超ワールドサッカー

ファジアーノ岡山

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 岡山 19 5 4 7 15 22 -7 16

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-03
19:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
岡山 vs 千葉
2017-06-11
18:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
山口 vs 岡山
2017-06-17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
岡山 vs 岐阜
2017-06-25
18:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
松本 vs 岡山
2017-07-01
19:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
岡山 vs 水戸

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.28
14:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
大分 1 - 1 岡山
2017.05.21
13:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
岡山 2 - 1 横浜FC
2017.05.17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第14節
愛媛 2 - 0 岡山
2017.05.13
14:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
福岡 1 - 0 岡山
2017.05.07
14:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
岡山 3 - 2 徳島

基本データ

正式名称:ファジアーノ岡山

原語表記:Fagiano OKAYAMA

ホームタウン:岡山市、倉敷市、津山市を中心とする全県

チームカラー:ワインレッド

関連ニュース

thumb

岡山、初先発の武田弾を守りきれず…大分がホームの意地を見せドロー決着《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第16節の大分トリニータvsファジアーノ岡山が28日に大分銀行ドームで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節の町田ゼルビア戦を2-2で引き分け、ここ2試合白星がない8位の大分(勝ち点24)と、前節の横浜FC戦を2-1で勝利し、連勝を目指す17位の岡山(勝ち点18)が激突した一戦。試合は立ち上がり、ホームの大分がやや優勢に試合を進めるが、岡山も守備陣が我慢を続け、良い形でシュートを打つことができない。大分は15分、自陣からドリブルで持ち上がった後藤がボックス手前から右足でミドルシュートを放つも、GK一森にキャッチされてしまう。 ▽その後は互いにラストパスの精度を欠いてしまい、試合がこう着する。それでも攻勢を続ける大分は30分、鈴木惇のパス受けた伊佐がボックス右手前から左足でシュート。しかし、これは右ポストに嫌われてしまう。さらに35分、右サイドから岸田のパスをボックス手前で受けた國分が胸トラップから左足を振り抜く。強烈なシュートはゴール右隅を捉えるが、今度はGK一森の攻守に阻まれる。 ▽前半終盤に差し掛かっても依然として大分が岡山を押し込み、ゴール前へ侵攻し続けたが、得点は生まれずゴールレスで試合を折り返す。 ▽後半入ると、ここまで押し込まれていた岡山が攻勢に転じる。49分、ボックス手前から加地がミドルシュートを放ち、GK一森のファンブルを誘う。こぼれ球に反応した石毛がプッシュを試みるが、オフサイドの判定が下される。 ▽すると直後、岡山が均衡を破る。51分、右サイドの加地がボックス手前に浮き球のパスを供給。これを受けた豊川がワンタッチでボックス右へ流し、走り込んだ武田が左足で流し込んだ。 ▽予想外の展開を強いられた大分は、すぐさま応戦するも、勢いに乗る岡山の前に攻めあぐねる苦しい時間帯が続く。それでも70分、鈴木惇の縦パスにボックス手前やや左の伊佐が反応すると、巧みに反転。そのまま左足を振り抜いてゴールネットに突き刺した。 ▽試合が振り出しに戻ると、ややオープンな展開となる。そうした中、勝ち越しを狙う岡山が決定機を迎える。82分、ドリブルでボックス手前まで持ち上がった豊川のパスをボックス左手前で受けた三村がダイレクトでボックス内へクロス。これをゴール前でフリーになった関戸が頭で合わせるが、ゴール左を逸れてしまう。 ▽対するホームで勝ち点3が欲しい大分は90分、鈴木惇の左CKをゴール前に走り込んだ三平がヘディングシュート。これがゴール右隅を捉えるが、GK一森がチームを救うファインセーブでこれを阻止。そのまま時間が経過し、最後まで両者に勝ち越し点は生まれず、試合終了。大分はホームで意地を見せるが勝ちきれず、対する岡山は初先発の武田のゴールで先制するが守り切れず、勝ち点1を分け合う結果となった。 2017.05.28 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

岡山MF澤口雅彦が右下腿部肉離れで全治2〜4週間

▽ファジアーノ岡山は25日、MF澤口雅彦の負傷を発表した。 ▽澤口は17日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の愛媛FC戦で負傷。右下腿部肉離れと診断され、全治は2〜4週間とのことだ。 ▽今シーズンの澤口は明治安田生命J2リーグで6試合に出場していた。 2017.05.25 19:47 Thu
twitterfacebook
thumb

豊川が芸術ボレー弾! 岡山に屈した横浜FCが首位陥落《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節のファジアーノ岡山vs横浜FCが21日にシティライトスタジアムで行われ、2-1で岡山が勝利した。 ▽ここまで4勝3分け7敗で17位の岡山と、8勝4分け2敗で首位を走る横浜FCが相まみえた。先にゴールに迫ったのは横浜FC。18分、左サイドから小宮山が入れたクロスに、ニアサイドで合わせたイバがボレーを放つ。しかし、これはGKのセーブに遭う。 ▽ハーフタイムにかけても拮抗した展開が続く。そんな中、38分に先制したのは岡山だった。左サイドからパク・ヒョンジンが入れた好クロスに正面の豊川がボレー。完璧にミートしたボールがネットを揺らし、豊川の芸術弾で岡山が試合の均衡を破った。 ▽迎えた後半、スコアを動かしたのは岡山。59分、左サイドからパク・ヒョンジンが入れたFKに正面の久木田が頭で合わせる。このヘディングシュートが決まり、岡山が追加点を奪った。 ▽終盤にかけては、リスクを冒して攻める横浜FCに対して、岡山はカウンターを主体に効率よく反撃に出る。すると、85分に横浜FCが1点を返す。左サイドから田所が入れたボールが流れると、ファーの新井がボレー。このシュートがゴール右上に突き刺さった。 ▽横浜FCはゴール直後の87分、右サイドから津田が入れたクロスに合わせた佐藤が決定的なシュートを放つ。しかし、これはGK一森のビッグセーブに阻まれて得点とはならず、そのまま試合終了。岡山が3試合ぶりの白星を手にした一方、横浜FCは7試合ぶりの黒星で首位から陥落した。 2017.05.21 15:02 Sun
twitterfacebook
thumb

河原&有田弾で岡山撃破! 愛媛が今季初の3連勝《J2》

▽17日に明治安田生命J2リーグ第14節の愛媛FCvsファジアーノ岡山がニンジニアスタジアムで行われ、2-0で愛媛が勝利した。 ▽連勝中の8位愛媛(勝ち点21)と、連敗を避けたい17位岡山(勝ち点15)の一戦。まず仕掛けたのは2試合ぶりの白星を目指すアウェイの岡山だった。7分、ボックス左手前から塚川が右足でシュート。これがGKパク・ソンスのファンブルを誘うと、反応した豊川がプッシュを試みるも、GKパク・ソンスの好守に阻まれる。 ▽序盤にピンチを迎えた愛媛は34分、神田からの右CKをボックス中央に走り込んだ林堂が頭で合わせるが、GK一森に正面で弾かれる。対する岡山は37分、左サイドで石毛のパスを受けたパク・ヒョンジンが左足でクロス。これをゴール前右に走り込んだ大竹が右足で合わせるも、GKパク・ソンスに防がれる。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、愛媛は神田に代えて近藤貴を投入。すると59分、近藤貴が藤田とのワンツーで右サイドを突破し、ボックス手前にパスを送る。これに走り込んだ河原が右足を振り抜くと、ゴール左隅へ吸い込まれ、愛媛が先制する。 ▽先制を許した岡山は65分、左サイドからのパク・ヒョンジンのグラウンダーのクロスを石毛がボックス右手前から右足で強烈なシュートを放つも、枠を捉えることができない。 ▽岡山の猛攻を受ける愛媛は79分、西田に代えて有田を投入し、攻撃で応戦。すると89分、敵陣中央右から玉林がボックス右に浮き球のパスを供給。これに走り込んだ有田がワントラップで近藤徹をかわし、左足を振り抜いてニアサイドを射抜いて追加点を奪う。 ▽このゴールでダメ押しに成功した愛媛が、その後は岡山を寄せ付けず試合終了。河原と有田のゴールで勝利した愛媛が今季初の3連勝。対する岡山は連敗を喫した。 2017.05.17 21:33 Wed
twitterfacebook
thumb

土壇場でウェリントンの2戦連発弾が決まり、攻め続けた福岡が2連勝!!《J2》

▽13日に明治安田生命J2第13節のアビスパ福岡vsファジアーノ岡山がレベルファイブスタジアムで行われ、1-0で福岡が勝利した。 ▽前節の松本山雅FC戦でウェリントンのゴールにより1-0で勝利した5位の福岡(勝ち点21)が、徳島ヴォルティスとの打ち合いを制して3試合ぶりの白星を飾った17位の岡山(勝ち点15)と対戦した。なお、福岡は冨安がU-20ワールドカップに出場する日本代表に選出されているため欠場となっている。 ▽晴天の中で迎えた一戦は、両チーム共にサイドに起点を作って相手陣内へと攻め込んでいく場面が多く見られた。すると7分、右サイドで駒野、山瀬と繋ぎながらジウシーニョのクロスにボックス左のウェリントンが頭で合わせる。この試合最初のシュートはGK一森が正面で処理した。 ▽福岡は29分にも右サイドのジウシーニョが上げたクロスをウェリントンがスルー。ファーサイドの坂田がバイシクルで合わせるも、ボールはクロスバーを越えるなど攻め込む場面は多いが決めきれない。31分には右サイドの浅い位置でFKを獲得。駒野の入れたボールがファーサイドに流れたところを、岩下が狙うがGK一森が好セーブを見せた。さらに實藤、岩下とディフェンダーの選手が積極的にシュートを放っていく福岡だが、2本ともクロスバーに嫌われるなど決めきれない。 ▽なかなか攻撃ができない岡山だったが42分、スルーパスに抜け出した豊川がボックス左からシュート。しかしここは岩下がスライディングでブロック。結局前半は福岡が押し気味に試合を進めるも、得点は動かずにゴールレスで終えた。 ▽交代なしで迎えた後半は、追いかける岡山が攻勢にでる。しかしチャンスを作ったのは福岡で、52分に右サイドの駒野が入れたクロスをウェリントンが落とす。坂田の下にボールがこぼれるが押し込めずに得点とはならなかった。すると岡山は60分に大竹に変えて藤本を送り出すなど、最初の交代カードを切る。福岡も71分にジウシーニョと坂田を下げてウィリアン・ポッピと石津を送り出した。 ▽79分にもボックス内のウェリントンがクロスボールに合わせるが、ここもGK一森が飛び出して処理するなどゴールマウスにカギをかける。87分には岡山がカウンターから塚川が強烈なミドルシュートを狙ったが、惜しくも枠を外した。このまま試合終了かと思われた89分、福岡はウィリアン・ポッピが入れた右サイドからのクロスにウェリントンが飛び込むと、遂にGK一森の牙城を崩して福岡が先制する。試合はそのまま終了し、福岡が土壇場でウェリントンの2戦連発ゴールが決まり2連勝を飾った。 2017.05.13 15:58 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング