ホッフェンハイム

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ホッフェンハイム 15 4 3 1 15 10 5 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-10-19
28:05
ELグループC
第3節
ホッフェンハイム vs イスタンブールBBSK
2017-10-22
25:00
ブンデスリーガ
第9節
ヴォルフスブルク vs ホッフェンハイム
2017-10-28
22:30
ブンデスリーガ
第10節
ホッフェンハイム vs ボルシアMG
2017-11-02
27:00
ELグループC
第4節
イスタンブールBBSK vs ホッフェンハイム
2017-11-05
23:30
ブンデスリーガ
第11節
ケルン vs ホッフェンハイム

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.10.14
22:30
ブンデスリーガ
第8節
ホッフェンハイム 2 - 2 アウグスブルク
2017.10.01
20:30
ブンデスリーガ
第7節
フライブルク 3 - 2 ホッフェンハイム
2017.09.28
28:05
ELグループC
第2節
ルドゴレツ 2 - 1 ホッフェンハイム
2017.09.23
22:30
ブンデスリーガ
第6節
ホッフェンハイム 2 - 0 シャルケ
2017.09.20
27:30
ブンデスリーガ
第5節
マインツ 2 - 3 ホッフェンハイム

基本データ

正式名称:TSG 1899ホッフェンハイム

原語表記:TSG Hoffenheim

愛称:ホッフェ

創立:1899年

ホームタウン:ジンスハイム

チームカラー:青、白

関連ニュース

thumb

ハインケスが後任噂の若手指揮官にアドバイス「あと数年はホッフェンハイムで」

バイエルンのユップ・ハインケス監督が、ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督にアドバイスを送っている。ドイツ『Rhein Neckar Zeitung』が報じた。<br><br>ハインケス監督は先日、解任されたカルロ・アンチェロッティの後任としてバイエルンの監督に就任。今シーズン終了までの契約を古巣と結んだ。来シーズン以降のポストについては、&ldquo;相思相愛&rdquo;のナーゲルスマンや元ドルトムントのトーマス・トゥヘルが候補に挙がっていると伝えられる。しかし、ハインケスはナーゲルスマンについてあと数年はホッフェンハイムに残るべきと語った。<br><br>「おそらくナーゲルスマンにとっては、もう何年かホッフェンハイムにとどまり、国際経験を積んだほうが良いだろうね。小さなクラブであれば、ミスは許されるから」<br><br>また、自身の後任については「ドイツ人の監督がいい。戦術的にもメソッドにおいても、ドイツには優れた若い監督が多いからね」としている。<br><br>ナーゲルスマンもトゥヘルもドイツ人監督。2013年、ドイツ人監督ハインケスのもとで3冠を成し遂げたチームのように、成功のためにバイエルンは再び&ldquo;ドイツ化&rdquo;を推し進めることになるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:54 Wed
twitterfacebook
thumb

先発復帰の武藤が今季2ゴール目もチームは逆転負けで4敗目《ブンデスリーガ》

▽マインツは20日、ブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムとのホーム戦に臨み、2-3で敗れた。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場し、16分に今季2ゴール目を挙げている。 ▽前節バイエルン戦を0-4と惨敗して今季3敗目を喫したマインツは、武藤が2試合ぶりに先発となった。 ▽試合は開始5分、ラツァのミドルシュートが決まってマインツが先制した。さらに16分、武藤が魅せる。エツナリのパスを受けた武藤がボックス左へドリブルで侵入。DF2人に対応されながらも左足でゴール左隅へねじ込んだ。 ▽しかし23分、中央をあっさり割られてアミリにシュートを叩き込まれた。さらに前半追加タイム1分、右CKからワグナーにヘッドで決められ、試合を振り出しに戻されて前半を終えた。 ▽迎えた後半はマインツペースで推移した中、試合終了間際に痛恨の失点を喫する。追加タイム2分、右CKの流れからオフサイドトラップをかいくぐったウートにシュートを決められた。これが決勝点となってマインツは敗戦。武藤のゴールも虚しく、今季4敗目を喫している。 2017.09.21 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

原口終盤出場のヘルタ、ホッフェンハイムとドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、ホッフェンハイムvsヘルタ・ベルリンが17日に行われ、1-1で引き分けた。ヘルタのMF原口元気は82分から出場している。 ▽前節バイエルン戦を2-0と勝利して2勝1分けスタートとしたホッフェンハイムと、前節ブレーメン戦を1-1と引き分けて1勝1分け1敗スタートとなったヘルタの一戦。 ▽共に3日前にヨーロッパリーグを戦ったチーム同士の試合は、開始6分に動く。右CKからワグナーがヘディングシュートで流し込んだ。先制後もホッフェンハイムがボールを持ち、主導権を渡さない。30分にはCKからヒュブナーが際どいヘディングシュートを浴びせた。 ▽劣勢のヘルタは37分にようやく決定機。エスヴァインがボックス左に侵入して左足でシュート。しかし、GKバウマンのセーブに阻まれた。ここからギアを上げたヘルタが盛り返すと、迎えた後半の50分にも同点のチャンス。レッキーがスピードでボックス右に侵入しクロス。エスヴァインがシュートに持ち込んだが、GKバウマンのセーブに阻止された。 ▽それでも55分、左サイドからのプラッテンハールトのクロスをニアのエスヴァインがヘッドで合わせ、試合を振り出しに戻した。 ▽同点とされたホッフェンハイムはワグナーに代えてバイエルン戦で2ゴールを決めたウートを投入。勝ち越しゴールを目指し、ヘルタを押し込んでいく。 ▽劣勢となったヘルタは82分に原口を左サイドに投入。出足の鋭い守備でチームを助けると、そのまま1-1でタイムアップ。チームの勝ち点1獲得に貢献している。 2017.09.18 01:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン、バイエルン就任希望発言が思わぬ余波に…アンチェロッティに弁明

ホッフェンハイムを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督は、自身のインタビューが大きな余波を生み出したことに動揺していたようだ。<br><br>ナーゲルスマン監督は先日、「バイエルン・ミュンヘンの監督に就任できたら、もう少し幸せになれる」と自身の夢を明かし、メディアによって大きく取り上げられた。しかし、ナーゲルスマンは戸惑っているとして、「望んでいたより大きなインパクトを与えてしまった。カルロ・アンチェロッティ監督には大きな敬意を払っている。僕が持っている下着より多くのトロフィーを持っているんだからね」と話して、改めてアンチェロッティへのリスペクトを強調した。<br><br>アンチェロッティ自身は、ナーゲルスマン監督の夢について「普通のこと」と、ことさら言及することはなかったが、ナーゲルスマンは個人的にしっかりと説明したという。<br><br>「カルロにはショートメールで僕がどういう意味で発言したのかを伝えた。ワールドクラスのクラブを率いたいという目標は常に口にしてきた。インタビューは現在についてではなく、将来についてだ」<br><br>続けて、「僕は常にオープンで正直に答える。それは今後も続ける」と話した。なお、ナーゲルスマン監督はホッフェンハイムとの契約を2021年まで残している。<br><br>提供:goal.com 2017.09.14 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンに早くも土、ホッフェンハイムに完敗《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは9日、ブンデスリーガ第3節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽前節ブレーメン戦を低調な内容ながらもレヴァンドフスキの2発で2-0と制して2連勝スタートを切ったバイエルンは、火曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のアンデルレヒト戦を控える中、古巣対決となるルディが先発し、ジューレはベンチスタートとなった。代表戦で負傷したアラバを欠く左サイドバックにはラフィーニャが入った。 ▽前節レバークーゼン相手に守備の緩さを突いて2-2と引き分けに持ち込んだ1勝1分けスタートのホッフェンハイムに対し、前線に右からミュラー、レヴァンドフスキ、コマンと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンがボールを保持する展開で立ち上がっていく。 ▽すると7分に決定機。左サイドからのミュラーの右足クロスにレヴァンドフスキがボレー。しかし、バーを掠めて枠の上に外れてしまった。 ▽その後も攻勢に出たバイエルンだったが、球際に激しく当たるホッフェンハイムを崩せずにいると、27分に先制される。スローインをクイックリスタートさせたホッフェンハイムに対応できず、ボックス左に侵入したウートにネットを揺らされた。 ▽先制されたバイエルンは31分、レヴァンドフスキが直接FKでゴールに迫るもわずかに枠の左上に外れる。ハーフタイムにかけて攻めあぐねたバイエルンは42分にピンチ。ツバーのミドルシュートが枠の右を捉えたが、GKノイアーが好守で凌いだ。 ▽しかし迎えた後半開始6分に追加点を許す。デミルバイのボール奪取からボックス左のツバーへ展開。ツバーのマイナスクロスを受けたウートが再びGKノイアーの牙城を崩した。 ▽失点を受けてルディに代えてロッベンを投入したバイエルンだったが、全くチャンスを作れずにいると、78分にはリベリとハメス・ロドリゲスを投入。すると80分に決定機。ボックス手前右からのハメス・ロドリゲスのFKにハビ・マルティネスがヘディングで合わせた。ところが、シュートはGKバウマンのファインセーブに阻まれる。 ▽このままバイエルンは0-2で敗戦。早くも今季初黒星を喫している。一方、勝利したホッフェンハイムは2勝1分けと好スタートを切った。 2017.09.10 03:27 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング