柏レイソル

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 33 10 3 16 38 45 -7 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-10-19
19:30
明治安田生命J1リーグ
第30節
vs 名古屋
2018-11-03
14:00
明治安田生命J1リーグ
第31節
川崎F vs
2018-11-10
14:00
明治安田生命J1リーグ
第32節
vs 鹿島
2018-11-24
14:00
明治安田生命J1リーグ
第33節
C大阪 vs
2018-12-01
14:00
明治安田生命J1リーグ
第34節
vs G大阪

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.10.14
16:00
YBCルヴァンカッププライムステージ
準決勝第2戦
湘南 2 - 2
2018.10.10
19:00
YBCルヴァンカッププライムステージ
準決勝第1戦
1 - 1 湘南
2018.10.06
14:00
明治安田生命J1リーグ
第29節
広島 0 - 3
2018.09.30
14:00
明治安田生命J1リーグ
第28節
浦和 3 - 2
2018.09.22
15:00
明治安田生命J1リーグ
第27節
1 - 1 鳥栖

基本データ

正式名称:柏レイソル

原語表記:KASHIWA Reysol

ホームタウン:柏市

チームカラー:イエロー

関連ニュース

thumb

町田DF橋口拓哉が左ヒザ内側側副じん帯損傷で2ヶ月離脱…今季柏からレンタル加入

▽FC町田ゼルビアは17日、DF橋口拓哉が左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され復帰まで約8週間と見込まれることを発表した。 ▽橋口は12日のトレーニング中に負傷。検査の結果、今回の離脱が判明した。 ▽橋口は、柏レイソルからのレンタルで今年から町田でプレー。今シーズンは明治安田生命J2リーグ1試合に出場していた。 2018.10.17 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南がPK戦で柏との死闘を制す! 柏下し初の決勝進出《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の湘南ベルマーレvs柏レイソルが、14日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計3-3でPK戦に突入した末、5-4で制した湘南が決勝進出を果たした。 ▽10日に三協フロンテア柏スタジアムで行われた第1戦は、1-1のドローで終了。アウェイゴール1点のアドバンテージを得ている湘南は、その試合からスタメンを変更しなかった。 ▽対する柏は、スタメンを3名変更。中山、小泉、手塚に代えて、パク・ジョンス、大谷、キム・ボギョンを起用した。 ▽静かな立ち上がりとなった前半、15分に湘南が大きなチャンスを手にする。右サイドに抜け出した岡本が低い弾道のクロスを入れると、ボックス手前中央に構えていた菊池が上手く姿勢を低くして頭で合わせる。しかし、枠の左を捉えたシュートはGK滝本のファインセーブに阻まれた。 ▽勢いに乗る湘南だが、前半の半ばに良い流れを断ち切るアクシデントが発生。好プレーを続けていた菊池がピッチに座り込んでしまいプレー不可能な状態に。一度は立ち上がったものの担架で運び出され、21分に松田との交代を余儀なくされた。 ▽それでも、湘南は勢いを衰えさせずに攻撃を繰り出し28分に待望の先制点を奪取する。右サイドからのクロスが柏DFに跳ね返されると、ボックス手前中央で石川が反応。左足を豪快に振り抜いてネットに突き刺した。 ▽ギアを上げ切れない柏の守勢が続くと、31分にも湘南に絶好機。最終ラインの後方でパスを出そうとしていたGK滝本にプレスをかけた山崎凌が、ボックス左でボールを奪取。しかし、そのまま無人のゴールへ放ったシュートはバーに嫌われ追加点とはならない。 ▽試合は、柏が大きなチャンスを手にできないまま折り返し。選手交代なしで迎えた後半、湘南が積極的な入りを見せる。51分には右サイドで得たFKから梅崎がクロスを供給し松田がヘディングシュートを放つ。GK滝本が凌いだものの柏にとって苦しい時間が続く。 ▽柏は、57分にキム・ボギョンに代えて手塚を投入。チャンスを増加させようと試みた。すると、62分にはその手塚がボックス手前中央からミドルシュートを放ったが、枠を捉えることができない。 ▽それでも徐々に攻勢を強めていく柏が、70分に戦況を大きく変える。左サイドでボールを持った大谷がドリブルで強引にボックス内に侵攻。湘南DFにブロックされたボールが再び足元にこぼれると、右足で強烈なシュートを放つ。これが決まり、2戦合計スコアがイーブンに。 ▽しかし、直後の72分に今度は柏にアクシデントが発生する。前半の湘南の流れをなぞるようにプレー不可となったパク・ジョンスが担架で運び出され、中山との交代を強いられた。 ▽後半終了間際の93分、柏にビッグチャンス。ボックス内右まで上がった小池が鋭い切り返しで対面の湘南DFを振り切り中央に折り返す。すると、飛び込んだクリスティアーノが押し込んだかに思われたが、小池のクロスの時点でエンドラインを割っており得点とは認められない。試合は延長戦に突入した。 ▽延長前半の93分、湘南がいきなり均衡を破る。左サイド浅い位置からのFKの流れで杉岡がクロスを供給すると、ファーにポジションをとっていたDF坂がヘディングシュートを放つ。パンチングに出てたGK滝本は対応できず、湘南が2戦合計スコアで上回る。 ▽絶体絶命の柏は、102分に仲川に代えて最後の切り札として山崎亮を送り出す。すると延長後半に突入した113分、監督の采配が的中する。右サイドの小池が大きくクロスを上げると、ボールはファーの山崎亮の下へ。山崎亮が右足で上手く合わせ、GK秋元の脇下を抜いてスコアを2-2とした。 ▽その後も試合は柏ペースで続いたが、最後まで決勝点は奪えず。延長戦での得点にアウェイゴールは適応されないため試合はPK戦に突入した。湘南の1人目のキッカーを務めた杉岡が成功させると、柏のトップバッターを務めたクリスティアーノも勢いよくネットを揺らす。その後も1人ずつが決めたが湘南の3人目、梅崎のシュートが枠外に。しかし、柏の4人目を務めた江坂もバーに嫌われ、4-4で再び並ぶ。勝負が決したのは6人目。湘南の高山が決めた後、柏の山崎亮が枠を大きく外し5-4で湘南がPK戦を制した。 ▽初の決勝進出を果たした湘南は、同日勝ち抜けを決めた横浜F・マリノスと激突。決勝戦は、10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で開催される。 2018.10.14 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

2戦連発のMF伊東純也、カギは「3人目の動き」と明かす《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。 ▽9月のコスタリカ戦で代表初ゴールを決め、2戦連発となったMF伊東純也は試合後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。ゴールシーンを振り返った。 ◆MF伊東純也(柏レイソル) 「一緒にやる日数が少なかったので、コンビネーションを作るのは難しかったと思いますが、いい部分もあったかなと思いますし、これからかなという感じですね」 ──良い部分は? 「大迫くんに入った時にみんながサポートしたり、その後の2列目の動きとか。そういった部分はチャンスにはならなかったですが、やろうという部分はできたし、意志もありました」 「後半相手の集中力や運動量が落ちてきた時に、自分たちがそこでパワーを出してやれていたと思います。前半上手く行かなくても、後半しっかり自分たちのサッカーができたかなと思います」 ──メンバーが変わった中での2試合連続ゴールだが 「率直に結果にこだわってやっていたので、嬉しいですし、結果を出せてよかったという部分はあります」 ──原口選手からボールが入った時に3人目の動きとして入ったと思うが 「(原口)元気くんから自分にボールが入った時に、(南野)拓実が動いているのが見えたし、出せば行けるなと思いました。3人目の動きで、上手くコンビネーションで崩せたかなと思います」 ──練習する時間は少なかったが、コンビネーションが上手く行った要因は 「元気くんが中にカットインした時に、良い位置でサポートすることを意識していました。それが上手く繋がったかなと思います」 2018.10.12 23:17 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、瀬川電光石火弾も湘南とドローでアウェイゴール許す《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第1戦の柏レイソルvs湘南ベルマーレが、10日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽柏は、3-0で勝利した直近の明治安田生命J1リーグ第29節サンフレッチェ広島戦からスタメンを4名変更。パク・ジョンス、伊東らに代えて、中山、江坂らを起用した。 ▽対する湘南は、1-0で勝利した第29節サガン鳥栖戦からスタメンを1名のみ変更。松田に代えて、金子を起用した。 ▽開始早々、柏はが試合を動かす。中川からのロングボールに抜け出した江坂が右サイドから中央にグラウンダーのボールを折り返す。ファーで受けた瀬川がトラップしてから落ち着いて蹴り込み、電光石火の先制弾とした。 ▽出鼻を挫かれた湘南だったが、すぐさま反撃を開始。9分、大野からの縦パスが柏DFにカットされるも、ルーズになっていたボールをボックス手前左で菊池が拾う。思い切りよく右足を振り抜き、豪快にネットを揺らした。 ▽その後、勢いを保つ湘南が優位に試合を進行し、度々チャンスを作り出していく。39分にはボックス内左まで侵攻した山崎が左足で枠を捉えたが、GK滝本のスーパーセーブに阻まれ決定機をモノにできない。 ▽一方、再びリードを奪いたい柏もカウンターを繰り出して応戦しようとするが、なかなかシュートを枠に飛ばすことができず。試合は、イーブンで折り返しを迎えた。 ▽後半の立ち上がり、押され気味だった柏がギアを上げる。59分にはセットプレーの流れからボックス手前左でこぼれ球に反応した江坂のボレーシュートがGK秋元を強襲し、63分にも小泉にボックス手前やや右からの左足のシュートが右ポストを掠める。 ▽対する湘南も、68分に石川がボックス手前左から左足でゴールを脅かすなど、前半同様に積極的な仕掛けを見せていく。しかし、逆転弾は遠くネットを揺らすには至らない。 ▽後半半ば以降、両指揮官は交代策を弄しつつ打開を図るが、結局は1-1のスコアのままで試合が終了を迎えた。 ▽準決勝第2戦の湘南vs柏は、14日にShonan BMW スタジアム平塚で行われる。 2018.10.10 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

伊東純也が復帰即スーパーボレー2発! 柏が広島を3発粉砕で5戦ぶり勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のサンフレッチェ広島vs柏レイソルが、6日にエディオンスタジアム広島で行われ、3-0で柏が勝利した。 ▽首位・川崎フロンターレと勝ち点56で並び、2位に落ちた3試合勝ちのない広島は、0-1で敗北した前節のガンバ大阪戦からスタメンを1名のみ変更。ティーラシンに代えて、工藤を起用した。 ▽対する残留ラインの15位・名古屋グランパス(勝ち点31)を、勝ち点差1で追う4試合勝ちのない17位・柏レイソル(勝ち点31)は、2-3で競り負けた前節の浦和レッズ戦からスタメンを2名変更。亀川、江坂に代えて小池、伊東を起用した。 ▽試合は立ち上がりから柏がボールを保持しつつ進行していくが、リーグ2位の堅守を誇る広島の最終ラインを前に、アタッキングサードまで入り込むことができない。19分にはボックス手前右のオルンガが左足でゴール右下隅を狙ったが、GK林がセーブした。 ▽対する広島も、ロングボールを主体としたカウンターを狙うが効果的にゴールに迫ることができず。中盤での肉弾戦が続く試合、決定機がなかなか訪れない。 ▽試合を動かしたのは、この日先発復帰した柏のエースFWだ。柏ボールの右CKの場面でキッカーを務めたクリスティアーノのクロスがGK林にクリアされると、こぼれ球に反応したのは伊東。ボックス手前中央で体勢を崩しながらもダイレクトボレーシュートを放ち、ゴール左に沈めた。 ▽更に27分、伊東の躍動が止まらない。ロングボールがDF水本に跳ね返されると、ボックス手前やや右で待ち構えていたのはまたしても伊東。バウンドするボールをハーフボレー気味に右足のアウトサイドで捉え、鋭い回転のかかったシュートをゴール左上隅に突き刺した。 ▽立て続けに2失点を喫した広島はやや前がかりに。すると、それを逆手に取った柏が35分にカウンターを繰り出す。広島陣内中央付近でボールを持ったクリスティアーノが前を向くと、左サイド最前線を駆けるオルンガにピタリと合わせたスルーパスを送る。オルンガはスピードに乗ったままワントラップして左足を素早く振り抜き、ゴール右下を射抜く。スコアはあっという間に3-0に。 ▽広島は直後に工藤に代えてティーラシンを投入し、攻撃のテコ入れを図る。しかし、勢いに乗る柏に混乱はもたらすことはできず、3点を追う展開のまま、ハーフタイムに突入した。 ▽後半の立ち上がり、攻勢をかけたい広島はクロスからボックス内でパトリックにボールがこぼれるシーンではシュートに持ち込めず、53分にパトリックの落としに反応した柴崎がボックス内中央から放ったシュートも枠を捉えることができず、反撃の糸口を手繰り寄せられない。 ▽逆に柏は前半と比較して重心を後ろに寄せているが、前線でボールを収め続けているオルンガを中心に広島ゴールを脅かしていく。 ▽それでも、後半半ばから盛り返してきた広島は、62分に柴崎に代えてより攻撃な川辺を、66分にDF和田に代えてFWベサルト・ベリーシャを起用。攻撃の枚数を増加させた。 ▽すると67分、広島のMF柏が柏陣内中央付近右サイドからアーリークロスを供給。ボックス中央のパトリックが放った強烈なヘディングシュートはGK桐畑に弾かれたものの、前線のインテンシティを高めチャンスを作り出した。 ▽守備の時間が長くなっている柏は、72分にカウンターからクリスティアーノがボックス内左で一対一を迎えたが、ここではGK林に軍配。スコアが動きをみせない時間が続く。 ▽結局、3-0で柏がリードしたまま試合が終了した。この結果、広島は4試合勝ちなしで優勝争いに大打撃。対する柏は5試合ぶりの白星で残留に向け大きな勝ち点3を手にしている。 2018.10.06 16:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング