清水エスパルス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 清水 11 3 2 3 11 10 1 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-26
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第3節
仙台 vs 清水
2017-04-30
13:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
清水 vs 仙台
2017-05-05
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
G大阪 vs 清水
2017-05-10
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第5節
清水 vs 磐田
2017-05-14
13:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
清水 vs 鳥栖

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.21
19:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
川崎F 2 - 2 清水
2017.04.16
13:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
清水 1 - 1 大宮
2017.04.12
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第2節
清水 0 - 1 札幌
2017.04.08
15:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
0 - 2 清水
2017.04.01
15:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
磐田 3 - 1 清水

基本データ

正式名称:清水エスパルス

原語表記:SHIMIZU S-PULSE

ホームタウン:静岡市

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

金子が2万弾の清水、逆転を許すもラストワンプレーで追いつき川崎Fとドロー!《J1》

▽21日に明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレvs清水エスパルスが等々力陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。 ▽第7節終了時点で、3勝1敗3分で6位につける川崎F(勝ち点12)と、3勝3敗1分で9位につける清水(勝ち点10)の一戦。前節のコンサドーレ札幌戦を1-1で引き分け、公式戦を3戦連続ドローと勝ち切れない試合が続く川崎Fは、先発メンバーを3人変更。田坂と長谷川に変えて阿部と大塚を起用した。また、累積警告により出場停止となったハイネルに変えて三好が今シーズン初先発を果たした。 ▽一方、前節の大宮アルディージャ戦を1-1のドローで終え、今季2度目の連勝を飾ることができなかった清水は、先発メンバーを2人のみ変更。二見と村田に変えて角田と枝村を起用した。 ▽J1通算2万ゴールの達成も注目されているこの一戦。試合は川崎Fがボールを支配するも、清水の積極的なプレスに苦しみ、シュートまでつなげられない低調な立ち上がりとなる。 ▽すると、最初に仕掛けたのは清水。7分、金子からのスルーパスを受けた枝村がボックス右からシュートも枠を外す。対する川崎Fは8分、ボックス左外からの小林のクロスを阿部が頭で合わせるも、枠を捉えることができない。 ▽その後は、再び川崎Fがパスを回して相手の隙を探るも、安易なミスが見受けられ、不安定なビルドアップを繰り返してしまう。すると清水が一瞬の隙から先制点を奪う。14分、ボックス右外でパスを受けた鄭大世がゴール前にグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに流れたボールを走り込んだ金子が左足で合わせると、GKチョン・ソンリョンの手を弾いてネットを揺らした。この得点がJ1通算2万ゴール目となった。 ▽先制を許した川崎Fは攻勢を強める。18分、最終ラインからのロングボールを強引に収めた小林が右足でシュートを放つも枠外に。さらに29分、敵陣中央でパスを奪った三好がボックス手前に侵攻し、左足を振り抜くも、わずかにゴールを外れる。 ▽立て続けにチャンスを作られた清水は34分、敵陣中央でパスを受けた野津田が左足を振り抜き、強烈なシュートでゴールを強襲。GKチョン・ソンリョンに落ち着いて対処されるも、川崎Fをけん制する。 ▽攻勢を続ける川崎Fは終盤、持ち味であるパスワークから決定機を迎える。40分、左サイドを突破した小林から阿部、大塚、三好を経由してボックス右に迫ると、登里が相手DFの股を抜いてゴール前にパスを供給。走り込んだ小林が足を伸ばすも、わずかに届かず。1-0で清水がリードして試合を折り返す。 ▽後半に入ってもボールを保持する川崎Fだが、中央を固めた清水の守備にてこずり、攻めあぐねる時間帯が続く。それでも辛抱強く清水ゴールへ迫ると、阿部の移籍後初ゴールで同点に追いつく。62分、ボックス右手前でパスを受けた三好が左足でボックス左にクロスを供給。これを走り込んだ阿部が左足で合わせると、GK六反に触られるも、左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽試合が振り出しに戻ると、両者の攻防は激しさを増す。すると、リズムを取り戻した川崎Fが逆転に成功する。73分、右サイドでパスを受けた三好が左足でクロスを供給。これを収めた小林がゴール前右で粘りボックス中央に落とすと、反応した中村が右足で合わせゴール左隅へ突き刺した。 ▽逆転を許した清水は猛攻を仕掛けたいものの、応戦する川崎Fに時間を使われてしまう。このまま終了かと思われたが、試合終了間際のラストプレーにドラマが待っていた。後半アディショナルタイム5分、白崎のスルーパスにボックス右外へと抜け出した途中出場のチアゴ・アウベスがカットインから左足を振り抜くと、これがニアサイドを射抜き、Jリーグ初ゴールで同点に追いつく。 ▽結局そのまま試合が終了。一度は逆転をした川崎Fだったが、ラストワンプレーで追いつかれ、これで公式戦4戦連続ドロー。一方の清水は、なんとか引き分けに持ち込んだものの、金子のJ1通算2万ゴール目を勝利で飾ることはできなかった。 2017.04.21 21:36 Fri
twitterfacebook
thumb

清水FW金子翔太がJ1通算2万ゴール目を記録! J1通算2点目

▽21日に明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレvs清水エスパルスが行われ、清水のFW金子翔太が先制ゴールを記録。これがJ1通算2万ゴール目となった。 ▽金子は14分、カウンターからチャンスを作ると、右サイドからのグラウンダーのクロスに反応。ボックス内からシュートを放つと、GKチョン・ソンリョンが触れるもネットを揺らし、先制ゴールを記録。これがJ1通算2万ゴールとなった。 ▽金子は第4節の鹿島アントラーズ戦で今シーズン初ゴールを決めており、このゴールが今季2ゴール目となった。 <div style="font-size:13px;"><span style="font-weight:700;">◆J1メモリアルゴール達成者</span> 1ゴール:<span style="font-weight:700;">マイヤー</span>(ヴェルディ川崎) vs横浜マリノス/1993年5月15日 500ゴール:<span style="font-weight:700;">水沼貴史</span>(横浜マリノス) vs名古屋グランパス/1993年12月1日 1000ゴール:<span style="font-weight:700;">メディナベージョ</span>(横浜マリノス) vs鹿島アントラーズ/1994年8月17日 1500ゴール:<span style="font-weight:700;">城彰二</span>(ジェフユナイテッド市原) vs清水エスパルス/1995年4月5日 2000ゴール:<span style="font-weight:700;">エジソン</span>(ベルマーレ平塚) vsヴェルディ川崎/1995年8月12日 2500ゴール:<span style="font-weight:700;">江尻篤彦</span>(ジェフユナイテッド市原) vsベルマーレ平塚/1995年11月15日 3000ゴール:<span style="font-weight:700;">三浦泰年</span>(ヴェルディ川崎) vsセレッソ大阪/1996年8月28日 3500ゴール:<span style="font-weight:700;">高木琢也</span>(サンフレッチェ広島) vs京都パープルサンガ/1997年5月3日 4000ゴール:<span style="font-weight:700;">横山貴之</span>(セレッソ大阪) vsガンバ大阪/1997年8月23日 4500ゴール:<span style="font-weight:700;">レディアコフ</span>(横浜フリューゲルス) vsジェフユナイテッド市原/1998年4月25日 5000ゴール:<span style="font-weight:700;">バジーリオ</span>(柏レイソル) vsコンサドーレ札幌/1998年9月23日 5500ゴール:<span style="font-weight:700;">佐藤一樹</span>(横浜F・マリノス) vs鹿島アントラーズ/1999年4月24日 6000ゴール:<span style="font-weight:700;">鈴木秀人</span>(ジュビロ磐田) vsサンフレッチェ広島/1999年11月7日 6500ゴール:<span style="font-weight:700;">長谷川祥之</span>(鹿島アントラーズ) vs川崎フロンターレ/2000年7月1日 7000ゴール:<span style="font-weight:700;">久保竜彦</span>(サンフレッチェ広島) vsセレッソ大阪/2001年5月12日 7500ゴール:<span style="font-weight:700;">久保山由清</span>(清水エスパルス) vsジェフユナイテッド市原/2001年11月3日 8000ゴール:<span style="font-weight:700;">崔龍洙</span>(ジェフユナイテッド市原) vs名古屋グランパス/2002年9月14日 8500ゴール:<span style="font-weight:700;">ヴァスティッチ</span>(名古屋グランパス) vsベガルタ仙台/2003年5月18日 9000ゴール:<span style="font-weight:700;">斎藤大輔</span>(ジェフユナイテッド市原) vsヴィッセル神戸/2004年3月13日 9500ゴール:<span style="font-weight:700;">安貞桓</span>(横浜F・マリノス) vsヴィッセル神戸/2004年9月23日 10000ゴール:<span style="font-weight:700;">前田雅文</span>(ガンバ大阪) vs名古屋グランパス/2005年5月8日 10500ゴール:<span style="font-weight:700;">今野泰幸</span>(FC東京) vs鹿島アントラーズ/2005年11月12日 11000ゴール:<span style="font-weight:700;">アンドレ</span>(京都パープルサンガ) vs清水エスパルス/2006年7月23日 11500ゴール:<span style="font-weight:700;">田中佑昌</span>(アビスパ福岡) vs川崎フロンターレ/2006年11月18日 12000ゴール:<span style="font-weight:700;">ウェズレイ</span>(サンフレッチェ広島) vsヴィッセル神戸/2007年6月23日 12500ゴール:<span style="font-weight:700;">マルキーニョス</span>(鹿島アントラーズ) vs東京ヴェルディ/2008年3月16日 13000ゴール:<span style="font-weight:700;">巻誠一郎</span>(ジェフユナイテッド千葉) vs東京ヴェルディ/2008年9月14日 13500ゴール:<span style="font-weight:700;">鄭大世</span>(川崎フロンターレ) vs浦和レッズ/2009年5月10日 14000ゴール:<span style="font-weight:700;">中山博貴</span>(京都パープルサンガ) vs浦和レッズ/2009年11月28日 14500ゴール:<span style="font-weight:700;">赤嶺真吾</span>(ベガルタ仙台) vs大宮アルディージャ/2010年8月22日 15000ゴール:<span style="font-weight:700;">辻尾真二</span>(清水エスパルス) vs大宮アルディージャ/2011年5月22日 15500ゴール:<span style="font-weight:700;">ラフィーニャ</span>(ガンバ大阪) vs横浜F・マリノス/2011年9月18日 16000ゴール:<span style="font-weight:700;">藤田直之</span>(サガン鳥栖) vsガンバ大阪/2012年5月25日 16500ゴール:<span style="font-weight:700;">永井謙佑</span>(名古屋グランパス) vsジュビロ磐田/2012年11月17日 17000ゴール:<span style="font-weight:700;">鈴木大輔</span>(柏レイソル) vs清水エスパルス/2013年7月17日 17500ゴール:<span style="font-weight:700;">家長昭博</span>(大宮アルディージャ) vs川崎フロンターレ/2014年3月15日 18000ゴール:<span style="font-weight:700;">興梠慎三</span>(浦和レッズ) vsアルビレックス新潟/2014年9月23日 18500ゴール:<span style="font-weight:700;">塩谷司</span>(サンフレッチェ広島) vsアルビレックス新潟/2015年5月23日 19000ゴール:<span style="font-weight:700;">高山薫</span>(湘南ベルマーレ) vsアルビレックス新潟/2015年11月7日 19500ゴール:<span style="font-weight:700;">遠藤康</span>(鹿島アントラーズ) vsヴァンフォーレ甲府/2016年7月17日 20000ゴール:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">金子翔太</span>(清水エスパルス) vs川崎フロンターレ/2017年4月21日</div> 2017.04.21 19:27 Fri
twitterfacebook
thumb

大前凱旋試合は、新10番・白崎のゴールで清水が大宮に追いつきドロー決着!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第7節の清水エスパルスvs大宮アルディージャがIAIスタジアム日本平で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、柏レイソルに2-0で勝利し連敗を2で止めた9位の清水(勝ち点9)が、開幕から6連敗中の最下位・大宮をホームに迎えた一戦となった。初勝利を目指す大宮はFW大前が4試合連続スタメン出場となり、古巣との一戦を迎えている。ホームの清水は[4-4-2]のフォーメーションを採用し、大宮も[4-4-2]を用いて大前はムルジャとの2トップを形成した。 ▽晴天の中で開始された一戦は、清水がポゼッションを握りサイドを使いながら大宮のブロックを揺さぶっていく。自陣でブロックを敷く大宮も、ボールを奪えば縦に早い展開へと持ち込む。すると3分、右サイドを突破した江坂がカットインしてシュートに持ち込むが、ここはGK六反がセーブして得点とはならなかった。しかし5分、右サイドの渡部がラインぎりぎりで上げたクロスを、ニアサイドの江坂が頭で合わせて大宮が先制に成功した。 ▽追いかける展開となった清水は11分、右CKのチャンスでアウトスイングのボールが入ると、ゴール前にこぼれるが誰も押し込めず。その後もサイドに起点を作りながら、前線の鄭大世を狙っていった。迎えた21分には左サイドからのアーリークロスに鄭大世が合わせてネットを揺らす。しかし鄭大世のポジションはオフサイドであり得点は認められなかった。 ▽なおも攻勢を続ける清水は、27分にボックス内の白崎がシュートチャンスを迎えるも、相手DFに当ててしまいGKが難なくキャッチ。31分には村田のクロスに白崎が頭で合わせにかかったが、ミートできず同点ゴールとはならない。一方の大宮は押し込まれる時間帯が続くも、39分に左サイドの清水が右足で入れたインスイングのボールを、相手DFが触る前に受けた江坂が直ぐさまシュートを放つ。しかしGK六反の好セーブでネットを揺らせず。前半は大宮の1点リードで終えた。 ▽両チーム共に交代なしで迎えた後半、前半同様に清水が押し込む展開と中で50分に左サイドの松原が入れた横パスを、中央の白崎がダイレクトで狙う。右足で放ったシュートだったが、曲がりきらずにファーポストを越えていってしまった。57分には左サイドからドリブルでボックス内に侵入した松原が、左足で狙うがここはポストを叩いてしまう。さらに64分にはボックス手前右で得たFKを、途中出場のチアゴ・アウベスが直接狙うがGK加藤がはじき出してここも決まらない。 ▽早く点が欲しい清水は72分に野津田を下げて枝村、81分に鎌田を下げてミチェル・デュークを投入し交代カードを切り終える。大宮も交代カードを使いながら逃げ切りに入る中、迎えた87分に清水はボックス内の白崎が右サイドから入ってきたインスイングの低いクロスにスライディングで合わせる。これがGK加藤の手を弾いてネットに収まり、清水が土壇場で同点に追いついた。 ▽追いついた事で勢いに乗る清水はアディショナルタイム2分に村田のクロスからミチェル・デュークが頭で合わせるが、ここはGK加藤がセーブ。こぼれ球を松原が押し込みにかかるがボールは枠外へ。結局試合はそのまま終了し、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.04.16 15:09 Sun
twitterfacebook
thumb

互いに決定機を逃し続ける中、札幌がセットプレーから進藤のヘッドで連勝を飾る!!《YBCルヴァンカップ》

▽12日にYBCルヴァンカップ2017グループA第2節の清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌がIAIスタジアム日本平で行われ、1-0で札幌が勝利した。 ▽開幕節ではアウェイで柏レイソルと対戦し0-1の敗戦となった清水が、ジュビロ磐田を相手にアウェイで2-0の勝利を飾った札幌を迎えた一戦。清水は[4-4-2]のフォーメーションを採用し、札幌は古巣との対戦となった小野が先発に名を連ね[3-3-2-2]のフォーメーションで試合に入った。 ▽試合は9分、高い位置でボールを奪った立田がボックス内に侵入しシュートを放つ。これは枠を捉えきれなかったが、清水が最初のチャンスを作り出した。札幌も13分委小野が右サイドへ送ったスルーパスから、石井がクロスを上げて上原が合わせる。しかしこちらも枠を捉えきれなかった。 ▽その後は札幌がボールフォルダーに対して素早いチェックを仕掛けて主導権を握りにかかる。劣勢の清水も、サイドに起点を作りながら攻め込んでいく。38分には右サイドの村田がアーリークロスを入れてミチェル・デュークが合わせるが決めきれず。結局前半はゴールレスで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半、先に仕掛けたのは札幌で、48分に右サイドの小野が入れたクロスに宮澤が頭で合わせる。しかしボールはファーポストを掠めて外れた。清水も50分に右サイドでFKを得ると、チアゴ・アウベスが壁の下を通すグラウンダーのシュートを狙うが、GKク・ソンユンが何とかはじき出した。清水は54分にも左CKの流れから折り返しの浮き球をビョン・ジュンボンが頭で合わせる。しかしライン上の札幌の選手に当ててしまい、このチャンスも活かせなかった。 ▽劣勢の札幌は57分に宮澤を下げて横山を投入して流れを変えにかかる。清水も61分にサイドで起点となっていた村田を下げて、枝村を送り出すなどお互いに選手を入れ替えながら先制点を目指す。すると67分に清水は、ボックス内でこぼれ球に反応した平墳がループで狙う。これはGKに止められ、こぼれ球をチアゴ・アウベスが狙うが、ここもブロックされた。 ▽札幌は71分、左CKからキム・ミンテが頭で合わせると、GK植草は内村と交錯してボールをはじき出せずそのままネットを揺らす。札幌の先制かと思われたが、内村は完全にGK植草をブロックしておりファウルの判定で得点は認められなかった。札幌は75分にもボックス右に運び出した上原がニアサイドを狙うが、GK植草がセーブする。 ▽しかし81分、左CKを獲得した札幌は進藤が頭で合わせると、ついにこれがネットを揺らして札幌が先制に成功する。追いかける展開となった清水は83分に立田を下げて松原を送り出す。札幌は86分に内村を下げて都倉を送り出した。 ▽試合終盤は追いかける清水が攻め込む時間が増えるも、札幌がうまく時間を使って終了のホイッスル。勝利した札幌は2連勝を飾り、敗れた清水は2連敗となった。 2017.04.12 20:57 Wed
twitterfacebook
thumb

鄭大世今季4発目の清水、柏撃破で連敗ストップ《J1》

▽8日に日立柏サッカー場で行われた明治安田生命J1リーグ第6節の柏レイソルvs清水エスパルスは、アウェイの清水が2-0で勝利した。 ▽2勝3敗の勝ち点6で12位の柏と、同成績で13位の清水が激突した。今シーズン初の連勝を狙う柏はクリスティアーノが2試合ぶりに先発復帰。清水は、前節のジュビロ磐田戦と同じスタメンで挑んだ。 ▽前半の立ち上がりから柏が主導権を握ってボールを保持する時間が続く展開となる。しかし、なかなか均衡を破ることができない。 ▽その試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。65分、清水は自陣でのボール奪取から素早い攻撃に転じると、投入されたばかりの村田が右サイドから持ち上がり、クロスを送る。DFに当ってこぼれたボールから鄭大世が今シーズン4点目を決め、清水が先制した。 ▽失点した柏は、反撃に転じるが、後半アディショナルタイム2分に2失点目。最終ラインの裏に抜け出した途中出場のミッチェル・デュークがGKとの一対一を制し、清水が試合を決定付けた。 ▽結局、柏を下した清水が連敗を「2」でストップ。柏は、開幕節以来の白星を手にした前節のサンフレッチェ広島戦に続く勝利を目指したものの、ホーム3連敗となっている。 2017.04.08 17:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング