アビスパ福岡

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 福岡 10 3 1 1 7 5 2 5

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
14:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
福岡 vs 横浜FC
2017-04-08
18:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
福岡 vs 町田
2017-04-15
19:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
長崎 vs 福岡
2017-04-22
13:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
水戸 vs 福岡
2017-04-29
14:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
福岡 vs 東京V

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.26
14:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
山形 0 - 0 福岡
2017.03.19
14:00
明治安田生命J2リーグ
第4節
福岡 2 - 1 熊本
2017.03.12
14:00
明治安田生命J2リーグ
第3節
福岡 2 - 1 京都
2017.03.05
15:00
明治安田生命J2リーグ
第2節
山口 1 - 2 福岡
2017.02.26
13:00
明治安田生命J2リーグ
第1節
福岡 1 - 2 大分

基本データ

正式名称:アビスパ福岡

原語表記:Avispa FUKUOKA

ホームタウン:福岡市

チームカラー:ネイビーブルー、シルバー

関連ニュース

thumb

山形vs福岡はお互いに決定機を決めきれず痛み分け《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグ第5節のモンテディオ山形vsアビスパ福岡がNDソフトスタジアム山形で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽4節終了時点で1勝3分けと無敗の10位・山形(勝ち点6)が3勝1敗と3連勝中の5位・福岡(勝ち点9)をホームに迎えた。アウェイの福岡が今シーズン初の3バックを採用した事でミラーゲームでの入りとなった。試合は山形がボールを保持し、やや高い位置に最終ラインを敷く福岡の裏のスペースを狙っていく。 ▽しかし最初の決定機は福岡で、右サイドを上がった駒野のクロスからゴール前でセカンドボールを拾った山瀬が右足で狙う。しかしこれはディフェンダーに当たってゴールとはならなかった。福岡は20分にも右CKの流れから混戦の中で石津が狙うも、GK児玉のセーブにより決めきれない。 ▽山形は22分に左サイドの茂木が上げたクロスが、三門のクリアにあうもボールはゴール方向へ。しかしわずかにクロスバーを超えてしまう。35分には福岡が左CKからウェリントンが頭で合わせる。これがネットを揺らすが、直前に笛が吹かれておりノーゴールとなった。 ▽押される山形だったが、前半終了間際に2本のCKを得るが、1本はあわやオウンゴールとなるもラインを超えず。もう1本はGK杉山に難なくキャッチされて前半を終えた。 ▽後半は山形が勢いを持って入る。50分には左サイドで裏を取った瀬川が深い位置まで侵入。一度切り返してゴール前にクロスを送るが、ボックス内の味方は誰もボールに触れられず決定機を逸した。福岡は52分、松田が相手選手との接触で足首を負傷。ウィリアン・ポッピを投入する事となった。 ▽62分には福岡が右サイドを突破したポッピのマイナスのクロスから石津がシュートを放つが、ボールはデリフェンダーに当たってしまい、後半最初のチャンスを決めきれなかった。66分には左CKからポッピが頭で合わせるも、今後はクロスバーを叩いた。 ▽お互いに決定機を決めきれないまま後半アディショナルタイムにはいると、山形は46分に汰木が左サイドの深い位置まで入ってくロスを入れると、山田が頭で合わせるがボールはGKの正面へ。福岡も50分に左CKから山瀬が入れたボールがゴール前に入ってくるも、誰も押し込めず。結局試合はそのまま終了を迎え、勝ち点1を分け合う結果となった。 2017.03.26 16:14 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安J初弾にウェリントン3戦連発の福岡が10人の熊本撃破で3連勝《J2》

▽19日にレベルファイブスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第4節のアビスパ福岡vsロアッソ熊本は、ホームの福岡が2-1で勝利した。 ▽開幕から2勝1敗で7位の福岡と、1勝2分けで8位の熊本が激突した。試合はアウェイの熊本が前に意識を高めたことで、一進一退の攻防戦が繰り広げられていく展開となる。 ▽こう着状態のまま後半を迎えた試合は54分に動く。右CKから駒野がクロスを上げると、ウェリントンの競り合いから生まれたルーズボールを冨安が頭で押し込んだ。 ▽冨安のJ初ゴールで均衡を破った福岡だが、その後も熊本に押し込まれる苦しい展開が続き、流れを完全に引き寄せることができない。 ▽すると、熊本は66分、左サイドからドリブルを仕掛けた片山がボックス左深くからクロス。ファーサイドに詰めていた巻が頭で叩き込んだ。 ▽追いつかれた福岡は73分、57分から途中出場のウィリアン・ポッピ独力のカウンターを発動。これをファウルで止めた黒木に一発退場が命じられ、福岡が数的優位となる。 ▽アドバンテージを得た福岡は76分、石津が左サイドから右足でセンタリングを供給。これに反応したゴール正面のウェリントンが頭でボールを流し込んだ。 ▽ウェリントンの3試合連続となる一発で勝ち越した福岡は、リスクを冒して前がかりに出てきた熊本の反撃を凌ぎ切り、2-1で勝利。リーグ戦3連勝を飾った。 2017.03.19 15:56 Sun
twitterfacebook
thumb

山瀬が古巣から移籍後初ゴール!! 福岡が京都に勝利し連勝!! 町田vs岡山、讃岐vs愛媛はドロー決着《J2》

▽12日に明治安田生命J2リーグ第3節のアビスパ福岡vs京都サンガF.C.がレベルファイブスタジアムで行われ、福岡が2-1で勝利した。 ▽開幕から1勝1敗の福岡が、同じく1勝1敗の京都をホームに迎えた。試合は3分に早速動きを見せた。右サイドからのスローインをボックス内で受けたウェリントンがうまく落とすと、山瀬がシュートを沈める。山瀬の移籍後初ゴール、さらに古巣からのゴールで福岡が先制に成功した。さらに福岡は13分に右サイドに流れたダニルソンのクロスに松田が飛び込んだが、ボールを押し込めずにGK菅野がキャッチして処理する。 ▽京都は福岡の素早い寄せに苦しむ場面が目立ち、前線の大黒へのボールも冨安に対応されて攻撃の起点を作れない。結局前半は福岡が1点リードのまま終えた。すると後半は京都が最初のチャンスを作る。51分に左サイドを抜け出した小屋松がボックス内に侵入してシュートを狙う。逆ポストを狙ったシュートだったが、惜しくも決めきれなかった。直後には福岡がダニルソンのパスから石津が狙うが、ここはGK菅野が好セーブではじき出した。 ▽しかし71分、後半からピッチに立ったポッピが右サイドからのクロスを入れると、フリーのウェリントンがヘディングで押し込んで福岡が追加点を奪った。しかし京都も73分、石櫃のクロスから仙頭が頭で押し込む。先頭のJ初ゴールで京都が1点差に詰め寄った。このゴールで勢いに乗る京都だったが、守りを固める福岡のブロックを崩せずに試合は終了。今季、ホームゲームで初勝利を飾った福岡が2連勝とした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170312_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽同時刻に町田市立陸上競技場で行われた町田ゼルビアvsファジアーノ岡山は、1-1のドローに終わった。 ▽立ち上がりは町田がペースを握ると早速2分に中島がボックス内で素早い反転からシュートを放つ。直後の3分にもこぼれ球に戸島が反応するが、どちらのチャンスも決めきることはできない。対する岡山は要所で相手陣内に攻め込む場面を作り出したが、シュートまで持ち込むことができずに前半を終えた。 ▽ゴールレスで迎えた47分、町田はFKの流れから重松がネットを揺らして試合の均衡を破る。さらに48分には戸島がネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定で追加点とはならなかった。劣勢の岡山だが56分、パク・ヒョンジンが入れたクロスを藤井が胸でトラップしてGKにボールを預けようとするも、ボールはそのままゴールネットを揺らし、オウンゴールから同点とする。その後はゴールが生まれることなく試合は終了し、勝ち点1を分け合う結果となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170312_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽Pikaraスタジアムで行われたカマタマーレ讃岐vs愛媛FCは、2-2のドローに終わっている。 ▽試合は20分、讃岐がPKを獲得すると、木島徹のシュートは弾かれるも、こぼれ球を自身で押し込んで先制する。そのまま前半を終えると、迎えた53分に神田が直接狙ったFKが相手選手に当たってコースが変わると、ボールはそのままネットを揺らして、愛媛が同点とする。 ▽愛媛はさらに57分にスルーパスに反応した近藤が、ボックス右から折り返しのボールを入れると、これを西田が頭で合わせて一気に逆転する。すると愛媛は勢いを持って讃岐のゴールマウスに襲い掛かるが追加点は奪えず。讃岐もゲームの終盤には猛攻に出るが、なかなか同点ゴールを奪えない。それでも迎えた後半アディショナルタイムに左CKから李栄直のヘディングシュートが決まり、土壇場で追いついた讃岐がホームゲームを白星で飾ることはできなかったものの勝ち点1を獲得した。 2017.03.12 16:39 Sun
twitterfacebook
thumb

J2復帰の大分が、J2降格の福岡とのダービーマッチを制する!! 長崎は群馬に快勝し、熊本も讃岐から白星!!《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグが開幕を迎え、レベルファイブスタジアムではアビスパ福岡vs大分トリニータの“バトル・オブ・九州"が行われ、1-2で大分が勝利した。 ▽昨シーズンのJ1リーグを最下位で終えて1年でのJ2へと降格した福岡と、J3リーグで優勝を果たして1年でのJ2復帰を果たした大分が2017年シーズンの開幕戦で激突した。試合はポゼッションを高めて相手陣内で時間を使っていく福岡と、自陣で5バックを敷いて守りを固めつつカウンターからゴールを目指す大分の構図で進む。 ▽すると12分にこの試合最初の決定機。大分は、左CKの流れからボックス手前の姫野がシュート。これが三平に当たってボックス内にこぼれると、ボールを拾った三平がGKを交わして左足で流し込む。大分が先制かと思われたがここはオフサイドとなった。対する福岡は13分、ウェリントンが落としたボールを拾った石津がキックフェイントでマーカーを外してから左足でシュートも、GKの正面を突いてしまう。 ▽試合が動いたのは26分、大分は相手ボックス左の位置でFKを獲得。この流れからこぼれたボールをボックス外で拾った松本が右足で蹴ると、低い弾道のシュートがゴールネットを揺らして、アウェイチームが先手を奪った。追いかける福岡はウェリントンの高さを活かした攻撃を見せるがゴールが遠い。しかし前半終了間際に相手ボックスやや左で得たFKを駒野が直接狙うと、ボールは右ポストを叩くが、跳ね返ったボールがゴールネットを揺らし、福岡が同点として試合を折り返した。 ▽後半は一転して大分が福岡ゴール前に迫る場面が多く見られる。すると劣勢の福岡は69分に駒野と山瀬を下げて城後と邦本を送り込む。すると75分にはカウンターからウェリントンがGKとの一対一を迎えるが、ボックス左から狙った左足のシュートは枠を外してしまった。 ▽大分も88分にカウンターで持ち上がり右サイドからのクロスに三平が頭であわせるも、ミートできずにボールは枠外へ。しかし後半アディショナルタイム、左CKからGK杉山がファンブルしたボールを鈴木が押し込んで大分が勝ち越しに成功。これが決勝点となり、J2復帰の大分が、J2降格の福岡からアウェイで勝ち点3を奪った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽また同時刻にトランスコスモススタジアム長崎で行われたV・ファーレン長崎vsザスパクサツ群馬は、29分に右サイドの深い位置で得たFKを島田が直接蹴り込み長崎が先制。さらに前半アディショナルタイムには新加入のファンマがネットを揺らして2-0で試合を折り返した。 ▽後半も長崎が主導権を握る中、49分に相手からボールを奪った乾のシュートが決まる。さらに71分にもボックス内でボールを奪った長崎が澤田のゴールで4点目を奪取。そのまま試合は終了し、長崎が群馬に快勝した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_23_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽同じく同時刻にえがお健康スタジアムで行われたロアッソ熊本vsカマタマーレ讃岐は、22分に上里のクロスボールから安柄俊がヘディングでネットを揺らして熊本が先制した。 ▽そのまま試合を折り返すと、57分にも嶋田のスルーパスから安柄俊がネットを揺らして熊本がリードを広げる。一方の讃岐は70分に左サイドの渡邉が入れたクロスに永田が頭で合わせて一点を返すも反撃はここまで。熊本が讃岐から逃げ切り、白星発進となった。 2017.02.26 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

福岡DFキム・ヒョヌンが中国2部の雲南麗江に完全移籍

▽アビスパ福岡は23日、韓国人DFキム・ヒョヌン(25)が中国甲級リーグ(中国2部)の雲南麗江への完全移籍が決定したことを発表した。 ▽2013年にジェフユナイテッド千葉でプロキャリアをスタートしたキム・ヒョヌンは、2016年に福岡に加入。2016年の明治安田生命J1リーグでは、29試合に出場している。 ▽雲南麗江への完全移籍が決定したキム・ヒョヌンは、福岡の公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「一年間、レベルファイブ スタジアムでプレーすることができて幸せでした。たくさん応援していただき感謝していますし、ファンの皆さんの熱い応援とあたたかい声援を絶対忘れず、違うチームに行っても頑張りたいと思います。アビスパ福岡を応援し、J1復帰を願っています。今まで本当にありがとうございました」 2017.02.23 13:38 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング