ホッフェンハイム

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ホッフェンハイム 55 14 13 3 57 32 25 30

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-30
24:30
ブンデスリーガ
第31節
ホッフェンハイム vs フランクフルト
2017-05-06
22:30
ブンデスリーガ
第32節
ドルトムント vs ホッフェンハイム
2017-05-13
22:30
ブンデスリーガ
第33節
ブレーメン vs ホッフェンハイム
2017-05-20
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ホッフェンハイム vs アウグスブルク

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.21
27:30
ブンデスリーガ
第30節
ケルン 1 - 1 ホッフェンハイム
2017.04.15
22:30
ブンデスリーガ
第29節
ホッフェンハイム 5 - 3 ボルシアMG
2017.04.08
22:30
ブンデスリーガ
第28節
ハンブルガーSV 2 - 1 ホッフェンハイム
2017.04.04
27:00
ブンデスリーガ
第27節
ホッフェンハイム 1 - 0 バイエルン
2017.03.31
27:30
ブンデスリーガ
第26節
ヘルタ・ベルリン 1 - 3 ホッフェンハイム

基本データ

正式名称:TSG 1899ホッフェンハイム

原語表記:TSG Hoffenheim

愛称:ホッフェ

創立:1899年

ホームタウン:ジンスハイム

チームカラー:青、白

関連ニュース

thumb

大迫痛恨のクリアミスで終了間際被弾のケルン、ホッフェンハイムにドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第30節ケルンvsホッフェンハイムが21日に行われ、1-1で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽前節1-2と敗れたアウグスブルク戦で決定機を逸した大迫が3トップの右ウイングとして2試合連続先発となった一戦。 ▽一方、サライとデミルバイのドッペルパックでボルシアMGとの打ち合いを制した3位ホッフェンハイム(勝ち点54)は、4位ドルトムントとの1ポイント差をキープしている中、勝利すればクラブ史上初の欧州カップ戦出場が決まる一戦となった。 ▽試合は4分、ホッフェンハイムにチャンス。浮き球パスに抜け出したクラマリッチがボックス左へ進入してシュート。しかし、枠を捉えきれなかった。その後もホッフェンハイムが攻勢に出ると、ケルンを自陣に押し込んでいく。 ▽守勢のケルンは42分、ハインツの左クロスに大迫がダイレクトで合わせたシュートが前半唯一の決定機だったが、枠の右へ外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もこう着状態が続いたため、ホッフェンハイムはクラマリッチに代えてアミリを投入する。 ▽しかし58分、先手を取ったのはケルン。右サイドから崩してヘクターの折り返しをビッテンコートが押し込んだ。 ▽失点を受けてサライに代えてウートを投入してきたホッフェンハイムに対し、守備に追われて見せ場のなかった大迫だったが、77分に決定機。モデストのスルーパスに抜け出してボックス右からシュート。しかし、GKにセーブされてしまった。 ▽このままケルンが逃げ切るムードとなっていたが、後半追加タイム3分に被弾する。大迫のクリアミスをカットされた流れから混戦の中をデミルバイにシュートを決められ、試合は1-1でタイムアップ。ケルンが土壇場で勝利を逃がしている。 2017.04.22 05:29 Sat
twitterfacebook
thumb

酒井高フル出場のHSVが3位ホッフェンハイムを下す! フントの2発で残留へ貴重な勝ち点3《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第28節のハンブルガーSVvsホッフェンハイムが8日にアイエムテック・アレーナで行われ、2-1でハンブルガーSVが勝利した。ハンブルガーSVのDF酒井高徳はフル出場している。 ▽前節のドルトムント戦に3-0で敗れたものの、残留圏内の14位をキープしているハンブルガーSV(勝ち点30)は、ドルトムント戦から先発メンバーを3人変更。GKアトラーとエクダル、グレゴリッチュに代えてGKマゼニアとK・パパドプーロス、フントを起用した。酒井高はボランチとして先発に名を連ねた。 ▽一方、前節でバイエルン相手にクラブ史上初となる勝利を飾った3位ホッフェンハイム(勝ち点51)は、その一戦から先発メンバーを3人変更。デミルバイとトルジャン、アミリに代えてビカクチッチとシュベクラー、テラッツィーノを起用した。 ▽試合は攻守の切り替わりが早いものの、互いにシュートまで持ち込めない低調な立ち上がりとなる。ハンブルガーSVは16分、ボックス手前でパスを受けた酒井高が一人かわして左足を振り抜く。しかし、これはGKバウマンに正面でキャッチされる。 ▽対するホッフェンハイムは21分、ボックス左でクロスを受けたジューレが粘り強いキープから右足を振り抜くも、ゴール左にわずかに逸れてしまう。 ▽前半半ばが経過すると、ハンブルガーSVがセットプレーから均衡を破る。25分、ボックス右手前で獲得したFKをフントが左足で直接狙うと、これがゴール左隅を突き刺さった。 ▽先制を許したホッフェンハイムだったが、カウンターから絶好のチャンスが訪れる。33分、テラッツィーノからのサイドチェンジをボックス右で受けたビカクチッチがオストルツォレクに倒されてPKを獲得。これをクラマリッチが冷静に右隅へと沈めた。 ▽後半に入ると試合を振り出しに戻したホッフェンハイムがハンブルガーSVを攻め立てる。48分、ボックス手前でのパス回しからヒュブナーがボックス中央にスルーパス。これに反応したワグナーと飛び出したGKマゼニアが交錯すると、ボールはゴールの方向へ。しかし、カバーに入っていたディークメイアーに対応され、勝ち越しゴールはならない。 ▽その後もホッフェンハイムに押し込まれるハンブルガーSVだったが、GKマゼニアのゴールキックから勝ち越しゴールを奪う。75分、最前線でゴールキックを収めたホルトビーがウッドとのワンツーで最終ラインの裏へと抜け出し、ボックス内に侵攻。GKバウマンを引き付けて右にラストパスを送ると、これを走り込んだフントが流し込んだ。 ▽勝ち越しゴールを許したホッフェンハイムは89分、ボックス左外でFKを獲得する。これを途中出場のアミリが角度のないところから右足で狙うと、左ポストに直撃。こぼれ球をジューレが拾うも決め切ることができない。 ▽終了間際の右CKでは、GKバウマンも上がって同点ゴールを奪いにいくも、実らずそのまま試合終了。先発起用に応えるフントの2ゴールを守り切ったハンブルガーSVが1部残留に向けて貴重な勝ち点3を獲得。一方、下位相手に8試合ぶりの敗戦を喫したホッフェンハイムは、4位ドルトムントとの勝ち点差を広げることができなかった。 2017.04.09 05:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムとの上位対決に敗れたバイエルン、リーグ戦16試合ぶりの黒星《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第27節ホッフェンハイムvsバイエルンが4日に行われ、1-0でホッフェンハイムが勝利した。 ▽前節アウグスブルク戦をレヴァンドフスキのハットトリックとミュラーのドッペルパックで6-0と圧勝した首位バイエルン(勝ち点65)は、2位ライプツィヒとの13ポイント差をキープ。5連覇へ着実に歩みを進める中、アウグスブルク戦のスタメンから大幅に7選手を変更。レヴァンドフスキ、フンメルス、コマン、GKウルライヒのみを引き続き先発とした。 ▽一方、ヘルタ・ベルリンとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを制してCLストレートインとなる3位に浮上したホッフェンハイム(勝ち点48)は、ヘルタ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽中盤アンカーにシャビ・アロンソを、インサイドにビダルとレナト・サンチェスを配し、3トップに右からロッベン、レヴァンドフスキ、コマンと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンに対し、ホッフェンハイムがディフェンスライン背後を突く形から決定機を演出していく。 ▽まずは開始2分、デミルバイのスルーパスに抜け出したクラマリッチがボックス右へ進入して決定的なシュート。しかし、ラフィーニャの好ブロックに阻まれた。続く9分にはスルーパスに抜け出したアミリがGKウルライヒと一対一となるも、ウルライヒの好守に阻止される。 ▽その後、ポゼッションを譲ったバイエルンに16分、ビダルのミドルシュートでゴールを脅かされるも、21分にホッフェンハイムが先制する。左サイドからのクロスのルーズボールを拾った中央のクラマリッチが右足を一閃。強烈なシュートがGKウルライヒの手を弾いてネットを揺らした。 ▽ハーフタイムにかけてもカウンターを狙って主導権を渡さないホッフェンハイムは、40分にクラマリッチのスルーパスに抜け出したアミリのシュートはGKウルライヒにセーブされ、1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、55分にボックス中央からロッベンのパスを受けたレヴァンドフスキが決定的なシュートを浴びせるも、GKバウマンのビッグセーブに阻まれる。67分にはクラマリッチに決定的なシュートを許したものの、枠を外れて助かったバイエルンはリベリを投入する。 ▽すると73分には左サイドに入ったリベリがカットインから決定的なシュートを浴びせる。直後には左CKからフンメルスがヘディングシュートを放ったが、ゴールライン前のDFに頭でクリアされた。 ▽結局、終盤にかけては決定機を生み出せずに0-1のまま敗退。リーグ戦16試合ぶりの黒星を喫している。 2017.04.05 05:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムが10人のヘルタ・ベルリンに逆転勝利で暫定3位に浮上! ヘルタ原口は64分からプレー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第26節のヘルタ・ベルリンvsホッフェンハイムが3月31日に行われ、1-3でホッフェンハイムが勝利した。ヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気は、64分からプレーした。 ▽現在5位に位置するヘルタ・ベルリン(勝ち点40)が、本拠地ベルリン・オリンピアシュタディオンに4位ホッフェンハイム(勝ち点45)を迎えた上位対決。CL出場権獲得へ負けられないヘルタ・ベルリンは、前節のケルン戦からスタメンを2選手変更。日本代表としてインターナショナルウィークを戦った原口とプラッテンハールトに代わりエスヴァインとミッテルシュタッドがスタメンで起用された。 ▽インターナショナルウィーク明けのブンデスリーガ最初の一戦。試合は序盤からホッフェンハイムがボールポゼッションを高めると8分、ルディの左CKをクラマリッチが頭で合わせるも、これはミッテルシュタッドにゴールライン上でクリアされる。 ▽ピンチを凌いだヘルタ・ベルリンは17分、右サイドを突破したエスヴァインがボックス右から侵入してマイナスの折り返しを供給。これをボックス中央に走り込んだカルーがダイレクトで合わせたが、シュートはGKバウマンの好セーブに防がれた。 ▽その後も一進一退を続ける両チームだったが32分、ホームのヘルタ・ベルリンがスコアを動かす。中盤でのボールカットから素早くカウンターを仕掛けると、ボックス左から仕掛けたカルーのラストパスをペナルティアーク手前のエスヴァインが右足で合わせるが、これはキックミス。しかし、このこぼれ球をボックス右で拾ったペカリークがシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽先制を許したホッフェンハイムだったがすぐに反撃に転じると38分、ツバーとのワンツーでボックス内に侵入したアミリがミッテルシュタッドのハンドを誘い、PKを獲得。このPKをクラマリッチがゴール左隅に決め、試合を振り出しに戻した。 ▽1-1で迎えた後半、最初の決定機はアウェイチームに生まれる。52分、バイタルエリア右からカットインしたデミルバイが左足を振り抜くと、シュートはゴール右隅を捉えたがGKヤルシュテインの好セーブに阻まれた。 ▽ホームで負けられないヘルタ・ベルリンだったが58分、ミッテルシュタッドがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場。これを受け、ヘルタ・ベルリンのダルダイ監督は63分、イビセビッチを下げてトルナリガをスクランブル投入。さらに64分には、カルーに代えて原口をピッチに送り出した。 ▽数的有利のホッフェンハイムは、66分に決定機。ボックス中央でボールを受けたワグナーの落としをペナルティアーク手前のクラマリッチがダイレクトシュート。クロスバーを直撃したこぼれ球に反応したクラマリッチが再びダイレクトシュートでゴールを脅かしたが、これは右ポストを叩いた。 ▽攻勢を強めるホッフェンハイムは76分、バイタルエリア右でツバーのパスを受けたジューレが右足を豪快に振り抜くと、強烈な弾道のシュートがクロスバーをかすめゴール左上隅の完璧なコースに突き刺さった。 ▽勝ち越しに成功したホッフェンハイムは86分にも、ボックス左から仕掛けたワグナーの折り返しをクラマリッチがゴールに流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、ホッフェンハイムはサライやポランスキーを投入し、試合をクローズ。敵地で逆転勝利を飾ったホッフェンハイムは、ドルトムントをかわし暫定3位に浮上。一方、ホッフェンハイムとの直接対決で敗れたヘルタ・ベルリンは、前節のケルン戦に続く黒星を喫し、足踏みが続いている。 2017.04.01 05:48 Sat
twitterfacebook
thumb

今夏バイエルン加入のジューレ「チェルシーからもオファーがあった」

ホッフェンハイムに所属するドイツ代表DFニクラス・ジューレは、今シーズン終了後にバイエルンに加入することが内定している。<br><br>ジューレはミュンヘンの地方紙『TZ』に対して、「実は、バイエルンの他にチェルシーからも獲得の打診があった」と明かした。<br><br>「ほぼ同時に、バイエルンとチェルシーからオファーが来た」<br><br>「もちろん、チェルシーが僕に関心を示してくれたことはうれしいけど、僕はブンデスリーガでプレーし続けることが今の自分にとって重要だと思ったんだ。だからバイエルンを選んだ」<br><br>ジューレは「バイエルンは世界のトップだからね。それより上のクラブはないよ」と語り、来シーズンからプレーするバイエルンでの意気込みを示している。<br><br>ジューレはフランクフルト、ダルムシュタット、ホッフェンハイムの下部組織を渡り歩き、2013年にトップチーム昇格。195センチの長身を生かしたディフェンスを武器に、今シーズンは現在4位に付けているホッフェンハイムでここまでリーグ戦24試合に出場し、躍進の原動力となっていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.27 13:11 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング