ガンバ大阪

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 G大阪 4 1 1 6 8 15 -7 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-21
19:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
G大阪 vs C大阪
2018-04-25
19:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
湘南 vs G大阪
2018-04-29
16:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
G大阪 vs 鳥栖
2018-05-02
19:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
G大阪 vs 仙台
2018-05-05
14:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
札幌 vs G大阪

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.18
19:00
YBCルヴァンカップ Cグループ
第4節
G大阪 0 - 1 浦和
2018.04.14
14:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
長崎 3 - 0 G大阪
2018.04.11
19:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
G大阪 2 - 0 磐田
2018.04.08
15:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
G大阪 0 - 1 神戸
2018.04.04
19:00
YBCルヴァンカップ Cグループ
第3節
名古屋 1 - 4 G大阪

基本データ

正式名称:ガンバ大阪

原語表記:Gamba OSAKA

ホームタウン:吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市

チームカラー:ブルー&ブラック

関連ニュース

thumb

不振G大阪に追い打ち…FW長沢駿が全治3週間の負傷離脱

▽ガンバ大阪は17日、FW長沢駿の負傷離脱を発表した。 ▽YBCルヴァンカップで1試合4ゴールと大暴れした長沢は、11日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のジュビロ磐田戦(G大阪が2-0で勝利)で負傷交代。検査の結果、左ハムストリングの肉離れにより、全治3週間の見込みだ。 ▽G大阪は、18日に行われるYBCルヴァンカップのグループステージ第4節で浦和レッズとホームで対戦。最下位に沈むJ1リーグの次節は21日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、セレッソ大阪とのダービーとなる。 2018.04.17 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月17日は、現役時代に西野朗監督と共にアジアを制した元G大阪DF

◆山口智 【Profile】 出身:高知県 誕生日:1978/4/17 ポジション:FW 現役時代在籍クラブ:ガンバ大阪、ジェフユナイテッド千葉 etc 現職:ガンバ大阪U-23コーチ 身長:178㎝ 体重:74kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月17日は元日本代表DF山口智氏だ。 ▽1996年3月にジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)Jリーグ史上初の高校生Jリーガーとしてデビューした山口氏は、2001年にガンバ大阪へ期限付き移籍。2002年から就任した現在の日本代表監督・西野朗監督が用いる攻撃サッカーを後方から支え続け、2005年にJ1優勝を成し遂げると、翌年からはキャプテンも務めることに。1度のナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)優勝と、2度の天皇杯優勝に導き、2008年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝でアジアの頂に立った。 ▽その後、古巣のジェフユナイテッド千葉、京都サンガF.C.でプレーした山口氏は2015シーズン終了時に現役を引退。公式戦通算758試合に出場してJリーグ功労選手賞を受賞。現在はガンバ大阪のヘッドコーチとして活躍している。 ※誕生日が同じ主な著名人 チャルレス・アランギス(サッカー選手/レバークーゼン) 本田拓也(サッカー選手/モンテディオ山形) ステファノ・フィオーレ(元サッカー選手) 森田貴寛(ミュージシャン/ONE OK ROCK) ヤマサキセイヤ(ミュージシャン/キュウソネコカミ) 立川俊之(ミュージシャン/大事MANブラザーズオーケストラ) 高見沢俊彦(ミュージシャン/THE ALFEE) ヴィクトリア・ベッカム(歌手) 小林賢太郎(お笑い芸人/ラーメンズ) ゴルゴ松本(お笑い芸人/TIM) 2018.04.17 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ホームで痛快初勝利の長崎が連勝! G大阪大惨敗《J1》

▽14日にトランスコスモススタジアム長崎で行われた明治安田生命J1リーグ第8節のV・ファーレン長崎vsガンバ大阪は、ホームの長崎が3-0で勝利した。 ▽長崎は、鈴木が欠場。前節メンバーから外れたファンマが先発復帰を果たしたほか、昨年までG大阪に所属した中原が引き続きスタメン入りした。対するG大阪は、負傷欠場の長沢に代わり、ファン・ウィジョが1トップの位置で先発。藤本が右サイドハーフで今シーズン初先発を飾った。 ▽17位の長崎と最下位に沈むG大阪によるボトム対決。試合はG大阪が立ち上がりからボールの主導権を握る展開になるが、対する長崎はシンプルなカウンターベースの戦いで応戦。澤田やファンマがゴールに迫るなど、攻撃の糸口を探るG大阪を尻目にシュートチャンスをつくり出していく。 ▽10分にファン・ウィジョのシュートミスでチャンスを逸したG大阪。すると、長崎は20分、均衡を破る。ロングスプリントでファンマを追い越して最終ラインの背後でボールを受けた澤田が中央にグラウンダーのクロス。ファーサイドに詰めたフリーの中村慶太が合わせ、長崎が先制した。 ▽追うG大阪は、ポゼッションを高めながらターゲットのファン・ウィジョにロングボールを送るが、2列目のフォローが少なく、なかなか攻撃の形を見いだせない。その流れからミスも多く、長崎に幾度か追加点のチャンスを許すなど、試合に入り切れない展開を強いられてしまう。 ▽劣勢のG大阪は後半の頭から食野を諦めてオ・ジェソクを投入。米倉を1列前に上げて攻撃の活性化を図るが、運動量で上回る長崎が追加点を手にする。48分、ボックス右から中原が右足シュート。ゴール前のこぼれ球を拾った翁長がGK東口の逆を突くシュートを決め、G大阪を突き放した。 ▽出鼻を挫かれたG大阪は、ファン・ウィジョが立て続けにゴールに迫るなど反撃。だが、63分に遠藤が相手のプレッシャーを受けてボールロスト。これに反応した古巣戦の中原がGK東口の甘いポジショニングを見逃さず、右足のコントロールショットを叩き込み、さらにリードを広げた。 ▽浮き足立った戦いが続く中、最後の交代枠で井出を途中起用したG大阪だが、初瀬のシュートがゴールライン際で中原にブロックされるなど良いところなし。試合を通じてG大阪を圧倒した長崎が前節の歴史的J1初勝利に続く白星を手にし、連勝を飾っている。 2018.04.14 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】歴史的な1勝と呪縛解放の1勝…さらなる前進に繋げるのは《長崎vsG大阪》

▽15連戦の過密日程真っ只中にある明治安田生命J1リーグ。中2日で迎える14日開催の第8節は、V・ファーレン長崎がトランスコスモススタジアム長崎でガンバ大阪を迎え撃つ。 <span style="font-weight:700;">◆今後を占うボトム対決</span> ▽17位長崎と最下位G大阪の一戦は、勝ち点1差のボトム対決。長崎にとって、G大阪はJ2昇格元年の2013年、ホーム開幕戦で迎え撃った縁の深い相手だ。前節初白星を手にした両者のマッチアップは、連勝街道を懸けた激しい展開が予想できる一戦となる。 <span style="font-weight:700;">◆連勝を目指す</span>〜V・ファーレン長崎〜 ▽前節の清水エスパルス戦で歴史的なJ1初勝利を記録した長崎。開幕から7試合目での初白星だが、内容的に悪くない戦いが続いていただけに、この調子をキープしたい。中2日という超タイトなスケジュールによる疲労が気がかりだが、チームの根幹は運動量。難敵G大阪を相手に連勝を目指す。 <span style="font-weight:700;">◆連勝で切り抜けたい一戦</span>〜ガンバ大阪〜 ▽対するG大阪も、ジュビロ磐田を下してレヴィー・クルピ体制初白星の今シーズン1勝目。昨年から続くリーグ未勝利記録も16試合で止め、呪縛から解放されたが、最下位のままであり、気が抜けない。今節は、長崎とのボトム対決。前節の勝利を無駄にしないためにも連勝で切り抜けたい一戦だ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆V・ファーレン長崎</span>[3-4-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_30_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:徳永悠平、チェ・キュベック、田上大地 MF:飯尾竜太朗、中原彰吾、碓井鉄平、翁長聖 MF:澤田崇 FW:鈴木武蔵、ファンマ 監督:高木琢也 ▽ここ2試合で90分出場しているDF髙杉亮太、DF徳永悠平、MF中原彰吾、MF翁長聖、澤田崇のコンディションが気がかり。前節を負傷欠場したファンマは、復帰の見込みだが、どれだけ状態が戻っているのか蓋を開けてみないとわからない部分が多い。 <span style="font-weight:700;">◆ガンバ大阪</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、初瀬亮 MF:遠藤保仁、マテウス、中村敬斗、倉田秋、食野亮太郎 FW:ファン・ウィジョ 監督:レヴィー・クルピ ▽対するG大阪は、FW長沢駿が前節の磐田戦で負傷。野戦病院化が止まらない。その長沢に代わり、ファン・ウィジョが1トップの位置で出場濃厚。したがって、FW中村敬斗に右サイドハーフとして第3節以来のスターティングメンバー入りの可能性が出てきた。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW鈴木武蔵</span>(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_30_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽長崎の注目選手は、歴史的J1初白星をもたらしたFW鈴木武蔵だ。前節2試合ぶりに手にした先発機会で価値ある決勝点を記録。ここまで先発した4回のうち3つのゴールを決めており、スターター時により得点力を発揮している状況だ。今チームで一番勢いに乗る男、次はホームに勝利の歓喜を呼び込みたい。 <span style="font-weight:700;">◆MF遠藤保仁</span>(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_30_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪のキープレーヤーは、チームの絶対的司令塔のMF遠藤保仁だ。前節は正確無比なキック精度を武器にセットプレーからDFファビオの先制ゴールを演出。状態は良い。疲労が蓄積する連戦は、1つのセットプレーが局面打開の有効打になりやすい。類まれなパスセンスで青黒を連勝街道に導きたい。 2018.04.13 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【編集部コラム】サムライブルーの命運を託された男…G大阪時代から紐解く西野流

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕が2カ月後に迫る中、日本サッカー界に激震が走った。日本サッカー協会(JFA)は9日、ヴァイッド・ハリルホジッチ日本代表監督を解任。JFA技術委員長としてチームをサポートしていくはずだった西野朗氏にロシアW杯での日本代表の命運を託した。 ▽「本来であれば、日本代表の監督をはじめ、スタッフをサポートしていく立場」と、西野氏が12日の監督就任会見で胸中を明かしたとおり、まさに“青天の霹靂”。2016年3月のJFA技術委員長就任当時から抱く覚悟、あるいは未来図をも崩壊させる予想外の展開だったに違いない。 <span style="font-weight:700;">◆ハイライトはG大阪時代</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_25_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽では、“西野朗という男”とは何者か。その西野氏の日本代表監督電撃就任を一斉に取り上げた各メディアの人物紹介は、1996年にアトランタ・オリンピックの世代別日本代表監督として、ブラジル代表を下した“マイアミの奇跡”が主。だが、西野氏の指導者としての歩みを語るのであれば、ガンバ大阪時代は欠かせない。 <span style="font-weight:700;">◆西野流のチーム作り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_25_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽現役時代を過ごした日立製作所の前身である柏レイソルで指導者キャリアをスタートさせた西野氏は、2002年からG大阪を指揮。G大阪に“打ち合いの精神”を宿した先駆者として知られ、「2点取られたら3点、3点取られたら4点取れば良い」の口癖的な誓いは、G大阪サポーターにとって今もなお語り草だ。 ▽バルセロナのレジェンドである元オランダ代表のヨハン・クライフ氏の崇拝者としても知られる西野氏の根底は、もちろん超攻撃的なサッカーだ。だが、殴り合い上等のロマンチストな指揮官との先行しがちなイメージに加えて、現有戦力、あるいは選手個々の特性を生かしたリアリストな起用法も西野流。それこそがチーム作りの基盤となる。 <span style="font-weight:700;">◆柔軟性が導き出したスタイル</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_25_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽当時のG大阪は、才能に溢れた若い原石の巣窟。MF遠藤保仁やDF山口智の移籍組やDFシジクレイやMFフェルナンジーニョ、FWアラウージョ、FWマグノ・アウベスといった有力助っ人を軸に、DF宮本恒靖やMF橋本英郎、MF二川孝広、FW大黒将志といった生え抜きの有望株を多用しつつ、当時の戦力に最適な戦い方を探った。 ▽結果、行き着いた先がポゼッションとパス&ムーブを織り交ぜた攻撃サッカーだ。ただ、西野氏はそういった類の戦い方に固執した指導者では決してない。2002年にFWマグロンを軸にリアクションサッカーを展開した事実が示すように、現有戦力の個性を見極めた上で、最も適した戦い方を用いる柔軟性も併せ持つ指導者だ。 <span style="font-weight:700;">◆G大阪に黄金期をもたらす</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_25_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽G大阪時代の功績に目を向ければ、創世記からタイトルと無縁だったチームに数々の栄冠をもたらせた。J1リーグ初制覇時の2005年は、西野サッカーが数字として表れたシーズンだった。リーグワースト3位の58失点を喫した守備面に対して、攻撃面はリーグトップの82得点。Jリーグに新たな風を吹き込んだという意味でもセンセーショナルだった。 ▽2005年を境に、西野ガンバは黄金期に突入した。柏時代の教え子であるMF明神智和、DF加地亮といった一線級の主力を加えた一方で、大黒とアラウージョを失った2006年以降は、3バックから4バックにシフトするなど、攻撃に振り切った針をやや守備寄りに。すると、2007年にJリーグカップ初制覇、2008年から天皇杯連覇を成し遂げた。 <span style="font-weight:700;">◆ユナイテッド戦で体現した西野流の真髄</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_25_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽そして2008年、西野ガンバはAFCチャンピオンズリーグをクラブ史上初制覇。同年末に自国で行われるクラブ・ワールドカップの出場権を手にした。その準決勝で対戦したのが、アレックス・ファーガソン元監督が率い、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリー)ら名前を挙げればきりがないほどスター選手を擁するマンチェスター・ユナイテッドだった。 ▽当時、欧州最強のアタッカー陣を擁したユナイテッドとの一戦。結果として真っ向勝負を挑み、3-5で打ち負けたが、西野氏はチームとして結果を求め過ぎるが故に選手個々の能力を抑え込むことを嫌う。先の就任会見で「個人のプレーに制限をかけたくない」と語った言葉が“選手ファースト”という西野流の真髄を示しているように思えてならない。 <span style="font-weight:700;">◆Jリーグ最多勝利監督の手腕はいかに</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_25_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽その西野氏は、会見で「攻撃的な思考を求めたゲーム展開に当然したい」とも語った。さらに、「最高の化学反応をもたらせる選手選考」のフレーズも飛ばしている。だが、初タイトルまで4年間を要したG大阪時代ほど猶予はない。“化学反応”のワードを何度か口にした西野氏だが、わずか2カ月の準備期間で2年ほど離れた指導者としての勘をどう取り戻し、どう代表を立て直していくのか。重責を承った今、Jリーグ最多勝利監督の手腕を信じたい。 《超ワールドサッカー編集部・玉田裕太》 2018.04.13 19:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング