川崎フロンターレ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 川崎F 35 10 5 3 33 17 16 18

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-07-29
19:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
川崎F vs 磐田
2017-08-05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
川崎F vs FC東京
2017-08-09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
新潟 vs 川崎F
2017-08-13
19:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
川崎F vs 鹿島
2017-08-23
19:00
ACL2017決勝トーナメント
準々決勝第1戦
川崎F vs 浦和

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.07.08
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
鳥栖 2 - 3 川崎F
2017.07.05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
川崎F 4 - 1 浦和
2017.07.01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
川崎F 5 - 0 神戸
2017.06.25
19:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
G大阪 1 - 1 川崎F
2017.06.17
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
川崎F 1 - 0 広島

基本データ

正式名称:川崎フロンターレ

原語表記:KAWASAKI Frontale

ホームタウン:川崎市

チームカラー:サックスブルー、ブラック、ホワイト

関連ニュース

thumb

【J1クラブ中間評価】守備意識浸透でポゼッションサッカーに変化…隙の少ない戦いで上位に《川崎フロンターレ》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回は川崎フロンターレ編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆守備面改善で隙の少ないチームに</span> <span style="font-weight:700;">勝ち点32 / 9勝5分3敗</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kawasaki_senseki1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽風間八宏体制から鬼木達新体制に移行した今シーズンの川崎F。序盤戦こそ鬼木監督が求める守備意識の浸透に時間を要した上、負傷者の続出で苦しい戦いが続いた。しかし、試合を追うごとに、鬼木監督の下でチームスタイルのモデルチェンジが進み、状態も上向きに。5月以降の8試合を6勝1分け1敗で切り抜け、首位のセレッソ大阪に3ポイント差の5位で後半戦を迎えた。 ▽その中で、内容面においても向上。特に、前半戦終了時で「15」を記録する最小失点数が物語るとおり、鬼木監督の求める守備意識が新たな色としてチームに浸透しつつある。また、攻撃面において、FW大久保嘉人の穴埋めに試行錯誤したが、最終的に新加入のMF阿部浩之がワントップの位置でフィット。鬼木監督も思い切った采配で試合の流れを引き寄せるなどの手腕が光り、チームとして隙の少ない戦いが際立っている。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707kawasaki_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】90/100点満点 ▽守護神のGKチョン・ソンリョンが昨シーズンに引き続き印象的な活躍を披露。さらに、DF谷口彰悟においても安定感と存在感が増している。中でも、試行錯誤が続いた苦しい序盤戦で大崩れしなかったのは、谷口を筆頭に、DFエドゥアルド、DF奈良竜樹といったディフェンス陣の働きがあったからこそ。高評価を与えたい。 【MF】80/100点満点 ▽MF大島僚太こそ一時ケガで離脱したものの、バンディエラであるMF中村憲剛とMFエドゥアルド・ネットが昨年に引き続き中盤の軸として存在感。また、新戦力の阿部もワントップの位置でセンセーショナルな活躍を見せ、ストライカーの人材難に陥るチーム状況に一筋の光明を見出した。新加入のMF家長昭博や、MF三好康児の働きには不満が残ったが、全体的に好印象だ。 【FW】60/100点満点 ▽ここまでリーグ戦9ゴールを記録している新主将のFW小林悠だが、大久保が去った後のワントップの位置で機能したとは言い難く、阿部の活躍に助けられた部分は大きい。また、小林を除いたFW登録選手の得点数は、FWハイネルの1ゴールのみ。他のポジションとの貢献度を比べると、物足りなさを残した。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span> MF阿部浩之(28歳/No.8)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707kawasaki_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 明治安田生命J1リーグ:15試合(先発12回)/8得点 ▽序盤戦こそ移籍初年度ということもあり、適応に時間を要したが、鬼木監督にストライカー起用されると、ガンバ大阪時代に記録した7得点をわずか半シーズンで上回る8得点と覚醒。さらに、アシスト数も「6」をマークしており、もはやハードワークに特化したG大阪時代の姿はない。前半戦において、この男なしに語ることはできないほど、活躍は際立っていた。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> MF家長昭博(31歳/No.41) 明治安田生命J1リーグ:7試合(先発2回)/0得点 ▽シーズン前の期待値を考えると、このレフティの出来には失望感を覚えた。昨シーズンまで在籍した大宮アルディージャではキングに君臨したが、新天地での川崎Fには中村という絶対的なプレーメーカーが存在。もちろん、2カ月ほどの負傷離脱もあったが、鬼木監督の起用法からも迷いが見受けられるなど、フィットに時間がかかっている。とはいえ、先の天皇杯では移籍後初ゴールをマーク。持っている能力は折り紙付きだけに、クラブ史上初のJ1制覇へ今後の巻き返しに期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆総力戦で悲願の初タイトル奪取へ</span> ▽前半戦を首位と勝ち点3差で折り返すなど、悲願の初タイトルへ視界は良好。しかし、今後ACLやルヴァンカップ、天皇杯などを勝ち進むと、最大で中2日の試合が3回、中3日の試合が6回と、過密日程での試合が続くことになる。攻守にハードワークを求める鬼木監督の戦術上、主力組の活躍だけでタイトルを争うことは不可能だろう。文字通り“総力戦”となる後半戦では、出場機会が限られている家長やハイネル、U-20日本代表にも選出されているMF三好康児やDF板倉滉ら控え組の活躍にも期待したい。 2017.07.23 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

進化を遂げる“ゴールハンター”小林悠の重要なピース

▽多彩な攻撃スタイルを貫き、日本国内でも屈指の攻撃サッカーを展開する川崎フロンターレ。そんな川崎Fにおいて、一際輝きを放っているのが今シーズンからキャプテンにも就任した、背番号11を背負うFW小林悠だ。 ▽2010年に拓殖大学から川崎Fへと加入した小林。プロ2年目の2011年から背番号11を背負うと、J1で32試合に出場しJ1初ゴールを含む12得点を記録。その後はケガに悩まされるシーズンが続くが、2014年に再び12得点と2度目の2桁ゴールを記録した。2015年はまたしてもケガに苦しむものの、2016年は15得点を記録し、Jリーグベストイレブンにも初選出され、日本代表にも度々招集されるようになった。 ▽小林の特徴を表すならば、“柔”と“剛”を兼ね備えるストライカーだ。最も特徴的なプレーは、相手の守備ラインの背後を狙った動き出し。パスの出し手との呼吸を合わせ、裏に抜け出し一気にゴールを陥れるプレーは、これまで何度も目にしたことがある。また、一対一の仕掛けも非凡なものがあり、細かいテクニックで“柔”を垣間見ることができる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170713_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽一方で、177cmと決して上背があるほうではないものの、空中戦にも強く、ポストプレーや競り合いでも強さを見せる。とりわけ今シーズンは1トップのポジションに入り、力強いプレーからの強引なシュートシーンも見せており、“柔”だけでなく“剛”の部分も度々見せている。 ▽プレーの選択肢の幅や得点パターンの豊富さからゴールハンターとも言える小林は、川崎Fの攻撃サッカーにおいて中心的存在となっている。今シーズンも組み立てに参加しながら、フィニッシャーとしての活躍も見せ、第18節を終えた時点でJ1得点ランキングでも2位につける9得点を記録している。 ▽悲願のリーグタイトル獲得に向け、ここまでケガなく川崎Fの攻撃を牽引する小林だが、チームは今シーズン守備面にも変化が見られている。ケガ人の影響もあり、プロ4年目のMF谷口彰悟、プロ3年目のDF車屋紳太郎がセンターバックとして最終ラインを支え、ビルドアップやセットプレーなど攻撃面でも貢献。車屋は左サイドバックもこなすなど、攻守両面での活躍が目立っている。チーム全体として攻撃サッカーを貫きながらも、若い力でリーグ4位の17失点と、これまで不安視されがちな守備面の改善も見せている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170713_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽J1タイトルを目指すチームの攻撃を支える小林、そして守備を支える谷口と車屋だが、3選手はプーマが新たに発表した「PUMA ONE(プーマワン)」を着用。“全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイク”をコンセプトに開発された「PUMA ONE」は、川崎Fを支える攻守のキーマンにとっても重要なピースとなっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/f3poac" target="_blank">「PUMA ONE」公式サイトはこちら</a><hr></div>▽「FAST(加速)」、「FIT(フィット感)」、「FEEL(タッチ感)」に優れている「PUMA ONE」は、まさに川崎Fのサッカーを体現するには欠かせないアイテム。スピードで裏をとり、絶妙なタッチでゴールを奪い切る小林、最終ラインでのデュエル、ビルドアップを支える谷口、センターバック、サイドバックとして正確なキックを生み出す車屋の3選手のパフォーマンスにも大きな影響を与えていることは間違いない。 ▽前半戦を終えて首位のセレッソ大阪とは勝ち点差3の3位と好位置をキープ。小林がゴールを量産し、谷口、車屋が相手攻撃陣を封じ込めれば、川崎Fはタイトル獲得に大きく近づくことだろう。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/TdLC7S" target="_blank">「PUMA ONE」公式サイトはこちら</a><hr></div> 2017.07.21 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

AFCが全面棄却…川崎F、訴え叶わず「旭日旗問題」で処分へ

▽アジアサッカー連盟(AFC)は20日、川崎フロンターレの「旭日旗問題」に対する上訴を全面棄却したと発表した。 ▽発端は、4月20日に韓国で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の水原三星ブルーウィングス戦。川崎Fの一部サポーターによる旭日旗を掲げての応援が、水原側のサポーターとの衝突を生んでいた。 ▽差別的かつ韓国民を傷つける行為と判断したAFCは5月4日、川崎Fに1年間の執行猶予付きでAFC主催のホーム戦1試合の無観客処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)を発表。川崎F側は処分撤回を求め、異議を唱えていた。 2017.07.20 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎FのDF板倉滉、ワンランク上の選手になるために「打開力を意識していきたい」《AFC U-23選手権》

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は14日、千葉県内で今月19日~23日にかけてカンボジアで行われるAFC U-23選手権予選に向けて、ユニバーシアード日本代表と練習試合を行った。 ▽練習試合終了後、DF板倉滉(川崎フロンターレ)がメディア陣のインタビューに応対し、今日の試合の課題について言及。また、自身がワンランク上のレベルに行くために「打開力を意識していきたい」とW杯の経験から見つけた課題を口にした。 <span style="font-weight:700;">◆DF板倉滉</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──試合を振り返って</span> 「結構簡単にやられてしまった部分がありました。ポジションの修正の遅さであったりとか、この暑さの中でも判断を早くしていかなくてはいけないと思いました」 <span style="font-weight:700;">──前半はDF立田悠悟(清水エスパルス)、後半はDF古賀太陽(柏レイソル)とセンターバックを組んだが</span> 「基本的に二人とも初めてだったので、コミュニケーションをとりながらやろうと思っていました。もっと自分がカバーしてあげられたら良かったです。初めてで緊張もあったと思います。そこでしっかりと自分がカバーできるようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──短い期間でどのように改善していきたいか</span> 「新しいメンバーが多いので、意思の疎通をしっかりとコミュニケーションをとってやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──U-20W杯は自身にとってどういう大会になったか</span>「普段できない相手とできましたし、その中で自分の足りないものを見つけられました。これからの自分のサッカー人生においてすごく大きな大会でした」 <span style="font-weight:700;">──世界の差を感じた部分はどういったところか</span> 「個人での打開力です。日本人とは全然違うと感じました。組織的には日本人は戦えますけど、もう一個上のレベルに行くには個人での打開力は意識していかなくてはいけないと思います」 <span style="font-weight:700;">──予選への意気込み</span> 「環境面も含めて絶対に簡単な試合は無いと思います。チーム一丸となって全力で戦っていきたいです」 2017.07.14 22:34 Fri
twitterfacebook
thumb

直近3試合で12得点! 攻撃爆発の川崎Fが2点ビハインドを覆し3連勝で3位浮上!!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第18節、サガン鳥栖vs川崎フロンターレが8日にベストアメニティスタジアムで行われ、2-3で川崎が勝利した。 ▽ここまで6勝6分5敗で10位の鳥栖(勝ち点24)が、9勝5分3敗で5位につける川崎(勝ち点32)をホームに迎えた。チームの中心選手であった鎌田大地がフランクフルトへ、ビクトル・イバルボが契約解消と、リーグ戦半ばにしてチームの再構築を余儀なくされた鳥栖だが、スコアレスドローに終わった前節のヴァンフォーレ甲府戦からスタメンの変更は1名のみ。田川を今季ここまで3得点の富山と代えて臨んだ。 ▽対する川崎は、ミッドウィーク開催となった5日の第13節浦和レッズ戦を4-1で制し、好調を維持。中2日となった今節だったが、浦和戦からスタメンを2名のみ変更。攻撃の核である中村を家長に、登里を三好に代えた。直近2試合で9得点を記録しているチームのシステムはそのままに、リーグ後半戦を占う一戦に臨んだ。 ▽試合序盤は両チーム共にリスクを冒さず。人数をかけて守る鳥栖に対し、川崎はディフェンスラインでパスを回しつつ攻めの機会をうかがう。鳥栖は原川を起点にカウンターを狙うが決定的なチャンスを作れず。15分、痺れを切らした大島がボックス手前中央から勢いのあるミドルシュートを放つも、これは枠を外れた。 ▽この流れの中で先制点を奪ったのは鳥栖だった。39分、吉田がボックス内で倒されると、これがPKに。キッカーを務めた原川がゴール左に蹴り込み、先制に成功した。 ▽さらに、鳥栖が畳みかける攻めで追加点を奪う。42分、敵陣内右サイドで福田が川崎のパスミスを奪うと、素早い判断でクロスを供給。内側へカーブのかかった質の高いクロスを趙が頭で合わせる。GKが飛びつくも、シュートはゴール右下隅へ吸い込まれた。 ▽鳥栖の2点リードで試合は折り返すと、川崎はハーフタイム明けに家長を中村に、三好を登里に代える、2枚替えを敢行。浦和戦と同様の布陣にして後半の巻き返しを図る。すると56分、中村が決定的な仕事を果たす。左CKの場面でキッカーを務めた中村は、ショートコーナーを選択。パスを受けた大島が中村へボールを戻すと、すかさず右足でクロスを上げる。飛び込んだエドゥアルドが頭で合わせ、反撃の狼煙を上げた。 ▽直後の58分、川崎が待望の同点弾を決める。車屋が左サイドをドリブルで駆け上がると、そのままボックス内へ侵攻。素早いクロスを上げるとフリーで待ち構えていたエウシーニョが頭で確実に合わせた。 ▽完全に勢い付いた川崎は62分に試合を引っくり返す。大島から左サイドに上がっていた車屋にパスが出ると、今度はボックス内へ入らずにクロスを供給。これを小林が頭で合わせ、わずか7分間の猛攻で2点のビハインドを跳ね返し、逆転に成功する。 ▽試合はこのまま終了し、川崎がアウェイの地で劇的な逆転劇を演じた。この結果、川崎は勝ち点を「35」まで伸ばし、3位へ浮上した。対して、ホームで手痛い敗北を喫した鳥栖は順位を1つ落とし、11位に沈んでいる。 2017.07.08 23:03 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング