清水エスパルス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 清水 9 2 3 3 9 8 1 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-21
13:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
清水 vs FC東京
2018-04-25
19:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
名古屋 vs 清水
2018-04-28
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
清水 vs
2018-05-02
19:30
明治安田生命J1リーグ
第12節
広島 vs 清水
2018-05-06
15:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
鳥栖 vs 清水

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.18
19:00
YBCルヴァンカップ Bグループ
第4節
清水 1 - 1 甲府
2018.04.15
16:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
浦和 2 - 1 清水
2018.04.11
19:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
清水 0 - 1 長崎
2018.04.07
15:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
磐田 0 - 0 清水
2018.04.04
19:00
YBCルヴァンカップ Bグループ
第3節
清水 2 - 1 札幌

基本データ

正式名称:清水エスパルス

原語表記:SHIMIZU S-PULSE

ホームタウン:静岡市

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

清水に完全移籍加入のMF清水航平、全治3週間の負傷離脱

▽清水エスパルスは16日、MF清水航平の負傷離脱を発表した。 ▽清水は、9日のトレーニング中に負傷。翌10日に静岡市内の病院で検査を受け、右ヒラメ筋肉離れで全治3週間の見込みと診断された。 ▽昨シーズン途中から清水でプレーする清水は、先日にサンフレッチェ広島からの完全移籍加入が決定。ここまで明治安田生命J1リーグで出番がない。 2018.04.16 14:25 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和、興梠のヘディング2発&ルーキー橋岡躍動で大槻体制リーグ3戦全勝! 清水は5試合未勝利…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第8節の浦和レッズvs清水エスパルスが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で浦和が勝利した。 ▽ここまで2勝2分け3敗で12位に位置する浦和(勝ち点8)と、2勝3分け2敗で9位につける清水(勝ち点9)の一戦。前節のヴィッセル神戸戦を3-2で勝利して今シーズン初の連勝を飾った浦和は、その一戦から先発メンバーを2人変更。岩波と青木に代えて槙野と阿部を起用した。 ▽一方、前節のV・ファーレン長崎戦を0-1で敗れて長崎に歴史的J1初勝利の献上と共に、4試合勝利なしとなった清水は、その一戦から先発メンバーを3人変更。フレイレと鄭大世、白崎に代えて二見とクリスラン、北川を起用した。 ▽調子が上向きの浦和と、嫌な流れが続く清水の一戦は、序盤から激しいぶつかり合いを見せ、シュートチャンスを作らせない立ち上がりとなる。 ▽そんな中、アウェイの清水は19分、立田からパスを受けた石毛がボックス左手前から思い切りよく右足を振り抜いて強烈なシュートを放つが、わずかにゴール左外へ外れた。 ▽直後、浦和にアクシデント。マウリシオが足を痛めたかプレー続行不可能に。岩波をスクランブル投入する事態に見舞われる。しかし、これにも動じない浦和は22分、自陣でボールを奪った橋岡が武藤に預けて前線へ駆け上がる。リターンを受けた橋岡が右足で地を這うようなシュートを放つも、わずかにゴール左外へ。 ▽それでも浦和は23分、長澤、柏木とつないで左サイドへと展開する。パスを受けた菊池がゴール前へピンポイントクロスを送ると、興梠がヘディングシュートを畳み込んで先制点を記録。さらにその6分後、右サイドで最終ラインからボールを受けた橋岡が一気にボックス右外へ。最後は橋岡のクロスを興梠が中央で立田に競り勝って、頭でゴール左へ流し込んだ。 ▽2-0で浦和がリードして試合を折り返すと、後半清水が反撃を開始。54分、左サイドから石毛がファーサイドへクロスを送る。これをクリスランが頭で折り返し、金子が押し込んで清水が1点差に詰め寄る。 ▽その後清水は終盤に鄭大世を投入して勝負に出る。終了間際にはチョン・テセのポストプレーから金子がクロス。中央のクリスランが頭で合わせるも枠を捉えることができず試合終了。興梠の2ゴールで清水に競り勝った浦和が3連勝。一方の清水はこれで5試合未勝利となった。 2018.04.15 18:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】3連勝か5戦ぶりの白星か…“攻”と“守”のデュエルがカギ《浦和vs清水》

▽15日、明治安田生命J1リーグ第8節が行われる。埼玉スタジアム2002では浦和レッズvs清水エスパルスが行われる。 <span style="font-weight:700;">◆対照的な両者</span> ▽勝ち点8で11位につけるホームの浦和は成績不振により堀孝史監督を解任。ユースで指揮を執っていた大槻毅監督を暫定監督に就任。リーグ戦では第6節のベガルタ仙台戦(1-0)、第7節のヴィッセル神戸戦(2-3)と連勝。新指揮官就任後は無敗と復調傾向にある。 ▽一方の清水は勝ち点9の8位に位置。開幕から4戦無敗と良いスタートを切ったものの、ここ4試合は白星から遠ざかっている。ゴールが遠い展開が結果に影響しているが、今節は果たして。 <span style="font-weight:700;">◆闘争心と自信を取り戻す</span>~浦和レッズ~ ▽前述の通りリーグ戦2連勝中。大槻監督就任以降は、YBCルヴァンカップ第3節のサンフレッチェ広島戦(0-0)を含めて3戦無敗。チームとして復調傾向にある。 ▽連戦の中でメンバー変更を行っている状況だが、チームには競争とファイティングスピリッツが復活。新指揮官は、良い意味で選手たちには刺激が強かったように思う。 ▽90分間を通して安定した戦いができていないことは事実だが、結果が出ていることで自信も取り戻しているはず。ホームサポーターの前で3連勝を目指す。 <span style="font-weight:700;">◆攻撃陣のテコ入れが急務</span>~清水エスパルス~ ▽好スタートを切ったシーズンも、現在は4戦未勝利と下降気味。その要因は、攻撃陣が結果を残せていないところにある。 ▽勝利がない4試合はいずれも1失点以下。リーグ戦では第2節で2失点を喫するも、無失点が2試合、1失点が4試合と守備陣は良い働きを見せている。 ▽一方の攻撃陣は、第2節のヴィッセル神戸戦で4得点、第3節の北海道コンサドーレ札幌戦で3得点と結果を残すも、ここ4試合で1得点。直近3試合は無得点と絶不調だ。 ▽クリスラン、鄭大世、ミッチェル・デュークと体の強い3人、金子翔太、北川航也とキレとスピードがある2人とバリエーションは豊富。ヤン・ヨンソン監督がどういった組み合わせで得点力不足を補うかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[3-4-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/preview20180414_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:マウリシオ、岩波拓也、槙野智章 MF:橋岡大樹、青木拓矢、長澤和輝、武藤雄樹 MF:山田直輝 FW:アンドリュー・ナバウト、興梠慎三 監督:大槻毅 ▽過密日程を考慮し、前節からのメンバー変更は考えられる。神戸戦を完全休養となった槙野智章は先発に復帰するだろう。また、3バックを継続。岩波拓也とマウリシオと並ぶと予想。両ワイドが難しいところだが、神戸戦で好パフォーマンスだった橋岡大樹を継続起用。左は疲れがみられる菊池大介に代えて、武藤雄樹が入り、アンドリュー・ナバウトが興梠慎三と2トップを組むと予想する。 <span style="font-weight:700;">◆清水エスパルス</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/preview20180414_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:六反勇治 DF:立田悠悟、ファン・ソッコ、フレイレ、松原后 MF:金子翔太、河井陽介、竹内涼、石毛秀樹 FW:クリスラン、ミッチェル・デューク 監督:ヤン・ヨンソン ▽久々に勝利が欲しい清水。こちらもスタメンを予想するのは難しいが、前線を変更すると予想。2トップは鄭大世、金子翔太に代えて、クリスランとミッチェル・デュークのコンビになると予想。金子は右サイドに戻ると見る。後ろのメンバーも変更したいところだが、守備自体は悪くないだけに前節同様のメンバーで臨むと予想する。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW興梠慎三</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/preview20180414_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽連勝中の浦和の注目選手は興梠慎三だ。今シーズンはなかなか得点が奪えていない興梠だが、直近3試合で2得点と復調気味。さらに、清水相手にはゴールを量産。昨シーズンのホームゲームではハットトリックの活躍でチームに勝利をもたらせていた。チームが連勝街道に入ろうとしているだけに、ここでエースが復活すれば一気に混戦を抜け出し上位を窺えるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆FWクリスラン</span>(清水エスパルス)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/preview20180414_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽清水の注目選手はクリスランだ。ベガルタ仙台から期限付き移籍で加入したクリスランは、鄭大世とのポジション争いに勝ち先発の座を勝ち取った。第2節、第3節とゴールを奪うも、その後はリーグ戦4試合で無得点。得点力不足に陥っているチームとしては、助っ人FWの復調で勝利を手にしたい。 <span style="font-weight:700;">◆好調を維持か、不調を断ち切るか</span> ▽前述の通り、指揮官交代後は無敗&連勝と復調した浦和に対し、4戦未勝利の清水がどのように戦うかがこの試合のポイントとなるだろう。 ▽勝つことを取り戻した浦和だが、まだまだピッチ内では不安定さを露呈。前節の神戸戦も一時は逆転を許す展開となっていた。迷いが見られるプレーも散見されているが、前節の土壇場での勝ち点3は自信となるはず。疲労が出てくる中だが、結果が出ていることをプラスに働かせたい。 ▽一方、勝利が遠い清水の要因は攻撃陣の不発だ。決定機がないわけではないが、ゴールにボールが入らない。守備陣は最少失点に留めているだけに、前線がしっかりと働けるかだ。 ▽試合のポイントは互いの攻守のマッチアップだ。日本代表クラスの守護神がゴールを守る両チームだけに、ボックス付近でのデュエルが勝負となる。どちらの攻守が相手を上回るか。試合は15日(日)の16時にキックオフを迎える。 2018.04.14 14:15 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎、鈴木弾死守で待望のゼイワン初勝利! 清水は4試合白星なし…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節の清水エスパルスvsV・ファーレン長崎が11日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-0で長崎が勝利した。 ▽今シーズン初のミッドウィーク開催。ここまで2勝3分け1敗で5位につける清水(勝ち点9)と、同じく0勝2分け4敗で17位に沈む長崎が激突した。前節ジュビロ磐田との静岡ダービーをゴールレスドローで終えて3試合白星がない清水は、その一戦から先発メンバーを2人変更。ミッチェル・デュークとクリスランに代えて、鄭大世と白崎を起用した。 ▽一方、前節のFC東京戦を2-5で大敗したため、未だ勝利がないことに加えて3連敗中の長崎は、その一戦から先発メンバーを4人変更。チェ・キュベックと米田、碓井、ファンマに代えて、田上と飯尾、黒木、鈴木を起用した。 ▽J2で対戦した2016年以来に激突した両者。試合は序盤からアウェイの長崎が積極的にシュートを放つも、枠を捉えることが出来ない。対する清水は9分、ボックス右手前の鄭大世が左足でシュートを放つが、GK徳重にセーブされてしまう。 ▽前半半ばに差し掛かると再び長崎が攻勢に。18分、敵陣中央右からのクロスをファーサイドの翁長が頭で合わせたが、これも枠を捉えることが出来ない。 ▽それでも長崎は23分、ハーフウェイライン付近でボールを奪った中村がボックス右手前まで持ち運び、ボックス右へスルーパス。走り込んだ飯尾のクロスをニアサイドに走り込んだ鈴木が右足でゴール左隅へと流し込んだ。 ▽先制に成功した長崎は35分、ボックス手前から澤田がパスを受けて反転し、ボックス左へスルーパス。先制点を記録した鈴木が抜け出して左足を振り抜いたが、ここはGK六反にブロックされた。 ▽リーグ戦直近3試合で1得点という攻撃陣が元気ない清水の攻撃陣。43分には自陣でパスを受けた竹内が前線へロングボールを送る。石毛がボックス右に走り込み、右足でシュートを放つもゴール右上へと外れてしまい、同点ゴールとはならない。 ▽後半に入ると追加点が欲しい長崎が攻勢を強める。51分、ボックス右手前で縦パスを受けた中村が味方とのワンツーでボックス右に侵攻。しかし、右足のシュートがゴール右上へと逸れていった。 ▽苦しい展開が続く清水も後半終盤に差し掛かると、攻撃のチャンスを作り始める。69分、最終ラインからのフレイレのロングボールをクリスランが競る。これが鄭大世につながり、最後はボックス右の金子がシュートフェイントで1人かわして左足シュートを放ったが、GK徳重に阻まれてしまい、金子は頭を抱える。 ▽守護神の好守に追加点で応えたい長崎攻撃陣。77分、ボックス左外でスルーパスを受けた中村が鋭いクロスをファーサイドへ送る。フリーで走り込んだ飯尾が右足を合わせたが、ミートし切れず決め切ることができない。 ▽追加点を奪うことはできなかったものの、J1初勝利を目前にする長崎はその後、清水の放り込みに対して粘りのディフェンス。試合終了間際には清水の右CKがあわやオウンゴールとなりそうな場面も迎えたが、最後まで守り切って試合終了。鈴木のゴールを死守した長崎が7試合目にしてJ1初勝利を手にした。 2018.04.11 21:01 Wed
twitterfacebook
thumb

清水、U-21日本代表DF立田悠悟とプロA契約締結! 「早く自分がチームを引っ張っていけるような存在に」

▽清水エスパルスは10日、U-21日本代表DF立田悠悟(19)との契約をプロC契約からプロA契約に変更したことを発表した。 ▽立田は、3月10日に行われた明治安田生命J1リーグ第3節の北海道コンサドーレ札幌戦でフル出場を果たし、通算試合出場時間がプロA契約締結条件である450分に到達。JFA規定により3月11日を契約日とし、プロA契約を締結するまでに至った。 ▽清水ユース出身の立田は、昨年の3月にYBCルヴァンカップでプロデビュー。今シーズンは開幕戦でJ1リーグデビューも果たし、ここまで公式戦6試合に出場している。 ▽立田は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「A契約になることは一つの目標でしたが、周りの人たちのサポートがあって達成できたと思います。これからはプロ選手としての言動に、もっと責任と自覚を持たなくてはいけないと考えています」 「ただ、練習でやることは変わらないですし、まだまだ足りないことは多いので一生懸命努力したいと思います。早く自分がチームを引っ張っていけるような存在になりたいと思います」 2018.04.10 15:30 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング