FC東京

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 FC東京 40 12 4 5 31 19 12 21

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-08-15
19:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
FC東京 vs
2018-08-19
13:00
明治安田生命J1リーグ
第23節
札幌 vs FC東京
2018-08-26
19:00
明治安田生命J1リーグ
第24節
湘南 vs FC東京
2018-09-02
19:00
明治安田生命J1リーグ
第25節
FC東京 vs 鳥栖
2018-09-15
14:00
明治安田生命J1リーグ
第26節
仙台 vs FC東京

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.08.10
19:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
G大阪 2 - 1 FC東京
2018.08.05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
FC東京 1 - 0 神戸
2018.08.01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
鹿島 1 - 2 FC東京
2018.07.27
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
FC東京 0 - 1 長崎
2018.07.22
19:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
FC東京 5 - 2 横浜FM

基本データ

正式名称:FC東京

原語表記:FC TOKYO

ホームタウン:東京都

チームカラー:ブルー、レッド

関連ニュース

thumb

G大阪、宮本恒靖体制初白星! 劇的展開で因縁の“長谷川トーキョー”下す《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第21節ガンバ大阪vsFC東京が10日にパナソニックスタジアム吹田で行われ、2-1でG大阪が勝利した。 ▽リーグ8試合勝ちのない17位G大阪(勝ち点17)は、2-3の逆転負けを喫した前節の名古屋グランパス戦からスタメンを2名変更。米倉、ファン・ウィジョに代えて、菅沼、一美を起用した。アジア大会のため不在の韓国代表FWファン・ウィジョの代役を務める一美は、これがJ1デビュー戦となった。 ▽対する連勝中の2位FC東京(勝ち点40)は、1-0で勝利した前節のヴィッセル神戸戦からスタメンを1名のみ変更。田邉に代えて、東を起用した。昨シーズンまでG大阪を率いていた長谷川健太監督にとっては、かつてのホームへの凱旋試合となった。 ▽試合開始早々の1分、FC東京がファーストシュートを放つ。右サイドでボールをキープしたディエゴ・オリヴェイラが、ボックス内にスルーパスを供給。富樫がヒールで落とすと、走り込んだ富樫が右足で狙う。しかし、シュートは枠を捉えない。 ▽さらに7分、室屋がボックス右からクロスを上げると、中央の大森のシュートがミートせずボールが後ろにこぼれる。こぼれたところに反応した太田がボックス内で右足を振り抜いたが、GK東口に阻まれた。 ▽ピンチを脱したG大阪は、アデミウソンを起点とした素早い攻撃で反撃を試みる。しかし、10分にボックス左の倉田がニアを放った鋭いシュートはGK林がセーブ。お互いにチャンスを作りつつも、両守護神が得点を許さない。 ▽20分、右SBのポジションで先発している三浦が、チャンスを作り出す。右サイドを駆け上がった三浦が精度の高いクロスを供給。GKの手前で落ちる絶妙なコースのクロスに飛び込んだ一美のシュートは枠を捉えなかったが、FC東京ゴールを脅かした。 ▽22分、今度はFC東京に決定機。右サイドに抜け出した東が、体制を崩しながらもクロスを供給。すると、DF菅沼の前に上手く入り込んだ大森がダイレクトボレーを放つが、またしてもGK東口が好守を披露した。 ▽34分、G大阪が試合の均衡を破る。右CKの流れから右サイドでボールを持った遠藤がクロスを上げると、ファーの三浦がDF森重に競り勝ち頭で中央に折り返す。ゴール目前、フリーの状態でボールを持ったファビオが、難なく押し込んだ。 ▽リードしたG大阪は、ボールを持ちつつ試合を進行。FC東京はカウンターから反撃に出ようとするが、ゴールに迫ることはできず。46分には、G大阪DFと交錯した東が交代を田邊との交代を強いられ、直後に試合の折り返しを迎えた。 ▽後半開始早々の47分、スコアをイーブンに戻したいFC東京がG大阪をヒヤリとさせる。ボックス手前中央でボールを持った高萩が、ボックス内に切れのある縦パスを供給。しかし、富樫が反転して放ったシュートはGK東口が辛うじてストップした。 ▽61分、FC東京が相手陣内中央付近でFKを獲得し、クイックリスタートからボックス内のディエゴ・オリヴェイラが左足を振り抜く。しかし、チーム内得点王のシュートも枠を大きく外れ、流れを引き寄せることはできない。64分には太田が左サイドから高精度のアーリークロスを入れたが、ボックス内の富樫がヘディングで合わせることはできなかった。 ▽最後の場面で決め切れないFC東京は、65分に選手交代を敢行。富樫に代えてここ2試合連続で途中出場から決勝点を奪っているリンスを投入し、さらに攻勢をかけていく。 ▽70分、受ける時間帯が続いているG大阪がカウンターからシュートを浴びせる。右サイドでボールを持った倉田が右足を振り抜くと、ボールはGK林の守備網をかいくぐる。しかし、右ポストに嫌われ追加点にはならない。 ▽リードを保ち続けるG大阪は、81分に一美に代えて米倉を投入するなど、交代策を弄しつつ試合を締めに入る。しかし、86分にFC東京の攻撃が実を結ぶ。右サイドの室屋のクロスから、途中出場の永井のボックス内でのトラップミスによりボックス内にこぼれたボールが、ディエゴ・オリヴェイラの下へ。ディエゴ・オリヴェイラが巧みな反転でG大阪DF2人を置き去りにし、豪快に左足でネットに突き刺した。 ▽しかし、3試合連続で追い付かれる展開となったG大阪は試合の最終盤に意地を見せる。95分、ボックス手前中央で高からのボールを受けたアデミウソンが、反転して左足で狙う。すると、これがネットを揺らし劇的な勝ち越し弾に。直後に笛が鳴り、試合は2-1でG大阪の勝利に終わった。 ▽この結果、G大阪は9試合ぶりに勝利。また、宮本恒靖監督就任以降初勝利となった。対するFC東京は、3試合ぶりの敗北を喫している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.10 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

パナスタにDA PUMP登場!? 10日開催J1第21節G大阪vsFC東京で「フライデーナイトJリーグ powered by DAZN」実施

▽DAZNは、同日パナソニック スタジアム 吹田で行われる明治安田生命J1リーグ第21節ガンバ大阪vsFC東京を「明治安田生命Jリーグ フライデーナイトJリーグ powered by DAZN」として開催することを発表した。 ▽同企画は、来場者に更なるスタジアム体験をしていただくため、明治安田生命J1リーグにおいて金曜日に開催される複数試合を協力試合とし、Jリーグ、クラブと共同でプロモーション施策を実施するというもの。 ▽そして今回の企画では、[先着30,000名様 ハーゲンダッツミニカップ『リッチミルク』無料配布!]、「[『ウイニングイレブン2018』スペシャルゲーム内イベント「DAZN FRIDAY NIGHT J.LEAGUE CHALLENGE」]、[DAZN会員特典プレゼント]、[DA PUMP によるハーフタイムパフォーマンス]が実施される。詳細は以下の通り。 【企画1】 先着30,000名様 ハーゲンダッツミニカップ『リッチミルク』無料配布! ▽8月10日は、ハーゲンダッツ ジャパンの創業日であり、昨年正式に「ハーゲンダッツの日」に認定。今回「フライデーナイトJリーグ」と「ハーゲンダッツの日」が重なったことに加え、ハーゲンダッツ ジャパンの「1人で楽しむだけでなく、大切な人と一緒に楽しんでいただきたい」という"Happy Haagen Project"の思いに共感し、来場者プレゼントすることが決定した。 http://www.gamba-osaka.net/news/game/no/8135/ 【企画2】 『ウイニングイレブン2018』スペシャルゲーム内イベント「DAZN FRIDAY NIGHT J.LEAGUE CHALLENGE」 ▽『ウイニングイレブン2018』ゲーム内イベント「DAZN FRIDAY NIGHT J.LEAGUE CHALLENGE」は、パナソニックスタジアム吹田のスタジアム高密度Wi-Fiサービス「GAMBA FREE Wi-Fi」に接続をし、モバイルゲーム『ウイニングイレブン2018』をプレーすることで参加が可能。ゲーム内イベントをクリアすると、ガンバ大阪在籍選手を始め、Jリーグ関連選手のうち1名を必ず獲得することができる。 http://www.gamba-osaka.net/news/game/no/8205/ 【企画3】 DAZN会員特典プレゼント 当日スタジアム内のDAZNブースにて ・DAZN既存会員の方先着3,000名様に DAZNオリジナル扇子をプレゼント ・DAZN新規加入の方には抽選で①ガンバ大阪選手サイン入りユニホーム ②ルートインホテル1万円クーポン券をプレゼント 【企画4】 DA PUMP によるハーフタイムパフォーマンス ▽DA PUMP がパナソニックスタジアム吹田に登場。ハーフタイムに空前絶後のブームとなっている「U.S.A」をパフォーマンスする http://www.gamba-osaka.net/news/game/no/8164/ 2018.08.10 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】フライデーナイト! 長谷川健太が古巣凱旋《G大阪vsFC東京》

▽今週末も日本各地で開催される明治安田生命J1リーグ。ガンバ大阪(17位/勝ち点17)は、10日に行われる第21節でFC東京(2位/同40)をパナソニック スタジアム 吹田に迎え撃つ。この一戦はフライデーナイトマッチとなる。 ◆相手関係なく勝て〜ガンバ大阪〜 ▽G大阪は前節、名古屋グランパスに2-3の逆転負け。2点リードで試合を折り返す好シチュエーションだったが、課題に挙がる運動量の低下から後半3失点を許して、前々節のジュビロ磐田戦に続く宮本恒靖体制初白星を逃した。これにより、順位は自動降格圏の17位に後退。苦しい状況から脱せずにいるが、攻守に躍動感を取り戻しつつあり、そこを咎めることは違う。課題は苦しい時間帯をどう乗り切るか。そして、代表に向かった9得点のFWファン・ウィジョ不在をどう乗り越えるかだ。今節の相手は、昨年までG大阪を率いた長谷川健太監督のFC東京。感傷的な一戦だが、危険水域に陥るG大阪にその余裕はない。とにかく勝利を掴み取ることしかない。 ◆勝って帰るのみ〜FC東京〜 ▽一方、FC東京は開幕から順調な歩みを継続。首位のサンフレッチェ広島に5ポイント差で迫っており、奪首に向けても視界良好な位置だ。前節のヴィッセル神戸戦でもハイプレスとショートカウンターのスタイルが徹底され、盤石の戦いを披露。決勝点を記録したFWリンスといった途中出場の選手が結果を残すなど、長谷川監督らしい勝負強さもチームに浸透しつつあり、ほぼ死角はない。そして、今節は長谷川監督が在任5年間で5つのタイトルをもたらしたG大阪戦。長谷川監督にとって、パナソニック スタジアム 吹田での指揮は、大ブーイングに包まれたG大阪監督としてホーム最終戦の昨年11月以来となる。だが、今は首位を狙うチームの指揮官。勝って帰るのみだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180810_13_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、オ・ジェソク MF:小野瀬康介、高宇洋、遠藤保仁、倉田秋 FW:長沢駿、アデミウソン 監督:宮本恒靖<hr>▽チーム総得点19のうち9ゴールを記録するファン・ウィジョが不在に。代わって、FW長沢駿のスタメンが有力だ。また、今夏加入のMF小野瀬康介が主力組としてプレー。移籍後初先発の可能性がある。 ◆FC東京[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180811_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:東慶悟、米本拓司、高萩洋次郎、大森晃太郎 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太<hr>▽今シーズンのここまでJ1リーグ17試合に出場するMF橋本拳人が全治4週間の負傷離脱が確定。ボランチの要であるMF高萩洋次郎の相方として、MF米本拓司に引き続き先発出場が見込まれる。 【注目選手】 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180811_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、DF三浦弦太だ。今シーズンから主将に就任。ここまで全試合に先発を果たしているが、ディフェンスリーダーとしてチームを支える存在になっているとは言い難い。今節は昨年に自身をG大阪に導いた長谷川監督率いるFC東京戦。恩師とする長谷川監督の前で成長を示すパフォーマンスを披露したい。 ◆FWリンス(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180811_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽FC東京のキープレーヤーは、リンスだ。リンスは2014年から2シーズンにわたってG大阪でプレー。今夏、G大阪時代の恩師である長谷川監督のラブコールを受けて、FC東京入りした。すると、直近2試合で決勝ゴールを決めるなど“仕上げっぷり”も披露。ジョーカーとして存在感を示す。引き続き切り札として躍動したい。 ◆多くの因縁 ▽長谷川監督だけではなく、MF大森晃太郎やDF丹羽大輝、リンスといった選手にとっても感慨深い凱旋試合となる今節。至るところで見どころのマッチアップが実現することが予想される。ただ、残留争い真っ只中のG大阪にとっても、優勝争いを展開するFC東京にとっても、狙うは勝ち点3だけ。勢い的にFC東京の方に部がある一戦だが、G大阪がどう下馬評を覆すか──。G大阪vsFC東京は10日19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">G大阪vsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.10 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京に痛手、MF橋本拳人が4週間の離脱…

▽FC東京は9日、MF橋本拳人が右ハムストリングス筋挫傷で全治4週間と診断されたことを発表した。 ▽橋本は7月30日に行われた練習中に負傷。その後、チームドクターによる診断を受けた結果、右ハムストリングス筋挫傷と診断された。 ▽橋本は今季のJ1リーグで17試合に出場し1ゴールを記録するなど、ボランチのレギュラーとしてここまで2位のチームを牽引していた。 2018.08.09 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リンス、2戦連続途中出場決勝点! FC東京が大観衆ホームで神戸下す《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節のFC東京vsヴィッセル神戸が、5日に味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽2位・FC東京(勝ち点37)は、2-1で競り勝った前節の鹿島アントラーズ戦からスタメンを2名変更。小川、東に代えて、太田、大森を起用し、4万4801人が詰めかけたホーム戦に臨んだ。 ▽対する、2試合負けのない5位・神戸(勝ち点29)も、1-1で引き分けた前節のセレッソ大阪戦からスタメンを2名変更。渡邉、佐々木に代えて、ウェリントン、大槻を起用した。 ▽試合は神戸がボールを支配しつつ進行するが、11分にFC東京のチャンスが訪れる。右CKの場面でキッカーの太田が低い弾道のクロスを入れ、DFチャン・ヒョンスがヘディングシュート。しかし、これは枠を捉えない。 ▽一進一退の攻防が続く試合は、カウンターを狙うFC東京が幾度かゴールに迫っていくも、神戸が最後の場面で粘りを見せてゴールを割らせない。次第に中盤での奪い合いが激化していき、にらみ合いの様相を呈していく。 ▽41分、神戸が決定機を作り出す。ボックス手前まで押し込み、細かい連係から増山が右足でゴールを狙う。FC東京DFにブロックされたボールはわずかに枠を左に逸れたが、ホームチームをヒヤリとさせた。 ▽ゴールレスで折り返した試合、大観衆のアウェイでの勝利を目指す神戸は、ハーフタイム中に2枚替えを敢行。大槻、増山に代えて、渡邉、そしてJ1デビュー戦となる新加入の古橋を送り出した。対するFC東京も、51分に田邉に代えて東を投入し勝ち点3を狙っていく。 ▽58分、神戸がチャンスを迎える。カウンターからボックス手前の渡邉がボールを落とし、ウェリントンが反応。しかし、右足のダイレクトシュートは枠を左に外れた。 ▽FC東京は、直後の60分に富樫に代えてリンスを起用。“仕上げ”のできる選手を送り込み、攻勢をかける。それでも得点が奪えずにいると、78分には米本を下げて永井を投入。快足を生かしたカウンターを狙っていく。 ▽すると、試合終了間際の90分、ボックス手前中央をドリブルで侵攻するディエゴ・オリヴェイラが、ボックス右のリンスにラストパスを供給。すると、リンスが素早く右足を一閃、シュートをネットに突き刺した。 ▽直後に試合が終了。この結果、FC東京は2試合連続となるリンスの途中出場からの決勝点で、連勝を飾ることに。対する神戸は、3試合ぶりの敗北を喫した。 2018.08.05 21:15 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング