超ワールドサッカー

名古屋グランパス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 名古屋 31 9 4 6 32 28 4 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
18:30
明治安田生命J2リーグ
第20節
名古屋 vs 長崎
2017-07-01
19:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
湘南 vs 名古屋
2017-07-08
18:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
名古屋 vs 徳島
2017-07-16
18:00
明治安田生命J2リーグ
第23節
名古屋 vs 山形
2017-07-22
18:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
京都 vs 名古屋

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.17
14:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
福岡 3 - 1 名古屋
2017.06.10
15:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
東京V 2 - 1 名古屋
2017.06.03
14:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
名古屋 2 - 3 金沢
2017.05.27
18:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
横浜FC 1 - 2 名古屋
2017.05.21
16:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
愛媛 1 - 2 名古屋

基本データ

正式名称:名古屋グランパス

原語表記:NAGOYA Grampus

ホームタウン:名古屋市

チームカラー:レッド

関連ニュース

thumb

新潟が名古屋DF大武峻を完全移籍で獲得「残留と言う大きな目標に向かってすべて出し尽くす」

▽アルビレックス新潟は23日、名古屋グランパスのDF大武峻(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽大武は福岡大学から特別指定選手を経て、2015年に名古屋へと入団。特別指定選手ながら当時指揮を執っていた西野朗監督に評価され、開幕スタメンを掴むなどJ1で12試合に出場。2年目の2015年は7試合の出場に留まったものの、2016年は20試合に出場。しかし、クラブ史上初のJ2降格となった。 ▽今シーズンからチームを率いる風間八宏監督の下では出場機会に恵まれず、ここまで明治安田生命J2リーグで1試合の出場に留まっている。大武は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「アルビレックス新潟のファン・サポーターの皆さんこんにちは、名古屋グランパスから来ました大武峻です。J2で出場機会のなかった私に、チャンスを与えてくださったアルビレックス新潟の皆さんに本当に感謝しています」 「現在のチームの状況はよく理解しています。まずは残留と言う大きな目標に向かって、自分の持てる力をすべて出し尽くして、チームに貢献できればと思っています」 「厳しい戦いが続くと思いますが、選手、スタッフ、サポーターが一丸となれば、必ずこの苦境を乗り越えられると思いますので、引き続き素晴らしいサポートをよろしくお願いします!」 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスのファン・サポーターの皆さん、クラブに関わるスタッフ、パートナーの皆さん、特別指定選手の頃から合わせて約3年半、本当にお世話になりました。プロサッカー選手としての人生を名古屋グランパスという歴史ある素晴らしいクラブでスタートできたことを本当に誇りに思っていますし、名古屋グランパスで過ごした時間や経験は僕にとってのかけがえのない財産です」 「昨シーズン、名古屋グランパスを初めてJ2に降格させてしまい非常に責任を感じていますし、だからこそ今シーズン、1年でのJ1復帰に向けて全身全霊をかけて貢献していこうと思っていましたが、全くチームの力になれない今の自分にとても悔しさと怒りを感じています。そして、サポーターの皆さんには本当に申し訳なく思っています」 「チームがJ1昇格に向けて頑張っている時に退団することは非常に迷いました。しかし、自分自身の成長のため、環境を変えて新たなチャレンジをしようと決断しました。6月23日をもってグランパスを離れることになりますが、グランパスというクラブは僕の心の中に残り続けますし、これからも応援しています。またいつの日か成長してこのクラブでプレーできればいいなと思っています。約3年半、本当にありがとうございました」 2017.06.23 15:12 Fri
twitterfacebook
thumb

井原采配的中で福岡首位キープ! 途中出場の石津復帰後ホーム初弾含む2発&城後弾で名古屋に逆転勝利!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節のアビスパ福岡vs名古屋グランパスが17日にレベルファイブスタジアムで行われ、3-1で福岡が勝利した。 ▽前節のジェフユナイテッド千葉戦をゴールレスドローで終えたものの、首位をキープしている福岡(勝ち点34)が、東京ヴェルディ戦を1-2で落として今シーズン初の連敗を喫した4位名古屋(勝ち点31)をホームに迎えた。 ▽上位対決となった一戦。開始直後、まずは累積警告により出場停止となったウェリントンを欠くホームの福岡が、ボックス左へ侵攻したウィリアン・ポッピの左足でファーストシュートを記録する。 ▽その後もサイド攻撃で相手ゴールに迫る福岡だったが、名古屋が一瞬の隙から先制点を奪う。14分、ビルドアップから左サイドでボールを受けた青木が相手最終ラインの裏へスルーパス。これに走り込んだ杉森がボックス左でのキープから右足でゴール前にクロスを送ると、シモビッチが巧みに収めて右足でゴール左へと流し込んだ。 ▽先制点を奪った名古屋は、同点ゴールを狙う福岡にやや押し込まれるも、シュートの場面でしっかり寄せ、チャンスを作らせない。 ▽前半の終盤に差し掛かると、名古屋も次第に応戦。35分、相手最終ラインでの實藤のパスミスを見逃さなかった杉森がゴール前左へと侵攻し、GK兼田をかわして左足でシュートを放つが、これは左サイドネットに嫌われる。さらに38分、青木のロングスローをボックス左で収めたシモビッチも右足でシュートを放つが、今度はGK兼田に阻まれる。 ▽追いつきたい福岡は前半アディショナルタイム4分、右サイドからの岩下のロングスローがファーサイドに流れ、これを實藤が右足でボレーを放つが、枠を捉えられない。 ▽後半に入ると、1点ビハインドで試合を折り返した福岡が敵陣へと侵攻する回数が増加するも、脅威を与えられないもどかしい時間帯が続く。 ▽そうした中、福岡の反撃を許さない名古屋にアクシデント。59分、押谷がウィリアン・ポッピに対して、足裏を見せたスライディングを見舞うと、レッドカードが提示される。 ▽数的有利となった福岡は65分、ウィリアン・ポッピとジウシーニョに代えて、石津と坂田を同時に投入。すると71分、駒野の右CKをゴール前に走り込んだ石津が頭でゴール左隅へと流し込んだ。 ▽石津のチーム復帰後ホーム初ゴールで同点に追いついた福岡は80分にも三門に代えて城後を投入し、逆転を狙う姿勢を見せる。すると83分、敵陣中央左から亀川がボックス左手前で縦パスを供給。これを収めた城後が反転し、左足でシュートを放ち、GK渋谷の頭上を射抜いた。 ▽逆転に成功した福岡は続く後半アディショナルタイム1分、ボックス右手前でパスを受けた石津が松田とのワンツーから中央へ切り込むと、右足を振り抜いてゴール右隅へと突き刺した。 ▽結局、試合は3-1で終了。名古屋に先制を許すも、井原監督の采配に応える石津の復帰後ホーム初ゴールを含む2発と城後の一撃で逆転勝利を飾った福岡が首位をキープしている。対する名古屋は3連敗となった。 2017.06.17 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋がGK楢崎正剛、FW玉田圭司、MF八反田康平の負傷発表…それぞれ2週間以上の離脱に

▽名古屋グランパスは11日、GK楢崎正剛、FW玉田圭司、MF八反田康平の負傷を発表した。 ▽楢崎は3日に行われた明治安田生命J2リーグ第17節のツエーゲン金沢戦で負傷。右下腿三頭筋損傷で全治2〜3週間と診断された。 ▽玉田は8日に行われたチームのトレーニング中に負傷。検査の結果、右ハムストリングス筋損傷で約4週間との診断が下された。 ▽最後に、八反田は10日に行われた明治安田生命J2リーグ第18節の東京ヴェルディ戦で負傷。玉田と同じく右ハムストリングス筋損傷で約4週間の離脱が見込まれている。 ▽現在2連敗中の名古屋は、勝ち点31でJ1昇格プレーオフ圏内の4位に位置。17日に行われる次節は、首位に立つアビスパ福岡とのアウェイゲームに臨む。 2017.06.11 18:50 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場ドゥグ&橋本が躍動! 東京Vが2分間の逆転劇で4戦ぶり白星! 名古屋は決定力欠き今季初の連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第18節の東京ヴェルディvs名古屋グランパスが10日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが2-1で勝利した。 ▽6位東京V(勝ち点27)と、3位名古屋(勝ち点31)による2008年以来のオリジナル10対決。前節、松本山雅FCとのアウェイゲームを1-1のドローで終え、連敗をストップしたホームの東京Vは、4試合ぶりの白星を目指す今節に向けて先発2人を変更。脳震とうの影響でベンチ外の高木善に代わって梶川、ドウグラス・ヴィエイラに代わって高木大が先発に入った。一方、ツエーゲン金沢相手に逆転負けを喫した名古屋は、先発3人を変更。負傷のGK楢崎に代わって、GK渋谷が移籍後初先発を飾り、同じく負傷の玉田に代わって八反田、酒井に代わって中盤が本職の小林がセンターバックに入った。 ▽今季最多となった観客席の後押しを受けて集中した入りを見せた東京Vは、相手の急造守備陣の背後を積極的に狙う攻撃が機能。11分にはボックス左に抜け出した高木大がGK渋谷をかわして中央へ折り返すが、これは味方に合わない。 ▽一方、青木や和泉の仕掛けを軸にゴールチャンスを窺う名古屋は15分、ボックス付近での細かい繋ぎから田口がシモビッチの足元にボールを入れる。この落としを受けた杉森が右足のコントロールシュートを放つと、これがゴール左上隅に決まり、アウェイチームが先制に成功する。 ▽失点以降、前がかりになって攻勢に出る東京Vは、人とボールを同時に見きれない相手守備陣の隙を突いて高木大や渡辺がボックス内に抜け出しては際どいシーンを作るが、なかなか決定的なシュートを打てない。一方、前がかりな相手に対して追加点を狙う名古屋は25分、ボックス左角の和泉が精度の高いシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。 ▽何とか前半のうちに追いつきたい東京Vは42分、ボックス手前で渡辺、高木大、渡辺とダイレクトプレーで梶川にシュートチャンスを演出。これを梶川が抑えの利いた見事な右足のミドルシュートでゴール左下隅を射抜く。だが、オフサイドラインに居た高木大がプレーに関与したとの微妙な判定でゴールは認められず。前半は名古屋の1点リードで終了した。 ▽迎えた後半、名古屋が立ち上がりに攻勢をかける。開始2分に裏へ抜け出した杉森がGKと一対一を迎えるが、これは枠の左に外れる。続く52分にはボックス右でルーズボールに反応した八反田がGKを引き付けて折り返したボールに、中央でフリーの杉森が合わすが、今度はクロスバーを叩く。さらに57分にも中央突破した杉森に決定機が訪れるが、これも決め切れない。 ▽相手の決定力不足に助けられた東京Vは、後半立ち上がりに高木大に代えて投入したドウグラスが大きな仕事を果たす。65分、右サイドを突破したアラン・ピニェイロのクロスをファーサイドに流れたドウグラスが打点の高いヘディングで叩き込み、東京VにとってJ2通算600点目となるメモリアルゴールで追いつく。 ▽この同点直後に渡辺を下げて橋本を投入すると、この交代が今度は逆転ゴールをもたらす。67分、橋本からの絶妙な縦パスをボックス手前で見事なタッチで収めたドウグラスがGKとの一対一を制し、わずか2分間で試合を引っくり返した。 ▽一方、まずい試合運びで逆転を許した名古屋は、68分に古巣対戦となる杉本、71分には佐藤と負傷明けの永井をピッチに送り出し、前線に4人のアタッカーが並ぶ攻撃的な布陣でゴールを目指す。だが、シンプルにアラン、ドウグラスを背後に走らせる相手のカウンターに苦戦し、なかなか攻め切れない。 ▽それでも、試合終盤にかけて決死の猛攻を見せる名古屋は、90分に宮原のクロスをシモビッチが頭で合わすが、これはGK柴崎の好守に遭う。さらに94分にはボックス内で佐藤の落としを受けたシモビッチが左足でシュートを放つが、今度は左ポストを叩き万事休す。 ▽ドウグラスと橋本の投入で流れを変え、見事な逆転勝利を飾った東京Vが、名古屋とのオリジナル10対決を制し、4試合ぶりの白星を手にした。一方、再三の決定機を決め切れず、逆転負けの名古屋は今季初の連敗となった。 2017.06.10 18:25 Sat
twitterfacebook
thumb

早稲田大学MF秋山陽介が来季加入内定の名古屋に特別指定で加入

▽名古屋グランパスは6日、早稲田大学ア式蹴球部所属のMF秋山陽介(22)を2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として受け入れることが、日本サッカー協会(JFA)に承認されたことを発表した。 ▽秋山は、ジェフユナイテッド市原・千葉の下部組織出身で、流通経済大学付属柏高校から早稲田大学へと進学。名古屋の公式サイトで「パス・ドリブル・シュート全てにおいて高いレベルにあり多くのポジションで力を発揮することができる」とプレーの特徴を紹介されていた秋山は、今月1日に来シーズンからの加入内定が発表されていた。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.06 17:41 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング