シュツットガルト

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 シュツットガルト 10 3 1 4 6 10 -4 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-10-21
22:30
ブンデスリーガ
第9節
ライプツィヒ vs シュツットガルト
2017-10-29
26:00
ブンデスリーガ
第10節
シュツットガルト vs フライブルク
2017-11-04
23:30
ブンデスリーガ
第11節
ハンブルガーSV vs シュツットガルト
2017-11-17
28:30
ブンデスリーガ
第12節
シュツットガルト vs ドルトムント
2017-11-24
28:30
ブンデスリーガ
第13節
ハノーファー vs シュツットガルト

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.10.13
27:30
ブンデスリーガ
第8節
シュツットガルト 2 - 1 ケルン
2017.09.30
22:30
ブンデスリーガ
第7節
フランクフルト 2 - 1 シュツットガルト
2017.09.23
22:30
ブンデスリーガ
第6節
シュツットガルト 0 - 0 アウグスブルク
2017.09.19
25:30
ブンデスリーガ
第5節
ボルシアMG 2 - 0 シュツットガルト
2017.09.16
22:30
ブンデスリーガ
第4節
シュツットガルト 1 - 0 ヴォルフスブルク

基本データ

正式名称:VfBシュツットガルト

原語表記:VfB Stuttgart

愛称:シュヴァーベン(地域名)、ローテン(赤)

創立:1893年

ホームタウン:シュツットガルト

チームカラー:白、赤

関連ニュース

thumb

大迫フル出場ケルン、浅野不出場シュツットガルトに終盤被弾で敗戦《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第8節、シュツットガルトvsケルンが13日に行われ、2-1でシュツットガルトが勝利した。シュツットガルトのFW浅野拓磨はベンチ入りも出場せず、ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽代表ウィーク前に行われた前節フランクフルト戦では出場機会がなく、代表戦でもインパクトを残せず消化不良でチームに戻った浅野は今節もベンチスタートとなった。 ▽一方、前節ライプツィヒ戦で今季初ゴールを決めたものの、チームは今季6敗目を喫したケルンの大迫は、ニュージーランド代表戦のみ先発した。その大迫はフラットな[4-4-2]の2トップで先発となった。 ▽積極的に入ったケルンは5分、大迫に決定機。クランターの右クロスに反応した大迫がボレーでミート。しかし、わずかに枠の右に外れた。その後、11分にロングカウンターからドニスに決定的なシュートを許すも、17分にも大迫に決定機。ボックス左に抜け出したS・ツォラーのクロスに大迫が合わせにかかる。これはミートできなかったが、ルーズボールを拾ってシュート。しかし、GKにセーブされた。 ▽ハーフタイムにかけてはシュツットガルトが盛り返す。まずは35分、左CKからバトシュトゥバーのヘディングシュートでゴールに迫ると、続く36分には分厚い攻めを見せてブレカロ、ドニスとボックス内から立て続けに決定的なシュートを浴びせる。だが、前者はゴールライン前のDFに、後者はGKホルンのファインセーブに阻まれた。 ▽それでも38分、ショートカウンターに転じたシュツットガルトが先制する。テロッデのスルーパスを受けたドニスがソーレセンに競り勝ってボックス中央へ侵入。GKとの一対一を制した。 ▽1点ビハインドのケルンが後半からエーズカンに代えてピサーロを投入したのに対し、シュツットガルトが追加点に迫る。55分、ボックス右からブレカロの放ったミドルシュートがGKホルンを強襲した。 ▽その後も攻め手のないケルンは65分にアタッカーのギラシーを投入。すると77分、ワンチャンスを活かして試合を振り出しに戻した。流れの中からセンターバックのハインツがペナルティアーク中央付近から左足を一閃。完璧なシュートがゴール左上に突き刺さった。 ▽さらに終盤の88分、ケルンはギラシーが倒されてPKを獲得するも、ビデオ・アシスタント・レフェリ(VAR)によって覆り、試合は1-1のまま終了するかに思われた。 ▽しかし、終了間際の94分にシュツットガルトが勝ち越す。ボックス右でアコロが仕掛けて左足でシュートに持ち込むと、DFに当たったシュートがGKホルンの逆を突いてネットを揺らした。 ▽そして、直後のギラシーのゴール至近距離からのボレーシュートをGKツィーラーがビッグセーブで防いだシュツットガルトが勝利。4試合ぶりとなる今季3勝目を挙げている。一方、敗れたケルンは7敗目を喫した。 2017.10.14 05:45 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫勇也がケルン復活のキーマンに…ドイツ地元紙が分析

ここまでブンデスリーガ第7節まで消化し、1分け6敗と大苦戦を強いられているケルン。9月下旬には元ラトビア代表FWアルチョムス・ルドニェフスが突然の現役引退を表明し、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロと契約を結ぶ運びとなった。<br><br>しかし、第7節のライプツィヒ戦では試合中にFWジョン・コルドバが負傷し、54分に途中交代を余儀なくされた。報道によるとコルドバは少なくとも6週間ほど離脱する見通しとなっている。攻撃陣の駒不足で窮地に立たされているケルンだが、地元紙『エクスプレス』は大迫勇也がケルン復活のカギを握る一人だと見ているようだ。<br><br>記事では「シュツットガルトとの一戦を前に、ケルンは大迫勇也とレオナルド・ビッテンコートを軸にすることになるだろう」と伝えた。<br><br>その一方で大迫については「大迫にとって問題なのは、火曜日にハイチとの親善試合を戦い、チームへの帯同が遅れていることだ」と、日本代表招集での長距離移動が不安要素になっていると報じている。<br><br>次節、シュツットガルト戦を前に「大迫とビッテンコートの隣で起用する選手を考えるとき、ケルンの(ペーター)シュテーガー監督には複数の選択肢があるが、おそらくシモン・ツォーラーをスタメン起用することになるだろう。スピーディーな攻撃を展開するうえで、彼にとっては絶好のチャンスとなる」と分析している。<br><br>また、新たに入団した39歳のベテラン、ピサーロについては、「彼は実戦から離れていた時間が長く、万全ではないために先発起用させるには十分ではない」と断言。しばらくはスーパーサブでの役回りが中心で、徐々に先発起用される見通しとなっているようだ。<br><br>前節、ライプツィヒ戦で今シーズンのリーグ戦初ゴールを決めた大迫勇也。現地時間13日にはシュツットガルトとの一戦が控えているが、果たして2試合続けて結果を残し、チームに初勝利をもたらすことができるのか。代表戦から間もないが、大迫の奮起が期待されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.12 19:32 Thu
twitterfacebook
thumb

情報が少ないハイチ戦でも平常心のFW浅野拓磨「深く考えることはない」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は9日、翌10日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、FW浅野拓磨(シュツットガルト)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。情報が少ないハイチ戦への意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW浅野拓磨</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──ハイチについては</span> 「情報としては毎回選手が変わったり、監督が違うといったことで、どんな形で来るかが全く読めないです。どの映像があっていて、どんなイメージを持ったらいいのかはハッキリしていないです」 <span style="font-weight:700;">──そういった意味では臨機応変さが問われると思うが</span> 「チームとしてはそういった部分も力をつけて行かないといけないと思います。僕自身は、常にそんな感じなので、特にイメージを強く持って試合に臨むよりは、ピッチで相手を感じてどうプレーしようかなと、常にピッチに入っています。深く考えることはないかなと思います」 2017.10.09 20:59 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第7節プレビュー】長谷部&鎌田フランクフルトvs浅野シュツットガルト開催

▽前節はドルトムントがボルシアMGに6発大勝して首位をキープした一方、バイエルンがヴォルフスブルクに2点差を追いつかれてのドローに終わり、勝ち点差が3に広がった。その他の上位陣ではホッフェンハイムが今季4勝目を、ライプツィヒが3勝目を挙げている。下位では唯一の開幕5連敗となっていたケルンが好調ハノーファーに引き分け、何とか連敗を止めた。迎える第7節では、長谷部&鎌田フランクフルトと浅野シュツットガルトによる日本人対決が行われる。 ▽前節ライプツィヒ戦では開幕節以来のスタメンとなった鎌田だったが、チームが守備に追われたこともあってアピールするには至らずチームは1-2の敗戦に終わった。長谷部も失点に絡み、芳しいパフォーマンスではなかったが、引き続きスタメン予想となっている。鎌田はベンチからアピールのチャンスを窺う。 ▽前節アウグスブルク戦では再びベンチスタートとなったシュツットガルトの浅野は、終盤に出場するもチームはゴールレスドローに終わった。引き続きベンチスタート予想の浅野だが、長谷部が守備を統率するフランクフルト相手にゴールとなるか。 ▽ボルシアMGに対してM・フィリップのドッピエッタとオーバメヤンのハットトリックで6-1と大勝して5勝目を挙げたドルトムントは、アウグスブルクとのアウェイ戦に臨む。火曜日に行われたCLレアル・マドリー戦では1-3と完敗してCL2連敗スタートと苦しい状況となったドルトムントだが、好調のリーグ戦で勝利を取り戻せるか。3勝2分け1敗と上々のスタートを切ったアウグスブルクが相手だが、堅守を誇る相手に自慢の攻撃力で押し切りたい。レアル・マドリー戦で出番のなかった香川は先発予想となっており、活躍に期待だ。 ▽ドルトムントを追うバイエルンは原口のヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦する。ヴォルフスブルクに引き分け、4勝1分け1敗となったバイエルンは、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦を0-3と完敗した。その結果を受け、クラブはアンチェロッティ監督を電撃解任。ショック療法で勝利を取り戻し、状況を好転できるか。 ▽一方、前節マインツ戦を0-1と敗れて2勝2分け2敗の五分の星となったヘルタは、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のエステルスンド戦を0-1で敗戦。ベンチ入りしながらも出場機会のなかった原口は引き続きベンチ予想だが、出場のチャンスは訪れるか。 ▽前節ハノーファー戦をゴールレスドローで乗り切って開幕からの連敗を5で止めた大迫のケルンは、CLベシクタシュ戦を完敗したライプツィヒとのアウェイ戦に臨む。木曜日に行われたレッドスター戦を0-1で落としたケルンは、リーグとELの二束の草鞋に耐えきれていない状況だが、そんなチームを大迫は救えるか。 ▽前節ヘルタ戦で先発復帰し、チームの今季2勝目に貢献したマインツの武藤はバイエルンに引き分けたヴォルフスブルクとのアウェイ戦を、2試合連続スタメンとなったものの、チームはレバークーゼンに0-3と完敗したハンブルガーSVの酒井高はブレーメンとのノルト・ダービーを戦うが、2選手共に先発予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第7節 ▽9/29(金) 《27:30》 シャルケ vs レバークーゼン ▽9/30(土) 《22:30》 ヴォルフスブルク vs マインツ ボルシアMG vs ハノーファー フランクフルト vs シュツットガルト アウグスブルク vs ドルトムント 《25:30》 ハンブルガーSV vs ブレーメン ▽10/1(日) 《20:30》 フライブルク vs ホッフェンハイム 《22:30》 ヘルタ・ベルリン vs バイエルン 《25:00》 ケルン vs ライプツィヒ 2017.09.29 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨、途中出場も決定機不意に シュツットガルトは2戦未勝利《ブンデスリーガ》

▽日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトは23日、ブンデスリーガ第6節でアウクスブルクと対戦し、0-0で引き分けた。浅野は84分から出場したが、シーズン初ゴールとはならなかった。 ▽開幕5試合で2勝3敗で黒星先行のシュツットガルトがホームにアウグスブルクを迎え撃った一戦。3試合ぶりの勝利を目指したシュツットガルトだったが、前半から攻めあぐねる展開となる。 ▽ほとんどチャンスを作れぬまま試合を折り返したシュツットガルトは、63分にFWアナスタシス・ドニスに決定機。65分にも、ドニスにシュートチャンスが巡ってくるが、決めきれない。 ▽そうした状況の中、浅野は84分からピッチに登場。シャドーの位置に入ると、後半アディショナルタイムにボックス右から右足のシュートでゴールに迫ったが枠外。そのまま引き分けたシュツットガルトは2試合未勝利となった。 シュツットガルト 0-0 アウグスブルク 2017.09.24 08:50 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング