ハノーファー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 ハノーファー 22 6 4 6 20 22 -2 16

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-12-17
23:30
ブンデスリーガ
第17節
ハノーファー vs レバークーゼン
2018-01-13
23:30
ブンデスリーガ
第18節
ハノーファー vs マインツ
2018-01-21
26:00
ブンデスリーガ
第19節
シャルケ vs ハノーファー
2018-01-28
26:00
ブンデスリーガ
第20節
ハノーファー vs ヴォルフスブルク
2018-02-04
26:00
ブンデスリーガ
第21節
ハンブルガーSV vs ハノーファー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.13
28:30
ブンデスリーガ
第16節
ヘルタ・ベルリン 3 - 1 ハノーファー
2017.12.10
23:30
ブンデスリーガ
第15節
ハノーファー 2 - 0 ホッフェンハイム
2017.12.02
23:30
ブンデスリーガ
第14節
バイエルン 3 - 1 ハノーファー
2017.11.24
28:30
ブンデスリーガ
第13節
ハノーファー 1 - 1 シュツットガルト
2017.11.19
26:00
ブンデスリーガ
第12節
ブレーメン 4 - 0 ハノーファー

基本データ

正式名称:ハノーファー96

原語表記:Hannoverscher Sport-Verein von e.V.

愛称:ローテン(赤)、ゼクスウントノインツィガー(96)

創立:1896年

ホームタウン:ハノーファー

チームカラー:黒、白、緑

関連ニュース

thumb

ミュラー復帰で2Aのバイエルン、ハノーファーを退けて首位堅持《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは2日、ブンデスリーガ第14節でハノーファーをホームに迎え、3-1で勝利した。 ▽前節ボルシアMG戦でハインケス体制11戦目にして初黒星を喫した首位バイエルン(勝ち点29)は、3日後に首位通過を懸けたパリ・サンジェルマン戦を控える中、ケガ明けのミュラーが先発となった。 ▽10位ハノーファー(勝ち点19)に対して、[4-3-3]で臨んだバイエルンは、3トップに右からミュラー、レヴァンドフスキ、コマン、中盤インサイドにハメス・ロドリゲスとビダルを配し、アンカーにハビ・マルティネスを据えた。 ▽そのバイエルンが立ち上がりから仕掛けていくと、13分にハメス・ロドリゲスのスルーパスをボックス右で受けたミュラーがシュート。決定的だったが、GKのセーブに阻まれた。それでも18分、右サイドからのミュラーの左足クロスをファーサイドのビダルがヘッドでゴールに流し込み、バイエルンが先制する。 ▽さらに24分、ミュラーの右クロスを受けたレヴァンドフスキがゴールを決めて追加点かに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってレヴァンドフスキのポジションがオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。 ▽すると26分、ディフェンスライン裏をクラウスに取られると、飛び出したウルライヒがボックス内で倒してPKを献上。しかし、蹴り直しとなったファルカーケのPKをウルライヒが止めてリードを保った。 ▽ところが35分、左CKからベンスホップにヘディングシュートを決められ、試合を振り出しに戻されてしまう。 ▽追いつかれたバイエルンは45分、ハメス・ロドリゲスのFKからミュラーのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKチャウナーのファインセーブに阻まれてバーを直撃。前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半もバイエルンが攻め立てると、53分にハメス・ロドリゲスがコントロールシュートを狙うも、わずかに枠の左上に外れる。さらに64分、左サイドのコマンのクロスに合わせたトリッソのヘディングシュートはGKチャウナーの好守に阻まれ、なかなか勝ち越しゴールを奪えない。 ▽それでも67分、ミュラーの右クロスをファーサイドで受けたコマンが左足でシュートを流し込んだバイエルンは、77分のレヴァンドフスキが迎えたGKとの一対一は決めきれなかったものの、85分にコマンがハルニクにボックス内で倒されてPKを獲得。これをレヴァンドフスキが決めて3-1とし、勝負あり。終盤にはリベリも復帰したバイエルンが前節の敗戦を払拭する勝利を手にし、首位を堅持している。 2017.12.03 02:33 Sun
twitterfacebook
thumb

浅野がブンデスリーガ初ゴールも昇格組対決はドロー決着…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第13節のハノーファーvsシュツットガルトが24日に行われ、1-1の引き分けに終わった。シュツットガルトの日本代表FW浅野拓磨は、73分までプレー。24分にブンデスリーガ初ゴールを記録した。 ▽8位ハノーファー(勝ち点18)の本拠地AWDアレーナに乗り込んだ11位のシュツットガルト(勝ち点16)は、前節のドルトムント戦からスタメンを2人変更。ギンチェクとアコロに代えて浅野とブレカロを先発で起用した。 ▽右ウィングを主戦場としている浅野だが、この日は3トップの最前線でプレー。昇格組同士の一戦は、序盤から一進一退の展開が続く。決定機が生まれたのは18分、スルーパスで左サイドを突破したブレカロのクロスをニアに走りこんだ浅野が右足で合わせたが、これはGKチャウナーがキャッチ。 ▽すると、24分にスコアが動く。バイタルエリア中央に持ち上がったゲントナーがミドルシュートでゴールを脅かすと、GKチャウナーの弾いたこぼれ球をゴール前の浅野が押し込み、シュツットガルトが先制した。 ▽先制を許したハノーファーは35分、バイタルエリア中央でFKを獲得するとクラウスの直接FKが枠を捉えるも、これはGKツィーラーがセーブ。 ▽迎えた後半、1点を追うハノーファーはハルニクを下げてファルカーケを投入。すると51分、左サイドを突破したクラウスのクロスをニアサイドに走り込んだファルカーケが左足で合わせるも、これは枠の左に外れた。 ▽後半に入り攻勢を強めるハノーファーは62分、左サイドでボールを受けたベブの折り返しをボックス内で受けたS・サネがピッチに足を滑らせながらも右足を振り抜く。しかし、このシュートも右ポストに嫌われ、同点ゴールとはならない。 ▽1点をリードするシュツットガルトは、66分にブレカロを下げてアオゴを投入。さらに73分に浅野を下げてテローデをピッチに送り出した。しかし、直後にチャンスを迎えたのはハノーファー。 ▽75分、ボックス内でオストルツォレクがパヴァールに倒されると、主審がPKを宣告。このPKをファルカーケがゴール左に突き刺し、ハノーファーが試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれたシュツットガルトは78分、インスーアの左クロスからアオゴに決定機が生まれるも、シュートは枠の上に外れる。さらに85分にも、アスカシバルのパスからボックス左に侵入したアオゴがシュートを放ったが、これもゴール右に逸れた。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。浅野のブンデスリーガ初ゴールを守り切れなかったシュツットガルトが、ハノーファーと勝ち点1を分け合う形となった。 2017.11.25 06:43 Sat
twitterfacebook
thumb

「エンケが僕を助けてくれた」8年前に自殺した盟友にメルテザッカーが感謝の言葉

2009年11月10日、ハノーファーのドイツ代表GKロベルト・エンケが亡くなった。享年32歳。当時、ドイツ代表の正GKを務めるほどの有力選手が自ら死を選んだことについて、サッカー界のみならず幅広く一般メディアでも取り上げられた。エンケの命日に伴い、ドイツメディア『キッカー』がエンケの特集記事を展開している。<br><br>同選手の死去から8年が経過し、ハノーファーやドイツ代表でエンケとともにプレーしたペア・メルテザッカーが、ロベルト・エンケ財団の公式メディアに盟友へのコメントを寄せた。<br><br>「ロベルトがハノーファーにやって来たのは2004年夏のこと。彼は当時27歳で、バルセロナを退団してドイツに戻ってきたところだった。僕は当時19歳で、まだ若手の一人にすぎなかった。僕はDF、彼はGKというポジションで、いつもロベルトは僕の後ろで支えになってくれた。彼は僕を励ましてくれて、ディフェンスという同じ仕事を一緒に担うことで、絆を深めていった。選手として成長するうえで、ロベルトは大きなサポート役となってくれたんだ」<br><br>メルテザッカーは他界した元同僚エンケに感謝のメッセージを寄せるとともに、「彼がうつ病に悩まされていたことを知った時は衝撃的だった。人が精神的に落ち込んでいるときは、表立って活動しづらいもの。そんな中でロベルトは周りに助けられながら、何とか幸福に、健康に生きようとしていたことをみなさんに分かってもらいたい。結果的に自らの命を断ってしまったが、彼がいなくなったことで、ロベルトは我々に対して、精神の病と戦う仕事を与えてくれた」とコメント。自殺はドイツ国内でも減少傾向にならない社会問題となっており、この状況にメルテザッカーは一石を投じている。<br><br>ロベルト・エンケ財団は、エンケの死後に立ち上げられた財団。ドイツサッカー連盟、ブンデスリーガ、ハノーファーのサポートを受けており、主にうつ病への理解を深めるほか、自殺防止の啓蒙活動を行っている。<br><br>1977年生まれのエンケは、故郷イェーナのカールツァイス・イェーナでキャリアをスタートさせ、ボルシアMG、ベンフィカを経て2002年バルセロナに入団。しかし、バルセロナではルイ・ファン・ハール監督(当時)に冷遇され、フェネルバフチェやテネリフェへのレンタルを経験した後、2004年からハノーファーでプレーしていた。<br><br>その後、ハノーファーで今一度評価を高め、2010年の南アフリカ・ワールドカップを前にドイツ代表の正GKとして期待を寄せられる存在となっていた。しかし、エンケは国外移籍の失敗、生まれつき心臓に障害を持って生まれた愛娘、ララの早逝(享年2歳)などにより数年にわたってうつ病に悩まされ、2009年11月10日に走行する特急列車に身を投げ、自ら死を選んだ。その2日前にはブンデスリーガ第12節ハンブルガーSV戦(2-2のドロー)でフル出場を果たしたばかりだった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.10 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

3試合で9失点…守備崩壊のドルトムント、ボス監督は姿勢に問題と指摘

ドルトムントは、ドイツ・ブンデスリーガ第10節でハノーファーに2-4と敗れた。試合後、ピーター・ボス監督はシステムの問題ではなく、チームの姿勢が良くなかったと語っている。<br><br>リーグ戦ここ2試合白星がなく、必勝を期して敵地に乗り込んだドルトムントだったが、前半を1-2とリードを許して折り返す。後半開始から香川真司を投入して逆転を目指し、52分にアンドリー・ヤルモレンコのゴールで一時同点に追いついたが、59分にDFダン・アクセル・ザガドゥが退場となって数的不利に陥ると、その後2失点を喫して敗れた。<br><br>ドルトムントは、これでリーグ戦3試合で9失点と、守備が問題点に挙げられている。しかしボス監督は『Sky Sport』に対し、システムの問題よりチームの姿勢に問題があると語った。<br><br>「ハノーファーはとてもアグレッシブだった。それに問題を引き起こされてしまった。システムについては議論できるだろうが、積極的にプレーしなければシステム通りにやれることはない」<br><br>「相手は早い段階から攻撃的に来て、試合を通してマンツーマンディフェンスを仕掛けてきた。自分たちのサッカーができなかった」<br><br>第7節まで無敗をキープし、首位に立つ最高のスタートを切っていたドルトムントだが、これでリーグ戦3試合未勝利に。同日の試合で勝利したバイエルンにかわされ、2位に転落している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.29 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ザガドゥ移籍後初ゴールも退場のドルトムント、ハノーファーに4失点完敗で3戦勝利なし… 香川は後半から出場も見せ場なし《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは28日、ブンデスリーガ第10節でハノーファーとのアウェイ戦に臨み、2-4で敗れた。ドルトムントのMF香川真司は後半から出場している。 ▽前節フランクフルト戦を2点差を追いつかれて引き分けに持ち込まれ、ここ2試合勝利のない首位ドルトムント(勝ち点20)は、4日前に行われたDFBポカールのマクデブルク戦では香川が1ゴール1アシストをマークするなど5発圧勝した。そのマクデブルク戦のスタメンから4選手を変更。香川やM・フィリップ、ダフードらに代わってオーバメヤンやカストロ、ゲッツェらがスタメンに戻った。 ▽6位ハノーファー(勝ち点15)に対し、3トップに右からヤルモレンコ、オーバメヤン、プリシッチと並べる[4-3-3]で臨んだドルトムントは、ボールが落ち着かない立ち上がりを経て、19分にPKを献上する。ボックス右に抜け出したクラウスをGKビュルキが倒してしまった。これをジョナタスに決められてしまう。 ▽ビュルキの2試合連続PK献上で先制されたドルトムントだったが、27分に試合を振り出しに戻す。右CKの流れからシャヒンのシュートのルーズボールを、ボックス中央のザガドゥが胸トラップから左足ハーフボレーでゴール左へ流し込んだ。 ▽ザガドゥの移籍後初ゴールで1-1としたドルトムントは、36分に逆転のチャンス。S・サネから敵陣でボールを奪取したプリシッチがボックス左から丁寧に折り返すと、ゴール前でフリーのヤルモレンコが右足でシュート。しかし、簡単なフィニッシュを枠の上に外してしまった。 ▽すると40分に失点する。中盤でクラウスがボールを奪ってショートカウンター。右サイドへ展開し、ジョナタスのアーリークロスをファーサイドのベブが押し込んだ。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、ドルトムントはカストロに代えて香川をそのまま右インサイドの位置に投入した。すると52分、左クロスのルーズボールをボックス右のヤルモレンコがバックステップを踏みながらボレーでゴール右隅へ流し込み、ドルトムントが再び試合をイーブンに戻した。 ▽ところが59分、ジョナタスに背後を取られたザガドゥが足を引っかけて一発退場となってしまう。さらにボックス手前左で与えたこのFKをクラウスに直接ゴール左上に沈められ、三度勝ち越されてしまった。 ▽その後はオープンな展開となると、ドルトムントは63分にプリシッチが左ポスト直撃のシュートを浴びせれば、ハノーファーは直後にロングカウンターからクラウスがGKビュルキを強襲するシュートを浴びせた。 ▽後半半ば以降、10人のドルトムントが押し込む流れが続くと、負傷明けのシュールレをヤルモレンコに代えて投入する。そんな中76分、GKビュルキがベブとの一対一を止めて首の皮一枚つながったドルトムントだったが、86分に終戦する。ロングカウンターからベブにシュートを決められ2-4で敗戦した。 ▽これで3試合勝利から見放されたドルトムントは、次節バイエルン戦を前に首位陥落の危機を迎えた。 2017.10.29 00:25 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング