名古屋グランパス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 名古屋 10 3 1 1 7 5 2 5

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
17:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
名古屋 vs 熊本
2017-04-08
14:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
名古屋 vs 讃岐
2017-04-15
14:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
徳島 vs 名古屋
2017-04-22
14:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
名古屋 vs 山口
2017-04-29
19:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
群馬 vs 名古屋

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.26
14:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
松本 1 - 2 名古屋
2017.03.18
14:00
明治安田生命J2リーグ
第4節
名古屋 2 - 1 水戸
2017.03.11
14:00
明治安田生命J2リーグ
第3節
千葉 2 - 0 名古屋
2017.03.04
14:00
明治安田生命J2リーグ
第2節
名古屋 1 - 1 岐阜
2017.02.26
14:00
明治安田生命J2リーグ
第1節
名古屋 2 - 0 岡山

基本データ

正式名称:名古屋グランパス

原語表記:NAGOYA Grampus

ホームタウン:名古屋市

チームカラー:レッド

関連ニュース

thumb

2つのオウンゴールで名古屋が松本に逆転勝利!!《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグ第5節の松本山雅vs名古屋グランパスが松本平広域公園総合球技場でおこなわれ、2-1で名古屋が勝利した。 ▽現在2連勝中で3戦無敗の7位・松本(勝ち点7)が、2勝1分け1敗で8位につける名古屋(勝ち点7)を迎えた一戦。立ち上がりはアウェイの名古屋がボールを持って攻め込み、松本はボールフォルダーに対する素早いプレスからショートカウンターを狙う形で入った。 ▽すると11分に名古屋は左サイドをパス交換で切り崩してクロス。逆サイドでボールを受けた永井が、マーカーをはがしてシュートに持ち込むがGK村山の守備範囲内に飛ばしてしまった。すると15分、ボックス内で仕掛けた田中が内田に倒されて松本がPKを獲得。このチャンスを高崎がしっかりと決めきって、松本が先制に成功した。 ▽追いかける展開となった名古屋は前線のシモビッチにボールを当てるも、そこを松本が囲い込んで起点を作らせない守りを見せるため攻撃を構築できない。逆に26分には右CKから高崎にヘディングシュートを許すなど、松本が試合のペースを握った。 ▽しかし名古屋も37分にFKの流れからワシントンが頭で合わせるもGK村山がセーブ。さらに42分には和泉がボックス手前から放ったシュートが、ドライブ回転がかかりゴールマウスを襲うがここもGK村山が好セーブで切り抜け、前半は松本が1点リードして終えた。 ▽名古屋はハーフタイムで佐藤を下げて杉本を送り出す。すると46分、左サイドでボールを受けた永井が右足のアウトサイドでゴール前にクロスを入れると、足を伸ばして防ぎにいった田中に当たってボールはネットを揺らし、名古屋が早い時間帯でスコアを振り出しに戻した。 ▽このゴールで勢いに乗った名古屋は、さらに攻勢を続ける。しかし松本も勝ち越しまでは許さず、名古屋の攻撃を凌ぎながらカウンターから勝ち越しを目指す。試合終盤にかけては、お互いに選手を入れ替えつつ勝ち越しを目指すと、迎えた88分、ワシントンがボックス右から入れた鋭いクロスが後藤に当たってコースが変わる。これがゴールネットを揺らし、名古屋が2度目のオウンゴールで勝ち越しに成功した。 ▽松本は早めに前線へとボールを運ぼうとするも、焦りからか効果的な攻撃が出来ず試合はそのまま終了。名古屋が2つのオウンゴールで逆転勝利を飾った。 2017.03.26 16:21 Sun
twitterfacebook
thumb

シモビッチ今季初弾の名古屋が水戸下して3試合ぶり白星《J2》

▽18日に行われた明治安田生命J2リーグ第4節の名古屋グランパスvs水戸ホーリーホックは、ホームの名古屋が2-1で勝利した。 ▽ここ2試合で1分け1敗と未勝利の名古屋と、前節黒星の水戸が対峙した。試合を動かしたのはシモビッチ、佐藤寿人、玉田、永井龍が先発の名古屋。25分、左サイドから内田健太が左足でクロスを送ると、ニアサイドの今瀬がクリアを試みる。しかし、これがミスに繋がり、そのままゴールマウスに吸い込まれた。 ▽続く33分には名古屋が追加点。フィードに反応した永井が最終ラインの背後に抜け出す。その流れからボールが中央に折り返されると、正面に詰めたシモビッチがワントラップから冷静に沈めた。 ▽2点リードで後半を迎えた名古屋だったが、一瞬の隙を突かれてしまう。49分、水戸は左CKからバイタルエリア中央の佐藤和弘がルーズボールに反応。佐藤和弘が蹴ったボールを受けた林がネットを揺らした。 ▽しかし、名古屋はその後の一進一退の攻防を無失点で切り抜け、2-1で逃げ切り完遂。シモビッチの今シーズン初ゴールを含む2発の名古屋が3試合ぶりの勝利を手にした。 2017.03.18 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

リーグ戦初の“名岐ダービー”は劇的ドロー! 4発快勝の水戸が今季初勝利!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第2節の名古屋グランパスvsFC岐阜が4日に豊田スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽リーグ戦で初めて実現した名古屋と岐阜による“名岐ダービー”。前節、ファジアーノ岡山との開幕戦を2-0で勝利した名古屋は、開幕2連勝に向けて前節2ゴールの永井龍など、開幕戦と同じ11人を起用。一方、レノファ山口との開幕戦を2-2のドローで終えた岐阜は、センターフォワードに入った風間宏矢が、名古屋を率いる実父の風間八宏監督と初の親子対決に臨んだ。 ▽ホームの名古屋が押し込む展開が予想されたものの、立ち上がりからアグレッシブなハイプレスを仕掛ける岐阜を前になかなかペースを握れない。逆に、緩い切り替えの場面を突かれてカウンターを許すと、シシーニョや古橋に際どいミドルシュートを放たれるが、GK楢崎の好守などもあり、失点を免れた。 ▽流れを変えたい風間監督は、33分という早い時間帯に小林に見切りを付けてワシントンを投入。だが、この選手交代も効果を発揮せず、前半をシュート0という低調な内容で終えた。 ▽後半に入っても流れを掴み切れない名古屋は、79分に右サイドから仕掛けた田中にボックス内への侵入を許すと、カットインから左足のシュートをニアに流し込まれ、まさかの先制点を献上。格下相手に負けの許されないチームは、玉田に代えてフェリペ・ガルシアを投入。83分にはゴール前の混戦から佐藤寿、永井と続けて決定機も、相手の身体を張った守備に阻まれる。 ▽その後、切り札のシモビッチを投入し、割り切ったパワープレーでゴールを目指す名古屋は、90分に八反田の左CKをファーサイドの内田が頭で流し込み、土壇場で同点に追いついた。勢いづくホームチームは、勝ち越しゴールを目指すも5分間の追加タイムで試合をひっくり返すまでには至らず。注目の“名岐ダービー”はドロー決着となり、名古屋の開幕連勝はならなかった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170304_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽フクダ電子アリーナで行われたジェフユナイテッド千葉vsモンテディオ山形は、1-1のドローに終わった。それぞれ、FC町田ゼルビア、京都サンガF.C.を相手に開幕戦を勝利で飾った両者が連勝を目指して激突した一戦。 ▽古巣対戦となる木山監督が率いる山形に対して、前半はホームの千葉ペースで進んでいく。エスナイデル監督仕込みのハイライン&ハイプレスで押し込む千葉は、ホルヘ・サリーナスやラリベイに決定機が訪れるが、相手GK児玉のビッグセーブなどに阻まれ、前半のうちに先制点を奪うことができなかった。 ▽迎えた後半、ハーフタイムの修正に加え、相手の出足が鈍ってきたところを突いて流れを掴んだ山形が、53分に先制点を奪う。右サイドを深くえぐった瀬沼がマイナスに折り返したボールを、ボックス中央の南が絶妙な左足のワンタッチでファーに流す。これを阪野が泥臭くスライディングで押し込んだ。 ▽ホームで先制を許した千葉だったが、すぐさま反撃を開始。すると60分、ラリベイがボックス内で本田に倒されてPKを獲得。これをキッカーの船山が冷静に決め、早い時間帯に追いついた。 ▽その後は試合終盤まで拮抗した展開が続いた中、千葉はラリベイ、山形は汰木らに決定機が訪れたものの、互いに最後の精度を欠き、試合は1-1のままタイムアップ。開幕連勝を目指した両者による一戦は、痛み分けの結果に終わった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170304_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽ケーズデンキスタジアム水戸で行われた水戸ホーリーホックvsツエーゲン金沢は、ホームの水戸が4-0で圧勝した。 ▽それぞれ、湘南ベルマーレ、愛媛FCを相手に開幕戦を落とした両者による一戦は、立ち上がりから拮抗した展開が続く。その中で35分、右サイドを突破した田向のグラウンダーのクロスを、川崎フロンターレから4年ぶりに復帰した橋本晃が冷静に左足で流し込み、ホームの水戸が先制に成功した。 ▽前半を1点リードで折り返した水戸は、61分にも林が移籍後初ゴールを記録し、追加点を奪取。直後の62分には相手のオウンゴールで突き放し、試合を決定付けた。その後、84分に途中出場の前田にJリーグ初ゴールが生まれた水戸は、ホームで金沢に4-0の圧勝。嬉しい今季初勝利を飾った。 2017.03.04 18:13 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋GK武田洋平に第二子となる次女が誕生

▽名古屋グランパスは23日、GK武田洋平に第二子となる次女が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、武田の次女は12日に誕生したとのことだ。武田はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、次女が無事に生まれたことを本当に嬉しく思います。頑張って出産してくれた妻には、何よりも感謝しています。今後はこれまで以上に責任感を持ち、人として、父として、そして選手として 日々向上心をもち続けたいと思います。育児にも積極的に励み、幸せな家庭を作れればと考えています。これからも変わらぬご声援よろしくお願いします」 ▽2016年に名古屋に加入した武田は、昨シーズンの明治安田生命J1リーグに7試合に出場している。 2017.02.23 20:09 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋を退団していたDF安田理大が韓国2部の釜山アイパークへ完全移籍

▽Kリーグ・チャレンジ(韓国2部)の釜山アイパークは8日、名古屋グランパスを退団していた元日本代表DF安田理大(29)の獲得を発表した。 ▽安田はガンバ大阪の下部組織出身で、2006年にG大阪ユースからトップチームに昇格。左サイドバックのレギュラーとしてプレーすると、2011年1月にフィテッセへと完全移籍。当初はレギュラーとプレーしたが、徐々に出場機会を失い、2013年9月にジュビロ磐田へと移籍した。 ▽磐田では3カ月のプレーに終わると、2014年はサガン鳥栖、2015年はヴィッセル神戸、2016年は名古屋とチームを渡り歩いていた。J1通算185試合2得点、エールディビジでは45試合に出場した。また、日本代表としても7キャップを記録している。 ▽安田は釜山の公式サイトを通じてコメントを発表している。 「韓国の舞台は初挑戦となります。韓国サッカーはフィジカル的な要素を多く必要とされますが、そこには自身があります。釜山という良いチームに来られたことは幸せですし、すぐにチームに適応して、1シーズンを戦い、歴史を作る選手として記憶されたいです」 ▽釜山には昨シーズン途中までMF渡邉大剛(現カマタマーレ讃岐)が所属。昨シーズンはKリーグ・チャレンジで5位に終わっており、今シーズンはKリーグ・クラシック(韓国1部)昇格を目指す。 2017.02.08 11:11 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング