ヘルタ・ベルリン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 ヘルタ・ベルリン 18 4 6 5 20 22 -2 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-12-13
28:30
ブンデスリーガ
第16節
ヘルタ・ベルリン vs ハノーファー
2017-12-17
26:00
ブンデスリーガ
第17節
ライプツィヒ vs ヘルタ・ベルリン
2018-01-13
23:30
ブンデスリーガ
第18節
シュツットガルト vs ヘルタ・ベルリン
2018-01-19
28:30
ブンデスリーガ
第19節
ヘルタ・ベルリン vs ドルトムント
2018-01-27
26:30
ブンデスリーガ
第20節
ブレーメン vs ヘルタ・ベルリン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.10
26:00
ブンデスリーガ
第15節
アウグスブルク 1 - 1 ヘルタ・ベルリン
2017.12.07
29:05
ELグループJ
最終節
ヘルタ・ベルリン 1 - 1 エステルンド
2017.12.03
23:30
ブンデスリーガ
第14節
ヘルタ・ベルリン 1 - 2 フランクフルト
2017.11.26
26:00
ブンデスリーガ
第13節
ケルン 0 - 2 ヘルタ・ベルリン
2017.11.23
27:00
ELグループJ
第5節
ビルバオ 3 - 2 ヘルタ・ベルリン

基本データ

正式名称:ヘルタBSCベルリン

原語表記:Hertha Berliner Sport Club Berlin

愛称:アルテ・ダーメ(老婦人)

ホームタウン:ベルリン

チームカラー:青・白

関連ニュース

thumb

クリンスマンの息子ジョナサンがヘルタでトップデビュー…PKストップの活躍

現地時間7日、ヨーロッパリーグのヘルタ・ベルリンvsエステルスンドの一戦が行われた。ここまで勝ち点4のヘルタは、すでにグループリーグでの敗退が決定している。この一戦で日本代表MF原口元気は先発出場を果たしたが、注目を集めたのはゴールを守ったGKジョナサン・クリンスマンだった。<br><br>ジョナサンはドイツ代表、アメリカ代表で監督を務めた往年の名FWユルゲンの愛息で、今季からヘルタに加わっていた。これまでトップチームで出場機会がなかったものの、ヨーロッパリーグの第6節でついにトップデビューを果たすことに。<br><br>試合はホームのヘルタが主導権を握る時間が続くが、なかなか好機を生かすことができず。すると58分に失点してエステルスンドが先行する流れとなった。その3分後、ペテル・ペカリークが同点弾を叩き込んでスコアは1-1に。<br><br>87分にヘルタはPKによる失点の危機を迎えたものの、クリンスマンがPKをビッグセーブで防ぎ、試合はこのまま1-1でフルタイムを迎えている。なお、原口元気は80分に途中交代でピッチから退いていた。<br><br>ジョナサン・クリンスマンはヘルタ・ベルリンにおいてルネ・ヤーステイン、トーマス・クラフトに続く第3GKの位置付け。これまではドイツ地域リーグで6試合に出場していたが、ヨーロッパリーグ第6節でついにトップデビュー。先発の大役を任されたこの一戦でPKを防ぐ活躍を見せ、一躍評価を高める結果となった。<br><br>試合後、パル・ダルダイ監督も「クリンスマンは非常に良いプレーをしていたね。ペナルティの場面でも、しっかりチームを救ってくれた」と発言。これまで&ldquo;クリンスマンの息子&rdquo;として注目を集める存在だったジョナサンだが、この一戦をきっかけに守護神として出場機会が増すのか、躍進が期待されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 15:23 Fri
twitterfacebook
thumb

敗退決定済みのヘルタ、原口が先発もエステルンドにドローで終戦《EL》

▽ヘルタ・ベルリンは6日、ヨーロッパリーグ(EL)グループJ最終節でエステルンドをホームに迎え、1-1で引き分けた。ヘルタのMF原口元気は81分までプレーしている。 ▽前節グループステージ敗退が決まった最下位ヘルタ・ベルリン(勝ち点4)は主力を温存。公式戦ここ5試合ベンチ外が続いていた原口が[4-2-3-1]の左MFで先発となった。 ▽既に決勝トーナメント進出を決めている首位エルストンド(勝ち点10)に対し、徐々にポゼッションを高めていったヘルタは、17分に原口が単騎突破でボックス左へ侵入。シュートを浴びせていく。このプレーで得たCKの流れからダルダイのボレーシュートがバーを直撃した。 ▽その後もヘルタが攻勢に出ると、35分には原口がドリブルで持ち上がってボックス左に侵入。左足でシュートを放ったが、GKの守備範囲に飛んでしまった。 ▽0-0で迎えた後半もヘルタが攻勢をかけたが、59分に失点する。セットプレーの流れからボックス左のパパギアンノプーロスにコントロールシュートをゴール左へ流し込まれた。 ▽それでも61分、ヘルタが追いつく。ダルダイのスルーパスを起点にボックス左のミッテルシュタッドが中へ折り返し、最後はペカリークが蹴り込んだ。 ▽しかし、これ以降ヘルタは反撃に転じられず、86分にはミッテルシュタッドがボックス内でケン・セマを倒してPKを献上。キッカーのヌーリが枠の右を狙ったシュートはGKクリンスマンが止めたものの、1-1のまま試合終了となった。 ▽グループJもう一試合のゾリャvsビルバオは0-2でビルバオが勝利し、逆転での首位通過を決めている。 2017.12.08 07:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタ原口元気、11試合ぶりの先発へ…カルー負傷でチャンス訪れる

ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気が、ヨーロッパリーグ(EL)のエステルスンド戦で先発出場することになりそうだ。ドイツ誌『キッカー』が報じた。<br><br>原口は公式戦ここ5試合で出場なし。また、最後に先発したのは10月14日のシャルケ戦で、前半終了間際に退場処分を受けている。パル・ダルダイ監督に「ゲンキは過剰なモチベーションで、難しくなっている」と言われ、実戦から遠ざかっていた原口だが、久々にキックオフからチャンスを与えられそうだという。<br><br>同誌によれば、ヘルタFWサロモン・カルーが練習中に内転筋を痛め、7日に行われるエステルスンド戦の出場が難しくなったようだ。そのため、原口が代役として左サイドで先発する可能性が濃厚に。なお、カルーは週末のアウクスブルク戦には間に合う程度の軽傷だと伝えられている。<br><br>原口の名前が先発メンバーのシートに書き込まれれば、シャルケ戦以来11試合ぶり。このチャンスを活かすことはできるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.07 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部が中盤アンカーでフル出場のフランクフルト、ヘルタに逆転勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、ヘルタ・ベルリンvsフランクフルトが3日に行われ、1-2でフランクフルトが勝利した。ヘルタのMF原口元気はベンチ外、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ外となっている。 ▽前節ケルン戦を2-0と快勝して3試合ぶりの勝利を飾った11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)と、前節レバークーゼン戦を0-1と落として7試合ぶりに敗戦した9位フランクフルト(勝ち点19)の一戦。 ▽公式戦ここ4試合連続ベンチ外のヘルタの原口は引き続きベンチ外となり、前節ベンチスタートで出場機会のなかったフランクフルトの長谷部は[3-1-4-2]の中盤アンカーで先発に復帰し、途中出場で7試合ぶりに出場した鎌田はベンチ外となった。 ▽日本人対決が実現しなかった試合は、開始1分にヘルタに決定機。ガシノビッチのミスパスをカットしたイビセビッチがボックス右に進入。シュートを浴びせるも、GKフラデツキーの好守に阻まれた。 ▽良い入りを見せたヘルタがポゼッションを高めて圧力をかけていくと、15分に先制する。レッキーの浮き球パスに抜け出したゼルケがボックス右に侵入し、GKとの一対一を制した。 ▽良いところのないフランクフルトは25分に最初のチャンス。レビッチがボックス左でスルーパスを引き出し、GKヤルシュテインを強襲した。すると直後の左CKから同点とする。サインプレーでグラウンダーのクロスを送ると、ペナルティアーク中央のヴォルフが右足を一閃。しっかりとコントロールされたシュートがネットを揺すった。 ▽雪が舞うなか、ハーフタイムにかけてはフランクフルトのポゼッションが高まったものの、互いに決定打はなく前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半、ガシノビッチに代えてバルコクを投入したフランクフルトがボールを持つ展開で立ち上がると、57分に決定機。バルコクのスルーパスに反応してボックス右に走り込んだヴォルフがシュート。しかし、GKヤルシュテインのセーブに阻まれた。 ▽流れの悪いヘルタは62分に2枚代えを敢行。ミッテルシュタッドとアルネ・マイアーに代えてラザロとルステンベルガーを投入した。 ▽この交代後はこう着状態に陥り、シュートシーンがないまま時間が経過。しかし80分、フランクフルトが逆転に成功する。右クロスのルーズボールをボックス中央のK・ボアテングが左足で一閃。コントロールされたシュートがゴール左に決まった。 ▽K・ボアテングのキャリアをスタートさせたヘルタ相手の古巣弾で逆転したフランクフルトは、87分のルステンベルガーのミドルシュートがバーを叩いて助かると、このリードを守りきって勝利している。 2017.12.04 01:32 Mon
twitterfacebook
thumb

泥沼ケルン、先発した大迫勇也はチームワーストタイ評価「日本人の低調は変わらなかった」

ケルンは26日に行われたブンデスリーガ第13節で、ヘルタ・ベルリンに0-2と敗れた。先発したFW大迫勇也には、厳しい評価がつけられている。<br><br>リーグ戦未だ未勝利も、23日にヨーロッパリーグで強豪アーセナルを下したケルン。良い流れを持ってヘルタをホームに迎えたが、17分に失点すると64分にはPKで失点。そのまま反撃することもできず、リーグ戦4連敗を喫した。<br><br>大迫は74分までプレーしたが、目立った活躍をすることができず。チームを連敗から救うことはできなかった。地元紙『K&ouml;lnische Rundschau』も、日本代表FWにチームワーストタイの「5」と厳しい評価を下している。<br><br>寸評では「日本人の低調は変わらなかった。インパクトのないケルン攻撃陣の一員となってしまった」と、第7節以降ゴールから遠ざかる大迫はフォームを失っていると指摘している。<br><br>同メディアの採点で、ケルンの最高点はGKティモ・ホルンら4人が「3」。それ以外は全員及第点以下となっており、チーム全体として低調なプレーに終始したことを表している。これでケルンはリーグ戦13試合で11敗。獲得した勝ち点はわずか「2」で、残留圏内とはすでに11ポイント差となった。昨季は5位と躍進したケルンが、泥沼から抜け出せずにいる。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.27 13:15 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング