藤枝MYFC

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 藤枝 34 10 4 18 32 48 -16 32

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.02
13:00
明治安田生命J3リーグ
第34節
鳥取 2 - 1 藤枝
2018.11.24
13:00
明治安田生命J3リーグ
第33節
藤枝 1 - 0 群馬
2018.11.17
13:00
明治安田生命J3リーグ
第32節
藤枝 0 - 2 鹿児島
2018.11.11
13:00
明治安田生命J3リーグ
第31節
相模原 1 - 0 藤枝
2018.11.03
13:00
明治安田生命J3リーグ
第30節
藤枝 1 - 2 福島

基本データ

正式名称:藤枝MYFC

原語表記:Fujieda MYFC

ホームタウン:静岡県藤枝市

チームカラー:藤色

関連ニュース

thumb

藤枝MYFC、MF関光博の契約満了を発表「短い間でしたがありがとうございました」

▽藤枝MYFCは14日、MF関光博(36)の契約満了を発表した。 ▽関は2018年に鹿児島ユナイテッドFCから藤枝に加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグに4試合出場した。 ▽藤枝退団が決定した関は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「藤枝MYFCを愛する皆さん、短い間でしたがありがとうございました。このクラブに関わる全ての方々に感謝し、今後のクラブの発展を願い、チームの活躍を応援しています」 2018.12.14 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

藤枝、DF金聖基の契約満了を発表「勉強になった1年でした」

▽藤枝MYFCは12日、DF金聖基(キム・ソンギ/29)との2018シーズンの契約満了に伴い、来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽金聖基は、2011年に朝鮮大学校からセレッソ大阪に加入してプロキャリアをスタートさせた。その後、ヴィッセル神戸への期限付き移籍、水戸ホーリーホック、FC町田ゼルビアへの完全移籍を経て、2018年に藤枝へと加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグ8試合1ゴールを記録していた。 ▽金聖基は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF金聖基 「ファン・サポーター、スポンサー企業の皆さまの期待に応えることができず、不甲斐ないシーズンでしたが、結果が出ない時でも全力で声援を送ってくださった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです」 「今年は本当に勉強になった1年でした。監督交代もあり、思うような結果が出ない時期も続きましたが、それも全て選手たち自身が招いた事であり、疑心暗鬼に陥ったこともありましたが、それでも前を向いてやり続けた選手たちを誇りに思いますし、チームに核として残る選手が来シーズンは必ずやってくれると信じています。このチームで出会った人は僕の財産ですし、なによりチームメイトは僕の一生の宝物です」 「これからはチームを離れますが、いつまでもサッカーのまち藤枝、藤枝MYFCを応援しています。1年間という短い期間でしたがありがとうございました。また会いましょう」 2018.12.12 16:19 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸から加入の藤枝DF木下高彰が期限付き移籍期間満了「成長できた1年だった」

▽藤枝MYFCは11日、水戸ホーリーホックから加入していたDF木下高彰(25)の期限付き移籍期間が満了となることを発表した。 ▽静岡県出身の木下は2012年にジュビロ磐田に入団。2016年から水戸へ加入した。昨シーズンの福島ユナイテッドFCへの期限付き移籍を経て、今シーズンから藤枝にレンタル移籍で加入。明治安田生命J3リーグでは2試合の出場にとどまっていた。 ▽藤枝退団が決まった木下はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「久しぶりに地元でプレーすることとなり、恩返ししたいという気持ちで臨んだ1年でしたが、なかなか思うように貢献できず、もどかしい日々でした。しかし、サポーターの皆さん・地元の友人の温かい声援や、母校の初の全国出場など、周りの方々に刺激をいただき、自分もやらなければという気持ちになりました」 「今年1年間、一緒にプレーしたチームメイトには、本当に感謝しています。皆と多くの時間を共有できたことは、本当に大切な思い出です。チームとして、プロとして、良い結果を出すことができませんでしたが、サッカー選手として成長できた1年だったと思っています。またどこかでお会いできたら嬉しいです。1年間お世話になり、本当にありがとうございました」 2018.12.11 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

藤枝、李在根と佐藤隼の両GKが退団

▽藤枝MYFCは7日、GK李在根(24)とGK佐藤隼(21)の契約満了を発表した。 ▽両選手は今シーズンを通じて出番なし。退団決定を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆李在根 「この度は短い期間でしたが、サッカーのまち藤枝でプレーすることができたことは非常に貴重な時間であり幸せでした。試合で貢献できることはありませんでしたが、応援してくださったファン・サポーターの皆さまに感謝しております。本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします」 ◆佐藤隼 「三年前に大学を中退した僕にサッカーをできる環境を与えてくれたチーム関係者には本当に感謝しています。ひとりのサッカー選手、ひとりの人間として大きく成長できたと感じています」 「三年間であまり試合に絡む機会はありませんでしたが、常に気にかけ応援してくださったファン・サポーターの皆さん、様々な面でのサポートをしてくださったスポンサー様、こんな僕に熱い指導をしてくださったチームスタッフ、多くのことを教え、厳しく支えてくれたチームメイト、怪我の時に怪我する前より強くなるようリハビリしてくださったトレーナー。今の僕があるのは藤枝で出会った方々のおかげです」 「プロのキャリアをスタートさせたチームが藤枝MYFCで本当に良かったですし、またこのチームでやりたいと思えるチームです。三年間本当にありがとうございました。これからのサッカー選手「佐藤隼」に期待してください。必ず花を咲かせます」 2018.12.07 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

藤枝DF齊藤隆成、現役引退を決断…「思い描いていたプロサッカー人生ではなかったが」

▽藤枝MYFCは6日、DF齊藤隆成(24)の今シーズン限りでの現役引退を発表した。 ▽京都サンガF.C.下部組織出身の齊藤は、2011年にトップチーム昇格。その後、佐川印刷SC(現・SP京都FC)、FC大阪、水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経験した。今シーズンは藤枝に完全移籍し、明治安田生命J3リーグに19試合出場している。 ▽キャリア通算ではJ2リーグで3試合1得点を記録。天皇杯では2試合、J3リーグでは19試合に出場した。 ▽現役引退を決断した齊藤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今シーズンをもちまして引退する決断をしました。プロになって6年間、必死にもがき続けてきました。5クラブでプレーをさせてもらいましたが選手としてなかなか輝けず、思い描いていたプロサッカー人生ではありませんでした。しかし、たくさんの方々に出会うことができ、それが僕の大きな財産となりました」 「いろいろな感情を分かち合ってきたチームメイト、どんな時も応援してくださったファン・サポーターの皆さま、たくさんのことを教えて頂いた指導者の方々、そして手間のかかる自分をどんな時も信じて全力のサポートをしてくれた家族。サッカーを始めて約20年間、たくさんの方々に支えられ、サッカーと出会えた事で今の僕がいます」 「サッカーは僕の全てです。サッカーに感謝。これからのことはまだ何も決まっていませんが、人としてもっと成長できる道を選んで頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします」 2018.12.06 10:25 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング