川崎フロンターレ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 川崎F 13 3 4 1 11 9 2 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-30
19:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
C大阪 vs 川崎F
2017-05-05
15:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
川崎F vs 新潟
2017-05-09
19:30
ACL2017グループG
第6節
川崎F vs イースタンSC
2017-05-14
15:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
磐田 vs 川崎F
2017-05-19
19:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
鹿島 vs 川崎F

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.25
19:00
ACL2017グループG
第5節
水原三星 0 - 1 川崎F
2017.04.21
19:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
川崎F 2 - 2 清水
2017.04.16
13:05
明治安田生命J1リーグ
第7節
札幌 1 - 1 川崎F
2017.04.12
19:00
ACL2017グループG
第4節
川崎F 0 - 0 広州恒大
2017.04.08
14:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
川崎F 1 - 1 甲府

基本データ

正式名称:川崎フロンターレ

原語表記:KAWASAKI Frontale

ホームタウン:川崎市

チームカラー:サックスブルー、ブラック、ホワイト

関連ニュース

thumb

浦和のACLラウンド16進出決定によりJ1第13節の川崎Fvs浦和は7月5日に開催《J1》

▽Jリーグは26日、明治安田生命J1リーグ第13節の川崎フロンターレvs浦和レッズの試合開催日決定を発表した。試合は7月5日(水)に行われる。 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場している両チームのカードは、会場やキックオフ時間は発表されていたものの開催日が未定の状態だった。しかし、26日に浦和がACLのグループステージ突破が決定。これにより、開催日が決定した。 ▽試合は7月5日(水)の19時から、等々力陸上競技場で行われる。 2017.04.27 09:57 Thu
twitterfacebook
thumb

DF奈良のゴールで川崎Fが今季ACL初勝利! 最終節に望みを繋ぐ《ACL2017》

▽川崎フロンターレは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループG第5節で水原三星(韓国)とアウェイで対戦し、1-0で勝利を収めた。 ▽前節、イースタンSCに5-0で快勝したグループ首位の水原三星と、ここまで4戦4分けの3位川崎Fが激突した。21日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節で、清水エスパルスに2-2で引き分けた川崎Fは、その試合から登里とエドゥアルド・ネットに代えて、田坂と三好を先発に起用した。 ▽序盤はパスを回しながら相手の出方を窺う川崎。何度か攻撃を試みるが、球際での激しい守りを見せる水原三星を崩すことができない。逆に、水原三星にビッグチャンスを作られてしまう。18分、ハーフウェイライン付近でボールを奪った水原三星は、カウンター気味にゴールに迫る。左からのパスを受けたパク・キドンがボックス内でDFをかわし、左足でシュートを放つ。ボールはゴールの右に逸れたが、川崎Fはヒヤリとする場面だった。 ▽中村を中心にパスを回す川崎Fだが、なかなかシュートまで持っていくことができない。32分、業を煮やした中村が、ボックス手前からミドルシュートでゴールを狙うが、惜しくも左にそれてしまう。 ▽前半は大きな見せ場を作れず終わった川崎だったが、後半開始早々に試合を動かす。48分、ボックス左手前で得たFKの場面。中村がファーサイドにクロスを供給すると、このボールにDF奈良が頭で合わせて先制に成功する。 ▽1点を得て勢いに乗る川崎は、さらに攻勢に出る。64分、スルーパスに飛び出した小林がGKとの一対一の場面を迎える。利き足ではない左足でゴール左隅を狙ったが、わずかにポストをかすめてしまう。続く70分にも、再び小林のシュートでゴールに迫るが、得点には結びつかない。 ▽後半は終始、川崎Fが優勢に進めていたが、終了間際に水原三星の猛攻に遭う。90分、左サイドからグラウンダーのクロスをゴール前に入れられるが、水原三星はこれに合わせることができず、事なきを得た。続く92分には、ボックス手前からキム・チョンウにミドルシュートを狙われるが、GKチョン・ソンリョンがしっかりキャッチ。 ▽さらに94分にも川崎が失点の危機。左からクロスを上げられると、DFがクリアしきれず、ボールはク・ジャリョンの下へ。至近距離から放たれたシュートは、川崎FのGKチョン・ソンリョンが右手1本で阻止する。最後にして最大のピンチだった。 ▽試合終了間際は同点にされてもおかしくない展開だったが、GKチョン・ソンリョンのビッグセーブもあり、川崎Fは何とか水原三星の猛攻を凌ぎ切って試合終了。1-0で勝利を収めた。これが今季のACL初勝利となった川崎Fは、次節の最終節に向けてグループステージ突破の望みを繋いでいる。 2017.04.25 21:51 Tue
twitterfacebook
thumb

金子が2万弾の清水、逆転を許すもラストワンプレーで追いつき川崎Fとドロー!《J1》

▽21日に明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレvs清水エスパルスが等々力陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。 ▽第7節終了時点で、3勝1敗3分で6位につける川崎F(勝ち点12)と、3勝3敗1分で9位につける清水(勝ち点10)の一戦。前節のコンサドーレ札幌戦を1-1で引き分け、公式戦を3戦連続ドローと勝ち切れない試合が続く川崎Fは、先発メンバーを3人変更。田坂と長谷川に変えて阿部と大塚を起用した。また、累積警告により出場停止となったハイネルに変えて三好が今シーズン初先発を果たした。 ▽一方、前節の大宮アルディージャ戦を1-1のドローで終え、今季2度目の連勝を飾ることができなかった清水は、先発メンバーを2人のみ変更。二見と村田に変えて角田と枝村を起用した。 ▽J1通算2万ゴールの達成も注目されているこの一戦。試合は川崎Fがボールを支配するも、清水の積極的なプレスに苦しみ、シュートまでつなげられない低調な立ち上がりとなる。 ▽すると、最初に仕掛けたのは清水。7分、金子からのスルーパスを受けた枝村がボックス右からシュートも枠を外す。対する川崎Fは8分、ボックス左外からの小林のクロスを阿部が頭で合わせるも、枠を捉えることができない。 ▽その後は、再び川崎Fがパスを回して相手の隙を探るも、安易なミスが見受けられ、不安定なビルドアップを繰り返してしまう。すると清水が一瞬の隙から先制点を奪う。14分、ボックス右外でパスを受けた鄭大世がゴール前にグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに流れたボールを走り込んだ金子が左足で合わせると、GKチョン・ソンリョンの手を弾いてネットを揺らした。この得点がJ1通算2万ゴール目となった。 ▽先制を許した川崎Fは攻勢を強める。18分、最終ラインからのロングボールを強引に収めた小林が右足でシュートを放つも枠外に。さらに29分、敵陣中央でパスを奪った三好がボックス手前に侵攻し、左足を振り抜くも、わずかにゴールを外れる。 ▽立て続けにチャンスを作られた清水は34分、敵陣中央でパスを受けた野津田が左足を振り抜き、強烈なシュートでゴールを強襲。GKチョン・ソンリョンに落ち着いて対処されるも、川崎Fをけん制する。 ▽攻勢を続ける川崎Fは終盤、持ち味であるパスワークから決定機を迎える。40分、左サイドを突破した小林から阿部、大塚、三好を経由してボックス右に迫ると、登里が相手DFの股を抜いてゴール前にパスを供給。走り込んだ小林が足を伸ばすも、わずかに届かず。1-0で清水がリードして試合を折り返す。 ▽後半に入ってもボールを保持する川崎Fだが、中央を固めた清水の守備にてこずり、攻めあぐねる時間帯が続く。それでも辛抱強く清水ゴールへ迫ると、阿部の移籍後初ゴールで同点に追いつく。62分、ボックス右手前でパスを受けた三好が左足でボックス左にクロスを供給。これを走り込んだ阿部が左足で合わせると、GK六反に触られるも、左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽試合が振り出しに戻ると、両者の攻防は激しさを増す。すると、リズムを取り戻した川崎Fが逆転に成功する。73分、右サイドでパスを受けた三好が左足でクロスを供給。これを収めた小林がゴール前右で粘りボックス中央に落とすと、反応した中村が右足で合わせゴール左隅へ突き刺した。 ▽逆転を許した清水は猛攻を仕掛けたいものの、応戦する川崎Fに時間を使われてしまう。このまま終了かと思われたが、試合終了間際のラストプレーにドラマが待っていた。後半アディショナルタイム5分、白崎のスルーパスにボックス右外へと抜け出した途中出場のチアゴ・アウベスがカットインから左足を振り抜くと、これがニアサイドを射抜き、Jリーグ初ゴールで同点に追いつく。 ▽結局そのまま試合が終了。一度は逆転をした川崎Fだったが、ラストワンプレーで追いつかれ、これで公式戦4戦連続ドロー。一方の清水は、なんとか引き分けに持ち込んだものの、金子のJ1通算2万ゴール目を勝利で飾ることはできなかった。 2017.04.21 21:36 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎FのDF車屋紳太郎に第二子となる次男が誕生

▽川崎フロンターレは18日、DF車屋紳太郎に第二子となる次男が誕生したことを発表した。 ▽車屋は、クラブの公式サイトで以下のコメントを残した。 「4月2日に第2子となる男の子が生まれました。名前は賢人(けんと)です。これからは2児の父親として、よりサッカーに打ち込み、子ども達にかっこいい姿を見せられるように頑張っていきたいと思います。また賢人を無事に生んでくれた妻にも感謝しています。これからも応援よろしくお願いします」 ▽2015年に筑波大学から川崎Fに加入した車屋は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで第7節を終えて、全試合に出場している。 2017.04.18 20:19 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎Fが小林のPK弾で先制も、札幌が都倉の4戦連発となるヘディング弾で札幌ドーム無敗継続!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第7節の北海道コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレが札幌ドームで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節のFC東京戦で2-1の勝利を飾った14位の札幌(勝ち点7)が、ヴァンフォーレ甲府戦で1-1のドローに終わった5位・川崎F(勝ち点11)を迎えた。ホームの札幌は[3-5-2]で試合に入り、アウェイの川崎Fは[4-4-2]で構えることとなった。 ▽試合は川崎Fがボールを持つ展開の中、高い位置からボールを奪いとりにかかる札幌が最初のチャンスを作った。2分、中央でボールを受けた荒野が豪快に右足を振り抜くが、GKチョン・ソンリョンの正面に蹴ってしまい決めきれず。しかしこのプレーを機に、札幌がボールをつなぎながら自分たちの時間を作っていく。6分には味方からのロングボールを受けた都倉が、ボックス左に走り込んだ内村へ落とす。内村はこれをダイレクトで叩くが、シュートは枠を外してしまった。 ▽一方の川崎Fは11分に右サイドで仕掛けたハイネルがファウルを受けて、ボックス右の深い位置からFKを獲得。中村はふわりとしたボールをニアサイドに入れるが、ここは早坂が頭でクリアした。18分には左サイドからボールを運んで中央にこぼれたところを田坂がダイレクトで狙うが、GKク・ソンユンがパンチングではじき出すなど、川崎Fはこのチャンスも決めきれない。 ▽22分にも中盤でルーズボールを奪ったエドゥアルド・ネットがそのまま中央を運んでいき左足でシュートを狙うが、ここもGKク・ソンユンが立ちはだかる。26分には川崎Fが得意の細かなパス回しから中村のスルーパスにエドゥアルド・ネットが反応。こぼれた所を長谷川が押し込むがオフサイドの判定でゴールは認められなかった。 ▽劣勢だった札幌も35分に都倉がボックス手前からシュートを放つ。これが谷口に当たってコースが変わるも、右ポストを叩いてしまう。ハーフタイムにかけては札幌が相手陣内に攻め込む場面が多く見られたが、決めきることはできずに前半をゴールレスで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半、札幌は48分に内村が足を痛めてピッチに倒れ込む。するとプレー続行が不可能となり、菅との交代でベンチへと下がった。嫌な流れの札幌だったが、56分に右CKの流れからこぼれ球を宮澤が狙うなど、要所でチャンスを作り出す。川崎Fはパス本数こそ多いものの、相手陣内で崩しのバリエーションが乏しくフィニッシュに持ち込めない。66分には押し込んだ状態からこぼれたボールを、車屋がミドルレンジから狙うなど外からの攻撃が目立った。 ▽しかし72分、川崎Fが得意の細かなパス回しで中央を突破。スルーパスに反応した中村が、ボックス内で福森に倒されてPKを獲得する。このチャンスを小林が決めきり、川崎Fが遂に試合の均衡を破った。ビハインドとなった札幌は79分に田中を下げて小野を投入する。すると87分、左サイドの荒野が入れたクロスボールにゴール前の都倉が頭で合わせると、これがネットを揺らす。都倉の4試合連続ゴールで札幌が同点とした。 ▽その後は決勝点が生まれることなく、終了のホイッスル。札幌は札幌ドームで開催された4試合で無敗を継続。一方、上位進出を目指す川崎Fに取っては土壇場の遺体ポイントロスとなった。 2017.04.16 15:12 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング