サンフレッチェ広島

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 広島 23 5 8 13 24 38 -14 26

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-09-23
15:00
明治安田生命J1リーグ
第27節
清水 vs 広島
2017-09-30
16:00
明治安田生命J1リーグ
第28節
広島 vs 札幌
2017-10-14
15:00
明治安田生命J1リーグ
第29節
鹿島 vs 広島
2017-10-21
14:00
明治安田生命J1リーグ
第30節
広島 vs 川崎F
2017-10-29
16:00
明治安田生命J1リーグ
第31節
広島 vs 浦和

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.09.16
18:30
明治安田生命J1リーグ
第26節
広島 1 - 0 C大阪
2017.09.09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第25節
新潟 0 - 0 広島
2017.08.26
19:00
明治安田生命J1リーグ
第24節
大宮 1 - 1 広島
2017.08.19
19:00
明治安田生命J1リーグ
第23節
広島 1 - 0 甲府
2017.08.13
19:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
仙台 1 - 0 広島

基本データ

正式名称:サンフレッチェ広島

原語表記:Sanfrecce HIROSHIMA

ホームタウン:広島市

チームカラー:紫

関連ニュース

thumb

C大阪、残留争い中の広島に屈して優勝遠のく《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のサンフレッチェ広島vsセレッソ大阪が16日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利した。 ▽ここまで4勝8分け13敗で16位の広島と14勝6分け5敗で4位のC大阪が激突した。広島は、0-0で引き分けた前節のアルビレックス新潟戦と同様のメンバーを起用。対するC大阪は、1-4で勝利した前節のFC東京戦から木本に代えて山下を起用する1点を変更した。 ▽先にゴールを迫ったのはアウェイのC大阪。5分、左サイドの柿谷が入れたクロスにニアサイドの山村が合わせる。しかし、厳しい態勢から放ったヘディングシュートはバーの上にはずれる。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。広島は柏を生かしたサイド攻撃、C大阪はソウザのセットプレーやクロスからゴールに迫ろうとするも、いずれも決定打を欠き、試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽迎えた後半は、広島が押し気味に試合を進める。すると59分にゴールに近づく。青山のパスからボックス右に抜けたアンデルソン・ロペスが折り返すと、最後はゴール至近距離のパトリックがシュート。しかし、DFに寄せられたこともあり、シュートは枠をはずれる。 ▽ゴールレスの時間が続く中、先に動いたのは広島。68分、柴崎を下げてフェリペ・シウバを投入する。すると、この交代が的中。70分、フェリペ・シウバ起点のカウンターからパトリックがボールを収める。走り込んだペナルティアークのフェリペ・シウバが横パスをダイレクトシュート。左足でのシュートがネットを揺らし、フェリペ・シウバの今季リーグ戦初ゴールで広島が先行する。 ▽これで乗ったフェリペ・シウバは78分、ペナルティアーク付近で左足を振り、強烈なシュートでゴールを強襲。しかし、これはバーに弾かれた。反撃したいC大阪は80分に山村とソウザに代えて木本と澤上を入れて巻き返しを図る。 ▽しかし、最後まで広島が凌いで逃げ切りに成功。広島が貴重な勝ち点3を手にし、リーグ4試合負けなしとした。一方のC大阪は首位の鹿島との勝ち点差が10ポイントに広がり、優勝が遠のく痛恨の黒星となっている。 2017.09.16 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟vs広島の裏天王山は決め手欠きゴールレス…最下位新潟は13戦未勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第25節のアルビレックス新潟vsサンフレッチェ広島が9日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽勝ち点差は9ポイント開いているものの、共に残留を争う最下位の新潟(勝ち点10)と、17位の広島(勝ち点19)による裏天王山。中断前に行われた前節の柏レイソル戦で連敗を「4」でストップも、12戦未勝利と泥沼の状態が続く新潟は、今夏サガン鳥栖から獲得した小川をトップ下で起用し、移籍後初出場させた。一方、ヴァンフォーレ甲府と大宮アルディージャと残留争いのライバルとの直接対決で1勝1分けの広島は、大宮戦と同じメンバーで臨んだ。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、広島は17分に右CKからパトリックに決定機も枠の右を捉えたシュートはGK大谷のビッグセーブに遭う。すると、27分には負傷した高橋がプレー続行不可能となり、椋原の投入を余儀なくされる。 ▽対する新潟は遅攻でなかなかチャンスを作れず、要所で仕掛けるカウンターからホニや山崎、小川とフィニッシュに顔を出すが、なかなか精度が伴わず、こちらもゴールが遠い。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は後半に入って、よりオープンな展開に。71分には山崎の見事な個人技で中央をこじ開け、ボックス左のドウグラス・タンキにラストパスも、足を滑らせたタンキのシュートは枠を外れる。この直後には広島がカウンターからボックス左に抜け出した柴崎に決定機も、ここはGK大谷のセーブに遭う。 ▽何とか勝ち切りたい両チームは、試合終盤にかけて選手交代で流れを変えにかかる。だが、80分には相手との接触で頭部に裂傷を負った新潟DF富澤が負傷交代するアクシデントに見舞われ、大野の緊急投入を余儀なくされる。 ▽互いに最後の場面で決め切れない焦れる状況が続く中、87分にはこの試合最大の決定機。新潟が細かい繋ぎから磯村のパスを受けたタンキがボックス手前で左足を振り抜く。これをGK中林が抑え切れず、ボールがゴール方向に向かうが、ここは中林が何とかゴールラインぎりぎりでかき出し、決勝点とはならず。 ▽結局、試合はこのままゴールレスで終了。互いに厳しい現状を反映するかのような内容となった一戦は、痛み分けのドローとなった。なお、新潟は今回のドローで泥沼の13戦未勝利となった。 2017.09.09 22:18 Sat
twitterfacebook
thumb

広島DF野上結貴に第一子となる女の子が誕生

▽サンフレッチェ広島は4日、DF野上結貴に第一子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、野上の長女は4日に広島市内の病院で誕生。2,498グラムとのことだ。 ▽野上は昨シーズン途中に横浜FCから完全移籍で加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグで19試合に出場している。 2017.09.04 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

残留争い真っ只中の大宮vs広島は1-1の痛み分け《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第24節の大宮アルディージャvsサンフレッチェ広島が26日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽降格圏に沈む両チームの残留争いを懸け、大事な一戦となったこの試合。16位の大宮(勝ち点19)は前節のサガン鳥栖戦から、山越、岩上、横谷を代えて、奥井、マテウス、茨田を起用した。勝ち点差1で肉薄する17位の広島(勝ち点18)は、ホーム初勝利を飾った前節のヴァンフォーレ甲府戦と同じメンバーで臨んだ。 ▽試合序盤はホームの大宮が優勢に進める。4分右サイド深くからのクロスのクリアボールに反応した茨田がボックス内からシュートを放つが、GKにファインセーブされ、先制には至らない。その後も猛攻を仕掛ける大宮は、広島に攻撃の隙を与えない。 ▽そんな広島も27分、ボックス手前右から青山が左足で巻いてファーを狙うが、惜しくも枠を外れる。35分にはパトリックが頭で狙うがGKがキャッチ。直後のFKでもアンデルソン・ロペスのシュートのこぼれ球を柴崎が反応するも、GK加藤によって阻まれた。 ▽迎えた後半、前半同様攻勢に出る大宮が決定機を迎える。51分、左CKに菊池が合わせるがGK中林がセーブ。先制とはならなかった。 ▽後半も守勢を強いられる広島だったが53分、丹羽がボックス外右から、左足でクロスを上げると、パトリックがこれに頭で合わせ、ネットを揺らした。ガンバ大阪コンビのホットラインが広島に先制点をもたらした。 ▽しかし喜びも束の間、大宮に同点弾を許してしまう。60分、敵陣中央左でFKを得た大宮は、大山の右足のクロスを供給。ゴールに向かっていくボールに菊池が頭で上手く合わせ、すぐさま振り出しに戻した。 ▽その後はやや大宮優勢で試合が進むが、逆転弾を奪うまでには至らず。試合は1-1のまま終了。残留争いとなったこのカードは両者痛み分けという形に終わった。 2017.08.26 21:26 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】絶対に譲れないシックスポインター《大宮vs広島》

▽両チームにとって、この日がシーズンのターニングポイントになる可能性は高い。26日、明治安田生命J1リーグ第24節の大宮アルディージャvsサンフレッチェ広島がNACK5スタジアム大宮で行われる。 <span style="font-weight:700;">◆両者が望むものは同じ</span> ▽降格圏に沈む両クラブにとって現在最も欲しいもの──それは、言わずもがな勝ち点差「3」だ。両者ポイント差はわずかに「1」。さらに、残留ラインの15位・北海道コンサドーレ札幌、14位・ヴァンフォーレ甲府との勝ち点差は大宮が「1」、広島が「2」と、他会場の結果にもよるが勝てばどちらにも降格圏を脱出できる可能性がある。 <span style="font-weight:700;">◆低調の大宮、復調の広島</span> ▽勝ち点差で「1」上回っている16位の大宮だが、ここに来て再びチーム状態が下降気味だ。伊藤彰監督就任後、3試合で2勝1分けと復調しかけたように思われたが、その後は1試合ごとに黒星。直近5試合では1勝1分け3敗と勝ち点4しか稼げていない。さらに、前節のサガン鳥栖戦では、0-3で敗れ11試合ぶりの無得点。メンバー変更が裏目に出たのか、攻撃が全く機能せず、ビクトル・イバルボの個人技の前に脆くも散った。 ▽一方の広島は、7月に森保一監督を解任し、ヤン・ヨンソン監督が就任。5試合を指揮すると2勝1分け2敗と勝ち点7を稼ぎ、降格圏脱出に近づいている。不安定な戦いぶりは相変わらずだが、中断期間にガンバ大阪から獲得した元日本代表DF丹羽大輝、FWパトリックのコンビが徐々にフィット。軸になる働きを見せ始め、わずかながらに安定感が出始めてきた。前節は10試合ぶりのクリーンシートを達成し、今季ホーム初勝利を飾るなど、調子は上向きと言える。 <span style="font-weight:700;">◆目的を明確に〜大宮アルディージャ〜</span> ▽下降気味のチーム状態は、不明確なゲームプランが一因とも言える。「攻撃サッカー」を掲げて就任した伊藤監督は、就任当初こそ前体制で手付かずだった攻撃の修正に着手。結果が伴わなくとも、前節まで9試合連続で得点が生まれていた。開幕10試合で3得点のチーム状況を考えれば、大きな変化だったが、中断明けの第19節からは守備に綻びが。第22節のアルビレックス新潟戦以外は複数失点を喫している状況だ。 ▽守備面での課題も少なくないが、問題は攻撃面の方が大きい。中断期間に加入したFWマルセロ・トスカーノ、MFカウエは能力の高さを見せているが、チームは連動性を欠き、試合中に攻守の比重を判断できていないシーンが散見される。「攻撃サッカー」を掲げてスタートした伊藤体制だけに、今一度明確な指針をピッチに持ち込むことが、結果を生むのではないだろうか。 <span style="font-weight:700;">◆勢いを継続へ〜サンフレッチェ広島〜</span> ▽前節は待望のホーム初勝利を飾った広島。得意としていた「粘り強さ」が結果に繋がり始めている。ヤン・ヨンソン監督就任後の5試合で奪ったゴールは「6」。そのうち4点が後半に生まれ、5点がビハインドの状態で生まれている。J1を制した森保体制の広島は、粘り強く戦い、我慢を継続して白星を積み上げることを得意としていた。「粘り強さ=勝負強さ」こそが、良い時期の広島を表していた。 ▽リードを許すシーンが多いのは変わらないものの、追い上げる力が徐々に出てきた広島。前節も堅守が売りの甲府を相手に、粘り強く戦って勝ち点3をゲットした。リーグ優勝を経験しているメンバーも少なくなく、G大阪から加入した2人は3冠経験者でもある。経験値を生かし、試合巧者ぶりを発揮すれば、降格圏脱出も見えてくる。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆大宮アルディージャ</span>[4-1-4-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170825_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:加藤順大 DF:奥井諒、菊地光将、河本裕之、和田拓也 MF:岩上祐三、カウエ、大山啓輔、茨田陽生、江坂任 FW:マルセロ・トスカーノ ▽前節からメンバーを変更すると見る。右サイドバックにはDF奥井諒が復帰。中盤より前は、前節の鳥栖戦と同じメンバーだ。FW江坂任、FWマルセロ・トスカーノは、試合中にポジションをチェンジしてくるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆サンフレッチェ広島</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170825_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中林洋次 DF:丹羽大輝、千葉和彦、水本裕貴、高橋壮也 MF:青山敏弘、野上結貴 MF:アンデルソン・ロペス、柴崎晃誠、柏好文 FW:パトリック ▽連携とバランスが生まれ始めたメンバーをいじることは考えにくく、前節と同じメンバーで臨むだろう。前節のビクトル・イバルボの動きを参考にすれば、FWパトリックを活かした戦い方は対大宮には有効と言える。MFアンデルソン・ロペス、MF柏好文のサイドアタック、中央にはチャンスメイクも自ら得点も奪えるMF柴崎晃誠が控えており、ハマれば勝利も見えてくる。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF江坂任</span>(大宮アルディージャ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170825_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽大宮のキーマンは江坂だ。前回対戦では一瞬の隙を突いてゴールをこじ開け、3-0の勝利を呼び込んだ。ゴール付近でプレーすれば、高確率で得点を奪っているだけに、大宮としては江坂をボックス近くでプレーさせたいところだ。マルセロ・トスカーノと同様に、最近は下がってボールを受けゲームメイクに回るシーンも多く、ゴールに絡む仕事でチームを降格圏から脱出させたい。 <span style="font-weight:700;">◆MF柴崎晃誠</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170825_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽広島のキーマンには柴崎をピックアップ。前節は第12節以来のゴールでチームに今季ホーム初勝利をもたらせた。パトリックの加入により、最前線に起点ができたことで、柴崎の得点力が復活する可能性は高い。ラストパスの精度も持ち合わせ、アンデルソン・ロペスや柏を使うこともでき、青山敏弘からのパスに飛び出すことも可能。柴崎がボールに絡めば、何かが起こるだろう。 2017.08.25 20:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング