川崎フロンターレ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 川崎F 52 15 7 4 51 27 24 26

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-09-23
19:00
明治安田生命J1リーグ
第27節
神戸 vs 川崎F
2017-09-30
19:00
明治安田生命J1リーグ
第28節
川崎F vs C大阪
2017-10-04
19:00
YBCルヴァンカップ決勝トーナメント
準決勝第1戦
仙台 vs 川崎F
2017-10-08
15:00
YBCルヴァンカップ決勝トーナメント
準決勝第2戦
川崎F vs 仙台
2017-10-14
15:00
明治安田生命J1リーグ
第29節
川崎F vs 仙台

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.09.16
18:00
明治安田生命J1リーグ
第26節
清水 0 - 3 川崎F
2017.09.13
19:30
ACL2017決勝トーナメント
準々決勝第2戦
浦和 4 - 1 川崎F
2017.09.09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第25節
川崎F 3 - 0 横浜FM
2017.09.03
19:00
YBCルヴァンカップ決勝トーナメント
準々決勝第2戦
FC東京 1 - 5 川崎F
2017.08.30
19:00
YBCルヴァンカップ決勝トーナメント
準々決勝第1戦
川崎F 2 - 0 FC東京

基本データ

正式名称:川崎フロンターレ

原語表記:KAWASAKI Frontale

ホームタウン:川崎市

チームカラー:サックスブルー、ブラック、ホワイト

関連ニュース

thumb

清水に3-0完勝の川崎Fが鹿島を追走《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節の清水エスパルスvs川崎フロンターレが16日にIAIスタジアム日本平で行われ、0-3で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで7勝7分け11敗で13位の清水と、14勝7分け4敗で2位につける川崎Fが相まみえた。清水は0-1で勝利した前節のヴァンフォーレ甲府戦から松原、清水航、枝村に代えて村松、竹内、北川を起用、対する川崎Fは3-0で勝利した前節の横浜F・マリノス戦から阿部とエドゥアルド・ネットをベンチスタートとし、長谷川と森谷をスタートから起用した。 ▽試合序盤から積極性を見せた川崎Fは、早い時間帯に先制することに成功する。14分、左サイド深くでFKを獲得すると、キッカーの中村が正面にクロス。ニアサイドに走り込んだ谷口がヘディングシュートを叩き込み、川崎Fがリードを手にした。 ▽これで勢いに乗った川崎Fは、続く25分に追加点。谷口のスルーパスからボックス左に抜け出した車屋が折り返しのボールを入れる。これに正面で合わせた小林が4試合連続弾となる得点を記録し、川崎Fがスコアを2-0とする。 ▽ハーフタイムにかけては清水が反撃に転じたが、川崎Fがゴールを許さず、2点リードのまま試合を折り返す。 ▽ハーフタイム明けに村松を下げて清水航を入れた清水は前への意識を高めるも、なかなかゴールに迫れない。64分には六平を下げて枝村を送り出す。 ▽だが、67分にゴールに近づいたのは川崎F。右サイドで抜け出したエウシーニョのクロスに正面に走り込んだ長谷川が合わせる。しかし、このシュートはGK六反の好セーブに遭う。 ▽まず1点を返したい清水は、71分に長谷川を下げてチアゴ・アウベスを投入。そのチアゴ・アウベスが76分に遠めの直接FKで強烈なシュートを枠内に飛ばすが、GKチョン・ソンリョンに防がれる。 ▽一方の川崎Fは78分に小林を下げて森本を投入。すると、すぐさま森本が仕事をする。79分、ボックス左の手前でロングボールを収めた森本が思い切りよく左足を振る。このシュートがDF角田にディフレクトすると、ボールがそのままネットに吸い込まれた。 ▽その後、川崎Fは試合をシャットアウト。共に勝利した首位の鹿島アントラーズとの勝ち点差は詰めれなかったものの、きっちりと追走している。 2017.09.16 20:07 Sat
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】今週は本気で応援した選手がいるわけです。本気です!? の巻

▽今週の感動したこと。それってやっぱりACLの浦和vs川崎Fでしょ。1-3で初戦を落として、2戦目も先制点を奪われたら、それから4点取ろうなんてことは、なかなか難しいはずですよ。 ▽だけど、このコラムじゃ浦和について触れようなんて全然思ってないわけです。確かに浦和はすごい! でも、こんなとき大切なのはショッキングな負け方をしたチームの選手がどんな態度を取るかってことで。その意味で一番感動したのは小林悠。さすがキャプテンというか日本代表選手というか。 ▽いろいろ思うことは当然あったと思うんです。退場になってしまった車屋紳太郎にも、自分を交代させた鬼木達監督にも。でも、それをグッと飲み込んで、チームのことだけを考えて、次の試合のことに話を向けて。 ▽これまで、こんなときに報道陣の前で不満を漏らしてしまう選手ってたくさん見てきました。あるいは、いつもは報道陣に囲まれると話すのに、こんなときだけ無視して通り過ぎていく選手。だけど小林は違いますからね。 ▽中立的立場で試合を見なきゃいけないと思うし、それは貫いてるつもりなんですけど、ふと個人の立場になったら、これは今週、小林を応援したいな、みたいな。あ、どこがいつも中立なんだっつうツッコみも、もっともでございます。 ▽さてさて、そんな激闘を終えた川崎Fは16日(土)にアウェイ戦の清水に臨むわけですよ。あれ? 浦和は17日(日)に試合なのになぜ? つーのはおいといて。リーグ戦では2位につける川崎Fだけど、もしこの試合を落とすようなら5位転落もあり得ます。中村憲剛は連戦の疲れが出てもおかしくないし、大島僚太はケガを抱えているのがバレちゃったし。 ▽一方、清水は鄭大世が8月5日の鳥栖戦からずっとケガで離脱中。その間6戦で7得点と得点力不足に苦しんでるのです。ただ、この川崎F戦に向けて牙を研いでいるという話もあり、もしかしたら復帰の舞台に古巣を選ぶ可能性も。 ▽ま、見てるほうは小林と鄭大世という両ストライカーの意地の張り合いってのを見たいもんですけどね。特に今回は小林にとっても、ここで一発決めてなんとか踏みとどまりたい試合でしょ。それにここで勝っておかないと、またまたこれまで川崎Fが歩んできたいつもの道を歩くことになりそうな。あ、そういえば対戦相手の清水も昔は……(汗)。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.09.14 23:35 Thu
twitterfacebook
thumb

流経大MF守田英正、阪南大MF脇坂泰斗、筑波大MF三笘薫の3名が川崎Fに特別指定選手として加入

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、流通経済大学体育局サッカー部MF守田英正(22)、阪南大学サッカー部MF脇坂泰斗(22)、筑波大学蹴球部MF三笘薫(20)の3選手を、9日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先の川崎フロンターレも発表している。 ▽守田は大阪府高槻市出身で、金光大阪高校から流通経済大学へと進学していた。脇坂は神奈川県横浜市出身で、川崎Fのユースから阪南大学へと進学、三苫は現在2年生で、神奈川県川崎市出身。U-10から川崎Fに所属しており、筑波大へと進学していた。3選手とも2017年のユニバーシアード日本代表のメンバーで、守田と脇坂は来シーズンからの川崎Fへの加入が内定している。3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆No.33 MF脇坂泰斗 「川崎フロンターレの特別指定選手に登録されることを大変嬉しく思います。1日でも早くフロンターレの力になれるよう日々努力していきたいと思います。よろしくお願いします」 ◆No.34 MF守田英正 「川崎フロンターレの特別指定選手に登録されることを大変嬉しく思います。この貴重な経験を通して、川崎フロンターレと流通経済大学の勝利に少しでも貢献できる選手になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆No.35 MF三笘薫 「この度、川崎フロンターレの特別指定選手として登録していただくことになりました。再び川崎フロンターレの選手としてプレーできることを嬉しく思います。これまで支えてくれたすべての人に感謝すると共に、これからもひたむきに努力し、チームに貢献できるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.09.14 16:42 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和のACL準決勝進出により、J1第28節、第30節の日程が決定《J1》

▽Jリーグは13日、明治安田生命J1リーグ第28節、第30節の試合開催日、キックオフ時間を発表した。 ▽13日に、AFCチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグが行われ、浦和レッズが4-1で川崎フロンターレに勝利。2戦合計5-4と逆転した浦和が、上海上港が待つ準決勝へと駒を進めた。浦和は9年ぶりのベスト4進出となった。 ▽この結果、浦和、川崎Fが関わる3試合の日程が決定した。 ▽第28節の川崎Fvsセレッソ大阪は、9月30日(土)の19時から等々力陸上競技場で開催。第30節の浦和vsガンバ大阪は10月22日(日)の17時から埼玉スタジアム2002で、サンフレッチェ広島vs川崎Fは21日(土)の14時からエディオンスタジアムで行われる。 ◆明治安田生命J1リーグ第28節 ▽9月30日(土) 《19:00》 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 [等々力陸上競技場] ◆明治安田生命J1リーグ第30節 ▽10月21日(土) 《14:00》 サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ [エディオンスタジアム] ▽10月22日(日) 《17:00》 浦和レッズ vs ガンバ大阪 [埼玉スタジアム2002] 2017.09.13 22:14 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和が大逆転で9年ぶり4強! 数的不利の川崎Fを大量4発撃破《ACL2017》

▽13日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦の浦和レッズvs川崎フロンターレが埼玉スタジアム2002で行われ、4-1で浦和が勝利。この結果、2戦合計5-4で浦和が9年ぶりのベスト4進出を決めた。 ▽第1戦で1-3の先勝を許した浦和は、9日に行われた明治安田生命J1リーグ第25節の柏レイソル戦から先発メンバーを2人変更。遠藤と出場停止の武藤に代えてマウリシオと負傷から復帰した柏木を起用した。 ▽一方、クラブ史上初のベスト4進出に王手をかけている川崎Fは、9日に行われたJ1第25節の横浜F・マリノス戦と同様のベストメンバーをピッチに送り出した。 ▽試合は、立ち上がりから2点差を追う浦和が積極的な入りを見せる。6分、右サイドでのパス回しからボックス右外のラファエル・シルバがボックス右に浮き球パスを供給。これに柏木が走り込むが、相手DFに対応された。 ▽さらに、10分には高木が左サイドを抜け出すと、ボックス左手前からクロス。興梠がニアサイドに走り込んで頭で合わせるが、ゴール右へと外れてしまう。 ▽ここまでホームの後押しを受ける浦和にやや押し込まれていた川崎Fだったが、一瞬の隙から先制点を奪う。19分、敵陣中央でボールを受けた中村がボックス右に浮き球のスルーパス。これに走り込んだエウシーニョが飛び出したGK西川よりも先に触れてかわし、そのままゴールに押し込んだ。 ▽欲しかった先制点を逆に奪われてしまった浦和はその後、押し込まれる時間帯が続く。それでも35分、矢島が敵陣中央やや左まで持ち上がると、ディフェンスラインの裏にスルーパス。ボックス内に走り込んだ興梠がGKチョン・ソンリョンとの一対一を制した。 ▽前半のうちに1点を返した浦和は、逆転突破へ機運高まる展開に。37分、川崎Fの車屋が興梠への浮き球のパスに対して足裏を見せたまま高く上げてしまい、一発退場となる。1人少なくなった川崎Fは中村に代えて田坂を投入し、車屋の抜けた左サイドバックを埋める。 ▽数的有利になった浦和は前半終盤、ボックス内へ積極的に侵攻するも脅威を与えることができない。前半アディショナルタイムにはボックス右外からの高木のクロスをファーサイドで興梠が合わせたが、枠を捉えることができず、1-1で試合を折り返す。 ▽後半に入ると、あと3点が必要な浦和が両サイドを駆使した揺さぶりで攻勢を強める。対する川崎Fも狙いどころを絞ったディフェンスで一歩も引かない。 ▽後半の半ばに差し掛かると、浦和が波状攻撃を見せる。60分、ボックス手前のラファエル・シルバが右足でシュート。さらに61分、森脇の落としを柏木がボックス手前やや右から左足を振り抜くが、どちらもGKチョン・ソンリョンに対応される。さらに62分、高木からの左CKをボックス中央のマウリシオが頭で合わせたが、決め切ることができない。 ▽攻勢を続ける浦和は63分、マウリシオに代えてズラタンを投入。すると68分、ボックス左外から中央へ切れ込んだ高木のピンポイントクロスを興梠がヘディングシュートを放つ。だが、これはGKチョン・ソンリョンの正面。それでも、70分には柏木の左CKを途中出場のズラタンが頭で押し込んだ。 ▽1点奪えば延長戦に持ち込める浦和が守備を固める川崎Fを畳みかける。76分、ボックス左外でのパス回しから柏木がボックス内から落とすと、走り込んだ槙野が右足を振り抜く。低弾道なシュートがゴール左隅を捉えるが、これはGKチョン・ソンリョンにパンチングで逃げられる。 ▽それでも、しぶとく攻撃を積み重ねる浦和は83分、駒井のパスを受けた柏木がボックス右にパス。これを受けたラファエル・シルバが右足を振り抜いてゴール左隅へと突き刺した。 ▽2戦合計スコアをイーブンに持ち込んだ浦和。すると直後、ボックス手前でパスを受けた森脇がボックス中央やや左に浮き球のパスを送る。これに走り込んだ高木が左足で合わせると、GKチョン・ソンリョンの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。 ▽ついに逆転を許してしまった川崎Fは直後、小林に代えて森本を投入して攻勢を強める。対する浦和は興梠に代えて遠藤を投入し、守備固めに入った。 ▽流れを変えたい川崎Fだったが、数的不利も響き、攻勢に転じることが出来ず。最後は浦和がボールを保持して試合終了。1stレグを1-3で敗れるも、4-1で逆転劇を見せた浦和が9年ぶりのベスト4進出を決めた。 2017.09.13 21:30 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング