超ワールドサッカー

柏レイソル

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 31 10 1 4 22 13 9 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
19:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
vs 札幌
2017-07-02
18:30
明治安田生命J1リーグ
第17節
vs 鹿島
2017-07-08
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
C大阪 vs
2017-07-30
18:30
明治安田生命J1リーグ
第19節
仙台 vs
2017-08-05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
vs 神戸

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.17
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
甲府 0 - 0
2017.06.04
19:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
1 - 0 浦和
2017.05.31
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第7節
札幌 2 - 1
2017.05.27
15:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
4 - 2 大宮
2017.05.24
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第6節
0 - 1 FC東京

基本データ

正式名称:柏レイソル

原語表記:KASHIWA Reysol

ホームタウン:柏市

チームカラー:イエロー

関連ニュース

thumb

大分、C大阪、松本でプレーした韓国代表MFキム・ボギョンが柏と完全移籍加入で合意

▽柏レイソルは22日、全北現代モータースの韓国代表MFキム・ボギョン(27)と完全移籍加入で合意に達したことを発表した。来日は来週の予定とのこと。 ▽キム・ボギョンは、2010年にセレッソ大阪に加入すると、外国籍選手枠の関係でそのまま大分トリニータへと期限付き移籍。J2で24試合出場6得点を記録。翌年にC大阪へ復帰すると、J1で26試合出場8得点を記録した。 ▽2012年はロンドン・オリンピックに出場するなどし、8月にカーディフへと移籍。その後、ウィガンへの移籍を経て、2015年9月に松本山雅FCへと加入した。松本ではJ1で6試合に出場。2016年から全北現代モータースでプレーしていた。 ▽全北現代では2016年のAFCチャンピオンズリーグに出場。グループステージではFC東京と同居するなどし、大会を制してクラブ・ワールドカップにも出場していた。 2017.06.22 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

柏の連勝が「8」でストップ、吉田元監督率いる甲府とゴールレスドロー《J1》

▽17日に山梨中銀スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第15節のヴァンフォーレ甲府vs柏レイソルは、ゴールレスドローに終わった。 ▽直近のリーグ6試合で白星から遠ざかる14位の甲府と、17年ぶりの8連勝で首位に立つ柏が激突した。吉田監督にとって古巣との一戦なる甲府は、阿部と小椋が出場停止で欠場するなど前節の先発から6名を変更。畑生、新里、オリヴァー・ボザニッチ、橋爪、ドゥドゥが起用された。一方、クラブ新記録となる9連勝が懸かる柏は、代表帰りのGK中村が先発。そのほかも前節の浦和レッズ戦と同じ顔ぶれが並んだ。 ▽苦しい戦いが続くチームと向かう所敵なし状態のチームが対峙した一戦。首位チームを相手に前からのプレスで互角の入りを見せた甲府が18分に決定機。バイタルエリア右寄りの位置から新井の左足シュートがゴール左上隅を強襲する。しかし、ここはGK中村の横っ飛びセーブに阻まれてしまう。対する柏はボールポゼッションで優位に。しかし、相手のアグレッシブな守備に苦しみ、なかなか攻撃をシュートの形に結びつけることができない。 ▽すると、試合の流れは進むにつれて、両チーム共にカードが提示される荒々しい展開に。そうした中、ディフェンスラインの裏に抜け出してボールを受けたウイルソンがボックス左深くから中央にラストパスを送る。これに反応した橋爪がショートバウンドしたボールにダイレクトで合わせるが、これは枠の左外。リードこそ奪えなかったものの、連動した守備で柏の攻撃を停滞させた甲府が良いムードでハーフタイムを迎えた。 ▽迎えた後半も攻めあぐねる柏は60分、輪湖、武富に代えて、ユン・ソギョン、大津の2枚替え。しかし、善戦を続ける甲府を相手に苦戦が続く。しかし、対する甲府もサイドのスペースを使った攻撃で幾度かシュートチャンスを演出。しかし、フィニッシュの部分で精彩を欠き、ゴールが遠い。すると、柏に絶好機。85分、左サイドから大津がクロスを送り、中央のクリスティアーノが頭で合わせる。しかし、GK中村が何とか触れたボールは右ポストを叩き、柏にゴールを許さない。 ▽その後の終盤にも立て続けに決定機を作り出した柏だったが、最後まで甲府からゴールを奪えず、0-0のドローで終了。柏の連勝は「8」で止まり、クラブ新記録樹立とはならなかった。 2017.06.17 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

柏の連勝に貢献したGK中村航輔が5月度のJ1月間MVPに選出…J2の福岡時代以来2回目、柏から初選出《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは9日、5月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J1は柏レイソルの日本代表GK中村航輔が選出された。中村はアビスパ福岡に期限付き移籍していた2015年9月にJ2の月間MVPを受賞するも、J1では初受賞。また、柏からの初の受賞選手となった。 ▽中村は5月に行われた明治安田生命J1リーグ全4試合に出場。チームも4連勝を飾り、好セーブで勝利に貢献していた。Jリーグ公式サイトは、中村の受賞コメントを紹介している。 ◆<span style="font-weight:700;">GK中村航輔(柏レイソル)</span> 「5月の月間MVPに選んでいただいてありがとうございます。アビスパ福岡でJ2のMVPを受賞できましたが、今回J1でも受賞できたことは、また大きな自信につながります。5月はチームが好調で連勝が続いた中で、自分も良いパフォーマンスができたと思いますし、また前線から最終ラインまでチーム全員の守備意識の高さや、ハードワークがあったからこその結果だと思います。これに満足せず、レイソルが勝利していけるようにこれからも頑張っていきます」 ▽また、Jリーグは中村の選出について選考委員会による総評を紹介している。 「5月の4試合に全勝し、18クラブ中最も勝ち点を積み上げた柏レイソルの好調の要因を語るうえで、ゴールを守る中村航輔選手の存在感、そして決定的な危機を救った数々のプレーは欠かすことが出来ないと言える。元来の俊敏性に加え、研ぎ澄まされた集中力で試合に臨むことでプレーやボールの行方の読みに優れ、常に正面で受けられるポジショニングでボールに反応。同選手のセービングがチームに勢いをつけただけでなく、若いチームをけん引するリーダーシップも発揮した。チームを首位に導くセービングと存在感は、J1全クラブの中でも際立ち、高い評価を受けて初選出となった」 2017.06.09 15:12 Fri
twitterfacebook
thumb

柏で輝き放つGK中村航輔「代表でも自信を持ってやっていきたい」《国際親善試合》

▽日本代表は5日、7日に行われるシリア代表戦との国際親善試合に向け、試合当日の会場となる味の素スタジアムで調整に入った。 ▽練習終了後、GK中村航輔(柏レイソル)がメディア陣のインタビューに応対。GK川島永嗣(メス/フランス)、GK東口順昭(ガンバ大阪)の両GKとの練習に「このタイミングで見れて良かった」と語り、代表の中でも「自信を持ってやっていきたい」と意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆GK中村航輔</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──初めてのA代表</span> 「色々と初めての経験だったので良かったと思う」 <span style="font-weight:700;">──他のGKにアピールしたい特徴</span> 「川島(永嗣)選手、東口(順昭)選手ともにシュートを止める能力が高い。自分も何とか負けないように頑張りたい。(ポジショ二ングやレスポンスの部分は?) 統合的に」 <span style="font-weight:700;">──川島選手、東口選手との練習を経て</span> 「本当に勉強になる。日頃、間近で見れない選手なので、このタイミングで見ることができて良かった」 <span style="font-weight:700;">──代表でのトレーニング</span> 「慣れてない場所でのトレーニングなので、いつものリズムではないけど、それでも自分に自信を持っって、しっかりとやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──外国人GKの下でのトレーニング</span> 「外国人GKコーチとやるのは初めてのことではないので、日本人GKコーチとの違いもわかっているつもり。何とか2人のGKコーチが伝えたいことをしっかりと吸収できれば」 <span style="font-weight:700;">──代表での挨拶</span> 「させていただきました」 <span style="font-weight:700;">──みんなの反応</span> 「しっかりと挨拶を返してもらった」 <span style="font-weight:700;">──この2試合、特にW杯予選のイラク戦でプレーするイメージ</span> 「試合に出たときはいつもどおり、結果を追い求めていきたい」 2017.06.05 20:01 Mon
twitterfacebook
thumb

中川弾で競り勝った柏が8連勝で首位固め! 興梠PK失敗の浦和は3戦ぶり黒星…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節、柏レイソルvs浦和レッズが4日に日立柏サッカー場で行われ、ホームの柏が1-0で勝利した。 ▽7連勝で暫定首位に立つ柏(勝ち点27)と、1試合未消化ながら4位に位置する浦和(勝ち点23)による注目の上位対決。暫定2位ガンバ大阪の敗戦によって、この試合の結果次第で消化試合数に関係なく首位固めとなる柏は、4-2で勝利した大宮アルディージャ戦から先発1人を変更。鎌田に代わってU-20ワールドカップ帰りの中山が中谷と共にセンターバックに入った。 ▽一方、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・ラウンド16で済州ユナイテッドFC相手に劇的な逆転突破を決めた浦和は、先月31日に行われた2ndレグから駒井と武藤に代えて高木と宇賀神を先発で起用。また、鹿島アントラーズ戦での不適切発言によって、リーグ戦2試合の出場停止を科されていた森脇が復帰した。 ▽柏の猛烈なハイプレスに対して、冷静にボールを動かす浦和は、開始3分にボックス手前右から内に切れ込んだ関根がシュートを放つ。さらに、DFにブロックされたこぼれ球に反応した高木に絶好のシュートチャンスも、ここは枠に飛ばすことができない。 ▽一方、時間の経過と共にハイプレスが機能し出した柏は17分に最初の決定機。ボックス左のゴールライン際でDF森脇をドリブルでかわしたクリスティアーノが低くて速いクロスを入れる。これに中川が飛び込むが、このワンタッチシュートはGK西川のビッグセーブに阻まれる。さらに23分には裏へのフィードに抜け出したクリスティアーノがボックス右角度のないところから右足のダイレクトシュートを狙うが、これも西川に防がれた。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、32分には関根からのスルーパスに抜け出した李がボックス右までボールを運んで、ファーサイドに走り込む興梠を狙った丁寧なグラウンダーのクロスを供給するが、このクロスはわずかに合わない。さらに37分には興梠の中央突破から高木を経由したボールが右サイドの関根に渡る。関根が左足に持ち替えて上げたクロスを李が落とし、ペナルティアーク付近の森脇が強烈な右足のボレーシュート。だが、枠の右隅を捉えたシュートはGK中村の圧巻のセーブに阻まれ、先制点とはならない。 ▽すると、続け様のピンチを凌いだ柏は前半アディショナルタイム1分、右サイドを突破した小池のクロスをファーサイドでフリーの武富が頭で折り返す。これをフリーの中川が頭で押し込んだ。 ▽155cmの中川が今季2度目となるヘディングでのゴールを記録し、1点リードで試合を折り返した柏は、後半開始直後に右サイドをえぐった小池の低いクロスから決定機。だが、ゴール前に飛び込んだクリスティアーノのシュートはクロスバーの上に外れてしまう。 ▽一方、立ち上がりのピンチを何とか凌いだ浦和は、この直後に絶好の同点機。48分、ボックス内の興梠がボールを浮かせて反転を試みると、このボールがDF中谷のハンドを誘い、浦和にPKが与えられる。しかし、GK中村との駆け引きを試みたキッカー興梠のシュートは右に外れ、痛恨のPK失敗となった。それでも、畳みかける浦和は59分にもボックス右に抜け出した関根が強烈な左足ボレーを狙うが、このシュートは柏の若き守護神の好守に阻まれる。 ▽流れを変えたいペトロヴィッチ監督は、連戦の疲労を考慮して63分に関根、70分に阿部、75分に高木を下げて、駒井と青木、武藤を続けて投入。73分にはその駒井が右サイドで上げたクロスをボックス中央で胸トラップした興梠がボレーシュートを放つが、GK中村にキャッチされる。 ▽一方、逃げ切りを図る柏の下平監督は残り時間10分を切った段階で古巣初対戦の細貝や大津らを投入。86分には伊東のスルーパスに抜け出した大津がボックス左から左足のシュートを放つが、これはわずかに枠を逸れ試合を決定付ける2点目とはならない。 ▽その後、何とか追いつきたい浦和が、セットプレーから武藤、槙野と続けて決定機を作るが、肝心のシュートが枠を捉え切れず、試合はこのままタイムアップ。難敵浦和相手に競り勝った柏が、破竹の8連勝で首位固めに成功した。一方、エース興梠のPK失敗などが響き競り負けた浦和は、3試合ぶりの黒星で2戦勝利なしとなった。 2017.06.04 21:16 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング