名古屋グランパス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 名古屋 66 20 6 12 78 60 18 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-10-29
16:00
明治安田生命J2リーグ
第39節
名古屋 vs 群馬
2017-11-05
13:00
明治安田生命J2リーグ
第40節
岡山 vs 名古屋
2017-11-11
14:00
明治安田生命J2リーグ
第41節
名古屋 vs 千葉
2017-11-19
16:00
明治安田生命J2リーグ
第42節
讃岐 vs 名古屋

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.10.21
19:00
明治安田生命J2リーグ
第38節
長崎 1 - 1 名古屋
2017.10.15
14:00
明治安田生命J2リーグ
第37節
名古屋 3 - 2 湘南
2017.10.07
15:00
明治安田生命J2リーグ
第36節
山口 1 - 3 名古屋
2017.10.01
15:00
明治安田生命J2リーグ
第35節
岐阜 2 - 6 名古屋
2017.09.24
17:00
明治安田生命J2リーグ
第34節
名古屋 4 - 1 東京V

基本データ

正式名称:名古屋グランパス

原語表記:NAGOYA Grampus

ホームタウン:名古屋市

チームカラー:レッド

関連ニュース

thumb

“魔法使い”シャビエル負傷交代も…名古屋4連勝! 湘南のJ1昇格はお預け《J2》

▽15日に行われた明治安田生命J2リーグ第37節の名古屋グランパスvs湘南ベルマーレは、ホームの名古屋が3-2で勝利した。 ▽3連勝中で4位につける名古屋(同62)のホームに乗り込んだ2連勝中の12戦負けなしで首位に立つ湘南(勝ち点77)。名古屋に勝てば、他会場のV・ファーレン長崎vsレノファ山口FCの結果次第でJ1自動昇格圏内の2位以内が確定する試合となる。 ▽試合は開始4分、名古屋にファーストチャンス。ボックス左に流れながらスルーパスを受けた玉田が中央にグラウンダーの折り返しを入れると、スペースに潜り込んだ“魔法使い”ガブリエル・シャビエルがワンタッチ。これが決まり、名古屋があっさり先制した。 ▽ガブリエル・シャビエルにシーズン7得点目を許した湘南は、失点後も守勢に回るが、27分に追いつく。セットプレー崩れから秋野が左足でクロスを供給すると、山田が胸でフリック。ゴール前の菊地が右足のハーフボレーを沈め、湘南がスコアをタイに戻した。 ▽流れを引き寄せた湘南は40分、ドラガン・ムルジャのパスに反応した石川がバイタルエリア中央の菊地にボールを供給。収めた菊地が対面するDFをかわして右足でシュートを放つと、これがゴール右隅に決まり、湘南が逆転に成功した。 ▽だが、後半の頭から佐藤に代えてシモビッチを投入した名古屋は50分、和泉が左サイドから右足でクロスを供給。胸トラップでボールを収めたシモビッチが振り向きざまに左足のボレーシュートを決め、名古屋が早々に試合の行方をイーブンに戻した。 ▽続く54分には、バイタルエリア右で名古屋にFKのチャンス。キッカーのガブリエル・シャビエルはショートパスを選択すると、田口は右足ダイレクトでシュートを放つ。グラウンダーのボールをゴール前の玉田がプッシュし、名古屋が一気に形勢を逆転した。 ▽ところが、71分には今夏加入後、7ゴール14アシストの驚異的な数字をマークするガブリエル・シャビエルが左足太ももを痛めて負傷交代。名古屋に嫌な空気が流れる中、湘南は藤田、松田、石川に代えて、松田、野田、下田を立て続けに投入するが、好機を導き出せない。 ▽結局、玉田のゴールが決勝点となり、首位を走る湘南とのシーソーゲームを制した名古屋が4連勝。13試合ぶりの黒星を喫した湘南のJ1昇格はお預けとなっている。 2017.10.15 15:58 Sun
twitterfacebook
thumb

完勝の金沢が名古屋にシーズンダブルで11戦ぶり勝利! 守備崩壊名古屋は4戦未勝利で6位転落…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第33節のツエーゲン金沢vs名古屋グランパスが17日に石川県西部緑地公園陸上競技場で行われ、ホームの金沢が3-1で勝利した。 ▽前節、大分トリニータを相手に競り負けた名古屋は3戦未勝利で4位に転落。4戦ぶりの白星を目指す今節は、前十字じん帯断裂で今季絶望となった新井に代わって櫛引を3バックの一角で起用。その一方で、体調不良から快復した青木が先発に復帰するなど、若干のメンバー変更を行った。 ▽対する降格圏の21位レノファ山口と勝ち点5差の19位に位置する金沢は、3連敗で10戦未勝利と厳しい状況が続く。前回対戦で競り勝った名古屋との一戦に向けては、出場停止のビョン・ジュンボンに代えて作田を起用した以外、前節の横浜FC戦と同じメンバーを起用した。 ▽立ち上がりからアウェイの名古屋が押し込む中、3分にはカウンターで中央を持ち上がった小柳が際どいミドルシュートを放ち、劣勢のホームチームが最初の決定機を作る。すると6分、前線へのフィードに対して反応した宮崎がボックス内でDF和泉に覆いかぶされる形で倒され、PKを獲得。これを宮崎が自ら冷静に左隅へ蹴り込み、ホームの金沢が先制に成功した。 ▽格下相手に先制を許した名古屋は、ガブリエル・シャビエルや田口を起点にすぐさま反撃を試みる。杉森、青木、シャビエルとボックス付近で際どいシュートを放っていくが、GK白井の好守に遭う。さらに、34分にはシャビエルのスルーパスに抜け出した杉森がボックス左角度のないところからシュートを狙うが、白井にコースを消されてしまう。 ▽一方、70パーセントを超えるボールポゼッションを許すも粘り強い守備で跳ね返す金沢は、宮崎や杉浦のスピードを生かした鋭いカウンターから幾つか決定機を作るが、中美や杉浦のシュートは枠を捉え切れず、前半のうちにリードを広げることができなかった。 ▽迎えた後半、両チームのベンチはハーフタイム明けに動く。1点リードの金沢は杉浦に代えて山崎、ビハインドを追う名古屋は杉森を下げて秋山を投入。すると、この選手交代が試合を動かす。58分、直前のプレーで金沢にポスト直撃の決定機を許した名古屋は素早い反撃からボックス中央で青木が粘ってマイナスに落としたボールを秋山が見事な左足の弾丸シュートでゴール右隅を射抜き、Jリーグ初ゴールを奪った。 ▽早稲田大学からの特別指定で加入の秋山の値千金弾で試合を振り出しに戻した名古屋は、ここから一気に逆転を目指すが青木がGKとの一対一を外すなど、早々の逆転ゴールとはならない。 ▽一方、苦しい展開が続く金沢は71分、宮崎を下げて金子を投入すると、この交代策が試合の流れを変える。72分、右サイドで山崎からのクロスがゴール前に入ると、これを佐藤洸が収めて金子に短くパスを出すと、金子のダイレクトシュートが決まり、金沢が勝ち越し。さらに直後の74分には右サイドをえぐった石田からのクロスを佐藤洸が打点の高いヘディングで合わせ、瞬く間にリードを広げた。 ▽悪癖の連続失点で一気に2点のビハインドを背負った名古屋は、佐藤寿に代えて押谷を投入。ここから反撃に出るが、集中した守備から鋭いカウンターを仕掛ける金沢相手にペースを掴み切れない。試合終盤にかけてはシャビエルとシモビッチの個の力でゴールをこじ開けにかかるが、試合はこのままタイムアップ。名古屋に完勝でシーズンダブル達成の金沢が連敗を「3」でストップすると共に、11戦ぶりの白星を手にした。一方、守備崩壊で連敗の名古屋は4戦未勝利で6位に転落した。 2017.09.17 19:01 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋DF新井一耀が全治6〜8カ月の重傷…今夏横浜FMから期限付き移籍加入

▽名古屋グランパスは12日、DF新井一耀の負傷を発表した。 ▽新井は、9日に行われた明治安田生命J2リーグ第32節の大分トリニータ戦で負傷。MRI検査の結果、左ヒザ前十字じん帯損傷・内側側副じん帯部分損傷・内側半月損傷と診断された。全治6〜8カ月の見込みだ。 ▽新井は今年8月、横浜F・マリノスから期限付き移籍で名古屋に加入。今シーズンのここまで公式戦14試合に出場していた。 2017.09.12 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

攻撃をけん引する名古屋MFガブリエル・シャビエルが8月度のJ2月間MVPに選出《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは11日、8月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J2は名古屋グランパスのMFガブリエル・シャビエルが選出された。ガブリエル・シャビエルは初受賞となる。 ▽ガブリエル・シャビエルは8月に行われた明治安田生命J2リーグで全5試合に出場し2得点を記録。また、チームのほぼ全得点に絡むなど、チームの勝利に貢献した。Jリーグ公式サイトは、ガブリエル・シャビエルのコメントを紹介している。 <span style="font-weight:700;">◆MFガブリエル・シャビエル</span>(名古屋グランパス) 「8月の月間MVPを受賞することができ、とても幸せに思います。まず最初に、チームメイトの皆に感謝したいです。彼らなしには、この受賞はなかったと思います。後半戦の残りの試合もチームメイトと共に良いプレーを続けて、もっとチームに貢献したいです。最後に、名古屋グランパスで初めての受賞というのを聞き、とても光栄に思います」 ▽また、Jリーグはガブリエル・シャビエルの選出について選考委員会による総評を紹介している。 「7月中旬のチーム加入以降、ゲームの要となる選手としてチームに浸透。8月はほぼすべての得点に絡むプレーでその存在感を見せつけた。多彩なキックでチャンスを作るプレーを披露し、味方の決定機を創出して大量得点の供給源に。自身でもゴールを決め、第28節の町田戦で決勝点となるフリーキックを決めるなど、得点源となる期待も感じさせた。多様なプレーイメージを持ってゲームメイクができるのに加え、高い技術で観る者を魅了するプレーは「まるでピッチに魔法をかけている」との高評価を得て、文句なしの選出となった」 2017.09.11 15:42 Mon
twitterfacebook
thumb

名古屋MF八反田康平が右ヒザ後十字じん帯損傷…全治12週間の重傷

▽名古屋グランパスは5日、MF八反田康平の負傷を発表した。 ▽八反田は、2日に行われた明治安田生命J2リーグ第31節の水戸ホーリーホック戦で負傷。MRI検査を受けた結果、右ヒザ後十字じん帯損傷と診断。全治は約12週間とのことだ。 ▽清水エスパルスから今シーズン加入した八反田は、今シーズンはここまでリーグ戦15試合に出場していた。 2017.09.06 00:18 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング