京都サンガF.C.

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 京都 8 2 2 5 10 14 -4 9

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
14:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
大分 vs 京都
2017-05-03
15:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
名古屋 vs 京都
2017-05-07
16:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
京都 vs 讃岐
2017-05-13
13:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
山口 vs 京都
2017-05-17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第14節
京都 vs 水戸

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
15:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
京都 1 - 1 松本
2017.04.15
15:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
京都 3 - 2 愛媛
2017.04.08
17:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
横浜FC 2 - 0 京都
2017.04.01
14:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
千葉 2 - 2 京都
2017.03.25
15:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
京都 0 - 1 長崎

基本データ

正式名称:京都サンガF.C.

ホームタウン:京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、京田辺市、木津川市

チームカラー:パープル

関連ニュース

thumb

FW闘莉王が2戦連発も松本が追いつき勝ち点1を分け合う《J2》

▽22日、明治安田生命J2リーグ第9節の京都サンガF.C.vs松本山雅FCが京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽ここまで 2勝1分け5敗で降格圏の21位に位置する京都と、4勝1分け3敗で7位に位置する松本の一戦。前節の愛媛FC戦でハットトリックを達成した田中マルクス闘莉王は、ケヴィン・オリスと2トップを組んだ。一方の松本は前節のロアッソ熊本戦から同じ11名をスターティングメンバーに並べた。 ▽序盤から主導権を握ったのはホームの京都。3分、敵陣でFKを得ると、石櫃が浮き球のパスを送る。これをケヴィン・オリスが落とすも、DFが対応する。 ▽京都は18分、石櫃が右サイドからクロスを送ると、ケヴィン・オリスがボックス内でヘッドも左ポストを直撃する。19分には小屋松がシュートを放つも、DFに阻まれる。 ▽闘莉王、ケヴィン・オリスの高さを使うためにクロスを多く供給し攻める京都に対し、松本は工藤を中心に攻め込む。33分にはその工藤がドリブルでボックス内に侵入。しかし、DFに対応される。直後には工藤のパスからセルジーニョがダイレクトシュート。しかし、枠を捉えられない。 ▽ゴールレスで前半を終えた両チームだったが、京都が先制に成功する。52分、ハ・ソンミンがドリブルで持ち込みボックス内でパス。これを受けた闘莉王がそのまま蹴り込み、2試合連続ゴールで京都がリードを奪った。 ▽先制を許した松本だったが63分、ボックス内で工藤がキープしシュート。こぼれ球をセルジーニョが狙うも空振ると、大外に走り込んだ飯田が流し込んで、松本が同点に追いつく。 ▽追いつかれた京都は66分、左サイドでFKを得た京都は石櫃がクロス。ケヴィン・オリスが中央でヘディングシュートも、GK村上がなんとかセーブする。 ▽京都はその後も攻め込む時間が続くと83分にビッグチャンス。闘莉王がドリブルで持ち上がり左サイドの岩崎にパス。岩崎がクロスを送るも、DFがクリアする。 ▽その後もホームの京都が攻め込む時間が続くものの、フィニッシュの精度を欠いてしまい得点を奪えず。結局そのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。 2017.04.22 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

闘莉王の劇的勝ち越し弾含むハットトリックで京都が愛媛に競り勝つ!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第8節の京都サンガF.C.vs愛媛FCが15日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、3-2でホームの京都が勝利した。 ▽第7節を終えて、1勝5敗1分で21位に沈む京都と、2勝2敗3分で12位に位置する愛媛FCの一戦。まずはホームの京都が復帰した田中マルクス闘莉王を起点に愛媛ゴールに迫る。9分、ボックス手前で闘莉王がボックス右に頭で落とすと走り込んだエスクデロ競飛王がファーサイドにクロス。これに反応した岩崎が左足でボレーを放つも、バーに嫌われてしまう。 ▽立ち上がりにピンチを迎えた愛媛は21分に決定機を迎える。神田の左CKを小池が頭で合わせると、左ポストに直撃。こぼれ球を河原が頭で押し込み、ネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定が下され、先制とはならない。対する京都はその直後、左サイドを突破した湯澤がクロスを上げると、ボックス中央から闘莉王が頭で合わせてゴールを脅かす。 ▽その後も両者激しい攻防を繰り広げると前半終了間際、アウェイの愛媛が先制に成功する。45分、左サイドの細かいパスワークから浦田がボックス左外からグラウンダーのクロス。これを走り込んだ近藤が右足で押し込んだ。 ▽1点ビハインドで試合を折り返した京都は、後半立ち上がりに反撃に転じる。すると52分、右CKをキッカーの石櫃が高いクロスを供給。これをボックス中央で闘莉王が競り勝ち、ゴールネットを揺らした。 ▽試合を振り出しに戻した京都は、同点に追いついた勢いそのままに攻撃を仕掛ける。迎えた72分、敵陣中央左から湯澤がファーサイドにクロスを送ると、これを闘莉王が胸で収め、巧みなタッチから右足を振り抜いてゴール左隅へ突き刺した。 ▽逆転を許した愛媛は攻勢を強めるも、クロスバーに嫌われるなどゴールネットを揺らすことができない。それでも終盤まで猛攻を仕掛ける愛媛は後半アディショナルタイム1分、右サイドからのロングスローを林堂が頭でつなぐと、ボールはゴール前へ。これは相手にクリアされるも、ボックス中央にこぼれたボールを浦田が右足で合わせてゴールネットを揺らした。 ▽土壇場で追いつかれた京都だったが、直後に闘莉王が魅せた。後半アディショナルタイム2分、敵陣中央左から湯澤がロングスローを入れると、ボックス左で収めたケヴィン・オリスが粘って中央に折り返す。これをゴール前中央で待ち構えていた闘莉王が左足で流し込んで、そのまま試合終了。 ▽復帰戦となった闘莉王が終了間際のゴールを含むハットトリックで京都を6試合ぶりの勝利に導いた。対する愛媛は3試合ぶりの黒星となった。 2017.04.15 17:42 Sat
twitterfacebook
thumb

イバ2発の横浜FCが京都撃破で3試合ぶりの白星《J2》

▽8日にニッパツ三ツ沢球技場で行われた明治安田生命J2リーグ第7節の横浜FCvs京都サンガF.C.は、ホームの横浜FCが2-0で勝利した。 ▽3勝2分け1敗で7位の横浜FCと、1勝1分け4敗で21位に沈む京都が激突した。試合は、立ち上がりから拮抗した展開となる。 ▽三浦2戦連続先発の横浜FCがセットプレーからゴールに迫れば、対する京都もサイド攻撃を展開。しかし、ゴールが遠く、0-0でハーフタイムを迎える。 ▽後半もこう着状態が続くが、横浜FCが均衡を破る。61分、バイタルエリア左で佐藤が潰れると、ジョン・チュングンが持ち上がって中央にクロスを供給。正面のイバが押し込んだ。 ▽追いつきたい京都は68分に同点機。左サイドからのクロスが流れると、バイタルエリア中央の望月が右足ダイレクトで振り抜く。しかし、ミートせず、枠内にボールを飛ばせない。 ▽その後、京都は第3節以来欠場が続いていたエスクデロ競飛王を仙頭に代わって投入。しかし、その直後に自陣ボックス内で石櫃がジョン・チュングンを倒して、横浜FCにPKのチャンスを献上してしまう。 ▽このPKをイバが落ち着いて沈めた横浜FCが2点リードに成功。京都はたまらず大黒、ケヴィン・オリスを立て続けに投入し、反撃の策を講じる。 ▽しかし、京都は最後までゴールが遠く5戦未勝利で今シーズン5敗目。イバの2ゴールで勝利した横浜FCは、3試合ぶりの白星を手にした。 2017.04.08 18:55 Sat
twitterfacebook
thumb

小屋松&仙頭の京都橘コンビがゴールも京都が千葉とドロー…岐阜が嬉しい今季初勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節のジェフユナイテッド市原・千葉vs京都サンガF.C.が1日にフクダ電子アリーナで行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽2連敗中の12位千葉と3連敗中の19位京都が浮上のキッカケを探る一戦。試合は開始2分に清武のFKからキム・ボムヨンに決定機が生まれるなど、ホームチームのペースで進む。すると8分、ボックス手前でパスを受けた清武が巧みなファーストタッチでDFを滑らせてかわし、最後は冷静に右足のシュートを流し込んだ。 ▽その後もハイラインハイプレスで相手を押し込む千葉に対して、京都は相手のウィークポイントである最終ラインの背後を狙い、間延びした中盤のスペースで受けた仙頭や小屋松が積極的にミドルシュートを狙う。すると24分、千葉の自陣からのクリアボールを頭で続けて前線に運ぶと、戻りオフサイド気味の位置取りをしていた小屋松がうまくオフサイドラインをかいくぐり、エリア外に飛び出したGK佐藤をかわし、無人のゴールへ流し込んだ。 ▽小屋松の移籍後初ゴールで振り出しに戻った試合は、その後も行ったり来たりのオープンな展開が続く。その中でよりゴールに迫ったのは追いついた京都だったが、30分の仙頭のシュートはGK佐藤の好守とDFのクリアに遭い、前半は1-1のイーブンで終了した。 ▽迎えた後半、開始4分にラリベイの絶妙な落としから山本真に決定機が訪れるが、枠の左隅を捉えたシュートはGK菅野の好守に阻まれる。すると60分、京都が後半最初の決定機をゴールに結びつける。ボックス手前で大野からパスを受けた仙頭がGK佐藤の前目のポジショニングを見極め、すかさず右足でコントロールシュートを狙うと、これがゴール左上隅の絶妙なコースに吸い込まれた。 ▽痛恨の逆転を許した千葉は、失点直後にセンターバックの若狭を下げてストライカーの船山を投入。3バックから4バックに変更し、より攻撃的な布陣でゴールを目指す。だが、相手陣内深くまでボールを運ぶものの、なかなか決定機を作り出せない。 ▽その後も攻めあぐねる千葉だったが、最後の最後に意地を見せる。後半アディヨナルタイム1分、左サイドを攻め上がったホルヘ・サリーナスが絶妙な左足クロスを入れると、パワープレー要員として前線に上がっていた近藤がコースを狙ったヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。そして、試合はこのまま2-2でタイムアップを迎え、共に連敗こそストップしたものの、待望の勝ち点3獲得とはならなかった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170401_19_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、同時刻に町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvsFC岐阜は、アウェイの岐阜が1-0で勝利した。 ▽4戦無敗(1勝3分け)の13位町田と、開幕5戦勝利のない20位岐阜の一戦は、ボールを保持する岐阜に対して、町田が堅守速攻で応戦する予想通りの展開が続く。互いにチャンスを作り合うもゴールが遠い中、71分に均衡が破れる。 ▽左サイドを強引に突破した古橋からの折り返しを、ゴール前に飛び込んだ難波が頭で流し込み、アウェイの岐阜が先制に成功。その後はホームの町田が押し込む展開となるが、松本らの決定機はGKビクトルに守り切られ、試合はこのままタイムアップ。町田との接戦を制した岐阜が、大木新体制で待望の今季初勝利を手にした。 2017.04.01 16:48 Sat
twitterfacebook
thumb

ファンマ弾を死守した長崎が連勝を飾る! 京都は3連敗...《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節の京都サンガF.C.vsV・ファーレン長崎が25日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、1-0で長崎が勝利した。 ▽4節を終えて1勝3敗で18位につける京都と2勝1敗1分で6位につける長崎が激突した一戦。立ち上がりは、好調を維持する長崎が京都を攻め立てる。5分、右サイドから養父がゴール前にロングスローを供給。これが混戦になり、最後はファンマの落としを受けた澤田がボックス内で右足を振り抜くも、ゴール右に外れる。 ▽その後も長崎がボールを保持するも、京都の堅いディフェンスに苦戦し、好機を作ることができない。対する京都は37分、クロスのこぼれ球を拾った染谷がボックス手前から右足を振り抜くも、枠を捉えることができない。 ▽前半終盤、ここまで試合のペースを握っていた長崎が均衡を破る。42分、右サイドで飯尾のスローインを受けた島田がヒールで流すと、リターンを受けた飯尾がクロスを供給。これをニアサイドに走り込んだファンマが左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽後半に入ると先制点を奪った長崎が攻勢を強める。55分、島田の縦パスをハーフウェイライン付近で受けた澤田がドリブルでボックス手前まで侵攻。そのまま左足を振り抜いて、ゴール右隅を捉えるも、GK菅野にキャッチされる。 ▽押し込まれる展開が続く京都は75分、イ・ヨンジェのポストプレーからパスを受けた大野がボックス右手前から左足を振り抜くも枠を捉えられない。対する追加点を奪いたい長崎はその直後、敵陣中央でボールを拾った中村がボックス手前まで運び、左足を振り抜く。しかし、これはGK菅野がパンチングで防ぐ。 ▽同点に追いつきたい京都は85分、ロングボールを頭で前線へと繋いだ仙頭のボールをハ・ソンミンが粘ると、こぼれ球を拾った仙頭が右足を振り抜く。しかし、これはわずかにゴール左に外れる。その後は、長崎が京都の猛攻を凌ぎきり、試合終了。1点を最後まで守り切った長崎が連勝を飾った。一方の京都は、3連敗を喫している。 2017.03.25 17:09 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング