超ワールドサッカー

アビスパ福岡

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 福岡 30 9 3 3 22 11 11 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-05-28
13:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
福岡 vs 群馬
2017-06-03
13:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
福岡 vs 讃岐
2017-06-10
13:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
千葉 vs 福岡
2017-06-17
14:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
福岡 vs 名古屋
2017-06-25
18:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
愛媛 vs 福岡

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.21
13:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
金沢 0 - 5 福岡
2017.05.17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第14節
湘南 0 - 3 福岡
2017.05.13
14:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
福岡 1 - 0 岡山
2017.05.07
13:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
松本 0 - 1 福岡
2017.05.03
16:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
徳島 2 - 1 福岡

基本データ

正式名称:アビスパ福岡

原語表記:Avispa FUKUOKA

ホームタウン:福岡市

チームカラー:ネイビーブルー、シルバー

関連ニュース

thumb

福岡がウェリントン&松田の2得点など大量5得点で金沢を一蹴し首位浮上!《J2》

▽21日、明治安田生命J2リーグ第15節のツエーゲン金沢vsアビスパ福岡が石川県西部緑地公園陸上競技場で行われ、0-5で福岡が勝利した。 ▽現在3勝4分け7敗の勝ち点13で19位に位置する金沢と、8勝3分け3敗で2位に位置する福岡の一戦。金沢はここ3試合負けなしと調子を上げつつある中、スタメンを2名変更。作田が3試合ぶり、大槻が2試合ぶりに先発した。一方の福岡も前節から2名を変更。石津、ウィリアン・ポッピが4試合ぶりに先発、前節ゴールを記録したジウシーニョはベンチスタートとなった。 ▽試合は序盤から福岡ペースで進む。1分、ディフェンスラインの裏に抜けたボールをウィリアン・ポッピが追うも、GK白井が抑える。3分には右サイドからのクロスが混戦になると、最後は亀川の落としをウィリアン・ポッピがシュート。しかし、GK白井がセーブする。 ▽9分、金沢がやや離れた位置でFKを獲得。これを宮崎が左足で直接狙うと、カーブが掛かったシュートがゴールマウスに飛ぶも、クロスバーに嫌われる。 ▽18分、福岡は右CKを得ると、駒野のクロスをウェリントンがヘッド。これがゴール右隅に決まり、アウェイの福岡が先制する。さらに24分、ウェリントンが裏に抜けたボールをキープすると、ボックス内左から横パス。これを走り込んだウィリアン・ポッピがヒールで落とすと、石津が右足で蹴り込み、福岡が追加点を奪う。 ▽金沢は福岡の前に防戦一方の展開。すると再び福岡が、右CKから追加点を奪う。42分、右CKを得ると駒野がクロス。これをウェリントンが頭で合わせ、先制点と同じ形で福岡が3点目を奪う。 ▽3点ビハインドで後半を迎えた金沢は、後半頭から大槻に代えて杉浦を投入。しかし、主導権は福岡が握り続ける。56分には、右サイドからのクロスに亀川がヘッドで合わせネットを揺らすも、ウェリントンが競り合いでファウルを取られゴールは認められない。 ▽攻め続ける福岡は73分、途中出場の松田が結果を残す。浮き球をコントロールした松田が、ウェリントンとパス交換。リターンを受けると、ボックス手前中央から左足を振り抜き、4点目を奪う。 ▽防戦一方となった金沢に対し、攻撃の手を緩めない福岡は追加点。ボックス左を仕掛けた亀川がクロス。ファーサイドで中村が折り返すと、走り込んだ松田が2点目を決めリードを5点とする。 ▽アディショナルタイムは3分と表示されるも、福岡は引いて守り、金沢に反撃の隙を与えず試合終了。0-5で福岡が勝利を収めた。 2017.05.21 14:56 Sun
twitterfacebook
thumb

福岡、FW邦本宜裕との契約解除を電撃発表…契約条項違反で退団

▽アビスパ福岡は19日、FW邦本宜裕(19)の契約条項違反に伴い、双方合意の下で2017年5月19日をもって退団したことを発表した。契約条項違反の真意については明らかにされていない。 ▽クラブは「邦本選手の契約条項(日本サッカー協会選手契約書第9条1(5)クラブの秩序風紀を著しく乱したとき)違反により、邦本選手及び弊クラブ双方合意の下、2017年5月19日付で解除いたしました」と説明している。 ▽福岡県生まれの邦本は、浦和レッズユース在籍下で2種登録選手としてトップチーム登録されると、2013年に行われた天皇杯のモンテディオ山形戦でクラブ最年少ゴールを記録。2015年から福岡に活躍の場を移した。 ▽福岡在籍2年目の2016シーズンは、J1初ゴールを決めるなど明治安田生命J1リーグ20試合に出場して1ゴール。しかし、今シーズンは明治安田生命J2リーグ開幕からわずか1試合の出場にとどまっていた。 2017.05.19 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

3位の福岡が首位の湘南に3発完勝!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節の湘南ベルマーレvsアビスパ福岡が17日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、0-3で福岡が勝利した。 ▽前節のロアッソ熊本戦を制して首位に浮上した湘南と、7勝4分け2敗で3位に立つ福岡が激突した。好調の湘南は、序盤に決定機を演出。秋野が入れた縦パスをバイタルエリアの石川がワンタッチで落とすと、正面の菊地がフリーでシュート。しかし、これはわずかに枠の左へはずれる。 ▽ハーフタイムにかけても湘南が主導権を握る。ボールを支配した湘南は、27分にもビッグチャンス。菊地が右サイドからグラウンダーのクロスを入れると、正面の石川がこれに合わせる。ゴール至近距離からのシュートだったが、GK杉山のセーブに遭った。湘南は31分にもゴール前に抜けた岡本が決定機を迎えるも、シュートはわずかに左ポストをそれる。 ▽すると、前半終了間際にセットプレーからスコアを動かしたのは福岡だった。アディショナルタイム4分、左サイドで得たFKでキッカーを務めた駒野がゴール前に浮き球のクロスを入れる。これに合わせたジウシーニョのヘディングシュートがゴールに吸い込まれ、福岡が先行した。 ▽迎えた後半、湘南は50分にチャンスを迎える。バイタルエリアで鋭い仕掛けを見せた山田がゴール左を捉えるミドルシュートを放つ。しかし、これは福岡GK杉山のファインセーブに遭い、同点弾とはならない。 ▽すると、次にネットを揺らしたのは、またしても福岡だった。58分、ボックス右の手前で横パスを受けた三門が思い切りよく右足を一閃。鋭いミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、福岡がリードを2点に広げる。 ▽終盤は、リスクを冒して攻める湘南に対して、福岡が効率よくカウンターを仕掛ける。71分には福岡に3点目のチャンス。左サイドからのクロスに正面で合わせたジウシーニョのヘディングシュートが枠を捉えたが、これはGK秋元のビッグセーブに阻まれた。 ▽それでも、福岡は87分に右サイド深くから駒野が入れたクロスに正面で合わせた城後がヘディングシュートをゴール左に決めて3点目。そのまま首位チームを完封した福岡がリーグ3連勝を飾り、勝ち点で湘南に並んだ。 2017.05.17 21:04 Wed
twitterfacebook
thumb

DF冨安健洋、本番直前のホンジュラス戦へ「無失点に抑えることが第一」《U-20W杯》

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は14日、翌15日にエコパスタジアムで行われるU-20ホンジュラス代表との国際親善試合に向け、静岡県内の練習施設でトレーニングを行った。 ▽練習終了後、DF富安健洋(アビスパ福岡)がメディア陣のインタビューに応対した。DF中山雄太(柏レイソル)との連携については合わせていかないといけないと主張。また、明日のホンジュラス戦で海外チームとの対戦感覚を取り戻して本大会に臨みたいと語った。 <span style=“font-weight:700;">◆DF冨安健洋</span>(アビスパ福岡) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170514_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──コンディションはどうか</span> 「良くもなく、悪くもなく普通ですね」 <span style="font-weight:700;">──昨季からプロの舞台を経験して手応えは</span> 「去年はJ1で、今年はJ2ですけどJ1とJ2はレベルが違うなというのは感じています。その中で出来たなと思う試合もあれば出来なかった試合もあるので、そういうところはまだまだかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──見えてきた課題は</span> 「J2はどうしてもJ1の時よりロングボールが増えてきます。そこで相手のターゲットになるような選手に対して競り勝つことがまだできていないので、そこは課題だと思います」 <span style="font-weight:700;">──磐田戦ではDF中山雄太(柏レイソル)とセンターバックを組んだが連携は深まってきているか</span> 「(中山)雄太くんとやるのも久々ですし、雄太くんはレイソルで自分はアビスパで守備の仕方も違うので、そういうお互いの癖もあると思います。ここは代表の場で代表のサッカーがあるので、そこにしっかりと合わせていけたら良いなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ホンジュラス戦(15日)はどのようなテーマで戦うか</span>「本番に向けての最後の大会になるので、しっかりと無失点に抑えるということを第一に考えながらやっていきたいです。日本の選手相手と海外の選手相手とは違うので、そういった感覚も取り戻していきながら、あとは味方との連携を高めていきながらやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──本大会の目標は</span> 「U-20日本代表の武者として、組織でしっかりとコンパクトに守備ができるということもありますし、サッカー外のところでも仲が良いのでそういうところを出していければ自然と一つ一つ戦って上に行けると思うので優勝を目指して頑張りたいです」 2017.05.14 18:52 Sun
twitterfacebook
thumb

土壇場でウェリントンの2戦連発弾が決まり、攻め続けた福岡が2連勝!!《J2》

▽13日に明治安田生命J2第13節のアビスパ福岡vsファジアーノ岡山がレベルファイブスタジアムで行われ、1-0で福岡が勝利した。 ▽前節の松本山雅FC戦でウェリントンのゴールにより1-0で勝利した5位の福岡(勝ち点21)が、徳島ヴォルティスとの打ち合いを制して3試合ぶりの白星を飾った17位の岡山(勝ち点15)と対戦した。なお、福岡は冨安がU-20ワールドカップに出場する日本代表に選出されているため欠場となっている。 ▽晴天の中で迎えた一戦は、両チーム共にサイドに起点を作って相手陣内へと攻め込んでいく場面が多く見られた。すると7分、右サイドで駒野、山瀬と繋ぎながらジウシーニョのクロスにボックス左のウェリントンが頭で合わせる。この試合最初のシュートはGK一森が正面で処理した。 ▽福岡は29分にも右サイドのジウシーニョが上げたクロスをウェリントンがスルー。ファーサイドの坂田がバイシクルで合わせるも、ボールはクロスバーを越えるなど攻め込む場面は多いが決めきれない。31分には右サイドの浅い位置でFKを獲得。駒野の入れたボールがファーサイドに流れたところを、岩下が狙うがGK一森が好セーブを見せた。さらに實藤、岩下とディフェンダーの選手が積極的にシュートを放っていく福岡だが、2本ともクロスバーに嫌われるなど決めきれない。 ▽なかなか攻撃ができない岡山だったが42分、スルーパスに抜け出した豊川がボックス左からシュート。しかしここは岩下がスライディングでブロック。結局前半は福岡が押し気味に試合を進めるも、得点は動かずにゴールレスで終えた。 ▽交代なしで迎えた後半は、追いかける岡山が攻勢にでる。しかしチャンスを作ったのは福岡で、52分に右サイドの駒野が入れたクロスをウェリントンが落とす。坂田の下にボールがこぼれるが押し込めずに得点とはならなかった。すると岡山は60分に大竹に変えて藤本を送り出すなど、最初の交代カードを切る。福岡も71分にジウシーニョと坂田を下げてウィリアン・ポッピと石津を送り出した。 ▽79分にもボックス内のウェリントンがクロスボールに合わせるが、ここもGK一森が飛び出して処理するなどゴールマウスにカギをかける。87分には岡山がカウンターから塚川が強烈なミドルシュートを狙ったが、惜しくも枠を外した。このまま試合終了かと思われた89分、福岡はウィリアン・ポッピが入れた右サイドからのクロスにウェリントンが飛び込むと、遂にGK一森の牙城を崩して福岡が先制する。試合はそのまま終了し、福岡が土壇場でウェリントンの2戦連発ゴールが決まり2連勝を飾った。 2017.05.13 15:58 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング