東京ヴェルディ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 東京V 71 19 14 9 56 41 15 42
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-24
14:00
明治安田生命J2リーグ
第1節
町田 vs 東京V
2019-03-03
15:00
明治安田生命J2リーグ
第2節
愛媛 vs 東京V
2019-03-09
14:00
明治安田生命J2リーグ
第3節
東京V vs 金沢
2019-03-16
14:00
明治安田生命J2リーグ
第4節
東京V vs 栃木
2019-03-24
14:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
徳島 vs 東京V
基本データ

正式名称:東京ヴェルディ

創立:1969年

ホームタウン:東京都

チームカラー:グリーン

関連ニュース
thumb

【質疑応答】東京V副将MF田村直也、町田の注目選手は「美容室が同じ…」《J2開幕戦前日会見》

FC町田ゼルビアと東京ヴェルディは22日、24日に行われる2019明治安田生命J2リーグ開幕節の『東京クラシック』を前に『2019明治安田生命J2リーグ開幕戦前日記者会見』を実施した。 今シーズンから下部リーグ(J2、J3)の露出拡大と集客を狙ってJリーグが導入したホーム開幕戦前の公式合同会見。町田の本拠地である町田市立陸上競技場で行われた同会見には町田から相馬直樹監督とMF井上裕大、東京Vからギャリー・ジョン・ホワイト監督とMF田村直也が出席した。 ホワイト新監督を迎えてクラブ創設50周年の節目のシーズンに悲願のJ1復帰を掲げる東京Vにおいて副キャプテンを務める育成出身の田村は、新体制におけるここまでの印象を語ると共にダービーマッチに向けて意気込みを語った。 ◆MF田村直也(東京ヴェルディ) ──対戦相手の町田の選手で気になる選手はいるか? 「ちょっと出るかはわからないですが、中盤の底あたりにすごくガツガツした選手(隣に座る井上)がいると思っているので、彼がすごくキーマンだと思っています。その彼に関しては美容室が同じという縁もあり、どっちが上かどうかはしっかりと試合に出られれば頑張りたいです」 ──開幕戦に向けて現段階のチームの仕上がりや手応えは? 「精神的にも非常に落ち着いていますし、監督の求めるものもしっかりとキャンプを通してやってきた自信もあります。ウチの若い選手は非常にメンタル的にも強いので緊張というようなことはシーズン前からなく、全員がやってやろうという気持ちを持っていると思いますし、こういう町田さんのようなチームを戦えることを楽しみに今は良い状態だと思っています」 ──ファン・サポーターに向けてチームのここを見てほしいというセールスポイントは? 「今年のチームはよりアグレッシブでゴールに対するところが変わっていくと思っています。もちろん、相手など色んな状況もありますが、よりそういう部分をファンの方々には見てほしいと思いますし、期待してほしいと思っています」 なお、昨季4位の町田と昨季6位でJ1参入プレーオフ決定戦入れ替え戦まで進んだ東京Vによる、J2開幕節で実現した注目のダービーマッチは24日14時に町田市立陸上競技場で行われる。 2019.02.22 19:29 Fri
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】町田とのダービーでJ初陣飾る東京Vホワイト新監督「2つの素晴らしいチームが揃った。ただただ熱くサッカーを」《J2開幕戦前日会見》

FC町田ゼルビアと東京ヴェルディは22日、24日に行われる2019明治安田生命J2リーグ開幕節の『東京クラシック』を前に『2019明治安田生命J2リーグ開幕戦前日記者会見』を実施した。 今シーズンから下部リーグ(J2、J3)の露出拡大と集客を狙ってJリーグが導入したホーム開幕戦前の公式合同会見。町田の本拠地である町田市立陸上競技場で行われた同会見には町田から相馬直樹監督とMF井上裕大、東京Vからギャリー・ジョン・ホワイト監督とMF田村直也が出席した。 サッカーの母国イングランド出身で過去にグアム代表やチャイニーズタイペイ代表、香港代表らの指揮官を歴任し、クラブ創設50周年を迎えた東京VでJリーグ初挑戦となるホワイト監督は今シーズンの目標と共に自身の初陣となるダービーマッチに向けて意気込みを語った。 ◆ギャリー・ジョン・ホワイト監督(東京ヴェルディ) ──就任以降、攻撃的なスタイルへの転換を図っている中、プレシーズンマッチではなかなかゴールを奪えていないが、町田という強い相手に対するうえで不安は? 「プレシーズンマッチの相手はほとんどがJ1のチームでした。ただ、自分たちにとってはすごく良いチャレンジだったと思っています。スコアに関してはチャンスはあったので特に何も心配していません。町田に関しては強い相手だと思っています。彼らも上に上がることを目標に掲げていますが、我々にとってはどの試合も重要になってくると思っています。我々もJ1に上がることが目標となっているので、すごく大事な試合になると思います」 ──開幕戦はリーグ戦42試合のうちの単なる1試合以上の重要度があると思うが、開幕戦についてどのように捉えているか? 「毎試合が大事だと思っていますし、開幕戦を通じて精神力が付くと思っています。精神力がなければ、優勝というものは達成できないと思います。それは勝ち負けで変わってくると思いますし、町田もそういった精神力を持っていると思いますし、我々も同じような精神力を持って行かないといけないと思っています。この試合はみなさんにとって大事だと思いますし、お互いに同じ目標を掲げています」 ──開幕戦に向けて現段階のチームの仕上がりや手応えは? 「すごく良い質問です。今日までチーム全員がすごく良い精神で練習に取り組んでくれました。自信もありますし、落ち着いてもいます。コントロールもできていると思いますし、選手全員が同じ方向に向かっています。今週末の試合は非常に激しい戦いになることは理解しています。それは戦術的にも技術的にもです。ただ、最も大事なのはフィジカルだと思っています。我々の選手はこの試合に向けて昂っていると思いますし、不安を持っているというよりも覚醒している状態だと思っています」 ──ファン・サポーターに向けてチームのここを見てほしいというセールスポイントは? 「とにかく、ファン・サポーターの方々にはスタジアムに足を運んで頂きたいと思っています。当然、来て頂かないとわからない部分もあると思いますので。我々のホームではないことはわかっていますが、ホームのような気持ちで来て頂きたいと思っています。素晴らしい週末になると思います。2つの素晴らしいチームが揃っているので、ただただ熱くサッカーをやっていきたいと思いますし、ヴェルディのファン、町田のファン、それ以外のサッカーファンの方々にとっても大きな試合になると思うので、とにかく足を運んで頂きたいと思います」 なお、昨季4位の町田と昨季6位でJ1参入プレーオフ決定戦入れ替え戦まで進んだ東京Vによる、J2開幕節で実現した注目のダービーマッチは24日14時に町田市立陸上競技場で行われる。 2019.02.22 19:28 Fri
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】町田主将MF井上裕大、チームのセールスポイントは「犠牲心や忠誠心はJトップ」《J2開幕戦前日会見》

FC町田ゼルビアと東京ヴェルディは22日、24日に行われる2019明治安田生命J2リーグ開幕節の『東京クラシック』を前に『2019明治安田生命J2リーグ開幕戦前日記者会見』を実施した。 今シーズンから下部リーグ(J2、J3)の露出拡大と集客を狙ってJリーグが導入したホーム開幕戦前の公式合同会見。町田の本拠地である町田市立陸上競技場で行われた同会見には町田から相馬直樹監督とMF井上裕大、東京Vからギャリー・ジョン・ホワイト監督とMF田村直也が出席した。 昨シーズンから町田のキャプテンを務める井上は新シーズンに向けた目標を抱えると共に昨季、最終節に続く東京Vとのダービーマッチに向けて意気込みを語っている。 ◆MF井上裕大(FC町田ゼルビア) ──対戦相手の東京Vの選手で気になる選手はいるか? 「去年の最終節でもそうでしたが、右サイドバックにすごく熱い選手(隣に座る田村)がいるので、その選手には注意しないといけないです」 ──開幕戦に向けて現段階のチームの仕上がりや手応えは? 「僕たちも充実した良いキャンプを送ることができたので、とても選手間のコミュニケーションや特徴も把握できていると思うので、そういった部分で状態もとても良いと思いますし、みんなモチベーション高くトレーニングできていると思うので明日の、いや明後日の試合に臨みたいです。少し早まってしまいました。(笑)」 ──ファン・サポーターに向けてチームのここを見てほしいというセールスポイントは? 「僕たちはチームに対する犠牲心や忠誠心といった部分でどのチームよりも飛び抜けていますし、みんなで勝つためにゴールを奪いにいき、みんなでゴールを奪って全力で戦い抜くというところではJリーグでトップだと思っています。そういったところをピッチで表現してやっていきたいと思っています」 なお、昨季4位の町田と昨季6位でJ1参入プレーオフ決定戦入れ替え戦まで進んだ東京Vによる、J2開幕節で実現した注目のダービーマッチは24日14時に町田市立陸上競技場で行われる。 2019.02.22 19:27 Fri
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】町田率いる相馬直樹監督、昨季最終節で対峙した東京Vとの開幕戦での再戦に「Jリーグさんの意図があるのかと…」《J2開幕戦前日会見》

FC町田ゼルビアと東京ヴェルディは22日、24日に行われる2019明治安田生命J2リーグ開幕節の『東京クラシック』を前に『2019明治安田生命J2リーグ開幕戦前日記者会見』を実施した。 今シーズンから下部リーグ(J2、J3)の露出拡大と集客を狙ってJリーグが導入したホーム開幕戦前の公式合同会見。町田の本拠地である町田市立陸上競技場で行われた同会見には町田から相馬直樹監督とMF井上裕大、東京Vからギャリー・ジョン・ホワイト監督とMF田村直也が出席した。 J1昇格ライセンスを取得できなかった中、昨季の町田をクラブ史上最高位となる4位に導いた相馬監督は、就任7年目となる新シーズンに向けた抱負と共に昨季最終節で激闘を演じた東京Vとのダービーに向けた意気込みを語っている。 ◆相馬直樹監督(FC町田ゼルビア) ──今シーズンの開幕戦の相手が昨シーズンの最終節で対戦した東京Vに決まった際の率直な感想は? 「またヴェルディかという感じでした(笑)。それが正直な感想です。これはJリーグさんの意図があるのかと正直思ってしまいました。ただ、“日程くん(Jリーグ・マッチスケジューラー)”によって決まったものということなので、それに従っていくだけです。どのゲームも自分たちにとって大事なものだという認識に変わりはありません」 ──開幕戦に向けて現段階のチームの仕上がりや手応えは? 「我々も同じというか、今日もゲーム形式のトレーニングをしましたが、全員が良い準備ができていることを非常に感じています。もちろん、開幕戦は非常に大事ですが、シーズンという部分で考えると、本当にすべての選手が大事になってくるので、そういった意味でこの時期にこういった良い状態で臨めていることを個人的に非常に嬉しく思います。また、そういう競争がチームを強くしていくと思っています。選手たちが良い状態で開幕を迎えられたという部分で非常に楽しみに感じています」 ──開幕戦はリーグ戦42試合のうちの単なる1試合以上の重要度があると思うが、開幕戦についてどのように捉えているか? 「開幕戦が大事ということは当然ですし、選手たちも緊張すると思います。みなさんも色んな意味で期待を持って集まって頂いていると思いますし、注目が集まるゲームになると理解しています。先ほど言いましたが、42分の1でもあると考えなければならないとも思っています。一番大切なのは42分の1と言いましたが、個人としては1分の1という考えを持っていてそれが42回あると考えています。その中で毎試合、自分たちがどのぐらいできるかを重視しています。ホワイト監督もおっしゃっていましたが、勝ち負けによってチームは生き物なので精神状態が変わってくるという部分はありますが、強いチームになるためには、たとえ試合を落としたとしても、そこで精神的にも落ちてしまってはダメだと思います。もちろん、目の前の試合を全力で勝ちに行き、その結果を受け入れて、また次の試合を100パーセント以上の力を出して行く。そういう強さ、心の強さを持っていかないとダメだと思っていますし、そういう気持ちで開幕戦に臨んでいきたいと思います」 ──ファン・サポーターに向けてチームのここを見てほしいというセールスポイントは? 「ウチのキャプテン(井上)に犠牲心や忠誠心という言葉を使われて、監督としては非常に心苦しいところです。(笑) ただ本当に勝ちに向かってチームがひとつになって戦う姿というものは見てほしいと思っていますし、先ほどホワイト監督がおっしゃっていましたが、ピッチで情熱が見えるようなゲームをしたいと思っています。たぶん、ホワイト監督もそういうことが好きだと感じています。お互いにとってそういう良いところが出るゲームになるのかなと思っています。私自身もすごく楽しみですし、是非とも犠牲心、忠誠心だけでなく自分たちで勝ちに向かって楽しんでいく姿を見て頂ければと思っています。本当に素晴らしい相手と火花が散るような戦いができるのではないかと楽しみにしています」 なお、昨季4位の町田と昨季6位でJ1参入プレーオフ決定戦入れ替え戦まで進んだ東京Vによる、J2開幕節で実現した注目のダービーマッチは24日14時に町田市立陸上競技場で行われる。 2019.02.22 19:26 Fri
twitterfacebook
thumb

【J2開幕戦前日会見】J2開幕屈指の好カード、町田vs東京Vによる『東京クラシック』

FC町田ゼルビアと東京ヴェルディは22日、24日に行われる2019明治安田生命J2リーグ開幕節の『東京クラシック』を前に『2019明治安田生命J2リーグ開幕戦前日記者会見』を実施した。 今シーズンから下部リーグ(J2、J3)の露出拡大と集客を狙ってJリーグが導入したホーム開幕戦前の公式合同会見。町田の本拠地である町田市立陸上競技場で行われた同会見には町田から相馬直樹監督とMF井上裕大、東京Vからギャリー・ジョン・ホワイト監督とMF田村直也が出席した。 24日14時に町田市立陸上競技場で行われる、昨季4位の町田と昨季6位でJ1参入プレーオフ決定戦入れ替え戦まで進んだ東京Vによる、J2開幕節で実現した注目のダービーマッチに向けて両指揮官と井上、田村の両選手が意気込みを語った。 ◆相馬直樹監督(FC町田ゼルビア)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_1000_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「みなさん、こんにちは。まずはたくさんお集まりいただいてありがとうございます。また、試合は明後日になりますが、東京ヴェルディの方々には我々のホームスタジアムに来て頂いてありがとうございます。まず今シーズンを始める開幕戦というところになりますが、我々は昨年6位以内という目標を掲げて今年は昇格という目標を掲げています。それに向けて新しいものをお見せするようなゲームにしたいと思いますし、その相手もヴェルディさんという昨年の最終節の話もそうですが、クラブの歴史と伝統もそうですが、非常に我々にとって力を発揮させてくれるような相手と戦うことができます。そういう中で今年に懸ける想いをお見せできるように、また良い準備をして戦いに臨みたいと思っています。是非、またスタジアムに足を運んで頂けるようにさらに精進していきたいと思います」 ◆MF井上裕大(FC町田ゼルビア)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_1000_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「こんにちは。改めまして今シーズンのキャプテンの井上です。東京ヴェルディさんとは去年の最終節で悔しい思いをした思い出もありますし、また開幕戦でこのカードになったことについては何か縁を感じます。『東京クラシック』というダービーなので、とても盛り上がると思っています。去年の悔しさを晴らすと共に、今年の目標であるJ1昇格という目標を達成できるように、必ず開幕戦に勝てるようにみんなで全力を出して頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」 ◆ギャリー・ジョン・ホワイト監督(東京ヴェルディ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_1000_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「こんにちは。まずはこの場に集まって頂きありがとうございます。町田の社長並びに監督さんにこの場に招いて頂いたことを感謝します。クラブにとって非常に重要な試合になることはわかっています。『東京クラシック』というダービーマッチでシーズンをスタートできることを非常に嬉しく思っています。ファンの皆様にはスタジアムに足を運んで頂いて私たちの戦いを見て頂きたいと思っています。昨季、プレーオフ圏内に入った両チームによるすごく熱い試合になると思います。我々の熱意、情熱というところを見せられればと思っています。当然、みなさんにスタジアムまで足を運んで頂き試合を見てほしいと思っています。アリガトウゴザイマス」 ◆MF田村直也(東京ヴェルディ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_1000_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「今日はキャプテンの近藤直也のスケジュール調整が合わずに不参加になったため場違いですが、副キャプテンを務めさせて頂きます田村と申します。よろしくお願いします。開幕戦が町田さんということで、昨年の最終節で戦ってまたこういう形で試合をできることを嬉しく思います。お互いの本拠地も近く同じ東京ということで、注目して頂けるのかなと思っています」 「昨年から監督も変わりまして新しいことにチャレンジしているという段階で、何かを変えていくことはすごくエネルギーがいるものだと感じています。そこは決してネガティブな面ではなくポジティブな面で色んなパワーを使うと思います。僕自身も34歳になって何か新しいことを始めるときにはすごくパワーがいりますが、やはりプレーオフで感じた差だったり、足りないと感じた部分、何か変えなければならないということを感じましたし、それはチームとしてもそうですし、個人としても足りないものがあったと思います。そういう部分をキャンプ中に取り組み、ケガというリスクもありながらここまでやってこれました。開幕戦町田さんとのゲームを非常に楽しみにしています」 「多くのJリーグファンのみなさまが、またこうやって週末を楽しみにできるシーズンが始まりますので、一人でも多くの方々にスタジアムに足を運んで頂きたいと思っています。ちなみに、開幕戦のヴェルディ側の自由席のチケットがまだ余っていると、先ほど聞きました。これは危機的な状況だと思っているので、是非一人でも多くの人たちに応援に来て頂いて『東京クラシック』を盛り上げていきましょう。よろしくお願いします。今日はありがとうございました」 2019.02.22 19:25 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング