柏レイソル

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 39 12 3 19 47 54 -7 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-24
16:00
明治安田生命J2リーグ
第1節
山口 vs
2019-03-02
15:00
明治安田生命J2リーグ
第2節
vs 町田
2019-03-09
14:00
明治安田生命J2リーグ
第3節
新潟 vs
2019-03-17
14:00
明治安田生命J2リーグ
第4節
京都 vs
2019-03-23
15:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
vs 岡山
基本データ

正式名称:柏レイソル

原語表記:KASHIWA Reysol

ホームタウン:柏市

チームカラー:イエロー

関連ニュース
thumb

千葉が3年ぶりのちばぎんカップ優勝 柏相手に新戦力躍動《Jリーグプレシーズンマッチ》

第24回ちばぎんカップが17日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、ジェフユナイテッド千葉がPK戦で柏レイソルを破り、3年ぶりの優勝を成し遂げた。 9年ぶりのJ2参戦となる柏は今シーズンからネルシーニョ監督が5年ぶりに復帰。守護神を中村が務めたスタメンに最終ラインの右から小池、染谷、古賀、高木を並べ、3センターに手塚、ヒシャルジソン、小泉を置き、最前線に入ったクリスティアーノの両脇にガブリエル、瀬川を起用した。 一方、昨年J2で過去最低14位に終わった千葉は今年でフアン・エスナイデル体制3年目。佐藤を最後尾に起用した先発に最終ラインの右からゲリア、増嶋、エベルト、下平を置き、2列目に堀米、熊谷アンドリュー、矢田、茶島を並べ、2トップにアラン・ピニェイロと船山をチョイスした。 試合は16分に動く。左サイドでプレーする瀬川がバイタルエリア左でボールを受けると、ワンテンポ置いて左足を振り抜く。これが対面の増嶋に当たって相手GKの逆を突き、ゴール左下に吸い込まれ、ホームの柏が先制に成功する。 だが、千葉もすかさず反撃。19分、左CKを獲得すると、キッカーの堀米が左足でクロスを供給する。これに反応したエベルトがファーサイドからニアサイドにポジションを移しながらヘッド。千葉が試合を降り出しに戻してみせる。 後半の頭から小泉に代わり、ピッチに立ったオルンガが1stタッチで決定機。左足で放ったグラウンダーのシュートでゴールを狙うが、惜しくも左ポストの外側を叩いてしまい、柏の勝ち越しとはならない。 すると、55分、千葉のセットプレーが再び炸裂。右CKから堀米が左足でゴール前にクロスを供給する。これにゴール前で反応したアラン・ピニェイロが相手DFとの駆け引きを制して頭で合わせ、千葉が形勢を逆転する。 リードした千葉の攻勢に遭い、なかなか攻め手を見いだせない柏は60分に高木を下げて菊池、66分にガブリエルに代えて村田を投入。対する千葉は67分にアラン・ピニェイロから元セレソンのクレーベをピッチに送り込む。 その後も互いに交代カードを駆使しながらゲームを進めた試合は87分、ボックス右に侵攻した小池が右足で低い弾道のクロス。これが相手GKのファンブルを誘ったところをクリスティアーノが詰めて、柏が同点に追いついた。 結局、試合はPK戦にもつれ込み、柏6人目のキッカーを務めた古賀のシュートをGK佐藤が冷静にストップ。千葉が3年ぶりの優勝を果たした。 柏レイソル 2-2(PK5-6) ジェフユナイテッド千葉 【柏レイソル】 瀬川祐輔(前16) クリスティアーノ(後42) 【ジェフユナイテッド千葉】 エベルト(前19) アラン・ピニェイロ(後10) 2019.02.17 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

伊東純也が海外挑戦 ベルギー首位ヘンクにレンタル移籍

柏レイソルは2日、日本代表FW伊東純也(25)のベルギー挑戦を正式発表した。移籍先はヘンク。期限付き移籍となる。 伊東は2015年に神奈川大学からヴァンフォーレ甲府に入団。2016年に柏に移籍した。2017年にA代表デビュー後、通算12試合2得点。AFCアジアカップ2019の代表入りも果たした。柏在籍3シーズンでJ1リーグ19ゴール。柏が誇る快足アタッカーとして成長を遂げ、2018年は2年連続の全34試合に出場して6得点を記録した。 海外挑戦を決断した伊東はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今回、ベルギーのKRCゲンクに移籍することになりました。柏レイソルに来て3年間、色々な経験をさせてもらいました。成長できたことも、サッカーをもっと好きになれたのもすべて柏レイソルのおかげでした」 「しかし、今以上にうまくなりたい、そしてチャレンジしたいという気持ちにさせてくれたのも柏レイソルでした。自分のサッカーがどこまで通用するのか、もっと成長できるのかを考えた末に移籍を決断しました」 「移籍を後押ししてくれたクラブ関係者、家族、そしてどんな時も熱い声援を送ってくれたファン・サポーターの皆様。本当に感謝しています。これからも皆様に活躍している姿を応援してもらえるよう頑張ってきます。僕もベルギーから柏レイソルの活躍を応援しています。本当にありがとうございました」 ヘンクは1988年創設のベルギークラブ。過去、国内リーグ3度、リーグカップ4度の優勝実績を誇り、かつて元日本代表FWとして活躍した鈴木隆行氏が在籍した。今シーズンはここまでジュピラー・プロ・リーグ15勝6分け2敗の首位。来シーズンのチャンピオンズリーグ本戦出場圏内に位置している。 2019.02.02 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

柏がGK小久保玲央ブライアンのベンフィカ入りを正式発表「いつかレイソルに戻れるような時が来たら…」

柏レイソルは29日、U-18に所属するGK小久保玲央ブライアン(18)がポルトガルのベンフィカに移籍することを発表した。 小久保は身長191センチの長身GK。ナイジェリア人の父と日本人の母の間に誕生し、千葉県で生まれ育った。 かつては、U-16日本代表にも選出され、2018年夏にはU-18日本代表に選出。2018 SBSカップ国際ユースサッカーに臨んでいた。 柏のU-18に所属し、2018シーズンは2種登録。公式戦の出場はなかったが、その才能を高く評価され、ポルトガルの名門・ベンフィカへの加入が決定した。 ベンフィカへの加入が決定した小久保は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび、ベンフィカに加入することになりました。サッカーを始めた時からの夢であるプロサッカー選手と同時に海外でプレーしたいと思っていた夢が叶って、大変嬉しく思います」 「中学に上がると同時にレイソルでプレーすることが決まり、その時の喜びは今でも強く覚えています。小学生まではFWでしたが、レイソルには数回しか経験したことのないGKとして入団しました。当初は不慣れなポジションで、さらにハイレベルなレイソルの練習についていけず、厳しい指摘を受け、サッカーをやめたいと思った時期が何回もありました」 「ですが、日々自分の課題と向き合うことの大切さを学び、諦めずに毎日練習に励み、U-15時代には年代別の日本代表に選ばれ、高校生となったU-18時代にはトップチームにも二種登録され、トップチームの練習に参加する時は毎日が刺激的でした」 「レイソルでプレーした6年間は、かけがえのない時間で、選手として、一人の人間として成長させてもらいました。仲間、コーチ、ファン・サポーター、レイソルの関係者の皆様、本当にありがとうございました。いつかレイソルに戻れるような時が来たら、ファン・サポーターの皆様に喜びを届けられるように日々努力していきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 2019.01.29 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

柏U-18GK小久保玲央ブライアン、優れた育成組織を持つポルトガルの名門ベンフィカへ加入を報告

柏レイソルのGK小久保玲央ブライアン(18)が、自身のインスタグラム(leobriankokubo)でベンフィカ加入を報告した。 小久保は身長191センチの長身GK。ナイジェリア人の父と日本人の母の間に誕生し、千葉県で生まれ育った。 かつては、U-16日本代表にも選出され、2018年夏にはU-18日本代表に選出。2018 SBSカップ国際ユースサッカーに臨んでいた。 柏のU-18に所属し、2018シーズンは2種登録。公式戦の出場はなかったが、その才能を高く評価され、ポルトガルの名門・ベンフィカへの加入が決定した。 小久保はインスタグラムを通じてコメント。名門クラブでの成長を誓った。 「この度、ベンフィカという素晴らしいビッククラブに移籍する事になりました。このスタジアムで少しでも早く試合に出れるよう、日々努力して行きたいと思います」 「家族、コーチ、仲間、そしてレイソルの人達に多くの恩返しが出来たらいいなと思っています。これからも応援よろしくお願いします」 ベンフィカは、ポルト、スポルティング・リスボンと並びポルトガル名門クラブの1つ。チャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)では、1960-61シーズン、1961-62シーズンと連覇を達成している。 かつては、インテルなどで活躍した元ブラジル代表GKジュリオ・セザールやマンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソン、アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクなど名GKが所属していた。 また、ベンフィカBを含む下部組織からは、数多くの名選手が誕生。前述のGKエデルソンも下部組織出身で、その他にもポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(セビージャ)、ポルトガル代表MFレナト・サンチェス(バイエルン)、スウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(マンチェスター・ユナイテッド)などがおり、世界でも高く評価されている。 2019.01.26 00:35 Sat
twitterfacebook
thumb

柏MF手塚康平が一般女性と入籍、重傷で長期離脱時も「彼女のおかげで頑張ることができた」

柏レイソルは17日、MF手塚康平(22)が入籍したことを発表した。 クラブの発表によると、手塚は17日に一般女性と入籍したとのことだ。手塚はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、以前からお付き合いさせていただいていた方と1月17日に入籍しました。彼女にはどんなときも一番近くで支えてもらっています。自分が大ケガをしたときも、彼女のおかげで頑張ることができました。そんな彼女をこれからは自分が支えていくために、これまで以上に覚悟を持ってサッカーに取り組んで行きたいと思います」 柏下部組織出身の手塚は、2015年にニュージーランドのオネハンガ・スポーツに加入。2016年に柏に復帰した。2017シーズンはJ1で16試合に出場し2得点を記録。飛躍が期待されたシーズンだったが、右ヒザ前十字じん帯損傷、右ヒザ外側半月板損傷の重傷を負い、長期離脱をしていた。 2018シーズンは5月に復帰。J1で18試合に出場し1得点を記録していた。 2019.01.17 20:20 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング