ホッフェンハイム

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 ホッフェンハイム 31 8 7 8 37 37 0 23

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-02-24
23:30
ブンデスリーガ
第24節
ホッフェンハイム vs フライブルク
2018-03-03
23:30
ブンデスリーガ
第25節
アウグスブルク vs ホッフェンハイム
2018-03-10
23:30
ブンデスリーガ
第26節
ホッフェンハイム vs ヴォルフスブルク
2018-03-17
23:30
ブンデスリーガ
第27節
ボルシアMG vs ホッフェンハイム
2018-03-31
ブンデスリーガ
第28節
ホッフェンハイム vs ケルン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.02.17
26:30
ブンデスリーガ
第23節
シャルケ 2 - 1 ホッフェンハイム
2018.02.10
23:30
ブンデスリーガ
第22節
ホッフェンハイム 4 - 2 マインツ
2018.02.03
23:30
ブンデスリーガ
第21節
ヘルタ・ベルリン 1 - 1 ホッフェンハイム
2018.01.27
23:30
ブンデスリーガ
第20節
バイエルン 5 - 2 ホッフェンハイム
2018.01.20
23:30
ブンデスリーガ
第19節
ホッフェンハイム 1 - 4 レバークーゼン

基本データ

正式名称:TSG 1899ホッフェンハイム

原語表記:TSG Hoffenheim

愛称:ホッフェ

創立:1899年

ホームタウン:ジンスハイム

チームカラー:青、白

関連ニュース

thumb

シャルケが連敗ストップ、CL出場権争いに踏みとどまる《ブンデスリーガ》

▽シャルケは17日、ブンデスリーガ第23節でホッフェンハイムをホームに迎え、2-1で勝利した。 ▽前節バイエルン戦を1-2で敗れ、2連敗となって6位に後退したシャルケ(勝ち点34)が、前節マインツ戦を4-2と快勝した8位ホッフェンハイム(勝ち点31)をホームに迎えた一戦。 ▽一進一退の攻防で立ち上がった中、シャルケは11分にディ・サントの左足ミドルがGKバウマンを強襲。すると直後の左CKの流れからケフラーがヘディングで流し込んでシャルケが先制した。 ▽さらに14分、スルーパスに抜け出したエンボロがボックス右に侵入。GKと一対一となってチップキックシュートでゴールへ流し込んだが、VARによりエンボロのポジションがオフサイドを取られ、ノーゴールに。 ▽それでも28分、フォクトの軽率なミスパスをカットしたエンボロが無人のゴールに流し込んでシャルケが突き放した。ハーフタイムにかけても危なげなく試合を進めたシャルケが2-0で前半を終えた。 ▽迎えた後半も主導権を握るシャルケは57分にCKからブルクシュタラーがヒールキックシュートでオンターゲットを記録。 ▽選手交代で流れを変えにかかるホッフェンハイムは、シャルケの集中した守備を崩せず時間だけを消化していったが、78分に1点差に詰め寄る。カデラベクの左サイドからのインスイングのクロスをファーサイドのクラマリッチがヘッドで流し込んだ。 ▽しかし、それ以上の反撃は見せられずにシャルケが逃げ切り。連敗を2で止め、CL出場権争いに踏みとどまっている。 2018.02.18 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤フル出場のマインツ、ホッフェンハイムとの打ち合いに敗れて3連敗《ブンデスリーガ》

▽マインツは10日、ブンデスリーガ第22節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、2-4で敗戦した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場している。 ▽前節バイエルン戦を0-2で落とした16位マインツ(勝ち点20)は、武藤が2トップの一角で6試合連続スタメンとなった。 ▽5試合勝利のない9位ホッフェンハイム(勝ち点28)に対し、開始3分にサライにポスト直撃のボレーシュートを浴びたマインツは劣勢の中、15分にビッグチャンス。右サイドからのG・ドナーティのクロスを武藤が打点の高いヘッドで合わせる。しかし、シュートはわずかに枠の上を越えていった。 ▽ここから一進一退の攻防に持ち込んだマインツだったが、27分に先制を許す。ニャブリのスルーパスに抜け出したサライにシュートを流し込まれた。 ▽それでも直後の28分、マインツは左サイド低い位置からのブロシンスキのFKをベルグレーンが頭で合わせて同点に追いついた。 ▽ハーフタイムにかけて押し込まれたマインツは43分にピンチ。しかし、サライのヘディングシュートはバーを掠めて枠を外れていった。 ▽迎えた後半、58分にガイガーのシュートでゴールに迫られたマインツは60分、ベルグレーンのヘディングシュートで牽制。 ▽一進一退の攻防の中67分、マインツは勝ち越されてしまう。ボックス手前右からのFKがゴール前での混戦を生むと、ルーズボールを最後はクラマリッチに押し込まれた。さらに74分、カウンターからボックス右のサライにシュートを流し込まれたマインツは、ベルグレーンのこの試合2ゴール目で1点差に迫ったものの、88分に勝負を決定付けられた。 ▽ゴール正面で与えた約25mのFKをクラマリッチに直接ゴール左へ叩き込まれた。サライとクラマリッチにドッペルパックを許したマインツは打ち合いに敗れて敗戦。3連敗となっている。 2018.02.11 03:24 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンFWワグナー、古巣相手のゴールに「人生で最も素晴らしい瞬間のひとつ」

古巣のホッフェンハイム相手に得点を挙げたバイエルンFWサンドロ・ワグナーは、得点をあげた瞬間を「人生で最も素晴らしい時間のひとつ」と振り返った。<br><br>27日に行われたブンデスリーガ第20節で、ホッフェンハイムをホームに迎えたバイエルン。2点を先行される苦しい展開となったが、前半で2点を返して同点に追いつく。後半には3点を奪い、5-2で勝利を収めている。<br><br>1月の移籍市場で、ホッフェンハイムからバイエルンに移籍したワグナー。4-2とリードで迎えた後半40分に交代でピッチに入ると、試合終了間際には、右サイドから送り込まれたラフィーニャのクロスを押し込み、古巣相手に今シーズン5ゴール目を奪った。<br><br>30歳のドイツ代表FWは試合後、古巣相手のゴールについて「人生で最も素晴らしい瞬間のひとつだったね。あのときは本当にうれしくて、得点した後はすべてがあっという間に過ぎていったよ」と感慨深げに語った。<br><br>かつてはバイエルンユースでプレーし、2007-08シーズンには4試合の出場ながらトップチームでの優勝も経験しているワグナー。現在はエースのロベルト・レヴァンドフスキのバックアッパー扱いとなっているが、10年ぶりに帰還した「アリアンツ・アレーナ」でさらなる活躍を見せられるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.28 22:43 Sun
twitterfacebook
thumb

レンタル中のニャブリに苦戦も2点差をひっくり返したバイエルンが5発大勝で7連勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは27日、ブンデスリーガ第20節でホッフェンハイムをホームに迎え、5-2で大勝した。 ▽前節ブレーメン戦をレヴァンドフスキとミュラーのドッペルパックで4-2と勝利し、6連勝とした首位バイエルン(勝ち点47)は、リベリやハメス・ロドリゲス、ミュラーらをベンチスタートとし、コマンやビダル、古巣対決となるルディにジューレらをスタメンで起用した。 ▽前節レバークーゼンに1-4と大敗した9位ホッフェンハイム(勝ち点27)に対し、[4-3-3]で臨んだバイエルンは3トップに右からロッベン、レヴァンドフスキ、コマンと並べ、中盤アンカーにルディ、両インサイドにビダルとトリッソを配した。 ▽そのバイエルンは、開始2分にPKを献上してしまう。スルーパスに抜け出したニャブリをキミッヒがボックス内で倒してしまった。このPKのキッカーを務めたニャブリのシュートはGKウルライヒが止めるも、ルーズボールをウートに詰められ、先制された。 ▽さらに12分、ルーズボールをゴール正面のニャブリにミドルシュートを叩き込まれ、バイエルンは早々に2点をリードされてしまう。 ▽レンタル中のニャブリの活躍を許し、2点を追う展開となったバイエルンは21分、左サイドからのコマンの仕掛けを起点に、キミッヒがミドルシュート。これをゴール前のレヴァンドフスキが左足でうまくコースを変えて1点差に詰め寄った。さらに25分、ロッベンの右CKをJ・ボアテングがヘディングで合わせ、早々に同点に追い付いて見せた。 ▽ハーフタイムにかけてもバイエルンが攻勢に出ると、アラバのコントロールシュートやビダルのミドルシュートでゴールに迫った中、前半を2-2で終えた。 ▽迎えた後半、54分にビダルがボレーシュートでGKバウマンを脅かしたバイエルンは、63分に逆転に成功する。レヴァンドフスキのスルーパスをボックス左で受けたコマンがゴール右にグラウンダーのシュートを流し込んだ。 ▽さらに66分、右CKからファーサイドのビダルがヘディングシュートを流し込み、4-2と突き放したバイエルンは、90分には古巣対決となるワグナーにも復帰後初ゴールが生まれ、終わってみれば5発圧勝。7連勝としている。 2018.01.28 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ベイリー躍動のレバークーゼンが暫定2位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第19節、ホッフェンハイムvsレバークーゼンが20日に行われ、1-4でレバークーゼンが勝利した。 ▽8位ホッフェンハイム(勝ち点27)と5位レバークーゼン(勝ち点28)の上位を窺う両チームの一戦。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続いた中、徐々に流れを引き寄せたレバークーゼンは前半終盤の42分に試合を動かす。ブラントの右サイドからのクロスを受けたボックス中央のベイリーが意表を突いたヒールシュートでネットを揺らした。 ▽レバークーゼンが1点をリードして迎えた後半、開始30秒にルップのミドルシュートが右ポストに直撃してゴールを脅かされたレバークーゼンは、ホッフェンハイムに押し込まれる展開を強いられる。 ▽しかし51分に突き放した。左サイドからのベイリーのクロスがファーに流れると、ブラントが丁寧に横に出したパスをペナルティアーク右のバウムガルトリンガーがダイレクトでゴール左に蹴り込んだ。 ▽2点を追う展開となったホッフェンハイムがクラマリッチ、ウート、アミリと立て続けに投入していったのに対し、レバークーゼンは70分に勝負を決定付ける。ベイリーが中央をドリブルで持ち上がりスルーパス。これをボックス左で受けたアラリオがGKとの一対一を制した。 ▽その後、両チームが1点ずつ加えた中、4-1で試合は終了。レバークーゼンが勝利し、ライプツィヒやドルトムントをかわして暫定2位に浮上している。 2018.01.21 05:15 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング