清水エスパルス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 清水 30 7 9 14 31 48 -17 30

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-10-29
17:00
明治安田生命J1リーグ
第31節
FC東京 vs 清水
2017-11-18
15:00
明治安田生命J1リーグ
第32節
清水 vs 札幌
2017-11-26
13:00
明治安田生命J1リーグ
第33節
清水 vs 新潟
2017-12-02
14:00
明治安田生命J1リーグ
第34節
神戸 vs 清水

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.10.21
14:00
明治安田生命J1リーグ
第30節
仙台 0 - 0 清水
2017.10.14
14:00
明治安田生命J1リーグ
第29節
清水 0 - 3 磐田
2017.09.30
19:00
明治安田生命J1リーグ
第28節
大宮 0 - 0 清水
2017.09.23
15:00
明治安田生命J1リーグ
第27節
清水 1 - 3 広島
2017.09.16
18:00
明治安田生命J1リーグ
第26節
清水 0 - 3 川崎F

基本データ

正式名称:清水エスパルス

原語表記:SHIMIZU S-PULSE

ホームタウン:静岡市

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

残留争い中の清水、仙台相手に敵地で勝ち点1奪取《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節のベガルタ仙台vs清水エスパルスが21日にユアテックスタジアム仙台で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで10勝5分け14敗で12位の仙台(勝ち点35)と、同7勝8分け14敗で14位の清水(勝ち点29)が激突した。ホームの仙台は、2-3で敗れた前節の川崎フロンターレ戦から中野に代えて蜂須賀を起用する1点を変更。一方の清水は0-3で敗れた前節のジュビロ磐田戦から松原、角田、金子、鄭大世に代えて清水、犬飼、白崎、チアゴ・アウベスを起用した。 ▽最初にビッグチャンスを迎えたのは清水だった。10分、ペナルティアーク左付近でFKを獲得すると、チアゴ・アウベスがコントロールしたシュートで直接ゴールを狙う。これがGKに弾かれると、こぼれ球をミッチェル・デュークが詰めにかかる。しかし、今度は増嶋の身体を張ったブロックに阻まれ、ゴールとはならない。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。しかし、両者共に崩しの局面で質を欠き、なかなか決定機を創出できない。仙台は34分、正面の好位置から三田が直接FKでゴールを狙うも、これはコースが甘くGK六反にキャッチされた。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半も拮抗した展開が続く。清水は73分、ボックス右で単騎突破を仕掛けたチアゴ・アウベスがクロス。ミートしきらなかったボールがゴール方面に飛ぶと、これが右ポストの外側にヒットする。 ▽残留に向けてアウェイで確実に勝ち点が欲しい清水に対して、ホームの仙台は勝ち点3を狙って73分に古林に代えて茂木、81分には西村を下げてクリスランを入れる。対する清水は82分に枝村に代えてフレイレを投入する。 ▽結局、試合はそのままスコアが動かず終了。残留争い中の清水が最後は耐えて勝ち点1をもぎ取った。 2017.10.21 16:02 Sat
twitterfacebook
thumb

清水がアフシン・ゴトビ氏との和解成立を発表

▽清水エスパルスは20日、クラブの元指揮官であるアフシン・ゴトビ氏との訴訟について、和解が成立したことを発表した。 ▽現在、中国の石家荘永昌を率いるゴトビ氏は2011~2014年7月まで清水を指揮。成績不振を理由に解任された同氏は、残り期間の報酬不払いを不当として、2016年8月19日付けで清水の運営会社『株式会社エスパルス』を相手取り、82万5000ユーロ(当時約9300万円)の損害賠償支払いを求め、静岡地裁に提訴していた。 ▽清水はアフシン・ゴトビ氏との訴訟について、「弊クラブの元監督であるアフシン ゴトビ氏が、弊クラブに対して報酬相当額等の支払いを求め、平成28年8月19日付けにて静岡地裁に訴えを提起した件につきましては、このたび、和解が成立したことをご報告いたします」と発表している。 2017.10.20 17:39 Fri
twitterfacebook
thumb

清水の功労者MF杉山浩太、今季限りで現役引退…ホーム最終節でセレモニー

▽清水エスパルスは18日、MF杉山浩太(32)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。なお、引退セレモニーは11月26日に行われるホーム最終戦のアルビレックス新潟戦終了後、IAIスタジアム日本平ピッチにて執り行われる予定だ。 ▽静岡県出身の杉山は、2008年の柏レイソルへの期限付き移籍を除き、ジュニアユース時代から清水一筋でプレー。通算でJ1リーグ181試合、J2リーグ2試合、Jリーグカップ43試合、天皇杯23試合、AFCチャンピオンズリーグ5試合を記録し、今シーズンもここまでJ1リーグ5試合に出場している。 ▽このたび、現役引退を発表した杉山は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私、杉山浩太は今シーズン限りでの引退を決意いたしました。エスパルスには、小学生5年生でサッカースクールに加入し、ジュニアユース、ユースを経て、これまで23年間お世話になりました。子供の頃からプロサッカー選手が夢でしたが、ジュニアユースに入って、初めてプロを意識するようになりました」 「また、日本平でボールボーイを行なったときに、このピッチでプレーしたいと、より一層想いが強くなったことを思い出します。体が小さかった自分にはプロは厳しいと思われたかもしれないですが、エスパルスはずっと見守ってくれました。2003年にトップへ昇格し、4月の静岡ダービーでリーグ戦に初めて出場しました。もちろん緊張もありましたが、何もできないまま、あっという間に試合が終わってしまった印象でした」 「それから15年のプロ生活を送らせていただきましたが、タイトルを獲ることができなかったことは自分としては心残りです。それは後輩たちに託して、近い将来、必ず願うと信じています」 「言葉では言い尽くせないほど、長い時間をエスパルスで過ごさせてもらいました。この時間はあっという間でしたが、今あらためて思うことは、エスパルスに入って本当に良かったということです。エスパルスでなければ、このようなサッカー人生を送ることはできなかったでしょう。それは自分の誇りですし、これからもエスパルスファミリーの一員として、いつまでも見守っていきたいと思います」 「今シーズンも残り5試合となりましたが、プロになったときの気持ちをもう一度思い出して、自分自身も納得のいくシーズンで終えられるよう、最後までチームの力になりたいと思います」 2017.10.18 16:21 Wed
twitterfacebook
thumb

清水のチーム内得点王FW鄭大世が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治4週間

▽清水エスパルスは17日、FW鄭大世の負傷を発表した。 ▽鄭大世は、14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節のジュビロ磐田戦に先発出場。しかし、67分に途中交代していた。クラブの発表によると、鄭大世は静岡市内の病院で精密検査を行い、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治4週間とのことだ。 ▽今シーズンの鄭大世は、J1で20試合に出場しチーム最多の9得点を記録している。 2017.10.17 18:26 Tue
twitterfacebook
thumb

磐田、松原退場の清水撃破で今季ダービー3連勝! 山田が交代直後のJ復帰初弾!《J1》

▽14日に明治安田生命J1リーグ第29節の清水エスパルスvsジュビロ磐田がIAIスタジアム日本平で行われ、磐田が3-0で勝利した。 ▽ここまで7勝8分け13敗で13位につける清水(勝ち点29)と、13勝8分け7敗で6位につける磐田が激突した。前節の大宮アルディージャ戦を0-0で引き分け、3試合白星がない清水はその一戦から先発メンバーを3人変更。カヌとチアゴ・アウベス、白崎に代えて二見と金子、北川を起用した。 ▽一方、前節のFC東京戦を0-0で引き分けて3試合無敗中の磐田は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。山田に代えて右半膜様筋肉離れから復帰した大井を起用した。 ▽46回目を迎えた静岡ダービー。試合は開始からダービーらしい球際の激しさを両者見せる中、3分に磐田のアダイウトンがドリブルで仕掛けてボックス左からシュートを放つが、相手DFの足に当たってGK六反に正面で処理される。 ▽前半立ち上がりを経過すると、ルヴァンカップでの対戦も含めて磐田相手に2連敗中の清水が敵陣への侵攻回数を増加させるがチャンスを作り切ることができない。それでも21分には、左サイドで仕掛けた松原のパスをボックス手前で受けた竹内が右足で強烈なシュート。これがゴール左隅を捉えるも、GKカミンスキーのファインセーブに阻まれてしまう。 ▽このピンチを凌いだ磐田がペースを引き寄せ始めた27分、この日が28歳の誕生日である川又がチームの先制点を演出する。ハーフウェイライン付近やや左でアダイウトンからパスを受けた川又が混戦を切り裂くスルーパス。これにアダイウトンが抜け出してボックス左から中央へと切り込み、右足でバーを叩きながらゴール右上へと突き刺した。 ▽磐田は先制点を奪って以降、流動したパスワークから清水のプレスをいなして押し込む時間帯が続く。この状況に対して、なんとか耐え続ける清水だったが、前半終了間際により苦しい状況に見舞われる。前半アディショナルタイム、左サイドでボールをキープした松原が高橋の執拗なマークに対して報復。この行為に対してレッドカードが提示された。 ▽後半に入ると、数的不利の状況を強いられる清水が攻勢を強めて同点ゴールを狙う。しかし、動じない磐田がセットプレーから追加点を奪う。62分、右CKを中村がゴールに向かうクロスを供給。鋭いボールはニアサイドにカバーに入った角田の両足の間を抜けてそのままゴールに吸い込まれた。 ▽リードを広げられた清水は直後に白崎、67分にチアゴ・アウベスを投入。一方、試合を決定づけたい磐田は73分に山田を投入する。 ▽この交代が奏功したのは磐田。直後、右サイドでボールを受けた櫻内が巧みなドリブルから敵陣深くへと切れ込み、クロスを送る。ファーサイドの宮崎がボレーシュートを放つと、一度はGK六反に弾かれるが、4年ぶりの静岡ダービーとなった交代直後の山田がこぼれ球をプッシュした。 ▽勝利を大きく手繰り寄せた磐田は、数的有利の状況もあり最後まで攻勢を続けて試合をクローズ。シーズントリプルを達成した磐田が4試合無敗を継続させた。 2017.10.14 16:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング