シュツットガルト

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 シュツットガルト 33 9 6 19 50 75 -25 34

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2016.10.25
27:45
DFBポカール
2回戦
ボルシアMG 2 - 0 シュツットガルト

基本データ

正式名称:VfBシュツットガルト

原語表記:VfB Stuttgart

愛称:シュヴァーベン(地域名)、ローテン(赤)

創立:1893年

ホームタウン:シュツットガルト

チームカラー:白、赤

関連ニュース

thumb

アウェイでのタイ戦でゴールを記録したFW浅野拓磨「成長した自分を見せたい」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、FW浅野拓磨(シュツットガルト)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。アウェイでのタイ戦でゴールを決めている浅野はタイのイメージについて語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW浅野拓磨</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──タイについてのイメージは</span> 「前回やった時もイメージは持っていましたが、自由にやらせると技術のあるチームだと思いますし、力は十分あるチームだと思っています。舐めてかかったら食われると思います。監督含めて、チームとしての危機感は持ちながら臨めると思います。気を引き締めて準備するだけです」 <span style="font-weight:700;">──前回は相手が前に来るという想定だったが逆に引かれたが、今回は前に来る可能性もあるが</span> 「予想とすればその可能性はあるかもしれないですが、始まってみないとわかりません。前回もなかなかスペースがない中で、最後に裏を取って点も取れました。チーム全体としてもそこの意識は持てていたので、スペースがあってもなくても自分の特徴をしっかり活かすことができればゴールに近づけると思います」 「相手がどういった形で来るかはわかりませんが、勝ちに来ると思いますし、前から来ると思います。そうなったら僕の特徴はより活きると思うので、その準備をしっかりしながらピッチに立てれば特徴を活かしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──半年前とクラブでの状況も変わって、違う怖さを出せると思うが</span> 「ドイツでやるようになって結構経ちましたが、自分の足りないところであったり、レベルとしてアップできているところもあれば、そうでないところもあります。プレーできれば、成長した自分を見せたいなというのはあります。それだけできる自信はあるので、良い準備をして臨めば、今の自分の力は十分出せるかなと思います」 2017.03.26 23:32 Sun
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表FWクラニィが35歳で現役引退、ブンデス通算111ゴール

▽元ドイツ代表FWケビン・クラニィ(35)が24日、現役引退を発表した。 ▽シュツットガルトやシャルケで活躍したクラニィは、得点感覚に優れた190cmの長身ストライカー。2002-03シーズンからブンデスリーガで8シーズン連続二桁ゴールを記録し、通算111ゴールをマークしていた。シャルケ退団後はディナモ・モスクワを経てホッフェンハイムでプレーしていたがノーゴールに終わり、昨季終了後に契約満了をもって退団していた。 ▽ドイツ代表としては2003年3月にデビュー。52試合に出場して19ゴールを挙げていた。 2017.03.25 00:21 Sat
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨と細貝萌はプレー以外でもシュトゥットガルトに貢献…「日本ブーム」の重要な視点

浅野拓磨と細貝萌は、シュトゥットガルトのマーケティング戦略面でも重要な役割を果たしているようだ。地元紙『シュトゥットガルター・ナッハリヒテン』が報じている。<br><br>選手や監督として浦和レッドダイヤモンズで活躍したギド・ブッフバルトは、かつてシュトゥットガルトでプレーしていた。日本との密な関係性から、現在シュトゥットガルトのアジア圏アドバイザーを務めている。現在在籍する浅野と細貝だけでなく、岡崎慎司や酒井高徳など多くの日本人がシュトゥットガルトでプレーする大きな要因となってきた。<br><br>日本人選手が在籍することは、競技面だけではなくマーケティングの観点からもクラブに利益をもたらしているようだ。シュトゥットガルトのマーケティング責任者は「ホームページに日本からのアクセス数が増えている。テレビや雑誌での報道も同様で、関連した売り上げが発生している」と日本からの注目度が高いことを明らかにした。<br><br>ブッフバルトも「ブンデスリーガではここ数年日本ブームが起きている。シュトゥットガルトに限った話ではない。だから我々も、明確なコンセプトの下、継続していく必要がある」と話している。<br><br>将来的に札幌でプレシーズン合宿を行う可能性にまで言及している『シュトゥットガルター・ナッハリヒテン』だが、1部リーグへの復帰が先決であるとも述べている。浅野と細貝も、まずはシュトゥットガルトの1部昇格に貢献する活躍が期待される。ブンデスリーガ2部で首位を走るシュトゥットガルトは10日、ホームに12位のボーフムを迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.09 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトが暴力沙汰に巻き込まれたMFグロスクロイツと双方合意の下で契約解除「後悔している」

▽日本代表FW浅野拓磨、MF細貝萌が所属するブンデスリーガ2部のシュツットガルトは3日、元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツ(28)との契約解除を発表した。双方合意の元での契約解除とのことだ。 ▽シュツットガルトの発表によると、グロスクロイツは火曜日(2月28日)、シュツットガルト市内の中心部で起きた暴力事件に関与していたとのこと。クラブとグロスクロイツ、代理人で話し合いを行い、今回の決定に至ったとのことだ。なお、暴力事件後に頭部を負傷したグロスクロイツは入院していたが、大きな負傷ではないようだ。 ▽グロスクロイツは今回の事件について謝罪。そして、後悔していることを語った。 「僕はミスを犯した。そして、僕はとても申し訳ないと思っています。今回の決定を受け入れていますし、シュツットガルトでの時間を終えてしまうことを後悔しています。チームには、スタッフ、そしてここまでの期間僕をサポートしてくれた特別なファンにはとても感謝しています」 ▽グロスクロイツはドルトムント、ロート・ヴァイス・アーレンの下部組織出身で、2009年にロート・ヴァイス・アーレンからドルトムントに移籍。2015年8月からはガラタサライでプレー。2016年1月にシュツットガルトへ加入していた。ブンデスリーガでは186試合に出場し23得点を記録。今シーズンはブンデスリーガ2部で16試合に出場し1得点を記録していた。また、ドイツ代表としても6キャップを記録している。 2017.03.03 23:33 Fri
twitterfacebook
thumb

あのお騒がせ男がまたもトラブル?グロスクロイツ、殴り合いに巻き込まれ入院

ドイツ各メディアによると、ブンデスリーガ2部シュツットガルトに所属するDFケヴィン・グロスクロイツは2月27日の深夜に喧嘩に巻き込まれ、頭部にケガを負い入院したという。<br><br>報道によれば、グロスクロイツは16~18歳のグループとともにクラブで楽しんだ後、シュツットガルト中心街の広場に出没。そこで現地時間午前2時15分に十代後半の数人に絡まれ、グロスクロイツは頭部にパンチされたようだ。<br><br>選手はそこから病院に向かい、そのまま入院することになった。クラブは公式ウェブサイトを通じて「おそらく水曜日(3月1日)には退院できるだろう」とケガはそれほど深刻ではないと発表し、また「彼は退院後、告訴を起こす予定である」と伝えている。また容疑者はすでに取り調べを受けた模様だ。<br><br>今回の件ではグロスクロイツは被害者と見られている。また前節は足首の問題で欠場し、2月28日にはクラブでは練習が行われる予定がなかっため、出かけたこと自体には問題がない。ただ、負傷を抱えている選手が夜中に外を遊び歩くことをクラブ側は好ましく思っていないとされる。<br><br>ドルトムントに所属していたころ、ケルンのファンにケバブを投げつけたことやホテルのロビーで排尿したことが話題になったグロスクロイツ。シュツットガルトに加わってからは自身のSNSを通じ、RBライプツィヒやホッフェンハイムといった企業運営のクラブを皮肉ることもあり、クラブ幹部から注意を受けていた。今回はクラブから処分が科されるのかが注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.03.01 09:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング