ファジアーノ岡山

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 岡山 34 9 7 7 26 27 -1 23

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-07-23
18:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
岡山 vs 山口
2017-07-30
18:00
明治安田生命J2リーグ
第25節
岡山 vs 長崎
2017-08-05
18:00
明治安田生命J2リーグ
第26節
京都 vs 岡山
2017-08-11
18:00
明治安田生命J2リーグ
第27節
岐阜 vs 岡山
2017-08-16
19:00
明治安田生命J2リーグ
第28節
岡山 vs 愛媛

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.07.15
19:00
明治安田生命J2リーグ
第23節
金沢 1 - 2 岡山
2017.07.09
18:30
明治安田生命J2リーグ
第22節
東京V 1 - 1 岡山
2017.07.01
19:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
岡山 3 - 0 水戸
2017.06.25
18:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
松本 1 - 1 岡山
2017.06.17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
岡山 1 - 1 岐阜

基本データ

正式名称:ファジアーノ岡山

原語表記:Fagiano OKAYAMA

ホームタウン:岡山市、倉敷市、津山市を中心とする全県

チームカラー:ワインレッド

関連ニュース

thumb

飯尾の恩返し弾で3連勝長崎が対松本初勝利! 好調金沢撃破の岡山が9戦負けなし《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第23節の4試合が15日に各地で行われた。 ▽2連勝で4位に位置するV・ファーレン長崎(勝ち点38)と、同じく2連勝中の8位松本山雅FC(勝ち点33)の上位対決は、ホームの長崎が1-0で勝利した。共に[3-4-2-1]の布陣で堅守速攻を志向する両チームによるミラーゲームは、アウェイの松本がボールを支配する形で進む。だが、田中隼に代わって初先発の岡本が序盤に負傷し、星原との負傷交代を強いられる。29分にはボックス手前で得たFKの場面で名手・宮坂が右足で枠の右隅を捉えたシュートを放つが、ここは相手GK増田の好守に阻まれ、前半のうちにゴールを奪えず。 ▽一方、前半をシュート0で終えるなど、攻撃面で苦戦を強いられた長崎だが、この試合最初のチャンスをモノにする。57分、DF安川のクリアミスをボックス手前で拾った古巣対戦の飯尾がすかさず右足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール左隅に突き刺さった。飯尾の恩返し弾でリードを奪った長崎は前がかりになる松本に対して、ファンマらを起点としたカウンターがことごとく嵌るが、最後の精度を欠きとどめを刺せない。それでも、2戦連続無失点中の守備陣が最後まで耐え抜き、1-0で勝利。リーグ8戦目にして対松本初勝利を飾った長崎が3連勝で暫定3位に浮上。一方、敗れた松本は5戦ぶりの黒星となった。 ▽4連勝で降格圏を脱出した17位ツエーゲン金沢(勝ち点28)と、8戦負けなし(4勝4分け)の14位ファジアーノ岡山の好調同士の一戦は、アウェイの岡山が1-2で勝利した。試合は立ち上がりから主導権を握った岡山が得意のセットプレーからチャンスを窺う。一方、粘り強い守備から反撃を狙う金沢は、宮崎や中美の仕掛けから決定機を演出するが、こちらも決め手を欠き、前半は0-0で終了した。 ▽迎えた後半、岡山が得意のセットプレーでゴールをこじ開ける。49分、右CKの場面でキッカーの石毛が右足でアウトスウィングのボールをニアに送る。これを片山が頭でフリックしたボールがファーに流れると、これを塚川がダイビングヘッドで流し込んだ。前節の東京ヴェルディ戦を彷彿とさせるCKからのゴールで先手を奪った岡山は、その後も主導権を譲らない。77分には再び右CKの場面で今度は左利きのパク・ヒョンジンが鋭く内側に巻くインスウィングのボールをニアに送ると、これがそのままゴールネットを揺らした。一方、ホームで意地を見せたい金沢は、84分に途中出場の金子からの絶妙なゴール前へのフィードに反応した中美が左足ダイレクトで流し込み、1点を返した。だが、金沢の終盤の猛攻も及ばず、試合はこのまま終了。好調同士の白熱の一戦を制した岡山が、対金沢初勝利を収め、無敗記録を9試合に伸ばした。 ▽4連敗で11位まで順位を落とした横浜FC(勝ち点32)と、前節京都サンガF.C.に勝利して11戦ぶりの白星を手にした18位FC岐阜(勝ち点26)の一戦は、ホームの横浜FCが1-0で勝利した。立ち上がりから拮抗した展開が続く中、20分には難波とのワンツーでゴール前に抜け出した岐阜の古橋に決定機も、ここはGK高丘のビッグセーブに阻まれ、試合はゴールレスで折り返す。 ▽試合が動いたのは62分。GK高丘のロングボールに反応したイバがDFを引き付けるも競らずに背後で大きくバウンドすると、ボックス右に走り込んだジョン・チュングンが右足ボレーで流し込み、横浜FCが待望の先制点を奪った。その後は岐阜が押し込む展開となったが、76分に右サイドからカットインした風間の強烈な左足のシュートがクロスバーを叩くなど、最後まで追いつくことはできず。岐阜に競り勝った横浜FCが連敗を「4」でストップすると共に6試合ぶりの勝利を手にした。 ▽4連敗で21位に沈むカマタマーレ讃岐(勝ち点13)と、今季初の連勝を狙う20位レノファ山口FC(勝ち点16)の残留争い直接対決は、1-3で山口が逆転勝利した。試合は開始12分に讃岐が鋭いロングカウンターからボックス手前左角で渡邉が入れたクロスを、ファーに走り込んだ武田がダイビングヘッドで流し込み、ホームチームが先制に成功。しかし、ビハインドを追う山口は21分、ボックス手前の好位置で得たFKの場面で味方がズラしたボールを前が左足アウトにかけた強烈なシュートで流し込み、同点に追いつく。 ▽さらに、前半終了間際には小野瀬の右CKをファーの渡辺が頭で流し込み、前半のうちに試合を引っくり返した。勢いづくアウェイチームは後半立ち上がりの53分にもセットプレーの流れから宮城が追加点を奪った。その後、我那覇らを投入して攻勢に出る讃岐の反撃をきっちり凌ぎ切った山口が残留争い直接対決を3-1で制し、今季初の連勝。一方、敗れた讃岐は泥沼の5連敗となった。 ▽15日に開催された明治安田生命J2リーグ第22節の試合結果は、以下の通り。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽7/15(土) カマタマーレ讃岐 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC 1</span>-0 FC岐阜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 松本山雅FC ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ファジアーノ岡山</span> ▽7/16(日) 《18:00》 FC町田ゼルビア vs 水戸ホーリーホック 名古屋グランパス vs モンテディオ山形 愛媛FC vs 大分トリニータ 《18:30》 徳島ヴォルティス vs 京都サンガF.C. 《19:00》 ロアッソ熊本 vs ジェフユナイテッド千葉 湘南ベルマーレ vs 東京ヴェルディ ザスパクサツ群馬 vs アビスパ福岡 2017.07.15 21:58 Sat
twitterfacebook
thumb

岡山、元徳島のキム・ジョンミンを獲得 水原三星から期限付き移籍加入

▽ファジアーノ岡山は13日、水原三星ブルーウィングスに所属する韓国人FWキム・ジョンミン(24)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は「9」に決定している。 ▽キム・ジョンミンは、長薫高校卒業後、2011年に徳島ヴォルティスでプロキャリアをスタート。2011〜2015年まで徳島でプレーし、2016年からKリーグクラシックの水原三星に活躍の場を移していた。 ▽キム・ジョンミンはクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ファジアーノ岡山に加入できて、嬉しい気持ちです。昨シーズン、惜しくもJ1昇格プレーオフで敗退し、とても残念でしたが、今年こそJ1に昇格することができるように、私もチームのために努力します。そして、サポーターの皆さんに、なるべく早くシティライトスタジアムで会えるように努力します。これからよろしくお願いします」 2017.07.13 10:44 Thu
twitterfacebook
thumb

岡山、DF加地亮が肋骨骨折で全治4~6週間

▽ファジアーノ岡山は7日、DF加地亮が肋骨骨折で全治4~6週間と診断されたことを発表した。 ▽加地は、今月1日に行われた明治安田生命J2リーグ第21節の水戸ホーリーホック戦で同箇所を負傷していた。また、加地は今回の離脱期間を利用して、かねてより受賞していた『右足関節部ガングリオン』に関して、7日にガングリオン切除術を受けた。この切除術による全治は4週間となる。 ▽加地は、今シーズンのリーグ戦19試合に出場していた。 2017.07.07 15:56 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山が徳島のアルゼンチン人FWオルシーニの期限付き移籍加入内定を発表「スピードとパワーが最大の特長」

▽ファジアーノ岡山は2日、徳島ヴォルティスのアルゼンチン人FWニコラス・オルシーニ(22)が期限付き移籍で加入が内定したことを発表した。メディカルチェックを行った後に正式契約を結ぶという。 ▽オルシーニは2016年にアトレティコ・デ・ラファエラから徳島に加入。そのまま韓国2部のFC安養へと期限付き移籍。同年8月には日本代表FW本田圭佑が実質的オーナーを務めるSVホルンへと期限付き移籍していた。徳島での出場経験はない。オルシーニは両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「ファジアーノ岡山の一員になることができて、とてもうれしく思っていますし、チャンスをもらえたことを感謝しています。スピードとパワーが最大の特長ですので、この長所を活かして、チームの目標達成のために貢献していきたいです」 ◆徳島ヴォルティス 「このたび、期限付き移籍で初めて日本でプレーすることになりました。しっかりとプレーしてJ2リーグで結果を出せるように頑張ります」 ▽なお、期限付き移籍期間は2018年1月1日までとなり、徳島との公式戦に出場することはできない。 2017.07.02 13:36 Sun
twitterfacebook
thumb

岡山がMF田中奏一とMF加藤健人の負傷を発表

▽ファジアーノ岡山は30日、MF田中奏一とMF加藤健人の負傷を発表した。 ▽21日に行われた天皇杯2回戦のFC今治戦で負傷した田中は、左でん部肉離れと診断され、全治は2週間から4週間とのこと。29日の練習中に負傷した加藤は、左大腿部肉離れで全治には6週間から8週間要するようだ。 ▽2012年に慶應義塾大学から加入した田中は今シーズン、ここまで明治安田生命J2リーグで4試合に出場していた。また、2014年にトップチーム昇格を果たした加藤は、ここまでリーグ戦での出場はない。 2017.06.30 14:40 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング