超ワールドサッカー

ロアッソ熊本

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 熊本 15 4 3 12 18 33 -15 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
19:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
熊本 vs 山口
2017-07-01
19:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
熊本 vs 東京V
2017-07-08
18:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
水戸 vs 熊本
2017-07-16
19:00
明治安田生命J2リーグ
第23節
熊本 vs 千葉
2017-07-22
19:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
群馬 vs 熊本

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
徳島 3 - 0 熊本
2017.06.11
19:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
長崎 1 - 0 熊本
2017.06.05
19:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
熊本 0 - 3 京都
2017.05.28
13:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
熊本 2 - 3 水戸
2017.05.21
17:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
千葉 1 - 1 熊本

基本データ

正式名称:ロアッソ熊本

原語表記:Roasso Kumamoto

ホームタウン:熊本市

チームカラー:赤

関連ニュース

thumb

徳島が監督交代の熊本に3発快勝!《J2》

▽17日に鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第19節の徳島ヴォルティスvsロアッソ熊本は、ホームの徳島が3-0で勝利した。 ▽2試合ぶりの勝利を目指す10位の徳島と、3連敗を含む直近の4試合で白星から遠ざかる状況を受けて監督交代を決断した19位の熊本が対峙した。 ▽試合を動かしたのは徳島。8分、渡のパスを受けた山崎が左足でミドルシュートを放つ。これはGKに弾かれたものん、こぼれ球に反応した馬渡が左足ダイレクトで押し込み、徳島が先制する。 ▽リードした徳島は18分、杉本が高い位置で奪い返すと、そのままドリブルで持ち上がって右足でグラウンダーのクロスを供給。前川のシュートがGKに弾かれたところを山崎がプッシュし、徳島が2点目を奪った。 ▽2点リードで試合を折り返した徳島は後半アディショナルタイム1分、山崎がヘディングシュート。左ポストへの跳ね返りに反応した渡が落ち着いたフェイントでDFのマークを剥がして試合を決定付ける3点目を挙げた。 ▽結局、3発快勝の徳島が2試合ぶりの白星。敗れた熊本は、監督交代もむなしく5試合で白星から遠ざかる結果となった。 2017.06.17 21:50 Sat
twitterfacebook
thumb

19位と低迷する熊本が清川浩行監督の退任を発表…池谷友良社長が3度目の指揮

▽ロアッソ熊本は14日、清川浩行監督(50)、財前恵一ヘッドコーチ(48)の退任を発表した。後任監督には過去にも監督を務めていた代表取締役社長の池谷友良氏(54)が就任する。また、代表取締役社長には、会長を務めていた永田求氏(66)が就任する。 ▽清川監督は、2010年に熊本のヘッドコーチに就任。2016年から監督を務めていた。昨シーズンは震災の影響もありながら、16位でシーズンをフィニッシュ。しかし、今シーズンは開幕から苦戦が続き、18試合を終えて4勝3分け11敗の19位に低迷していた。清川監督はクラブを通じてコメントしている。 「ファン、サポーターの皆様、スポンサー、株主の皆様、クラブを支えていただいている全ての皆様、いつもチームを後押しするご声援をいただき、誠にありがとうございます」 「2010年からロアッソ熊本でお世話になり、昨年から監督に就任し、チームの目標でもある「J1昇格」へ向けて、チームスタッフ、選手達と共に挑んできましたが、皆様のご期待に応えることができませんでした。また、昨年の熊本地震の際には、全国の皆様がチームを支えていただいたこと、心より感謝しています」 「私はクラブを去ることになりましたが、これからもロアッソ熊本へのご声援をどうぞよろしくお願いいたします」 ▽また、新監督に就任する池谷氏は、古巣の柏レイソルでヘッドコーチや監督を歴任。2005年に前身のロッソ熊本の監督に就任すると、2008年12月まで指揮。2008年8月からはGM(ゼネラルマネージャー)も兼任し、その後熊本の運営会社である株式会社アスリートクラブ熊本の取締役、社長に就任。2013年7月から12月までは吉田靖監督の解任に伴い、再び指揮を執っていた。 2017.06.14 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本FW平繁龍一に第二子となる次男誕生!

▽ロアッソ熊本は13日、FW平繁龍一(28)に第二子となる次男が同日に誕生したことを発表した。 ▽平繁は、2015年にザスパクサツ群馬から加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ7試合1ゴールを記録している。 2017.06.14 08:10 Wed
twitterfacebook
thumb

“九州ダービー”はクラブ通算200点目を記録した木村のゴールで長崎に軍配!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第18節のV・ファーレン長崎vsロアッソ熊本が11日に行われ、1-0で長崎が勝利を収めた。 ▽現在6位に付ける長崎(勝ち点28)は、1-1で引き分けた前節の湘南ベルマーレ戦から、北谷、養父、澤田に代えて、田代、島田、幸野を先発起用。対して、19位に沈んでいる熊本(勝ち点15)は、前節0-3で敗れた京都戦と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽白熱の一戦は、ダービーらしい拮抗した攻防が続く中、36分にホームの長崎が先に試合を動かした。左サイドの幸野からのクロスを起点に、ボックス内でのこぼれ球を中村がシュート。これはGKに弾かれたが、最後は木村が押し込んだ。このゴールで長崎はクラブ通算200得点目を記録。 ▽長崎のリードで迎えた後半も、中盤でのせめぎ合いが続く。すると60分、左サイドの敵陣深くまで侵攻した上原のクロスを安柄俊がヘディングシュート。さらに68分にも嶋田がドリブルから右足でシュートを狙うなど、ここにきて熊本にも攻撃の形が出来始める。 ▽しかし、その後は両チームとも目立った場面は作れず。試合はこのまま1-0で終了。注目の九州ダービーを制し、リーグ5戦無敗の長崎は、東京Vを抜いて5位に浮上した。 2017.06.11 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

10戦負け無し! 3得点勝ち切った京都は12位浮上《J2》

▽5日に明治安田生命J2リーグ第17節のロアッソ熊本vs京都サンガFCが、えがお健康スタジアムで行われ、3-0で京都が勝利した。 ▽19位に沈む熊本(勝ち点15)は前節、水戸戦に2-3で敗れホーム4連敗を喫した。対する京都(勝ち点21)は9戦負け無しも、16位と浮上しきれずにいる。 ▽3分、ファーストシュートは熊本だった。安柄俊の競り合いから、DFラインの裏へ落ちたボールをグスタボが拾う。持ち上がって強烈なシュートを放つも、これはポストに弾かれた。 ▽黙っていない京都は6分、本多が左の浅い位置からグラウンダーのクロスを送る。伊東が抜け出し、ワンタッチで合わせたが枠を外してしまう。お互いに攻撃的に試合を進めるが、得点が入らない。 ▽先に試合を動かしたのは京都だった。23分、本多が左サイドからふわりとしたクロスを上げる。これに飛び込んだのはケヴィン・オリスだった。ミスマッチとなった片山を引きずりながら頭で合わせ、ゴールへと流し込んだ。 ▽得点で落ち着きを得た京都は、ケヴィン・オリスや闘莉王にボールを当てつつ、ゆったりとボールを動かす。試合を振り出しに戻したい熊本は、29分、31分と黒木が抜け出しクロスを上げるシーンが続くも、ことごとくはね返される。 ▽折り返して48分、京都が熊本を突き放す。ロングスローから直接ケヴィン・オリスへボールを送ると、ボックス内で潰されながらも上手く小屋松へ落とす。小屋松が冷静に押し込み、追加点とした。 ▽さらに51分、京都が試合を決定付ける。片山がボックス内で闘莉王を倒してしまい、判定はPKとなる。キッカーを務めたケヴィン・オリスが勢いよく蹴り込み、ダメ押しの3点目が決まった。 ▽攻勢をかける熊本は87分、クロスを受けた植田がボックス内中央で絶好機を迎える。しかし、勢いよく放ったシュートは三度ポストに嫌われた。結局、熊本は厚くなった京都の守備を前に一矢を報いることもできず。試合は京都の完勝で幕を閉じた。 ▽この試合で10試合無敗となった京都(勝ち点24)は順位4つ上げ、12位となった。対して、熊本(勝ち点15)はホームでの4連敗目という結果となっている。 2017.06.05 21:17 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング