サンフレッチェ広島

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 広島 48 15 3 3 35 15 20 21

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-08-15
19:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
神戸 vs 広島
2018-08-19
19:00
明治安田生命J1リーグ
第23節
広島 vs 川崎F
2018-08-25
19:00
明治安田生命J1リーグ
第24節
C大阪 vs 広島
2018-09-01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第25節
広島 vs 鹿島
2018-09-15
17:00
明治安田生命J1リーグ
第26節
鳥栖 vs 広島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.08.11
19:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
広島 2 - 0 長崎
2018.08.05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
広島 2 - 2 湘南
2018.08.01
19:30
明治安田生命J1リーグ
第19節
横浜FM 1 - 4 広島
2018.07.28
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
広島 1 - 4 浦和
2018.07.22
18:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
名古屋 0 - 0 広島

基本データ

正式名称:サンフレッチェ広島

原語表記:Sanfrecce HIROSHIMA

ホームタウン:広島市

チームカラー:紫

関連ニュース

thumb

広島の重戦車パトリック、改めて代表入りを夢見る

▽サンフレッチェ広島に所属するブラジル人FWパトリック(30)は、まだ日本代表の一員としてプレーする夢を諦めていない。ブラジル『Globo』がパトリックのインタビュー記事を掲載した。 ▽パトリックは、2013年の川崎フロンターレ加入で来日以降、ヴァンフォーレ甲府、ガンバ大阪、広島といったJリーグクラブでプレー。心優しき人格者としても知られ、2017年夏から加わった現在の広島でも圧倒的なフィジカルと推進力で屈指のゴールゲッターに君臨する。 ▽そのパトリックは、以前から日本国籍の取得にも動いてきたが、甲府退団後の半年間にわたる離日や、G大阪時代に手術で一時帰国したことが足かせとなり、現時点でそれを実現するに至っていない。だが、“重戦車”パトリックは今も日本代表入りを夢見ている。 「今の僕にチャンスがあるとすれば、(森保一)代表監督の存在だね。彼は僕をサンフレッチェに誘ってくれた人物だ。仮に彼が僕の帰化を求めたら、(日本サッカー)協会が間に入り、手続きを迅速化させてくれるだろう。今のところは何もないけど、この先に何か起こるかもしれない」 ▽なお、今シーズンのパトリックは、明治安田生命J1リーグ第21節終了時点で得点ランキングトップの15ゴールを記録。J1リーグ首位に立つ広島において、唯一無比の存在感を誇っている。 2018.08.12 08:20 Sun
twitterfacebook
thumb

広島がパトとティーラシンのゴールで長崎とのピースマッチを制す!2位との勝ち点差を「8」に《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第21節、サンフレッチェvsV・ファーレン長崎が11日に行われ、2-0で広島が勝利した。 ▽被爆を経験した広島と長崎による平和への願いを込めたピースマッチ。2度目の顔合わせとなった今回は広島のホームで行われた。前節、試合終了間際のオウンゴールで湘南ベルマーレ相手にドローで終わった広島は今節も同じスタメンを起用。2試合ぶりの勝利を目指す。 ▽一方、前節は好調浦和レッズとスコアレスドローに持ち込んだ長崎は、高杉と黒木を代えて田上と磯村を先発起用。こちらは3試合ぶりの勝利を目指す。 ▽試合前に黙祷が捧げられたこの一戦。まずチャンスを迎えたのは長崎。2分、右サイドを突破した鈴木のグラウンダーのクロスにファンマが飛び込むが、シュートはGK林にセーブされる。その直後、今度は広島が右サイドに流れたパトリックのクロスから渡がファーサイドで合わせようとするがわずかに届かず。 ▽序盤は激しい攻防を見せた両者だが、その後はこう着状態に。互いに中盤の組み立てに苦労し、ゴール前まで攻め込むことが出来ない。そんな中、27分に広島が敵陣左サイドでFKを獲得。一度中央の青山に繋いで、クロスを供給するが反応したパトリックはオフサイドの判定に。 ▽試合が進むにつれて、広島が徐々にポゼッションを高めていく展開に。36分には、パトリックが柴崎とのワンツーでゴール前まで抜けて、GKと一対一になるがシュートは枠の左にわずかに逸れてしまう。その後、稲垣のシュートで再びゴールに迫った広島は44分、ボックス手前でパトリックと競り合った相手の手にボールが当たり、絶好の位置で広島にFKが与えられる。キッカーを務めた柴崎はそこから力の抜けた見事なシュートをゴール左上隅に突き刺し、広島が先制して前半を終えた。 ▽後半も互角の戦いを見せる。49分に嶋田のシュートで長崎がゴールに迫れば、54分には青山のパスからディフェンスラインの裏に抜け出した渡がシュートを放つがGKの正面。さらに65分には柏の得意のカットインからのシュートで広島もチャンスを迎える。 ▽長崎の運動量が落ちていく時間帯、広島が次々とゴールに迫る。まずは75分、自陣からのカウンターでパトリックが持ち上がると、途中交代のティーラシンとのワンツーで一気にGKと一対一に。決定的なシーンだったが、ここはGKに軍配。続く79分には青山のクロスから再びパトリック。頭で合わせたが枠には飛ばなかった。 ▽試合も終盤に入った88分、広島の自陣右サイドからのスローインを起点に、ティーラシンが川辺とのワンツーで、一気にディフェンスラインの裏を取る。そのまま華麗なループシュートでGKも制し、試合を決定付ける2点目を奪取。その後まもなく主審の笛が鳴り響き試合終了。広島と長崎による“ピースマッチ”は2得点を奪った広島が制した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 21:19 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】世界に2つしかない被爆地の2チームが戦う『ピースマッチ』《広島vs長崎》

▽11日、明治安田生命J1リーグ第21節が開催。サンフレッチェ広島とV・ファーレンン長崎の『ピースマッチ』がエディオンスタジアム広島で行われる。 <span style="font-weight:700;">◆被爆地の両チームが対戦</span> ▽首位をひた走る広島が、J1初参戦でギリギリの残留圏に位置する14位の長崎の対戦。第二次世界大戦で被爆した両地のクラブが、終戦の日を前に対戦する。 ▽『One Ball. One World. スポーツができる平和に感謝』をキャッチコピーにし、平和をメッセージに被爆地の両チームが対戦する一戦。フェアでありながら激しい試合が求められる。 <span style="font-weight:700;">◆中断明けの苦境を乗り越えるか</span>〜サンフレッチェ広島〜 ▽前半戦は下馬評を覆し、圧倒的な力で首位を独走していた広島。しかし、中断明けは2勝2分け1敗と、勝ち点を落とす試合が増えてきた。 ▽前半戦では安定した守備を構築し、先制して逃げ切るスタイルだった広島だが、中断明けは失点が増加。3試合連続失点は、今シーズン初の出来事だ。厳しい環境でもある夏場の戦いをどう乗り切るのか。平成30年7月豪雨の被災地でもあるだけに、勝利で県民を勇気づけたい。 <span style="font-weight:700;">◆革命児を手にし下位脱出へ</span>〜V・ファーレン長崎〜 ▽対する長崎は、中断明けで1勝1分け3敗と苦しみ、降格圏が近づいてきている。それでも前節は浦和レッズ相手にゴールレスドロー。全前節こそ北海道コンサドーレ札幌を相手に3失点を喫したが、その前の3試合もヴィッセル神戸、川崎フロンターレ、FC東京と攻撃力があるチームに対して2失点と守備の安定度が増した。 ▽今夏加入したオランダ人DFヨルディ・バイスの存在が大きく、守備面では耐性がついている状況。前線の選手がいかにしてゴールを奪うかが勝ち点3獲得のカギを握る。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サンフレッチェ広島</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、千葉和彦、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、稲垣祥、青山敏弘、柏好文 FW:パトリック、渡大生 監督:城福浩<hr>▽先発メンバーはいつもの11人と考えていいだろう。2トップには前々節にJ1初ゴールを記録したFW渡大生とFWパトリックが入るとみる。ホームで行われる『ピースマッチ』。被爆地のチームとして、この一戦に懸ける思いは強いだろう。 <span style="font-weight:700;">◆V・ファーレン長崎</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:徳永悠平、高杉亮太、ヨルディ・バイス MF:飯尾竜太朗、島田譲、黒木聖仁、翁長聖 FW:澤田崇、鈴木武蔵 FW:ファンマ 監督:高木琢也<hr>▽対する長崎も、大きなメンバー変更はないと見る。守備の要になりつつあるDFヨルディ・バイスも先発。1トップにはFWファンマを起用する。課題は得点力だが、守備陣が広島の攻撃をどう封じるか。2度目の『ピースマッチ』では勝利を収めたいだろう。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF青山敏弘</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽広島の注目選手は、キャプテンのMF青山敏弘だ。ピッチ内外でチームの中心となり、サポーター思いの青山にとっては、『ピースマッチ』に懸ける思いは強いはずだ。前半戦の勢いが止まりつつある状況なだけに、この大事な一戦でしっかりと勝利し、再びエンジンをかけたいはず。攻撃陣を生かす青山のゲームメイクにも注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆DFヨルディ・バイス</span>(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽長崎の注目選手は、守備の要になりつつあるDFヨルディ・バイスだ。今夏加入したオランダ人DF。ファイタータイプのディフェンダーは、Jリーグでも異色の存在になりつつある。戦術理解度の高さに加え、一対一の強さ、局面での粘り強さなど、数試合で長崎の守備に欠かせない存在に。闘将という言葉が似合う助っ人DFがチームを浮上させるきっかけになるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆平和を胸にフェアで熱い試合を</span> ▽世界で2つしかない被爆地をホームタウンとする両チームが対戦。この『ピースマッチ』には34分の1という位置付けとは異なる意味がある。 ▽『平和』というキーワードと、『スポーツ』というコンテンツ。両者について考えさせられる1試合となることは間違いなく、見ている人の胸に残る試合が期待される。 ▽プロの試合だから、結果を求めることは当然。しかし、それ以上のものが期待される大事な一戦。激しく熱い展開が期待される中、フェアなゲームが展開できるか。広島vs長崎の『ピースマッチ』は11日(土)の19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">2度目の『ピースマッチ』が開催!<br />広島vs長崎をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 12:02 Sat
twitterfacebook
thumb

広島MF森島司が左第3、4中手骨骨折で全治2カ月

▽サンフレッチェ広島は7日、MF森島司の負傷について公式サイトで報告した。 ▽発表によれば、森島は5日のトレーニングで負傷。左第3、4中手骨骨折で手術を行ったようだ。全治には2カ月かかる見込み。 ▽森島は今季、明治安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップで6試合に出場している。 2018.08.07 20:58 Tue
twitterfacebook
thumb

広島、土壇場で白星するり…湘南が後半ATのOGで勝ち点1《J1》

▽5日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第20節のサンフレッチェ広島(1位/勝ち点44)vs湘南ベルマーレ(11位/同25)は、2-2のドローに終わった。 ▽広島は、4-1で快勝した前節の横浜F・マリノス戦と同じ11名をスターティングメンバーに。一方、連勝中の湘南は秋野が復帰となり、今夏加入の小川を移籍後初スタメンに抜擢した。 ▽試合は、ホームの広島がボールの主導権を握る立ち上がりとなる。だが、走りの部分で互角の戦いを演じる湘南も15分、縦に早い仕掛けから小川がゴールに迫るなど、攻撃の形を作り出す。 ▽徐々にボールの保持率でも盛り返した湘南は30分、右サイドから上がったクロスが山崎の手前で千葉のハンドを誘い、PKのチャンスを獲得する。山崎が沈め、湘南が先制した。 ▽だが、広島は後半アディショナルタイム4分、柏が左サイドからのクロスを送ると、ボックス内の佐々木が山根のファウルを受けてPKのチャンス。これをパトリックが決め、追いつく。 ▽前半のうちに試合を振り出しに戻した広島は、相手を押し込む63分、千葉が遠目のレンジから右足で直接狙う。これが相手に当たり、ゴールに向かうが、GKに阻まれてしまう。 ▽続く67分にも広島に決定機。バイタルエリア左でパトリックの落としに反応した柏が右足のコントロールショットを放つ。これが枠の右をとらえるが、ここも相手GKの好守に遭う。 ▽だが、広島が勝ち越す。78分、細かいパスワークで左サイドを攻略すると、ボックス左の川辺がヒールパス。反応した柏が自身の放ったシュートのこぼれ球を押し込み、逆転した。 ▽その後、逃げ切りを図った広島だが、自陣バイタルエリア付近でロングボール処理にあたった和田がGK林と連携ミス。頭で返したバックパスが無人のゴールに吸い込まれ、湘南がイーブンに戻した。 ▽結局、そのミスが響き、広島は連勝ならず。敵地で貴重な勝ち点1を拾った湘南は、連勝こそ「2」で止まったものの、5戦無敗としている。 2018.08.05 21:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング