名古屋グランパス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 名古屋 9 2 3 10 14 30 -16 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-07-18
19:30
明治安田生命J1リーグ
第16節
浦和 vs 名古屋
2018-07-22
18:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
名古屋 vs 広島
2018-07-28
18:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
名古屋 vs 札幌
2018-08-01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
仙台 vs 名古屋
2018-08-05
18:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
名古屋 vs G大阪

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.20
14:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
名古屋 2 - 3
2018.05.16
19:00
YBCルヴァンカップ Cグループ
最終節
G大阪 1 - 4 名古屋
2018.05.12
14:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
長崎 3 - 0 名古屋
2018.05.09
19:30
YBCルヴァンカップ Cグループ
第5節
浦和 2 - 0 名古屋
2018.05.05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
名古屋 1 - 1 横浜FM

基本データ

正式名称:名古屋グランパス

原語表記:NAGOYA Grampus

ホームタウン:名古屋市

チームカラー:レッド

関連ニュース

thumb

中谷進之介、約13年半在籍した柏に別れ…最下位・名古屋へ完全移籍!

▽名古屋グランパスは20日、柏レイソルからDF中谷進之介(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽小学4年生から柏下部組織に在籍していた中谷は、2014年にトップチームに昇格した。2016シーズンからレギュラーに抜擢され、若くしてディフェンスリーダーへと成長すると同年にはJリーグ優秀選手賞を受賞。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに7試合、AFCチャンピオンズリーグに6試合出場していた。 ▽名古屋への移籍を決断した中谷は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「柏レイソルから加入しました中谷進之介です。難しい決断でしたが、自分がさらにひと回り成長するために 今回の移籍を決めました。名古屋グランパスの勝利に貢献できるよう日々頑張りますので応援よろしくお願いします」 ◆柏レイソル 「今回、このシーズン途中のタイミングではありますが、名古屋グランパスへの移籍を決断しました。小学4年生から約13年半、自分を育てていただいた柏レイソルを離れるというのは、自分にとって非常に大きいことですし、大変悩みました」 「ただ、自分自身でもうひと回りもふた回りも成長しなければと考えて、慣れ親しんだこのクラブを離れ、新しく挑戦することを決めました。アカデミー時代からトップチームに昇格してからの長い間、未熟な自分を見守ってくださったサポーターのみなさんやコーチのみなさんをはじめ、自分に関わっていただいた方々には感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました」 2018.06.20 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「報道は真実ではない」ジョー、コリンチャンス復帰希望の噂否定で名古屋残留を明言

▽名古屋グランパスに所属する元ブラジル代表FWジョー(31)が、コリンチャンス復帰の噂について否定している。 ▽昨シーズンコリンチャンスでブラジル選手権34試合18ゴールを記録してチームの優勝と共に個人では得点王とベストイレブン、最優秀選手賞を受賞したジョーは、2018年に名古屋に加入。今シーズンはここまで公式戦18試合7ゴール1アシストを記録している。そんな同選手が最近最下位に沈むチームに不満を抱いているとされ、コリンチャンス復帰を希望しているとの噂がブラジルメディアによって伝えられた。 ▽これに対してジョーは14日に自身のインスタグラム(jooficial7)で否定。日本での生活に満足していることを明かし、名古屋残留を明言している。 「僕がコリンチャンスへの復帰を希望しているというニュースが出ているが、今それをハッキリさせたい。これは真実ではない。僕には日本のクラブとの契約があり、家族も日本の生活に適応している。報道が伝えているものとは異なり、僕はここで幸せだよ。そして契約を全うするつもりさ。コリンチャンスのファン・サポーターに期待させないために伝える」 2018.06.15 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「ニューヒーロー賞」の第2回投票途中結果…仙台MF茂木駿佑&名古屋MF深堀隼平が得票上位に《YBCルヴァンカップ》

▽Jリーグは28日、2018Jリーグ YBCルヴァンカップの「ニューヒーロー賞」第2回途中集計結果を発表した。 ▽「ニューヒーロー賞」の対象は、21歳以下(大会開幕当時)の選手。グループステージから準決勝まで各試合会場で実施する報道関係者の投票をもとに決定される。 ▽今回、ベガルタ仙台のMF茂木駿佑と名古屋グランパスのMF深堀隼平が新たに得票上位に。グループステージ突破チームから6名がノミネートしている。 ◆ニューヒーロー賞 得票上位選手 MF椎橋慧也(20/ベガルタ仙台)-[A]★ DF常田克人(20/ベガルタ仙台)-[A]★ MF茂木駿佑(21/ベガルタ仙台)-[A]★※ MF久保建英(16/FC東京)-[A] MF山田康太(18/横浜F・マリノス)-[A]★ FW菅大輝(19/北海道コンサドーレ札幌)-[B] FW森晃太(20/ヴァンフォーレ甲府)-[B]★ DF荻原拓也(18/浦和レッズ)-[C]★ MF深堀隼平(19/名古屋グランパス)-[C]※ MF森島司(20/サンフレッチェ広島)-[C] MF名倉巧(19/V・ファーレン長崎)-[D] ※→新たに上位に入った選手 ★→プレーオフステージ進出チーム 2018.05.28 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

名古屋、早稲田大MF相馬勇紀の来季加入内定を発表「人生で1度だけエスコートキッズをしたチームがグランパスでした」

▽名古屋グランパスは28日、早稲田大学に所属するMF相馬勇紀(21)の来シーズン加入が内定したことを発表した。 ▽相馬は三菱養和SCユースから早稲田大学に進学。身長165㎝、体重66㎏のミッドフィルダー。クラブは同選手の特徴に「スピード、パワーを生かした1vs1の強さ、精度の高い強烈なシュート、プレースキック」を挙げている。 ▽名古屋への来季加入が内定した相馬は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「初めまして来季、名古屋グランパスに加入することになりました相馬勇紀です。私の特徴はスピードを生かしたドリブル、キックなので、そこに注目してもらいたいです。チームに直接的な結果で貢献できるよう頑張ります」 「私が人生で1度だけエスコートキッズをしたチームが名古屋グランパスでした。2004年9月18日の東京ヴェルディvs名古屋グランパスの試合です。初めてスタジアムのピッチに立ち感動し、ここに立ちたいと思いました。14年後の今、あの時見た憧れのチームに入ることができ、本当に嬉しく思います。ただ加入がゴールだとは全く思っていません。1日1日を大切に謙虚に上を見続け頑張ります」 「私は小学1年生の時に三菱養和SCに入り、サッカーを始めました。高校卒業までの12年間、養和で天真爛漫に育てていただきました。その後、早稲田大学に進学し、4年間の間にとても多くのことを学びました。まずは人間として、選手として様々な面で本当に成長することができました。自分として出来ることは、残りの学生生活及び卒業後のプロ生活の中で、学生生活や大学スポーツをしてきたからこそ学ぶことができた経験を生かし、責任と誇りを持って、これからも取り組んでいきたいと思います。ファン・サポーターの皆さま、どうぞよろしくお願いします」 2018.05.28 10:56 Mon
twitterfacebook
thumb

加藤新体制の柏が初陣白星! 名古屋13戦未勝利《J1》

▽20日に豊田スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第15節の名古屋グランパスvs柏レイソルは、アウェイの柏が3-2で勝利した。 ▽最下位に沈む名古屋は、特別指定選手の児玉が先発。さらに、玉田が今シーズン初先発を飾った。13位の柏は、今節が加藤新監督の初陣に。中盤の底に中山を起用されている。 ▽試合は、立ち上がりから激しい攻防戦となる。その中で、ガブリエル・シャビエルが左足シュートを放つなど積極的な入りを見せた名古屋だが、柏守備陣 の粘り強い対応に遭う。 ▽すると、柏は16分に試合を動かす。ボックス右深くに侵攻した小泉がマイナス方向にパス。伊東のシュートが相手に引っかかったところ江坂が押し込み、柏が先制に成功した。 ▽リードを許した名古屋だが、35分にカブリエル・シャビエルの左FKをワシントンが頭でフリック。和泉の右足ダイレクトで合わせたシュートが右ポスト内側に叩いてゴールラインを割るが、オフサイドの判定となる。 ▽それでも、41分、切れ味鋭いドリブルで小池を突破した玉田がボックス左深くに侵攻。マイナス方向にパスを送ると、待ち構えるジョーが押し込み、名古屋が試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれた柏だが、後半開始早々に手にしたセットプレーのチャンスを生かす。47分、クリスティアーノの右CKから中山のヘディングシュートがゴール左に決まり、柏が再びリードした。 ▽勝ち越した柏は続く56分、バックパスを試みた畑尾に伊東がプレッシャー。こぼれ球を拾った江坂が相手Gkとの一対一に持ち込み、左足のシュートを冷静にゴール右隅に沈めた。 ▽引き離された名古屋だが、64分にボックス右深くで味方の浮き球パスを受けたガブリエル・シャビエルが中央にラストパス。ゴール前の玉田が合わせて、名古屋が1点差に詰め寄る。 ▽終盤も押し込まれる展開に続いた柏だが、1点のリードを守り抜いて新体制の初陣を白星で飾り、3試合ぶりの勝ち点3。名古屋は2連敗となり、13戦未勝利で中断期間を迎えた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.20 15:57 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング