町田ゼルビア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 町田 60 17 9 6 51 35 16 32

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-09-22
16:00
明治安田生命J2リーグ
第34節
町田 vs 徳島
2018-09-30
14:00
明治安田生命J2リーグ
第35節
讃岐 vs 町田
2018-10-07
16:00
明治安田生命J2リーグ
第36節
町田 vs 山形
2018-10-14
15:00
明治安田生命J2リーグ
第37節
町田 vs 大分
2018-10-21
16:00
明治安田生命J2リーグ
第38節
岡山 vs 町田

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.09.15
18:00
明治安田生命J2リーグ
第33節
大宮 1 - 0 町田
2018.09.09
18:00
明治安田生命J2リーグ
第32節
町田 0 - 0 水戸
2018.09.01
18:00
明治安田生命J2リーグ
第31節
甲府 0 - 2 町田
2018.08.26
18:00
明治安田生命J2リーグ
第30節
町田 1 - 0 岐阜
2018.08.18
19:00
明治安田生命J2リーグ
第29節
松本 0 - 1 町田

基本データ

正式名称:FC町田ゼルビア

原語表記:FC Machida Zelvia

創立:1989年

ホームタウン:東京都町田市

チームカラー:ブルー

関連ニュース

thumb

名古屋FWジョーと、町田MF平戸太貴が月間MVPを初受賞《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは12日、8月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J1からは名古屋グランパスのFWジョー、J2からはFC町田ゼルビアのMF平戸太貴を選出した。両選手とも初受賞となる。 ▽鈴木は8月に行われた第19節から第24節の5試合のうち4試合に出場。その間、第20節のガンバ大阪戦と第24節の浦和レッズ戦の2試合でハットトリックを達成し、10ゴールを記録した。ジョーのコメントとJリーグ選考委員会による総評は次のとおり。 ◆FWジョー(名古屋グランパス) 「このような賞を受賞でき、すごく嬉しいです。8月はクラブにとって大事な試合が続く非常に重要な月でしたが、チームが皆さんの期待に応え良い成績を残せたのは、非常に素晴らしいことだと思っています。その中で自分が月間MVPに選ばれてすごく光栄ですし、この結果はチームメイトをはじめ、クラブを支えていただいている全ての皆さんのおかげだと思います。このまま良い結果が続くように全力を尽くしたいと思います」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「8月は1試合の出場停止がありながら、2度のハットトリックを含む5試合10得点と爆発的な得点力で名古屋を連勝街道に導いている。右足、左足、そして打点の高いヘディングで得点を重ね、得点ランキングでは単独2位に躍り出た。多彩な得点パターンに加え、攻撃の起点にもなるプレーは対戦チームにとって脅威となっている。 本人のフィジカルコンディションもピークに達し、チームの快進撃を支える活躍が評価され、文句なしの受賞となった」 ▽また、平戸は8月の4試合で5得点を奪い町田の首位浮上に大きく貢献。コメントとJリーグ選考委員会による総評は以下のようになっている。 ◆MF平戸太貴(FC町田ゼルビア) 「この度、月間MVPという素晴らしい賞に選んでいただき、とても光栄に感じています。本当にありがとうございました。この賞をいただけたのは、自分だけの力ではなく、一緒に戦っているチームメイト、スタッフ、そしてファン・サポーターの皆様のおかげだと思っております」 「8月は非常に暑く厳しい試合が多かったのですが、ファン・サポーターの皆様の声援が力となり、結果を残すことができました。改めて、ありがとうございました、と感謝の気持ちを伝えたいと思います。シーズンは終盤に入りますが、これからも1試合1試合、ゼルビアが掲げている“チャレンジャー"という気持ちをもち続け、今まで以上にチームを勝利に結びつけられるような選手になりたいと思っています。チーム一丸となって戦い続けますので、引き続き熱い応援をよろしくお願い致します」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「MFながら4試合でチーム総得点(8ゴール)の半数以上となる5ゴールを叩きだし、チームをけん引。今まではチャンスメークで貢献してきたが、高い得点力を発揮し、首位に躍り出たチームの最大の立役者となっている。また、第29節の松本戦では試合終了間際に鮮やかなFKを決め、その正確なプレースキックでチームを勝利に導いた。今、明治安田生命J2リーグで最もノリにのっている選手で、今後の活躍にも期待が持てる活躍が初となるMVP受賞を呼び込んだ」 2018.09.12 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

4戦連続無失点の町田が水戸とドローで首位キープ! 千葉&山形が連勝も山口は今季初の連敗で12戦未勝利…《J2》

▽9日に明治安田生命J2リーグ第32節の3試合が各地で行われた。 ▽町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvs水戸ホーリーホックは、0-0のドローに終わった。 ▽3戦連続無失点勝利で8戦無敗で首位に立つ町田と、前節上位の松本山雅FCと引き分けるなど、3戦負けなしで好調を維持する12位水戸の一戦。 ▽互いに[4-4-2]の布陣を採用し、切り替えと球際の勝負を強調する堅い試合展開となる。水戸はジェフェルソン・バイアーノのフィジカルを生かした仕掛け、町田は平戸の正確なプレースキックを武器に攻め手を窺うが、前半は共にチャンスらしいチャンスを作るまでには至らず。 ▽迎えた後半、水戸が良い入りを見せた中、54分には伊藤涼がボックス手前から右足を振り抜くが、これは枠の左に外れた。その後も水戸ペースが続き互いに選手交代で流れに変化を与えようと腐心する。 ▽後半半ばを過ぎても拮抗した展開が続く中、81分には町田にこの試合最大の決定機。右CKの場面で平戸のアウトスウィングのクロスを中央の土居が頭で合わせる。だが、枠の右隅を捉えたボールはGK松井のビッグセーブに遭う。さらに4分が加えられた後半アディショナルタイムには町田が吉濱のシュートのこぼれ球に反応したゴール前の酒井がダイレクトシュートもこれは枠を捉え切れず。 ▽そして、試合はこのままタイムアップを迎え、4試合連続クリーンシートで9戦無敗とした町田が首位キープに成功も2位以下との勝ち点差が縮まる結果となった。 ▽また、シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山vsジェフユナイテッド千葉は、アウェイの千葉が2-0で勝利した。 ▽共に連勝を目指す9位岡山と、16位千葉による一戦は、開始直後にいきなり動く。2分、右サイド深くに侵攻した溝渕のグラウンダーのクロスに対してGKと3人のDFがクリアできずにファーに流れると、これを指宿がスライディングで流し込んだ。早い時間帯に先制を許した岡山も5分にイ・ヨンジェがDF鳥海にボックス内で倒されてPKを獲得。しかし、キッカーの齊藤が中央を狙って放ったシュートはGK大野が懸命に残した右足にはじき出され、同点ゴールとはならず。 ▽その後はビハインドを追う岡山がセットプレーを起点に攻勢をかけていくが、なかなか決定機まで持ち込めない。対する千葉はカウンターを起点に追加点を狙うが、こちらも決定機には至らず。 ▽迎えた後半も拮抗した展開が続く中、58分に試合の行方を左右するアクシデントが発生。千葉の波状攻撃で指宿の放ったシュートがDFに当たってコースが変わると、これをゴールライン上のDF増田が手を使ってブロック。決定機阻止となったこのプレーに対してレッドカードとPKの判定が下される。そして、このPKをキッカーの船山が冷静に決め切った。 ▽その後、何とか追いつきたい岡山は途中投入のリカルド・サントスらに幾度か決定機が訪れるも、GK大野を中心とした千葉の守備を最後まで崩し切ることはできず、試合はこのままタイムアップ。苦手アウェイで快勝の千葉が今季2度目の2試合連続完封勝利で13位に浮上した。 ▽維新みらいふスタジアムで行われたレノファ山口vsモンテディオ山形は、アウェイの山形が1-0で勝利した。 ▽11戦未勝利で11位まで順位を落とした山口と、同じ勝ち点44で並ぶ10位山形による中位対決。試合はホームの山口がやや押し気味に試合を運んだものの、前半終了間際の43分にセットプレーの流れから山形の小林がゴールを決め、アウェイチームの1点リードで折り返す。 ▽迎えた後半は山口がジュリーニョを起点に攻勢を強めていくものの、GK児玉の好守などに阻まれゴールが遠い。一方、小林を起点にカウンターから決定機を作り出す山形は75分に栗山がクロスバー直撃のヘディングシュート、85分にも小林がボックス内で決定機を迎えるがシュートを枠に飛ばせない。それでも、試合終盤の山口の猛攻をしのぎ切った山形が1-0で逃げ切り連勝を飾った。なお、今季初の連敗を喫した山口は厳しい12戦未勝利となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第32節 ▽9/9(日) FC町田ゼルビア 0-0 水戸ホーリーホック ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> レノファ山口 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> ▽9/8(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 2</span>-1 横浜FC アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 松本山雅FC</span> ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 大分トリニータ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 5</span>-0 FC岐阜 京都サンガF.C 0-0 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 4</span>-1 栃木SC 愛媛FC 0-0 カマタマーレ讃岐 ▽9/19(水) 《19:00》 ヴァンフォーレ甲府 vs大宮アルディージャ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.09 21:13 Sun
twitterfacebook
thumb

町田、クラブ最年少で2種登録されたユース所属FW橋村龍ジョセフの来季トップチーム昇格を発表

▽FC町田ゼルビアは8日、ユース所属のFW橋村龍ジョセフ(18)の来シーズントップチーム昇格を発表した。 ▽東京都出身の橋村は、ゼルビアフットボールスクール時代から町田下部組織に所属。2017年にはクラブ最年少で2種登録され、昨シーズンは明治安田生命J2リーグに1試合、今シーズンは天皇杯に1試合出場している。 ▽来シーズンのトップチーム昇格が決定した橋村は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、ユースからトップチームに昇格することができ、大変嬉しく思っています。そして、こうしたスタートラインへ立たせてくださったFC町田ゼルビアの関係者の方々をはじめ、チームメイト、家族へ感謝したいです」 「小学3年生でゼルビアのスクールに入り、それからずっとプロ選手を思い描いてきました。自分をここまで育ててくださったアカデミーコーチの皆さんには、本当に感謝しています。ありがとうございました」 「自分がトップチームで活躍すればアカデミーの活性化にもつながるという責任と感謝をもって、また、それが恩返しにつながると信じて、これからも変わらずに日々努力していきたいと思います」 「今年トップチームへ帯同させていただき、プロの責任感や技術など、様々な面で学ぶことができました。それを必ずプラスにして活躍できるように頑張っていきたいと思います。そしていつか、ゼルビアを背負って立つような選手になれるよう、プレーも人間面も磨いていきたいと思います」 「ファン・サポーターの皆様、これからも応援をよろしくお願い致します」 2018.09.08 10:10 Sat
twitterfacebook
thumb

J2首位町田、C大阪からMF山内寛史が育成型期限付き移籍で加入

▽FC町田ゼルビアは7日、セレッソ大阪からMF山内寛史(23)が育成型期限付き移籍で加入したことを発表した。背番号は「18」に決定。移籍期間は2018年9月8日から2019年1月31日までとなる。 ▽埼玉県出身の山内は國學院大學久我山高校、早稲田大学を経て2017年にC大阪に加入。今季はJ1リーグで4試合、天皇杯・ACLで1試合ずつ、C大阪U-23の一員としてJ3リーグ11試合に出場し1ゴールを記録している。 ▽なお、山内は今回の移籍に際して両クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 ◆FC町田ゼルビア 「この度、セレッソ大阪から加入することになりました。山内寛史です。シーズン途中にFC町田ゼルビアという素晴らしいクラブに加入できることをとても嬉しく感じています。覚悟を持ってチームに合流し、一日も早く勝利に貢献できるように全力でプレーします。よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「この度FC町田ゼルビアに移籍することになりました。セレッソ大阪では、本当に多くのことを学ばせてもらいました。その上で、いまの自分がさらに成長するために今回の決断をしました。シーズン途中でチームを離れることは、セレッソ大阪を支えてくださる方々に申し訳なく思いますが、選手としてもっと成長してきますので、応援よろしくお願いします。ありがとうございました」 2018.09.07 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

町田が早稲田大主将FW岡田優希の来季加入内定を発表!

▽FC町田ゼルビアは2日、早稲田大学に在学するFW岡田優希(22)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽神奈川県出身の岡田は、川崎フロンターレの下部組織を経て、早稲田大学に進学。今年から主将を務める身長172cm、体重70kgのストライカーだ。 ▽来シーズンから町田でプロキャリアをスタートさせる岡田は、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「私は川崎で生まれ育ちながらも、FC町田ゼルビアが社会人リーグから進化を遂げていく姿を目にしていました。今現在、J2で圧倒的な成績を残し、これからJ1を目指していく大きな挑戦に向かう、夢のあるチームの一員になれることを大変光栄に感じています」 「私自身、フィジカルや才能など全くない中、夢を必死に追いかけ、ゴールを奪って自分を証明することでここまできました。ゴールを奪うこと、決定力やシュートパターン、ゴールへの嗅覚は誰にも負けません」 「そして私は、プロサッカー選手に「なりたい」ではなく「なる」、試合に「勝ちたい」ではなく「勝つ」、ゴールを「奪いたい」ではなく「奪う」と言い切る形での覚悟を持つことを大事にしてきました。FC町田ゼルビアという大きな夢のあるクラブの一員として参加させていただくからには、J1に「上がりたい」ではなく、「上がる」という覚悟を持ち、それをプレーで体現することを誓い、夢の実現に向けて全身全霊で取り組んで参ります」 「クラブの皆様、ファン・サポーターの皆様、どうぞよろしくお願い致します」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.02 10:15 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング