ジュビロ磐田

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 磐田 43 12 7 7 39 25 14 26

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-09-23
16:00
明治安田生命J1リーグ
第27節
磐田 vs 大宮
2017-09-30
16:00
明治安田生命J1リーグ
第28節
FC東京 vs 磐田
2017-10-14
14:00
明治安田生命J1リーグ
第29節
清水 vs 磐田
2017-10-21
15:00
明治安田生命J1リーグ
第30節
磐田 vs 新潟
2017-10-29
15:00
明治安田生命J1リーグ
第31節
磐田 vs 横浜FM

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.09.17
16:00
明治安田生命J1リーグ
第26節
磐田 1 - 1 浦和
2017.09.09
13:00
明治安田生命J1リーグ
第25節
札幌 2 - 1 磐田
2017.08.26
19:00
明治安田生命J1リーグ
第24節
磐田 2 - 1 神戸
2017.08.19
18:30
明治安田生命J1リーグ
第23節
磐田 1 - 1 C大阪
2017.08.13
18:30
明治安田生命J1リーグ
第22節
G大阪 0 - 2 磐田

基本データ

正式名称:ジュビロ磐田

原語表記:Jubilo IWATA

ホームタウン:磐田市

チームカラー:サックスブルー

関連ニュース

thumb

磐田vs浦和は痛み分け、俊輔アシストも興梠弾で1-1《J1》

▽17日に行われたエコパスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第26節のジュビロ磐田vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。 ▽12勝6分け7敗で6位の磐田が12勝3分け10敗で8位の浦和をエコパスタジアムで迎え撃った。磐田は北海道コンサドーレ札幌との前節に5試合ぶりの黒星。今節は2試合ぶりの白星を狙う。先発には櫻内に代わり、宮崎が起用。五子誕生の中村俊輔もスタメン入りを果たした。 ▽浦和は前節、柏レイソルに敗北。だが、ミッドウィークに川崎フロンターレを相手に2戦合計スコアで大逆転のACL準決勝進出を決めており、ムードは悪くない。2試合ぶりの勝利が懸かる今節は、激戦のACLから中3日ということもあり、阿部や柏木らをベンチに置くローテーションを採用した。 ▽試合は互いに慎重な入りとなる。その中で、浦和がポゼッションサッカーを展開。だが、磐田の39歳レフティがやや劣勢の流れを払拭する。21分に敵陣右サイドで得たFKのキッカーは中村俊輔。左足のクロスから中央の高橋がゴールに迫ると、GK西川の弾いたボールをムサエフが押し込み、磐田がリードする。 ▽リードを許した浦和は、失点後もボールの主導権を掌握。31分には、右サイドのクロスからファーサイドの矢島がヘディングシュートを放つ決定打。これが枠に飛ぶが、GKカミンスキーの牙城を崩せない。続く35分にも好機。右サイドの崩しから中央の矢島がダイレクトでゴールを狙うが、これを不意にする。 ▽1点ビハインドのまま試合を折り返した浦和は、今シーズン初となるリーグ戦先発の平川に代えて、梅崎を投入。その序盤から攻勢をかけるが、ネットを揺らした武藤のシュートはオフサイドの判定で取り消されるなど、なかなか攻撃をゴールに結びつけられない。 ▽68分に矢島を諦めてターゲットマンのズラタンにスイッチした浦和は、その後も磐田を押し込む展開に。磐田の守備攻略に苦労を強いられるが、79分に打ち破る。敵陣中央の青木が縦に浮き球パス。これに反応した興梠が裏抜けから頭で押し込み、浦和が追いついた。 ▽リードを失った磐田は、後半アディショナルタイム直前に勝ち越しのチャンス。左サイドの崩しからボックス中央でフリーの松浦がシュートを枠に飛ばすが、ここはGK西川のファインセーブに阻まれてしまう。結局、試合は1-1のドロー。痛み分けという結果に終わっている。 2017.09.17 17:55 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田MF中村俊輔に第五子となる男の子が誕生

▽ジュビロ磐田は14日、元日本代表MF中村俊輔(39)に第五子となる男の子が10日に誕生したことを発表した。世界も認めるレフティはクラブ公式サイトで次のように喜びのコメントを寄せている。 「この度、第五子となる男の子が無事に誕生しました。新たな家族が増え、より一層チームに貢献できるよう、プレーしたいと思います」 ▽中村は、横浜F・マリノスから磐田に今シーズン加入。FKの名手として健在ぶりをアピールするなど、ここまで明治安田生命J1リーグ21試合3得点9アシストの活躍を披露している。 2017.09.14 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

小野起点でヘイス逆転弾! 札幌が今季初連勝! 磐田は川又決めれば無敗のジンクス崩れる《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第25節の北海道コンサドーレ札幌とジュビロ磐田の試合が、9日に札幌ドームで行われ、2-1で札幌が勝利した。 ▽6勝5分け13敗で14位に沈んでおり、降格圏の大宮アルディージャ(勝ち点20)との勝ち点差が「3」まで迫っている札幌(勝ち点23)は、1-0で勝利した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを1名変更。菊地に代えて横山を送り出した。対して、12勝6分け6敗で6位につけている4戦負けなしの磐田(勝ち点42)は、2-1で勝利した前節のヴィッセル神戸戦からスタメンを1名変更。上田に代わり中村がスタメンに復帰し、万全の布陣でこの一戦に臨むこととなった。 ▽試合の序盤は、福森からのフィードを起点に攻勢をかけた札幌がペースを握った。15分には、CKの場面で横山が右足を振り抜いた。シュートは枠を外れたが、チャンスを作り出していく。 ▽それでも、23分にボックス左でボールを持った高橋が中央で待つムサエフにクロスを供給。シュートはク・ソンユンのファインセーブに阻まれたものの、徐々に磐田がチャンスを作り始める。すると、27分に磐田が先制点を奪取した。ドリブルでボックス内に侵攻したアダイウトンが横山、宮澤との接触で転倒。PKの判定となり、キッカーの川又が3試合連続となる得点を落ち着いて決めた。 ▽良い流れで試合に入りながらも先に失点を喫した札幌だったが、前半のうちにエースがイーブンに戻した。40分、右サイド深い位置でボールを持った早坂が、ボックス内に素早いクロスを送る。走り込んだ都倉が左足で押し込み、6試合ぶりにネットを揺らした。 ▽同点の状態で突入した後半に、最初のチャンスを得たのは札幌だった。ボックス内に抜け出そうとした都倉が大井に倒され、FKを獲得する。58分、ペナルティーアーク内中央の位置からのキックを担当したのは、プレースキックに定評のある福森。しかし、壁の上を抜こうとしたシュートは、相手のブロックに遭い、枠を外れた。 ▽逆転を目指す札幌は、65分に都倉を下げて元磐田のジェイを投入。ジェイにとっては、初の古巣対戦となったが、なかなか得点機に絡むことができず。両クラブ共にシュートまで持ち込めない時間帯が続いた。 ▽最後まで諦めない札幌は83分、宮澤に代えて小野を起用。すると、頼れるベテランが早速得点に絡んだ。85分、ボックス手前やや左でチャナティップからの縦パスを受けた小野が、ワンタッチで相手DFの裏にボールを供給。走り込んだ石川がボックス左からクロスを上げ、ニアにポジションを取ったヘイスが逆転弾を決め切った。 ▽試合はこのまま終了。札幌が今季初となる連勝を逆転で飾ることに。残留に向けて勝ち点「3」を積み上げることとなった。磐田は、一時のリードを活かすことができず、手痛い敗北。ここまで続いていた川又の得点試合無敗というジンクスが、崩れることになった。 2017.09.09 15:17 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田がカールスルーエ退団のMF山田大記の復帰を発表!「ドイツで成長した姿を見せられるように」

▽ジュビロ磐田は30日、カールスルーエを退団していたMF山田大記(28)が完全移籍で加入することを発表した。31日のトレーニングから参加予定とのことだ。 ▽山田は明治大学から2011年に磐田に加入。背番号10を背負い、1年目からJ1で29試合に出場し5得点を記録。その後も主力としてプレーし、3シーズンでJ1通算90試合出場22得点を記録していた。2014年はJ2での戦いとなるも17試合に出場し3得点を記録。2014年7月に当時ブンデスリーガ2部のカールスルーエに完全移籍した。 ▽カールスルーエでも主力としてプレーしていた山田は、3シーズンでブンデスリーガ2部88試合に出場し10得点14アシストを記録。しかし、チームは2016-17シーズンのブンデスリーガ2部で低迷。今シーズンから3部に降格し、山田は契約満了で退団していた。山田はクラブを通じてコメントしている。 「再びサックスブルーのユニフォームを着て、プレーさせてもらうことになりました。自分を育ててくれたジュビロ磐田というクラブと応援してくれるサポーターの為に、自分にできることを精一杯やりたいと思います。ドイツで成長した姿を見せられるように頑張ります。ジュビロに関わる全ての皆さん、改めてよろしくお願いします」 2017.08.30 16:36 Wed
twitterfacebook
thumb

俊輔急きょ欠場の磐田、華麗な逆転勝利! 疑惑判定&ポルディ弾も神戸撃破《J1》

▽26日にヤマハスタジアム(磐田)で行われた明治安田生命J1リーグ第24節のジュビロ磐田vsヴィッセル神戸は、ホームの磐田が2-1で勝利した。 ▽6位の磐田は前節のセレッソ大阪戦を1-1のドロー。2連勝とはならなかった。今節は小川大貴が先発。そのほか、メンバー入りしていた中村に代わり、上田が急きょスタメン出場した。対する11位の神戸は前節の横浜F・マリノス戦で痛み分け。連敗を「3」で止めた。吉田体制2試合目となる今節は、松下、藤谷、大森に代わり、橋本、伊野波、ハーフナー・マイクが先発した。 ▽試合は、立ち上がりから大井とポドルスキがヒートアップするなど激しい展開となる。8分、ハーフナー・マイクに右ポスト直撃のシュートを許した磐田だったが、試合の流れを掴むと、24分にチャンス。アダイウトンがボックス左から左足ループシュートを放つ。これがライン上にプレスバックした渡部の手に当たって弾かれたものの、主審からお咎めなし。磐田は不意にした。 ▽判定に泣かされた磐田は、その後も気を落とすことなく試合の流れをコントロール。だが、先にスコアを動かしたのは、神戸だった。48分、渡部からパスを受けた小川が右サイドに侵攻。ボックス右でダイレクトで折り返したボールを中央でフリーのルーカス・ポドルスキが冷静に左足で押し込み、神戸がリードに成功した。 ▽ルーカス・ポドルスキに5試合ぶりのゴールを許して失点した磐田だが、6分に相手からボールを奪った上田を起点にショートカウンターを発動。川辺が敵陣中央から前のスペースにスルーパスを出す。これに反応した川又が最終ラインを抜け、GKと1対1に。左足のシュートを落ち着いてゴール右隅に沈め、磐田がすぐさま同点に追いついた。 ▽川又のシーズン10得点目で試合を振り出しに戻した磐田は、その後もボールの主導権を掌握。79分には逆転する。ゴール正面でFKのチャンスを獲得すると、キッカーは途中出場の松浦。右足で直接狙ったシュートが壁を越えて、そのままゴール右隅に吸い込まれ、磐田が試合をひっくり返した。 ▽嫌な空気が漂う神戸は、反撃に出たいところだったが、試合終了間際に57分から出場の中坂が一発退場。結局、数的優位のアドバンテージを得た磐田が逃げ切り、2試合ぶり白星で4戦負けなしとしている。 2017.08.26 21:09 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング