超ワールドサッカー

名古屋グランパス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 名古屋 28 8 4 3 26 19 7 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-05-27
18:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
横浜FC vs 名古屋
2017-06-03
14:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
名古屋 vs 金沢
2017-06-10
15:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
東京V vs 名古屋
2017-06-17
14:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
福岡 vs 名古屋
2017-06-25
18:30
明治安田生命J2リーグ
第20節
名古屋 vs 長崎

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.21
16:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
愛媛 1 - 2 名古屋
2017.05.17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第14節
名古屋 2 - 1 町田
2017.05.13
14:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
大分 4 - 1 名古屋
2017.05.07
14:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
山形 0 - 0 名古屋
2017.05.03
15:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
名古屋 1 - 1 京都

基本データ

正式名称:名古屋グランパス

原語表記:NAGOYA Grampus

ホームタウン:名古屋市

チームカラー:レッド

関連ニュース

thumb

愛媛との上位対決を制した名古屋が連勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の愛媛FC vs名古屋グランパスが21日にニンジニアスタジアムで行われ、1-2で名古屋が勝利した。 ▽ここまで7勝3分け4敗で6位の愛媛と、7勝4分け3敗で5位に位置する名古屋が激突した。試合は序盤、アウェイの名古屋が積極性を見せる。すると、11分にゴールに近づく。バイタルエリアで仕掛けた和泉がペナルティアーク手前から左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の右に外れた。 ▽すると、先制したのは愛媛だった。27分、ペナルティアーク付近の河原が出したスルーパスで、近藤がボックス右に抜け出す。近藤が冷静にゴールネットを揺らし、愛媛が試合の均衡を破った。 ▽ハーフタイムにかけては、ビハインドを背負う名古屋が押し気味に試合を進める。すると、44分に追いつく。和泉の縦パスからシモビッチがボールを収めると、正面に走り込んだ田口が拾ってボックス内に進入。そのままGKとの一対一を制し、名古屋が1-1とした。 ▽迎えた後半、愛媛は56分にビッグチャンスを迎える。小島が出したスルーパスを受けてボックス左に進入した河原が枠内シュートに持ち込む。しかし、これはGK楢崎のファインセーブに遭い、決定機を阻まれる。 ▽すると、守護神に助けられた名古屋が追加点を記録する。59分、シモビッチのパスから右サイド深くに入った八反田がグラウンダーのクロスを入れる。これに正面で合わせた玉田が押し込み、名古屋が逆転に成功する。 ▽終盤にかけては、愛媛が徐々に攻撃への比重を強める。愛媛は河原、有田、藤田と下げていき、丹羽、西田、小池を投入する。 ▽その後も愛媛はゴールを狙うが、名古屋がしっかりと守って逃げ切りで連勝。愛媛は連勝が3試合でストップする黒星を喫した。 2017.05.21 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

シモビッチが土壇場AT弾! 名古屋が町田を下して4戦ぶり白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節の名古屋グランパスvs町田ゼルビアが17日にパロマ瑞穂スタジアムで行われ、2-1で名古屋が勝利した。 ▽ここまで6勝4分け3敗で6位に位置する名古屋と、4勝5分け4敗で13位の町田が対戦。試合は、名古屋がファーストチャンスをモノにして先制する。10分、左サイドで鋭い縦突破を仕掛けた杉森が、ボックス左に進入して折り返し。これを正面の玉田がダイレクトで合わせてネットを揺らし、名古屋がリードを手にした。 ▽先行した名古屋は、28分に追加点の好機を迎える。相手GKのフィードを身体に当ててボールを奪ったシモビッチが、GKと一対一に。そのまま放ったシュートが一度セーブされ、すぐさま再度シュートに持ち込んだが、これもGKの好守に阻まれてゴールとはならない。 ▽迎えた後半、町田は52分に同点の絶好機を演出する。ボックス左の中島がヒールパスを正面に入れると、これに合わせた谷澤のシュートがゴール左を捉える。しかし、これは好反応を見せたGK楢崎のセーブに遭い、同点弾とはならない。 ▽守護神に助けられた名古屋は55分に反撃。ボックス左でパスを受けた田口が強烈な枠内シュートを放つ。これがGK高原に弾かれると、こぼれ球を今度は田口が叩いたが、ここもGKのセーブに遭い、追加点を奪えない。 ▽すると、76分に町田がチャンスを生かす。左サイド深くから戸島が上げたクロスにゴール前の谷澤がボレー。これがゴールを破り、町田が1-1の同点に追いつく。 ▽終盤、両者共に追加点を狙う中、ゴールを奪ったのは名古屋だった。アディショナルタイム2分、ボックス左で仕掛けた杉本のクロスに正面で合わせたシモビッチが胸で押し込んでゴール。そのまま逃げ切った名古屋がリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。 2017.05.17 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

後藤がハットトリックで名古屋を粉砕し、大分が2連勝!!《J2》

▽13日に明治安田生命J2リーグ第13節の大分トリニータvs名古屋グランパスが大分銀行ドームで行われ、4-1で大分が勝利した。 ▽前節のFC岐阜戦で後藤の2発により2-1で2試合ぶりの勝利を飾った8位の大分(勝ち点20)が、山形とゴールレスドローで2戦連続の引き分けに終わった3位の名古屋(勝ち点22)とホームで対戦した。 ▽試合はアウェイの名古屋がポゼッションを握るも、自陣でブロックを敷く大分が出足鋭いプレスを仕掛けて自由にはパスを繋がせない。すると大分は14分、右サイドの岸田が入れたクロスの後藤が飛び込む。ボックス内でボールがこぼれ、これを後藤が狙うが、相手のブロックに遭ってシュートは打てず。 ▽一方の名古屋は19分に、右サイドでボールを奪ってカウンターを開始。中央を持ち上がった玉田が、佐藤とのパス交換で抜け出してボックス内で左足を合わせるが、GK上福元の正面にシュートを飛ばしてしまった。すると21分、大分は川西のスルーパスを受けた伊佐がボックス手前右で中央に折り返す。後藤が狙ってシュートを放つと、ボックス内にこぼれたところを最後は小手川が押し込み、大分が先制に成功した。 ▽リードを許した名古屋は、人数をかけて大分陣内に攻め込む。しかしカウンターから危ない場面を作られるなど、不安定な戦いが続く。33分には再び玉田と佐藤のラインからボックス内に侵入するが、佐藤の折り返しを誰も押し込めず。大分も自陣で守りを固めるだけでなく、ボールを持てばショートパスを繋いで名古屋をいなしていく。前半はそのまま大分が1点リードで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半はオープンな店内の中、53分にボックス内に仕掛けた伊佐が坂井に倒されて大分がPKを獲得。これを後藤がきっちりと決めて、大分が名古屋の出鼻を挫く追加点を奪った。すると名古屋は失点直後からシモビッチを投入し、前線の枚数を増やす。しかし58分、スルーパスに抜け出した後藤がGKと一対一を迎える。GK楢崎の体勢を崩して無人のゴールに流し込み、大分が3点目を奪った。 ▽名古屋は68分、右CKからファーサイドのシモビッチがボールを収めてシュートを狙うが、大分も集中した守りを見せてボールを枠に飛ばさせない。その後も名古屋が、前線のシモビッチを起点に攻め込むと81分にフェリペ・ガルシアからのパスをボックス左で受けたシモビッチが反転シュートを蹴り込んで1点を返した。しかし85分、高い位置で奪った大分がカウンターから後藤がハットトリックとなるチームの4点目を奪取した。 ▽結局試合はそのまま終了を迎え、大分が後藤のハットトリックの活躍で名古屋に勝利し2連勝とした。 2017.05.13 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋DF大武峻が入籍「一人の人間として成長していきたい」

▽名古屋グランパスは8日、DF大武峻(24)が一般女性と入籍したことを発表した。 ▽福岡大から2015年に名古屋入りした大武は、昨シーズンに明治安田生命J1リーグ20試合に出場。今シーズンはここまで、明治安田生命J2リーグの出場は1試合となっている。 ▽大武はクラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 『いつも応援していただきありがとうございます。このたび5月7日に入籍いたしました。これからの人生を彼女と共に歩んでいけることにすごく喜びを感じています。自分が今、怪我なく健康にサッカーができているのも、日頃の彼女の支えがあるおかげです。そんな彼女に恩返しができるように、より一層責任感を持ち、日々努力し、サッカー選手として、そして一人の人間として成長していきたいと思っています。また、これからもっとグランパスが強く、愛されるチームとなるように、自分の全てを賭けて頑張りたいと思います。 今後とも応援よろしくお願いいたします」 2017.05.08 20:04 Mon
twitterfacebook
thumb

名古屋は山形を崩しきれず、ゴールレスドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第12節のモンテディオ山形vs名古屋グランパスが7日にNDソフトスタジアム山形で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで3勝5分け3敗で15位の山形と、6勝3分け2敗で3位に位置する名古屋が激突した。主導権争いの序盤から、ホームの山形は27分に決定機を迎える。ボックス右でスローインを受けた中山がゴールに向かって仕掛けてシュート。これが枠の左を捉えたが、GK楢崎のファインセーブに遭う。 ▽ハーフタイムにかけては、名古屋が押し気味に試合を進める。しかし、玉田、シモビッチに良質なボールを供給しきれず、試合はゴールレスのまま前半を終える。 ▽後半も拮抗した展開。山形は59分、風間が蹴った右CKに正面の瀬沼が頭で合わせる。しかし、これはわずかに枠の上にはずれる。 ▽さらに山形は65分、汰木のスルーパスからボックス左でフリーとなった山田がGKとの一対一を制するも、ここはオフサイドの判定が下され、ゴールとはならない。 ▽その後、両者共に勝ち点3を目指すも、決定打を欠いてスコアは動かず、そのまま試合終了。両者が勝ち点を分け合っている。 2017.05.07 16:10 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング