アルビレックス新潟

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 新潟 8 2 2 14 12 39 -27 18

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-07-30
19:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
FC東京 vs 新潟
2017-08-05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
新潟 vs 横浜FM
2017-08-09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
新潟 vs 川崎F
2017-08-13
19:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
大宮 vs 新潟
2017-08-24
明治安田生命J1リーグ
第24節
vs 新潟

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.07.09
18:30
明治安田生命J1リーグ
第18節
浦和 2 - 1 新潟
2017.07.01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
新潟 0 - 2 磐田
2017.06.25
18:30
明治安田生命J1リーグ
第16節
鹿島 2 - 0 新潟
2017.06.17
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
新潟 1 - 2 大宮
2017.06.04
15:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
C大阪 4 - 0 新潟

基本データ

正式名称:アルビレックス新潟

原語表記:Albirex NIGATA

ホームタウン:新潟市、聖籠町

チームカラー:オレンジ、ブルー

関連ニュース

thumb

新潟MF森俊介が右ヒザ負傷で6週間の離脱…

▽アルビレックス新潟は16日、MF森俊介(22)が負傷したことを発表した。 ▽クラブ公式サイトによると、森は2日に行われたトレーニングで負傷。診断の結果右ひざ大腿骨顆部軟骨の損傷で全治6週間となるようだ。 ▽今シーズンから新潟に加入した森は、4月30日に行われた第9節の柏レイソル戦で83分からピッチに立ちJリーグデビューを果たした。ここまで18試合を消化して4試合で途中出場を果たしている。 2017.07.16 13:22 Sun
twitterfacebook
thumb

MF原輝綺、内山篤監督に恩返し誓う「自分を呼んで良かったと思ってもらいたい」《AFC U-23選手権》

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は14日、千葉県内で今月19日~23日にかけてカンボジアで行われるAFC U-23選手権予選に向けて、ユニバーシアード日本代表と練習試合を行った。 ▽練習試合終了後、MF原輝綺(アルビレックス新潟)がメディア陣のインタビューに応対。今大会が最後になる内山篤監督に「自分を呼んで良かったと思ってもらいたい」と恩返しを誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF原輝綺</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">──サイドバックの感覚がついてきてしまっているか</span> 「できればやりたくないですね(笑)」 <span style="font-weight:700;">──MF三笘薫(筑波大)に抜かれそうな時に厳しく行っていたが</span> 「自分は彼を知っているので、年下ですけど一個上のカテゴリーでやっている以上、そこは意識していました」 <span style="font-weight:700;">──内山篤監督と最後の大会になると思うが</span> 「自分を下から引き上げてくれた監督です。またボランチの選択肢をくれたのも内山監督。そこは最後の恩返しとして、自分のプレーをしっかりして、自分を呼んで良かったと思ってもらいたいです」 2017.07.14 22:36 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟が下部組織出身の前橋育英高校DF渡邊泰基の来季加入内定を発表

▽アルビレックス新潟は14日、前橋育英高校に所属するDF渡邊泰基(18)の来季加入内定を発表した。 ▽渡邊は、新潟U-15出身で前橋育英高校に進学。2017年の全国高等学校サッカー選手権大会ではチームを準優勝に導き、優秀選手に選ばれていた。 ▽新潟は渡邊について「タイミングのいいオーバーラップからのクロスと的確なカバーリングが特長のサイドバック」と特徴を紹介している。 2017.07.14 15:43 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ中間評価】ダブル・シルバ流出で不安的中の最下位《アルビレックス新潟》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回はアルビレックス新潟編をお届けする。 ◆<span style="font-weight:700;">懸念通りの大苦戦</span> 勝ち点8/2勝2分け13敗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170710_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨年は最終節でぎりぎり残留を決める薄氷のシーズンを送った新潟が、シーズン前半戦を終えて最下位ともがき苦しんでいる。MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ)とFWラファエル・シルバ(浦和レッズ)の両主軸が流出したチームは、攻守に大きな問題を抱え、開幕前の懸念通り大苦戦を強いられている。 ▽ダブル・シルバの代役として獲得した俊足のFWホニ、パサーのMFチアゴ・ガリャルドはいずれも非凡な攻撃センスを見せたが、目に見える結果を出すには至っていない。MFジャン・パトリックに至っては全く戦力にならず契約解除に至っている。 ▽また、ダブル・シルバ以外にもMF小林裕紀(名古屋グランパス)、DF舞行龍ジェームズ(川崎フロンターレ)、DF松原健(横浜F・マリノス)、DFコルテース(グレミオ)ら昨シーズンまでの主力を失った影響は大きく、チーム力は格段に低下した。そんなチームをJ1初采配の三浦文丈監督が率いたが、10試合でわずか1勝に終わり、辞任に追い込まれた。そして、後任の呂比須ワグナー監督もチームを立て直すことができず、18試合を終えて2勝と後半戦に向けても厳しい戦いが待ち受けていること必至だ。 ◆<span style="font-weight:700;">ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170710_12_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】10/100点満点 ▽第4節以降、GK守田達弥に代わって浦和から獲得した大谷幸輝を正GKに据えたが、軽率なミスが多く、開幕3連敗を喫したチームを立て直す原動力になることはできなかった。また、ディフェンスリーダーと目されたDF大野和成が負傷し、DFソン・ジュフンとDF富澤清太郎の組むセンターバックは不安定さを露呈。唯一、サイドバックを務めたMF原輝綺が安定感あるプレーを見せたが、リーグ最多の39失点と守備が崩壊した。 【MF】10/100点満点 ▽レオ・シルバと小林の抜けた穴が予想通り大きかった。心臓を失ったチームはジャン・パトリックがフィットしなかったことから小泉慶と原の両若手で乗り切ろうとしたものの、攻守両面での物足りなさは否めなかった。攻撃面ではチアゴ・ガリャルドのパスセンスを活かそうとしたが、ホニ以外と連係が合わず崩しのバリエーションを欠いた。 【FW】10/100点満点 ▽ラファエル・シルバを失った前線は深刻な得点力不足に陥った。代役のホニは俊足ではあるものの、フィニッシュの局面で冷静さを欠き、3得点と思うような結果を残せていない。FW山崎亮平、FW鈴木武蔵に関しても際どいシュートまでは持ち込めるものの、ゴールを奪いきることはできず、得点源不在が大いに響いた。 ◆<span style="font-weight:700;">超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span> MF原輝綺(18歳/No.34)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170710_12_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>明治安田生命J1リーグ:14試合(先発14回)/1ゴール ▽暗い話題の多いチーム状況の中、市立船橋高校出身のルーキーが開幕からスタメンとしてピッチに立ち続けた。決して派手なプレーヤーではないが、18歳とは思えない沈着冷静なプレーと、ボランチと両サイドバックをこなせる器用さを併せ持ち、三浦監督、呂比須監督いずれも原を重宝している。U-20ワールドカップでも主力としてプレーし、低調なチームの中で唯一と言っていい明るい材料となっている。 ◆<span style="font-weight:700;">超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> MFジャン・パトリック(25歳/No.6) 明治安田生命J1リーグ:0試合 ▽多くの選手が期待外れに終わった前半戦だったが、レオ・シルバの代役として期待されたものの、全くフィットせず半年でチームを去ったブラジル人MFを選出。リーグ戦出場はなく、チームにとっては取り返しのつかない大きな誤算となった。 ◆<span style="font-weight:700;">現状的にJ1残留は至難の業</span> ▽残留に向けての見通しは非常に厳しい。守備が不安定な上に得点力が乏しく、攻守に課題山積の状況だ。監督交代も効果を見せることなく残留圏内の北海道コンサドーレ札幌とは8ポイント差と、奇跡に近い残留を果たした昨季以上に厳しい状況となっている。2004年から戦ってきたJ1の座を死守するのは至難の業となりそうだが、新戦力のストライカーであるタンケの働きに命運が懸かっていると言えそうだ。 2017.07.10 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和が5分間の逆転劇でミシャ踏みとどまる!!…新潟はクラブワーストの6連敗目《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第18節、浦和レッズvsアルビレックス新潟が9日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で浦和が勝利した。 ▽8勝2分け7敗で8位に順位を落としている浦和(勝ち点26)が、2勝2分け13敗で最下位に沈む新潟(勝ち点8)をホームに迎えた。浦和は5日に行われたミッドウィーク開催の第13節延期分川崎フロンターレ戦に1-4で敗北。直近5試合で1勝4敗と大きく調子を落としている。さらに、川崎戦で退場処分を受けた遠藤が出場停止に。その穴を埋めるべく、浦和はベテランの那須を2試合ぶりのスタメンとして送り出した。そのほか、駒井を武藤へ変更した以外は川崎F戦と同様の布陣で臨んだ。 ▽対する新潟は、クラブ史上ワーストとなる5連敗中。その5試合では2得点12失点と攻守に課題を抱えている。さらに今節は、0-2で敗北した前節のジュビロ磐田戦で警告を受けた、チーム内得点数2位のFWホニが累積警告で出場停止。泥沼の中、リーグ中断前最後の1戦に臨む新潟は、その磐田戦からホニを鈴木へと代える1名のみの変更に留めた。 ▽3バックを採用した浦和が序盤から攻勢をかける。槙野や森脇がボールを運びワイドに開く関根に預けて勝負するという展開が続くと、10分に右サイドからチャンスが生まれた。那須のロングフィードを関根が受けると、そのまま新潟陣内深くまで縦に侵攻。DFを振り切り斜め後方からボックス内へ走り込んだ武藤へ、ドンピシャのクロスが上がる。フリーで放たれたシュートがゴールを脅かすも、これはGKに阻まれた。サイドを押し込まれた新潟は、攻撃に転じることができず。新潟陣内で試合が進行していく。 ▽攻め込まれながらも人数をかけた守備で耐え忍ぶ新潟は、27分にカウンターから怖さを見せる。中盤の左サイドでチアゴ・ガリャルドがボールを奪うと、鈴木とのワンツーを用いボックス手前まで駆け上がる。勢いそのまま右足を振り抜きミドルシュートを放つが、枠を外れた。チアゴ・ガリャルドや矢野が浦和のパスをインターセプトするシーンが目立ち始める。 ▽すると35分、新潟がカウンターを成功させる。浦和ボールのCKからこぼれ球を小泉が拾うと、加藤、山崎と繋ぎあっという間に敵地のゴール前まで侵攻。走り込んでいた矢野が右サイド深くから上げたクロスはGK西川に弾かれたが、クリア先に居た山崎の身体に当たる。こぼれ球に反応した小泉が無人のゴールへ頭で押し込み、先制点とした。戦術の嚙み合った新潟は、その後もチアゴ・ガリャルドを起点にして浦和ゴールを度々脅かす。 ▽試合が後半に入ると、浦和は新潟のディフェンスラインの裏を狙うパスを増やし始める。しかし、低く保たれたラインにことごとく弾かれシュートまでは持ち込めない。52分、左サイドの宇賀神からボックス内のラファエル・シルバへ質の高いクロスが供給されたが、これもDFにクリアされた。痺れを切らした浦和は57分に最初のカードを切る。シャドーの一角に入っていた武藤に代えて、ドリブラーの駒井を投入。関根のポジションをシャドーに変更し、駒井を右サイドに配置した。関根が精力的に走りスペースを作り出そうとするが、ディフェンスラインに6枚を並べる新潟の牙城は崩せない。 ▽前半とは変わり、浦和が新潟のカウンターに対して身体を張って止める対応をし始めると、64分に阿部、66分に那須が立て続けに警告を受ける。両者ともにシュートまで持ち運べる回数が減り、試合は睨み合いの様相を呈し始める。 ▽しかし、試合は突然大きく動いた。74分、浦和CKのこぼれ球を拾った森脇がボックス手前右から強烈なグラウンダーシュートを放つ。シュートは右のバーに嫌われたが、阿部が跳ね返りを押し込み、ビハインドを追いつく。そしてその5分後の79分に、逆転弾が生まれた。場面は再び浦和のCK。柏木の放った質の高いボールに合わせたラファエル・シルバのヘディングシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球を自ら拾う。これを右足で確実に決め、電光石火の逆転弾となった。 ▽試合はこのまま終了。この結果、勝利した浦和(勝ち点29)の順位は8位と変動しなかったものの、最下位を相手にホームで敗北して中断期間へ突入という事態は免れた。対する新潟(勝ち点8)は、クラブワーストを更新する6連敗目となり、降格ライン上の15位コンサドーレ札幌との勝ち点差は1つ広がり「8」。残留争いは苦しいものとなった。 2017.07.09 20:59 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング