ジュビロ磐田

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 磐田 13 4 1 3 11 7 4 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-30
15:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
磐田 vs 札幌
2017-05-03
15:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第4節
vs 磐田
2017-05-07
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
甲府 vs 磐田
2017-05-10
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第5節
清水 vs 磐田
2017-05-14
15:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
磐田 vs 川崎F

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.26
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第3節
磐田 3 - 1 FC東京
2017.04.22
15:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
鹿島 0 - 3 磐田
2017.04.16
15:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
磐田 2 - 1 鳥栖
2017.04.12
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第2節
仙台 2 - 0 磐田
2017.04.08
19:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
横浜FM 2 - 1 磐田

基本データ

正式名称:ジュビロ磐田

原語表記:Jubilo IWATA

ホームタウン:磐田市

チームカラー:サックスブルー

関連ニュース

thumb

磐田FW小川航基がプロ初弾を含むハットトリックの活躍でFC東京を一蹴《YBCルヴァンカップ》

▽26日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第3節のジュビロ磐田vsFC東京がヤマハスタジアム(磐田)で行われ、3-1で磐田が勝利した。 ▽ここまで2試合を戦い、2連敗で最下位の磐田と消化試合が1試合ながら1勝で3位につけるFC東京の一戦。直近のリーグ戦からは互いにメンバーを入れ替え、控えメンバーを中心的に起用した。 ▽試合はホームの磐田がいきなり動かす。11分、右サイドからのクロスをアダイウトンがボックス中央で豪快にヘッド。GKが弾くも、こぼれ球に反応した小川航がしっかりと詰めてプロ初ゴール。これで磐田が先制する。 ▽先制を許したFC東京は14分、高萩のロングパスをディフェンスライン裏に抜け出した阿部がボックス内右からシュート。これは枠を捉えるもGK志村がしっかりとセーブする。 ▽磐田は18分、左サイドからのボールをディフェンスラインの裏に抜けたアダイウトンがトラップ。すると、これをGK大久保が倒してしまい一発退場。これにより、ネイサン・バーンズに代えてユース昇格組のルーキーGK波田野を入れる。しかし、PKを小川航がしっかりと右隅に沈め、磐田が2点のリードを得る。 ▽思わぬアクシデントに見舞われたFC東京は26分、FC東京はボックス手前でFKを獲得。これを中島が直接狙うとシュートは壁を超えてゴールへ。しかし、左ポストを直撃し、得点とはならない。 ▽磐田は31分、上田が自陣からロングボールを送ると、これを裏に抜けた小川航が受けてボックス内右からシュート。しかし、これはGK波田野が触り、クロスバーに防がれてしまう。 ▽62分、上田のシュート性のボールをボックス内で受けた小川航が落ち着いて蹴り込み、ハットトリックを達成する。 ▽88分、中島のパスに抜け出したピーター・ウタカがドリブルで持ち込みシュート。しかし、これは左ポストに嫌われる。89分には中島のシュートがゴールに向かうも、クロスバーに嫌われる。 ▽ボックス内右から齋藤がシュートもGK波田野がセーブ。こぼれ球を松井がバイシクルで狙うも、ファウルを取られてしまう。FC東京は86分、左CKからのクロスに吉本が頭で合わせて1点を返すも反撃はここまで。3-1で勝利した磐田が、グループステージ初勝利を飾った。 2017.04.26 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田MFムサエフ、右内転筋肉離れで全治2〜3週間の離脱…今季J1で7試合2ゴール

▽ジュビロ磐田は24日、ウズベキスタン代表MFムサエフが右内転筋肉離れで全治2〜3週間程度と診断されたことを発表した。クラブの報告によれば、ムサエフは18日に行われたトレーニング中に負傷。浜松市内の医療機関にて検査を受けた。 ▽ムサエフは、Jリーグ初のウズベキスタン人選手として今シーズンから磐田でプレー。ここまでは、22日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズ戦を除き、開幕から全試合に先発出場(2ゴール)を続けていた。 2017.04.24 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アダイウトン弾で追いついた磐田が、ムサエフの豪快AT弾で逆転勝利!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第7節のジュビロ磐田vsサガン鳥栖がヤマハスタジアムで行われ、2-1で磐田が勝利した。 ▽前節の横浜F・マリノス戦で1-2の敗戦を喫した13位の磐田(勝ち点7)が、アルビレックス新潟に3-0と快勝した11位の鳥栖(勝ち点8)を迎えた。磐田は[3-4-2-1]のフォーメーションを採用し、鳥栖はおなじみの[4-4-2]を敷いた。 ▽試合は立ち上がりに鳥栖が攻め込む場面が多く見られるが、6分に得たFKのチャンスでは鎌田が入れ合ボールをボックス内の谷口が折り返すが、誰も合わせられずにチャンスを逸した。 ▽入りは押され気味だった磐田も徐々に流れを呼びこむと10分に、森下のクロスから前線の川又が飛び込む。しかしここはGK権田が立ちはだかった。磐田は19分にもチャンス。中村俊、ムサエフとボールを繋ぎ、ムサエフはそのままボックス手前まで持ち込んで川辺とワンツーでさらに進攻。しかし相手に寄せに阻まれてこのチャンスを活かせなかった。 ▽磐田はその後も中村俊を起点として、セットプレーやサイドを使った攻撃から鳥栖を押し込んでいく。鳥栖も33分に高橋のフィードに抜け出した豊田が頭で落とし、福田がボックス内から狙うがクロスバーを越える。41分にもロングボールで中盤を飛ばした鳥栖は、鎌田がサイドからゴール前にクロスを入れるが、誰も押し込めず前半はゴールレスで終えた。 ▽すると鳥栖はハーフタイムで高橋を下げて原川を投入する。しかし前半同様にお互いにスペースを消す戦いを選択することで、なかなか決定機が作り出せない。 ▽磐田は54分、右CKのチャンスに中村俊が入れたインスイングのボールに高橋がニアサイドで合わせるが、相手に当たってゴールラインを割る。2度目のCKは鳥栖の選手に直接あたってラインを割り、磐田は立て続けに3本のCKを獲得。今度は左CKとなり、中村俊がふわりとしたボールをゴール前に入れるが、ここは豊田がしっかりとクリアしてチャンスとはならなかった。 ▽磐田は59分、左サイドから相手陣内に攻め込み、ボックス手前に横パスが出ると、これを櫻内が右足のアウトサイドで合わせる。吉田にディフレクトしたシュートはGK権田が好セーブを見せて得点とはならなかった。 ▽磐田は69分にもチャンスを迎えるが、大井が裏に出したボールに反応した川又が、マーカーとうまく駆け引きをしてスペースを作って右足で狙う。しかしここも枠を捉えきれず、ゴールが遠い。 ▽鳥栖は75分、GK権田のパントキックが相手陣内へ。GKカミンスキーがバウンドの目測を誤り後逸すると、ボールはゴール方向に向かったがポストを叩いて決まらなかった。 ▽お互いに決定機を決めきれない展開の中、88分に試合が動く。右CKを獲得した鳥栖は、豊田が大井に競り勝ってヘディングシュートを沈める。ついに試合の均衡が破れると、今度は磐田が反撃を開始し、89分には自陣からのロングボールをボックス右で受けた中村俊が、キックフェイントから持ち替えて左足でクロスを入れると、中央のアダイウトンが押し込んで、すぐさま振り出しに戻った。 ▽すると後半アディショナルタイム4分、磐田は左サイドのアダイウトンが入れたクロスを川辺が頭で落とすと、後方から走り込んだムサエフが右足を一閃。これがネットを揺らし、直後に試合終了のホイッスルが吹かれ、磐田が土壇場で逆転勝利を収めた。 2017.04.16 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

19歳佐々木が1G1Aの活躍! 仙台が磐田に勝利《YBCルヴァンカップ》

▽12日、YBCルヴァンカップ2017のグループA第2節、ベガルタ仙台vsジュビロ磐田が行われ、2-0で仙台が勝利した。 ▽明治安田生命J1リーグ第6節で浦和レッズに0-7の大敗を喫したホームの仙台は、浦和戦から、大岩、平岡、藤村、三田を除く7人のメンバー変更。対するアウェイの磐田は、J1第6節の清水エスパルス戦から、高橋、宮崎、川辺以外の8人を変えて試合に臨んだ。 ▽両者落ち着いた立ち上がりで始まった前半。最初にチャンスを迎えたのは磐田だった。12分、中村太がペナルティアーク手前からミドルシュート。GKが弾いたこぼれ球を拾った磐田が波状攻撃を仕掛けると、最後は川辺がネットを揺らすも、ゴール前にいた磐田の選手がオフサイドを取られ、ゴールは認められない。23分には、右サイドの松本から、グラウンダーのクロスが入ると、小川が反応。滑り込みながら右足で合わせるも、シュートはゴールの右をかすめる。 ▽その後は、終始お互いに精彩を欠き、なかなかゴールチャンスを作り出せないまま時間が経過。仙台は42分、FKから何とかチャンスを作り出そうとするも、ゴール前の混戦からの石原のバックヘッドは、勢いなくGKにキャッチされてしまう。 ▽44分には、左サイドでパスを受けた佐々木が、ボックス左まで持ち込んでゴールを狙うが、シュートはバーの上に外れる。前半は磐田がやや優勢に進めたものの、両者とも細かいミスが目立ち、ゴールレスで折り返す。 ▽迎えた後半、早々に試合が動く。51分、敵陣中央のやや左でパスを受けた佐々木が、縦に走り込んでいたクリスランにスルーパス。キーパーと1対1になったクリスランが冷静にこれを決めて、仙台が先制に成功した。 ▽先制点を奪った仙台は、さらに攻勢に出る。64分、左サイドでパスを回すと、DFの背後に走り込んだ三田に、佐々木が浮き球でスルーパス。三田はさらにDFを一人かわし、ボックス左の深い位置からシュートを放つ。しかし、これはGKに弾かれ追加点を奪えない。 ▽それでも、攻め立てる仙台が追加点を奪う。68分、右サイド深くからクロスを入れた菅井が、一度はブロックされるも、こぼれ球を拾いボックス左の佐々木にパス。佐々木はGKの位置を確認し、冷静にループシュート。ボールはGKの頭上を抜く綺麗な軌道でネットに吸い込まれた。 ▽その後は守りに重きを置く仙台に対し、攻撃のアイデアが見出だせない磐田が攻めあぐねる時間帯が続き試合終了。2-0でホームの仙台が勝利し、0-7で大敗した浦和戦の汚名を払拭した。 2017.04.12 22:06 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FM、新10番MF齋藤学の2アシストで旧10番MF中村俊輔の磐田を撃破!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第6節、横浜F・マリノスvsジュビロ磐田が8日に日産スタジアムで行われ、ホームの横浜FMが2-1で勝利した。 ▽トリコロールのレジェンド中村俊輔の初凱旋に注目が集まった9位横浜FMと10位磐田による中位対決。開幕連勝スタートを飾るも、以降のリーグ戦3戦未勝利と失速が続く横浜FMは、直近のセレッソ大阪戦から先発3人を変更。負傷の中町に代えて喜田を起用したほか、前田と伊藤に代えてダビド・バブンスキー、ウーゴ・ヴィエイラの助っ人コンビが先発に入った。 ▽一方、前節清水エスパルスとの4年ぶりの“静岡ダービー”に完勝し、勢いに乗る磐田は、櫻内に代わって右サイドバックに移籍後初出場となる高橋祥を起用した以外、同じメンバーを起用した。 ▽古巣初対戦となる中村俊に多くの注目が集まった中でスタートした試合は、立ち上がりから拮抗した展開となった。それでも、ホームで4試合ぶりの勝利を目指す横浜FMは、16分と24分に天野がミドルレンジのシュートで続けてゴールを脅かすなど、徐々に磐田を押し込んでいく。 ▽すると26分、左サイドでボールを持った横浜FMの新10番の齋藤が、かつての10番であり、磐田の新10番のマークを剥がして絶妙なクロスを入れると、これをファーサイドに走り込んだマルティノスが頭で流し込んだ。 ▽齋藤のアシストからホームチームが先制に成功したが、磐田の10番も負けじと魅せる。34分、左CKの場面で中村俊がアウトスウィングのクロスをニアに入れると、クリアボールがボックス手前の大井に渡ると、大井が見事な左足のボレーシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽中村俊を起点に大井のゴールで振り出しに戻った試合は、その後一進一退の攻防を見せる。この流れの中で川又や天野に決定機が訪れるも、前半は1-1のイーブンで終了した。 ▽後半も中盤で潰し合う展開が目立つも、横浜FMが56分に最初の決定機を迎える。カウンターから中央を持ち上がった齋藤のスルーパスに抜け出したウーゴ・ヴィエイラがボックス左で切り返してDFを外し、狙い澄ましたシュートを放つが、このシュートはわずかに枠の右に外れる。 ▽一方、55分に太田を下げてアダイウトンを投入した磐田は、61分にボックス付近で仕掛けた松浦がループシュートを狙うが、ここは必死の戻りを見せた相手DFのクリアに遭う。 ▽互いにゴールに迫りながらもあと一押しが足りない状況が続くが、横浜FMの10番が再び試合を動かす。73分、齋藤の浮き球の縦パスをボックス右で受けた金井が素早くターンして右足を振り抜くと、このシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽齋藤の2アシスト目で勝ち越しに成功した横浜FMは、試合終盤にかけて足を痛めたマルティノスを含め、外国人助っ人3選手を揃ってベンチに下げ、これが移籍後初出場となる扇原やベテランDF栗原を投入し、逃げ切り態勢に入る。一方、追いつきたい磐田は、78分に櫻内、松本を同時投入。試合終了間際には右CKの場面で中村俊の絶妙なクロスにファーサイドでフリーの櫻内が飛び込むが、ヘディングシュートを枠に飛ばすことができず、試合はこのまま2-1でタイムアップ。 ▽新10番齋藤の2アシストの活躍でかつての10番中村俊の所属する磐田を破った横浜FMが、リーグ戦4試合ぶりの勝利を掴んだ。 2017.04.08 21:34 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング