シュツットガルト

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 シュツットガルト 33 9 6 19 50 75 -25 34

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2016.10.25
27:45
DFBポカール
2回戦
ボルシアMG 2 - 0 シュツットガルト

基本データ

正式名称:VfBシュツットガルト

原語表記:VfB Stuttgart

愛称:シュヴァーベン(地域名)、ローテン(赤)

創立:1893年

ホームタウン:シュツットガルト

チームカラー:白、赤

関連ニュース

thumb

シュツットガルトが3発で上位対決を制し首位キープ! 浅野は先発も得点に絡めず途中交代《ブンデスリーガ2部》

▽24日にブンデスリーガ第30節のシュツットガルトvsウニオン・ベルリンが行われ、3-1でシュツットガルトが勝利している。日本代表FW浅野拓磨は先発出場し、63分までプレーした。 ▽前節のカールスルーエ戦を2-0で勝利し、6試合ぶりの白星で首位に返り咲いたシュツットガルト(勝ち点57)が、勝ち点3差で4位につけるウニオン・ベルリン(勝ち点54)をホームに迎えた一戦。4試合連続でスタメンとなった浅野は[4-2-3-1]の左MFに入った。 ▽上位対決となった試合は17分、立ち上がりから積極的にゴール前へと顔を出す浅野を起点にシュツットガルトが決定機を迎える。左サイドでパスを受けた浅野が強引なドリブル突破でボックス左へと侵攻し、ゴール前にパス。テロッデのポストプレーからマキシムを経由し、最後はボックス右のブレカロがフリーでシュートを放つも、GKメゼンヘラーの好守に阻まれる。 ▽先制のチャンスを逃したシュツットガルトだが、29分にセットプレーからゴールを奪う。ボックス手前やや左でFKを獲得すると、マキシムが右足を振り抜く。ゴール右隅を狙ったボールは、GKメゼンヘラーの手を弾いてゴールに吸い込まれた。 ▽この得点で勢いづいたシュツットガルトはその直後に追加点を奪う。33分、自陣中央でオフォリがボールを奪うとカウンターを発動。敵陣に進攻し、ボックス右外へ展開すると、走り込んだブレカロの折り返しをテロッデが右足で流し込んだ。 ▽前半に2点を奪ったシュツットガルトだが、一瞬の隙から1点を返される。57分、自陣中央左からトリメルにアーリークロスを許すと、これに反応したポルターにゴール前中央で合わせられ、ゴールネットに突き刺された。 ▽1点を返されたシュツットガルトは、63分に浅野を代えてギンチェクを投入。すると68分、ギンチェクが相手最終ラインでプレスをかけると、パスミスを誘発。パスを奪ったマキシムのリターンをギンチェクが受けると、GKメゼンヘラーとの一対一を制した。 ▽この3点目でリズムを取り戻したシュツットガルトはその後、最後まで攻勢を続けウニオン・ベルリンを圧倒。3-1で勝利したシュツットガルトが首位をキープしている。 2017.04.25 05:26 Tue
twitterfacebook
thumb

無所属となっていたMFグロスクロイツが来季からダルムシュタット加入

▽ドルトムントやシュツットガルトでプレーした現在フリーの元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツ(28)が、来季からダルムシュタットでプレーすることが11日に発表された。 ▽ドルトムントの下部組織出身であるグロスクロイツは中盤とバックラインの両サイドをこなせるユーティリティ性の高いワイドプレーヤー。2010-11、2011-12シーズンにはドルトムントでMF香川真司と共にドルトムントのリーグ優勝に貢献している。 ▽その後、徐々にドルトムントで出場機会を減らしたグロスクロイツは2015年夏にガラタサライへ移籍。しかし、ホームシックによりわずか半年でドイツへ戻り、2016年冬にシュツットガルトへ完全移籍。ところが、そのシュツットガルトでは今年3月に泥酔暴行事件に関与し、契約を解除されていた。 ▽そのグロスクロイツはダルムシュタットの公式サイトで次のように語っている。 「フリンクス監督が熱心に誘ってくれ、首脳陣と共にこれが僕にとって正しいステップであると納得させてくれた。これまで所属してきたクラブと同様に、僕はクラブの成功のために全力をつくすよ」 ▽現在、ブンデスリーガで最下位に位置するダルムシュタットは、昇格プレーオフに回れる16位アウグスブルクとは14ポイント差と残留が絶望的となっている。 2017.04.12 01:21 Wed
twitterfacebook
thumb

グロスクロイツが来季からダルムシュタット加入へ…バーでの乱闘騒ぎで現在無所属

元ドイツ代表で無所属となっていたケヴィン・グロスクロイツが、7月1日からダルムシュタットに加入すると『ビルト』など複数のドイツメディアが報じている。<br><br>1988年生まれのグロスクロイツはドルトムントでトップデビュー後、2010-11、11-12シーズンの連覇に貢献。その後、2016年にガラタサライへ移籍した後、16-17シーズンはドイツ2部のシュトゥットガルトに在籍。<br><br>しかし、今年2月下旬にドイツのバーで乱闘に巻き込まれ、3月上旬にクラブとの契約を解除し、無所属となっていた。<br><br>現在、1部で戦っているダルムシュタットは勝ち点15で最下位の18位。17位との勝ち点差は13離れており、来シーズンの2部降格が確実視されている。しかし、豊富な経験を持つグロスクロイツ加入は、ダルムシュタットにとって大きな力添えとなりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.04.11 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

浅野の2得点でシュツットガルトが6戦ぶり白星! カールスルーエ山田との日本人対決を制し首位返り咲き!《ブンデスリーガ2部》

▽9日にブンデスリーガ第28節のシュツットガルトvsカールスルーエが行われ、2-0でシュツットガルトが勝利した。日本代表FW浅野拓磨は先発フル出場し、2ゴールを記録。カールスルーエのMF山田大記も先発フル出場した。 ▽前節の1860ミュンヘン戦で、なんとか同点に追いついたシュツットガルトと、最下位に位置し、ミルコ・スロムカ監督(49)を解任したカールスルーエの一戦となった。 ▽試合は2位のシュツットガルトが先制する。26分、左サイドからマイナスのボールを受けたゲントナーがライン裏へクロス。これを右サイドから走り込んだ浅野が頭で叩きつけてゴールネットを揺らした。 ▽その後もシュツットガルトが攻勢をかけるも、決定力を欠いて追加点を奪えない。カールスルーエは力の差が出ているのか、山田を起点にパスを繋ぐものの、フィニッシュまで持ち込めない。 ▽1-0でシュツットガルトがリードして迎えた後半、立ち上がりはカールスルーエが攻勢をかけるも、浅野が再びネットを揺らす。61分、中盤でオズカンが粘り左サイドに展開。駆け上がったマキシムがパスを受けると、ドリブルで持ち込みシュート。これはGKが左手一本でセーブするも、こぼれ球を浅野が詰めてシュツットガルトが追加点を奪う。 ▽反撃に出たいカールスルーエは69分、山田が決定機を演出する。自陣から裏に山田がロングボールを出すと、反応したカンベリが抜け出しGKと1対1に。しかし、DFに対応されシュートは打てない。 ▽その後もシュツットガルトは、ロングボールを使って浅野を走らせてカールスルーエゴールを目指す。一方のカールスルーエも山田を起点にシュツットガルトゴールを目指すが、得点を奪えない。 ▽84分にはシュツットガルトが決定機。浅野が絡んで深さをとると、右サイドからクロス。ファーサイドに流れたボールをマキシムがダイレクトでシュートを放つも、ゴール右に外れる。 ▽カールスルーエは山田が前線からチェイスをかけるなど流れを掴みにかかるも、主導権は落ち着いて対応。そのまま試合は終了し、2-0でシュツットガルトがリーグ戦6試合ぶりに勝利し首位に返り咲いた。一方のカールスルーエは5試合勝利がなく、残留に向けて厳しい状況が続いている。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">シュツットガルト 2</span>-0 カールスルーエ 【シュツットガルト】 浅野拓磨(前26) 浅野拓磨(後16) 2017.04.09 22:35 Sun
twitterfacebook
thumb

FW浅野拓磨が先発も不発…劇的ドローのシュツットガルトは5戦白星なしで首位陥落《ブンデスリーガ2部》

▽5日にブンデスリーガ第27節の1860ミュンヘンvsシュツットガルトが行われ、1-1で引き分けに終わった。日本代表FW浅野拓磨は先発出場し、61分にギンチェクと交代している。 ▽前節のディナモ・ドレスデン戦で、後半アディショナルタイムのPK弾でなんとかドローに持ち込み、首位をキープしたシュツットガルト。しかし、リーグ戦では2月26日のカイザースラウテルン戦以来4試合連続で勝利から見放されている状況だ。 ▽負けられないシュツットガルトだったが26分、1860ミュンヘンが先制する。アミルトンが放ったシュートをGKランゲラクがセーブ。しかし、こぼれ球をつながれ、最後はR・ラカゼットに蹴り込まれ先制を許す。 ▽追いつきたいシュツットガルトだったが、前半は反撃の糸口を掴めず。1-0で1860ミュンヘンがリードして前半を終える。 ▽迎えた後半、浅野は60分にチャンス。左サイドからのクロスに飛び込みこぼれ球に合わせに行くも、ゴールを奪えない。浅野は直後にギンチェクと交代しピッチを後にすると、シュツットガルトは選手を入れ替え反撃に。 ▽しかし、その後も得点を奪えずに敗戦かと思われた後半アディショナルタイム2分、インスーアのロングボールを相手DFがクリア。しかし、これがカミンスキに当たりゴールへ向かい、シュツットガルトがラッキーな形で同点に追いつく。結局そのまま試合は終了し、1-1のドロー。またしてもドローに終わったシュツットガルトは、ハノーファーに首位の座を奪われた。 1860ミュンヘン 1-1 シュツットガルト 【1860ミュンヘン】 R・ラカゼット(前23) 【シュツットガルト】 カミンスキ(後45+2) 2017.04.06 10:02 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング