超ワールドサッカー

ジュビロ磐田

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 磐田 22 6 4 5 20 15 5 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
18:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
磐田 vs FC東京
2017-07-01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
新潟 vs 磐田
2017-07-08
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
磐田 vs 甲府
2017-07-29
19:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
川崎F vs 磐田
2017-08-05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
磐田 vs 広島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.18
18:30
明治安田生命J1リーグ
第15節
浦和 2 - 4 磐田
2017.06.04
15:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
磐田 3 - 0 G大阪
2017.05.31
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第7節
磐田 1 - 2 大宮
2017.05.27
14:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
広島 0 - 0 磐田
2017.05.20
14:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
磐田 0 - 2

基本データ

正式名称:ジュビロ磐田

原語表記:Jubilo IWATA

ホームタウン:磐田市

チームカラー:サックスブルー

関連ニュース

thumb

途中出場のMF松浦2発で磐田が逆転で浦和を破り2連勝! 31歳バースデーのGK西川は悪夢の4失点…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節、浦和レッズvsジュビロ磐田が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、アウェイの磐田が4-2で勝利した。 ▽1試合未消化で暫定6位の浦和(勝ち点23)と、11位磐田(勝ち点19)がインターナショナルマッチウィークによる中断期間明けで対峙する一戦。前節、柏レイソルとの上位対決に敗れ、2戦未勝利の浦和は、その試合のメンバーから高木に代えて武藤を先発で起用。また、負傷明けのラファエル・シルバが約1カ月ぶりにベンチ入りを果たした。 ▽一方、前節ガンバ大阪相手に3-0の快勝を収め、リーグ6戦ぶりの白星を手にした磐田だが、この試合に向けては太もものケガを再発した中村俊がベンチ外となり、松井を代役に起用。また、小川に代わって宮崎が先発に復帰した。 ▽浦和のビルドアップに対して、アウェイの磐田が勇気を持って前がかりなハイプレスを仕掛けて主導権を奪いにかかる。9分には大井の中盤でのボール奪取からシュートカウンターに転じ、アダイウトンからボックス左に走り込む松井へパスが通るが、松井のニアを狙った左足シュートはサイドネットを叩く。 ▽やや相手の出方に戸惑った浦和だったが、11分に自陣低い位置でのボール奪取から関根のロングフィードに抜け出した興梠がボックス左から左足のシュートを放つなど、相手の背後を狙う興梠の動き出しに合わせたシンプルな縦パスや、素早い攻守の切り替えでチャンスを窺う。 ▽インテンシティの高い見応えのある攻防が続く中、20分過ぎに浦和にアクシデント。アダイウトンとの競り合いで目尻を切った槙野が流血。だが、槙野はバンテージを巻いてプレーに復帰した。 ▽その後、磐田の勢いが落ち始めると、徐々に浦和が得意のダイレクトプレーで相手のマークを剥がしてチャンスを創出していく。だが、この日が31歳の誕生日となる守護神の痛恨ミスでアウェイチームに先制点を許す。 ▽36分、磐田が相手陣内左サイドでFKを得ると、キッカーの宮崎が左足のクロスをゴール前に送る。ここでGK西川が飛び出してパンチングを試みるが、ボールを触れずに川又が頭で合わせる。そして、ゴール方向に向かった浮き球のボールを大井が頭で押し込んだ。 ▽リズムに乗り始めた矢先に守護神のミスからリードを許した浦和はすぐさま反撃を開始。サイドをえぐって宇賀神、興梠と続けて際どいクロスを入れると、この流れで得た右CKから追いつく。43分、右CKの場面でキッカーの柏木が鋭いボールを入れると、ニアでDFを振り切った阿部がうまく頭でコースを変えて左隅に流し込んだ。畳みかけるホームチームは、直後にもボックス左で興梠が折り返したボールに関根が反応も右足のシュートはうまくミートせず、前半は1-1のイーブンで終了した。 ▽前半のうちに追いついた浦和は、後半立ち上がりにアダイウトンに決定機を許したものの、ここから自慢のパスワークと個人技で相手を圧倒。すると55分、左サイドの武藤からパスを受けた興梠がバイタルエリアで絶妙なタメから攻め上がった阿部に短いパスを通す。このままゴール前に抜け出した阿部のシュートはGKカミンスキーに触られるも、このままゴールネットに吸い込まれた。 ▽キャプテン阿部の2ゴールで逆転に成功した浦和は、58分に宇賀神を下げて駒井、61分に李を下げてラファエル・シルバを投入。より前がかって相手にとどめを刺しに行く。興梠のポストプレー、駒井と関根の両ウィングバックの積極的な仕掛けで相手を自陣深くに押し込むが、ラファエル・シルバらが決め切れず。 ▽一方、足が止まって防戦一方の磐田は、宮崎と松井を下げて小川、松浦とフレッシュな選手をピッチに送り出すと、ワンチャンスを生かして追いつく。 ▽68分、自陣深くで川又が大きく蹴り出したボールに反応したアダイウトンが完璧な形で裏へ抜け出す。ここはリスク管理を怠らずに飛び出したGK西川が先にクリアすると思われたが、西川のクリアがアダイウトンに当たってしまう。このこぼれ球を回収したアダイウトンがそのままボックス内に持ち込み、最後は冷静にDFを外して無人のゴールへ流し込んだ。 ▽再び相手守護神の微妙な対応からゴールを奪い、息を吹き返した磐田は、ここから途中出場の松浦が躍動。74分、右サイドでボールを持った松浦がバイタルエリアのアダイウトンとのパス交換でボックス右に抜け出すと、腰を強く捻った左足のシュートでニアを破り、逆転ゴールを奪う。さらに80分には左サイドで川又が潰れてアダイウトンが裏へ出したスルーパスに抜け出した松浦がボックス内でGK西川との一対一を制し、点差を2点に広げる4点目を奪った。 ▽痛恨の連続失点で試合を引っくり返された浦和は、関根に代えてズラタンを投入してゴールを目指すが、87分に阿部のクロスをボックス内で胸トラップしたラファエル・シルバのシュートも枠を捉え切れず、万事休す。 ▽90分を通してのハードワーク、松浦投入が嵌った磐田が、前節のG大阪戦に続き格上撃破で2連勝を飾った。一方、守護神西川の痛恨のミスや決定力不足が響いた浦和は、厳しい連敗で3戦未勝利となった。 2017.06.18 21:11 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田、MF藤川虎太朗が右内転筋肉離れで3~4週間の離脱

▽ジュビロ磐田は16日、MF藤川虎太朗が右内転筋肉離れで全治3~4週間と診断されたことを発表した。 ▽藤川は6月14日のトレーニング中に受傷し、浜松市内の医療機関で検査を受けた結果、右内転筋肉離れと診断された。 ▽今季、東福岡高等学校から加入した藤川だが、今年1月に左第5中足骨疲労骨折で3カ月ほどの離脱を強いられ、先月31日に行われたルヴァンカップ第7節大宮アルディージャ戦でデビューを飾ったばかりだった。 2017.06.16 20:42 Fri
twitterfacebook
thumb

川又爆発の磐田が5試合ぶりの得点で6戦ぶり白星! 今季最多3失点で完敗のG大阪は7戦ぶりの黒星…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節、ジュビロ磐田vsガンバ大阪が4日にヤマハスタジアムで行われ、ホームの磐田が3-0で完勝した。 ▽5戦未勝利の12位磐田(勝ち点16)と、1試合未消化ながら6戦無敗で2位に位置するG大阪(勝ち点25)の一戦。前節、サンフレッチェ広島相手にゴールレスドローに終わった磐田は、先発3人を変更。中村太、松井、上田に代わって、負傷で前節を欠場した中村俊、森下、川辺が先発に復帰した。一方、前節試合がなかったG大阪は、快勝した前々節サガン鳥栖と同じ先発となり、U-20ワールドカップ帰りの堂安と初瀬はベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりから川又とアダイウトンの強さと速さを生かした攻撃で流れを掴む磐田は15分、自陣からのロングボールに抜け出した川又がボックス左でDFを振り切って左足を振り抜くが、ここは角度を作れず、枠の右に外れる。 ▽立ち上がり以降も粘り強い守備から繰り出す鋭いカウンターが猛威を振るう磐田は、28分にボックス手前中央の好位置でFKを獲得。これを中村俊が左足で直接狙うが、美しい軌道を描いたこのシュートはわずかに落ち切らず、クロスバーを叩く。それでも、攻勢を続けるホームチームは31分、ハーフウェイライン付近でパスを受けた川又がアクロバティックなキックで相手最終ラインの背後へ絶妙な縦パスを送ると、これに抜け出したアダイウトンがDF三浦を吹き飛ばし、最後はボックス内でGK東口との一対一を制した。 ▽2トップの見事な連係からリーグ戦5試合ぶりのゴールを奪い、完全に勢い付く磐田は、40分に追加点を奪う。相手陣内右サイドで得たFKの場面で中村俊が入れたクロスがニアでDFの頭に当たってファーに流れると、アダイウトンが頭で折り返す。すると、DF藤春にディフレクトしたボールをゴール前の川又が泥臭く押し込んだ。 ▽前半終了間際に倉田が個人技で惜しいシュートを放ったものの、ほとんど良いところがなく前半を終えたG大阪は、オ・ジェソクと赤崎に代えて後半頭から初瀬とアデミウソンを同時投入する2枚替えを敢行する。50分過ぎに井手口がミドルシュートでゴールを狙うなど、立ち上がりから攻勢を仕掛ける。 ▽一方、前がかりな相手に対して後半も背後のスペースを執拗に狙う磐田は55分、川辺のフィードに抜け出した川又が先にボールに追いついたDFファビオの不用意なクリアをブロックし、ゴール前に持ち込むと、冷静にゴール右隅へシュートを流し込み、この試合2点目を奪った。 ▽先制点と似たような形から痛恨の3失点目を喫したG大阪は60分、藤本を下げて負傷明けで3月19日の第4節浦和レッズ戦以来の戦列復帰となる今野を投入し、30分を残して3枚の交代枠を使い切る。今野の投入で前がかりになるG大阪だが、3点リードの余裕からか、要所で冷静な対応を続ける磐田の守備を前になかなか決定機を作れない。 ▽その後、中村俊、川又、高橋を下げて松井、荒木、宮崎をピッチに送り出して試合を締めにかかる磐田は、再三のカウンターチャンスから4点目に迫るも決め切れず。それでも、最後まで集中した守備でG大阪の反撃を無失点で凌ぎ切り、ホームで3-0の完勝。川又爆発で快勝の磐田が、待望の5試合ぶりの得点でリーグ6試合ぶりの白星を手にした。一方、今季最多の3失点を喫してリーグ最少失点の堅守が崩壊したG大阪は、7試合ぶりの黒星となった。 2017.06.04 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田FW小川航基が全治約6カ月の離脱へ、U-20W杯で重傷の左ヒザ手術

▽ジュビロ磐田は1日、U-20日本代表FW小川航基が浜松市内の医療機関で検査を行った結果、左ヒザ前十字じん帯損傷および外側半月板損傷で手術後、全治約6カ月と診断されたと発表した。 ▽U-20日本代表メンバーとしてFIFA U-20ワールドアップ(W杯)2017に参戦していた小川。しかし、5月24日に行われたグループステージ第2節のU-20ウルグアイ代表戦で負傷し、同28日にひと足先の帰国を余儀なくされていた。 ▽その小川は、2016年に桐光学園高校から磐田に入団。プロ2年目の今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグ5試合、YBCルヴァンカップ5試合4ゴールを記録していた。 2017.06.01 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

伊藤新体制の大宮、大前一発退場も競り勝つ! 磐田のPO進出阻む初陣白星《YBCルヴァンカップ》

▽31日にヤマハスタジアムで行われたJリーグYBCルヴァンカップ2017グループAの最終節、ジュビロ磐田vs大宮アルディージャは、アウェイの大宮が2-1で勝利した。 ▽勝てばプレーオフ進出が確定する3位の磐田と、すでにグループステージ突破の芽がない5位の大宮が激突した。磐田は荒木と齊藤が今シーズン初先発。伊藤新監督の初陣となる大宮は、長谷川アーリアジャスールをアンカーに置く[4-1-4-1]を用い、大前や江坂ら主力を揃って起用した。 ▽新監督の初陣白星でリーグ戦に弾みをつけたい大宮。開始9分には、ロングボールに反応した大前がディフェンスラインの裏に抜け出して一対一を迎える。しかし、大前の伸ばした足がGK志村の頭に当たってしまい、まさかの一発退場。開始早々に数的不利に陥ってしまう。 ▽数的優位の磐田は、後方でボールを落ち着かせながら攻撃のリズムを構築。しかし、崩し切れずにいると、1人少ない大宮が均衡を破る。39分、味方とのパス交換で右サイド深くに侵攻した奥井が右足でクロスを供給する。これにゴール正面で反応した江坂が頭でネットを揺らした。 ▽1点リードで試合を折り返した大宮は、迎えた後半も数的不利ということもあり、押し込まれる時間が長く続くが、無理に飛び込まないディフェンスで対応。堅い守りで前がかりになる磐田に決定的なシュートチャンスすら与えない。 ▽攻め手を欠く磐田は、ベンチスタートのアダイウトンを投入。66分には、ゴール前でファジーなロングボールに反応したアダイウトンが相手GKとの競り合いから頭でボールを押し込みにかかるが、当たりが弱く、相手DFに弾き出されてしまう。 ▽それでも、終始攻勢の磐田は77分にチャンス。中村太亮が右サイドの敵陣中央からクロスを送ると、相手DFと激しく競り合うアダイウトンの頭上を越え、ファーサイドの高橋が頭で合わせる。これがゴール右に決まり、磐田がようやく同点に追いついた。 ▽ところが、大宮が後半アディショナルタイム1分に逆転。カウンターに持ち込むと、途中出場の清水が左サイドからグラウンダーのクロスを送る。これに反応した岩上がファーサイドから中に飛び込み、ワンタッチでボールを押し込んだ。 ▽結局、数的不利の逆境をはねのけた大宮は磐田に競り勝ち、伊藤新体制の初陣を白星。敗れた磐田はプレーオフ進出を逃し、グループステージ敗退が決定した。 2017.05.31 21:00 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング