徳島ヴォルティス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 徳島 17 5 2 2 11 7 4 9

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
15:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
千葉 vs 徳島
2017-05-03
16:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
徳島 vs 福岡
2017-05-07
14:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
岡山 vs 徳島
2017-05-13
16:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
徳島 vs 岐阜
2017-05-17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第14節
徳島 vs 金沢

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
15:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
町田 0 - 1 徳島
2017.04.15
14:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
徳島 2 - 2 名古屋
2017.04.08
13:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
山口 1 - 1 徳島
2017.04.01
14:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
徳島 0 - 2 松本
2017.03.25
17:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
横浜FC 0 - 2 徳島

基本データ

正式名称:徳島ヴォルティス

ホームタウン:徳島市、鳴門市、美馬市、板野町、松茂町、藍住町、北島町を中心とする全県

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

前川弾で町田に勝利した徳島が4試合ぶりの白星!!《J2》

▽22日に明治安田生命J2リーグ第9節のFC町田ゼルビアvs徳島ヴォルティスが町田市立陸上競技場で行われ、1-0で徳島が勝利した。 ▽前節の横浜FC戦でオウンゴールながらも1-0で勝利し2連勝とした11位の町田(勝ち点12)が、名古屋グランパス戦で2-2のドローに終わり2戦連続引き分けの3戦未勝利となった4位の徳島(勝ち点14)を迎えた。 ▽立ち上がりは徳島が町田陣内へと攻め込む場面が多く見られると10分に試合が動く。自陣の左サイドでカルリーニョスが大きなサイドチェンジ。右サイドで受けた広瀬がDFを釣り出して、中央に走りこんだ前川にスルーパスを通すと、前川がそのまま流し込んで、徳島が勢いのままに先制した。 ▽追いかける展開となった町田は20分に井上がパス交換から抜け出してボックス内からシュート。しかしクロスバーを越えてしまい決めきれず。29分にも谷澤がボックス手前でボールを受けると、反転してシュートを狙うがここも枠外へ。 ▽徳島も37分にスルーパスで抜け出した渡がボックス左から折り返しのボールを入れる。前川がここに走りこむがわずかに触りきれず。結局前半は徳島1点リードのままで終えた。 ▽互いに交代なしで迎えた後半は、序盤に徳島がチャンスを作る。51分に相手のCKを防いでカウンターを開始。右サイドの渡が入れたグラウンダーのクロスに前川が合わせにかかるが押し込めず。逆サイドの島屋がシュートを放つが、GKがブロックしてゴールとはならなかった。 ▽町田も59分に右CKからボックス手前の中島が狙うが、相手選手に当ててしまう。70分にも吉田がボックス手前から仕掛けて右足で狙うが、GKが触ってコースを変えるとボールはポストを叩いた。徳島も81分にこぼれ球に反応した広瀬が押し込むだけの場面を迎える。しかし強振したシュートにより、ボールはクロスバーを越えてしまい追加点とはならず。 ▽試合終盤は町田が攻め込む場面が増えていくが、最後まで徳島のゴールをこじ開けることはできずに試合は終了。徳島が1点を守りきり4試合ぶりの白星を手にした。 2017.04.22 16:59 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋が一時逆転も主導権を握り続けた徳島が渡の同点弾で勝ち点を奪う《J2》

▽15日、明治安田生命J2リーグ第8節の徳島ヴォルティスvs名古屋グランパスが鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽前節のレノファ山口戦を1-1と引き分けた徳島は、スタメンを2名変更。石井、小西に変えて、カルリーニョス、前川を起用した。一方の名古屋は前節のカマタマーレ讃岐戦で2-1と勝利し、4連勝で首位。前節先発した杉森に変えて、杉本竜をスタメンを起用した。 ▽徳島は10分、左サイドで得たFKからカルリーニョスがクロスを入れると、藤原がダイビングヘッドで合わせに行くも、わずかに届かない。16分には右CKからカルリーニョスがクロスを入れると、ファーサイドでヴァシチェヴィッチがヘッド。しかし、これはわずかにゴール左に外れてしまう。 ▽攻勢を強める徳島は24分、スルーパスに反応した広瀬がボックス内右でキープ。パスを受けた杉本太が横に流すと、フリーの島屋がボックス内からシュート。しかし、これは大きく枠を外し決定機を生かせない。26分にはディフェンスラインの裏に抜けた渡がGKとの一対一でシュート。しかし、これはGK楢崎がセーブし、再び徳島は決定機を逃す。 ▽攻め立てる徳島は29分、ボックス手前から馬渡が強烈なシュート。しかし、枠をとらえたシュートはGK楢崎が好反応で再びセーブする。 ▽名古屋はシュートに持ち込むまでのプレー精度を欠き、わずかにシュート2本で前半を終える。 ▽迎えた後半、最初にチャンスを作ったのは劣勢の名古屋。54分、玉田が裏にパスを出すと、反応したフェリペ・ガルシアがボックス内左からシュート。しかし、GK梶川がセーブする。 ▽56分には徳島がカウンター。島屋がボールをキープし駆け上がった前川にパス。フリーでボックスに侵入した前川がシュートも、GK楢崎がまたしても立ちはだかる。 ▽それでも59分、右サイドからのグラウンダーのクロスをボックス内左に走り込んだ馬渡が蹴り込み、徳島がついにゴールをこじ開ける。 ▽先制された名古屋だったがすぐさま反撃に出る。61分、右サイドからのクロスをファーサイドでシモビッチがトラップからクロス。これをフェリペ・ガルシアが蹴り込み、名古屋が同点に追いつく。 ▽78分、ボックス左からフェリペ・ガルシアがクロス。これに飛び込んだ永井がヘッドで合わせ、名古屋が逆転に成功する。 ▽逆転を許した徳島は82分、左サイドからカルリーニョスがクロスを上げると、途中出場の山崎がボックス中央でヘッド。しかし、シュートはわずかに枠の左に外れる。 ▽それでも83分、左サイドからパスを受けた渡が杉本にパス。ボックス中央でパスを受けた杉本がキックフェイントで相手をかわすと、これを渡がシュート。ボールは右隅に吸い込まれ、徳島が同点に追いつく。 ▽終盤にかけては徳島が攻め立て、名古屋は防戦一方に。長身のアシチェリッチ、テクニックがある松村を投入した徳島が攻め込むが、勝ち越しゴールは奪えず。試合は2-2の引き分けに終わった。 2017.04.15 16:08 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島、FW佐藤晃大の右足手術を発表…全治約8週間の見込み

▽徳島ヴォルティスは11日、FW佐藤晃大が7日に徳島県内の病院で右足関節遊離体摘出術を受けたことを発表した。全治約8週間の見込みだ。 ▽神奈川県出身の佐藤は、2009年に徳島でプロキャリアをスタート。その後、ガンバ大阪への移籍を経て、2015年に4年ぶりの徳島復帰を果たした。 ▽しかし、佐藤は今シーズンのここまで2試合に途中出場したのみ。第3節から欠場が続いていた。 2017.04.11 16:47 Tue
twitterfacebook
thumb

山口vs徳島は劇的ドロー! 渡が後半ATに得点ランクトップの5点目で値千金同点弾《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第7節のレノファ山口FCvs徳島ヴォルティスが8日に維新百年記念公園陸上競技場で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽共に2試合ぶりの勝利を目指す18位山口と、5位徳島の一戦。試合は開始3分にボックス手前左から馬渡が強烈なシュートで相手GKに好守を強いるなど、アウェイの徳島が押し込む入りとなった。 ▽だが、時間の経過と共に水を含んだピッチの利点を生かして持ち味のパスワークを発揮し始めた山口が、小野瀬のミドルシュートなどで反撃を開始。さらに、20分過ぎには鋭い縦への攻めからボックス付近の小塚、前が続けてシュートを放つが、GK梶川の牙城を破れない。 ▽前半半ばから終盤にかけてもオープンな攻防が続く中、徳島は馬渡の鋭いクロス、山口は相手の背後を突いたシンプルな攻めでゴールに迫る。42分には裏へ抜け出した前に再び決定機も、序盤から安定していたゴールキーピングを見せていたGK梶川にまたしてもビッグセーブで阻まれ、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、徳島はDF石井を下げてハーフタイム明けにアタッカーの松村を投入し、3バックからより攻撃的な4バックに変更し、先制点を目指す。だが、後半立ち上がりは前半に比べてボール支配率を増した山口が押し込むが、和田のシュートは枠を捉えきれない。 ▽55分には徳島に後半最初の決定機。味方のスルーパスに抜け出した杉本がボックス左から決定的なシュートを放つが、これはGK山田の顔面セーブに阻まれる。この直後に徳島は、小西を下げてカルリーニョスを2枚目の交代カードとして投入した。 ▽後半立ち上がり以降、押し込まれる時間が続く山口は、高柳と小野瀬に代えて池上と加藤を投入し、攻撃に変化を加える。なかなか攻め切れない場面が目立ったものの、73分に待望の先制点を奪う。左サイドを攻め上がった星からのグラウンダーの折り返しを受けた前がボックス右角から強烈なシュート。これはGK梶川に弾かれるが、ファーサイドでこぼれ球を拾った星が角度のないところから左足のシュートをファーポストに流し込んだ。 ▽試合終盤にかけては連敗を避けたい徳島が決死の猛攻を見せるが、焦りからか、アタッキングサードでのプレー精度を欠き、なかなか決定機を作れない。逆に、前がかりになったところを引っくり返されては、山口の鋭いカウンターを浴びる。90分にはボックス左に抜け出した加藤の折り返しを米澤に流し込まれるが、ここはオフサイドに救われる。 ▽すると、再三のピンチを何とか凌いだ徳島は、試合終了間際の後半アディショナルタイム1分に右サイド深くで広瀬が上げたクロスを、ファーサイドで競り勝った渡が頭でゴール右隅に流し込み、土壇場で追いついた。そして、渡の得点ランキングトップとなる今季5点目でドローに持ち込んだ徳島が、勝ち点1を持ち帰ることに成功した。 2017.04.08 15:19 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島FW渡大生が2月・3月度のJ2月間MVPに選出《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは6日、2月・3月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J2は徳島ヴォルティスのFW渡大生が選出された。渡は初受賞となる。 ▽渡は2・3月に行われた明治安田生命J2リーグ全5試合に出場。リーグトップタイとなる4得点を記録していた。Jリーグ公式サイトは、渡の受賞コメントを紹介している。 ◆<span style="font-weight:700;">FW渡大生(徳島ヴォルティス)</span> 「今シーズン最初の月間MVPに選出していただき、大変光栄です。受賞できたのは、自分の力だけでなくチームメイトや周りで支えてくださっている方々のおかげだと思っています。一人ひとりに感謝したいです」 「得点をすることについて、自分は“そこにいること"を常に意識してプレーしています。これまでの得点も自分らしさを出せたと思いますし、これからも続けていきたいと思います」 「ファン・サポーターのみなさん、いつもたくさんのご声援ありがとうございます。いつもみなさんの応援からパワーをもらっていて、これからもそれに応えられるように結果を出していきますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。みなさん、ぜひスタジアムに試合を見に来てください!」 ▽また、Jリーグは渡の選出について選考委員会による総評を紹介している。 「2、3月に開催された全5試合に出場し、4ゴール(リーグ内1位タイ)とチームの月間3位に大きく貢献した。"点"で合わせる鋭い嗅覚を持ち合わせており、奪ったゴールのうち3得点は決勝点となるなど、勝負強さも発揮。シュート数5本以上の選手の中で、決定率44%、枠内率89%とどちらもリーグ内1位の成績を誇り、好調なスタートを切った徳島の攻撃的なサッカーを象徴する選手である」 2017.04.06 16:46 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング