外すことを決定。また、懲戒委員会にすぐさま召集する予定とのこと。聴取を受けた後に、追加の処分も発表される可能性は高そうだ。 2018.01.15 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

前代未聞? ナント対PSG戦で仰天事件…主審が選手にキック見舞う報復行為

14日に行われたリーグ・アン第20節ナントvsパリ・サンジェルマンにおいて、主審が選手に報復行為を行う珍事件が発生した。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』など各メディアが伝えている。<br><br>FWネイマール不在のパリSGは12分、FWエディンソン・カバーニのアシストからMFアンヘル・ディ・マリアが先制点を挙げ、1点を守りきり勝利した。クラウディオ・ラニエリ率いるナントにとって、パリSGはこれまで15連敗を喫している相手だったが、後半、オフサイドにより得点が取り消されたものの好機を演出。さらなる失点を許すこともなく、まずまずパフォーマンスを見せている。<br><br>ところが91分、非常に珍しいハプニングが発生している。パリSGがカウンターで攻勢を仕掛ける場面において、主審のトニ・シャプロン氏がナントのDFジエゴ・カルロスと交錯。ブラジル人DFに押され、ピッチに倒れこんだ主審は、起き上がりざまに同選手にキックを見舞い、報復行為を行った。主審は続いて、ジエゴ・カルロスにイエローカードを提示。24歳のブラジル人選手はすでに29分にも警告を受けていたため、退場処分を受けることになった。怒りの収まらないジエゴ・カルロスは主審に抗議しようとしたが、チームメートになだめられてピッチを後にしている。なお『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、警告が主審に対するファウルによるものなのか、暴言によるものなのかは明らかになっていない。<br><br>ナント指揮官のラニエリは、「こんなことは初めて見た。主審は私の選手に蹴りを入れた。&ldquo;何をしているのか&rdquo;と言っただけなのに。主審には出場停止処分が下るだろうが、それにしてもこんなことはこれまでなかった」とコメント。現在66歳で長いキャリアを誇る監督だが、前代未聞の主審の行動に首を傾げた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.15 12:31 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGがディ・マリア弾で新年初戦を勝利で飾る《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、リーグ・アン第20節でナントと対戦し、1-0で勝利した。 ▽2018年初開催となったリーグ・アン。首位を走るPSG(勝ち点50)にとっても新年初試合となる中、5位につけるナント(勝ち点33)と対戦。現在リーグ戦3連勝中のPSGは、前節のカーン戦からスタメンを大幅に変更。GKアレオラに、守備ラインにはマルキーニョスや、ダニエウ・アウベスが並び、中盤にヴェッラッティ、ラビオら、そして前線にはカバーニ、ディ・マリア、ムバッペが起用された。 ▽試合は序盤から押し込むPSGが先制する。11分、カバーニがボックス手前右のムバッペにパスを送ると、ムバッペはこれをスルー。一瞬足が止まったナントDFの隙を突いてディ・マリアがボックス右からゴールに流し込んだ。 ▽幸先よく先制したPSGは、その後も支配率を高め、8割を超えるポゼッションを記録。ナントもカウンターでゴールに迫るがあと一歩のところでシュートを打てない。そんなナントにPSGは逆カウンターを発動。ラビオから前線のムバッペにパスが通ると、これを右のカバーニに展開。逆サイドから走り込んだディ・マリアにプレゼントパスを送るが、ディ・マリアはゴール目の前でふかしてしまった。 ▽PSGの1点リードで迎えた後半、まずチャンスを迎えたナントは48分、味方のクロスをジエゴ・カルロスがバックヘッド。だが、惜しくも枠を捉えることができなかった。さらに60分には、FKからサラがヘディングシュートを決めるがオフサイドの判定。ぬか喜びに終わった。 ▽後半の状況から1点では心許ないエメリ監督は、68分にカバーニを下げてムニエを投入。前線のテコ入れを図った。その後は互角の攻防が続き、試合終盤の85分にダニエウ・アウベスのクロスにムバッペが合わせるが、GKタタルサヌのファインセーブに遭いゴールには至らない。 ▽その直後には、途中出場のA・トマソン、デュボワにゴールに迫られたが、キンベンベが決死のクリア。後半アディショナルタイムにはジエゴ・カルロスが審判を故意に倒したとして2枚目のイエローカードが提示され退場に。その後間もなく試合は終了。前半のディ・マリアのゴールが決勝点となりPSGが1-0で勝利。2018年初戦を勝利で飾った。 2018.01.15 06:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ラニエリ、SNSで口撃のドメネクに「モラルない。彼のサッカー論は当てにならない」

ナントの指揮官クラウディオ・ラニエリは元フランス代表監督レイモン・ドメネクの挑発に苛立ちを見せた。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が23日、報じている。<br><br>ナントは18日、リーグ・アン第13節で首位パリ・サンジェルマンと対戦。守備的な戦術を敷いたにも関わらず、4失点を喫し敗れた。これに対し、ドメネクはツイッター上で「結局、メルセデスベンツのバス2台の作戦も小型車2台と変わらなかったようだ」と綴り、ラニエリが試合前に「ゴール前にバスを2台並べたい」と話していたことや、ヴァルダマー・キタ会長がラニエリをメルセデスベンツに例えていたことを皮肉った。<br><br>ラニエリは23日、レンヌ戦に向けた記者会見に出席した際、ドメネクの皮肉を一蹴した。<br><br>「批判は成長につながるので受け入れるが、それが誰の発言かにもよる。ドメネクの行動にはモラルがない。彼の意見はバスや演劇に関するものなら聞き入れるつもりだが、サッカーはありえない」<br><br>ドメネクは今夏、ラニエリのナント監督就任が報じられた際、当時65歳だった同監督について、フランスで指揮を執るには高齢すぎるとして反対した経緯がある。フランスリーグでは規定により65歳以上の監督の就任を認めていないものの、ラニエリの実績を考慮し特例として承認された。だが両者の間のしこりは現在も残っているようだ。<br><br>なおパリSG戦終了後、ラニエリはイタリア代表指揮官の候補に挙がった場合、応じる意向を示していたが、「他の人物を招聘すると思う。私はここで満足しており、ナントに集中している」と述べ、一歩後退する姿勢を見せた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.24 23:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ラニエリの気持ちは? イタリア代表監督就任オファーは「特別で美しいもの」

▽今シーズンからナントを率いるクラウディオ・ラニエリ監督(66)が取り沙汰されるイタリア代表監督就任に前向きな姿勢を示した。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽60年ぶりにワールドカップ本大会行きを逃したイタリアは、この責任を問う形でジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任。その後、何名かの後任候補が伝えられ、そのうちの1人としてラニエリ監督の名前も浮上している。 ▽かつて率いたレスター・シティをプレミアリーグ王者に導いた実績を持つラニエリ監督は、『Domenica Sportiva』のインタビューで、イタリア次期監督就任の噂について、次のようにコメントしている。 「自分の国から監督就任を要請させることは、特別なことで美しいものだ。私にとって、それは誇りの源。だが、まずは私じゃなく、ナントに聞いてみなければならない」 「どうやって立て直すか? 次の欧州選手権に我々の若手を連れて行く必要がある。その中で、彼らに競争の仕方を教えたり、ベストの尽くし方を教えないといけないね」 2017.11.21 13:50 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング