レバークーゼン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 レバークーゼン 35 9 8 5 41 29 12 22

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-02-25
23:30
ブンデスリーガ
第24節
レバークーゼン vs シャルケ
2018-03-03
23:30
ブンデスリーガ
第25節
ヴォルフスブルク vs レバークーゼン
2018-03-10
26:30
ブンデスリーガ
第26節
レバークーゼン vs ボルシアMG
2018-03-18
23:30
ブンデスリーガ
第27節
ケルン vs レバークーゼン
2018-03-31
ブンデスリーガ
第28節
レバークーゼン vs アウグスブルク

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.02.17
23:30
ブンデスリーガ
第23節
ハンブルガーSV 1 - 2 レバークーゼン
2018.02.10
23:30
ブンデスリーガ
第22節
レバークーゼン 0 - 2 ヘルタ・ベルリン
2018.02.06
28:45
DFBポカール
準々決勝
レバークーゼン 4 - 2 ブレーメン
2018.02.03
23:30
ブンデスリーガ
第21節
フライブルク 0 - 0 レバークーゼン
2018.01.28
23:30
ブンデスリーガ
第20節
レバークーゼン 2 - 0 マインツ

基本データ

正式名称:バイヤー04レバークーゼン

原語表記:TSV Bayer Leverkusen

愛称:ヴェルクスエルフ(工場のイレブン)、バイヤー・ヌルフィア、レーヴェン(ライオン)

創立:1904年

ホームタウン:レバークーゼン

チームカラー:黒、赤

関連ニュース

thumb

レバークーゼンが酒井高フル出場のHSVに競り勝ちCL圏浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、ハンブルガーSVvsレバークーゼンが17日に行われ、1-2でレバークーゼンが勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉はベンチ入りしなかった。 ▽前節ドルトムント戦を0-2で落とし、9戦勝利のない17位HSV(勝ち点17)は、酒井高が右ウイングバックで引き続きスタメンとなった。 ▽一方、前節ヘルタ・ベルリン戦を0-2と完敗してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に後退したレバークーゼン(勝ち点35)は、ベイリーやフォラント、ブラントら主力が先発となった。 ▽立ち上がりから仕掛けたのは地力に勝るアウェイチームのレバークーゼン。ベイリーとヴェンデウの左サイドから打開にかかっていたが16分、相手に足を踏まれてヴェンデウがプレー続行不可能となり、代わってヘンリクスが投入された。 ▽それでも攻め込み続けるレバークーゼンは26分、ボックス右に流れてパスを受けたハフェルツのクロスをゴール前に飛び込んだアランギスがヘディングで合わせるも、シュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽しかし40分、レバークーゼンが順当に先制する。コールのクロスをカットにかかったドウグラスからボールを奪ったボックス内のベイリーがGKもかわして無人のゴールに蹴り込んだ。 ▽後半からセンターバックのマフライに代えてサイドアタッカーのハーンを右サイドに投入したHSVは4バックに変更。酒井高は右サイドバックにポジションを変えた。 ▽だが50分、レバークーゼンが追加点を奪う。ボックス左でベイリーのパスを受けたヘンリクスがマイナスのクロスを送ると、ニアのハフェルツがダイレクトでゴールへ流し込んだ。 ▽2点を追うHSVはアルプに代えてウッドを投入。すると66分、そのウッドが右クロスを受けてボレーシュート。しかし、GKレノの好守に阻まれた。 ▽それでも70分、HSVが1点差に詰め寄る。ワラセのスルーパスを受けたハーンがボックス内に侵入。GKとの一対一を制した。 ▽終盤、HSVが攻勢に出たが、レバークーゼンが逃げ切り。勝利を取り戻して暫定2位に上がり、CL圏に浮上している。 2018.02.18 01:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表MFラース・ベンダーが左大腿内転筋の負傷で離脱…

▽レバークーゼンは7日、ドイツ代表MFラース・ベンダーが左大腿内転筋の負傷で全治3週間と診断されたことを発表した。 ▽L・ベンダーは、6日に行われたDFBポカール準々決勝のブレーメン戦(4-2で勝利)に先発出場したが、79分に負傷交代。そして、試合翌日に行われた精密検査の結果、左大腿内転筋の損傷が判明した。 ▽L・ベンダーは、本職のセントラルMFに加え、右サイドバックやセンターバックもカバーするユーティリティ性を持ち、今シーズンはここまで公式戦17試合に出場していた。同選手は今回のケガで、10日のブンデスリーガ第22節のヘルタ・ベルリン戦、17日の第23節ハンブルガーSV戦、24日の第24節シャルケ戦を欠場する見込みだ。 2018.02.08 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

延長後半投入のベララビが1G1Aの大仕事! ブレーメンとの死闘制したレバークーゼンが4強入り《DFBポカール》

▽DFBポカール準々決勝のレバークーゼンvsブレーメンが6日に行われ、120分間の激闘を4-2で制したレバークーゼンがベスト4進出を果たした。 ▽ブンデスリーガ2位のレバークーゼンと15位のブレーメンによるポカール準決勝進出を懸けた一戦。互いに直近のリーグ戦からのメンバー変更は少なく、ほぼベストメンバーで臨んだ。 ▽試合は劣勢が予想されたアウェイチームが立て続けにゴールをこじ開ける意外な展開に。開始3分、ボックス内でルーズボールに反応したクルーゼがDFターにアフター気味に蹴られてブレーメンがPKを獲得。これをキッカーのクルーゼが冷静に決めて先制点を奪う。 ▽さらに、先制直後にベイリーの決定的なヘディングシュートをGKパブレンカのビッグセーブで凌ぐと、8分には中盤でのパスカットからカウンターを仕掛けてクルーゼの絶妙な浮き球スルーパスに抜け出したA・ヨハンソンがボックス内で飛び出したGKの頭上を抜くループシュートで追加点を挙げた。 ▽ホームで開始10分までに2点のビハインドを負う低調な入りとなったレバークーゼンだが、ここから反撃を開始。すると、31分に圧巻の高速カウンターで1点を返す。右サイドに流れたフォラントとの絶妙なパス交換から中央にできた広大なスペースに飛び出したコールがゴール前まで持ち上がり、DFとGKを完璧に引き付けて左を併走するブラントへプレゼントパス。これを背番号10が難なく流し込んだ。 ▽このゴールをキッカケに一気にヒートアップした試合は互いにカウンターを打ち合う激しい展開に。この流れの中で互いに決定機を作り合ったものの、前半はアウェイチームの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半、立ち上がりから攻勢を仕掛けるレバークーゼンは早い時間帯に追いつく。55分、右サイドを持ち上がったコールから中央のラース・ベンダーに横パスが通ると、これをベンダーが左のブラントに短く繋ぐ。最後はブラントが見事な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺した。 ▽ブラントのドッペルパックで2-2のイーブンとなった試合は、その後も一進一退の攻防を見せる。互いに前線の個人技を生かした攻めから幾度となくゴールに迫ったが、両守護神の好守などもあり、90分間で決着をつけることはできず。試合は延長戦へと突入する。 ▽互いに消耗が色濃い延長戦では延長前半終了間際にレバークーゼンに決定機。ボックス手前右で得たFKをベイリーが左足で直接狙うが、惜しくも右ポストを叩いた。それでも、完全に主導権を握ったホームチームは延長後半に投入したベララビが大仕事を果たす。111分、ベイリーのFKを中央で競り勝ったアラリオがゴール右のスペースに落とすと、これをベララビが角度のない中でニアを射抜き、勝ち越しゴールを奪取。さらにベララビは試合終了間際にもハフェルツのダメ押しゴールをアシストした。 ▽そして、切り札ベララビの1ゴール1アシストの活躍でブレーメンとの120分間に及ぶ激闘を制したレバークーゼンがベスト4進出を果たした。 2018.02.07 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

2位レバークーゼン、好調フライブルクにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

▽レバークーゼンは3日、ブンデスリーガ第21節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽絶好調ベイリーのゴールなどでマインツに勝利して2位を死守したレバークーゼン(勝ち点34)は、フォラントやブラント、L・ベンダーらをベンチスタートとし、アラリオやベララビ、ハフェルツらが先発となった。 ▽ここ8戦負けのない12位フライブルク(勝ち点24)に対し、3バックではなく4バックを採用したレバークーゼンは、2列目に右からベララビ、ハフェルツ、ベイリーと並べた。 ▽開始5分、スルーパスに抜け出したペテルゼンにGKレノを強襲されたレバークーゼンは、8分にベララビの右クロスにアラリオがヘディングで合わせたシュートが左ポストを直撃した。 ▽しかし、フライブルクに主導権を握られる状況が続く。18分にはディフェンスライン裏を取られてクラインディーストにボックス左からシュートを打たれるもGKレノがストップ。さらに20分、カウンターからギュンターに決定的なシュートを浴びてしまう。 ▽その後もボールこそ持つものの攻めあぐねる状況が続いた中、33分にチャンス。ボックス手前右からのハフェルツのクロスにファーサイドのベイリーがヘディングシュート。しかし、叩きつけ過ぎたシュートは枠を捉えきれなかった。ハーフタイムにかけてはこう着状態が続き、ゴールレスのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、フライブルクの圧力を受ける入りとなったレバークーゼンだったが、コールがミドルシュートを浴びせてGKシュウォローを強襲していく。 ▽攻勢に転じるレバークーゼンは、65分にベイリーに代えてブラントを投入。ハーフコートゲームを展開していったが、シュートに持ち込むには至らない。 ▽終盤の78分、中盤のコールに代えてフォラントを投入し、アタッカーを増やしたレバークーゼンだったが、最後まで決め手を欠いてゴールレスで決着。好調フライブルクを崩しきれず勝ち点1を積み上げるに留まった。 2018.02.04 01:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクがレバークーゼンからスイス代表FWメーメディを獲得!!

▽ヴォルフスブルクは31日、レバークーゼンからスイス代表FWアドミル・メーメディ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約は2022年6月までとなっており、背番号は22に決まった。 ▽2008-09シーズンに母国のチューリッヒでプロキャリアをスタートさせたメーメディはディナモ・キエフを経て、2013-14シーズンにレンタルでフライブルクに加入しブンデスリーガデビュー。2014-15シーズンには完全移籍でフライブルクに加入し、2015-16シーズンからレバークーゼンでプレーしている。 ▽レバークーゼンではここまで公式戦70試合で11ゴールを奪い、ブンデスリーガでは通算122試合23ゴールを奪っている。 ▽ヴォルフスブルクのマルティン・シュミット監督は「アドミルは素晴らしい経験をしてきた選手だが、まだまだ成長できる選手でもある。我々は攻撃的なチームであり、彼の加入でさらに完成されたチームとなる」と、同選手の加入を喜んだ。 2018.01.31 21:22 Wed
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング