愛媛FC

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 愛媛 32 9 5 10 31 34 -3 24

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-07-29
19:00
明治安田生命J2リーグ
第25節
愛媛 vs 千葉
2017-08-06
18:30
明治安田生命J2リーグ
第26節
名古屋 vs 愛媛
2017-08-11
18:00
明治安田生命J2リーグ
第27節
愛媛 vs 水戸
2017-08-16
19:00
明治安田生命J2リーグ
第28節
岡山 vs 愛媛
2017-08-20
明治安田生命J2リーグ
第29節
愛媛 vs 町田

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.07.22
18:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
松本 2 - 1 愛媛
2017.07.16
18:00
明治安田生命J2リーグ
第23節
愛媛 2 - 2 大分
2017.07.09
19:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
長崎 2 - 0 愛媛
2017.07.01
19:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
徳島 4 - 1 愛媛
2017.06.25
18:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
愛媛 0 - 1 福岡

基本データ

正式名称:愛媛FC

ホームタウン:松山市を中心とする全県

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

愛媛FW西田剛が左肋軟骨損傷で全治3〜4週間

▽愛媛FCは19日、FW西田剛の負傷を発表した。 ▽西田は、9日に行われた明治安田生命J2リーグ第22節のV・ファーレン長崎戦で負傷。検査の結果、左肋軟骨損傷と診断され、全治は3〜4週間の見込みとのことだ。 ▽今シーズンの西田は、明治安田生命J2リーグで15試合に出場し2得点を記録していた。 2017.07.19 11:54 Wed
twitterfacebook
thumb

愛媛に勝利した長崎が2連勝で4位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第22節の4試合が、9日に各地で行われた。 ▽ここまで10勝4分け7敗で6位につけている東京ヴェルディ(勝ち点34)と、8勝6分け7敗で14位のファジアーノ岡山(勝ち点30)の一戦は、ホームの東京Vが序盤から攻勢に出る。12分、アラン・ピニェイロとのワンツーで右サイドを抜け出した安西が、グラウンダーのクロスで、ボックス内のアラン・ピニェイロにリターン。そこから反転してシュートを狙うが、DFにブロックされゴールとはならなかった。なおも攻める東京Vは16分、再び右サイドの安西のクロスから最後は橋本がボックス手前からシュートを放つが、クロスバーを叩いてしまいネットを揺らすことはできなかった。対する岡山も反撃。塚川がボックス右からボレーシュートを狙うが、GK柴崎のファインセーブに遭ってしまう。その後は互いに大きなチャンスもなく試合は進んだが、40分に試合が動く。右CKを獲得した岡山は、そのクロスをニアで片山が後ろに逸らす。そこに詰めた豊川が右足で押し込んでネットを揺らし、アウェイの岡山が先制して前半を終えた。 ▽迎えた後半、追いつきたい東京Vは53分、高木善のシュートのこぼれ球からアラン・ピニェイロがもう一度シュートを狙うが、右ポストを弾いてゴールとはならず。その後も東京Vがボールを保持し、岡山ゴールを目指すが、5バックを敷く岡山の守備陣を崩すことができない。69分に敵陣中央の左サイドで得たFKでは、石毛が直接狙いネットを揺らすが、ゴール前でオフサイドを取られゴールは認められず。73分にもボックス手前左寄りのFKから梶川が直接狙うがクロスバー直撃。ゴールを奪うことができない。 ▽それでも攻め立てる東京Vは75分、ようやく同点ゴールを奪う。梶川の左CKにDF平が頭で合わせネットを揺らした。最後まで攻め続けた東京Vだったが、結局逆転弾を決めることは出来ず。1-1のまま試合は終了。勝ち点1を分け合った。 ▽また、現在10勝5分け6敗で5位に位置しているV・ファーレン長崎(勝ち点35)は、9勝4分け8敗で13位の愛媛FC(勝ち点31)と対戦。最初のチャンスは開始2分、右サイドを突破した澤田が、ボックス右の深い位置からシュートを放つがGKに阻まれる。試合開始からボールを保持する長崎は、早い時間帯で先制する。5分、左サイドから扇長がロングスローでゴール前に供給。競り合った乾が、そのこぼれ球にいち早く反応しゴールに押し込んだ。早々にスコアが動いた試合は、その後は膠着状態を迎える。長崎が勢いに乗るかに思われたが、愛媛が意外にもボールを支配する展開に。すると36分、ボックス右の小暮がシュートを放つがGKに弾かれる。直後のCKからも西田が頭で合わせるが、GK増田のファインセーブに遭い、立て続けに訪れたチャンスを同点に繋げることはできなかった。 ▽後半は中盤での潰し合いが続き、互いに見せ場を作れないでいたが、後半アディショナルタイムの91分、澤田がドリブルでボックス右に侵入すると、GKが出てきたところをループシュートを沈め、試合を決定付ける2点目を挙げた。試合はこのまま終了。危なげなく試合を運んだ長崎が2-0で勝利し、2連勝で4位浮上となった。一方の愛媛はこれで3連敗と苦しい状況が続いている。 ▽その他の試合ではFC岐阜がホームで京都サンガF.C.を3-2で退け、11試合ぶりの勝利を収めた。また、レノファ山口FCはモンテディオ山形にホームで2-0と快勝。2試合ぶりの白星となった。 ▽9日に開催された明治安田生命J2リーグ第22節の試合結果は、以下の通り。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽7/9(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">岐阜FC 3</span>-2 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口 2</span>-0 モンテディオ山形 東京ヴェルディ 1-1 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-0 愛媛FC 2017.07.09 22:06 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛DF玉林睦実が右足損傷で全治4週間

▽愛媛FCは28日、DF玉林睦実が17日に行われた明治安田生命J2リーグ第19節の東京ヴェルディ戦で負傷し、右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治4週間の見込みと診断されたと発表した。 ▽玉林は、2007年に吉備国際大学からファジアーノ岡山に入団。その後、松本山雅FCを経て、2015年に愛媛入りした。今シーズンは明治安田生命J2リーグ13試合(1ゴール)に出場している。 2017.06.28 17:32 Wed
twitterfacebook
thumb

東京Vvs愛媛の同勝ち点対決は3-3の壮絶ドロー! 東京Vが土壇場PK弾で勝ち点1拾う《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の東京ヴェルディvs愛媛FCが17日に味の素スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 ▽自動昇格圏内浮上を目指す6位東京V(勝ち点30)と、7位愛媛(勝ち点30)による同勝ち点対決。前節、名古屋グランパスとの上位対決を逆転で制し、4戦ぶりの白星を手にした東京Vは、連勝を目指すこの一戦に向けて、前節から先発2人を変更。平と高木大に代わって、第6節ファジアーノ岡山戦以来の出場となる永田と、前節2ゴールのドウグラス・ヴィエイラが先発入り。また、負傷明けの井上と高木善がベンチに入った。一方、FC岐阜に快勝して連勝の愛媛は、間瀬監督が以前にコーチを務めた古巣との一戦に向けて、前節と全く同じスタメンで臨んだ。 ▽キックオフ直後こそ愛媛のハイプレスに手を焼いたものの、時間の経過と共に後方から丁寧にボールを動かし、主導権を掴む東京V。7分にアラン・ピニェイロが際どいミドルシュートを放つと、15分に先制点を奪う。右サイドでアランの浮き球パスに抜け出した安西がDFを振り切ってボックス右ライン際で絶妙なクロス。これをゴール前に飛び込んだドウグラスが頭で合わせ、2試合連発となる今季5点目を奪った。 ▽幸先よく先制したホームチームは、その後も梶川や永田を起点に冷静にボールを動かして流れを渡さない。時折与えた相手のカウンターチャンスもDF井林を中心に危なげなく凌ぐ。前半終了間際の39分にはMF渡辺のお膳立てからドウグラスに決定機も、ここは相手GKのセーブに遭った。 ▽一方、失点直後に玉林が負傷交代を強いられた愛媛は田中を投入して反撃を試みるが、単発のカウンターやセットプレーから西岡が放ったヘディングシュート以外に決定機を作れず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽東京Vの1点リードで迎えた後半、立ち上がりにドウグラスのスルーパスからアランに追加点のチャンスが生まれるが、この決定機は相手GKの好守に遭う。 ▽すると53分、小池のスルーパスに抜け出した近藤がボックス右で入れたクロスを中央で胸トラップした河原が右足のシュートを流し込み、この試合最初の決定機を同点ゴールに結び付ける。さらに59分には左サイド深くで丹羽が折り返したボールを、白井が体勢を崩しながらも強烈なシュートで流し込み、瞬く間に試合を引っくり返した。 ▽一方、流れを変えたい東京Vは59分に梶川に代えて高木善、61分には渡辺を下げて橋本を投入。その後も苦しい時間が続くも、69分にワンチャンスを生かして追いつく。左サイドでカットインした安西のシュート性のクロスを、ゴール前に飛び出したドウグラスがワンタッチでニアに流し込んだ。 ▽2-2のイーブンに戻った試合は、ここからカウンターの応酬となるオープンな展開に。内田を下げて井上をピッチに送り出した東京Vに対して、愛媛は丹羽と小池を下げて有田と小暮をピッチに送り出す。 ▽互いに3点目を奪えない状況が続くが、カウンターの鋭さで勝る愛媛が一歩前に出る。90分、ロングカウンターからボックス右でパスを受けた近藤が右足を振り抜くと、クロスバーの内側を叩いたボールが左隅に吸い込まれた。 ▽これで勝負ありと思われたが、諦めない東京Vは直後にボックス内でハイボールを競った安在が白井に倒され、値千金のPK奪取。このプレッシャーがかかるPKを高木善が冷静に流し込み、土壇場で追いついた。その後、互いに勝ち越しのチャンスもあったものの、試合は3-3でタイムアップ。東京Vと愛媛による同勝ち点対決は、壮絶な打ち合いの末に痛み分けのドローとなった。 2017.06.17 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

岐阜、攻めながらも得点奪えず7戦連続勝利なし…愛媛は7位浮上《J2》

▽11日に明治安田生命J2リーグ第18節の愛媛FCvsFC岐阜がニンジニアスタジアムで行われ、2-0で愛媛が勝利した。 ▽愛媛(勝ち点27)は暫定10位ながらも、既に今節終了時での昇格プレーオフ圏内を確保している5位の東京V(勝ち点30)とは勝ち点差3と、昇格を争える位置に付けている。一方、暫定15位の岐阜(勝ち点22)は直近6戦で4分け2敗の勝利なしと、調子を上げきれていない。 ▽序盤は岐阜がゆったりとパスを回す。アンカーに入った庄司が頻繁にボールに触り無理をせずにポゼッションを高めると、愛媛は自陣深めにラインを2つ引き、飛び込まずに守備をする。 ▽最初に得点機を得たのは愛媛だった。24分、DFラインから前線へロングボールを放り込むと、ボックス内での混戦から近藤へボールがこぼれる。GKと至近距離でのシュートだったが好セーブに阻まれ、先制ならず。守備を重視していた時間帯にチャンスを迎え調子を上げた愛媛は、徐々にプレスの位置を上げ始める。 ▽すると32分、今度は岐阜がチャンスを作り出す。愛媛が連動した岐阜のプレスから逃れるように右サイドへとボールを送るが、これを古橋がカットする。難波、小野、古橋と素早くパスを3本繋ぎ、あっという間にボックス内へ。走り込んだ古橋が再びボールを受けるとGKとの一対一に。狙いすましたシュートだったが、これはゴールポストに弾かれてしまう。 ▽折り返して53分、小池が右サイドでボールを受けると個人技で前を向き、右足を振り抜きGKを強襲する。シュートは弾かれるがこぼれ球に河原が反応する。しかし、これは枠を外れる。さらに54分にも河原がシュートを放つも、バーに阻まれる。愛媛がボールを持つシーンが目立つようになる。 ▽良い時間帯が続く愛媛が先制に成功する。57分、丹羽が岐阜陣内深めでインターセプトすると、そのままドリブルで持ち上がりGKとの一対一になる。股の下を狙った冷静なシュートが得点となり、貴重な先制点となる。試合が動いてからは再び岐阜がボールを保持する時間が増えるが、守備を固める愛媛を前に攻めきることができない。 ▽82分、愛媛がさらに岐阜を突き放す。左サイドでボールを受けた小島が右足に持ち替えファーサイドへ質の高いクロスを上げる。反応した有田がダイビングヘッドで合わせると、これがネットへ吸い込まれる。試合を大きく決定付ける2点目となった。 ▽試合はそのまま終了し、愛媛(勝ち点30)は7位となりプレーオフ圏内浮上ならずも、6位となった東京V(勝ち点30)と勝ち点で並んだ。対して、終始ボールを保持しながらも敗北を喫した岐阜(勝ち点22)は7試合連続で勝ちなしとなり、16位へと順位を下げた。 2017.06.11 21:09 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング