ブレーメン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 ブレーメン 4 0 4 4 3 9 -6 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-10-22
20:30
ブンデスリーガ
第9節
ケルン vs ブレーメン
2017-10-29
23:30
ブンデスリーガ
第10節
ブレーメン vs アウグスブルク
2017-11-03
28:30
ブンデスリーガ
第11節
フランクフルト vs ブレーメン
2017-11-19
26:00
ブンデスリーガ
第12節
ブレーメン vs ハノーファー
2017-11-25
23:30
ブンデスリーガ
第13節
ライプツィヒ vs ブレーメン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.10.15
25:00
ブンデスリーガ
第8節
ブレーメン 0 - 2 ボルシアMG
2017.09.30
25:30
ブンデスリーガ
第7節
ハンブルガーSV 0 - 0 ブレーメン
2017.09.23
22:30
ブンデスリーガ
第6節
ブレーメン 0 - 0 フライブルク
2017.09.19
27:30
ブンデスリーガ
第5節
ヴォルフスブルク 1 - 1 ブレーメン
2017.09.16
22:30
ブンデスリーガ
第4節
ブレーメン 1 - 2 シャルケ

基本データ

正式名称:SVヴェルダー・ブレーメン

原語表記:Sportverein Werder Bremen

愛称:ヴェルダー

創立:1899年

ホームタウン:ブレーメン

チームカラー:緑、白

関連ニュース

thumb

伊藤&酒井高先発のHSV、ブレーメンとのノルト・ダービーはゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは9月30日、ブンデスリーガ第7節でブレーメンとの“ノルト・ダービー”をホームで戦い、0-0で引き分けた。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は53分までプレーしている。 ▽前節レバークーゼン戦では2試合連続スタメンとなったものの、チームは0-3と完敗して4連敗となったHSVの酒井高が3試合連続スタメンとなり、伊藤がキャリア初スタメンを飾った一戦。 ▽ここまで3分け3敗と勝利のないブレーメンに対し、[4-3-3]で臨んだHSVは酒井高を左サイドバックで、伊藤を左ウイングで起用した。 ▽開始2分、酒井高がミドルシュートを浴びせる良い入りを見せたHSVだったが、9分にピンチ。FKからゴールエリア左のデラネイにヘディングシュートを許す。枠を捉えた決定的なシュートだったが、GKマゼニアがセーブした。 ▽ここからブレーメンの攻勢に遭ったHSVだったが16分、FKからパパドプーロスのヘディングシュートでゴールに迫ると、ペースを取り戻す。すると19分、伊藤が魅せる。左サイドでボールを持った伊藤は鋭いドリブルでDFを外し、左足でクロス。ウッドが合わせるもDFに当たって枠の左に外れた。 ▽続く23分に酒井高が枠を捉えるミドルシュートを浴びせたHSVは、26分に左CKからハーンがヘディングシュートでGKパブレンカを強襲。すると28分、左CKのサインプレーから酒井高がゴールに迫る。マイナスのクロスをペナルティアーク左付近で待ち構えていた酒井高が左足ボレーでうまく合わせる。綺麗にミートしたシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽ハーフタイムにかけても左サイドの伊藤がドリブルで牽引するHSVが主導権を握るもゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半もHSVが押し気味に試合を進める中、51分に伊藤にアクシデント。両足をつってピッチに倒れ込み、代わってホルトビーが投入された。ピッチを後にした伊藤には観衆から大きな拍手が送られた。 ▽そのHSVは56分に決定機。GKのロングボールに抜け出したハーンが独走。ループシュートを狙ったが、GKの好セーブに阻まれた。続く60分にはホルトビーのラストパスを受けたボックス右のウッドがGKを強襲するシュートを浴びせる。 ▽良い流れで試合を進めていたHSVだったが、71分にピンチ。ユヌゾビッチのヒールパスに抜け出したバルテルスにボックス左からシュートを浴びてしまうも、GKマゼニアが何とかセーブした。ここからブレーメンの攻勢に遭ったHSVは終盤にかけて守勢に回っていく。 ▽それでも0-0で試合を終わらせ、勝ち点1を分け合って連敗を4で止めている。 2017.10.01 03:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ブンデス初の女性主審による一戦はヘルタ先制もブレーメンが追いつきドロー決着《ブンデスリーガ》

▽10日にブンデスリーガ第3節のヘルタ・ベルリンvsブレーメンがベルリン・オリンピアシュタディオンで行われ、1-1のドローに終わった。日本代表FW原口元気はベンチ入りを果たすも出場機会は与えられなかった。 ▽前節のドルトムント戦で0-2の完敗を喫して星が五分となったヘルタが、2連敗中のブレーメンを迎えた。ホームのヘルタは[4-2-3-1]を採用。ゴールマウスはヤルシュテインが務め、バックラインは右からヴァイザー、ラングカンプ、レキク、プラッテンハールトが並んだ。ダブルボランチはシュレブとシュタルクが起用され、2列目は右からレッキー、ダリダ、エスヴァイン。最前線はイビゼビッチが起用された。 ▽対するアウェイのブレーメンは[3-5-2]を採用し、パブレンカがゴールマウスを守る。バックラインは右からバウアー、L・サネ、ヴェリコビッチが並んだ。中盤は右からゲブレ・セラシェ、カインツ、マキシミリアン・エッゲシュタイン、デラネイ、アウグスティンションが起用され、2トップはクルーゼとバルテルスが並んだ。 ▽ブンデスリーガデビューとなる女性レフェリー、シュタインハウス氏のホイッスルで始まった一戦は、4分にブレーメンが最初のチャンスを作り出す。左CKの流れからボールが逆サイドに流れると、 ゲブレ・セラシェが入れなおしたクロスに、ボックス左でフリーとなっていたカインツがボレーで合わせる。しかしGKヤルシュテインの好守に阻まれて得点とはならなかった。 ▽一方のヘルタも6分、相手陣内左サイドの低い位置でFKを獲得。プラッテンハールトが入れた高精度のクロスボールにシュタルクが頭で合わせたが、こちらもGKパブレンカの好守に阻まれる。 ▽お互いに積極的な入りを見せるが、その後は中盤での潰し合いが続き停滞していく。しかし38分、ヘルタはイビセビッチが高い位置でボールを奪ってカウンターを開始。そこからダリダに展開すると、ボックス手前で倒される。ブレーメンの選手が足を止めたすきに、ボックス右でこぼれ球を拾ったレッキーがGKの股を抜くシュートを流し込んで、ヘルタが先制点を奪った。 ▽前半はそのまま終了を迎え、お互いに交代なしで迎えた後半は追いかけるブレーメンが攻勢に出るがヘルタの堅い守りを崩せずに時間が経過していく。しかし59分、左サイドからのクロスがボックス内でルーズになったところをデラネイが胸でコントロール。相手を背負った状態から反転して放ったシュートがゴールネットを揺らして、ブレーメンが試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれたヘルタは73分、途中出場のカルーとのパス交換で抜け出した同じく途中出場のシュトッカーがボックス内で倒される。しかしシュタインハウス主審の笛は吹かれずノーファウルの判定となった。77分には左CKからボックス手前のシュトッカーがダイレクトボレーを狙うが、GKの正面を突くなど、ヘルタが押し気味に試合を進めるが決めきれない。 ▽試合終盤にかけてもヘルタが相手ゴールに迫るが決勝点は生まれず。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.09.11 00:26 Mon
twitterfacebook
thumb

ブンデス初の女性主審がついにデビュー! 原口元気所属のヘルタ・ベルリンvsブレーメンを担当

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は7日、再開するブンデスリーガ第3節の担当審判員を発表した。今シーズンからブンデスリーガの審判員に登録された女性審判員のビビアナ・シュタインハウスさん(38)が、ブンデスリーガデビューを果たす。 ▽シュタインハウスさんが担当する試合は、日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンvsブレーメンの一戦。試合は9月10日(日)の22時30分から行われる。 ▽2005年からFIFAの審判員となったシュタインハウスさんは、2011年の女子ワールドカップ決勝や、2012年のロンドン・オリンピック決勝など、世界の舞台でも主審を務める実力の持ち主。これまでブンデスリーガ2部での主審経験はあったものの、1部では初となる。 ▽今シーズンは、DFBポカールのケムニッツvsバイエルンや、ブンデスリーガ2部のボーフムvsディナモ・ドレスデンなどで主審を務めていた。 ▽シュタインハウスさんは、念願の1部デビューに関して「ブンデスリーガでの私の初の試合は、もちろんとても期待している」とコメント。「私のチームや私にとっての素晴らしい挑戦が、日曜日に行われることを嬉しく思っている。とても良い準備をするわ」と語り、自身のブンデスリーガデビュー戦へ意気込みを語った。 2017.09.08 14:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ギリシャ代表MFペトソスが古巣ラピド・ウィーンへレンタル移籍

▽ブレーメンは30日、ギリシャ代表MFアサナシオス・ペトソス(26)が古巣のラピド・ウィーンへレンタル移籍したことを発表した。期間は今季終了までとなっている。 ▽屈強なフィジカルを生かしたボールハントに定評のあるペトソスは、2010年にレバークーゼンでトップチュームデビュー。その後、グロイター・フュルトやラピド・ウィーンでのプレーを経て2016年の夏にブレーメンに移籍。 ▽しかし、ブレーメンでは出場機会に恵まれず、今冬にはフルアムへレンタルで加入したが、ふくらはぎのケガで公式戦1試合の出場に留まっていた。また、ギリシャ代表としては通算5試合に出場している。 [写真はラピド・ウィーン時代のペトソス] 2017.08.31 00:32 Thu
twitterfacebook
thumb

守護神ノイアー復帰のバイエルン、レヴィのドッペルパックで開幕2連勝!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第2節、ブレーメンvsバイエルンが26日に行われ、アウェイのバイエルンが2-0で勝利した。 ▽プレシーズンの絶不調を引きずらず、DFLスーパーカップから公式戦3連勝スタートを飾ったバイエルンは、開幕戦でホッフェンハイムに敗れたブレーメンとのアウェイゲームに臨んだ。アンチェロッティ監督は3-1で快勝した開幕戦のレバークーゼン戦から先発3人を変更。守護神ノイアーが復帰を果たしたほか、ルディとミュラーに代わってチアゴとロッベンがスタメンに入り、現状のベストメンバーが揃った。 ▽5バック気味に入ったブレーメンに対して、序盤から相手を押し込むバイエルンは、ロッベンやアラバ、ビダルと積極的にシュートを放っていくが、相手の組織だった守備を崩しきるまでには至らず。 ▽時間の経過と共に相手の組織だった守備に手を焼くバイエルンは、カウンターやロッベンらの個人技で散発的にチャンスを作るが、中央をきっちり締める守備を前に最前線のレヴァンドフスキが封じ込まれ、なかなかエースにチャンスを供給できない。29分にはボックス内の混戦からデラニー、アウグスティンションに続けてシュートを許すが、ここは身体を張ったシュートブロックで凌いだ。 ▽迎えた後半も立ち上がりから攻勢に出るバイエルンだが、やや個人での仕掛けが目立ち数的優位で守るブレーメンの堅守を前に前半以上に苦戦。さらに、カウンターを受ける場面も増え始め、流れを変えたいアンチェロッティ監督は64分にロッベンを下げてコマンを投入。すると、この選手交代が先制点を生む。 ▽72分、左サイド深くからアラバがファーサイドに長いクロスを入れると、これを受けたコマンがボックス右でマイナス気味にグラウンダーで折り返す。これを巧みな動き出しでDFの前に入ったレヴァンドフスキがバックヒールで流し込んだ。 ▽このゴール直後にリベリを下げてミュラーを投入し、[4-4-2]へのシステム変更を行ったバイエルンは75分、ボックス手前でミュラーからパスを受けたレヴァンドフスキが巧みなまたぎフェイントでDFを外して左足を振り抜くと、DFとGKの股間を続けて抜いたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽途中出場の2選手のお膳立てからレヴァンドフスキのドッペルパックで勝利を大きく近づけたバイエルンは、その後ビダルに代えてルディを投入し、試合をクローズにかかる。その後、フンメルスとノイアーを中心に鉄壁の守備でクリーンシートを達成したバイエルンが開幕2連勝を飾った。 2017.08.27 00:25 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング