FC東京

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 FC東京 50 14 8 12 39 34 5 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-23
14:00
明治安田生命J1リーグ
第1節
川崎F vs FC東京
2019-03-02
16:00
明治安田生命J1リーグ
第2節
湘南 vs FC東京
2019-03-10
14:00
明治安田生命J1リーグ
第3節
FC東京 vs 鳥栖
2019-03-17
13:30
明治安田生命J1リーグ
第4節
FC東京 vs 名古屋
2019-03-30
14:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
浦和 vs FC東京
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.16
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
最終節
FC東京 0 - 1 仙台
2018.05.09
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第5節
新潟 3 - 2 FC東京
2018.04.18
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第4節
FC東京 2 - 2 横浜FM
2018.04.04
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第3節
仙台 3 - 0 FC東京
2018.03.14
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第2節
FC東京 1 - 0 新潟
基本データ

正式名称:FC東京

原語表記:FC TOKYO

ホームタウン:東京都

チームカラー:ブルー、レッド

関連ニュース
thumb

FC東京がブラジル人FWジャエルの獲得合意を発表 一昨年はCWCにも出場

FC東京は15日、グレミオに所属するブラジル人FWジャエル(30)の完全移籍での加入でクラブ間合意に達したことを発表した。なお、メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。 フルミネンセ下部組織出身のジャエウは、2007年に母国のクリーシュマでプロデビュー。その後、ブラジル複数クラブやカルマル(スウェーデン1部)、城南FC(韓国1部)、重慶当代(中国1部)などを渡り歩き、2017年にグレミオへ加入。加入初年度はケガに泣き公式戦14試合の出場に留まったが、昨シーズンは公式戦33試合で9ゴール4アシストを記録していた。 また、2017年のクラブワールドカップ(CWC)では、準決勝のパチューカ戦に先発出場。レアル・マドリーとの決勝戦では63分から途中出場していた。 2019.02.15 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

今年18歳の久保建英、バルサ復帰で原則合意 現地紙報道

スペイン『ムンド・デポルティボ』は14日、FC東京に所属するU-21日本代表FW久保建英(17)が今夏にバルセロナ復帰と報じた。 バルセロナ下部組織出身の久保は、2014年に国際サッカー連盟(FIFA)から18歳以下の選手移籍に関する規則違反で2015年に帰国を余儀なくされ、FC東京の下部組織と契約。2017年5月に16歳でトップチームデビューを飾り、同年11月にプロ契約を締結した。2018年途中から期限付き移籍で横浜F・マリノスでプレー。今年からFC東京に復帰した。 久保は今年6月で18歳。その誕生日を過ぎれば、国際移籍が可能となる。その久保を巡ってはマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマン(PSG)が目を光らせているが、古巣のバルセロナも手放して以降、動向を注視。久保自身が第二の故郷であるバルセロナ復帰を決断したことで、今シーズン当初から代理人を交えた交渉を続けてきたという。 そして、バルセロナは2020年1月まで久保との契約を残すFC東京と今夏復帰で原則合意。久保は当面、バルセロナBの選手としてプレーすることになる模様だ。 2019.02.15 08:05 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京の新10番を背負うMF東慶悟「梶さんの思いを引き継ぎたい」

Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。 FC東京からは新10番のMF東慶悟が出席。背番号に関しては「こだわりはなかった」としながらも、その重さを実感しているとコメント。引退した梶山陽平の意思を「引き継ぎたい」と語った。 ◆MF東慶悟(FC東京) ──今年から背番号が「10」に変わりましたが心境は 「あまり背番号というものには昔はこだわっていませんでしが、改めてFC東京の10番は重いなと感じます。自分としても選手としてレベルアップしたいので、良い刺激になりたいと思います」 ──ロンドン五輪以来の背番号「10」だと思いますが、「10」へのこだわりはなかったのか 「こだわりはなかったですね」 「ただ、今は改めて大事だなという感じをしています」 ──FC東京の10番は梶山陽平というイメージがあると思うが 「ずっと梶さん(梶山陽平)がつけて来て、東京の下部組織から育った選手が色々な思いでつけていたと思うので、梶さんの思いは引き継ぎたいなと思います」 「僕の良いところも出したいです。梶さんはかなりケガをしていたので、FC東京の10番がプレーする姿はあまり見ることができなかったと思うので、10番が良いプレーしていると思える様に頑張りたいです」 ──長谷川健太監督が率いて2年目となりますが、今シーズンのここまでの手応えはあるか 「新しい選手は特に若い選手が多いです。久保(建英)や田川(亨介)、韓国人のナ・サンホと攻撃力のある選手が加入してくれました。課題だった得点力という部分で、改善できるところはあるので、より生かしてあげたいと思います」 ──東選手も攻撃の部分では期待されるものがあると思います 「僕ももちろん先頭に立って、引っ張っていきたいです。10番で、キャプテンで、背負うものは色々ありますが、常に先頭に立っていきたいと思います」 ──個人的な目標はありますか 「数字はあまり目標としてないですが、チームとしてリーグ優勝をしたことがないですし、そこに向かってやっています。10番やキャプテンを任されているので、そこに向かってどんなときもリーダーとして先頭に立って引っ張っていきたいです」 ──開幕戦から多摩川クラシコですが 「すごく注目されると思いますし、川崎さんは間違いなく強いです。僕たちはチャレンジャーなので、思い切ってプレーしたいです。アウェイで凄く難しい試合になると思いますが、チーム一丸となって戦っていきたいと思います」 2019.02.14 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表DF室屋成に第一子が誕生! 「責任感を持ち、精一杯頑張りたい」

FC東京は13日、日本代表DF室屋成に第一子(長男)が誕生したことを発表した。 発表によると、長男は4日に誕生。1日にアジアカップ決勝が行われた直後の朗報となった。室屋はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF室屋成 「第一子が生まれ、とても嬉しく思います。妻と生まれてきてくれた子どもに感謝しています。より一層、責任感を持ち、精一杯頑張りたいと思います」 室屋は2016年2月、明治大学サッカー部を退部してFC東京に入団。在籍3年目の2018シーズンは明治安田生命J1リーグ30試合に出場して1得点を記録した。 また、代表キャリアにおいては2017年にA代表デビュー。今年行われたアジアカップでは5試合に出場し、グループステージ最終節のウズベキスタン代表戦では1アシストを記録していた。 2019.02.13 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】培った基盤重視の長谷川体制2年目、チームとしての成熟示せるか《FC東京》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第5弾はFC東京を紹介。 <span style="font-weight:700;">◆試されるチームとしての成熟</span>《優勝争い》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190210_fctokyo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>長谷川健太監督を招へいしてスタートさせた2018シーズンは、ジェットコースターの様な1年となった。ガンバ大阪で3冠を達成した指揮官の下で守備力を向上させたFC東京は、開幕から徐々に調子を上げて折り返し時点で優勝を狙える位置をキープ。しかし、その後、FWディエゴ・オリヴェイラ封じを徹底する各クラブの対応に手を焼き、大失速の6位でシーズンを終えた。 “長谷川トーキョー”の基盤ができ上がって迎える今年の目標は、やはり優勝だ。開幕前の移籍市場での動向に関しては、真っ先にディエゴ・オリヴェイラを完全移籍に切り替えるなど、チームの根幹を担う選手を確実に繋ぎ止めた。10番を背負ったMF梶山陽平が引退し、MF米本拓司もクラブを去ったが、むしろ若手や中堅がその役割を担えるまでに成長するチャンスだとポジティブに捉えたい。 新戦力は、期限付き移籍からの復帰や完全移籍への切り替えを除けば8名が到着。中でも、サガン鳥栖で成長を遂げた伸び盛りのU-21日本代表FW田川亨介や、昨シーズンの韓国2部で得点王やMVP、ベストイレブンを総なめした韓国代表MFナ・サンホが注目株だ。とはいえ、いずれも未知数の選手ばかりではあり、チームスタイルの継続が強く意識された今オフとなった。 その反面、ディエゴ・オリヴェイラの負担軽減というミッションの明確な達成は見送られている。大金直樹社長は新体制発表時に「ストライカーとサイドの2枚が欲しい」、「去年はディエゴに頼り、研究されてからは抑えられる試合が多かった」と発言。先に挙げた田川やナ・サンホの爆発に期待したいところだが、J1以上のリーグで実績を残しているアタッカーが欲しかったのが本音だろう。FC東京の課題は引き続き「得点力」であり、タイトル獲得に向けてその部分の改善は避けては通れない。 とはいえ、何も外に目を向けるだけが解決方法ではない。開幕前のトレーニングマッチでは、ガンバ大阪に5-3で、名古屋グランパスに9-3で勝利。主力組には期待のMF久保建英が名を連ね、FW永井謙佑が結果を出した。もちろん、公式戦との差はあるが、2試合で14得点という結果はチームが得点力の強化を強く意識していることの証左と言えるだろう。 長谷川体制1年目で培った“基盤”をどれだけ強固なものにし、日程毎に“発展”させていけるか。2年目は、シーズンを通して“チームとしての成熟度”が試される。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《C》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190210_fctokyo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【IN】 GK児玉剛(31)←モンテディオ山形/完全 DF中村拓海(17)←東福岡高校/新加入 DF渡辺剛(22)←中央大学/新加入 MF宮崎幾笑(20)←アルビレックス新潟/完全 MFナ・サンホ(22)←光州FC(韓国)/完全 MFアルトゥール・シルバ(23)←ヴォトゥポランゲンセ(ブラジル)/期限付き MFユ・インス(24)←アビスパ福岡/期限付き復帰 MF久保建英(17)←横浜F・マリノス/期限付き復帰 FW田川亨介(19)←サガン鳥栖/完全 FWナッタウット・スクム(21)←バンコク・ユナイテッド(タイ)/期限付き FWディエゴ・オリヴェイラ(28)←柏レイソル/期限付き→完全 【OUT】 GK大久保択生(29)→サガン鳥栖/完全 GK廣末陸(20)→レノファ山口FC/期限付き DF山田将之(24)→FC町田ゼルビア/期限付き DF柳貴博(21)→モンテディオ山形/期限付き DF吉本一謙(30)→アビスパ福岡/期限付き延長 DF野沢英之(24)→愛媛FC/期限付き延長 MFリッピ・ヴェローゾ(21)→退団 MF平岡翼(22)→栃木SC/完全 MF田邉草民(28)→アビスパ福岡/完全 MF米本拓司(28)→名古屋グランパス/完全 MFジャキット(22)→バンコク・ユナイテッド(タイ)→/期限付き満了 MF梶山陽平(33)→引退 FW前田遼一(37)→FC岐阜/完全 FW富樫敬真(25)→横浜F・マリノス/期限付き満了 FWリンス(31)→ヴァンフォーレ甲府/期限付き満了 <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> FW永井謙佑(29)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190210_fctokyo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>注目はFC東京3年目となる元日本代表の永井だ。主に最前線でディエゴ・オリヴェイラの相方を務めた昨シーズンは、J1リーグ32試合5ゴールを記録。豊富な運動量を生かした様々な役割が求められているとはいえ、これは物足りない数字だ。イージーな場面で枠を外すシーンも散見され、タイトルを目指すクラブのアタッカーとしては更なる活躍が期待される。 また、昨シーズンの後半戦に相手クラブがことごとくディエゴ・オリヴェイラ封じに徹したのは、他の選手を多少自由にしても利のある戦術だと踏んだ為だろう。逆に、快足を武器とする永井が危険な選手であることを示せれば、得点パターンの幅は何倍にも膨れ上がる。キャンプから好調を示している永井の出来は、チーム全体の浮沈にまで波及しかねない重要なポイントだ。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代! </span> MF久保建英(17)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190210_fctokyo_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>2020年の東京オリンピックに推したい選手は、横浜F・マリノスへの期限付き移籍から帰還した久保だ。 中学2年生時の2015年3月にバルセロナから加わった日本最高峰の逸材も、今年の6月4日で18歳。一昨年にはJ1リーグ初出場、昨年には初得点を記録しており、今年求められているものは第一にFC東京でのレギュラー定着だ。23歳以下の選手に限定されているとはいえ、オリンピックでは各強豪国から世界的なスターが登場する。自国開催の日本が優勝を成し遂げるためには、代表チームを牽引する久保がJリーグで突出した存在になることが不可欠だ。背負う重圧は生半可なものではないが、今年1年を通して自らの価値を証明してくれると期待したい。 2019.02.10 17:00 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング