カターレ富山

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 富山 47 13 8 11 37 33 4 32

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.03
13:00
明治安田生命J3リーグ
第34節
琉球 1 - 0 富山
2017.11.26
13:00
明治安田生命J3リーグ
第33節
富山 1 - 1 鳥取
2017.11.19
13:00
明治安田生命J3リーグ
第32節
富山 1 - 2 長野
2017.11.05
13:00
明治安田生命J3リーグ
第30節
富山 0 - 4 秋田
2017.10.29
13:30
明治安田生命J3リーグ
第29節
相模原 3 - 2 富山

基本データ

正式名称:カターレ富山

ホームタウン:富山市を中心とする全県

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

「クラブの秩序風紀を乱す行為」により富山が今季加入のDF登崎雅貴と契約解除

▽カターレ富山は15日、DF登崎雅貴(23)との契約解除を発表した。 ▽クラブの発表によると、登崎は日本サッカー協会選手契約書第9条①(5)「クラブの秩序風紀を乱す行為」に違反したとのことで、本人及びクラブ双方合意の下、12月10日付で契約解除となった。 ▽登崎は、常葉学園橘高校から常葉大学と進学し、今シーズンから富山に加入。今シーズンの明治安田生命J3リーグで12試合に出場し1得点を記録していた。 2017.12.15 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

富山が水戸DF佐藤和樹を完全移籍で獲得…今季途中から育成型期限付き移籍でプレー

▽カターレ富山は14日、水戸ホーリーホックから育成型期限付き移籍で加入していたDF佐藤和樹(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽佐藤は、名古屋グランパスの下部組織から2012年にトップチームに昇格。2016年から水戸でプレーしていたが、今シーズン途中に育成型期限付き移籍で富山に加入した。富山では明治安田生命J3リーグで8試合に出場し1得点を記録していた。佐藤はクラブを通じてコメントしている。 「カターレ富山に完全移籍で加入することになりました。たくさんのカターレのファンの皆様からの「来年も残ってくれ」と言う言葉が心に響きました。自分のことを評価してくれるこのチームのために全力を尽くし、昇格を勝ち取りたいと思います。応援をよろしくお願いします」 ▽水戸では1シーズン半過ごし、加入1年目は明治安田生命J2リーグで11試合に出場していた。水戸を通じてもコメントしている。 「カターレ富山に完全移籍することになりました。自分のことを期待して応援してくれた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。チームに貢献することが出来なくて残念ですが、水戸に来られて良かったと思っています。本当に素晴らしい場所でした。ここでの経験を無駄にしないよう、これからも自分らしく頑張ろうと思います。今までありがとうございました」 2017.12.14 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

富山がDF脇本晃成とFW苔口卓也、FW西晃佑との契約を更新

▽カターレ富山は13日、DF脇本晃成(23)とFW苔口卓也(32)、FW西晃佑(19)の契約を更新したことを発表した。 ▽脇本は2016年に東京学芸大学から加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで23試合2得点を記録し、天皇杯に1試合出場した。苔口は2010年にセレッソ大阪から加入。今シーズンはJ3リーグで28試合9得点を記録し、天皇杯には2試合出場した。富山県出身の西は2017年にカターレ富山U-18からトップチームに昇格。今シーズンは公式戦での出場はなかった。 ▽契約を更新した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆脇本晃成 「2017シーズンも熱い応援をして頂きありがとうございました。来年も富山でプレーできることに喜びを感じています。今年の悔しい気持ちを忘れず、来年は必ずJ2昇格するため、チームに貢献したいと思います」 ◆苔口卓也 「来年もカターレ富山で戦うことになりました。カターレ富山を応援してくださっている全ての人たちのために、来年こそ昇格という目標を達成するため、自分の力を全て注ぎたいと思っています。来年も共に戦いましょう。よろしくお願いします」 ◆西晃佑 「来シーズンは一つでも多くの試合に出場し、J2昇格という目標に貢献できるよう、全力でプレーします」 2017.12.13 18:32 Wed
twitterfacebook
thumb

富山のGK服部一輝が契約更新「熱いご声援をよろしくお願いします」

▽カターレ富山は12日、GK服部一輝(22)と契約更新したことを発表した。 ▽今シーズン、明治大学から加入した服部。プロ1年目となった今季はバックアッパーに徹し出場機会は得られなかった。服部はクラブの公式サイトを通じて来シーズンに向けた意気込みを語っている。 「2017シーズン、熱いご声援をありがとうございました。2018シーズンもカターレ富山の一員として闘えることが決まり、大変嬉しく思います。J2昇格という目標を達成する為に、どんな時もポジティブに向上心を持って取り組み、チームに貢献していきます」 「2018シーズンこそは皆さんと多くの喜びを分かち合いたいと思います。どうか熱いご声援をよろしくお願いします」 2017.12.12 17:09 Tue
twitterfacebook
thumb

34歳DF山形辰徳が現役生活に幕「16年間背中を押してくれたファンやサポーターに心から感謝」

▽カターレ富山は12日、DF山形辰徳(34)が今シーズンをもって現役を引退することを発表した。 ▽元日本代表の本山雅志氏やインテルDF長友佑都などを輩出した高校サッカーの名門・東福岡高校出身の山形は2002年にアルビレックス新潟でキャリアをスタートさせた。2004年にはアルビレックス新潟シンガポールへ移籍し12試合で1ゴールを記録した。 ▽翌年にアビスパ福岡に加入。14試合に出場しJ1昇格に貢献したが、J1では出場機会があまりなく1年でJ2に降格してしまう。それでも、以降はレギュラーでの活躍を続け、2012年に栃木SCに移籍するまでの8年間で公式戦226試合に出場した。 ▽栃木でもレギュラー級の活躍で公式戦134試合に出場。今季から加入した富山では明治安田生命J3リーグで31試合に出場した。16年間の生活に幕を降ろすことを決めた山形はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「16年間、濃い時間を過ごさせていただきありがとうございました。自分が16年もの間、プロ生活を送れるとは考えもしなかったです。新潟から始まり、シンガポール、福岡、栃木、富山と多くのチーム、そして選手、スタッフの方達と出会わなければできなかったことだと思っています。本当に感謝しかありません。ありがとうございました」 「そして、16年間いつも大きな声援で背中を押していただいたファンやサポーターの皆様、心より感謝しております。ありがとうございました。凄く楽しい時間でした。これからは第2の人生を必死に頑張ろうと思います」 2017.12.12 13:11 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング