名古屋グランパス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 名古屋 17 5 2 2 16 11 5 9

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
19:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
群馬 vs 名古屋
2017-05-03
15:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
名古屋 vs 京都
2017-05-07
14:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
山形 vs 名古屋
2017-05-13
14:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
大分 vs 名古屋
2017-05-17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第14節
名古屋 vs 町田

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
14:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
名古屋 0 - 2 山口
2017.04.15
14:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
徳島 2 - 2 名古屋
2017.04.08
14:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
名古屋 2 - 1 讃岐
2017.04.01
17:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
名古屋 5 - 1 熊本
2017.03.26
14:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
松本 1 - 2 名古屋

基本データ

正式名称:名古屋グランパス

原語表記:NAGOYA Grampus

ホームタウン:名古屋市

チームカラー:レッド

関連ニュース

thumb

21位の山口が小野瀬&小塚弾で首位の名古屋を叩く《J2》

▽22日にパロマ瑞穂スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第9節の名古屋グランパスvsレノファ山口FCは、アウェイの山口が2-0で勝利した。 ▽直近の5試合で4勝1分けの首位に立つ名古屋と、3戦未勝利で21位に沈む山口が激突した。試合は、前節の3バックから4バックにシステム変更を施した名古屋が押し気味に進める展開となる。 ▽しかし、立ち上がりから内田やシモビッチのシュートでゴールに迫った名古屋に対して、山口も20分に高柳がクロスバー直撃のミドルシュート。山口が徐々にペースを引き寄せる。 ▽すると、リズムが悪い名古屋は28分、早々に杉森を下げて和泉を投入。ところが、山口は34分、右から中央にクロスが入り、正面に詰めた小野瀬が押し込んだ。 ▽均衡を破った山口は続く36分に追加点。小野瀬のシュートがDFに当たってゴール前に流れると、これに反応した小塚が右足ダイレクトで蹴り込み、名古屋を引き離した。 ▽2点ビハインドのまま試合を折り返した名古屋は、後半の頭から八反田に代えて永井を途中起用。続く69分には最後の交代枠で押谷を諦め、フェリペ・ガルシアを送り込む。 ▽結局、攻め続けた名古屋は最後までゴールが遠く、下位に低迷する山口に不覚。首位を叩いた山口は4試合ぶりの白星を手にした。 2017.04.22 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋が一時逆転も主導権を握り続けた徳島が渡の同点弾で勝ち点を奪う《J2》

▽15日、明治安田生命J2リーグ第8節の徳島ヴォルティスvs名古屋グランパスが鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽前節のレノファ山口戦を1-1と引き分けた徳島は、スタメンを2名変更。石井、小西に変えて、カルリーニョス、前川を起用した。一方の名古屋は前節のカマタマーレ讃岐戦で2-1と勝利し、4連勝で首位。前節先発した杉森に変えて、杉本竜をスタメンを起用した。 ▽徳島は10分、左サイドで得たFKからカルリーニョスがクロスを入れると、藤原がダイビングヘッドで合わせに行くも、わずかに届かない。16分には右CKからカルリーニョスがクロスを入れると、ファーサイドでヴァシチェヴィッチがヘッド。しかし、これはわずかにゴール左に外れてしまう。 ▽攻勢を強める徳島は24分、スルーパスに反応した広瀬がボックス内右でキープ。パスを受けた杉本太が横に流すと、フリーの島屋がボックス内からシュート。しかし、これは大きく枠を外し決定機を生かせない。26分にはディフェンスラインの裏に抜けた渡がGKとの一対一でシュート。しかし、これはGK楢崎がセーブし、再び徳島は決定機を逃す。 ▽攻め立てる徳島は29分、ボックス手前から馬渡が強烈なシュート。しかし、枠をとらえたシュートはGK楢崎が好反応で再びセーブする。 ▽名古屋はシュートに持ち込むまでのプレー精度を欠き、わずかにシュート2本で前半を終える。 ▽迎えた後半、最初にチャンスを作ったのは劣勢の名古屋。54分、玉田が裏にパスを出すと、反応したフェリペ・ガルシアがボックス内左からシュート。しかし、GK梶川がセーブする。 ▽56分には徳島がカウンター。島屋がボールをキープし駆け上がった前川にパス。フリーでボックスに侵入した前川がシュートも、GK楢崎がまたしても立ちはだかる。 ▽それでも59分、右サイドからのグラウンダーのクロスをボックス内左に走り込んだ馬渡が蹴り込み、徳島がついにゴールをこじ開ける。 ▽先制された名古屋だったがすぐさま反撃に出る。61分、右サイドからのクロスをファーサイドでシモビッチがトラップからクロス。これをフェリペ・ガルシアが蹴り込み、名古屋が同点に追いつく。 ▽78分、ボックス左からフェリペ・ガルシアがクロス。これに飛び込んだ永井がヘッドで合わせ、名古屋が逆転に成功する。 ▽逆転を許した徳島は82分、左サイドからカルリーニョスがクロスを上げると、途中出場の山崎がボックス中央でヘッド。しかし、シュートはわずかに枠の左に外れる。 ▽それでも83分、左サイドからパスを受けた渡が杉本にパス。ボックス中央でパスを受けた杉本がキックフェイントで相手をかわすと、これを渡がシュート。ボールは右隅に吸い込まれ、徳島が同点に追いつく。 ▽終盤にかけては徳島が攻め立て、名古屋は防戦一方に。長身のアシチェリッチ、テクニックがある松村を投入した徳島が攻め込むが、勝ち越しゴールは奪えず。試合は2-2の引き分けに終わった。 2017.04.15 16:08 Sat
twitterfacebook
thumb

松本は長崎に快勝!! 名古屋は玉田の復帰弾、杉本の移籍後初ゴール!! 岐阜は2連勝飾る!!《J2》

▽8日に明治安田生命J2リーグ第7節の松本山雅vsV・ファーレン長崎が松本平広域公園総合球技場で行われ、3-0で松本が快勝した。 ▽前節の徳島ヴォルティス戦で2試合ぶりの白星を飾った8位の松本(勝ち点10)が、3連勝と勢いにのる3位の長崎(勝ち点13)をホームに迎えた一戦。立ち上がりからホームの松本が攻勢に出ると、14分にボックス内の高崎が倒されてPKを獲得。キッカーの高崎がこのチャンスを冷静に沈めて松本が勢いのままに先制する。 ▽さらに22分にはボックス手前やや左の位置で松本がFKを獲得すると、宮坂がこれを直接沈めて追加点を奪取。その後も松本がペースを握る中、長崎はなかなか決定機をつくれずにハーフタイムを迎えた。 ▽長崎は後半に入ると3-1-4-2のフォーメーションに変更し、高い位置に人数をおく形に移行。すると63分には爺長がボックス手前から積極的に狙うもここはGKの正面にボールが飛んでしまう。迎えた74分、松本はパウリーニョがダメ押しとなる3点目を奪取すると、試合はそのまま終了を迎え、松本が2連勝を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170408_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽同時刻には名古屋グランパスvsカマタマーレ讃岐がパロマ瑞穂スタジアムで行われ、2-1で名古屋が勝利した。 ▽3連勝中の2位・名古屋(勝ち点13)が、前節の湘南ベルマーレ戦で今季初勝利を飾った14位の讃岐(勝ち点6)を迎えた。名古屋はFW佐藤寿人、MF和泉竜司といった主力がケガの影響で不在となった。 ▽試合はアウェイの讃岐が立ち上がりから積極的な攻撃を仕掛けていく。さらに球際で激しさを見せて名古屋を押し込んでいった。すると32分、右からのクロスにゴール前の西が頭で合わせてネットを揺らす。しかしここはオフサイドの判定で讃岐は先制点を奪えずそのままゴールレスで試合を折り返した。 ▽すると後半は名古屋が高い位置のプレスラインを置いて前半とは違って主導権を握りにかかる。すると58分にボックス手前の位置でFKを獲得。キッカーの玉田が直接狙うと、これがゴールネットを揺らして名古屋が、玉田の復帰後初ゴールで先制点を奪った。 ▽しかし69分、ハーフウェイラインでボールを奪った讃岐がカウンターを開始。ボックス左に侵入した渡邉の折り返しをファーサイドで西が押し込んで試合を振り出しに戻した。しかし88分、ボックス左へとカットインした杉本が右足を一閃。これが決まり、杉本の移籍後初ゴールで名古屋が勝ち越しに成功した。試合はそのまま終了を迎え、名古屋が4連勝を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170408_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vs水戸ホーリーホックは2-1で岐阜が勝利した。 ▽前節の町田ゼルビア戦で今季初勝利を飾った17位の岐阜(勝ち点5)が、レノファ山口とドローに終わり連勝を阻まれた12位の水戸(勝ち点7)が対戦した。試合は前半からお互いに決定機を作り出しながも決めきれないままハーフタイムに突入。 ▽すると60分にシシーニョのクロスからニアサイドの古橋が頭で合わせて、岐阜が先制する。さらに68分には、ボックス手前でボールを受けた永島がそのまま持ち込んでシュート。これも決まって2点目を奪った。 ▽水戸も71分にFKのチャンスで橋下が入れたグラウンダーのシュート性のボールがオウンゴールを誘発。1点を返すことに成功するが、反撃はここまで。岐阜が今シーズン初の連勝を飾った。 2017.04.08 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋MF和泉竜司、右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約6週間…今季ここまでJ2全試合フル出場

▽名古屋グランパスは4日、MF和泉竜司が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約6週間と診断されたことを発表した。 ▽和泉は、1日に行われた明治安田生命J2リーグ第6節のロアッソ熊本戦にフル出場。しかし、その後の検査で同試合中に負傷していたことが判明した。 ▽23歳の和泉は2015年に特別指定選手として名古屋入りすると、翌年に正式入団。今シーズンはここまでリーグ戦全試合にフル出場していた。 2017.04.04 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋の主将FW佐藤寿人、右ハムストリングス筋損傷で全治約6週間…移籍後初ゴール記録の熊本戦で負傷

▽名古屋グランパスは4日、元日本代表FW佐藤寿人が右ハムストリングス筋損傷で全治約6週間と診断されたことを発表した。 ▽佐藤は、1日に行われた明治安田生命J2リーグ第6節のロアッソ熊本戦に先発。9分に移籍後初ゴールをマークした。 ▽しかし、佐藤は同試合で負傷。超音波検査・MRI検査の結果、右ハムストリングス筋に損傷が見つかったという。 2017.04.04 16:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング