ホッフェンハイム

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ホッフェンハイム 45 11 12 2 46 25 21 25

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-03-31
27:30
ブンデスリーガ
第26節
ヘルタ・ベルリン vs ホッフェンハイム
2017-04-05
27:00
ブンデスリーガ
第27節
ホッフェンハイム vs バイエルン
2017-04-08
22:30
ブンデスリーガ
第28節
ハンブルガーSV vs ホッフェンハイム
2017-04-15
22:30
ブンデスリーガ
第29節
ホッフェンハイム vs ボルシアMG
2017-04-21
27:30
ブンデスリーガ
第30節
ケルン vs ホッフェンハイム

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
23:30
ブンデスリーガ
第25節
ホッフェンハイム 1 - 0 レバークーゼン
2017.03.11
23:30
ブンデスリーガ
第24節
フライブルク 1 - 1 ホッフェンハイム
2017.03.04
23:30
ブンデスリーガ
第23節
ホッフェンハイム 5 - 2 インゴルシュタット
2017.02.26
25:30
ブンデスリーガ
第22節
シャルケ 1 - 1 ホッフェンハイム
2017.02.18
23:30
ブンデスリーガ
第21節
ホッフェンハイム 2 - 0 ダルムシュタット

基本データ

正式名称:TSG 1899ホッフェンハイム

原語表記:TSG Hoffenheim

愛称:ホッフェ

創立:1899年

ホームタウン:ジンスハイム

チームカラー:青、白

関連ニュース

thumb

今夏バイエルン加入のジューレ「チェルシーからもオファーがあった」

ホッフェンハイムに所属するドイツ代表DFニクラス・ジューレは、今シーズン終了後にバイエルンに加入することが内定している。<br><br>ジューレはミュンヘンの地方紙『TZ』に対して、「実は、バイエルンの他にチェルシーからも獲得の打診があった」と明かした。<br><br>「ほぼ同時に、バイエルンとチェルシーからオファーが来た」<br><br>「もちろん、チェルシーが僕に関心を示してくれたことはうれしいけど、僕はブンデスリーガでプレーし続けることが今の自分にとって重要だと思ったんだ。だからバイエルンを選んだ」<br><br>ジューレは「バイエルンは世界のトップだからね。それより上のクラブはないよ」と語り、来シーズンからプレーするバイエルンでの意気込みを示している。<br><br>ジューレはフランクフルト、ダルムシュタット、ホッフェンハイムの下部組織を渡り歩き、2013年にトップチーム昇格。195センチの長身を生かしたディフェンスを武器に、今シーズンは現在4位に付けているホッフェンハイムでここまでリーグ戦24試合に出場し、躍進の原動力となっていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.27 13:11 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン移籍のホッフェンハイム主将「まだ成長できる。自分の限界に挑戦したい」

ホッフェンハイムに所属するドイツ代表セバスティアン・ルディは、来夏バイエルンに移籍する。ルディがその理由を明かした。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。<br><br>ホッフェンハイムは、昨季降格争いに巻き込まれたにも関わらず、今季は4位と快進撃を続けている。ルディは好調のチームでキャプテンを務め、公式戦22試合に出場して2得点7アシストの活躍をみせている。バイエルンへの移籍はさらなる成長を見越してのものだと語った。<br><br>「自信がなければ移籍を踏み切ったりはしない。まだ成長できると信じている。自分の限界に挑戦したい」<br><br>ポジションについては「監督に右サイドでプレーするように言われればそこで全力を尽くす。あくまで気に入っているポジションはボランチだけどね」とこだわらない姿勢を示した。そして、早い時期に移籍を発表した理由は「残りのシーズンに集中するため」と説明した。<br><br>ホッフェンハイムはCL出場権獲得圏内の4位に位置している。初のチャンピオンズリーグ出場を目指す戦いが今後も続いていく。まずは4日、ブンデスリーガ第23節でインゴルシュタット対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.01 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アウェイ戦3戦未勝利のホッフェンハイムが上位追走に失敗…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第22節のシャルケvsホッフェンハイムが26日に行われ、1-1の引き分けに終わった。シャルケのDF内田篤人はベンチ入りしなかった。 ▽今シーズンのリーグ戦わずか2敗で4位につけるホッフェンハイム(勝ち点37)が、リーグ戦3試合無敗中の10位シャルケ(勝ち点26)の本拠地ヴェルティンス・アレーナに乗り込んだ一戦。試合は開始早々に動く。6分、コラシナクのループパスに抜け出したブルクシュタラーがボックス左ライン際まで持ち上がると、ゴール前に走り込んだシェプフへマイナスのクロス。これをシェプフが左足で流し込み、ファーストチャンスを生かしたホームチームが先制に成功した。 ▽対するホッフェンハイムは19分、バイタルエリア左からカットインしたツバーがミドルシュートを放ったが、相手DFにディフレクトしたボールは枠の上に外れた。さらに36分には、右クロスを中央で受けたデミルバイがゴール右まで切り込み反転シュート。GKフェールマンの弾いたセカンドボールをビカクチッチが詰めるが、シュートは枠を外した。 ▽その後もポゼッションを握って試合を優位に進めたホッフェンハイムだったが、決定機を生かすことができずに前半を終了した。 ▽後半に入っても拮抗した展開が続く中、先に動いたのはシャルケベンチ。ヴァインツィアル監督は52分、カリジウリを下げてマックス・マイヤーを投入。対するホッフェンハイムのナーゲルスマン監督は、60分にビカクチッチを下げてシュベクラーを投入。さらに69分には古巣対決となるサライをピッチに送り出した。 ▽すると70分、ホッフェンハイムに決定機。デミルバイの右クロスをファーサイドのワグナーが頭で落とすと、中央に走りこんだサライがダイビングヘッドを狙って飛び込むが、わずかに届かない。しかし79分、フォクトのロングフィードに抜け出したツバーが左クロスを上げると、ボックス右に駆け上がったルディがヘディングでゴールに流し込み、ホッフェンハイムが同点に追いつく。 ▽同点に追いついたホッフェンハイムは、終盤にかけて猛攻を仕掛けていくが、ホームで負けられないシャルケも最後まで譲らずに試合終了。上位追走を逃したホッフェンハイムは、アウェイ戦3試合未勝利となった。 2017.02.27 03:40 Mon
twitterfacebook
thumb

アーノルドの弾丸ミドル弾に沈んだホッフェンハイム、3位浮上のチャンス逃す《ブンデスリーガ》

▽ホッフェンハイムは12日、ブンデスリーガ第20節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-2で逆転負けした。 ▽勝利すれば3位浮上となる前節マインツに4-0と快勝した5位ホッフェンハイム(勝ち点34)が、リーグ戦2連敗中の14位ヴォルフスブルク(勝ち点19)の本拠地に乗り込んだ一戦。 ▽共に[3-5-2]で臨んだ試合は、ホッフェンハイムがポゼッションする展開で推移していく。すると16分、ボックス手前右で得たFKをデミルバイがゴール右上を狙うと、バーに直撃した。 ▽その後、ウートを負傷で失い、テラッツィーノを投入するアクシデントに見舞われたホッフェンハイムだったが、26分に先制する。デミルバイの絶妙なスルーパスをボックス左のツバーがゴール右へダイレクトで流し込んだ。 ▽ハーフタイムにかけてもヴォルフスブルクに反撃を許さなかったホッフェンハイムは42分にアミリがGKを強襲するシュートを浴びせ、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半からバズールに代えてディダヴィを投入してきたヴォルフスブルクに対し、ホッフェンハイムは49分にピンチを迎える。ディダヴィのスルーパスに抜け出したゴメスにGKとの一対一の局面を作られた。ここはGKバウマンがセーブするも、直後のCKから失点する。クロスボールのこぼれ球をペナルティアーク左のアーノルドに弾丸ミドルを叩き込まれた。 ▽続く52分にもアーノルドの強烈なミドルシュートがGKバウマンを強襲する中、クラマリッチに代えてサライを投入したホッフェハイムは59分、デミルバイのドリブルシュートでゴールに迫った。 ▽しかし、一進一退の攻防が続く中、73分に失点する。FKの流れから混戦の中をディダヴィに押し込まれた。その後、76分の左クロスからゴメスに合わせられた決定機はGKバウマンがゴールラインぎりぎりで止めたものの、終盤にかけては反撃に出られずに逆転負け。3位浮上のチャンスを逃している。 2017.02.13 01:25 Mon
twitterfacebook
thumb

武藤3試合連続スタメンも見せ場作れずチームもホッフェンハイムに完敗《ブンデスリーガ》

▽マインツは4日、ブンデスリーガ第19節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、0-4で完敗した。マインツのFW武藤嘉紀は75分までプレーしている。 ▽前節ドルトムント戦で先発したものの守備に追われた武藤だったが、新戦力のボージャンが加入した中、3試合連続スタメンとなった。 ▽前節ライプツィヒ戦で初黒星を喫した5位ホッフェンハイムにマインツは開始5分、先制を許す。ルディのフィードを受けたウートにボックス手前左から左足を一閃されると、強烈なシュートでネットを揺らされた。 ▽失点したマインツは11分、混戦の中からボックス内の武藤がシュートに持ち込もうとするも、DFに寄せられてシュートを打ちきれない。その後もホッフェンハイムが押し気味に試合を運ぶ中、27分にようやくマインツはコルドバのヘディングシュートでゴールに迫ったが、枠を捉えきれない。結局、39分にハイロが枠内シュートを浴びせたものの、ゴールの可能性を感じさせられず、1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始4分、ウートにゴールを脅かされたマインツは58分にコルドバに代えてエツナリを投入。流れを変えにかかると、73分にビッグチャンス。右サイドを突破したエツナリのクロスをデ・ブラシスが合わせるもGKバウマンのビッグセーブに阻まれた。 ▽75分、武藤に代えてボージャンを投入したマインツだったが、オープンな展開で推移する中、81分に追加点を許す。デミルバイの直接FKがバーを直撃すると、テラッツィーノにルーズボールをヘディングで押し込まれた。 ▽さらに途中出場のサライに2ゴールを奪われたマインツは0-4で完敗。新年初勝利はまたもお預けとなっている。 2017.02.05 02:05 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング