川崎フロンターレ

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-02-20
19:00
ACL2018グループF
第2節
蔚山現代 vs 川崎F
2018-02-25
15:30
明治安田生命J1リーグ
第1節
磐田 vs 川崎F
2018-03-02
19:00
明治安田生命J1リーグ
第2節
川崎F vs 湘南
2018-03-07
19:00
ACL2018グループF
第3節
川崎F vs メルボルン
2018-03-10
13:00
明治安田生命J1リーグ
第3節
川崎F vs G大阪

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.02.13
19:00
ACL2018グループF
第1節
川崎F 0 - 1 上海上港
2017.11.04
13:05
YBCルヴァンカップ決勝トーナメント
決勝
C大阪 2 - 0 川崎F
2017.10.08
15:00
YBCルヴァンカップ決勝トーナメント
準決勝第2戦
川崎F 3 - 1 仙台
2017.10.04
19:00
YBCルヴァンカップ決勝トーナメント
準決勝第1戦
仙台 3 - 2 川崎F
2017.09.03
19:00
YBCルヴァンカップ決勝トーナメント
準々決勝第2戦
FC東京 1 - 5 川崎F

基本データ

正式名称:川崎フロンターレ

原語表記:KAWASAKI Frontale

ホームタウン:川崎市

チームカラー:サックスブルー、ブラック、ホワイト

関連ニュース

thumb

「相手にしたらどういう感覚になるのかな」…川崎FのFW小林悠、風間八宏前監督指揮のグランパス戦へ興奮と不安

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽川崎フロンターレのFW小林悠がクラブブースで取材に応対し、個人のタイトルについては「おまけで個人のタイトルがついてくれば」とチームの結果が一番だと主張。また、昨シーズンにJ1昇格を果たした風間八宏前監督率いる名古屋グランパスとの戦いにワクワクと不安があることを明かした。 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ) ──ここまでゼロックス・ACLを戦ってのチームの仕上がり具合は 「結果は残念なものになっていますけど、1試合目よりも2試合目の方が良くなっています。しっかり軸というものがブレずにやっていけば結果もついてくると思います。とにかく今は前向きにやっています」 ──昨シーズン初のタイトルを獲得しての今シーズンだが 「昨年は優勝しましたけど、悔しい思いをした大会もあります。チャレンジャーという気持ちを忘れずにまた優勝に向けて強い気持ちを持って臨みたいです」 ──昨シーズンのMVP・Jリーグ得点王を獲得して自信は 「そこは昨年のことなのでもう考えてはいません。今年もチームのためにどうやって結果を残すかというのが一番です。そのおまけで個人のタイトルがついてくれば良いと思います。とにかくチームのタイトル獲得のために全力を尽くしたいです」 ──ACL開幕戦を戦って 「やはり厳しい戦いになるなと感じています。僕自身、ACLはすごく好きな大会です。楽しみながら結果にこだわって優勝を目指していきたいです」 ──FW大久保嘉人が復帰したが 「すごく良い選手なので、やはりやりやすいです。言うことはないですね(笑)」 ──新戦力のフィットに向けて 「既存の選手たちと意思を合わせるためにコミュニケーションを取る部分は必要です。川崎Fはフリーの定義が違うので、相手が近くにいてもパスを出して良いという感覚の部分では話ができています。そこは心配していません」 ──名古屋グランパスが昇格して風間八宏前監督との対戦も注目されると思うが 「自分が一番成長できたのは風間さんのサッカーがあったからだと思います。相手にしたらどういう感覚になるのかなという部分で、今からワクワクな気持ちと多少の心配はありますけど、しっかりと打ち負かしたいです」 ──今シーズンの抱負 「個人としてはとにかく全試合に出ることです。チームとしては監督が言うように全てのタイトルを取りに行きたいと思います」 2018.02.16 01:34 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季王者・川崎Fの鬼木達監督、さらなる栄光へ「まずは連覇。昨年悔しい思いをした大会のタイトルも」

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽昨シーズンに川崎フロンターレに悲願の初タイトルをもたらした鬼木達監督がクラブブースで取材に応対。公式戦連敗スタートも試合内容の向上には手応えを示している。今シーズンの目標には連覇を第一目標に複数タイトルの獲得を掲げた。 ◆鬼木達監督(川崎フロンターレ) ──ゼロックス・ACLをこなしたここまでの仕上がり具合は 「公式戦をこなすにつれて徐々にチームが良くなってきている感覚はあります。一つ一つ今年も積み上げていかなくてはいけないのかなと思います」 「試合と共に成長しています。その部分で結果がついてきていないですけど、怖がらずに挑んでいきたいです」 ──今シーズンは追われる立場だが 「そこは追われるとかそういうものではなく、自分たちからチャレンジしていこうと選手達にも話しています。現実はそういうものがありますけど、自分たちのスタンスはとにかくチャレンジャーであると。そこに変わりはありません」 「昨シーズンの積み上げを行い、球際や攻守の切り替えといった部分を昨シーズン以上に高めるということに尽きると思います」 ──前線ではFW大久保嘉人やMF斎藤学などタレントが豊富 「コンディションの良い選手や対戦相手に応じてしっかりと決めていきたいです」 ──開幕戦では昨シーズン最小失点のジュビロ磐田が相手 「守備のオーガナイズがしっかりとされている印象がすごく強いです。昨年最小失点ですし、それに相応しいチームで今年はもっと磨きをかけていると思います」 「自分たちとしてはそこを気をつけるのは当然で、そこからの仕掛けてくるカウンターのことも考えなくてはいけません。ただ、怖がっていてはゲームになりません。そこの折り合いはしっかりつけて挑みたいです」 ──名古屋グランパスが昇格して風間八宏前監督との対戦も注目が集まると思うが 「そこに関しては僕がどうこうコメントできるものではないと思います(笑) 色々な意味でJリーグが盛り上がるということを考えると、僕も楽しみです」 「監督として戦えることもそうですけど、名古屋には世界的な選手も来ています。注目度はあると思いますし、そういうことでJリーグが盛り上がることは大事だと思います。嬉しいことです」 ──今シーズンの目標 「まずは連覇です。あとは昨年悔しい思いをした大会のタイトルも取りにいきたいです」 2018.02.16 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新たな高みへ、得点王・小林悠に求められる自由自在なプレー

▽圧巻の存在感を見せ続け、シーズンを通してコンスタントにゴールを奪い続けたFW小林悠。川崎フロンターレに初となるタイトルをもたらせたエースストライカーは、今シーズンもその輝きに期待が懸かる。 ▽2017シーズンの小林悠は、J1で全34試合に出場し23得点を記録。自身初となるシーズン全試合出場を達成すると、最終節ではプロキャリア初となるハットトリックを達成し、得点王の個人タイトルも獲得した。 ▽プロに入ってからケガに泣かされ続けた小林は、ついにケガに悩まされないシーズンを過ごした。そして、これまでのシーズン以上に変幻自在のパフォーマンスを見せたシーズンにもなった。 ▽小林は、トップの位置に入ることもありながら、主戦場は右サイド。中央に入る動きからゴールを奪い切れる日本人選手としては稀有な存在であり、日本代表でも同様の役割を求められることが多かった。 ▽2017シーズンは1トップでの起用が見込まれていたが、蓋を開ければ新加入のMF阿部浩之が1トップのポジションに。小林はこれまで同様に2列目の右サイドのポジションを務める機会が多かった。 ▽ポジションとしては、これまでと同様の位置でプレーしながらも、ゴールがあまり残せていなかった小林。しかし、攻撃の組み立てや、守備の面での貢献は大きく、シーズン中盤までの成績は4得点6アシストと、アシスト数が上回るという事態が起きていた。 ▽それでも、第17節、第18節とシーズンを折り返すタイミングで2得点ずつを奪いエンジンがかかり始めると、第21節からは1トップに固定。最終節までの14試合で、14得点とゴールを量産。チームの優勝、自身の得点王に大いなる貢献を見せた。 ▽プレーポジションが変わっても結果を残し続けた小林。もともと備えていたユーティリティ性を遺憾なく発揮し、自由自在なプレーを表現できるストライカーとして飛躍のシーズンとなった。そして、その働きがチーム、個人としての結果につながった。 ▽王者として、そして得点王として臨む2018シーズン。小林は、無限の可能性を秘めたプーマの新スパイク「FUTURE(フューチャー)」を着用して戦いに挑む。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/7QU7Cn" target="_blank">「FUTURE」公式サイトはこちら</a><hr></div> ▽「FUTURE」は、プーマが開発したカスタマイズシューレースシステムである「NETFIT」を採用。『無限の結び方 ∞ 無限のパフォーマンス』をキャッチコピーとし、様々な結び方を実現できるスパイクとなっている。 ▽結び方1つで自由自在にプレーヤーの足、プレーの特徴に合わせられる「FUTURE」。エースとしてチームを初優勝に導いた小林も、豊富な攻撃陣を擁する川崎フロンターレにおいて、ピッチ上で自由自在に役割に合わせて変化するプレーが求められるはずだ。 ▽新たな高みへ──王者・川崎フロンターレのエースストライカー・小林悠は「FUTURE」で頂点を目指す。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/T1Ly7n" target="_blank">「FUTURE」公式サイトはこちら</a><hr></div> <div style="text-align:left;" id="cws_ad">◆FUTURE スペシャルサイト <a href="https://goo.gl/kUfqJY" target="_blank">https://www.pumajapan.jp/future/</a> ◆プーマ フットボール公式Instagram <a href="https://goo.gl/YqmnDZ" target="_blank">https://www.instagram.com/pumafootball_jp/</a> ◆プーマ フットボール公式Twitter <a href="https://goo.gl/Knajsd" target="_blank">https://twitter.com/pumafootball_jp</a> </div> 2018.02.15 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エウケソン弾に沈んだ川崎Fがホームで黒星スタート…《ACL2018》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループF第1節の川崎フロンターレvs上海上港が13日に行われ、0-1で敗戦した。 ▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグで優勝し、3年連続6度目の出場となった川崎Fは、10日に行われたセレッソ大阪とのFUJI XEROX SUPER CUP 2018からスタメンを4人変更。今季クラブに復帰した大久保や負傷明けの大島、エウシーニョが先発に起用。出場停止の車屋の代わりには登里が起用された。 ▽一方のプレーオフを勝ち上がり本戦への出場を決めた上海上港は、古巣対戦となるフッキやオスカル、エウケソン、アフメドフら主力を順当にスタメンで起用した。 ▽中2日での一戦となった川崎Fは、C大阪戦での反省点を生かして立ち上がりから素早い好守の切り替えを見せる。しかし、12分に川崎Fは最初のピンチを迎える。中盤でのパスカットからウー・レイに左サイドを突破されると、ボックス左からシュートを放たれたが、これはGKチョン・ソンリョンがセーブした。 ▽上海上港の激しい守備に苦しむ川崎Fは、23分に失点を喫する。ユー・ハイの左クロスを谷口が被ってしまうと、これを拾ったエウケソンがシュート。ブロックに入った登里に当たったボールがGKチョン・ソンリョンの手を弾きゴールに吸い込まれた。 ▽先制を許した川崎Fの反撃は33分、大島の絶妙なパスでボックス右に侵攻したエウシーニョがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだ中村がヘディングで合わせたが、これはGKヤン・チュンリンに左手一本でセーブされた。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の展開が続く。すると71分、川崎Fはこの試合最大の決定機を迎える。小林とのパス交換でボックス手前を崩した大久保のラストパスをボックス左で受けた家長がフリーで決定機を迎えたが、このシュートは枠の上。 ▽1点の遠い川崎Fは、81分に家長を下げて長谷川を投入。さらに86分には、エドゥアルド・ネットに代えてルーキーの守田をピッチに送り出した。 ▽すると89分、川崎Fはカウンターから右サイドを突破した途中出場の阿部がクロスを供給。ゴール前に走り込んだ大島が右足で合わせたが、これは枠を捉えられない。 ▽結局、試合はそのまま0-1で終了。ホームで競り負けた川崎Fは、20日にACLグループステージ第2節の蔚山現代戦(韓国)を敵地で行う。 2018.02.13 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「自分たちがしっかりやらないと…」川崎FのMF中村憲剛、長丁場の戦いへ気を引き締める《FUJI XEROX SUPER CUP 2018》

▽FUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-2でC大阪が勝利した。 ▽試合後、川崎FのMF中村憲剛がメディア陣によるインタビューに応対し、いかなるピッチ状況にも対応していかなくてはいけないと主張。今回の敗戦を受けて「自分たちがしっかりやらないと、どこと対戦しても勝てない」と気を引き締めた。 <span style="font-weight:700;">◆MF中村憲剛</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──今日はグラウンドに水が巻かれていなかったようだが</span> 「それは相手も一緒です。自分たちみたいなチームには多少影響することもあるかもしれないですけど、アジャストの部分は自分も含めてみんなでしていかなくてはいけないと思います。ルヴァンカップ決勝でも感じましたけど、ここでやる時はそういう問題にぶつかります。パスの出し手も受けても気を使わないといけないと思います。相手のブロックではなくこちらの問題です」 <span style="font-weight:700;">──今後に向けて</span> 「試合が続くので、しっかりと切り替えていきたいです。またピッチも変わりますし、そういうところも切り替えてやらなきゃいけないと思います。負けたことは悔しいです。ただ、シーズンが始まって一発目ですし、幸先良くいきたかったですけど、下を向いてはいられません。ACLの初戦も大事なのでそこに向かっていきたいです」 「チーム全体としてもう1回気を引き締めてやっていかないといけないと思います。自分たちがしっかりやらないと、どこと対戦しても勝てないと思います」 2018.02.11 10:40 Sun
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング