超ワールドサッカー

アビスパ福岡

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 福岡 37 11 4 4 29 16 13 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
18:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
愛媛 vs 福岡
2017-07-01
18:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
福岡 vs 岐阜
2017-07-08
18:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
福岡 vs 金沢
2017-07-16
19:00
明治安田生命J2リーグ
第23節
群馬 vs 福岡
2017-07-23
18:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
福岡 vs 徳島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.17
14:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
福岡 3 - 1 名古屋
2017.06.10
13:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
千葉 0 - 0 福岡
2017.06.03
13:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
福岡 3 - 1 讃岐
2017.05.28
13:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
福岡 1 - 3 群馬
2017.05.21
13:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
金沢 0 - 5 福岡

基本データ

正式名称:アビスパ福岡

原語表記:Avispa FUKUOKA

ホームタウン:福岡市

チームカラー:ネイビーブルー、シルバー

関連ニュース

thumb

鹿島の下部組織で育った仙台大学DF川上盛司が特別指定で福島に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、仙台大学サッカー部のDF川上盛司(22)を、22日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は福島ユナイテッドFCとなる。 ▽栃木県出身の川上は、鹿島アントラーズのジュニア、ジュニアユース、ユースで育ち、仙台大学へと進学していた。川上はクラブを通じてコメントしている。 「福島ユナイテッドFCの特別指定選手に登録され、大変光栄に思います。感謝の気持ちと自覚を持ち精一杯プレーします。この貴重な経験を通して大きく成長したいと思います。よろしくお願いします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.23 13:47 Fri
twitterfacebook
thumb

井原采配的中で福岡首位キープ! 途中出場の石津復帰後ホーム初弾含む2発&城後弾で名古屋に逆転勝利!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節のアビスパ福岡vs名古屋グランパスが17日にレベルファイブスタジアムで行われ、3-1で福岡が勝利した。 ▽前節のジェフユナイテッド千葉戦をゴールレスドローで終えたものの、首位をキープしている福岡(勝ち点34)が、東京ヴェルディ戦を1-2で落として今シーズン初の連敗を喫した4位名古屋(勝ち点31)をホームに迎えた。 ▽上位対決となった一戦。開始直後、まずは累積警告により出場停止となったウェリントンを欠くホームの福岡が、ボックス左へ侵攻したウィリアン・ポッピの左足でファーストシュートを記録する。 ▽その後もサイド攻撃で相手ゴールに迫る福岡だったが、名古屋が一瞬の隙から先制点を奪う。14分、ビルドアップから左サイドでボールを受けた青木が相手最終ラインの裏へスルーパス。これに走り込んだ杉森がボックス左でのキープから右足でゴール前にクロスを送ると、シモビッチが巧みに収めて右足でゴール左へと流し込んだ。 ▽先制点を奪った名古屋は、同点ゴールを狙う福岡にやや押し込まれるも、シュートの場面でしっかり寄せ、チャンスを作らせない。 ▽前半の終盤に差し掛かると、名古屋も次第に応戦。35分、相手最終ラインでの實藤のパスミスを見逃さなかった杉森がゴール前左へと侵攻し、GK兼田をかわして左足でシュートを放つが、これは左サイドネットに嫌われる。さらに38分、青木のロングスローをボックス左で収めたシモビッチも右足でシュートを放つが、今度はGK兼田に阻まれる。 ▽追いつきたい福岡は前半アディショナルタイム4分、右サイドからの岩下のロングスローがファーサイドに流れ、これを實藤が右足でボレーを放つが、枠を捉えられない。 ▽後半に入ると、1点ビハインドで試合を折り返した福岡が敵陣へと侵攻する回数が増加するも、脅威を与えられないもどかしい時間帯が続く。 ▽そうした中、福岡の反撃を許さない名古屋にアクシデント。59分、押谷がウィリアン・ポッピに対して、足裏を見せたスライディングを見舞うと、レッドカードが提示される。 ▽数的有利となった福岡は65分、ウィリアン・ポッピとジウシーニョに代えて、石津と坂田を同時に投入。すると71分、駒野の右CKをゴール前に走り込んだ石津が頭でゴール左隅へと流し込んだ。 ▽石津のチーム復帰後ホーム初ゴールで同点に追いついた福岡は80分にも三門に代えて城後を投入し、逆転を狙う姿勢を見せる。すると83分、敵陣中央左から亀川がボックス左手前で縦パスを供給。これを収めた城後が反転し、左足でシュートを放ち、GK渋谷の頭上を射抜いた。 ▽逆転に成功した福岡は続く後半アディショナルタイム1分、ボックス右手前でパスを受けた石津が松田とのワンツーから中央へ切り込むと、右足を振り抜いてゴール右隅へと突き刺した。 ▽結局、試合は3-1で終了。名古屋に先制を許すも、井原監督の采配に応える石津の復帰後ホーム初ゴールを含む2発と城後の一撃で逆転勝利を飾った福岡が首位をキープしている。対する名古屋は3連敗となった。 2017.06.17 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

首位の福岡、ホーム無敗の千葉と敵地で0-0《J2》

▽10日にフクダ電子アリーナで行われた明治安田生命J2リーグ第18節のジェフユナイテッド千葉vsアビスパ福岡は、0-0のドローに終わった。 ▽勝ち点23で14位につける千葉と、同33で首位に立つ福岡が激突。千葉が今シーズン無敗を誇るホームに福岡を迎え撃った。 ▽試合は千葉が序盤からボールポゼッションを高め、福岡を押し込む展開に。福岡は守備に追われる苦しい入りとなる。 ▽13分にはその千葉に決定機。ボックス右でボールを受けた船山が右足を振り抜く。これが枠内に飛ぶが、GKのセーブに阻まれた。 ▽序盤から劣勢の福岡は、15分を過ぎたあたりに冨安を一列前に上げて3バックから4バックに変更。中盤の枚数を増やして、試合の流れを引き寄せにかかる。 ▽そうした中、21分には右サイドからのクロスに中央のウェリントンがヘディングシュート。続く22分にはハイラインの背後を突いた山瀬がGKとの一対一を迎えるが、ゴールチャンスを不意にする。 ▽それでも、持ち直した福岡は34分にウェリントン、続く42分にも三門がゴールを強襲。いずれもネットを揺らすには至らなかったものの、優位な試合運びを見せる。 ▽しかし、後半に入ると、千葉もペースアップ。巻き返し始めた千葉と、尻上がりにペースを握り始めた福岡の激しい攻防戦となる。 ▽その中で、福岡は71分、ウィリアン・ポッピが放ったシュートがゴール前のこぼれ球に。素早く反応した三門がプッシュするが、押し込みきれない。 ▽その後も凌ぎを削る展開が続いたが、最後までスコアに動きなく、ゴールレスドローで終了した。これで、千葉は2戦未勝利。対する福岡は今シーズン3度目の連勝を逃した。 2017.06.10 14:57 Sat
twitterfacebook
thumb

6戦5発で福岡を首位に導いたFWウェリントンが5月度のJ2月間MVPに選出《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは9日、5月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J2はアビスパ福岡のFWウェリントンが選出された。ウェリントンは2回目の受賞となる。 ▽ウェリントンは5月に行われた明治安田生命J2リーグ全6試合に出場。5得点を記録し、チームの首位浮上に貢献していた。Jリーグ公式サイトは、ウェリントンの受賞コメントを紹介している。 ◆<span style="font-weight:700;">FWウェリントン(アビスパ福岡)</span> 「日本人選手も外国人選手もレベルの高い選手が数多くいる中で、月間MVPに選ばれた喜びを感じるとともに、大きなモチベーションにもなります。チームも首位になりましたが、チームが好調だからこそ私もいいプレーができたと思います。点を取ることだけではなく守備においても貢献したいと常々思っているので、その姿勢を評価してもらえたことも今後の励みになります」 「アビスパに来てから2回目の受賞になりますが、絶対に僕一人では勝ち取ることのできないものです。チームメイトが自分を信頼してくれるからこそ受賞できるものです。チームメイト、支えてくださるスタッフの皆さん、そしてサポーターの皆さんにこの場をお借りして感謝の気持ちを伝えたいと思います」 ▽また、Jリーグはウェリントンの選出について選考委員会による総評を紹介している。 「チームの得点源、攻撃の中心であるウェリントン選手の活躍によってアビスパ福岡は5月に首位を獲得。同選手は5月の6試合にフル出場し、6試合5ゴールの活躍でチームを首位に押し上げた。ゴール前の競り合いに負けない強さで得点を量産。また、自身のゴールだけでなく、味方のパスの精度を高める動きや、献身的なプレーで守備に貢献していることもチームに勢いを与えた。圧倒的な存在感とチームを首位に導いた数々のプレーが高評価を得て、文句なしの選出となった」 2017.06.09 15:17 Fri
twitterfacebook
thumb

福岡が前節の敗戦を払しょくして暫定ながらも首位に返り咲き!!《J2》

▽3日に明治安田生命J2リーグ第17節のアビスパ福岡vsカマタマーレ讃岐がレベルファイブスタジアムで行われ、3-1で福岡が勝利した。 ▽前節、下位のザスパクサツ群馬相手に6試合ぶりの失点を喫して敗れ、首位陥落となった2位の福岡(勝ち点30)が、徳島ヴォルティスとのダービーマッチをドローで終えて10試合未勝利となった21位の讃岐(勝ち点10)が対戦した。 ▽試合は福岡が前線のウェリントンをターゲットに長いボールを入れていくと、讃岐も前線の原に長いボールを入れるなど、お互いに似た入りとなった。すると4分、左サイドから攻撃を展開した福岡は、三門の折り返しにボックス内でフリーとなったウェリントンが左足でシュート。このファーストシュートがネットを揺らし、福岡が先制した。 ▽追いかける讃岐は7分、李栄直のロングフィードから左サイドで裏を取った仲間が折り返し。最後は西がボックス手前中央で合わせるが、ここは岩下が体を張ってブロックしたことでボールはゴールマウスに飛ばない。 ▽すると12分、左サイドの坂田がゴール前に入れたクロスはファーサイドに流れる。しかしこれを収めたジウシーニョが入れたマイナスのボールを、後方から走り込んだ山瀬が右足で押し込み、福岡が2点目を奪った。しかし讃岐も16分に高木のシュートが實藤の手に当たってPKを獲得。このチャンスを原がしっかりと決めきって1点を返した。 ▽嫌な流れの福岡だったが28分、左サイドのロングスローから實藤が左足でシュート。これはGKのセーブで防がれるが、こぼれたところを岩下がプッシュ。岩下の移籍後初ゴールで福岡が再び2点差とした。 ▽そのまま試合を折り返すと、追いかける讃岐が前線からプレスを仕掛けていく。48分には左サイドから攻め込み、こぼれたボールを渡邉がダイレクトで狙うが、ボールはゴールマウスの左隅にそれていった。 ▽一方の福岡は61分に坂田を下げてウィリアン・ポッピを投入。前線の3枚は外国人選手が並ぶこととなった。66分には右CKの流れからこぼれたボールを三門が狙うが、GKが正面でキャッチ。後半はスコアが動かないまま終盤に入っていった。 ▽讃岐は68分に決定機。左サイドからのクロスがファーサイドに流れて馬場の元へ。馬場は右足でダイレクトシュートを狙うが、GK杉山が好セーブで防いだ。しかし杉山はこのプレーで目から出血。シュートを放った馬場は杉山を気遣う場面を見せえた。杉山はプレー続行が不可能となり、福岡は兼田を送り出す。 ▽するとその兼田は82分、讃岐が右サイドのロングスローから最後は原に決定的なシュートを放たれるが、うまく飛び出してブロックする。その後、エブソンとウィリアン・ポッピがヒートアップする場面も見られ、両者にイエローカードが提示される。 ▽讃岐は82分に右CKから李栄直がヘディングでネットを揺らすが、GKチャージの判定でノーゴール。88分にも讃岐は左CKからエブソンがゴールマウス急襲のヘディングシュートを見舞うが、堤がライン上でクリアする。結局試合はそのまま終了を迎え、福岡が暫定首位となった。 2017.06.03 14:58 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング