超ワールドサッカー

湘南ベルマーレ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 湘南 37 11 4 4 22 16 6 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
18:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
横浜FC vs 湘南
2017-07-01
19:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
湘南 vs 名古屋
2017-07-08
19:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
大分 vs 湘南
2017-07-16
19:00
明治安田生命J2リーグ
第23節
湘南 vs 東京V
2017-07-22
18:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
山形 vs 湘南

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.17
19:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
湘南 1 - 0 京都
2017.06.10
16:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
徳島 0 - 1 湘南
2017.06.03
16:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
湘南 1 - 1 長崎
2017.05.27
16:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
湘南 0 - 1 山形
2017.05.21
13:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
松本 1 - 2 湘南

基本データ

正式名称:湘南ベルマーレ

原語表記:SHONAN Bellmare

ホームタウン:厚木市、伊勢原市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、平塚市、藤沢市、大磯町、寒川町、二宮町

チームカラー:ライトグリーン、ブルー、ホワイト

関連ニュース

thumb

湘南、MF新井光の来季加入内定を発表! 長野出身の攻撃的MF

▽湘南ベルマーレは20日、長野市立長野高校に在籍するMF新井光(17)の2018シーズン加入内定を発表した。 ▽AC長野パルセイロ下部組織で育った長野県出身の新井は、足元の技術が高く、状況判断にも優れた攻撃的MF。2014年にU-16日本代表候補に招集された経歴を持つ。新井はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「来シーズンより湘南ベルマーレに加入することとなりました新井光です。小学1年生からサッカーを始めて今まで、たくさんの人に支えてもらい今日を迎えることができました。これまで関わってくださった皆さんには本当に感謝しています。来シーズン、湘南で開幕から試合に出場する気持ちで、これからも日々の練習を頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.06.20 17:48 Tue
twitterfacebook
thumb

湘南が10番を背負うMFシキーニョの退団を発表「とても良い時間を過ごすことができました」

▽湘南ベルマーレは18日、ブラジル人MFシキーニョ(27)の退団を発表した。期限付き移籍元であるコインブラMGに復帰するとのことだ。 ▽シキーニョは今シーズンから湘南に期限付き移籍で加入。背番号10を背負っていた。明治安田生命J2リーグではわずか2試合の出場にとどまっていた。シキーニョはクラブを通じてコメントしている。 「試合に出られない時も、サポーターの皆さんにはいつも応援していただき感謝しています。出場した2試合でも、すごく大きな声援を送っていただきました。5カ月という期間でしたが、とても良い時間を過ごすことができました。ありがとうございました」 2017.06.18 10:53 Sun
twitterfacebook
thumb

劇的岡本弾で湘南が同勝ち点で首位追走! 京都は12試合ぶりの黒星…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の湘南ベルマーレvs京都サンガF.C.が17日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、1-0で湘南が勝利した。 ▽ここまで10勝4分け4敗で2位につける湘南(勝ち点34)と、6勝7分け5敗で12位につける京都(勝ち点25)の一戦。まずは、アウェイの京都がゴールを脅かす。10分、パスを受けた大黒が左サイドを突破し、クロスを供給。これは相手DFに阻まれるも、ボックス中央やや左へこぼれたボールに反応した岩崎が右足で叩きつけるボレーシュートを放つ。しかし、GK秋元の好守に阻まれる。 ▽順調な立ち上がりを見せる京都はさらに14分、ボックス右でボールを収めた小屋松の落としをケヴィン・オリスが左足でシュートを放つが、わずかにゴール右を逸れる。 ▽対する湘南も徐々に応戦。24分、ボックス右外でパスを受けた岡本のクロスをニアサイドに飛び込んだジネイが右足で合わせるが、枠を捉えることができない。 ▽攻勢を続ける湘南は38分、秋野の左CKをゴール前中央でアンドレ・バイアがヘディングシュート。しかし、これはゴール右へと外れてしまう。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、京都が後半立ち上がりにチャンスを迎える。51分、敵陣中央右でFKを獲得すると、キッカーの石櫃がクロスを選択。これは飛び出したGK秋元にパンチングで防がれるも、ファーサイドに流れたボールを本多が丁寧にゴール左隅を狙うが、カバーに入った山根にクリアされてしまう。 ▽一方の湘南も65分、右サイドを突破した岡本のクロスをボックス中央に走り込んだ端戸がヘディングで合わせる。強烈なシュートはゴール左隅を捉えるが、GK菅野がファインセーブでこのピンチを防ぐ。 ▽ゴール前に迫るも決めきれない湘南はさらに71分、スルーパスに反応し、ボックス内へ侵攻した石川のラストパスをゴール前右で受けた途中出場の表原が右足で押し込む。これはGK菅野に阻まれるが、さらにこぼれ球を岡本がシュート。今度は相手DFの懸命なブロックに阻まれる。 ▽その後も互いにチャンスを作り出すも、最後のところで決めきれない両者の試合は、試合終了間際に湘南が劇的ゴールで試合を決定づける。後半アディショナルタイム1分、ボックス左外でボールを収めた杉岡がドリブルでDF2枚を交わして、ボックス内へと侵攻。そのままファーサイドにグラウンダーのクロスを供給すると、走り込んだ岡本が右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、試合終了。土壇場のゴールで勝利を飾った湘南は連勝を飾って、首位福岡を同勝ち点で追走。対する京都は、12試合ぶりの黒星となった。 2017.06.17 22:12 Sat
twitterfacebook
thumb

辛勝の湘南が首位福岡と勝ち点で並び2位浮上!!《J2》

▽10日に明治安田生命J2リーグ第18節の徳島ヴォルティスvs湘南ベルマーレが鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、1-0で湘南が勝利した。 ▽第17節終了時点で4位の湘南(勝ち点31)は、1位の福岡(勝ち点33)とは勝ち点2差と昇格が狙える位置に付けている。対する7位の徳島(勝ち点27)は、4試合で連続引き分けが続いていたが、前節の群馬戦で6試合ぶりに勝利し、調子は上向きにある。 ▽序盤はホームの徳島がペースを握った。2トップの山崎と渡が積極的に動いてスペースを作り、湘南DFを揺さぶる。11分、押し込む徳島に最初のチャンスが訪れる。ボックス手前中央で前川が胸でボールをトラップ。そのままシュートを放つも、これは枠を外れた。 ▽受けに回っていた湘南だが、徐々に調子を取り戻す。中央でのプレスを強めつつ、奪ってから素早くサイドへ回す展開が増えると、ボールを保持できるように。15分、17分、21分と立て続けに湘南がCKを得るも、決定的なチャンスとはならず。両チームとも攻守に渡りアグレッシブなプレーをするも、決定機を作ることができない。 ▽試合は再び徳島が支配し始める。29分に杉本、岩尾、馬渡、山崎、岩尾、渡とテンポよく繋ぎ、ハーフウェイライン付近からあっという間にボックス内へ。渡がクロスを上げ、ボックス内へ走り込む前田へ合わせる。美しい形だったが、これを決め切れずに相手DFにクリアされた。 ▽後半へ入ると、湘南は山田と島村を交代し、DFラインを4バックから3バックに変える。さらに安藤を石川と代えボランチへ配置し、中盤を厚くした。 ▽システム変更が功を奏したのか、湘南がチャンスをものにする。折り返して50分、野田がボックス手前中央でキープし左サイドへスルーパスを送る。これを受けた杉岡がボックス内左を深めに侵入し、そのまま左足を振り抜く。勢いの良いシュートはゴールネット右側に突き刺さった。 ▽1点を追う徳島が攻撃に人数をかけると、立て続けにチャンスを迎える。67分、大崎の縦パスを受けた渡が山崎、島屋と連動して湘南DFを中央から崩す。ボックス内中央でフリーとなった山崎が右足を振り抜くも、枠を外してしまう。続いて69分、左サイドを駆け上がった内田が、素早いクロスをピンポイントで山崎へ合わせる。山崎のシュートは枠内へ飛んだが、GKに弾かれた。 ▽しかし徳島の猛攻は実らず。試合はこのまま終了し、耐えきった湘南が勝ち点3を守り通した。この結果、湘南は勝ち点34となり首位の福岡(勝ち点34)と同勝ち点での2位に浮上した。対して、ホームで敗北を喫した徳島(勝ち点27)は暫定7位のまま。J1昇格圏内へ近づくことは叶わなかった。 2017.06.10 18:07 Sat
twitterfacebook
thumb

注目の上位対決は1-1のドロー! 攻めきれなかった湘南は2戦未勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節の湘南ベルマーレvsV・ファーレン長崎が3日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽現在3位の湘南(勝ち点30)と5位の長崎(勝ち点27)による上位対決となったこの試合。ホームの湘南はモンテディオ山形に0-1で敗れた前節から、石原、菊池、野田を代えて杉岡、ジネイ、藤田祥を先発に起用した。対する長崎は、1-0で勝利した前節の東京ヴェルディ戦から、出場停止のファンマと負傷の島田に代えて宮本と中村をスタメンで起用した。 ▽序盤からパスを細かく繋ぎテンポよく攻撃に出る湘南は、高いボール支配率で長崎ゴールへ迫っていく。14分、18分、19分とジネイや山田が立て続けに惜しいシュートを放ち、ゴールのにおいを漂わせる。 ▽パスサッカーを軸に攻撃を組み立てる湘南は何度もゴール前まで攻め込むが、集中した守備を見せる長崎を崩し切ることができない。一方の長崎は、ほとんどシュートチャンスを迎えられないまま前半を終えた。 ▽後半に入っても湘南の優勢は変わらない。前半と同様にポゼッションを高める湘南は58分、ついに先制に成功する。右サイドを突破した山田がグラウンダーで入れたクロスは一度はクリアされるも、そのボールが再び足元へ。山田が丁寧に中へ折り返すと、ゴール前で石川がダイレクトで合わせて得点をマーク。湘南が先制に成功した。 ▽このまま湘南ペースで進むかと思われた試合だったが、その5分後の63分、長崎が少ないチャンスをモノにする。敵陣中央でボールを持った中村がドリブルを開始。ボックス手前まで侵入すると、そのまま右足を振り抜く。ゴールの右上隅に向かったシュートはGK秋元の手を弾きネットを揺らした。 ▽振り出しに戻った試合だが、これまでと大勢は変わらず。ボールを保持し続ける湘南が幾度となくゴール前へと攻め入るが、長崎も粘り強い守備で得点を奪わせない。 ▽結局、試合はこのまま終了。注目された上位対決は攻めきれなかった湘南に対して、守り切った長崎がしぶとく勝ち点1を拾ったものの、痛み分けとなった。これで2試合未勝利の湘南は、この日敗れて首位陥落の名古屋グランパスと勝ち点31で並ぶも、暫定3位で自動昇格圏内浮上のチャンスを逃した。 2017.06.03 18:39 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング