ヘルタ・ベルリン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ヘルタ・ベルリン 23 6 5 3 22 20 2 14

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-15
23:30
ブンデスリーガ
第15節
シュツットガルト vs ヘルタ・ベルリン
2018-12-18
28:30
ブンデスリーガ
第16節
ヘルタ・ベルリン vs アウグスブルク
2018-12-22
23:30
ブンデスリーガ
第17節
レバークーゼン vs ヘルタ・ベルリン
2019-01-20
23:30
ブンデスリーガ
第18節
ニュルンベルク vs ヘルタ・ベルリン
2019-01-25
28:30
ブンデスリーガ
第19節
ヘルタ・ベルリン vs シャルケ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.08
26:30
ブンデスリーガ
第14節
ヘルタ・ベルリン 1 - 0 フランクフルト
2018.12.01
23:30
ブンデスリーガ
第13節
ハノーファー 0 - 2 ヘルタ・ベルリン
2018.11.24
23:30
ブンデスリーガ
第12節
ヘルタ・ベルリン 3 - 3 ホッフェンハイム
2018.11.10
23:30
ブンデスリーガ
第11節
デュッセルドルフ 4 - 1 ヘルタ・ベルリン
2018.11.03
26:30
ブンデスリーガ
第10節
ヘルタ・ベルリン 0 - 3 ライプツィヒ

基本データ

正式名称:ヘルタBSCベルリン

原語表記:Hertha Berliner Sport Club Berlin

愛称:アルテ・ダーメ(老婦人)

ホームタウン:ベルリン

チームカラー:青・白

関連ニュース

thumb

フランクフルト、フル出場の長谷部が失点関与で2連敗《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは8日、ブンデスリーガ第14節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節ヴォルフスブルクに1-2と競り負けて8試合ぶりの黒星を喫した5位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が引き続き3バックの中央で先発となった。 ▽7位ヘルタ・ベルリン(勝ち点20)に対し、押し込まれる入りとなったフランクフルトは10分、ボックス右からアラーが左ポストを掠めるシュートを浴びせる。その後もポゼッションされたフランクフルトだったが、徐々に盛り返し、互角の攻防で推移していった。 ▽28分には右クロスのルーズボールをボックス内のコスティッチが右足でシュートしたが、威力を欠いてGKにセーブされた。 ▽しかし、ハーフタイムにかけても押し込まれたフランクフルトは40分に先制される。長谷部がグルイッチに競り負けてヘディングシュートを叩き込まれた。 ▽迎えた後半開始7分、フランクフルトに同点のチャンス。左クロスに対し、ヨビッチがボレー。枠を捉えていたが、GKヤルシュテインのファインセーブに阻まれた。 ▽その後は自陣に引くヘルタに対し、思うように攻撃の形を作れず時間だけが経過してしまう。終盤にかけてフランクフルトが攻勢に出たが、最後までゴールを割れずにタイムアップ。2連敗となった。 2018.12.09 04:24 Sun
twitterfacebook
thumb

原口が古巣ヘルタ戦で途中出場もハノーファー敗戦、ここ5試合で4敗目《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは1日、ブンデスリーガ第13節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-2で敗れた。ハノーファーのFW原口元気は66分から出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ボルシアMG戦を1-4で大敗した16位ハノーファー(勝ち点9)は、古巣対戦となる原口が3試合連続ベンチスタートとなり、負傷明けの浅野もベンチ入りした。 ▽8位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)に対し、ハノーファーは44分にCKからトルナリガのヘディングシュートで先制されてしまう。 ▽低調な前半を終えて、66分にハノーファーは原口を左サイドに投入。しかし73分、イビセビッチにヘディングシュートを決められてリードを広げられてしまう。 ▽終盤にかけても前がかったハノーファーは81分にチャンス。フュルクルクのスルーパスでボックス左に抜け出したウェイダントがシュート。しかし、GKヤルシュテインにセーブされた。 ▽結局、このまま0-2で敗戦。ハノーファーはここ5試合で4敗目を喫し、不振が続いている。 2018.12.02 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリン、シュタルク&クランターが年内欠場へ

▽ヘルタ・ベルリンは14日、ドイツ人DFニクラス・シュタルクとドイツ人DFルーカス・クランターが負傷により年内の試合を欠場することを明かした。 ▽センターバックのレギュラーであるシュタルクは、10日に行われたデュッセルドルフ戦で中足骨を痛め、25分に交代していた。診断によると強い打撲で安静が必要とのことだ。一方、右サイドバックのバックアッパーであるクランターは練習中に太ももの筋肉を断裂したと明かした。共に年内のブンデスリーガ6試合を欠場することになる。 ▽シュタルクは今季ここまで10試合に先発し、8位に付けていたヘルタの主力として活躍していた。 2018.11.15 01:41 Thu
twitterfacebook
thumb

今季初得点の宇佐美貴史「左足はダメダメだけど、決めることができた」

現地時間10日に行われたブンデスリーガ第11節、デュッセルドルフvsヘルタは宇佐美貴史の先制点もあり、4-1でデュッセルドルフが勝利を収めた。<br><br>今季2勝目を飾ったヘルタ戦について、宇佐美が次のように振り返っている。ドイツ『express』が伝えた。<br><br>「(ゴール直前の)最初のタッチがスーパーでしたね。左足でシュートを打つと、練習でもダメダメなんですが。昨シーズン(後半戦の)ザンクト・パウリ戦で決めた時も左でしたけどね。うまく決めることができた」<br><br>また、宇佐美は「僕のゴールはチームにとって重要なものだったと思う。いつだって勇敢に戦い、助け合うのが僕らのサッカーです。これを続けていけば、きっと順位ももっと上に行けるはず。6連敗したときはどん底で、チームの雰囲気も良くなかった。だけどその時に比べれば今はずっと良くなった。ようやく良い週末を過ごすことができた」と続け、チームの状況が好転しつつあると強調している。<br><br>記事では「指揮官フリードヘルム・フンケルは、宇佐美を第6節ニュルンベルク戦で出場させたあと&ldquo;タカはまだ良くない&rdquo;と振り返っていた。だが、その時とは状況が異なり、宇佐美は今やレギュラーの座だ」と、宇佐美が現在デュッセルドルフの先発に定着していると紹介した。<br><br>デュッセルドルフは現在2勝2分け7敗の17位と、降格圏から脱することができていない。果たして宇佐美は代表ウィーク明けも活躍を見せることができるのか。次節、デュッセルドルフは24日、アウェーで昨季王者バイエルンと激突する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.14 08:05 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美が今季初ゴール! デュッセルドルフが10人のヘルタに快勝で連敗を6でストップ《ブンデスリーガ》

▽デュッセルドルフは10日、ブンデスリーガ第11節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、4-1で圧勝した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴士はフル出場している。 ▽前節ボルシアMG戦を0-3と完敗して6連敗となった最下位デュッセルドルフ(勝ち点5)は宇佐美が2試合連続スタメンとなった。 ▽8位ヘルタ・ベルリン(勝ち点16)に対し、宇佐美がフラットな[4-4-2]の左MFで先発した試合は、ヘルタにポゼッションされる立ち上がりとなった中、16分にピンチ。ボックス左に抜け出されたドゥダにGKとの一対一の局面を作られたが、レンジングが防いだ。 ▽その後もヘルタにボールを持たれて劣勢が続いたデュッセルドルフだったが、41分に数的優位となる。ミッテルシュタッドが2枚目のイエローカードを受けた。数的優位となったデュッセルドルフは44分、宇佐美がミドルシュートでゴールを狙うも枠を外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始5分に宇佐美が今季初ゴールを奪って見せる。ボックス左でジーセルマンのパスを受けた宇佐美が左足を豪快に振り抜くと、強烈なシュートがゴール右上に決まった。 ▽宇佐美のゴールで先制したデュッセルドルフは敵陣でボールを保持する時間を増やすと、63分に突き放す。ボックス右深くでスルーパスを受けたツィンマーマンが折り返すと、ヘニングスが難なく押し込んだ。 ▽さらに70分には宇佐美に2ゴール目のチャンス。味方のフィードに抜け出した宇佐美がGKと一対一に。しかし、シュートはヤルシュテインに止められてしまった。 ▽それでも84分と追加タイム2分にラマンのゴールで4-1としたデュッセルドルフが快勝。連敗を6で止め、今季2勝目を挙げている。 2018.11.11 01:25 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング