超ワールドサッカー

カマタマーレ讃岐

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 讃岐 13 2 7 10 18 29 -11 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
18:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
水戸 vs 讃岐
2017-07-01
19:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
讃岐 vs 長崎
2017-07-08
18:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
千葉 vs 讃岐
2017-07-15
18:00
明治安田生命J2リーグ
第23節
讃岐 vs 山口
2017-07-22
18:30
明治安田生命J2リーグ
第24節
東京V vs 讃岐

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
大分 2 - 1 讃岐
2017.06.11
14:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
讃岐 1 - 0 金沢
2017.06.03
13:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
福岡 3 - 1 讃岐
2017.05.27
16:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
徳島 1 - 1 讃岐
2017.05.21
14:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
讃岐 1 - 2 群馬

基本データ

正式名称:カマタマーレ讃岐

原語表記:Kamatamare Sanuki

創立:1956年

ホームタウン:香川県

チームカラー:水色/黄色

関連ニュース

thumb

讃岐を下した大分が6試合ぶり白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の大分トリニータvsカマタマーレ讃岐が17日に大分銀行ドームで行われ、2-1で大分が勝利した。 ▽ここまで7勝5分け6敗で11位の大分と、2勝7分け9敗で20位に低迷している讃岐が激突。試合は、13分に大分が均衡を破る。川西のパスから右サイドに抜けた岸田がグラウンダークロス。最後は正面の小手川が冷静にシュートを流し込み、大分がリードした。 ▽大分リードのまま迎えた後半、積極的に同点弾を狙う讃岐は、69分に追いつく。左からのクロスを受けた木島徹がペナルティアーク付近で仕掛けてミドルシュート。コースを突いたこのシュートがネットを揺らし、讃岐が1-1とした。 ▽追いつかれた大分だが、すぐさま突き放す。71分、左サイド深くから松本がクロス。正面で合わせた後藤のヘディングシュートはGK瀬口に弾かれるも、これが手前の中島に当たってゴールイン。オウンゴールで大分が再びリードを手にした。 ▽そのまま逃げ切った大分は、リーグ戦6試合ぶりの白星を手にしている。 2017.06.17 21:06 Sat
twitterfacebook
thumb

西弾で金沢撃破の讃岐が12試合ぶり白星!《J2》

▽11日にPikaraスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第18節のカマタマーレ讃岐vsツエーゲン金沢は、ホームの讃岐が1-0で勝利した。 ▽勝ち点10で21位につける讃岐と、同16で18位に位置する金沢という上位浮上を狙う両雄が激突した。試合は、序盤からアウェイの金沢のペースに。ボールポゼッションで讃岐を押し込み、ゴールに迫る。 ▽しかし、ゴールを割れずにいると、試合は徐々に讃岐の流れに。26分には左サイドからのクロスに反応した馬場がワンタッチシュートを放つ。これが枠内に飛ぶが、相手GKの好守に阻まれてしまう。 ▽迎えた後半もこう着状態が続いた試合は、68分に讃岐が先制する。渡邉がボックス右にボールを出すと、反応した仲間がヒールパス。この流れから西がシュートを放ち、GKに阻まれたボールを自らプッシュした。 ▽その後、今シーズン2度目の連勝が懸かる金沢の反撃を受けた讃岐だったが、踏ん張りの効いた守備で逃げ切り。西の一発で勝ちきった讃岐が第6節以来となる12試合ぶりの白星を手にした。 2017.06.11 15:57 Sun
twitterfacebook
thumb

讃岐、FW我那覇和樹ら3選手の負傷発表

▽カマタマーレ讃岐は5日、FW我那覇和樹が左大腿ハムストリング肉離れで全治約6週間と診断されたと発表した。 ▽クラブによれば、我那覇は5月9日のトレーニング中に負傷。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ5試合2ゴールを記録していた。 ▽また、クラブはGK清水健太、MF荻野広大の負傷も発表。前者が右小指PIP関節脱臼骨折で全治約3週間、後者が左肩関節脱臼で全治約4週間と診断されたことも併せて伝えている。 2017.06.05 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡が前節の敗戦を払しょくして暫定ながらも首位に返り咲き!!《J2》

▽3日に明治安田生命J2リーグ第17節のアビスパ福岡vsカマタマーレ讃岐がレベルファイブスタジアムで行われ、3-1で福岡が勝利した。 ▽前節、下位のザスパクサツ群馬相手に6試合ぶりの失点を喫して敗れ、首位陥落となった2位の福岡(勝ち点30)が、徳島ヴォルティスとのダービーマッチをドローで終えて10試合未勝利となった21位の讃岐(勝ち点10)が対戦した。 ▽試合は福岡が前線のウェリントンをターゲットに長いボールを入れていくと、讃岐も前線の原に長いボールを入れるなど、お互いに似た入りとなった。すると4分、左サイドから攻撃を展開した福岡は、三門の折り返しにボックス内でフリーとなったウェリントンが左足でシュート。このファーストシュートがネットを揺らし、福岡が先制した。 ▽追いかける讃岐は7分、李栄直のロングフィードから左サイドで裏を取った仲間が折り返し。最後は西がボックス手前中央で合わせるが、ここは岩下が体を張ってブロックしたことでボールはゴールマウスに飛ばない。 ▽すると12分、左サイドの坂田がゴール前に入れたクロスはファーサイドに流れる。しかしこれを収めたジウシーニョが入れたマイナスのボールを、後方から走り込んだ山瀬が右足で押し込み、福岡が2点目を奪った。しかし讃岐も16分に高木のシュートが實藤の手に当たってPKを獲得。このチャンスを原がしっかりと決めきって1点を返した。 ▽嫌な流れの福岡だったが28分、左サイドのロングスローから實藤が左足でシュート。これはGKのセーブで防がれるが、こぼれたところを岩下がプッシュ。岩下の移籍後初ゴールで福岡が再び2点差とした。 ▽そのまま試合を折り返すと、追いかける讃岐が前線からプレスを仕掛けていく。48分には左サイドから攻め込み、こぼれたボールを渡邉がダイレクトで狙うが、ボールはゴールマウスの左隅にそれていった。 ▽一方の福岡は61分に坂田を下げてウィリアン・ポッピを投入。前線の3枚は外国人選手が並ぶこととなった。66分には右CKの流れからこぼれたボールを三門が狙うが、GKが正面でキャッチ。後半はスコアが動かないまま終盤に入っていった。 ▽讃岐は68分に決定機。左サイドからのクロスがファーサイドに流れて馬場の元へ。馬場は右足でダイレクトシュートを狙うが、GK杉山が好セーブで防いだ。しかし杉山はこのプレーで目から出血。シュートを放った馬場は杉山を気遣う場面を見せえた。杉山はプレー続行が不可能となり、福岡は兼田を送り出す。 ▽するとその兼田は82分、讃岐が右サイドのロングスローから最後は原に決定的なシュートを放たれるが、うまく飛び出してブロックする。その後、エブソンとウィリアン・ポッピがヒートアップする場面も見られ、両者にイエローカードが提示される。 ▽讃岐は82分に右CKから李栄直がヘディングでネットを揺らすが、GKチャージの判定でノーゴール。88分にも讃岐は左CKからエブソンがゴールマウス急襲のヘディングシュートを見舞うが、堤がライン上でクリアする。結局試合はそのまま終了を迎え、福岡が暫定首位となった。 2017.06.03 14:58 Sat
twitterfacebook
thumb

東四国クラシコは讃岐が先制も徳島が意地を見せてドロー決着《J2》

▽27日に明治安田生命J2リーグ第16節、徳島ヴォルティスvsカマタマーレ讃岐の“東四国クラシコ”が鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節の水戸ホーリーホック戦で1-1の引き分けに終わり4試合未勝利の3試合連続ドローとなっている9位の徳島(勝ち点)が、ザスパクサツ群馬戦に敗れて9戦未勝利の2連敗となった22位の讃岐を迎えた。 ▽試合は[3-5-2]のフォーメーションを敷く徳島が主導権を握り、[4-4-2]で構える讃岐はカウンターでゴールを目指していった。すると最初の決定機は讃岐に訪れる。25分にカウンターを仕掛けると、相手陣内で3対1と絶好の形に。しかしスルーパスを受けた大沢のシュートは枠を外してしまい得点とはならず。 ▽しかし36分に讃岐が試合を動かす。相手陣内の中央でボールを拾った西が、ドリブルで運ぶとボックス手前からミドルシュートを放つ。強烈なシュートがゴールネットに突き刺さり、先制に成功した。 ▽徳島は前半終了間際、立て続けにCKを獲得するがゴールマウスにシュートを飛ばすことはできず。結局前半は讃岐がリードして終えた。 ▽迎えた後半はリードする讃岐が最初にチャンスを作る。48分に左FKからゴール前に入ったボールがファーサイドに流れる。しかし李栄直はこれを押し込めず、追加点のチャンスを逸する。すると51分、圧力を強めて攻め込んでいく徳島は山崎が仕掛けてボックス内にこぼれたボールを渡がダイレクトでシュート。これがネットを揺らして、徳島が後半の速い時間帯に同点とした。 ▽追いついたことで勢いを持って攻め込む徳島だが、讃岐も集中した守りを見せて決定機を作らせない。71分には馬渡が右サイドを突破して、深い位置から上げたクロスを渡がダイレクトで合わせるが、ボールは枠外へと飛んだ。79分にも岩尾のインターセプトから山崎がボックス内でシュートを放つもGK清水がブロック。こぼれ球を渡が押し込みにかかるが、徳島はこのチャンスも決めきれない。 ▽試合終盤も徳島が押し込んでいくが、讃岐も堅い守備を見せて跳ね返していく。後半アディショナルタイムには左サイドの内田がボックス内に侵入して左足でクロスを入れる。これに山崎が頭で合わせたがボールはクロスバーを越えてしまう。結局試合はそのまま終了を迎え、“東四国クラシコ”は1-1のドローに終わった。 2017.05.27 17:59 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング