京都サンガF.C.

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 京都 37 10 7 20 36 51 -15 37

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-10-20
15:00
明治安田生命J2リーグ
第38節
京都 vs 新潟
2018-10-28
16:00
明治安田生命J2リーグ
第39節
大宮 vs 京都
2018-11-04
15:00
明治安田生命J2リーグ
第40節
京都 vs 愛媛
2018-11-10
15:00
明治安田生命J2リーグ
第41節
京都 vs 千葉
2018-11-17
14:00
明治安田生命J2リーグ
第42節
讃岐 vs 京都

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.10.13
17:00
明治安田生命J2リーグ
第37節
京都 1 - 0 徳島
2018.10.07
14:00
明治安田生命J2リーグ
第36節
大分 2 - 1 京都
2018.09.30
16:00
明治安田生命J2リーグ
第35節
熊本 0 - 4 京都
2018.09.26
19:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
京都 1 - 0 福岡
2018.09.22
17:00
明治安田生命J2リーグ
第34節
京都 0 - 2 栃木

基本データ

正式名称:京都サンガF.C.

ホームタウン:京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、京田辺市、木津川市

チームカラー:パープル

関連ニュース

thumb

京都、関学大の背番号「10」が来季加入内定! 昨季の関西学生リーグ得点王

▽京都サンガF.C.は11日、関西学院大学に在学するMF中野克哉(22)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽京都橘高校出身の中野は、スピードあるドリブル、高い技術を活かした細かいボールタッチと独特のリズムで相手を翻弄するレフティー。昨シーズンの関西学生リーグで得点王を獲得した実績の持ち主で、今年から背番号「10」を着用している。 ▽京都加入を受け、中野はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「小さい頃からの目標であった、プロサッカー選手になれることを嬉しく思います。今、サッカーができていることを当たり前に感じることなく、これからも一日一日を大切に、常に努力することを忘れずに前進していきたいと思います」 「ここまで育ててくれた両親、小学校、中学校、高校でお世話になった指導者の方々、先輩や後輩、同期の仲間など、たくさんの人の支えがあり今の自分があると思います。自分に関わってくれた方々への感謝の気持ちを忘れず、高校時代を過ごした”京都”で、プロ選手としての第一歩を歩める喜びをプレーで表現し、一日でも早くチームに貢献できるように頑張っていきます。応援よろしくお願いいたします」 2018.10.11 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

京都6試合ぶり勝利で残留へ一歩前進!敗れた福岡は連勝ならず《J2》

▽大雨の影響で延期になっていた、明治安田生命J2リーグ第22節の京都サンガF.C.vsアビスパ福岡が、26日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、ホームの京都1-0で勝利した。 ▽5戦白星がない20位・京都(勝ち点28)と連勝を目指す6位・福岡(勝ち点57)の一戦。先にチャンスを作ったのはアウェイの福岡。15分、石津がボックス中央で相手DFに倒されFKを獲得。鈴木が直接狙うもGK清水の好守に遭い先制点を奪うことはできない。 ▽ボールを保持する福岡は31分、ボックス左の山瀬が石津とのワンツーでボックス中央へ。右足でカーブをかけて狙うもポスト直撃でチャンスをいかせない。 ▽守る時間が続いた京都は34分、重廣がボックス中央でボールを奪取し、ボックス内に走り込んできたカイオにパス。カイオが放ったシュートはGK杉山に弾かれ、こぼれ球も福岡DFに1度はクリアされたが、クリアボールに反応した小屋松がボックス右手前から豪快に右足でシュート。これがゴールに突き刺さり、ホームの京都がワンチャンスをものにして先制に成功する。 ▽後半に入り、福岡はゴール前まで迫るものの京都の守備を崩せず時間だけが過ぎていく。 ▽後半アディショナルタイムは5分と表示されるも、福岡は最後まで決定的なチャンスを作ることができず試合が終了。 ▽小屋松のゴールで勝利した京都は、6試合ぶりの勝利で勝ち点を「31」に伸ばして降格ラインの21位・ロアッソ熊本(勝ち点27)との勝ち点差を「4」とし、J2残留に1歩前進。一方、敗れた福岡は連勝を逃し勝ち点は「57」のまま。勝っていれば3位・大分トリニータ(勝ち点60)と並ぶことができていたが、J1昇格に向け上位陣との勝ち点を縮めることができなかった。 2018.09.26 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、U-19日本代表MF上月壮一郎の左第二・第三腰椎横突起骨折を発表

▽京都サンガF.C.は12日、U-19日本代表MF上月壮一郎が左第二・第三腰椎横突起骨折のケガを負ったことを発表。離脱期間は明かされていない。 ▽上月は、9日の東城陽グラウンドでの練習試合中に負傷。検査の結果、左第二・第三腰椎横突起骨折と診断された。 ▽17歳の上月は、昨年のU-17ワールドカップに臨むU-17日本代表に招集され、今年1月には上のカテゴリーのU-19日本代表にも選出された。今シーズンは2種登録選手として明治安田生命J2リーグ2試合に出場しており、京都ではFW久保裕也(ニュルンベルク)以来の現役高校生での公式戦出場を果たしている。 2018.09.12 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、U19代表GK若原智哉とプロA契約 「少しでもチームの力に」

▽京都サンガF.C.は28日、GK若原智哉(18)とのプロA契約締結を発表した。 ▽若原は、18日に行われた明治安田生命J2リーグ第29節のレノファ山口FC戦でプロA契約の規定である公式戦出場時間に到達した。 ▽U-19日本代表メンバーの若原は、今シーズンからトップチームに昇格。ここまで11試合に出場している。 ▽若原は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「プロA契約を締結していただき、大変光栄に思います。今まで通り、チャレンジすることを恐れず、少しでもチームの力になれるように頑張ります」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.28 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手③】U-21日本代表の流れを変えた献身的FW。A代表昇格の条件は低迷する京都での結果/岩崎悠人(京都サンガF.C.)

▽14日の初戦・U-23ネパール代表戦を1-0で勝利したものの、単調なサッカーに終始し、停滞感が色濃く漂ったアジア競技大会参戦中のU-21日本代表。そのネガティブな空気を一掃したのが、16日の第2戦・U-23パキスタン代表戦の開始2分に電光石火の先制弾を奪った岩崎悠人(京都サンガF.C.)だった。凄まじいタテへの推進力を見せて1点を叩き込むと、前半10分の前田大然(松本山雅FC)の3点目の起点になり、さらに35分の4点目も巧みな個人技からゲットした。京都橘高校時代からスピードとハードワークの姿勢には定評があったが、久しぶりに招集された年代別代表の舞台で、その強みを思い切り発揮しようという強い意思は大いに光った。 ▽2017年5月のU-20ワールドカップ(韓国)で全4試合に出場した通り、岩崎はこれまで東京五輪世代の先頭を走ってきた選手だった。昨年末から東京五輪世代を率いる森保一監督も彼の能力を高く評価し、今年1月のAFC・U-23選手権(中国)にも抜擢。0-4で完敗を喫したU-23ウズベキスタン代表戦でもスタメン起用したほどの期待を寄せていた。 ▽ところが、プロ2年目の今シーズンが始まると所属の京都が低迷。J2で最下位争いを余儀なくされる苦境に陥った。28試合終了時点でも勝ち点25の21位で、このままではJ3降格が現実になる。岩崎自身もここまで25試合に出場しているが、ゴールはわずか1と持ち前のゴールセンスを発揮し切れていない。京都橘の先輩である仙頭啓矢、小屋松知哉とのトリオで地元クラブの救世主になろうとしているが、思うように結果が出ていない。本職のFWではなくサイドで起用されていることも一因と見られるが、森保監督もクラブでの現状を少なからず危惧しているはずだ。 ▽加えて言うと、岩崎がU-21日本代表で担っている2列目のポジションはライバルが非常に多い。北海道コンサドーレ札幌で主軸を担っている三好康児や大学生の三苫薫(筑波大)、年下の安部裕葵(鹿島アントラーズ)、久保建英(横浜F・マリノス)らに加え、欧州組の堂安律(フローニンヘン)、伊藤達哉(ハンブルガーSV)らもいる。その競争を勝ち抜いて東京五輪代表へと生き残らなければ、A代表昇格への道は開けてこない。仮に首尾よくA代表入りできたとしても、年長者の香川真司(ドルトムント)や原口元気(ハノーファー)、久保裕也(ニュルンベルク)らが控えているため、そう簡単に試合には出られないだろう。 ▽ただ、今回の2018年ロシア・ワールドカップで大迫勇也(ブレーメン)や柴崎岳(ヘタフェ)、昌子源(鹿島)が活躍したように、高体連出身の選手はここ一番での勝負強さと闘争心を秘めている。岩崎も中学時代にJFAアカデミー福島で2年の途中まで過ごしながら、地元の滋賀県彦根市の中央中学校に転校した経緯があり、さらにユース年代も高校を選んでいる。それだけに闘争心や泥臭さ、守備意識の高さ、オフ・ザ・ボールの時の運動量などは頭抜けたものがある。技術的に優れているエリート選手と一味違うのも、こうした経歴によるところが大なのだ。 ▽岩崎には同世代のライバルたちにはない魅力があるだけに、伸び代はまだまだある。それは今回のアジア競技大会でも随所に感じられる点だ。その評価をさらに高め、五輪代表、A代表入りのルートに乗るためにも、まずはアジア競技大会での残りゲームでの活躍が不可欠だ。19日のUー23ベトナム代表戦では後半途中からの出場となったが、ビハインドを背負ったチームの救世主になりきれず、悔しい敗戦を喫してしまった。グループ1位通過も叶わず、後味の悪さも残った。ただ、韓国との直接対決を免れたという意味では2位通過でよかったという考え方もある。いずれにしても24日の対峙する次なる敵・マレーシアを倒すために、岩崎にはゴールに直結する仕事をしてもらわなければならない。 ▽さらに大会後には、所属する京都での目に見える結果が絶対に必要だ。残り10試合強で名門クラブのJ2残留請負人としての大役を果たせば、彼の評価は自ずと上がる。来シーズンは違った環境にステップアップすることも可能ではないか。本人もJ1、あるいは海外でプレーすることを希望しているはず。そうなれば彼自身のキャリアも様変わりするに違いない。 ▽同い年の堂安がすでにオランダ2年目に突入していることは気になるだろうが、「1つ1つステップを踏んで成長していきたい」と考えるのが岩崎だ。ロシアで戦ったメンバーを見ても、乾貴士(ベティス)のように年代別世界大会には全く出ていないのに、紆余曲折の末にワールドカップでの活躍を手にした選手はいる。同郷の先輩の姿は岩崎の大きな刺激になっているはず。そうやって時間をかけてじっくり自分の課題を克服し、どんな敵と対峙しても点の取れる献身的かつアグレッシブなストライカーになれれば、世界舞台は必ずついてくる。岩崎にはそんな可能性が大いに感じられる。 ▽アジア競技大会でベスト4以上を目指している森保監督の期待に応えるべく、ここからゴールを量産し、アジア中を驚かせるようなパフォーマンスを見せること。それを今の彼に強く求めたい。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.08.24 21:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング