徳島ヴォルティス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 徳島 12 4 0 1 7 2 5 5

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
14:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
徳島 vs 松本
2017-04-08
13:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
山口 vs 徳島
2017-04-15
14:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
徳島 vs 名古屋
2017-04-22
15:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
町田 vs 徳島
2017-04-29
15:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
千葉 vs 徳島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.25
17:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
横浜FC 0 - 2 徳島
2017.03.18
14:00
明治安田生命J2リーグ
第4節
大分 0 - 1 徳島
2017.03.12
14:00
明治安田生命J2リーグ
第3節
徳島 3 - 1 長崎
2017.03.04
15:00
明治安田生命J2リーグ
第2節
京都 1 - 0 徳島
2017.02.26
14:00
明治安田生命J2リーグ
第1節
徳島 1 - 0 東京V

基本データ

正式名称:徳島ヴォルティス

ホームタウン:徳島市、鳴門市、美馬市、板野町、松茂町、藍住町、北島町を中心とする全県

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

島屋の2得点に絡む活躍で横浜FC撃破! 徳島が3連勝で暫定3位浮上《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節の横浜FCvs徳島ヴォルティスが25日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-0で徳島が勝利した。 ▽4節を終えて3勝1分と2位につける横浜FCと3勝1敗で4位につける徳島が激突した。ここまで好調なスタートを切っている両者の試合は、お互いにけん制し合う展開となる。 ▽ところが前半半ばに差し掛かると試合が一気に動く。徳島は22分、右サイドでパスを受けた広瀬が縦への突破からクロスを供給。これを島屋が頭で合わせると、右ポストに直撃するも、跳ね返りを渡が頭で押し込んだ。さらに25分、ボックス右手前でパスを受けた島屋がボックス中央にスルーパス。これを走り込んだ岩尾が粘ると、セカンドボールに素早く反応した島屋が左足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。 ▽2点のリードを奪った徳島は30分、ボックス右へのスルーパスに反応した広瀬が右足を振り抜くも、GK高丘にセーブされる。39分にもボックス左手前でパスを受けた馬渡がカットインから右足を振り抜く。2点リードした勢いそのままにシュートまでつなげる徳島に対して、横浜FCは攻勢を強めるものの決定機を作ることができない。 ▽後半に入ると横浜FCは、三浦に代えて津田を投入。すると47分、敵陣中央左からのFKのこぼれ球を拾った野崎がボックス手前からボレーシュート。さらに49分、ボックス中央手前からイバがFKを直接狙うもバーに直撃。セットプレーから立て続けにチャンスを作るも、ネットを揺らすことができない。 ▽対する徳島はリスクを負って攻撃を仕掛ける横浜FCを逆手に取る。55分、ボックス手前へのロングボールを渡がうまく収めると、ボックス右手前にスルーパス。これに反応した島屋がボックス内に侵攻し、シュートを放つも、ゴール右に外れる。さらにその直後、ボックス左手前でパスを受けた渡がボックス中央手前に送ると、走り込んだ杉本がダイレクトで右足を振り抜く。しかし、ゴール左に外れる。 ▽攻守の切り替わりが激しい展開になると横浜FCは決定機を迎える。63分、佐藤が供給したボックス右へのロングボールを藤井がボックス中央に折り返す。これを走り込んだ野崎がダイレクトで右足を合わせると、バーに直撃。さらに65分、ボックス手前で佐藤のパスを受けたイバがボックス内に侵攻し、左足を振り抜く。ボールはゴール右隅を捉えるもGK梶川の好守に阻まれる。 ▽その後も激しい攻防が続くと横浜FCは78分、MF野崎に代えてFW大久保を投入。その後、イバと大久保の190cm台の長身FWをターゲットに猛攻を仕掛ける。すると89分、敵陣左深い位置に流れたイバがヒールで落とすと、津田が中央にクロス。これを大久保が頭で合わせるも、枠を捉えきれず試合終了。前半半ばに立て続けに得点を奪った徳島が勝利し、リーグ戦3連勝で暫定3位に浮上している。 2017.03.25 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

アウェイ徳島が渡のゴールを守り切り大分を下す《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第4節の大分トリニータvs徳島ヴォルティスが17日に大分銀行ドームで行われ、徳島が0-1で勝利した。 ▽J2に復帰したホームの大分はここまで2勝1敗で6位に位置。[3-4-3]に選手を配置し、安定した守備をこの試合も見せられるかに注目だ。一方の徳島もここまで2勝1敗の勝ち点6。ガンバ大阪ユースから今季新加入のMF小西雄大がプロデビュー。MF前川大河、MF杉本太郎と若手を中盤に並べた。 ▽試合は5分、ボックス手前から小西が左足でシュート。しかし、シュートは惜しくも右に外れる。10分には福森からのクロスに後藤が飛び込むとGKと接触。しかし、これはノーファウルの判定となる。 ▽徳島は28分、渡がボックス内で巧みにボールコントロール。最後は浮き球を左足でシュートを放つも、大きく枠を外す。それでも30分、徳島はボックス内で細かくパスを繋ぎ波状攻撃。杉本のシュートのこぼれ球を前川が詰め、最後は渡が蹴り込み徳島が先制する。 ▽先制を許した大分は35分、ボックス内を仕掛けた三平のパスを受けた伊佐が左足で狙うも、わずかに右へと外れる。直後には徳島がビッグチャンス。裏に抜け出した島屋がボックス内からシュートも、わずかに枠の左に外れる。 ▽後半に入っても互いに攻め合う展開が続く。62分には三平のスルーパスに抜け出した松本がシュートも、枠を大きく外す。71分にはCKから鈴木惇がクロスを入れるも、ニアサイドに飛び込んだ味方には合わない。 ▽その後も大分が裏を狙って徳島ゴールに襲いかかるものの、フィニッシュの精度を欠き、決定機を作るには至らない。後半アディショナルタイムにはCKから上がってきたGK上福元がヘッドで合わせるも、力なくGKがキャッチ。そのまま試合は終了し、0-1で徳島が勝利を収めた。 2017.03.18 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

闘莉王の劇的弾で徳島撃破の京都が今季初勝利!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第2節の京都サンガF.C.vs徳島ヴォルティスが4日に西京極総合運動公園陸上競技場で行われ、ホームの京都が1-0で勝利した。 ▽開幕戦でモンテディオ山形に敗れた京都と、東京ヴェルディに勝利した徳島の一戦。前半は開幕2連勝を狙う徳島が、流動的な前線の動き出しと後方からの丁寧なビルドアップを起点にチャンスを作っていく。だが、GK菅野を中心に粘り強く守る京都の守備をこじ開けるまでには至らず。一方、京都は前線に効果的なボールを付けられず、前半は決定機らしい決定機を作り出せなかった。 ▽後半に入って湯澤、大黒を下げて55分に内田とケヴィン・オリスを同時投入した京都は、さらに62分にイ・ヨンジェを下げて、注目の高卒ルーキーFW岩崎を投入。対する徳島は開幕戦で先発した前川、渡らを投入し、攻勢を強めていく。 ▽試合終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、後半半ばから負傷の影響で前線に入っていた闘莉王が千両役者ぶりを発揮する。90分、後方からのロングボールをオリスが頭で落とすと、ボックス内に走り込んだ闘莉王が後方から来たボールを見事な右足ダイレクトボレーで流し込んだ。 ▽そして、試合はこのままタイムアップ。闘莉王の劇的な移籍後初ゴールで苦戦した一戦を競り勝った京都が、今季初勝利を手にした。なお、布部監督にとっては嬉しいトップカテゴリーでの初勝利となった。 2017.03.04 18:34 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島MF大崎玲央が入籍

▽徳島ヴォルティスは12日、MF大崎玲央(25)が入籍したことを発表した。 ▽東京都出身の大崎は、2015年に北米サッカーリーグ(アメリカ2部)のカロライナ・レイルホークスでプロキャリアをスタート。その後、横浜FCを経て、今シーズンから徳島入りした。 ▽クラブの入籍発表を受け、大崎は以下のようにコメントしている。 「このたび、入籍致しました。これまで以上に、プロサッカー選手として、人間として責任感を持ち成長していきたいと思います。これからも応援よろしくお願い致します」 2017.02.12 18:08 Sun
twitterfacebook
thumb

富山が徳島FW佐々木一輝を完全移籍で獲得!!

▽カターレ富山は11日、徳島ヴォルティスからFW佐々木一輝(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2013シーズンから徳島でプレーする佐々木は、2016シーズンの明治安田生命J2リーグで2試合に出場している。同選手は富山の公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「このたび、徳島ヴォルティスから移籍することになりました、佐々木一輝です。大学生の時に練習会に参加させていただいたこともあり、今回話をいただいて、勝手にですが馴染みを感じています」 「ドリブルで仕掛けるプレーや、シュートやクロスで終わるようなプレーが得意なのですが、サイドハーフやサイドバックなども経験しているので、どのポジションで出ても自分の力をチームのために精一杯出し切ろうと思っています。今年こそ、みんなで一緒にJ2に戻りましょう!応援をよろしくお願いします」 ▽また佐々木は徳島の公式サイトでもコメントを残している。 「4年間応援いただきありがとうございました。地元の選手として、徳島ヴォルティスでプレー出来たことは、自分の人生の宝物にしたいと思います」 「これまで、なかなか試合に出る機会が無かったので、カターレ富山でもう一度頑張って試合に出て、今までプレーしてきたチームメイトとまた同じピッチでプレー出来るように、みなさんに元気な姿を見せられるように、頑張りたいと思います」 「チームは変わりますが、これからも変わらずに応援してもらえればと思いますし、僕も徳島ヴォルティスを応援しています」 2017.01.11 11:44 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング