横浜F・マリノス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 横浜FM 48 14 6 6 32 21 11 26

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-09-23
18:00
明治安田生命J1リーグ
第27節
甲府 vs 横浜FM
2017-09-30
19:00
明治安田生命J1リーグ
第28節
G大阪 vs 横浜FM
2017-10-14
14:00
明治安田生命J1リーグ
第29節
横浜FM vs 大宮
2017-10-21
19:00
明治安田生命J1リーグ
第30節
横浜FM vs 鹿島
2017-10-29
15:00
明治安田生命J1リーグ
第31節
磐田 vs 横浜FM

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.09.16
19:00
明治安田生命J1リーグ
第26節
横浜FM 1 - 1
2017.09.09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第25節
川崎F 3 - 0 横浜FM
2017.08.26
19:00
明治安田生命J1リーグ
第24節
横浜FM 1 - 0 FC東京
2017.08.20
18:30
明治安田生命J1リーグ
第23節
神戸 0 - 0 横浜FM
2017.08.13
19:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
横浜FM 1 - 0 鳥栖

基本データ

正式名称:横浜F・マリノス

原語表記:YOKOHAMA F Marinos

ホームタウン:横浜市、横須賀市、大和市

チームカラー:ブルー、レッド、ホワイト

関連ニュース

thumb

齋藤が今季初ゴールもクリスティアーノのFK弾で上位対決は勝ち点を分け合う《J1》

▽16日に明治安田生命J1 リーグ第26節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが日産スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節の川崎フロンターレ戦でリーグ戦15試合ぶりの黒星を喫した5位の横浜FM(勝ち点47)。また今シーズン初となる3失点を喫しての敗戦だっただけに守備陣の立て直しが注目を集める。一方の3位・柏(勝ち点49)は前節の浦和レッズ戦に勝利し、リーグ戦7戦無敗となっている。 ▽優勝争いに留まるためにも負けられない両チームの一戦は、ホームの横浜FMがポゼッションを握って試合を進める。しかし柏もミドルサードからボールサイドへのプレッシングを始め、高い位置からショートカウンターを狙っていった。 ▽迎えた9分、左サイドからカットインした齋藤が右足で放ったコントロールシュートがゴールネットを揺らす。横浜FMが齋藤の今シーズン初ゴールで先制に成功した。その後も横浜FMは左サイドの齋藤、右サイドのマルティノスといった両翼を使ってピッチの幅を使って相手陣内へと攻め込む。 ▽一方、柏はうまく攻撃が組み立てられず、前線のクリスティアーノが孤立。さらに18分にはボールの競り合いの中でパク・ジョンスの肘がクリスティアーノの左まぶたに入って出血し、ピッチを出て治療を受けた。 ▽それでも柏は27分、ボックス手前左までボールを運んだハモン・ロペスが強烈なシュートを放つ。ようやくできた決定機だったが、シュートは枠を外してしまった。横浜FMも30分に扇原のヒールパスをボックス内で受けた富樫がボールをロスト。マルティノスがこれに詰めたが、シュートは威力なくGKに処理された。 ▽前半はそのまま終了して迎えた後半、最初のチャンスは柏でボックス内のクリスティアーノが左サイドからのクロスボールを受ける。相手を背負った状態から反転シュートを放つが、GKの好守に阻まれた。 ▽57分にはハモンロペスがドリブル突破でボックス左に侵入。そこからこぼれたボールをキム・ボギョンが収めてボックス内に再度侵入を試みたが、横浜FMも粘りの守備で守る。すると柏は70分に小池を下げて大津を投入。大津が最前線に入りクリスティアーノが右サイド。さらに伊東が右サイドバックへと下がる攻撃的なフォーメーションとなる。 ▽85分には右サイドから崩し、中央の大津がミドルレンジから右足を振り抜くが枠を外す。しかし88分、ボックス手前正面の位置で柏がFKを獲得。クリスティアーノが右足で巻いて狙ったシュートが、ゴールマウス左隅に吸い込まれて柏が試合を振り出しに戻した。 ▽柏が押し込んで試合を進めるも、後半アディショナルタイムには齋藤が抜け出して横浜FMが決定機。しかし齋藤のドリブルは、GK中村が好判断でブロックしてシュートを打てない。試合はそのまま終了のホイッスルが吹かれ、首位追走のためにも大事な一戦はドロー決着となった。 2017.09.16 21:02 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】優勝戦線に生き残れるか!? 重要な上位決戦《横浜FMvs柏》

▽16日、明治安田生命J1リーグ第26節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが日産スタジアムで行われる。 ▽王者である首位・鹿島アントラーズを追う両チームの上位対決。優勝戦線に生き残るためには、互いに勝ち点3が欲しい試合となり、白熱の展開が予想される。 <span style="font-weight:700;">◆勝ち点差「2」の上位決戦</span> ▽横浜FMは現在勝ち点47で5位、柏は勝ち点49で3位につけている。両者の勝ち点差はわずかに「2」となっており、優勝争いに生き残るための大事な“シックスポインター”となる。 <span style="font-weight:700;">◆リスタートを上手く切れるか〜横浜F・マリノス〜</span> ▽リーグ戦14戦無敗、5試合連続無失点と好調を維持していた横浜FMだったが、前節の川崎フロンターレとの“神奈川ダービー”では0-3で敗戦。シーズン初の3失点とつまづき、無敗記録、無失点記録も途絶えた。 ▽失点することも黒星を喫することもいずれは来るものだが、その内容が良くなかった。川崎Fのプレスの前に後手を踏み先手を奪われると、決して得点力が高くないチームは状況を打開できずに終わった。残り9試合となったが、ここから再びエンジンをかけ、頂点に向けて再び航海に出ることができるのか。上位対決も多く残しているだけに、柏都の一戦は重要となる。 <span style="font-weight:700;">◆安定感を取り戻し連勝へ〜柏レイソル〜</span> ▽対する柏も第7節から第14節まで8連勝、第16節まで10戦無敗で首位に立っていた。しかし、第17節の鹿島戦(2-3●)、第18節のセレッソ大阪戦(1-2●)と連敗。それでも第19節から7戦無敗と、再び安定感を取り戻している。 ▽ここに来て、主力のケガや出場停止などが重なり、ベストメンバーで戦えない試合が続いた柏だったが、持ち前のプレスとトランジションの早さで勝ち点を積み上げ、再び優勝争いに絡んできた。前節の浦和レッズ戦(2-1◯)でも、相手のミスを誘うプレスがハマり、今シーズン加入のハモン・ロペスが初得点を記録。強力な攻撃陣で横浜FMの牙城を崩したいところだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆横浜F・マリノス</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170915_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:金井貢史、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:中町公祐、喜田拓也 MF:マルティノス、天野純、齋藤学 FW:富樫敬真 監督:エリク・モンバエルツ<hr>▽前節はミスが散見され、らしくない試合に終始した横浜FM。流れを止めないためにメンバーを固定して戦ってきたが、柏戦では流れを変えるためにメンバーを変更すると見られる。右サイドバックには、松原健よりも守備に安定感がある金井貢史を配置。中盤には、劣勢でもゲームの流れを作れる中町公祐を起用すると見る。右サイドが強力な柏戦では、古巣対決となる山中亮輔、今季ノーゴールの齋藤学の躍動がカギか。 <span style="font-weight:700;">◆柏レイソル</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170915_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中村航輔 DF:小池龍太、中谷進之介、中山雄太、ユン・ソギョン MF:大谷秀和、小林祐介 MF:伊藤純也、キム・ボギョン、ハモン・ロペス FW:クリスティアーノ 監督:下平隆宏<hr>▽調子を取り戻している柏は、前節から大きく変更はないと見る。まずは、出場停止が解ける中谷進之介が復帰することは間違いなく、ゲームメーカーとしてトップ下にキム・ボギョンを起用すると予想する。武富孝介や中川寛斗、大津祐樹など攻撃のカードも揃っているが、横浜FMの堅守が立ちはだかることが予想されるため、スコアが動かなければ後半の交代策にも注目だ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF天野純</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170915_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMはゲームメーカーとして期待される天野純に注目だ。ここまで全試合で先発出場を続ける天野。開幕当初はボランチで起用され、なかなか持ち味を発揮できずに居たものの、トップ下に入ってからはチームも無敗を続けていた。しかし、天野自身は第20節以降ゴールがなく、結果が欲しいところ。チームの攻撃をコントロールしながら、自らゴールを狙いたい。 <span style="font-weight:700;">◆FWクリスティアーノ</span>(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170915_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽対する柏はクリスティアーノの注目だ。今シーズンここまで奪ったゴールは10得点。今シーズンも得点で柏の攻撃を牽引している。対する横浜FMは堅守が売りなだけに、クリスティアーノがいかに崩せるかがポイント。カウンターでも組み立てからでもゴールが奪えるクリスティアーノが効いてくれば、伊東純也やキム・ボギョン、ハモン・ロペスも活きるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆流れを変えるか、流れに乗るか</span> ▽流れが止まった横浜FM、流れが止まったものの再び流れに乗っている柏。両者にとって、この一戦はとても重要になる。ホームの横浜FMにとっては正念場とも言える一戦。上位対決で続けて結果を残せないようであれば、優勝への道のりは非常に厳しくなるだろう。 ▽対する柏も、再び取り戻した流れを手放したくはないはずだ。前回対戦は絶好調の中で2-0と完封勝利。その再現を果たせることができれば、チームとしても自信に繋がるはずだ。 ▽堅い守備を誇る横浜FMか、それとも連動したプレスで攻撃を封じる柏か。守備の形は違えど、鍵を握るのは攻守の切り替え。注目の上位対決は、16日(土)の19時00分にキックオフを迎える。 2017.09.15 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FM、ユース所属3選手の来季トップチーム昇格を発表

▽横浜F・マリノスは14日、MF堀研太(18)、MF山田康太(18)、DF西山大雅(18)が来シーズンよりトップチームに昇格することを発表した。 ▽3名はユース所属の選手。トップチーム昇格を受け、3選手はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆MF堀研太 「今回トップチームに昇格することができ本当に嬉しく思っています。僕は小学2年生から横浜F・マリノスに所属しており、トップチーム昇格は幼い頃からの目標でした。目標が叶い嬉しく思いますが、ここで満足することなくこれからはプロとしての自覚を持ちプレーしたいと思います。僕の長所であるドリブルからのシュートと相手DFの背後への動き出しでチームに貢献したいです」 ◆MF山田康太 「小さい頃からお世話になった横浜F・マリノスでプロとしてのスタートを切れることが非常に嬉しいです。人間としてもプレイヤーとしても成長させてくれたクラブなのでいち早くピッチに立ってチームに貢献できるように頑張っていきます」 ◆DF西山大雅 「子供の頃から憧れていた横浜F・マリノスでプロ生活をスタートできることを大変嬉しく思います。これまでのサッカー人生の中でプロサッカー選手になることを目標としていましたが、ここで満足してしまってはこの厳しい世界で生き残っていけないと思っています。日々レベルアップするための努力を惜しまず、少しでもチームの力になれるように精一杯頑張ります」 2017.09.14 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

神奈川ダービー制した川崎Fが2位浮上 “14戦無敗”横浜FMを3発粉砕《J1》

▽9日に等々力陸上競技場で行われた明治安田生命J1リーグ第25節の川崎フロンターレvs横浜F・マリノスは、ホームの川崎Fが3-0で勝利した。 ▽3位につける川崎Fは、前節のヴァンフォーレ甲府戦を引き分けで終えたものの、5戦負けなし。2試合ぶりの勝利を狙う今節は、好調の家長ら不動の面々がスターティングメンバーに名を連ねた。 ▽一方の横浜FMは、14戦無敗で2位に位置。クラブタイ記録の15試合連続無敗記録が懸かる今節は、代表帰りのミロシュ・デゲネクら現状のベストメンバーが先発に並んだ。 ▽両者ともに上位で迎えた「神奈川ダービー」は、川崎Fペースの展開となる。すると、14分にはミロシュ・デゲネクのクリアボールに反応した大島がボックス左からダイレクトでシュート。これがゴール右隅に決まり、川崎Fが先制に成功する。 ▽大島のシーズン初ゴールでリードした川崎Fは、21分にも中村のパスからボックス右の阿部が右足シュート。川崎Fの流れが続く中、横浜FMも38分にマルティノスの縦突破からクロスをウーゴ・ヴィエイラがプッシュするが、相手GKに阻まれてしまう。 ▽1点リードで試合を折り返した川崎Fは、57分に相手の処理ミスから追加点。バイタルエリア中央でボールを受けた小林が右足の強烈なシュートを豪快に突き刺して、反撃ムードの横浜FMに水を差した。 ▽さらに、75分には、バイタルエリア中央で扇原から中村がボールをインターセプト。そのままカウンターに持ち込むと、ボックス右で中村からパスを受けた家長が落ち着いてボールを沈め、川崎Fが再びリードを広げた。 ▽セーフティリードに成功後、森谷、エドゥアルド、長谷川を投入した川崎Fは最後まで集中を切らすことなく、横浜FMを完封。6戦無敗とし、横浜FMを抜いて2位に浮上した。 2017.09.09 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】J屈指の矛盾対決! 生き残りを懸けた“神奈川ダービー”《川崎Fvs横浜FM》

▽明治安田生命J1リーグ第25節は代表ウィーク明けのリーグ再開戦。注目カードは、3位の川崎フロンターレが2位の横浜F・マリノスを本拠地・等々力陸上競技場に迎える9日の“神奈川ダービー”だ。 <span style="font-weight:700;">◆首位追撃か 一気後退か</span> ▽リーグ戦での対決が今回で28回目を迎える“神奈川ダービー”。ここまでの対戦成績は、川崎Fの11勝、横浜FMの12勝、4つの引き分けと横浜FMが1つリードしている。今シーズンは、ここまで13勝7分け4敗で勝ち点46を積み重ねている3位の川崎フロンターレに対し、横浜FMは14勝5分け5敗で勝ち点47と1ポイント差で2位につけている。 ▽加えて、両チームの状況は最高潮だ。川崎Fはリーグ戦だけでなく、YBCルヴァンカップとAFCチャンピオンズリーグ(ACL)、天皇杯で勝ち残っている。8月はリーグ戦5試合を3勝2分け、ACL準々決勝1sレグの浦和レッズ戦を3-1で勝利、ルヴァンカップ準々決勝のFC東京戦を2連勝で終え、公式戦8試合を無敗で乗り切った。 ▽一方の横浜FMは、5月14日の第11節からリーグ戦14戦無敗を継続。14試合を10勝4分け、さらにここ5試合連続で無失点と勝ち点を積み上げ、2位に浮上した。 ▽現在、首位を走る鹿島アントラーズは勝ち点52。勝ち点差「6」で追いかける川崎Fと勝ち点差「5」で追いかける横浜FMにとって、この一戦での勝敗が優勝争いを左右。敗れれば、一気に後退することになる。6日時点でチケットは完売。激戦は必至だ。 <span style="font-weight:700;">◆前回対戦は横浜FMの快勝</span> ▽両者の前回対戦は、6月4日に日産スタジアムで行われた第14節。無敗街道をスタートさせていた横浜FMが、リーグ戦3連勝中の川崎Fをホームに迎えた。前半から川崎Fが攻勢に出たものの、横浜FMが粘り強いディフェンスで決定機を作らせず。スコアが動かないまま試合は進むと、53分にFWウーゴ・ヴィエイラ、84分にMFマルティノスのラストパスを受けたFW富樫敬真がダメ押しとなるループシュートを決めて、横浜FMが2-0で勝利した。 <span style="font-weight:700;">◆公式戦5戦14発の矛〜川崎フロンターレ〜</span> ▽前節のヴァンフォーレ甲府戦は、一時逆転を許すも土壇場に追いつき2-2のドロー。2位浮上のチャンスを逃していた。それでも、ACLの浦和戦から中2日だったことを考えれば、敗戦濃厚の試合で勝ち点1を持ち帰れたことは大きい。また、ルヴァンカップ準々決勝のFC東京戦では、1stレグを2-0、2ndレグを5-1で大勝。第23節の北海道コンサドーレ札幌戦(○2-1)を含めれば、直近の公式戦5試合で14得点と爆発力のある攻撃陣が好調を維持している。 ▽今節の相手は、リーグ最少失点を誇る横浜FMだけに、一筋縄ではいかないだろう。しかし、悲願の初タイトルを目指す川崎Fにとっては、乗り越えておかなくてはいけない壁でもある。無得点に終わった前回対戦の雪辱を果たし、前節逃した2位浮上を決めたい。 <span style="font-weight:700;">◆リーグ戦5戦無傷の盾〜横浜F・マリノス〜</span> ▽前節のFC東京戦では、持ち前のディフェンスで相手の攻撃を凌ぎながら、終盤にチーム得点王のFWウーゴ・ヴィエイラがゴールを決めて完封勝利。リーグ戦14試合負けなしで5位から2位に浮上した。また、24試合を終えてここまで17失点と堅守を存分に発揮。さらに、直近のリーグ戦で5試合連続無失点と鉄壁と呼ぶに相応しい戦いを見せている。 ▽しかし、ここまで走ってきた不敗街道には、上位クラブとの対戦が少なかったことも事実。その意味でも高い攻撃力を誇る川崎Fは、真価を試すにはうってつけの相手だ。この先は上位との対戦が控えているだけに、ライバル相手にダブルを達成し、2004年以来のリーグ優勝に向けて自信を確信に変えていきたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170908_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>▽ルヴァンカップのFC東京戦で用いた3バックシステムから従来のシステムに戻すと予想。ダブルボランチの一角は、前回対戦時、負傷欠場していたMF大島僚太が務める。右サイドハーフには、出色の存在になりつつあるMF家長昭博が入るだろう。 <span style="font-weight:700;">◆横浜F・マリノス</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170908_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:喜田拓也、扇原貴宏 MF:マルティノス、天野純、齋藤学 FW:ウーゴ・ヴィエイラ 監督:エリク・モンバエルツ<hr>▽横浜FMは常用の[4-2-3-1]。休養も十分なため万全な状態で臨むことになりそうだ。ただ、ロシア・ワールドカップ最終予選を戦ったオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクのコンディション次第では、CBに変更があるかもしれない。1トップには前回対戦時にもゴールを挙げた好調のウーゴ・ヴィエイラを配置すると予想する。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF阿部浩之</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170908_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHO-TOS<hr></div>▽川崎FのキープレーヤーにはMF阿部浩之をチョイスする。直近のルヴァンカップでは、プロ入り初のハットトリックを達成。持ち前のハードワークで横浜FMを機能不全に陥れ、先制点のキッカケとなって堅守にヒビを入れたい。公式戦連発にも期待が懸かる。 <span style="font-weight:700;">◆DF中澤佑二</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170908_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHO-TOS<hr></div>▽15試合連続無敗のカギを握るのはDF中澤佑二だ。衰え知らずのディフェンスでDFミロシュ・デゲネクと共に川崎Fの攻撃を封殺し、攻撃陣をサポートしたい。6試合連続無失点の行方にも注目だ。 2017.09.08 18:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング