超ワールドサッカー

徳島ヴォルティス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 徳島 30 8 6 5 24 18 6 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
18:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
山形 vs 徳島
2017-07-01
19:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
徳島 vs 愛媛
2017-07-08
18:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
名古屋 vs 徳島
2017-07-16
18:30
明治安田生命J2リーグ
第23節
徳島 vs 京都
2017-07-23
18:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
福岡 vs 徳島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
徳島 3 - 0 熊本
2017.06.10
16:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
徳島 0 - 1 湘南
2017.06.03
19:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
群馬 0 - 2 徳島
2017.05.27
16:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
徳島 1 - 1 讃岐
2017.05.21
14:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
水戸 1 - 1 徳島

基本データ

正式名称:徳島ヴォルティス

ホームタウン:徳島市・鳴門市・美馬市・板野町・松茂町・藍住町・北島町・吉野川市を中心とする全県

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

徳島が監督交代の熊本に3発快勝!《J2》

▽17日に鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第19節の徳島ヴォルティスvsロアッソ熊本は、ホームの徳島が3-0で勝利した。 ▽2試合ぶりの勝利を目指す10位の徳島と、3連敗を含む直近の4試合で白星から遠ざかる状況を受けて監督交代を決断した19位の熊本が対峙した。 ▽試合を動かしたのは徳島。8分、渡のパスを受けた山崎が左足でミドルシュートを放つ。これはGKに弾かれたものん、こぼれ球に反応した馬渡が左足ダイレクトで押し込み、徳島が先制する。 ▽リードした徳島は18分、杉本が高い位置で奪い返すと、そのままドリブルで持ち上がって右足でグラウンダーのクロスを供給。前川のシュートがGKに弾かれたところを山崎がプッシュし、徳島が2点目を奪った。 ▽2点リードで試合を折り返した徳島は後半アディショナルタイム1分、山崎がヘディングシュート。左ポストへの跳ね返りに反応した渡が落ち着いたフェイントでDFのマークを剥がして試合を決定付ける3点目を挙げた。 ▽結局、3発快勝の徳島が2試合ぶりの白星。敗れた熊本は、監督交代もむなしく5試合で白星から遠ざかる結果となった。 2017.06.17 21:50 Sat
twitterfacebook
thumb

辛勝の湘南が首位福岡と勝ち点で並び2位浮上!!《J2》

▽10日に明治安田生命J2リーグ第18節の徳島ヴォルティスvs湘南ベルマーレが鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、1-0で湘南が勝利した。 ▽第17節終了時点で4位の湘南(勝ち点31)は、1位の福岡(勝ち点33)とは勝ち点2差と昇格が狙える位置に付けている。対する7位の徳島(勝ち点27)は、4試合で連続引き分けが続いていたが、前節の群馬戦で6試合ぶりに勝利し、調子は上向きにある。 ▽序盤はホームの徳島がペースを握った。2トップの山崎と渡が積極的に動いてスペースを作り、湘南DFを揺さぶる。11分、押し込む徳島に最初のチャンスが訪れる。ボックス手前中央で前川が胸でボールをトラップ。そのままシュートを放つも、これは枠を外れた。 ▽受けに回っていた湘南だが、徐々に調子を取り戻す。中央でのプレスを強めつつ、奪ってから素早くサイドへ回す展開が増えると、ボールを保持できるように。15分、17分、21分と立て続けに湘南がCKを得るも、決定的なチャンスとはならず。両チームとも攻守に渡りアグレッシブなプレーをするも、決定機を作ることができない。 ▽試合は再び徳島が支配し始める。29分に杉本、岩尾、馬渡、山崎、岩尾、渡とテンポよく繋ぎ、ハーフウェイライン付近からあっという間にボックス内へ。渡がクロスを上げ、ボックス内へ走り込む前田へ合わせる。美しい形だったが、これを決め切れずに相手DFにクリアされた。 ▽後半へ入ると、湘南は山田と島村を交代し、DFラインを4バックから3バックに変える。さらに安藤を石川と代えボランチへ配置し、中盤を厚くした。 ▽システム変更が功を奏したのか、湘南がチャンスをものにする。折り返して50分、野田がボックス手前中央でキープし左サイドへスルーパスを送る。これを受けた杉岡がボックス内左を深めに侵入し、そのまま左足を振り抜く。勢いの良いシュートはゴールネット右側に突き刺さった。 ▽1点を追う徳島が攻撃に人数をかけると、立て続けにチャンスを迎える。67分、大崎の縦パスを受けた渡が山崎、島屋と連動して湘南DFを中央から崩す。ボックス内中央でフリーとなった山崎が右足を振り抜くも、枠を外してしまう。続いて69分、左サイドを駆け上がった内田が、素早いクロスをピンポイントで山崎へ合わせる。山崎のシュートは枠内へ飛んだが、GKに弾かれた。 ▽しかし徳島の猛攻は実らず。試合はこのまま終了し、耐えきった湘南が勝ち点3を守り通した。この結果、湘南は勝ち点34となり首位の福岡(勝ち点34)と同勝ち点での2位に浮上した。対して、ホームで敗北を喫した徳島(勝ち点27)は暫定7位のまま。J1昇格圏内へ近づくことは叶わなかった。 2017.06.10 18:07 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島が渡2戦連発弾などでドロー地獄抜け出す6戦ぶり白星! 群馬は連勝が3でストップ…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節のザスパクサツ群馬vs徳島ヴォルティスが3日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、アウェイの徳島が2-0で勝利した。 ▽3連勝中の20位群馬と、4試合連続1-1のドローで5戦未勝利の9位徳島が対峙した一戦。前節、首位アビスパ福岡相手に完勝の群馬は、パク・ゴンに代えて市川を起用した以外、同じメンバーを起用。3戦連発中の高井はカン・スイル、岡田と共に前線に入った。一方、勝ち切れない試合が続く徳島は直近のカマタマーレ讃岐戦から3選手を変更。藤原、井筒、杉本に代わって、大崎玲と内田、大崎淳が起用された。 ▽強風が吹き荒れる中でスタートした試合は、前半風上を取ったアウェイの徳島が押し込む入りとなる。立ち上がりには山崎が強烈なシュートを放つが、GK清水の正面を突いた。 ▽時間の経過と共に押し返し始めた群馬は、20分に絶好機を迎える。右サイドで高橋が入れたクロスをニアに飛び込んだカン・スイルが豪快なヘディングで合わせるが、これはGK長谷川のビッグセーブに阻まれる。さらに、こぼれ球を高井がシュートするが、今度はゴール前でDFの決死のブロックに遭う。 ▽その後はややホームチームが攻め込む場面が目立つ中、35分には相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーの高橋がGKの前でバウンドする嫌らしいボールを入れると、これにチェ・ジュンギが飛び込むが、GKの寸前で触ったボールは枠を捉え切れず、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、立ち上がりから勢いを持って入った徳島が主導権を掴む。56分、右サイドから山崎が入れたクロスをボックス内で受けた前川が右足でシュートするが、これはポストを叩いて先制点とはならない。 ▽それでも押し気味に試合を進める徳島は63分、中盤でキープした岩尾の浮き球のフィードに抜け出した渡が巧みなファーストタッチでスピードに乗り、DFを振り切ってボックス内に侵入。最後は冷静に右足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽渡の2試合連続となる今季9点目で均衡が破れた中、両チームは後半半ばから終盤にかけて交代カードを切りながら、白熱の攻防を繰り広げていく。だが、互いに最後の場面で守備陣が粘り、なかなか次のゴールが生まれない。 ▽それでも、徳島の1点リードで終了かと思われた後半アディショナルタイム、相手GKのロングフィードをヴァシリェヴィッチが頭で跳ね返したボールに抜け出した山崎がそのままボックス内まで持ち上がり、最後はGKとの一対一を制し、試合を決定付ける2点目を奪った。2トップ揃い踏みで勝ち切った徳島が、ようやくドロー地獄を抜け出す6試合ぶりの勝利で昇格プレーオフ圏内の暫定6位に浮上した。一方、ホームで敗れた群馬は、連勝が「3」でストップした。 2017.06.03 21:36 Sat
twitterfacebook
thumb

東四国クラシコは讃岐が先制も徳島が意地を見せてドロー決着《J2》

▽27日に明治安田生命J2リーグ第16節、徳島ヴォルティスvsカマタマーレ讃岐の“東四国クラシコ”が鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節の水戸ホーリーホック戦で1-1の引き分けに終わり4試合未勝利の3試合連続ドローとなっている9位の徳島(勝ち点)が、ザスパクサツ群馬戦に敗れて9戦未勝利の2連敗となった22位の讃岐を迎えた。 ▽試合は[3-5-2]のフォーメーションを敷く徳島が主導権を握り、[4-4-2]で構える讃岐はカウンターでゴールを目指していった。すると最初の決定機は讃岐に訪れる。25分にカウンターを仕掛けると、相手陣内で3対1と絶好の形に。しかしスルーパスを受けた大沢のシュートは枠を外してしまい得点とはならず。 ▽しかし36分に讃岐が試合を動かす。相手陣内の中央でボールを拾った西が、ドリブルで運ぶとボックス手前からミドルシュートを放つ。強烈なシュートがゴールネットに突き刺さり、先制に成功した。 ▽徳島は前半終了間際、立て続けにCKを獲得するがゴールマウスにシュートを飛ばすことはできず。結局前半は讃岐がリードして終えた。 ▽迎えた後半はリードする讃岐が最初にチャンスを作る。48分に左FKからゴール前に入ったボールがファーサイドに流れる。しかし李栄直はこれを押し込めず、追加点のチャンスを逸する。すると51分、圧力を強めて攻め込んでいく徳島は山崎が仕掛けてボックス内にこぼれたボールを渡がダイレクトでシュート。これがネットを揺らして、徳島が後半の速い時間帯に同点とした。 ▽追いついたことで勢いを持って攻め込む徳島だが、讃岐も集中した守りを見せて決定機を作らせない。71分には馬渡が右サイドを突破して、深い位置から上げたクロスを渡がダイレクトで合わせるが、ボールは枠外へと飛んだ。79分にも岩尾のインターセプトから山崎がボックス内でシュートを放つもGK清水がブロック。こぼれ球を渡が押し込みにかかるが、徳島はこのチャンスも決めきれない。 ▽試合終盤も徳島が押し込んでいくが、讃岐も堅い守備を見せて跳ね返していく。後半アディショナルタイムには左サイドの内田がボックス内に侵入して左足でクロスを入れる。これに山崎が頭で合わせたがボールはクロスバーを越えてしまう。結局試合はそのまま終了を迎え、“東四国クラシコ”は1-1のドローに終わった。 2017.05.27 17:59 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸vs徳島は両者譲らずドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の水戸ホーリーホックvs徳島ヴォルティスが21日にケーズデンキスタジアム水戸で行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで4勝6分け4敗で14位に位置する水戸と、6勝4分け4敗で9位の徳島が激突した。試合序盤、積極性を見せたのはホームの水戸だったが、先行したのは徳島だった。井筒の浮き球ボールで左サイドを抜けた馬渡がボックス左でクロス。これを正面の大崎淳が押し込み、徳島が試合の均衡を破る。 ▽ハーフタイムにかけては、一進一退の攻防が繰り広げられる。しかし、両者共にアタッキングサードでの決め手を欠いて決定的なチャンスをなかなかつくれず、ゴールレスのまま前半が終了した。 ▽ハーフタイム明け、徳島は大崎淳と杉本に代えて渡と前川を投入。対する水戸は、57分に橋本を下げて佐藤和弘を送り出す。さらに、状況の打開を狙う水戸は、62分に船谷に代えて白井を投入する。 ▽終盤にかけては、攻撃に人数をかけ始める水戸に対して、徳島がカウンターを狙う展開となる。78分には、水戸にビッグチャンス。ハーフウェーライン過ぎからドリブルで持ち上がった前田がボックス内に進入してシュートを放つも、GK長谷川のセーブに遭う。 ▽それでも、85分には水戸がゴールを奪いきる。右サイドから佐藤和弘が入れたFKにニアサイドの細川が頭で合わせる。このシュートは左ポストに直撃するも、跳ね返りを前田が押し込み、1-1とした。 ▽その後も水戸が勝ち越し弾を狙って攻勢に出たが、徳島が耐えきって試合終了。両者が勝ち点を分け合った。 2017.05.21 16:01 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング