ガンバ大阪

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 G大阪 48 14 6 14 41 46 -5 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-23
15:00
明治安田生命J1リーグ
第1節
G大阪 vs 横浜FM
2019-03-02
14:00
明治安田生命J1リーグ
第2節
清水 vs G大阪
2019-03-09
15:00
明治安田生命J1リーグ
第3節
G大阪 vs 名古屋
2019-03-17
15:00
明治安田生命J1リーグ
第4節
川崎F vs G大阪
2019-03-30
17:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
G大阪 vs 神戸
基本データ

正式名称:ガンバ大阪

原語表記:Gamba OSAKA

ホームタウン:吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市

チームカラー:ブルー&ブラック

関連ニュース
thumb

昨季トップチームデビューのG大阪GK谷晃生が左肩関節前方脱臼…J3では21試合出場

ガンバ大阪は20日、GK谷晃生(18)が左肩関節前方脱臼と診断されたことを発表した。 クラブの発表によると、谷は13日の練習中に負傷。 G大阪下部組織出身の谷は、2018年にトップチーム昇格。昨シーズンはYBCルヴァンカップ第5節に出場し、トップチームデビューを飾った。また、U-23チームの一員として明治安田生命J3リーグに21試合出場した。 2019.02.20 11:08 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、来季加入内定のDF黒川圭介を特別指定選手に登録

ガンバ大阪は15日、2020年に加入が内定している関西大学DF黒川圭介(21)が2019 JFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたことを発表した。 黒川はスピードを武器に足元の技術で相手を剥せるプレーを得意としているサイドバック。昨年12月5日にG大阪への2020年シーズンからの加入が内定していた。 2019.02.15 19:28 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪2年連続主将の三浦弦太、今年こそタイトルを! 新結成の日韓代表コンビに手応え

Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。 ガンバ大阪はDF三浦弦太が出席。宮本恒靖政権2年目の今シーズンは4年ぶりのタイトル獲得を睨む1年となる。その中で、2年連続で主将を務める三浦は新たな相棒であるDFキム・ヨングォンについて語り、「今年はタイトルを獲らないといけないシーズン。より良いパフォーマンスでチームの勝利に貢献したい」と抱負を語った。 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪) ──アジアカップ後、すぐのキャンプだが、疲れは? 「いや、そういった疲れの部分はあまり感じることなく、やれています」 ──相方のDFファビオが退団。新たにDFキム・ヨングォンが加入した。短期間のキャンプで手応えは? 「やりづらさもなく、全然やれています。コミュニケーションも取れているので、これからより精度を高めていきたいと思っています」 ──新たに左利きのセンターバックとコンビを組むメリットは? 「左でボールを持てるので、パスの出どころも変わってくる。僕だけじゃなく、チームとして、そういった部分で新しい形が生まれてくると思います」 ──自身と共にキム・ヨングォンもビルドアップが特長の1つ。それにより、チームのビルドアップの形も変わってくると思うが 「僕も含めて2人が同じようなその特長を持っているということで、スムーズなビルドアップだったり、後ろで良い連携を築いて、攻撃面でも良さを出していきたいです」 ──宮本監督の下で2年目のシーズンとなる。ここまで得られたものは? 「この先も、もっと色々と学んでいきたいです。今年もキャプテンを任せてもらえるので、ずっとキャプテンをやられてきたツネさんからサッカーの部分もそうですし、キャプテンとしても学んでいきたいです」 ──昨年は9位。今年の復権に向けた鍵は? 「昨年もそうでしたけど、このチームは連勝したときのような力、パフォーマンスを発揮できる選手がいます」 「それを常に毎試合で出すことがチームの課題。そういった波をなくすというか、常に自分たちのサッカーをして、良いスタートダッシュを切りたいです」 ──昨年の好調時、今野泰幸とファン・ウィジョの名前が良く上がった。それ以外で変化した部分は? 「チーム全体で自信を持ってプレーできたことが大きいと思っています」 ──今年の抱負は? 「今年はやっぱりタイトルを獲らないといけないシーズン。僕個人としても、より良いパフォーマンスを出して、チームの勝利に貢献していきたいと思っています」 2019.02.14 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】ガンバらしくの宮本政権第二章 救世主から復権の先導者になれるか《ガンバ大阪》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第13弾はガンバ大阪を紹介。 <span style="font-weight:700;">◆「本来いるべき位置に」</span>《ACL出場権争い》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_gambaosaka_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>レヴィー・クルピ氏の下でスタートを切ったガンバ大阪の2018シーズンは激動の1年だった。シーズンの折り返しとなる第17節終了時で16位に低迷したが、シーズン途中に就任したG大阪育成一期生で大レジェンドの宮本恒靖監督が復活劇の先導者に。FWファン・ウィジョの再合流やMF今野泰幸の復帰、アデミウソンの復調、そして夏場の補強も相まって、21年ぶりとなるクラブ記録の9連勝で9位に滑り込み、J1残留という最大のミッションを達成した。 G大阪の黄金期を知り、G大阪のDNAを熟知する宮本監督の下でスタートする今年はチームスローガンとして『GAMBAISM』を掲げ、目標を「ACL圏内」に設定。その今オフ、8名が加わった。全体的な総評は、成長の可能性を秘めた若手有望株の台頭にも賭けた強化策もあり、やや地味。ただ、確実にポイントを抑えた補強が光り、退団したDFファビオを除けば昨年の主力からの流失もなく、若手の成長次第で期待感の高まるチーム編成だ。 今オフにファビオが抜け、懸念に挙がるポジションの1つだったセンターバック陣だが、タイ挑戦から4年ぶりのJリーグ復帰となるDF青山直晃が加わり、先のアジアカップを戦った韓国代表で主力を務めるDFキム・ヨングォンの獲得にも成功。中でも、アジア屈指のセンターバックであるキム・ヨングォンを獲得できたことは大きく、日本代表DF三浦弦太を擁するセンターバック陣は強化に成功したと言って良い。 G大阪ユース出身の五輪世代として期待がかかったDF初瀬亮を失ったサイドバックだが、大学No1の呼び声高いDF高尾瑠を獲得。昨年にロアッソ熊本から加入したドリブルが魅力のMF田中達也もキャンプでのプレーエリアを見る限り、サイドバック起用が主になりそう。昨年、一定のプレー機会がありながらアピールできずに伸び悩んだ初瀬の出来と新戦力の顔ぶれを比較すると、大きな痛手にはならないだろう。 攻撃陣の補強は昨年途中にFW渡邉千真を獲得したことで、FW呉屋大翔のレンタルバックに動いた程度。欧州挑戦の可能性が浮上した昨年のチーム得点王であるファン・ウィジョの残留は補強の意味合いが強く、アデミウソンや渡邉によるFW陣に不安材料はない。さらに、FW中村敬斗とFW食野亮太郎らホープがブレイクを遂げれば、MF倉田秋やMF小野瀬康介らサイドハーフを含めた攻撃陣の層もより厚くなってくる。 気がかりなのが、いまだMF遠藤保仁と今野の元日本代表コンビに頼りっきりなボランチの陣容だ。今年で、遠藤は39歳、今野は36歳。今年は補強がなく、MF矢島慎也をレンタルバックしたぐらいだ。キャンプ中は遠藤&今野の黄金コンビを使わず、矢島とMF高宇洋のどちらかを相方として起用する試運転を継続。矢島や高が遠藤と今野の存在を揺るがす存在になれれば、チームとしての戦力アップに繋がってくる。 2年目の意気込みとして「本来いるべき位置に」と語った宮本監督は昨年と異なり、準備期間を経て、開幕から指揮を執るシーズンになる。蒼黒の血が流れる求心力十分のカリスマは、選手と共に賢く、強く、ガンバらしく、『GAMBAISM』を築き上げ、復権の先導者になれるか。2年目は個人としても昨年の救世主ぶりが本物だったのかどうかが試される。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《B》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_gambaosaka_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【IN】 GK田尻健(25)←ツエーゲン金沢/復帰 DF高尾瑠(22)←関西学院大学/新加入 DF青山直晃(32)←ムアントン・ユナイテッド(タイ)/完全 DFキム・ヨングォン(28)←広州恒大(中国)/完全 MF奥野耕平(18)←ガンバ大阪ユース/昇格 MF田中達也(26)←ロアッソ熊本/完全 MF矢島慎也(25)←ベガルタ仙台/復帰 FW呉屋大翔(25)←徳島ヴォルティス/復帰 【OUT】 GK鈴木椋大(24)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き DF平尾壮(22)→FC町田ゼルビア/完全 DFペ・スヨン(20)→カマタマーレ讃岐/期限付き DFファビオ(29)→未定 DF初瀬亮(21)→ヴィッセル神戸/完全 DF西野貴治(25)→カマタマーレ讃岐/完全 MF泉澤仁(27)→ポゴニ・シュチェチン(ポーランド)/完全 MF二川孝広(38)→FCティアモ枚方(関西1部)/完全 MF妹尾直哉(22)→AC長野パルセイロ/完全 MF森勇人(23)→水戸ホーリーホック/完全 MF井出遥也(24)→モンテディオ山形/完全 FW長沢駿(30)→ベガルタ仙台/完全 FW一美和成(21)→京都サンガF.C./期限付き <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> MF矢島慎也(25)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_gambaosaka_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>イチオシ選手は宮本監督のラブコールを受け、G大阪に復帰した矢島だ。昨年、古巣の浦和レッズと長らく凌ぎを削るG大阪に“覚悟の移籍”を決断した元リオ・デジャネイロ五輪代表の司令塔だが、レヴィー・クルピ前監督の下で出場機会を得られず、シーズン半ばにベガルタ仙台に期限付き移籍。天皇杯決勝のピッチに立ったが、ケガに苦しみ、悔しい1年を過ごした。その矢島はキャンプ中、遠藤&今野の偉大過ぎる不動コンビに割って入るべく、チーム全体で世代交代が叫ばれるボランチとしてアピール。宮本監督も高を含めた4人でボランチを回すことを示唆しているだけに、真価を見せるべきシーズンとなる。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> FW中村敬斗(18)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_gambaosaka_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>注目の五輪世代はプロ2年目の中村だ。アカデミー出身以外で初の飛び級入団者として注目を集めた昨年は、レヴィー・クルピ前監督に能力を評価され、開幕ゲームでトップチームデビューを飾ったが、シーズンが進むに連れて、シニア選手とオフ・ザ・ボールの動きの差が如実となり、J3リーグを戦うU-23に“降格”。だが、シーズン最終盤に先発起用されると、Jリーグ初ゴールを挙げ、成長の跡を示した。プロ2年目の今年はトップチームでの熾烈な定位置争いを勝ち抜くことがテーマ。そこで逞しく台頭を遂げることができれば、今年のU-20ワールドカップだけでなく、その先に待つオリンピック出場も近くなる。 2019.02.14 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪、20歳の高江麗央が昨秋に入籍

ガンバ大阪は11日、MF高江麗央(20)の入籍を発表した。 高江はロアッソ熊本下部組織、東福岡を経て、2017年にG大阪入り。昨年はトップチームデビューを飾り、明治安田生命J1リーグ9試合、Jリーグカップ7試合に出場した。 昨年の入籍を事後報告した高江はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「報告が遅くなりましたが、昨年秋に入籍をしました。大切な家族も出来たので、より一層サッカーを頑張っていきたいと思います」 2019.02.11 10:20 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング