超ワールドサッカー

清水エスパルス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 清水 14 3 5 4 16 18 -2 12

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-05-24
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第6節
大宮 vs 清水
2017-05-27
14:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
清水 vs 横浜FM
2017-05-31
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第7節
清水 vs FC東京
2017-06-04
13:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
清水 vs FC東京
2017-06-17
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
C大阪 vs 清水

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
14:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
浦和 3 - 3 清水
2017.05.14
13:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
清水 1 - 1 鳥栖
2017.05.10
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第5節
清水 2 - 4 磐田
2017.05.05
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
G大阪 1 - 1 清水
2017.04.30
13:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
清水 0 - 3 仙台

基本データ

正式名称:清水エスパルス

原語表記:SHIMIZU S-PULSE

ホームタウン:静岡市

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

興梠ハットも清水との打ち合いを制せず…ホーム浦和は手痛いドローで首位陥落《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節の浦和レッズvs清水エスパルスが20日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-3の引き分けに終わった。 ▽ここまで7勝1分け3敗で首位を走る浦和(勝ち点22)と、3勝4分け4敗で12位につける清水(勝ち点13)が激突した。前節のアルビレックス新潟戦を6-1で大勝し、首位に返り咲いた浦和はその一戦から先発メンバーを1人のみ変更。新潟戦で負傷交代となったラファエル・シルバに代えて李を起用した。また、第10節の鹿島アントラーズ戦で不適切な発言があったとして2試合の出場停止処分を受けた森脇はこの試合も出場できない。 ▽一方、前節のサガン鳥栖戦を1-1で引き分け、2連続ドロー中の清水も前節からの先発メンバーの変更は1人のみ。犬飼に代えて角田を起用した。 ▽試合は開始直後、ホームの浦和が清水ゴールを脅かす。1分、ボックス左外からの関根のクロスを収めた李がポストプレー。ボックス内の興梠が左足でシュートを放つも、これは右ポストに嫌われる。 ▽対する清水は15分、左サイドからの鄭大世のパスを受けた白崎がボックス手前から右足を振り抜くが、わずかにゴール左へ外れる。 ▽その後も両サイドから敵陣へと迫る浦和は24分、先制に成功する。ボックス左外でパスを受けた関根のカットインシュートが相手DFのブロックに防がれると、こぼれ球となった浮き球がゴール前へ。これを興梠がオーバーヘッドで左足を合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽その後も浦和が先制点を奪った勢いそのままに清水を畳みかけるが、追加点を奪うことはできず、1-0で浦和がリードして試合を折り返す。 ▽後半に入っても攻勢を続ける浦和は57分に追加点を奪う。ボックス右外でパスを受けた駒井が縦への仕掛けからクロスを供給。これをファーサイドに走り込んだ興梠が頭で合わせ、ゴール左隅へ流し込んだ。 ▽リードを2点に広げられた清水がここから反撃を見せる。64分、チアゴ・アウベスのパスを受けた鄭大世がボックス左手前での巧みなキープ。そのまま左足を豪快に振り抜いてゴール右隅へと突き刺した。さらに69分、ボックス右へと侵攻したチアゴ・アウベスのパスをゴール前中央のミッチェル・デュークがダイレクトでシュートを放つと、これは右ポストに嫌われるも、こぼれ球を鄭大世が押し込んだ。 ▽立て続けにゴールを奪い、ついに試合を振り出しに戻した清水は、試合の流れを手繰り寄せる。すると71分、ボックス右手前でロングパスを受けたチアゴ・アウベスが中央へと切り込み、左足で丁寧にシュート。コントロールされたボールはゴール左上隅に吸い込まれ、逆転に成功する。 ▽試合を引っくり返された浦和だが、直後にホームの意地を見せる。74分、駒井の縦パスを興梠がスルーすると、関根がボックス手前でのキープからボックス中央やや右へラストパス。これに走り込んだ興梠がGK六反との一対一を制し、ハットトリックですぐさま同点とする。 ▽このゴールで試合が一気にオープンな展開になる。まずは清水が82分、カウンターから途中出場の北川がボックス左へ侵攻し、GK西川と一対一を迎えるも、決め切ることができない。対する浦和は83分、駒井のロングボールで左サイドを突破した興梠のクロスを途中出場のズラタンが飛び込むも、合わせることができない。 ▽終盤、6分という長いロスタイムが設けられるも、両者に勝ち越しゴールは生まれず、3-3で試合終了。アウェイの清水は首位相手に貴重な勝ち点1を獲得。対する浦和はホームで手痛いドローを喫し、首位陥落となった。 2017.05.20 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

清水に痛手…今季リーグ戦全試合出場のDF犬飼智也が左ヒザの負傷で4週間の離脱

▽清水エスパルスは15日、DF犬飼智也の負傷を発表した。 ▽犬飼は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節のサガン鳥栖戦で負傷。静岡市内の病院にて検査をおこなった結果、左ヒザ骨挫傷および膝窩筋(しっかきん)腱損傷と診断。全治約4週間とのことだ。 ▽鳥栖戦に先発出場した犬飼は、68分に相手選手と交錯。足を痛めピッチに倒れ込み、71分に角田誠と交代していた。今シーズンの犬飼は、明治安田生命J1リーグで全11試合に出場していた。 2017.05.15 14:56 Mon
twitterfacebook
thumb

水野晃樹が後半ATに同点弾! 清水vs鳥栖はドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第11節の清水エスパルスvsサガン鳥栖が14日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-1で引き分けた。 ▽ここまで3勝3分け1敗で14位に位置する清水と、4勝2分け4敗で10位の鳥栖が相まみえた。清水は、1-1で引き分けた前節のガンバ大阪戦と同様のスタメン。一方の鳥栖は、1-0で勝利した前節の横浜F・マリノス戦から、欠場の谷口と豊田に代えて青木とイバルボを起用した。 ▽試合は序盤、一進一退の攻防で進む。そんな中、試合を動かしたのは清水の新戦力だった。23分、バイタルエリアで鄭大世が潰れると、こぼれたボールをチアゴ・アウベスが左足で叩く。強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さり、チアゴ・アウベスの直近6試合4得点目となるスーパーゴールで清水が先行する。 ▽ハーフタイムにかけては鳥栖が反撃に転じると、31分にビッグチャンス。ボックス右で鎌田がボールを収めると、付近でパスを受けた趙東建がシュートに持ち込む。しかし、これはGK六反のセーブに遭う。さらに40分にはボックス右の趙東建から近くでボールを受けた原川がシュートに持ち込んだが、これは枠を捉えることができなかった。 ▽迎えた後半も好勝負が展開される。清水は59分、枝村の縦パスからボックス左に抜けた白崎がチャンスを迎えるも、シュートブロックに遭ってこれを生かせない。さらに62分にはビッグチャンス。相手最終ラインのキム・ミンヒョクのミスを突いてボールを奪った鄭大世がGKとの一対一を迎えたが、枠を捉えたシュートはGK権田のビッグセーブに阻まれた。 ▽終盤、清水は犬飼が負傷のため角田と交代。一方、鳥栖はイバルボ、福田に代えて池田、水野を投入し、同点弾を目指す。 ▽その後は、リスクを冒して鳥栖がゴールを目指す。すると、試合終了間際に追いつく。アディショナルタイム4分、左サイドから鎌田が中央にボールを入れると、富山が触って、正面の水野へ。水野が、飛び出してきたGK六反を冷静にかわし、ネットを揺らした。 ▽そして、試合はそのまま1-1で終了。両者が勝ち点を分け合っている。 2017.05.14 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田がアダイウトンの2発などで清水との“静岡ダービー”を制する《YBCルヴァンカップ》

▽10日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第5節の清水エスパルスvsジュビロ磐田の“静岡ダービー”がIAIスタジアム日本平で行われ、2-4で磐田が制した。 ▽ここまで3試合を戦い3連敗の清水が、4試合を戦い2勝2敗の4位につける磐田の一戦。清水は北川を1トップに起用するなど、直帰のリーグ戦から11人全員を入れ替えて臨む。一方の磐田はU-20日本代表の小川航を1トップに起用した。 ▽試合は6分、左サイドを抜けた飯田のクロスをボックス内で金子がシュート。しかし、GK志村がなんとかセーブする。 ▽攻め込む清水は18分、長い距離のワンツーから右サイドをフリーで抜け出した村田がクロス。しかし、DFにクリアされてしまう。 ▽さらに20分、左サイドでFKを得た清水は低いクロスを北川がボックス内でバックヘッド。これは枠を捉えるが、GK志村が難なくキャッチする。 ▽なかなか攻め手が見出せない磐田は25分、左サイドでフリーでパスを受けた中村太がクロス。しかし、ボックス内の味方が合わせることができない。 ▽27分には、中村太のクロスを小川がボックス内でシュートも、GK植草がしっかりとセーブする。それでも29分、中村太がボックス手前からクロス。これが流れると、こぼれ球をシュート。これにアダイウトンが合わせ、磐田が先制する。 ▽34分には清水にミスが起きる。村松がヘディングでバックパス。ボックス外で処理しようとしたGK植草からボールをかっさらったアダイウトンが無人のゴールに流し込んで磐田がリードを広げる。 ▽2点を奪われた清水だったが40分、金子がボックス内で藤田に倒されPKを獲得。これを金子自らキッカーを務めると、シュートは左ポストを叩いてネットを揺らし、清水が1点を返す。 ▽磐田が1点リードで迎えた後半、微妙なプレーが起こる。52分、左CKからのクロスをニアサイドに飛び込んだミッチェル・デュークがヘッド。GK志村が何とかセーブも、こぼれ球が混戦となり北川が押し込みネットを揺らす。一旦はゴールが認められたかに思われたが、追加副審や副審への確認を行った結果ノーゴールの判定に。清水のゴールは幻となる。 ▽同点ゴールが取り消された清水だったが直後にゴールを奪う。53分、右サイドのライン際をドリブルで突破した村田が低いクロスを送ると、走り込んだ北川が左足でしっかり決め、清水が今度こそ同点に追いつく。 ▽同点に追いつかれた磐田は55分、左サイドからのクロスのこぼれ球を拾った松井がボックス手前からシュート。これは枠を捉えるも、GK植草の正面に飛びゴールとはならない。 ▽それでも62分、右CKの流れからDFのクリアボールをボックス内で藤田が右足一閃。これが豪快にネットを揺らし、磐田が勝ち越しに成功する。 ▽追いつきたい清水はミッチェル・デュークに代えて白崎、野津田に代えて鄭大世を投入。しかし、次のゴールも磐田に生まれた。84分、アダイウトンからのパスを受けた途中出場の上原が、ボックス内右から豪快に右足一閃。これがネットを揺らし、磐田がリードを2点に広げる。 ▽2点を追う清水だったが、その後は決定機を作ることができず。7分という長いアディショナルタイムでもゴールは生まれず試合終了。磐田が2-4で清水との“静岡ダービー”を制した。なお、清水はグループステージでの敗退が決定している。 2017.05.10 21:16 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、首位浮上のチャンス逸する…倉田同点弾で清水とドロー《J1》

▽5日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第10節のガンバ大阪vs清水エスパルスは、1-1のドローに終わった。 ▽今シーズン2度目の2連勝で勢いに乗る2位のG大阪と、公式戦2連敗中の5戦未勝利で14位に落ち込む清水が激突した。過去の対清水戦で11戦負けなしのG大阪は、長沢とアデミウソンが先発復帰。一方の清水は、竹内とチアゴ・アウベスを今シーズン初めてスタートから起用した。 ▽試合は指揮官の長谷川監督だけでなく、三浦、藤本、長沢といった清水に縁のある選手も多く在籍するG大阪ペース。勝てば首位浮上のG大阪は、ボールを繋ぎながら試合のリズムを掴みにかかるが、対する清水も奪いどころを定めたインターセプトからのカウンターやセットプレーで応戦していく展開となる。 ▽そういった戦況の中、清水は25分に左サイドの松原が左足でクロスを供給すると、ボックス中央の鄭大世が左足で合わせる。しかし、オフサイドの判定。逆に、28分にはG大阪に先制機が巡ってくるが、オ・ジェソクのパスに反応した井手口が右足ダイレクトで狙ったシュートは相手にブロックされる。 ▽その後も、速攻を徹底する清水に危ないシーンを作られながらも攻撃の圧力を強めたG大阪は、38分に堂安の縦パスから倉田、39分に右CKから三浦が清水のゴールマウスに迫る。しかし、いずれも相手守備陣を崩し切れずに空砲。試合はゴールレスでハーフタイムを迎えた。 ▽好ゲームに持ち込んだ清水は49分、松原が左サイド深くでオ・ジェソクからボールを奪い、白崎が左足でクロス。ファーサイドのチアゴ・アウベスが左足ダイレクトでボールをゴール右に沈めた。勢い付いた清水は先制直後、鄭大世、チアゴ・アウベスに連続して決定機。しかし、GK東口の好守に阻まれる。 ▽リードを許したG大阪は56分、藤本、アデミウソンを諦めて泉澤、遠藤の2枚替え。すると、この交代策が実る。57分、この策でプレーエリアを一列前に上げた倉田が堂安のパスを井手口に繋ぎ、そのままボックス内に侵攻。井手口のリターンパスからシュートを突き刺した。 ▽早い時間帯に追いついたことで余裕が生まれたG大阪は、途中出場で3試合ぶりプレーの遠藤を中心に攻撃のテンポを上げていき、終盤にかけて攻勢。しかし、最後まで2点目が遠ったG大阪は、清水と痛み分けに終わり、首位浮上のチャンスを逃している。 2017.05.05 15:55 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング