ブレーメン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ブレーメン 29 8 5 12 34 44 -10 25

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
22:30
ブンデスリーガ
第26節
フライブルク vs ブレーメン
2017-04-05
27:00
ブンデスリーガ
第27節
ブレーメン vs シャルケ
2017-04-07
27:30
ブンデスリーガ
第28節
フランクフルト vs ブレーメン
2017-04-16
22:30
ブンデスリーガ
第29節
ブレーメン vs ハンブルガーSV
2017-04-22
22:30
ブンデスリーガ
第30節
インゴルシュタット vs ブレーメン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
23:30
ブンデスリーガ
第25節
ブレーメン 3 - 0 ライプツィヒ
2017.03.10
28:30
ブンデスリーガ
第24節
レバークーゼン 1 - 1 ブレーメン
2017.03.04
23:30
ブンデスリーガ
第23節
ブレーメン 2 - 0 ダルムシュタット
2017.02.24
28:30
ブンデスリーガ
第22節
ヴォルフスブルク 1 - 2 ブレーメン
2017.02.18
23:30
ブンデスリーガ
第21節
マインツ 0 - 2 ブレーメン

基本データ

正式名称:SVヴェルダー・ブレーメン

原語表記:Sportverein Werder Bremen

愛称:ヴェルダー

創立:1899年

ホームタウン:ブレーメン

チームカラー:緑、白

関連ニュース

thumb

鹿島DF昌子源への獲得興味のブレーメン、獲得についてバウマンSD「具体的なものは何もない」

▽ブレーメンからの関心が伝えられた鹿島アントラーズの日本代表DF昌子源だが、ブレーメンのフランク・バウマンSD(スポーツディレクター)が昌子についてコメントした。ドイツ『lattenkreuz』が報じた。 ▽昨年のクラブ・ワールドカップではチームを決勝まで導く活躍を見せ、レアル・マドリーとも決勝で対戦し注目を集めた昌子。今冬の欧州移籍も噂されていたが鹿島に残留していた。それでも、ブレーメンが獲得に興味を示していると報じられ、Jリーグの試合にスカウトを派遣していた。 ▽しかし、昌子についてフランク・バウマンSDは獲得を明言せず「我々は彼のことを知っているが、今後具体的なものは何もない」と語り、獲得については否定的なコメントを残している。 ▽昌子は25日の日本代表のトレーニング後にこの件について「特に今自分から何かを言うことはないかなと。見に来ていたのは知っていました。そこから何かあった訳ではないです。とりあえず代表に集中しようとしていました」とコメント。また、「よくあるじゃないですか。興味があると言って終わるパターン。そういったノリで終わるのかなと。自分のプレー次第だと思います」と語り、スカウトの存在に関係なく良いプレーすることを語った。 ▽それでも「嫌でも目に入って来た記事ですし、自分のことですしね。名前が挙がることは素直に嬉しいです。4月ぐらいに来るというのは言わないで欲しかったですね。みなさんどの試合か分かっても、俺には絶対言わないでください(笑)」と語り、欧州クラブからの興味には喜びを露わにしていた。 2017.03.26 12:06 Sun
twitterfacebook
thumb

宇佐美不出場のアウグスブルク、ラストプレー弾でブレーメンに競り勝つ《ブンデスリーガ》

▽アウグスブルクは5日、ブンデスリーガ第19節でブレーメンをホームに迎え、3-2で競り勝った。アウグスブルクのFW宇佐美貴史はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ヴォルフスブルク戦で3試合ぶりにスタメンの機会を得たものの、不慣れな右サイドでのプレーで存在感を示せなかったアウグスブルクの宇佐美はベンチスタートとなった。 ▽試合は9分、アウグスブルクが決定機を迎える。ハリル・アルティントップの右クロスをボバディージャがダイレクトでシュート。しかし、GKの好守に阻まれた。さらに18分、左サイドからのマックスの正確なアーリークロスにボバディージャがダイビングヘッドで合わせるも、シュートはわずかに枠の右に外れる。 ▽すると26分、FKの流れからルーズとなったボールをゲブレ・セラシェに決められて先制を許した。 ▽失点直後、アウグスブルクはFKからク・ジャチョルのヘディングシュートでゴールに迫ると、28分に試合を振り出しに戻す。ボバディージャの力強いポストプレーを受けたシュミットがGKとの一対一を沈めた。 ▽ハーフタイムにかけてはブレーメンにポゼッションを譲って凌いだアウグスブルクが1-1で前半を終える。 ▽迎えた後半も自陣に引いてブレーメンにボールを持たせていたアウグスブルクだったが、64分にPKを献上。ドリブルでボックス内に侵入したニャブリをヒンテレッガーが倒してしまった。これをクルーゼに決められ、勝ち越しを許してしまう。 ▽それでも79分、右サイドからのフェルハーフのアーリークロスをク・ジャチョルが左足ボレーでうまく合わせて同点に持ち込む。終盤、ニャブリの強烈な直接FKでゴールを脅かされたアウグスブルクだったが、終了間際に劇的弾を挙げる。ク・ジャチョルの浮き球パスに抜け出したボバディージャがDFを背負いながら右足でゴールへねじ込んだ。これが決勝点となってアウグスブルクが2連勝としている。 2017.02.06 01:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ブレーメンの反撃抑えたバイエルンが辛勝で7連勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは28日、ブンデスリーガ第18節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。 ▽前節フライブルク戦をレヴァンドフスキの追加タイム弾で辛勝して6連勝とした首位バイエルン(勝ち点42)は、ドグラス・コスタと負傷したビダルに代えてリベリとキミッヒを起用した。 ▽[5-3-2]の守備的な布陣で臨んできた15位ブレーメン(勝ち点16)に対し、バイエルンは5分に左サイドのリベリがカットインからシュートを浴びせる。その後もバイエルンが攻勢をかけていた中、17分にブレーメンはピサーロがハムストリングの負傷によりエッゲシュタインとの交代を強いられる。 ▽アクシデントに見舞われたブレーメンだったが、ニャブリとクルーゼの枠内シュートでバイエルンをけん制。しかし30分、バイエルンは左サイドを突破したリベリの左クロスをロッベンがダイレクトでゴール右へ蹴り込み、先制する。さらに追加タイム1分、ボックス手前右で得たFKをアラバが直接狙うと、ゴール右角上ぎりぎりに吸い込まれ、2-0として前半を終えた。 ▽迎えた後半、積極的な入りを見せ、ニャブリが立て続けに決定的なシュートを浴びせてきたブレーメンに53分、バイエルンは1点を返される。ユヌゾビッチのパスを受けたクルーゼにボックス内でアラバがうまくかわされ、シュートを流し込まれた。 ▽勢いの出てきたブレーメンに対応するべく、バイエルンはミュラーに代えてレナト・サンチェスを投入し、守備の強度を上げにかかる。それでも69分、クルーゼに可能性のあるシュートを浴びせられてヒヤリとさせられる。 ▽終盤にかけてもニャブリとクルーゼの仕掛けに苦戦したバイエルンだったが、リードを保つと、追加タイム1分にキミッヒが決定機。これを決めきれず、決定的な3点目を奪えなかったものの、2-1で逃げ切ったバイエルンが7連勝とし、首位をキープしている。 2017.01.29 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

香川フル出場のドルトムント、10人のブレーメンを振り切ってリーグ戦4試合ぶりの勝利《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第17節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽ウインターブレイク前に行われた前節アウグスブルク戦を1-1で引き分けてリーグ戦3試合連続ドロー中の6位ドルトムント(勝ち点27)は、アウグスブルク戦でリーグ戦7試合ぶりに先発し、1アシストを記録した香川がスタメン起用となった。アフリカネイションズカップで離脱しているオーバメヤンと中国への移籍が濃厚なA・ラモスが欠場となった中、ロイスとシュールレが前線で起用された。 ▽15位と低迷するブレーメン(勝ち点16)に対し、ドルトムントは2列目に右からプリシッチ、カストロ、香川と並べる[4-1-3-2]で臨んだ。そのドルトムントは5分、ルーズボールに反応して裏を取ったシュールレがGKをかわして無人のゴールに流し込み、あっさり先制する。 ▽良い入りを見せたドルトムントは続く11分、シュールレのボレーシュートでゴールに迫るもGKの好守に阻まれる。さらに15分、香川の左クロスに合わせたシュールレのヘディングシュートはGKの正面を突いた。 ▽その後、バルテルスに枠内シュートを放たれるもGKヴァイデンフェラーがセーブ。そして27分にはニャブリが負傷の影響かピッチを後にし、DFのヴェリコビッチが投入される。35分には再びピンチを迎え、FKの流れから香川のヘディングでのクリアミスを拾われたデラネイに決定的なシュートを許すも、GKヴァイデンフェラーが好守で防いだ。 ▽すると39分、カストロのフィードに反応したロイスが裏へ抜け出すと、ボックス外に飛び出したGKドロブニに倒された。このプレーでドロブニは一発退場となり、ピサーロに代わってGKヴィートワルトを投入せざるを得なくなった。それでも追加タイム2分、ドルトムントはフリッツのシュートがクロスバーを直撃してひやりとさせられる。 ▽迎えた後半、49分に香川がシュートに持ち込むと、58分には香川のスルーパスを受けたロイスがボックス左から決定的なシュートを浴びせる。しかし、GKの好守に阻まれた。 ▽すると59分、スローインを受けたバルテルスにギンターがあっさりかわされてGKとの一対一を決められてしまった。10人のブレーメンに追いつかれたドルトムントは、動揺の影響か攻めあぐねる状況が続いた。そこでトゥヘル監督は70分に2枚代えを敢行する。ロイスとカストロに代えてO・デンベレとラファエウ・ゲレイロを投入した。 ▽すると直後、ラファエウ・ゲレイロのミドルシュートがDFにディフレクトしたルーズボールをボックス内のピシュチェクがうまく右足でゴールに押し込み、勝ち越しに成功。終盤は危なげなく試合をクローズしたドルトムントが勝利。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った。なお、2試合連続スタメンとなった香川はバイタルエリアで頻繁にボールを受けてアクセントを付ける働きを見せていた。 2017.01.22 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムがブレーメンのU-21オーストリア代表MFグリリッチュを確保…来季から加入で4年契約

▽ホッフェンハイムは16日、ブレーメンのU-21オーストリア代表MFフロリアン・グリリッチュ(21)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月30日まで。来シーズンからの加入となる。なお、フリートランスファーでの獲得となる。 ▽グリリッチュは2013年にブレーメンのU-19チームに加入。2015年7月にトップチームへ昇格していた。今シーズンはブンデスリーガで11試合に出場し1得点を記録していた。 ▽ホッフェンハイムは、先日ドイツ代表MFセバスティアン・ルディ、DFニクラス・ジューレが来シーズンからのバイエルン移籍が決定していた。 2017.01.16 23:50 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング