大分トリニータ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 大分 6 2 0 2 4 3 1 4

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-03-26
13:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
熊本 vs 大分
2017-04-01
14:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
大分 vs 愛媛
2017-04-09
17:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
山形 vs 大分
2017-04-15
14:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
大分 vs 金沢
2017-04-22
16:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
湘南 vs 大分

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
14:00
明治安田生命J2リーグ
第4節
大分 0 - 1 徳島
2017.03.12
13:00
明治安田生命J2リーグ
第3節
大分 2 - 0 山口
2017.03.05
15:00
明治安田生命J2リーグ
第2節
東京V 1 - 0 大分
2017.02.26
13:00
明治安田生命J2リーグ
第1節
福岡 1 - 2 大分

基本データ

正式名称:大分トリニータ

ホームタウン:大分市、別府市、佐伯市を中心とする全県

チームカラー:ブルー、イエロー

関連ニュース

thumb

アウェイ徳島が渡のゴールを守り切り大分を下す《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第4節の大分トリニータvs徳島ヴォルティスが17日に大分銀行ドームで行われ、徳島が0-1で勝利した。 ▽J2に復帰したホームの大分はここまで2勝1敗で6位に位置。[3-4-3]に選手を配置し、安定した守備をこの試合も見せられるかに注目だ。一方の徳島もここまで2勝1敗の勝ち点6。ガンバ大阪ユースから今季新加入のMF小西雄大がプロデビュー。MF前川大河、MF杉本太郎と若手を中盤に並べた。 ▽試合は5分、ボックス手前から小西が左足でシュート。しかし、シュートは惜しくも右に外れる。10分には福森からのクロスに後藤が飛び込むとGKと接触。しかし、これはノーファウルの判定となる。 ▽徳島は28分、渡がボックス内で巧みにボールコントロール。最後は浮き球を左足でシュートを放つも、大きく枠を外す。それでも30分、徳島はボックス内で細かくパスを繋ぎ波状攻撃。杉本のシュートのこぼれ球を前川が詰め、最後は渡が蹴り込み徳島が先制する。 ▽先制を許した大分は35分、ボックス内を仕掛けた三平のパスを受けた伊佐が左足で狙うも、わずかに右へと外れる。直後には徳島がビッグチャンス。裏に抜け出した島屋がボックス内からシュートも、わずかに枠の左に外れる。 ▽後半に入っても互いに攻め合う展開が続く。62分には三平のスルーパスに抜け出した松本がシュートも、枠を大きく外す。71分にはCKから鈴木惇がクロスを入れるも、ニアサイドに飛び込んだ味方には合わない。 ▽その後も大分が裏を狙って徳島ゴールに襲いかかるものの、フィニッシュの精度を欠き、決定機を作るには至らない。後半アディショナルタイムにはCKから上がってきたGK上福元がヘッドで合わせるも、力なくGKがキャッチ。そのまま試合は終了し、0-1で徳島が勝利を収めた。 2017.03.18 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

大分MF清本拓己が右ヒザ前十字じん帯損傷で全治約8カ月

▽大分トリニータは14日、MF清本拓己の負傷を発表した。 ▽清本は、6日のトレーニングマッチで負傷。大分市内の病院で検査を受けた結果、右ヒザ前十字じん帯損傷と診断。全治は約8カ月とのことだ。 ▽清本は今シーズンの明治安田生命J2リーグで2試合に途中出場していた。今後は 経過を見ながらリハビリを実施とのことだ。 2017.03.14 21:21 Tue
twitterfacebook
thumb

大分DF黒木恭平が入籍「より一層の責任と自覚を持ってトリニータのために頑張る」

▽大分トリニータは14日、DF黒木恭平の入籍を発表した。なお、お相手の方の氏名・年齢などの公表はされていない。 ▽黒木は福岡大学から2011年にサガン鳥栖へと入団。その後、愛媛FCやヴェルスパ大分、レノファ山口FCを経て、今シーズンから大分に加入していた。黒木はクラブを通じてコメントしている。 「私事ではございますが、この度かねてからお付き合いさせていただいていた方と入籍しました。家庭を持つことでこれからより一層の責任と自覚を持って大分トリニータのために頑張ります」 2017.03.14 21:19 Tue
twitterfacebook
thumb

東京V、福岡が今季初勝利!! 松本はゴールレスドローで2戦未勝利《J2》

▽5日に明治安田生命J2リーグ第2節の東京ヴェルディvs大分トリニータが味の素スタジアムで行われ、1-0で東京Vが勝利している。 ▽開幕戦で徳島を相手に0-1と惜敗した東京Vがホーム開幕戦を迎えた。対するは開幕節でアビスパ福岡とのバトル・オブ・九州をアウェイながらに制した大分が、連勝を目指す。 ▽試合はアウェイの大分が、東京Vが敷く3バックの脇をついたピッチの幅を使う攻撃を見せる立ち上がりとなった。出鼻を挫かれる入りとなった東京Vだが、時間の経過とともに落ち着きを取り戻すとポゼッションを握って相手陣内で攻め込む時間が増えていく。すると41分、ボックス右でボールを受けたドウグラス・ヴィエイラのシュートはGK高木に弾かれるも、こぼれた球をアラン・ピニェイロが押し込んで、東京Vが先制して前半を終えた。 ▽追いかける大分は50分、右サイドのクロスに林が飛び込むなど同点ゴールを目指して攻め込む。東京Vも60分には安在がボックス外からミドルシュートを狙うなど、こちらも追加点を目指す。終盤には大分が速攻から相手陣内に攻め込む場面が増えるが、東京Vが集中した守りから水際で防いでいく。結局、大分の攻撃を跳ね返し続けた東京Vが今季初勝利を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170305_30_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽また、同時刻に維新百年記念公園陸上競技場でレノファ山口vsアビスパ福岡が行われ、1-2で福岡が勝利した。 ▽ともに今シーズンの初勝利を目指す両チームの一戦は、アウェイの福岡が立ち上がりから両サイドを使った攻撃からシンプルにウェリントンを使う攻撃で深さを作り出す。山口もしっかりとした守備ブロックを敷いて攻撃を跳ね返し、ボールを奪えば推進力を活かした縦に早い攻撃を見せる。すると9分、10分と岸田が立て続けに決定機を迎えたがGK杉山の好判断などで決めきることができない。 ▽福岡も12分にセットプレーから冨安がヘディング、さらにこぼれ球を石津がねらうがGK山田が好セーブで凌ぐ。しかしその流れの右CKで駒野が入れたクロスボールをゴール前でフリーとなったウェリントンが頭で押し込み、福岡が先制に成功した。さらに39分には右からのスローインの流れで三門が落としたボールをダイレクトで叩いた石津が復帰後初ゴールを奪い、前半は福岡が2点リードで終えた。 ▽2点を追いかける山口はハーフタイムで2選手を入れ替えると、後半開始からアグレッシブな攻撃を見せる。53分には小塚のミドルシュートがネットを揺らして勢いのままに1点を奪いきった。後半に入りセカンドボールが奪えずに押し込まれる福岡は、66分に2枚替えを刊行するも試合の流れは変わらず。後半はほとんどの時間を相手陣内で過ごした山口だったが後一点が遠く、福岡が逃げ切りで今季初勝利を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170305_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽もう1試合のニンジニアスタジアムで行われた愛媛FCvs松本山雅は、ゴールレスドローに終わった。 ▽立ち上がりはアウェイの松本が主導権を握る展開も、最初の決定機は愛媛。15分に浮き球のパスに反応した近藤がボックス内でシュートを狙うが、GK鈴木のセーブに阻まれた。松本も23分、ボックス右の深い位置から上げられたクロスに志知が頭で合わせたがクロスバーを超えた。その後も松本が優位に試合を進める中、お互いにチャンスを作り出すも決めきれずに試合を折り返した。 ▽後半もお互いにゴールを奪えないまま時間が過ぎていく。そのまま試合終盤を迎えると、松本は87分にカウンターから高崎がシュートチャンスを迎えたが、上手くミートできず。90分にはCKからパウリーニョのシュートを山本が触ってコースを変えるが、ここも決めきれず。試合はそのまま終了し、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.03.05 17:08 Sun
twitterfacebook
thumb

J2復帰の大分が、J2降格の福岡とのダービーマッチを制する!! 長崎は群馬に快勝し、熊本も讃岐から白星!!《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグが開幕を迎え、レベルファイブスタジアムではアビスパ福岡vs大分トリニータの“バトル・オブ・九州"が行われ、1-2で大分が勝利した。 ▽昨シーズンのJ1リーグを最下位で終えて1年でのJ2へと降格した福岡と、J3リーグで優勝を果たして1年でのJ2復帰を果たした大分が2017年シーズンの開幕戦で激突した。試合はポゼッションを高めて相手陣内で時間を使っていく福岡と、自陣で5バックを敷いて守りを固めつつカウンターからゴールを目指す大分の構図で進む。 ▽すると12分にこの試合最初の決定機。大分は、左CKの流れからボックス手前の姫野がシュート。これが三平に当たってボックス内にこぼれると、ボールを拾った三平がGKを交わして左足で流し込む。大分が先制かと思われたがここはオフサイドとなった。対する福岡は13分、ウェリントンが落としたボールを拾った石津がキックフェイントでマーカーを外してから左足でシュートも、GKの正面を突いてしまう。 ▽試合が動いたのは26分、大分は相手ボックス左の位置でFKを獲得。この流れからこぼれたボールをボックス外で拾った松本が右足で蹴ると、低い弾道のシュートがゴールネットを揺らして、アウェイチームが先手を奪った。追いかける福岡はウェリントンの高さを活かした攻撃を見せるがゴールが遠い。しかし前半終了間際に相手ボックスやや左で得たFKを駒野が直接狙うと、ボールは右ポストを叩くが、跳ね返ったボールがゴールネットを揺らし、福岡が同点として試合を折り返した。 ▽後半は一転して大分が福岡ゴール前に迫る場面が多く見られる。すると劣勢の福岡は69分に駒野と山瀬を下げて城後と邦本を送り込む。すると75分にはカウンターからウェリントンがGKとの一対一を迎えるが、ボックス左から狙った左足のシュートは枠を外してしまった。 ▽大分も88分にカウンターで持ち上がり右サイドからのクロスに三平が頭であわせるも、ミートできずにボールは枠外へ。しかし後半アディショナルタイム、左CKからGK杉山がファンブルしたボールを鈴木が押し込んで大分が勝ち越しに成功。これが決勝点となり、J2復帰の大分が、J2降格の福岡からアウェイで勝ち点3を奪った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽また同時刻にトランスコスモススタジアム長崎で行われたV・ファーレン長崎vsザスパクサツ群馬は、29分に右サイドの深い位置で得たFKを島田が直接蹴り込み長崎が先制。さらに前半アディショナルタイムには新加入のファンマがネットを揺らして2-0で試合を折り返した。 ▽後半も長崎が主導権を握る中、49分に相手からボールを奪った乾のシュートが決まる。さらに71分にもボックス内でボールを奪った長崎が澤田のゴールで4点目を奪取。そのまま試合は終了し、長崎が群馬に快勝した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_23_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽同じく同時刻にえがお健康スタジアムで行われたロアッソ熊本vsカマタマーレ讃岐は、22分に上里のクロスボールから安柄俊がヘディングでネットを揺らして熊本が先制した。 ▽そのまま試合を折り返すと、57分にも嶋田のスルーパスから安柄俊がネットを揺らして熊本がリードを広げる。一方の讃岐は70分に左サイドの渡邉が入れたクロスに永田が頭で合わせて一点を返すも反撃はここまで。熊本が讃岐から逃げ切り、白星発進となった。 2017.02.26 15:05 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング