名古屋グランパス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 名古屋 49 15 4 9 54 44 10 28

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-08-20
18:00
明治安田生命J2リーグ
第29節
名古屋 vs 福岡
2017-08-26
18:00
明治安田生命J2リーグ
第30節
名古屋 vs 横浜FC
2017-09-02
18:00
明治安田生命J2リーグ
第31節
水戸 vs 名古屋
2017-09-09
18:00
明治安田生命J2リーグ
第32節
名古屋 vs 大分
2017-09-17
17:00
明治安田生命J2リーグ
第33節
金沢 vs 名古屋

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.08.16
19:00
明治安田生命J2リーグ
第28節
町田 3 - 4 名古屋
2017.08.12
18:00
明治安田生命J2リーグ
第27節
名古屋 5 - 2 松本
2017.08.06
18:30
明治安田生命J2リーグ
第26節
名古屋 7 - 4 愛媛
2017.07.30
19:00
明治安田生命J2リーグ
第25節
熊本 0 - 1 名古屋
2017.07.22
18:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
京都 3 - 1 名古屋

基本データ

正式名称:名古屋グランパス

原語表記:NAGOYA Grampus

ホームタウン:名古屋市

チームカラー:レッド

関連ニュース

thumb

ガブリエル・シャビエルが1ゴール3アシストと躍動! 4連勝の3位名古屋が上位を追走!!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第28節の11試合が16日に行われた。 ▽3連勝で3位に浮上した名古屋グランパス(勝ち点46)が、14位FC町田ゼルビア(勝ち点38) のホームに乗り込んだ一戦は、4-3で名古屋が勝利した。試合は早い時間にスコアが動く。5分、敵陣でボールをカットした奥山が素早くクロスを供給。相手に当たって軌道が変わったボールをボックス手前の平戸がボレーで合わせると、右ポストの内側をたたいてゴールに吸い込まれた。 ▽町田のハイプレスに苦しむ名古屋だが24分、ガブリエル・シャビエルのスルーパスをボックス内で受けたシモビッチが反転で相手DFをかわすと、冷静にシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽39分、バイタルエリア右でガブリエル・シャビエルが倒されFKを獲得。ガブリエル・シャビエルのFKをゴール前に飛び込んだ新井が頭で合わせると、GK高原の弾いたボールがゴールラインを越し、名古屋が勝ち越しに成功した。さらに42分には、再びガブリエル・シャビエルのFKから青木がバックヘッドで流し込み、名古屋が2点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、町田は吉田を下げて鈴木を投入。すると65分、左サイドの味方からパスを受けた井上がボックス左手前から迷わずに右足を振り抜く。強烈なミドルシュートはゴールの左上に突き刺さり、1点を返した。 ▽勢いづく町田は72分、ボックス左脇から鈴木がマイナスのクロスを供給すると、戸高がダイレクトシュート。これは相手DFのブロックに阻まれるも、再び反応した戸高のシュートが相手DFにディフレクトし、そのままゴール右に吸い込まれた。 ▽同点とされた名古屋だが43分、ロングボールに抜け出した青木が深津と藤井に挟み倒され、FKを獲得。町田の選手にレッドカードが提示されたが、対象が誰かをめぐって試合が中断。 ▽4分の中断後、接触プレーには関与していなかった平戸が退場処分となり試合が再開。バイタルエリア中央からのFKをガブリエル・シャビエルが直接ゴール左に突き刺し、名古屋が後半アディショナルタイムに勝ち越しに成功。結局、試合はそのままタイムアップ。ガブリエル・シャビエルの全得点に絡む活躍で名古屋がリーグ4連勝を飾った。 ▽首位の湘南ベルマーレ(勝ち点56)は、連勝で7位に浮上したジェフユナイテッド千葉(勝ち点42)と敵地で対戦し、1-0で湘南が勝利した。試合は立ち上がりから攻勢に出る千葉が先にチャンスを迎える。5分、自陣から清武が右サイドのスペースへロングパス。走り込んで受けた船山がペナルティエリア右から進入し、フリーでシュート。しかし、これは左のポストに嫌われ、ビッグチャンスを逃した。 ▽攻勢に出る千葉は23分、スルーパスで右サイドを抜け出した町田のクロスを清武がボレーシュートで合わせたが、これはクロスバー当たりGK秋本が弾き出す。さらに、このこぼれ球に矢田が反応しシュートを放ったが、これもGK秋元のセーブに防がれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、湘南は齊藤に代えて石川を投入。さらに60分には表原を下げて野田をピッチに送り出した。対する千葉は、68分に船山に代えて為田、76分にラリベイを下げて指宿を投入した。 ▽その後も一進一退の展開となる中、湘南は78分にジネイを諦めてムルジャを投入。すると、この交代が功を奏す。82分、秋野の左CKをゴール前のムルジャがヘディングシュート。これがゴール左に決まり、湘南が先制した。 ▽試合終盤、千葉はDF近藤を前線に上げパワープレーを敢行。しかし、湘南が集中した守りでこれを凌ぎ切りタイムアップ。ムルジャの移籍後初ゴールで逃げ切った湘南が、苦しみながらも首位をキープに成功した。 ▽また、首位湘南を勝ち点1差で追う2位アビスパ福岡(勝ち点55)と、5位V・ファーレン長崎の上位対決は、1-0で長崎が勝利した。試合は前半終了間際に動く。45分、島田の右CKがブロックに入った駒野に当たると、そのままゴールに吸い込まれた。 ▽迎えた後半、1点を追う福岡は61分にチャンス。冨安のロングフィードを途中出場の仲川が落とすと、これを受けた石津がペナルティアーク手前からシュート。しかし、これはGK増田が正面で弾く。 ▽攻勢をかける福岡は65分、駒野の右CKをニアの冨安がフリックしたボールを岩下が頭で合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。さらに後半アディショナルタイム1分には、駒野の左CKをファーサイドの岩下が頭で折り返すと、混戦の中で仲川がシュート。しかし、これは相手DFの体を張ったブロックに阻まれた。 ▽結局、試合はそのまま1-0で終了。上位対決に敗れた福岡は、首位湘南との勝ち点差が4ポイントに広がった。16日に行われたJ2第28節の結果は以下の通り。 ▽8/16(水) 大分トリニータ 0-2 東京ヴェルディ アビスパ福岡 0-1 V・ファーレン長崎 カマタマーレ讃岐 1-0 横浜FC ファジアーノ岡山 0-1 愛媛FC ツエーゲン金沢 0-4 徳島ヴォルティス ロアッソ熊本 0-0 FC岐阜 レノファ山口 3-2 ザスパクサツ群馬 松本山雅FC 3-2 モンテディオ山形 FC町田ゼルビア 3-4 名古屋グランパス ジェフユナイテッド千葉 0-1 湘南ベルマーレ 水戸ホーリーホック 2-0 京都サンガF.C. 2017.08.16 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋ルーキーのDF宮地元貴がわずか半年で松本に完全移籍

▽松本山雅FCは13日、名古屋グランパスに所属するDF宮地元貴(23)の完全移籍加入を発表した。 ▽慶應義塾大出身の宮地は昨年8月、加入内定および特別指定選手として名古屋に入団。しかし、ここまで天皇杯1試合の出場にとどまっていた。 ▽特別指定から数えてもわずか1年で名古屋を去ることになった宮地は、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「松本山雅FCに関わる全ての皆様。初めまして。名古屋グランパスから加入しました宮地元貴です。歴史ある素晴らしいクラブの一員になれたこと、皆様と共に新しい歴史を創り上げていけることを本当に幸せに思います。松本山雅FCには大学時代から何度も練習に参加させていただき、多くの関係者の方々にお世話になりました」 「また聖地アルウィンは中学時代に全国優勝、大学時代には全国出場を決めた僕にとっても特別な場所です。僕は勝手に深い縁があるクラブだと信じています。松本山雅FCに関わる皆様と共に決死の覚悟で頂を目指し、J1昇格の力となれるよう、アルウィンのピッチで松本山雅FCの漢として認めていただけるよう、そしてクラブへの感謝を結果で示すことが出来るよう死力を尽くします。宮地元貴をよろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスに関わる全ての皆様。特別指定選手に承認して頂いてから約1年間、本当にお世話になりました。この度、松本山雅FCに完全移籍することになりました。突然のご報告となり、大変申し訳ございません。私自身、試合やプレーで思うような結果が出せなったこと、全く期待に応えられなかったこと、こうした形でクラブを去ることが本当に悔しく、情けないです。全ては僕の実力不足です。どのような時も応援して頂いたファン・サポーターの皆様にこの場をお借りしてお詫び申し上げます。クラブがJ1復帰を目指す中、断腸の思いですが、サッカー人として決断しました」 「皆様への感謝は言葉では表せません。26番のユニフォームを着て応援してくださった方々、試合に出ていない僕の横断幕を作ってくださった方々、練習場で叱咤激励してくださった方々の存在が何度も僕を奮い立たせてくれました。初めてグランパスに声を掛けて頂いた日、赤いユニフォームに袖を通した日、パロマ瑞穂スタジアムでのプロデビュー戦、偉大な選手とプレー出来たこと、その全てが僕の人生の宝物です。最後になりましたが、この歴史ある素晴らしいクラブでキャリアをスタート出来ましたこと、そして名古屋での全ての出会いに心から感謝しています。僕にとって名古屋グランパスはいつまでも特別で大好きなクラブです。本当にありがとうございました」 2017.08.13 10:20 Sun
twitterfacebook
thumb

“堅守”松本から大量5ゴールを奪った名古屋が3連勝で3位に浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第27節の名古屋グランパスvs松本山雅FCが12日に行われ、5-2で名古屋が勝利した。 ▽前節の愛媛FC戦で今季最多7ゴールを奪った5位名古屋(勝ち点43)は、その試合から和泉に代えて新加入の新井をスタメンで起用した。一方、ここまでわずか16失点(リーグ2位タイ)と堅守を武器とする9位の松本(勝ち点39)は、前節の湘南戦からスタメンを2人変更。工藤、安川に代えて山本と下川を起用した。 ▽試合は立ち上がりから松本が攻勢に出る。8分、イム・スンギョムのパスミスを敵陣で奪った岩間が頭でゴール前へつなぐと、これに抜け出した山本がワンタッチシュートを狙ったが、これは枠に上に外れた。 ▽さらに13分、ボックス左から仕掛けた下川が切り返しで相手マークを振り切り、ゴール左からシュート。22分にも、下川の折り返しからセルジーニョにチャンスが生まれたが、これは共に決めきることができない。 ▽松本のコンパクトな守備に苦しむ名古屋だったが、ファーストチャンスでスコアを動かす。33分、敵陣で細かくパスをつなぐとシモビッチのラストパスが相手DFに当たり、ゴール右に流れる。しかし、このボールに反応したガブリエル・シャビエルが下川ともつれると、これが下川のオウンゴールを誘い、ゴールネットを揺らした。 ▽先制に成功した名古屋はファーストシュートで追加点を奪う。35分、ロングパスで右サイドを抜け出したガブリエル・シャビエルがボックス右の青木につなぐと、縦に切り込んだ青木の折り返しをゴール前に走り込んだ佐藤が押し込んだ。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのは相手のミスを突いた名古屋。ガブリエル・シャビエルが中盤でパウリーニョからボールを奪うと、ここからショートカウンター。シモビッチとのパス交換で相手DFの裏に抜け出したガブリエル・シャビエルがゴール右からシュートを流し込んだ。 ▽リードを広げられた松本だが、56分にセットプレーから1点を返す。セルジーニョの左CKが相手DFに当たると、ファーサイドに流れたボールを當間が押し込んだ。 ▽1点を返された名古屋はすぐさま応戦。66分、右サイドを持ち上がったシモビッチが折り返すと、ボックス手前のガブリエル・シャビエルが左足でファーサイドに流す。これに反応した佐藤が左足のシュートをゴール中央へ突き刺した。 ▽名古屋は88分にもガブリエル・シャビエルのロングパスに抜け出した青木が胸で収めると、ゴール右からシュートを流し込み、5点目。 ▽その後、後半アディショナルタイムにPKから松本に1点を返されるも、名古屋が5-2で試合を終わらせ快勝。リーグ3連勝を飾った名古屋が3位に浮上した。 ◆J2第27節結果 ▽8/12(土) 名古屋グランパス 5-2 松本山雅FC ▽8/11(金) 京都サンガF.C. 0-1 アビスパ福岡 ジェフユナイテッド千葉 2-1 レノファ山口FC ザスパクサツ群馬 1-2 カマタマーレ讃岐 愛媛FC 0-0 水戸ホーリーホック FC岐阜 1-1 ファジアーノ岡山 モンテディオ山形 2-1 ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ 1-0 ロアッソ熊本 大分トリニータ 1-3 FC町田ゼルビア V・ファーレン長崎 0-2 湘南ベルマーレ 徳島ヴォルティス 2-2 横浜FC 2017.08.12 20:13 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋が横浜FMのDF新井一耀を期限付き移籍で獲得

▽名古屋グランパスは8日、横浜F・マリノスのDF新井一耀(23)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなる。背番号は「2」をつける。なお、今シーズンの横浜FMとの公式戦には出場できない。 ▽新井は、2016年に順天堂大学から横浜FMへと入団。1年目はリーグ戦で5試合に出場するなど、公式戦12試合に出場。今シーズンは明治安田生命J1リーグで3試合、YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で1試合に出場していた。新井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「横浜F・マリノスから期限付き移籍で加入することになりました。J1昇格に向けてチームに少しでも貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「名古屋グランパスに期限付き移籍することになりました。成長して帰って来られるように頑張ります。1年半ありがとうございました。そして、引き続き応援よろしくお願いします」 2017.08.08 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋FW佐藤寿人が中日vs広島で2度目の始球式「きちんと肩を作ってしっかり投げたい」

▽名古屋グランパスは7日、FW佐藤寿人が9日に行われるプロ野球 中日ドラゴンズvs広島東洋カープで始球式を行うことを発表した。 ▽佐藤は、サンフレッチェ広島時代にも始球式を行ったことがあり、今回で2度目の登板となる。佐藤はクラブを通じてコメントしている。 「サンフレッチェ広島に所属していた2009年にカープの試合で一度、始球式をさせていただいたことがあります。その時の相手もドラゴンズで、バッターボックスには井端さんが立っていらっしゃいました」 「今回は、ナゴヤドームでカープを相手にこのような始球式の機会をいただき本当に嬉しく思います。前回は緊張してバッターボックスまでがすごく遠く感じたので、今回はきちんと肩を作ってしっかり投げたいと思います」 2017.08.07 11:56 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング