湘南ベルマーレ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 湘南 8 2 2 4 6 9 -3 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-21
16:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
横浜FM vs 湘南
2018-04-25
19:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
湘南 vs G大阪
2018-04-28
16:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
浦和 vs 湘南
2018-05-02
19:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
湘南 vs
2018-05-06
16:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
湘南 vs 仙台

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.18
20:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第4節
鳥栖 0 - 0 湘南
2018.04.15
16:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
湘南 0 - 2 広島
2018.04.11
19:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
札幌 1 - 0 湘南
2018.04.07
19:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
湘南 2 - 1 鹿島
2018.04.04
19:00
YBCルヴァンカップ Dグループ
第3節
湘南 0 - 3 神戸

基本データ

正式名称:湘南ベルマーレ

原語表記:SHONAN Bellmare

ホームタウン:厚木市、伊勢原市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、平塚市、藤沢市、大磯町、寒川町、二宮町

チームカラー:ライトグリーン、ブルー、ホワイト

関連ニュース

thumb

広島勢い止まらず! パトリックの2戦連続2ゴールで無敗継続&4連勝! 湘南は元広島ミキッチ投入も今季2度目の連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第8節の湘南ベルマーレvsサンフレッチェ広島が15日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-0で広島が勝利した。 ▽ここまで2勝2分け3敗で13位につける湘南(勝ち点8)と、6勝1分けで首位を走る広島(勝ち点19)の一戦。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を0-1で敗れて連勝を逃した湘南は、その一戦から先発メンバーを4人変更。アンドレ・バイアと大野、梅崎、端戸に代えて坂と齊藤、松田、アレン・ステバノヴィッチを起用した。 ▽一方、前節の横浜F・マリノス戦を3-1で勝利して無敗を継続しながら3連勝を飾った広島は、その一線から先発メンバーを6人変更。丹羽と川辺、ティーラシンらに代えて水本、青山、パトリックらを起用した。 ▽まず最初にゴールに迫ったのは、ホームの湘南。11分、敵陣中央右からのFKをキッカーの高橋がクロスを選択。ファーサイドの石川が頭で合わせたが、ボールはゴールの上を通過した。さらに16分、ボックス左外から高橋がクロス。ニアサイドに走り込んだイ・ジョンヒョプが右足アウトサイドでフリック気味に合わせるも、わずかにゴール右外へと外れた。 ▽立ち上がりを経過しても敵陣への侵攻回数が多いのは湘南。36分にはボックス手前で縦パスを受けた松田がうまく反転し、右足で強烈なシュート放つ。しかし、これはややGK林の正面に飛んでしまい、先制点とはならない。 ▽するとここまで押し込まれていた広島がチャンスを迎える。前半アディショナルタイム、敵陣中央左でFKを獲得し、キッカーの柴崎がゴール前へクロスを送る。これをパトリックが競り合い、ゴール前左で工藤が頭で合わせるも、クロスバーに嫌われてしまう。 ▽後半に入ると早い時間帯に広島に先制点が生まれる。51分、柴崎からの左CKをパトリックがヘディングシュートを叩き込んだ。これでパトリックは2試合連続ゴール。 ▽チャンスを作りながらも先制点を許してしまった湘南だったが、62分にチャンス到来。右サイドからのクロスをファーサイドのイ・ジョンヒョプが落とす。中央でフリーになっていたアレン・ステバノヴィッチが左足でシュートを放つも、枠を捉えることができず、絶好機を不意にしてしまう。 ▽同点ゴールが欲しい広島は69分、岡本に代えてミキッチを投入。昨シーズンまで広島に在籍していたミキッチには会場内から大きな拍手が送られる。 ▽しかし、広島が構わず追加点を奪う。80分、ボックス右で相手からボールを奪うと、青山がふわりとしたクロスをファーサイドへ供給。パトリックが高さを見せつけて、試合を2-0にする。 ▽リードを広げた広島はその後、攻勢を強めた湘南に対して、きっちりと対応して試合をクローズ。2-0で勝利した広島が4連勝を飾った。一方の湘南は今シーズン2度目の連敗を喫した。 2018.04.15 18:16 Sun
twitterfacebook
thumb

都倉、劇的弾で2戦連発! 湘南撃破で札幌が今季初の連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節の北海道コンサドーレ札幌vs湘南ベルマーレが11日に札幌ドームで行われ、1-0で札幌が勝利した。 ▽今シーズン初のミッドウィーク開催。ここまで2勝2分け2敗で7位につける札幌(勝ち点8)と、同じく2勝2分け2敗で11位につける湘南(勝ち点8)が激突した。前節の名古屋グランパス戦に3-0で勝利して3戦負けなし中の札幌は、その一戦と同様のメンバーを先発に送り出した。 ▽前節の鹿島アントラーズ戦を試合終了間際のゴールにより2-1で勝利して、5試合ぶりに白星を飾った湘南は、その一戦から先発メンバーを3人変更。菊地と松田、高山に代えて高橋と梅崎、端戸を起用した。 ▽2014年以来の対戦となった同カード。試合は札幌がボールを保持して攻撃を組み立て、序盤から右サイドの駒井が積極的に仕掛ける。 ▽湘南は15分、石川がボックス手前からミドルシュートを放つ。しかしこれは枠を捉えることが出来ない。対する札幌は18分、ボックス右に侵攻した三好がシュートを放つもGK秋元に弾かれた。 ▽その後も三好と駒井のサイド攻撃からチャンスを作ろうとする札幌。すると33分、ボックス右外で縦パスを受けた三好が巧みな反転から右足でクロスを送る。中央の都倉がジャンピングヘッドで合わせたが、ゴールの上へと外れた。 ▽ここまでやや押され気味の湘南。それでも44分には左サイドからのクロスのこぼれ球を梅崎がボックス手前からミドルシュート。強烈な威力で枠を捉えるも、ややGKク・ソンユンの正面に飛んでしまい対処され、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入るとホームの札幌が攻勢を強める。55分、ボックス左手前で落としを受けた福森がクロスを供給。これは相手DFに阻まれたが、ボックス内で高く上がったボールを三好が競り、都倉がボックス中央やや右から反転してシュートを放つもわずかにゴール右へと外れた。2分後には福森のクロスをゴール前右で再び都倉が体に当てて押し込もうとしたが、今度は右ポストに嫌われる。 ▽その後も攻勢を続ける札幌は67分、ボックス右手前に持ち込んだ駒井が素早いシザースから縦に仕掛けてすかさずシュート。しかしわずかにゴール左外。湘南を押し込み続けるもあと一歩のところでゴールが決まらない。 ▽終盤にはヘイスのシュートもポストに嫌われ、1点が遠い札幌。それでも後半アディショナルタイム、クロスからの相手DFのクリアがボックス手前上空へ。これを兵藤が競り勝ち、ボックス内の都倉が反転しながら左足を合わせ、ゴール左隅へと流し込んだ。これが決勝点となり、ホームの札幌が今季初の連勝を飾った。 2018.04.11 21:11 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、山根の劇的ゴールで鹿島撃破! 連敗を脱する5試合ぶり白星! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第6節の湘南ベルマーレvs鹿島アントラーズが7日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-1で湘南が勝利した。 ▽ここまで1勝2分け2敗で14位に位置する湘南(勝ち点5)と、2勝2分け1敗で7位につける鹿島(勝ち点8)の一戦。前節のセレッソ大阪戦を1-2で敗れて今シーズン初の連敗、そして4試合未勝利となった湘南は、その一戦から先発メンバーを2人変更。秋野と野田、杉岡とイ・ジョンヒョプを起用した。 ▽一方、前節のコンサドーレ札幌戦をゴールレスドローで終え、連勝を飾ることができなかった鹿島は、その一戦から先発メンバーを5人変更。昌子と伊東、レオ・シルバ、永木、安部に代えて犬飼と西、三竿健、小笠原、レアンドロを起用した。 ▽試合は開始早々に動く。湘南は5分、菊地のパスを受けた岡本がボックス右からGKとDFの間に鋭いクロスを供給。これを犬飼がクリアミスすると、そのままゴールに吸い込まれて先制に成功する。 ▽出鼻を挫かれた鹿島だったが、すぐさま反撃。7分、カウンターから敵陣中央やや左の三竿健がボックス右手前にスルーパスを送る。走り込んだ鈴木が飛び出したGK秋元との一対一を制し、1-1と試合を振り出しに戻す。 ▽同点に追いついた鹿島に早くも逆転のチャンスが訪れる。16分、右サイドでのパス回しから土居の落としを受けた西が、ファーサイドへクロス。これを同点ゴールを決めた鈴木が頭で合わせてゴールネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定が下されてしまい、ゴールは認められない。 ▽鹿島はさらに29分、金崎のスルーパスに抜け出したレアンドロがボックス右に侵攻。切り返しから右足を振り抜くもGK秋元にセーブされた。 ▽勝ち越したい湘南は44分、スローインの流れから右サイドに抜けた高山がクロス。ニアサイドに走り込んだ杉岡が合わせたが、シュートはゴール右外へと外れた。 ▽1-1で折り返して迎えた後半、両者シュートまで結び付けることができないややこう着した展開が続く。それでも鹿島は61分、土居のクロスを鈴木がヘディングシュート。しかし、GK秋元に防がれてしまう。 ▽逆転したい鹿島は79分、西に代えて古巣対決となる永木を投入する。すると鹿島は85分、敵陣中央右でパスを受けた永木がクロスを供給。中央の鈴木が頭で合わせたが、GK秋元にキャッチされてしまう。 ▽鹿島は直後にも金崎にミドルシュートのチャンスが訪れたが、決め切ることが出来ない。すると試合終了間際、驚きの結末を迎える。湘南は後半アディショナルタイム4分、ボックス右手前で山根がこぼれ球を拾うと、ワンタッチでボックス右に侵攻。思い切りよく右足を振り抜いてゴールに突き刺した。試合はそのまま試合終了。山根の劇的ゴールで勝利した湘南が、5試合ぶりの白星。一方の鹿島は2試合未勝利となった。 2018.04.07 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ヤン・ドンヒョンのJ初ゴールと途中出場杉本の決勝ゴールでC大阪が湘南を下し今季初勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第5節、セレッソ大阪vs湘南ベルマーレが3月31日に行われ、2-1でC大阪が勝利した。 ▽ここまで未勝利の15位のC大阪(勝ち点3)。昨季昇格組ながら3位という成績を収めたチームの面影はなく、早いところ勝利を手にしたい一戦だ。前節のヴィッセル神戸戦での敗戦から山下と代表帰りの杉本を代えて、木本と柿谷を先発に起用した。 ▽開幕戦の勝利以降白星から遠ざかっている9位の湘南(勝ち点5)は、前節のFC東京戦で今季リーグ戦初黒星を喫した。公式戦4試合ぶりの勝利を目指すJ2王者は、前節から梅崎、杉岡、イ・ジョンヒョプの3選手を変更。代わりに石川、岡本、野田が先発となった。 ▽まずは5分、高木がゴールから左斜め45度の位置からカーブを懸けたシュートを放ち、C大阪がゴールに迫る。湘南も攻撃に転じるものの、なかなかC大阪の守備を崩し切ることが出来ず攻勢に出られない展開に。 ▽すると13分、C大阪が先制点。ボックス手前右でボールを持ったヤン・ドンヒョンが左足を振り抜くと、このシュートがGK秋元の手を弾いてゴールネットを揺らした。ヤン・ドンヒョンはJ初ゴールとなった。 ▽この失点でスイッチが入った湘南は、豊富な運動量でC大阪のボールを奪いに行く。すると36分、菊池の粘りからマイボールにした湘南は左サイドに展開。大野のクロスを最後は、岡本が丁寧に左足で合わせ、スコアを振り出しに戻した。 ▽同点に追いつかれたC大阪は、前半終了間際に松田陸の鋭いシュート。しかし、これはゴールとはならず、1-1のまま試合を折り返した。 ▽迎えた後半、C大阪は50分に高木がボックス内からのシュートでGKを強襲すると、こぼれ球を拾った松田陸のクロスを柿谷がヘディングシュート。これもGK秋元にセーブされるが、ホームチームが得点の雰囲気を醸し出す。 ▽対する湘南も54分に松田天馬がドリブルシュート。しかしC大阪GKキム・ジンヒョンも良い守備を見せる。75分には岡本がボックスの外からシュートを放つが、マテイ・ヨニッチに当たって枠の外へ。 ▽ほとんどこう着状態が続いていた後半だったが、86分に動きをみせる。松田陸がバックライン右からロングボールを前線に供給すると、これを受けた途中出場の杉本が一気にゴール前へ。ボックス右に侵入した杉本は、チェックに来たアンドレ・バイアの股を抜くシュートで、C大阪に勝ち越しゴールをもたらした。 ▽試合はこのまま終了。杉本の値千金のゴールで勝ち越したC大阪が湘南に競り勝ち、今季リーグ戦初勝利を収めた。 2018.03.31 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ディエゴ・オリヴェイラのスーパーゴールでFC東京が今季J1初勝利! …好調の昇格組・湘南は初黒星喫する《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第4節のFC東京vs湘南ベルマーレが18日に味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽ここまで1分け2敗の未勝利で17位に沈むFC東京(勝ち点1)は、1-0で勝利した直近のYBCルヴァンカップ2018、アルビレックス新潟戦からスタメンを1名のみ変更。丸山に代えて森重を起用した。 ▽対して1勝2分けの無敗で7位につける湘南ベルマーレ(勝ち点5)は、1-2で敗北した直近のルヴァン杯V・ファーレン長崎戦からスタメンを全員変更。GKに秋元、3バックにアンドレ・バイア、大野、山根、中盤に菊池、梅崎、秋野、松田、高山、杉岡を配し、最前線にはイ・ジョンヒョプが入った。 ▽試合の序盤から主導権を握るFC東京は、最前線のディエゴ・オリヴェイラに素早くボールを当ててからの攻撃を試みるが、湘南の3バックを中心とする集中した守備に苦しみゴールに迫ることができない。しかし、湘南のカウンターも危険なゾーンまで至ることがなかなかなく、お互いに決定機に欠ける展開が続く。 ▽それでも25分、ボックス手前やや右の絶好の位置でディエゴ・オリヴェイラが倒され、FKを獲得。しかし、小川が左足で直接狙ったシュートは枠を外れ、得点には繫がらない。さらに34分、東のラストパスに反応したディエゴ・オリヴェイラがフリーでボックス内右に侵攻してシュートを放ったが、これも枠を外れた。 ▽FC東京がチャンスを逸すると、前半終了間際の45分、湘南にチャンスが訪れる。ボックス手前左からのFKのシーンで、キッカーは梅崎。右足でニアを狙ったシュートは左ポストに阻まれて得点とはならなかったものの、FC東京ゴールを脅かした。直後に前半が終了し、試合はゴールレスで折り返しを迎えることに。 ▽後半が始まると、早々の46分にFC東京に先制点。ボックス手前中央、後ろ向きの体勢でボールを受けたディエゴ・オリヴェイラが独力で前を向く。そのまま右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽その後も攻勢を保つFC東京は、74分にもチャンスを得る。途中出場の前田が右サイドを抜け出して深い位置まで侵攻。中央に折り返すと、ボックス内の東がダイレクトで合わせたシュートはGK秋元にキャッチされたが、試合を優位に運んでいく。 ▽結局、1-0のスコアのまま試合が終了。この結果、FC東京は追加点こそ決め切れなかったものの危なげなく締めることに成功し、今シーズンのJ1リーグ初勝利。対する湘南は、初敗北を喫することとなった。 2018.03.18 16:55 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング