ヘルタ・ベルリン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 ヘルタ・ベルリン 46 14 4 12 38 35 3 30

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
22:30
ブンデスリーガ
第31節
ブレーメン vs ヘルタ・ベルリン
2017-05-06
25:30
ブンデスリーガ
第32節
ヘルタ・ベルリン vs ライプツィヒ
2017-05-13
22:30
ブンデスリーガ
第33節
ダルムシュタット vs ヘルタ・ベルリン
2017-05-20
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
22:30
ブンデスリーガ
第30節
ヘルタ・ベルリン 1 - 0 ヴォルフスブルク
2017.04.15
22:30
ブンデスリーガ
第29節
マインツ 1 - 0 ヘルタ・ベルリン
2017.04.09
22:30
ブンデスリーガ
第28節
ヘルタ・ベルリン 2 - 0 アウグスブルク
2017.04.05
27:00
ブンデスリーガ
第27節
ボルシアMG 1 - 0 ヘルタ・ベルリン
2017.03.31
27:30
ブンデスリーガ
第26節
ヘルタ・ベルリン 1 - 3 ホッフェンハイム

基本データ

正式名称:ヘルタBSCベルリン

原語表記:Hertha Berliner Sport Club Berlin

愛称:アルテ・ダーメ(老婦人)

ホームタウン:ベルリン

チームカラー:青・白

関連ニュース

thumb

武藤フル出場マインツが原口先発ヘルタに辛勝で7試合ぶり白星《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第29節マインツvsヘルタ・ベルリンが15日に行われ、1-0でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場し、ヘルタのMF原口元気は60分までプレーしている。 ▽武藤が[4-4-2]の2トップの一角で、原口が[4-2-3-1]の右MFで先発となった一戦。マインツが押し込む流れで試合が進むと、26分にラツァのミドルシュートでGKを強襲。続く30分には左CKからベルの放ったヘディングシュートがバーの上を越えていった。 ▽それでも追加タイム1分、ラツァのミドルシュートがブルックスの頭に当たってコースが変わり、マインツが先制した。 ▽後半もマインツペースで試合が進む中、ヘルタは60分に見せ場を作れていなかった原口をベンチに下げる。すると62分、マインツは武藤が仕掛けてルーズとなったボールに反応したボックス右のハイロが際どいシュートを浴びせた。 ▽結局、ヘルタは75分のエスヴァインのミドルシュート以外にチャンスを作れずに0-1のまま敗戦。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ドルトムントとは10ポイント差を付けられてしまった。 ▽一方、勝利したマインツは7試合ぶりの白星を飾り、残留圏内ぎりぎりの15位をキープしている。 2017.04.16 03:28 Sun
twitterfacebook
thumb

シュトッカーの1G1Aでヘルタが連敗を3でストップ、原口は出場せず、宇佐美は80分から出場《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第28節ヘルタ・ベルリンvsアウグスブルクが9日に行われ、2-0でヘルタが勝利している。ヘルタのMF原口元気はベンチ入りも出場機会はなかった。アウグスブルクのMF宇佐美貴史は80分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦で出場停止のイビセビッチの代わりに1トップとしてプレーしたもののインパクトを残せなかったヘルタの原口は、3試合ぶりにベンチスタートとなった。一方、ここ5試合出場機会のないアウグスブルクの宇佐美もベンチスタートとなった。 ▽3連敗中の6位ヘルタ(勝ち点40)と、残留プレーオフに回らなければならない16位アウグスブルク(勝ち点29)の一戦。立ち上がりから仕掛けたヘルタは12分に先制する。左CKの流れからシュトッカーの放ったシュートをゴール前のブルックスが頭でコースを変えてネットを揺らした。 ▽その後も主導権を握ったヘルタは37分、イビセビッチのスルーパスに抜け出したボックス左のカルーがGKと一対一に。カルーは冷静に並走していたシュトッカーへパスを送り、シュトッカーが無人のゴールへ流し込んで追加点を奪った。 ▽前半、アウグスブルクに1本もシュートを打たせなかったヘルタは、後半も主導権を渡さない。 ▽成す術のないアウグスブルクは終盤の80分に宇佐美を投入。6試合ぶりの出場となった宇佐美は左MFに投入されたものの、ボールに触る機会が限られて0-2のままチームは敗戦。一方、勝利したヘルタは連敗を3で止めている。 2017.04.10 00:32 Mon
twitterfacebook
thumb

原口がワントップで出場も、ヘルタはボルシアMGに敗れて今季最長の3連敗…《ブンデスリーガ》

▽5日にブンデスリーガ第27節のボルシアMGvsヘルタ・ベルリンが行われ、1-0でボルシアMGが勝利している。日本代表FW原口元気はワントップの位置で66分までプレーしている。 ▽リーグ戦で2連敗中のヘルタが、アウェイでボルシアMGと対戦した。前日会見でダルダイ監督が明言していた通りに、出場停止のイビセビッチに代わって原口がワントップの位置で起用され、2試合ぶりの先発出場となった。 ▽試合は16分に、ベーネスのミドルシュートが決まってボルシアMGが先制する。追いかける展開となったヘルタだが、効果的な攻撃を見せられず、66分には印象的なプレーを見せられなかった原口を下げてアラギが送り出された。しかしその後も、ネットを揺らすことはできずに試合は終了。ヘルタは今季最長となる3連敗を喫した。 2017.04.06 09:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘルタ監督、原口元気のセンターFW起用を明言…「ゴールへの意欲を示してもらいたい」

ヘルタ・ベルリンは5日に行われるブンデスリーガ第27節でボルシアMGと対戦する。ヘルタのパル・ダルダイ監督はこの試合で日本代表FW原口元気をサイドではなく最前線に置くことを明言した。<br><br>ヘルタは前節ホッフェンハイムとのホームマッチを1-3で落としている。この一戦ではチームの主将も務めるエースストライカーFWベダド・イビセビッチが5枚目の警告を提示され、ボルシアMGとのアウェイマッチは出場停止となった。<br><br>イビセビッチが空ける穴を、原口が埋めることになるようだ。ダルダイ監督はホッフェンハイム戦でリーグ戦8試合ぶりに途中出場となった原口をワントップに据えることを明言。会見で、「ゲンキをセンターフォワードでプレーさせようと考えている。彼はそれに必要なスピードと経験を持ち合わせているからね。そこでプレーしたこともあるし、カウンター攻撃から先制点を奪えると期待しているんだ」と明言した。<br><br>原口は今シーズンまだ1ゴールと、決定力を発揮できていない。そのことについて取材陣に問われると、ハンガリー人指揮官は「選手たちは全員、前を向いてポジティブでいることを求めている。ゲンキはものすごく調子の良い時期があったが、ミッチ(ミチェル・ヴァイザー)がチームに戻ってきたころで慌ただしいプレーが増えたように見えた。全部1人でやろうという感じでね」と振り返り、次のように続けた。<br><br>「ただ、彼は水曜日にプレーすることを知っている。それが彼に力を与えれば、と考えている。彼はアタックすることを好んでいるし、ゴールを決める意欲を持っている。それを今回、彼に示してもらいたい」<br><br>「もちろん周りからのサポートが必要だ。ベダドにとって(最前線で)1人で戦い、ボールをキープし、タメをつくるのがどれほど大変なのか、我々みんなが分かっている。チーム全体が守備に回るように、前方にみんなで押し上げていかなければいけない。それでやっとすべてが機能する」<br><br>浦和レッズでは最前線での起用は少なくなかった原口だが、『transfermarkt』のデータベースによると、ヘルタに加わってからのFWでのスタメン出場は2015~16シーズンの第3節ドルトムント戦(1-3)、第10節インゴルシュタット戦(1-0)の2試合のみ。そのどちらも無得点で終えたが、今回のボルシアMG戦では数字に表れる結果を残したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.04 07:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムが10人のヘルタ・ベルリンに逆転勝利で暫定3位に浮上! ヘルタ原口は64分からプレー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第26節のヘルタ・ベルリンvsホッフェンハイムが3月31日に行われ、1-3でホッフェンハイムが勝利した。ヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気は、64分からプレーした。 ▽現在5位に位置するヘルタ・ベルリン(勝ち点40)が、本拠地ベルリン・オリンピアシュタディオンに4位ホッフェンハイム(勝ち点45)を迎えた上位対決。CL出場権獲得へ負けられないヘルタ・ベルリンは、前節のケルン戦からスタメンを2選手変更。日本代表としてインターナショナルウィークを戦った原口とプラッテンハールトに代わりエスヴァインとミッテルシュタッドがスタメンで起用された。 ▽インターナショナルウィーク明けのブンデスリーガ最初の一戦。試合は序盤からホッフェンハイムがボールポゼッションを高めると8分、ルディの左CKをクラマリッチが頭で合わせるも、これはミッテルシュタッドにゴールライン上でクリアされる。 ▽ピンチを凌いだヘルタ・ベルリンは17分、右サイドを突破したエスヴァインがボックス右から侵入してマイナスの折り返しを供給。これをボックス中央に走り込んだカルーがダイレクトで合わせたが、シュートはGKバウマンの好セーブに防がれた。 ▽その後も一進一退を続ける両チームだったが32分、ホームのヘルタ・ベルリンがスコアを動かす。中盤でのボールカットから素早くカウンターを仕掛けると、ボックス左から仕掛けたカルーのラストパスをペナルティアーク手前のエスヴァインが右足で合わせるが、これはキックミス。しかし、このこぼれ球をボックス右で拾ったペカリークがシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽先制を許したホッフェンハイムだったがすぐに反撃に転じると38分、ツバーとのワンツーでボックス内に侵入したアミリがミッテルシュタッドのハンドを誘い、PKを獲得。このPKをクラマリッチがゴール左隅に決め、試合を振り出しに戻した。 ▽1-1で迎えた後半、最初の決定機はアウェイチームに生まれる。52分、バイタルエリア右からカットインしたデミルバイが左足を振り抜くと、シュートはゴール右隅を捉えたがGKヤルシュテインの好セーブに阻まれた。 ▽ホームで負けられないヘルタ・ベルリンだったが58分、ミッテルシュタッドがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場。これを受け、ヘルタ・ベルリンのダルダイ監督は63分、イビセビッチを下げてトルナリガをスクランブル投入。さらに64分には、カルーに代えて原口をピッチに送り出した。 ▽数的有利のホッフェンハイムは、66分に決定機。ボックス中央でボールを受けたワグナーの落としをペナルティアーク手前のクラマリッチがダイレクトシュート。クロスバーを直撃したこぼれ球に反応したクラマリッチが再びダイレクトシュートでゴールを脅かしたが、これは右ポストを叩いた。 ▽攻勢を強めるホッフェンハイムは76分、バイタルエリア右でツバーのパスを受けたジューレが右足を豪快に振り抜くと、強烈な弾道のシュートがクロスバーをかすめゴール左上隅の完璧なコースに突き刺さった。 ▽勝ち越しに成功したホッフェンハイムは86分にも、ボックス左から仕掛けたワグナーの折り返しをクラマリッチがゴールに流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、ホッフェンハイムはサライやポランスキーを投入し、試合をクローズ。敵地で逆転勝利を飾ったホッフェンハイムは、ドルトムントをかわし暫定3位に浮上。一方、ホッフェンハイムとの直接対決で敗れたヘルタ・ベルリンは、前節のケルン戦に続く黒星を喫し、足踏みが続いている。 2017.04.01 05:48 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング