京都サンガF.C.

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 京都 43 12 7 23 40 58 -18 42
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-24
14:00
明治安田生命J2リーグ
第1節
京都 vs 新潟
2019-03-02
14:00
明治安田生命J2リーグ
第2節
京都 vs 鹿児島
2019-03-09
13:00
明治安田生命J2リーグ
第3節
福岡 vs 京都
2019-03-17
14:00
明治安田生命J2リーグ
第4節
京都 vs
2019-03-24
14:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
千葉 vs 京都
基本データ

正式名称:京都サンガF.C.

ホームタウン:京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、京田辺市、木津川市

チームカラー:パープル

関連ニュース
thumb

京都、今季トップチーム昇格のMF上月壮一郎が負傷

京都サンガF.C.は15日、MF上月壮一郎(18)が負傷したことを発表した。 クラブの発表によると、上月は1月26日(日)に行われた練習試合で負傷。左けい骨疲労骨折と診断され、2月1日(金)に京都市内の病院で手術したとのことだ。 京都下部組織出身の上月は、今シーズンからトップチームに昇格を果たしていた。 2019.02.15 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

京都がFWエスクデロ競飛王と契約更新…昨季途中から蔚山現代でプレー

京都サンガF.C.は31日、FWエスクデロ競飛王(30)との契約更新を発表した。 エスクデロ競飛王は、2005年に浦和レッズでキャリアをスタート。2012年にFCソウルへ期限付き移籍すると、2013年に完全移籍。その後、2015年に江蘇蘇寧へと移籍すると、2016年から京都でプレーしていた。 2016年は明治安田生命J2リーグで38試合に出場し5得点、2017年は21試合に出場。2018年は15試合に出場していたが、8月に蔚山現代へと期限付き移籍していた。 2019.01.31 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

京都、MF荻野広大、MF島村拓弥のロンドリーナEC(ブラジル)への期限付き移籍を発表

京都サンガF.C.は18日、MF荻野広大(21)、MF島村拓弥(19)がブラジルのロンドリーナECに期限付き移籍することを発表した。期間は2019年2月1日~2019年11月30日までとなる。 京都の下部組織出身の荻野は2015年に2種登録でトップチームに参加。同年9月の天皇杯1回戦の立命館大学戦でデビューを果たした。2016年に正式にトップチームへ昇格した後は、同年7月にカマタマーレ讃岐へ期限付き移籍。2017年も引き続き讃岐でプレーし、昨年はテゲバジャーロ宮崎(JFL)に期限付き移籍で加わった。 京都下部組織出身の島村は2017年にトップチーム昇格。昨シーズンは期限付き移籍で岐阜に加入し、明治安田生命J2リーグ4試合に出場していた。 京都は、両選手のロンドリーナECへの期限付き移籍に関して、「トップチームかつグローバルに活躍する、世界水準のサッカー選手を育成する」ために、一貫した指導理念を持ち、若手選手の育成をクラブとして図るべく実施したと説明している。 両選手は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆MF荻野広大 「ブラジルの方や世界の方々とコミュニケーションをとって、サッカーだけではなく、語学なども色々と吸収してきたいです。(ブラジルの選手は)生活をかけて本気でサッカーをやっていると思うので、それに負けないぐらいの気持ちでプレーします。ブラジルで活躍しているところを皆さんに届けられるように頑張ってきますので、これからも応援よろしくお願いします」 ◆MF島村拓弥 「一年間、自分の武器をもっと磨いて来年戻った時にチームの戦力になれるように、ブラジルで精一杯頑張ってきます! 引き続き、島村拓弥を応援よろしくお願いします! 」 2019.01.18 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

田中マルクス闘莉王、今季契約更新 京都在籍3シーズン目に突入

京都サンガF.C.は13日、元日本代表DF田中マルクス闘莉王(37)との契約更新合意を正式発表した。 闘莉王は過去、サンフレッチェ広島や水戸ホーリーホック、浦和レッズ、名古屋グランパスでプレー。2017年から京都に活躍の場を移した。 その京都加入初年度は明治安田生命J2リーグで15得点を記録。DF登録選手としてJリーグ史上初の公式戦通算100得点を成し遂げた。 そして、2018シーズンはJ2リーグ31試合に出場して4得点。Jリーグ通算で公式戦499試合104得点をマークしている。 2019.01.13 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

京都FWカイオ、UAEのエミレーツ・クラブに完全移籍「残留に導けたことは大きな喜び」

京都サンガF.C.は9日、ブラジル人FWカイオ(31)がエミレーツ・クラブ(UAE)に完全移籍することを発表した。 セレッソ大阪や横浜FCでのプレー経験を持つカイオは、2018年7月に中国の雲南麗江から京都に完全移籍。今シーズンは明治安田生命J2リーグで15試合4ゴールを記録した。 エミレーツ・クラブへの完全移籍が決定したカイオは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「6カ月間でしたが、京都でプレーし、私と契約してくれた京都を何としてもJ2最下位の状況から降格させまいとプレーし、残留に導けたことは大きな喜びでした。自分を受け入れてくれたチーム、フロント、選手、スタッフ、サポーター、全ての方に感謝しています。そして、未来への私の選択を理解してもらえれば幸いです。私は日本を離れますが、京都の皆さんを愛しています」 2019.01.09 09:45 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング