サンフレッチェ広島

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 広島 11 2 5 11 16 31 -15 18

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-07-30
18:30
明治安田生命J1リーグ
第19節
広島 vs 鳥栖
2017-08-05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
磐田 vs 広島
2017-08-09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
広島 vs G大阪
2017-08-13
19:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
仙台 vs 広島
2017-08-24
明治安田生命J1リーグ
第24節
大宮 vs 広島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.07.08
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
横浜FM 1 - 1 広島
2017.07.01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
浦和 4 - 3 広島
2017.06.25
18:30
明治安田生命J1リーグ
第16節
広島 0 - 3 大宮
2017.06.17
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
川崎F 1 - 0 広島
2017.06.04
14:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
広島 1 - 3 鹿島

基本データ

正式名称:サンフレッチェ広島

原語表記:Sanfrecce HIROSHIMA

ホームタウン:広島市

チームカラー:紫

関連ニュース

thumb

広島がFC東京のオーストラリア代表FWネイサン・バーンズを完全移籍で獲得

▽サンフレッチェ広島は13日、FC東京のオーストラリア代表FWネイサン・バーンズ(29)を完全移籍で獲得することを発表した。 ▽ネイサン・バーンズは、2015年7月にニュージーランドのウェリントン・フェニックスから加入したネイサン・バーンズは、移籍1年目となった2015シーズンの明治安田生命J1リーグの10試合に出場し、2得点を記録。今シーズンはトップチームでの出場はここまでYBCルヴァンカップの4試合のみ。U-23としては明治安田生命J3リーグに3試合していた。 ▽J1通算26試合3得点、J3通算6試合、リーグカップ戦通算6試合、天皇杯通算1試合、AFCチャンピオンズリーグ通算5試合1得点を記録にとどまっていた。なお、FC東京とは6月30日をもって契約が満了していた。ネイサン・バーンズは、広島を通じてコメントしている。 「日本で最も成功しているクラブのひとつであるサンフレッチェ広島と契約に至り、このクラブのためにプレーできることとなり、大変光栄です。クラブのために全力を尽くし、勝利に貢献できるよう、頑張ります」 ▽ネイサン・バーンズは、18日からチームに合流する。 2017.07.13 11:11 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ中間評価】過渡期を迎える中、チームバランス崩壊で最悪の前半戦に《サンフレッチェ広島》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回はサンフレッチェ広島編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆期待外れの新加入組、チームの歯車かみ合わず監督辞任という結末へ</span> 勝ち点10/2勝4分け11敗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/hiroshima_senseki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽森保一体制6年目を迎えた今シーズン。MF森崎浩司の現役引退や、バンディエラ・FW佐藤寿人の退団など転換期を迎えている広島は、注目のFW工藤壮人らの新戦力をチームに迎え、覇権奪還に向けてスタートした。 ▽しかし、チームの重鎮たちが抜けた穴は大きかったのか、前半戦を終えた時点で2勝4分け11敗(勝ち点10)と散々な結果に。新加入組も若手も新たな風を吹かすことができず、森保体制発足後最悪の不振に陥った。そして、ついには森保監督が辞任。2012年の就任以降リーグ制覇を3度成し遂げ、“ポイチ”の愛称でもサポーターに親しまれた森保監督は、シーズン半ばにして広島を後にすることになった。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707hiroshima_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】10/100点満点 ▽慣れ親しんだ[3-4-2-1]という形は、相手チームに研究し尽くされた。DF陣の加齢による衰えもあるだろうが、セットプレーや連係ミスから失点を重ね、前半戦だけで30失点。比較的失点の多かった去年の前半戦の18失点と比べてもその差は歴然だ。この失点数の多さも広島が降格圏に沈んでいる要因の1つと言え、ガンバ大阪から日本代表も経験しているDF丹羽大輝を補強した。 【MF】20/100点満点 ▽中盤は負傷者が続出し、試合の組み立てに苦労した印象が残った。最終ラインからのビルドアップで丁寧にボールを前に運んでいくやり方の広島にとって、中盤で如何に気持ちよくボールを回し、流動性のある攻撃を展開していくかが主題なのだが、前半戦はなかなかうまくいかず。また、2シャドーの一角を担ったアンデルソン・ロペスが個の力に頼ることが多く、広島の流動性を損なった感は否めなかった。だが、高い技術力を持つアンデルソン・ロペスはここまで5ゴールを記録し、チーム内得点王。後半戦はこの得点力を落とさず、いかに攻撃の組み立てに関与できるかに注目したい。 【FW】10/100点満点 ▽前半戦わずか15得点という記録は、クラブ史上ワースト2位の数字だ。佐藤に代わって加入した工藤はここまで3ゴールと不完全燃焼に終わり、期待されたFW皆川佑介やFW宮吉拓実らの若手組はインパクトを残せなかった。そんな結果を受け、今夏にはガンバ大阪でプレーしていたFWパトリックを獲得。前線の活性化を図り、後半戦での巻き返しを期待したいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span> MF柴崎晃誠(32歳/No.30)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707hiroshima_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>明治安田生命J1リーグ:16試合(先発14回)/2ゴール ▽攻撃にも守備にも顔を出していた柴崎が前半戦GOODプレーヤーに。今シーズンも2シャドーの位置でプレーする柴崎は、工藤やアンデルソン・ロペスといった新加入組を豊富な運動量で上手くカバーしながら、持ち前のテクニックで2ゴール3アシストの貢献。また、元々ディフェンシブMFを本職としていただけに、守備の意識が高く、攻守にわたって低迷する広島を支えていた。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> FW工藤壮人(27歳/No.50) 明治安田生命J1リーグ:14試合(先発11回)/3ゴール ▽開幕前の期待値の高さから工藤を挙げた。シュートセンスやゴールへの嗅覚、ディフェンスラインの裏への抜け出しを得意とする工藤は退団した佐藤との共通項は少なくない。また、柏レイソルには2012シーズンから2年連続で2桁得点していることもあり、佐藤の後継者として多くの期待が集まっていた。しかし、蓋を開けてみれば前半戦を終えた時点でわずか3ゴールと、その期待を大きく下回る結果に。良質な援護射撃がなかったこともあり、前半戦は持ち味を生かせず、チームスタイルのフィットに苦しんだ。 <span style="font-weight:700;">◆新加入選手と監督交代で再スタートへ</span> ▽全く良いところなしに終わった前半戦。15得点30失点と、前にも後ろにもテコ入れが必要となる中、UAEのアル・アインへ移籍したDF塩谷司の代わりに丹羽、前線の得点不足を受け、パトリックをそれぞれG大阪から獲得した。そして、辞任した森保監督の後任として、かつて広島にも在籍したスウェーデン人のヤン・ヨンソン氏を招へい。後半戦も引き続き厳しい戦いとなりそうだが、新監督の下、全選手がもう一度奮起し、新たな気持ちで再スタートを切らないことには、広島の上昇は見えてこないかもしれない。 2017.07.11 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

広島、巻き返しなるか…ヤン・ヨンソン氏の監督就任を発表

▽サンフレッチェ広島は10日、スウェーデン人のヤン・ヨンソン氏(57)が監督に就任することを発表した。同監督は、8日のチーム練習から合流。26日に行われるJリーグYBCルヴァンカップ2017プレーオフ第2戦のFC東京戦から指揮を執る。 ▽ヤン・ヨンソン監督は、現役時代の1993年にコーチ兼選手として広島に在籍。その後、ヴィッセル神戸で現役引退後は、母国スウェーデンやノルウェーの複数クラブで監督やテクニカルディレクターなどを歴任した。ヤン・ヨンソン監督はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「自分を育ててくれたサンフレッチェ広島、そしてJリーグへの復帰は、大変名誉なことであり、光栄に思っております。現在、リーグ戦においてサンフレッチェ広島の置かれている状況が非常に厳しいことは理解していますが、コーチングスタッフや選手達とともに、本来あるべき方向へと向かうため、より深く掘り下げて準備をしていきたいと思っています。皆さんとピッチでお会いできる日を楽しみにしています。Isshoni Ganbarimasyou!(一緒に頑張りましょう!)」 ▽広島は、明治安田生命J1リーグ第18節終了の現時点で17位に低迷。30日にホームで行われる次節は、サガン鳥栖と対戦する。 2017.07.10 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

森保監督退任の広島が土壇場ドローで連敗を「4」でストップ! 横浜FMは6連勝ならず

▽明治安田生命J1リーグ第18節、横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島が8日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽リーグ戦も後半戦に突入した今節。現在5連勝中と勢いに乗る6位の横浜FM(勝ち点32)は、前節の大宮アルディージャ戦から、マルティノスに代えて、ダビド・バブンスキーを先発に起用した。対する17位の広島(勝ち点10)は、開幕からの不振により先日に森保一監督が辞任。横内ヘッドコーチが暫定指揮官を務めるこの試合は、壮絶な打ち合いとなった前節の浦和レッズ戦から、負傷したミキッチと茶島を、高橋とアンデルソン・ロペスに代えて、勝利を目指した。 ▽序盤は互いに攻め手に欠き、中盤での潰し合いが続いたが、徐々にリズムを作っていく広島が攻撃を仕掛けていく。21分、左CKから千葉がヘディングシュートを狙うが、クロスバーの上へ。対する横浜FMも齋藤を中心に広島ゴールを脅かす。24分、広島のパスミスを奪った齋藤がボックス内からシュートに持ち込むがDFのブロックにあう。32分にも、齋藤がドリブルからボックス手前中央に持ち込みシュートを狙うが枠の外へ。 ▽ボールを保持する時間帯が続く広島は34分、右サイドの高橋からのアーリークロスを、ゴール前の森島がヘディングシュート。DFの間に入り込みうまく頭で合わせたが、枠を捉えることができなかった。 ▽無得点のまま迎えた後半。なおも広島が優勢に試合を進めると50分、ボックス手前でこぼれ球を拾ったアンデルソン・ロペスが右足を振り抜くが、GKの正面へ飛んでしまう。広島の攻撃を凌ぐ横浜FMも反撃。ウーゴ・ヴィエイラ、齋藤が立て続けに広島ゴールを脅かすがGK中林が立ちふさがる。 ▽その後は一進一退の攻防が続いたが、試合を動かしたのは好調横浜FMだった。81分、左サイドから齋藤がドリブルでボックス手前中央まで運ぶと、ゴール前に鋭いスルーパス。これに走り込んだ前田が、ファーストタッチを浮かしてしまったものの、頭で押し込んでネットを揺らした。 ▽終盤の失点で5連敗が頭をよぎる広島だったが、試合終了間際の90分、同点に追いつく。ボックス左深い位置から柏がクロスを上げると、中澤の足に当たり、ボールはアンデルソン・ロペスの下へ。アンデルソン・ロペスはこれをワントラップし、ボレーシュートをネットに突き刺した。 ▽試合はこのまま終了。前節2ゴールのアンデルソン・ロペスがこの試合でもゴールを決め、森保前監督辞任後の初戦を辛くもドローで終え、連敗を「4」でストップ。一方、逃げ切り失敗の横浜FMは土壇場で勝ち点2を取りこぼし、連勝が「5」でストップする悔しいドローとなった。 2017.07.08 22:09 Sat
twitterfacebook
thumb

広島MF長沼洋一がプロA契約締結「よりチームの力になれるように頑張ります」

▽サンフレッチェ広島は6日、MF長沼洋一(20)とのプロA契約を発表した。6月21日に行われた天皇杯の鹿児島ユナイテッドFC戦で公式試合時間450分以上出場のプロA契約変更条件を満たした。 ▽2016年に広島の下部組織からトップチームに昇格した長沼は今シーズン、リーグ戦での出場はないが、YBCルヴァンカップに5試合出場し、1得点を記録している。プロA契約を締結した長沼は、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「A契約締結に合意できて嬉しく思います。今後も現状に満足することなく、よりチームの力になれるように頑張ります。応援をよろしくお願い致します」 2017.07.06 15:44 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング