ヘルタ・ベルリン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ヘルタ・ベルリン 49 15 4 15 43 47 -4 34

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-08-26
25:30
ブンデスリーガ
第2節
ドルトムント vs ヘルタ・ベルリン
2017-09-10
22:30
ブンデスリーガ
第3節
ヘルタ・ベルリン vs ブレーメン
2017-09-17
20:00
ブンデスリーガ
第4節
ホッフェンハイム vs ヘルタ・ベルリン
2017-09-20
27:30
ブンデスリーガ
第5節
ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン
2017-09-23
22:30
ブンデスリーガ
第6節
マインツ vs ヘルタ・ベルリン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.08.19
22:30
ブンデスリーガ
第1節
ヘルタ・ベルリン 2 - 0 シュツットガルト

基本データ

正式名称:ヘルタBSCベルリン

原語表記:Hertha Berliner Sport Club Berlin

愛称:アルテ・ダーメ(老婦人)

ホームタウン:ベルリン

チームカラー:青・白

関連ニュース

thumb

浅野フル出場、原口途中出場で日本人対決実現、ヘルタが新戦力の2発で勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第1節ヘルタ・ベルリンvsシュツットガルトが19日に行われ、2-0でヘルタが勝利した。ヘルタのMF原口元気は76分からプレーし、シュットガルトのFW浅野拓磨はフル出場している。 ▽原口がベンチスタート、浅野がフラットな[4-4-2]の右サイドで起用された一戦。ヘルタが立ち上がりからボールを保持する中、シュツットガルトは浅野がスピードで牽制して応戦していく。 ▽互いにシュートに持ち込めず膠着状態が続く中、ヘルタは40分にようやくエスヴァインが枠内シュートを浴びせてGKツィーラーを脅かした。しかし、ゴールは生まれず前半を0-0で終えた。 ▽迎えた後半、開始30秒にヘルタが均衡を破る。ボックス右に抜け出したレッキーが深い切り返しでDFを外し、左足でシュート。これがゴール左に吸い込まれた。 ▽失点を受けて前がかるシュツットガルトは53分、ボックス右に抜け出したテローデがシュート。しかし、GKヤルシュテインの正面を突いた。 ▽すると62分、ヘルタは左CKの流れからルーズとなったボールをゴールエリア左のレッキーが左足で蹴り込んで加点した。 ▽2点を追うシュツットガルトは74分、浅野にビッグチャンス。ボックス右に抜け出して思い切りよく右足を振り抜くと、シュートは右ポストを直撃した。 ▽ひやりとしたヘルタは76分、カルーに代えて原口を左サイドにそのまま投入。浅野との日本人対決が実現した。 ▽原口が守備に徹するヘルタはシュツットガルトをシャットアウト。白星スタートを切っている。 2017.08.20 02:31 Sun
twitterfacebook
thumb

原口途中出場のヘルタが3部のロシュトックに完勝! 《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が15日にドイツ各地で行われた。ヘルタ・ベルリンは3部に所属するハンザ・ロシュトックとの試合に臨み、2-0で勝利した。日本代表MF原口元気は、80分から途中出場した。 ▽試合は序盤からヘルタが攻め込みながらも、ロシュトックの牙城を崩せずにゴールレスで折り返しを迎えた。後半に入っても白熱した試合は、75分にサポーターが焚いた発煙筒が原因で中断。15分後に再開された。 ▽流れを変えたいヘルタは、再開直後の80分に原口を投入。さらに攻勢を強める。すると86分、左CKのこぼれ球をボックス右手前で拾ったMFミッチェル・ヴァイザーがボレーシュートをネットに突き刺し、ヘルタが待望の先制点を奪う。さらに後半アディショナルタイム2分にもFWヴェダト・イビセビッチがゴールネットを揺らし、直後に試合終了。終わってみれば、2点差での完勝という結果となった。 ▽また、4部に所属するBFCディナモと対戦したシャルケは2-0で勝利。日本代表DF内田篤人はベンチ外となったものの、MFイェフレン・コノプリャンカが2得点を決め、2回戦に駒を進めた。その他、負傷中のFW宮市亮が所属するザンクト・パウリはパーダーボルンと対戦し1-2で敗戦した。 2017.08.15 06:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリン、ザルツブルクからオーストリア代表MFラザロを主力として買取OP付きのレンタルで獲得

▽ヘルタ・ベルリンは3日、ザルツブルクからオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。買取オプション付きの1年間のレンタルとなる。 ▽2011年にザルツブルクの下部組織に加入したラザロは、翌年にトップチームへ昇格。これまで4シーズンで公式戦121試合に出場し15ゴール23アシストを記録。昨シーズンも主力として、リーグ戦29試合に出場し3ゴール6アシストをマークしていた。 ▽また、U-16からオーストリア代表に選出されてきたラザロは、2014年にA代表デビュー。ここまで8キャップをマークしている。 2017.08.03 23:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリン出身の現役メジャーリーガーを知っているか?

▽少年時代はヘルタ・ベルリンの下部組織でプレーし、現在はMLB(メジャーリーグ・ベースボール)のミネソタ・ツインズに所属するマックス・ケプラー外野手(24)を知っているだろうか。『FIFA.com』がケプラーのインタビューを実施。サッカーと野球について語った。 ▽ケプラーは、ポーランド人の父とアメリカ人の母の間にドイツのベルリンで誕生。少年時代は野球やサッカー、テニスなど多くのスポーツを経験し、サッカーではヘルタ・ベルリンの下部組織に所属していた。下部組織時代のチームメイトには、今夏ヴォルフスブルクへと移籍したアメリカ代表DFジョン・アンソニー・ブルックス(24)がおり、ベルリンにあるジョン・F・ケネディ・スクールでも一緒に過ごしていた。 ▽『FIFA.com』は、ケプラーへインタビューを実施。ケプラーは自身の生い立ちについて語り、サッカーではGKを務めていたことを明かした。 「僕がサッカーを始めたのは6歳の時だった。そして、同じ年齢で野球も初めてプレーした。ベルリンにいた時、子供はみんなサッカーをやっていた。そして、僕も始めた。若い頃から触れられているんだ」 「ゴールキーパーとしてプレーすることは、僕が当時やっていたテニスや野球とも関係があったんだ。僕はいつもスポーツをしていたよ」 ▽幼少期はサッカーと野球をプレーしていたケプラーだったが、ブルックスとは異なり野球の道へ。2009年に海外FAにより契約金77万5000ドル(約7300万円)でツインズへと入団。2015年にMLBでデビューを果たし、2016年からはライトのレギュラーとしてプレーしている。ケプラーはサッカーと野球の違いにも触れ、スタミナに差があると語った。 「サッカーではたくさん走らなくてはならないし、スタミナを持続させなくてはないけない。でも、野球ではそれほど多くを必要としない。先発投手でない限りね」 「野球は瞬間的に爆発させる仕事であり、アジリティが必要となる。サッカーはよりスタミナが必要で、持続的な走力が必要となるんだ」 ▽また、ケプラーは、少年時代を共に過ごしたブルックや自身が所属していたヘルタ・ベルリンの試合をチェックしているとのこと。アメリカの野球ファンと欧州のサッカーファンについても語った。 「僕は、ヨーロッパのサッカーファンとアメリカの野球ファンの間に大きな差があるとは思わない。両方のファンのベースはスポーツに夢中ということだよ」 「彼らは野球に熱狂的だし、ドイツではサッカーに熱狂的だ。でも、野球を見るためにアメリカに来るように、ヨーロッパのサッカーを観に行くことは爽快だね」 「誰もがワールドカップに注目している。でも、ツインズには多くのサッカーファンは居ない。ヘルタ・ベルリンがどんな状況なのかは、まだ追い掛けているよ。特にブルックスはね。ブンデスリーガの試合は、いつも僕が練習している時にやっている。だから、ハイライトを観ているよ」 ▽ブンデスリーガの試合を観ていると語ったケプラー。しかし、盟友のブルックスは今シーズンからヴォルフスブルクへと完全移籍したため、ヘルタ・ベルリンだけでなく、ヴォルフスブルクの試合もチェックするかもしれない。 ▽なお、今シーズンのケプラーは、MLBに97試合出場し、打率.256、ホームラン10本、打点40を記録(8月2日時点)。チームはアメリカン・リーグの中地区で3位に位置している。 2017.08.02 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ソランケやサラーなど新戦力躍動のリバプールが快勝! ヘルタMF原口は後半途中から出場《フレンドリーマッチ》

▽29日にフレンドリーマッチのヘルタ・ベルリンvsリバプールがベルリン・オリンピアシュタディオンで行われ、リバプールが3-0で快勝した。なお、ヘルタのMF原口元気は、66分から途中出場を果たした。 ▽プレシーズンマッチで格下相手に順調に結果を残しているヘルタは、イビセビッチやカルーといった主力に加え、レッキーやレキクといった新戦力を先発で起用。なお、原口はベンチスタートとなった。 ▽一方、香港で行われたプレミアリーグ・アジアトロフィーで見事に優勝を飾ったリバプールは、ヘンダーソンやサラー、フィルミノらをベンチに置いたものの、コウチーニョやマネ、ララナ、ワイナルドゥムと主力を起用した。 ▽積極的な入りを見せたヘルタは10分、ボックス手前中央でルーズボールに反応したダリダが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKミニョレの正面を突く。 ▽立ち上がりのピンチを凌いだリバプールは15分、試合直前にハムストリングを痛めたオリジに代わって急きょ先発に入ったソランケがゴールをもたらす。ボックス手前右角でララナが上げた浮き球クロスを冷静に頭で合わせた。この先制点で勢いづくリバプールは、23分にもゴール前に飛び出したマネに決定機も、ダイレクトシュートは枠を外れる。 ▽前半半ばから終盤にかけてはヘルタが押し込む展開が続くが、ドゥダのシュートやプラッテンハルトの直接FKは不発に終わる。すると38分、ボックス中央のマネがマイナスに落としたボールをワイナルドゥムが右足でシュート。これが相手DFにディフレクトしたボールがゴール左下隅に決まり、リバプールが追加点を奪取。前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半、ヘンダーソンとスタリッジ、フィルミノ、サラー、ロバートソンの5人をピッチに送り出したリバプールは、サラーのスピードを生かした攻めからゴールに迫る。62分、自陣中央のコウチーニョがディフェンスラインの背後に絶妙な浮き球のフィードを送ると、これに抜け出したサラーが飛び出したGKの頭上を抜く左足のループシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽一方、ホームで一矢報いたいヘルタは66分、原口ら8選手を一気にピッチへ送り込む。なお、左ウイングに入った原口は76分、強引な仕掛けでFKを奪取。これをシュトッカーが直接狙うが、枠の右上隅を捉えたシュートは相手GKの好守に阻まれた。 ▽その後も主導権を譲らず、無失点で試合をクローズしたリバプールが3-0で完勝。ソランケやサラーなど、新戦力の躍動で好調をキープしている。 ヘルタ・ベルリン 0-3 リバプール 【リバプール】 ソランケ(前15) ワイナルドゥム(前38) サラー(後17) 2017.07.30 02:56 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング