長野パルセイロ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 長野 41 10 11 11 39 37 2 32

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.02
13:00
明治安田生命J3リーグ
第34節
長野 0 - 1 盛岡
2018.11.23
14:00
明治安田生命J3リーグ
第33節
FC東京U-23 0 - 1 長野
2018.11.18
13:00
明治安田生命J3リーグ
第32節
鳥取 1 - 0 長野
2018.11.11
13:00
明治安田生命J3リーグ
第31節
長野 2 - 1 G大阪U-23
2018.11.04
13:00
明治安田生命J3リーグ
第30節
沼津 2 - 3 長野

基本データ

正式名称:AC長野パルセイロ

原語表記:AC Nagano Parceiro

創立:1990年

ホームタウン:長野県長野市

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

長野、日本代表MF堂安律の実兄ら5選手が契約更新!

▽AC長野パルセイロは13日、DF内野貴志(30)、DF内田恭兵(26)、DF遠藤元一(24)、MF堂安憂(22)、FW竹下玲王(23)ら5選手と来シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽内野は、2015年に京都サンガF.C.から加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで10試合に留まっていた。また、内田は今シーズンに京都から完全移籍もリーグ戦出場はなかった。昨シーズン、産業能率大学から入団した遠藤はリーグ戦6試合に出場した。 ▽今シーズン、びわこ成蹊スポーツ大学から長野入りの堂安は、25試合5得点を記録。同じく関西大学から加わった竹下は、リーグ戦12試合で3ゴールマークしていた。 来シーズンも長野でプレーすることになった5選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆DF内野貴志 「今シーズンも一年間熱い応援をありがとうございました。そして来シーズンも長野でプレーさせていただくこととなりました。今シーズンはチームもファン・サポーターの皆さんも一番悔しい思いをしたと感じています。来年は喜び合える数が一番となるように頑張るので、引き続きよろしくお願いいたします」 ◆DF内田恭兵 「来シーズンもAC長野パルセイロで皆さまと共に闘わせていただく事になりました。今シーズンは大怪我をしてチームに迷惑をかけてしまい何も出来ず悔しい気持ちと、応援していただいている皆さまに申し訳ない気持ちでいっぱいです。だからこそ来シーズンは、自分の悔しさも、皆様の悔しさも背負って、パルセイロの勝利のために頑張りたいと思いますので、来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします。」 ◆DF遠藤元一 「変革の時期を迎えている今だからこそ、自分が引っ張っていくんだという強い覚悟と意思を持って、2019シーズンをサポーターの皆様と共に戦っていきたいと思います。応援の程よろしくお願いいたします」 ◆MF堂安憂 「来シーズンもAC長野パルセイロでプレーすることになりました。今シーズンはチームとして納得ができる1年間を送ることが出来ず、とても悔しい思いをしてしまいましたが、来シーズンこそチーム・サポーター・パルセイロを応援して下さっている全ての皆さんと一体になって戦い、J2昇格に貢献したいと思いますのでよろしくお願いします」 ◆FW竹下玲王 「来シーズンもパルセイロの一員としてプレー出来ることを嬉しく思います。チームに勝利をもたらすことが出来るような選手になれるよう、日々努力していきますのでどうぞよろしくお願いいたします」 2018.12.13 18:18 Thu
twitterfacebook
thumb

長野、横山雄次氏が監督就任 栃木のJ2昇格に貢献

▽AC長野パルセイロは8日、横山雄次氏(49)の監督就任を発表した。 ▽横山氏は2001年から指導者キャリアをスタートさせ、2012年にブラウブリッツ秋田を指揮。2016年から栃木SCを率い、J2昇格に導いた。 ▽来シーズンから新たに長野を率いる横山氏はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「長野パルセイロという素晴らしいクラブの監督を務めさせていただけることに大きな喜びと責任を感じています。J2昇格という目標達成の為に全身全霊をかけ務めさせていただきます。ファン、サポーターの皆様、地域の皆様のご支援、ご声援をよろしくお願いいたします」 2018.12.08 07:50 Sat
twitterfacebook
thumb

長野、FW萬代宏樹が退団…MF前田悠斗も契約満了

▽AC長野パルセイロは3日、FW萬代宏樹(32)、MF前田悠斗(24)の契約満了に伴う退団を発表した。 ▽萬代は2004年にベガルタ仙台でプロデビュー後、ジュビロ磐田、サガン鳥栖、ザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)、モンテディオ山形、水戸ホーリーホックでプレー。2017年途中から長野に加わり、今シーズンは明治安田生命J3リーグ23試合3得点を記録した。前田は2017年に長野入り。今シーズンはJ3リーグ2試合にとどまった。 ▽退団が決定した2選手はクラブ公式サイトを通じて、それぞれ次のようにコメントしている。 ◆萬代宏樹 「1年半という短い期間でしたが本当にありがとうございました。長野に来て最高のチームメイト、サポーター、自分を支えてくれて応援してくださる人に出会えて本当に嬉しかったです。長野はとても温かい場所でした。家族も長野をとても気に入ってくれました。それだけにこのチームで引退できたら幸せなのかなって思ったりする事もありました。だけど今はまだまだプレーしたいです。どこでプレーできるかはまだわかりませんが、もし見かけたら気軽に声をかけてください。本当にありがとうございました」 ◆前田悠斗 「2年間でしたが本当にありがとうございました。長野でデビューできたことは誇りです。選手としてあまり貢献できなくてとても悔しいですし、申し訳なさしか残っていません。本当にありがとうございました」 2018.12.03 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

長野、都並敏史氏実子のDF都並優太ら5選手の退団を発表

▽AC長野パルセイロは28日、FW佐藤悠希(30)、FW勝又慶典(32)、FW岡本英也(31)、DF都並優太(26)、FW松村亮(24)が契約満了となり、退団することを発表した。 ▽佐藤は、JFL時代の2012年から長野に所属し、今シーズンは明治安田生命J3リーグ18試合、天皇杯2試合2ゴールを記録。勝又は、2014年に栃木SCから長野に加入し、今シーズンはJ3リーグ10試合、天皇杯2試合に出場した。 ▽また、岡本は2017年にレノファ山口FCから加入し、今シーズンはJ3リーグ4試合1ゴール、天皇杯2試合に出場している。ヴィッセル神戸から今年加入した松村は、J3リーグ22試合、天皇杯2試合に出場した。 ▽さらに、元日本代表の都並敏史氏を父に持つ都並は、2014年から長野でプレー。今シーズンはJ3リーグ7試合、天皇杯2試合に出場していた。 ▽退団が発表となった5選手は、クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆FW佐藤悠希 「長い間ありがとうございました。チームメイト、スポンサー、そしてどんな時も応援してくださったファン、サポーターの皆様、本当に感謝しています。長野でプレーできて、幸せでした。僕はこのクラブを去ることになりましたが、サッカーを続けられるよう努力します」 ◆FW勝又慶典 「まず、何も達成できないまま、このクラブから去る事になり本当に悔しく思います。讃岐での入れ替え戦、Uスタのこけら落とし、たくさんの思い出があり過ぎてとても書き切れません。その中でも、恒例になった試合後のハイタッチ。勝っても負けても続けました。いつも乗り出して、手を構えて待ってくれているみんなの姿は、いつの間にか自分の心の支えになっていました正直、こんなに長野を好きになるとは思いませんでした」 「長野に来てからたくさんの人たちに支えられ、応援してもらい、こんな自分に良くしてくれて本当にありがとう。これからについてはまだ何もわからないけど、いつも通り、自分らしくやっていこうと思います。どこへ行っても、また気軽に会いに来てください」 「五年間、本当にお世話になりました!ありがとう!!!」 ◆FW岡本英也 「約1年半の間でしたが、AC長野パルセイロでプレーできたことを誇りに思います。去年の夏に加入し、自分の納得がいくプレーや結果を出せなかったですが、それでもずっと応援して頂き、支えて頂いたファン、サポーターの皆様には本当に感謝しています。今までありがとうございました」 ◆DF都並優太 「まず始めに、大卒から5年間、未熟な自分をここまで面倒見ていただきました、クラブ、クラブスポンサー、チームスタッフ、チームメイトの皆様に感謝を申し上げます。本当にありがとうございました」 「そして、どんな時も自分を支えてくださったサポーターの皆様や地域の皆様には感謝しかありません。苦しい時も、皆様の声が僕に前を向かせてくださいました。選手として満足のいく結果は自分の実力不足で出せませんでしたが、持てる全力のプレーをする努力は常にしてきました」 「来シーズンからはチームのJ2昇格という大きな目標にお力添えできずに誠に残念ではありますが、今後のクラブの発展、そしてJ2昇格を心から応援させていただきます」 ◆FW松村亮 「1年という短い期間でしたがお世話になりました。チーム、個人としても中々結果を出せず悔しかったですが、たくさんのファン、サポーターの皆様に応援頂いたことにとても感謝しています。本当にありがとうございました」 2018.11.28 15:17 Wed
twitterfacebook
thumb

長野、阪倉裕二監督の今季限りでの退任を発表…美濃部直彦GM&小笠原唯志強化ダイレクターも退団

▽AC長野パルセイロは20日、阪倉裕二監督(51)、美濃部直彦GM(53)、小笠原唯志強化ダイレクター(49)の今シーズン限りでの退任を発表した。 ▽阪倉監督は、6月に退任した浅野哲也監督の後任としてヘッドコーチから昇格。就任した明治安田生命J3リーグ12試合終了時点で2勝6分け4敗の14位だったが、現在9勝11敗10敗で11位に位置している。同監督就任後は、7勝5分け6敗と好成績を残しているが、J2昇格の可能性は消滅している。 ▽京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)、徳島ヴォルティス、長野での指導経験を持つ美濃部氏は、2017年にゼネラルマネージャーに就任。湘南ベルマーレのコーチや徳島ヴォルティスのヘッドコーチを務めた経験を持つ小笠原氏も2017年に強化ダイレクターに就任していた。 ▽今シーズンで長野を退団する3名は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆阪倉裕二監督 「今シーズン限りで長野パルセイロの監督を退任することとなりました。クラブの目標であったJ2昇格を果たすことができなかったことを非常に残念に思っています」 「サポーターの皆様にはホームアウェイに関わらず、温かい声援をいただき感謝しております。ただ、まだ残り2試合残っていますので、連勝を目指して最後まで戦い抜きたいと思います」 「また改めて、最終戦終了後にご挨拶を申し上げたいと思います」 ◆美濃部直彦GM 「GMを今シーズン限りで退任することになりました」 「この2年間、自分が監督時代から感じていた、チーム力だけでなく、クラブ力の強化を目標にし、このクラブの良いところを伸ばし、改善すべきところを修正する仕事を行ってきました。事業、アカデミー、強化、それぞれの部門で各担当者と連携しながら、少しは変化をもたらせたと思います」 「しかしながら、来季以降は続けることができなくなり、本当に残念に思います。監督、GMとして、このクラブの仕事に携われたことに感謝しています。また、サポーターやスポンサーの方々には大変、お世話になりました。本当にありがとうございました」 「長野パルセイロの財産はサポーターです。これからも皆様から信頼され、愛されるクラブ作りを続けていってほしいと願います」 ◆小笠原唯志強化ダイレクター 「2年間ありがとうございました。自慢のサポーターの方々に喜んでもらえるよう尽力して参りましたが、そこまでに至らなかったのが残念でなりません」 「これからも長野パルセイロの益々のご発展を心よりお祈りいたします。ありがとうございました」 2018.11.20 14:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング