柏レイソル

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 50 15 5 6 40 25 15 26

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-09-23
16:00
明治安田生命J1リーグ
第27節
vs FC東京
2017-09-30
16:00
明治安田生命J1リーグ
第28節
vs 甲府
2017-10-14
13:00
明治安田生命J1リーグ
第29節
札幌 vs
2017-10-21
14:00
明治安田生命J1リーグ
第30節
大宮 vs
2017-10-29
16:00
明治安田生命J1リーグ
第31節
vs 川崎F

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.09.16
19:00
明治安田生命J1リーグ
第26節
横浜FM 1 - 1
2017.09.09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第25節
浦和 1 - 2
2017.08.26
19:00
明治安田生命J1リーグ
第24節
1 - 1 新潟
2017.08.19
19:00
明治安田生命J1リーグ
第23節
G大阪 0 - 1
2017.08.13
18:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
清水 1 - 4

基本データ

正式名称:柏レイソル

原語表記:KASHIWA Reysol

ホームタウン:柏市

チームカラー:イエロー

関連ニュース

thumb

齋藤が今季初ゴールもクリスティアーノのFK弾で上位対決は勝ち点を分け合う《J1》

▽16日に明治安田生命J1 リーグ第26節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが日産スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節の川崎フロンターレ戦でリーグ戦15試合ぶりの黒星を喫した5位の横浜FM(勝ち点47)。また今シーズン初となる3失点を喫しての敗戦だっただけに守備陣の立て直しが注目を集める。一方の3位・柏(勝ち点49)は前節の浦和レッズ戦に勝利し、リーグ戦7戦無敗となっている。 ▽優勝争いに留まるためにも負けられない両チームの一戦は、ホームの横浜FMがポゼッションを握って試合を進める。しかし柏もミドルサードからボールサイドへのプレッシングを始め、高い位置からショートカウンターを狙っていった。 ▽迎えた9分、左サイドからカットインした齋藤が右足で放ったコントロールシュートがゴールネットを揺らす。横浜FMが齋藤の今シーズン初ゴールで先制に成功した。その後も横浜FMは左サイドの齋藤、右サイドのマルティノスといった両翼を使ってピッチの幅を使って相手陣内へと攻め込む。 ▽一方、柏はうまく攻撃が組み立てられず、前線のクリスティアーノが孤立。さらに18分にはボールの競り合いの中でパク・ジョンスの肘がクリスティアーノの左まぶたに入って出血し、ピッチを出て治療を受けた。 ▽それでも柏は27分、ボックス手前左までボールを運んだハモン・ロペスが強烈なシュートを放つ。ようやくできた決定機だったが、シュートは枠を外してしまった。横浜FMも30分に扇原のヒールパスをボックス内で受けた富樫がボールをロスト。マルティノスがこれに詰めたが、シュートは威力なくGKに処理された。 ▽前半はそのまま終了して迎えた後半、最初のチャンスは柏でボックス内のクリスティアーノが左サイドからのクロスボールを受ける。相手を背負った状態から反転シュートを放つが、GKの好守に阻まれた。 ▽57分にはハモンロペスがドリブル突破でボックス左に侵入。そこからこぼれたボールをキム・ボギョンが収めてボックス内に再度侵入を試みたが、横浜FMも粘りの守備で守る。すると柏は70分に小池を下げて大津を投入。大津が最前線に入りクリスティアーノが右サイド。さらに伊東が右サイドバックへと下がる攻撃的なフォーメーションとなる。 ▽85分には右サイドから崩し、中央の大津がミドルレンジから右足を振り抜くが枠を外す。しかし88分、ボックス手前正面の位置で柏がFKを獲得。クリスティアーノが右足で巻いて狙ったシュートが、ゴールマウス左隅に吸い込まれて柏が試合を振り出しに戻した。 ▽柏が押し込んで試合を進めるも、後半アディショナルタイムには齋藤が抜け出して横浜FMが決定機。しかし齋藤のドリブルは、GK中村が好判断でブロックしてシュートを打てない。試合はそのまま終了のホイッスルが吹かれ、首位追走のためにも大事な一戦はドロー決着となった。 2017.09.16 21:02 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】優勝戦線に生き残れるか!? 重要な上位決戦《横浜FMvs柏》

▽16日、明治安田生命J1リーグ第26節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが日産スタジアムで行われる。 ▽王者である首位・鹿島アントラーズを追う両チームの上位対決。優勝戦線に生き残るためには、互いに勝ち点3が欲しい試合となり、白熱の展開が予想される。 <span style="font-weight:700;">◆勝ち点差「2」の上位決戦</span> ▽横浜FMは現在勝ち点47で5位、柏は勝ち点49で3位につけている。両者の勝ち点差はわずかに「2」となっており、優勝争いに生き残るための大事な“シックスポインター”となる。 <span style="font-weight:700;">◆リスタートを上手く切れるか〜横浜F・マリノス〜</span> ▽リーグ戦14戦無敗、5試合連続無失点と好調を維持していた横浜FMだったが、前節の川崎フロンターレとの“神奈川ダービー”では0-3で敗戦。シーズン初の3失点とつまづき、無敗記録、無失点記録も途絶えた。 ▽失点することも黒星を喫することもいずれは来るものだが、その内容が良くなかった。川崎Fのプレスの前に後手を踏み先手を奪われると、決して得点力が高くないチームは状況を打開できずに終わった。残り9試合となったが、ここから再びエンジンをかけ、頂点に向けて再び航海に出ることができるのか。上位対決も多く残しているだけに、柏都の一戦は重要となる。 <span style="font-weight:700;">◆安定感を取り戻し連勝へ〜柏レイソル〜</span> ▽対する柏も第7節から第14節まで8連勝、第16節まで10戦無敗で首位に立っていた。しかし、第17節の鹿島戦(2-3●)、第18節のセレッソ大阪戦(1-2●)と連敗。それでも第19節から7戦無敗と、再び安定感を取り戻している。 ▽ここに来て、主力のケガや出場停止などが重なり、ベストメンバーで戦えない試合が続いた柏だったが、持ち前のプレスとトランジションの早さで勝ち点を積み上げ、再び優勝争いに絡んできた。前節の浦和レッズ戦(2-1◯)でも、相手のミスを誘うプレスがハマり、今シーズン加入のハモン・ロペスが初得点を記録。強力な攻撃陣で横浜FMの牙城を崩したいところだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆横浜F・マリノス</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170915_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:金井貢史、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:中町公祐、喜田拓也 MF:マルティノス、天野純、齋藤学 FW:富樫敬真 監督:エリク・モンバエルツ<hr>▽前節はミスが散見され、らしくない試合に終始した横浜FM。流れを止めないためにメンバーを固定して戦ってきたが、柏戦では流れを変えるためにメンバーを変更すると見られる。右サイドバックには、松原健よりも守備に安定感がある金井貢史を配置。中盤には、劣勢でもゲームの流れを作れる中町公祐を起用すると見る。右サイドが強力な柏戦では、古巣対決となる山中亮輔、今季ノーゴールの齋藤学の躍動がカギか。 <span style="font-weight:700;">◆柏レイソル</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170915_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中村航輔 DF:小池龍太、中谷進之介、中山雄太、ユン・ソギョン MF:大谷秀和、小林祐介 MF:伊藤純也、キム・ボギョン、ハモン・ロペス FW:クリスティアーノ 監督:下平隆宏<hr>▽調子を取り戻している柏は、前節から大きく変更はないと見る。まずは、出場停止が解ける中谷進之介が復帰することは間違いなく、ゲームメーカーとしてトップ下にキム・ボギョンを起用すると予想する。武富孝介や中川寛斗、大津祐樹など攻撃のカードも揃っているが、横浜FMの堅守が立ちはだかることが予想されるため、スコアが動かなければ後半の交代策にも注目だ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF天野純</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170915_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMはゲームメーカーとして期待される天野純に注目だ。ここまで全試合で先発出場を続ける天野。開幕当初はボランチで起用され、なかなか持ち味を発揮できずに居たものの、トップ下に入ってからはチームも無敗を続けていた。しかし、天野自身は第20節以降ゴールがなく、結果が欲しいところ。チームの攻撃をコントロールしながら、自らゴールを狙いたい。 <span style="font-weight:700;">◆FWクリスティアーノ</span>(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170915_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽対する柏はクリスティアーノの注目だ。今シーズンここまで奪ったゴールは10得点。今シーズンも得点で柏の攻撃を牽引している。対する横浜FMは堅守が売りなだけに、クリスティアーノがいかに崩せるかがポイント。カウンターでも組み立てからでもゴールが奪えるクリスティアーノが効いてくれば、伊東純也やキム・ボギョン、ハモン・ロペスも活きるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆流れを変えるか、流れに乗るか</span> ▽流れが止まった横浜FM、流れが止まったものの再び流れに乗っている柏。両者にとって、この一戦はとても重要になる。ホームの横浜FMにとっては正念場とも言える一戦。上位対決で続けて結果を残せないようであれば、優勝への道のりは非常に厳しくなるだろう。 ▽対する柏も、再び取り戻した流れを手放したくはないはずだ。前回対戦は絶好調の中で2-0と完封勝利。その再現を果たせることができれば、チームとしても自信に繋がるはずだ。 ▽堅い守備を誇る横浜FMか、それとも連動したプレスで攻撃を封じる柏か。守備の形は違えど、鍵を握るのは攻守の切り替え。注目の上位対決は、16日(土)の19時00分にキックオフを迎える。 2017.09.15 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、アカデミー4選手の来季トップ昇格内定を発表

▽柏レイソルは14日、GK猿田遥己(18)、DF田中陸(18)、DF中川創(18)、DF宮本駿晃(18)の来シーズントップチーム昇格内定を発表した。 ▽4名は、柏U-18所属の選手。昇格内定を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆GK猿田遥己 「来季からトップチームに加入することになった猿田遥己です。プロサッカー人生の一歩目をこのクラブで始められることをとても光栄に感じています。これまで支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れず、恩返しできるように頑張りたいと思います」 ◆DF田中陸 「小学4年生の時にセレクションに合格して以来、レイソルでプロになることを目標にしてきたので、トップ加入が決まり、とても嬉しいです。これまで支えて下さった方々に感謝し、チームに貢献できるよう日々精進して行きます」 ◆DF中川創 「来シーズンからレイソルのトップチームに加入することになりました、中川創です。柏レイソルでプロサッカー選手をスタートすることができ、大変嬉しく思います。支えてくださった方々への感謝を忘れることなく、チームの力になれるよう日々精進していきます」 ◆DF宮本駿晃 「来季から加入することになりました宮本駿晃です。この柏レイソルでプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。これまでずっと自分を支えてくださった多くのみなさんへの感謝の気持ちを胸に、頑張って行きたいと思います」 2017.09.14 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ハモン・ロペスが初ゴール含む1G1Aの活躍で柏が浦和にシーズンダブル! 新布陣採用の浦和は堀体制で初黒星…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第25節の浦和レッズvs柏レイソルが9日に埼玉スタジアム2002で行われ、アウェイの柏が2-1で勝利した。 ▽リーグ3連勝でシーズン終盤に向けて復調を見せる8位の浦和(勝ち点39)と、6戦無敗で4位に付ける柏(勝ち点46)が代表ウィーク明けで対峙した一戦。来週ミッドウィークにAFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦の川崎フロンターレ戦を控える浦和は、アウェイゴールに泣いた直近のJリーグYBCルヴァンカップ2017準々決勝第2戦のセレッソ大阪から先発5人を変更。橋岡や田村、長澤、平川、菊池ら控えメンバーに代わって、代表戦帰りの槙野や遠藤、阿部、武藤、高木が先発に復帰した。 ▽一方、中断前に行われた前節のアルビレックス新潟戦をドローで終えた柏は、その試合から先発3人を変更。同試合で退場し出場停止の中谷に代わって鎌田、古賀とキム・ボギョンに代えて、ディエゴ・オリヴェイラと小林を起用した。 ▽槙野と森脇のサイドバック、遠藤と阿部のセンターバックによる[4-3-3]の新布陣を採用した浦和に対して、オリヴェイラとクリスティアーノが縦関係気味に並ぶ[4-4-2]の布陣を採用した柏はやや相手の出方を窺う入りとなる。その流れの中で最初の決定機は浦和に訪れる。9分、ロングカウンターから左ウイングの高木が左サイドを持ち上がって逆サイドに走り込むラファエル・シルバに浮き球のパスを通す。ラファエル・シルバはボックス内でGKと一対一を迎えるが、やや焦って放ったシュートは枠の右に外れた。 ▽この試合最初の絶好機を逃すも、布陣変更の利を生かして戸惑う相手に対して主導権を握る浦和は、ウイングと武藤と矢島のインサイドハーフが積極的にボールに絡んで槙野や矢島がフィニッシュに結び付けていく。 ▽一方、スカウティングと異なる相手の戦い方になかなか対応し切れない柏はボールの奪いどころを定められず、防戦一方の展開を強いられる。それでも、守護神の中村を中心に最後の場面で決定的な仕事を許さず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も立ち上がりの47分に浦和が厚みのある仕掛けからボックス左でこぼれ球に反応した高木にシュートチャンスも、これはうまくミートできず、枠の右に外れる。 ▽一方、攻守に中途半端な前半を受けて、後半はより堅守速攻の色合いを強めた柏は、この試合最初の決定機をゴールに結びつける。50分、カウンターから右サイドのクリスティアーノが前線のオリヴェイラを目掛けたフィードを送る。これを収めたオリヴィエラがDF2枚の寄せをものともせずキープし、ボックス左に走り込むハモン・ロペスに短いラストパス。これを受けたハモン・ロペスが冷静にDF遠藤をフェイントで剥がし、強烈な右足のシュートをゴール右上隅に突き刺した。 ▽ハモン・ロペスの今季初ゴールで勢いづく柏は、3人のブラジル人助っ人、伊東のスピードを活かしたカウンターで前がかりな浦和の背後を突く。一方、相手が割り切って自陣のスペースを消してきたことで、アタッキングサードでのプレーが停滞し始めた浦和だが、56分には高木の右CKから遠藤がダイビングヘッドでゴールに迫るも、ここはGK中村の好守に遭う。 ▽何とか流れを変えたい堀監督は高木、矢島、ラファエル・シルバに代えて、駒井、李、ズラタンと攻撃的なカードを切っていく。75分にはボックス左で味方のシュートのこぼれ球に反応した武藤に決定機も、ここはGK中村の見事な反応に阻まれる。 ▽一方、オリヴェイラに代えて武富をピッチに送り込んだ柏は、83分に伊東が圧巻のドリブル突破でカウンターを仕掛けて3対2の数的優位の状況から武富にラストパスも、ここは判断が遅れて武藤の好守で凌がれる。それでも、86分にはボックス左に送られた浮き球のパスに対して中途半端な対応を見せたDF遠藤からボールを奪いきったハモン・ロペスがゴールラインぎりぎりで折り返すと、これを武富が今度は冷静に流し込んだ。 ▽痛恨2失点目を喫した浦和だが、諦めずに猛攻を見せると、90分には相手DF鎌田のハンドからPKを獲得。これをキッカーの興梠が冷静に決め、1点を返す。だが、5分間のアディショナルタイムの攻撃も実らず、試合はこのままタイムアップ。浦和相手にシーズンダブルを決めた柏が、7戦負け無しで3位に浮上した。一方、敗れた浦和は堀体制のリーグ戦5戦目で初の黒星となった。 2017.09.09 21:19 Sat
twitterfacebook
thumb

柏圧倒的有利の下馬評も新潟が踏ん張りドロー決着《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第24節の柏レイソルvsアルビレックス新潟が26日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽引き分けを挟んで3連勝と波に乗る4位の柏(勝ち点45)は、前節のガンバ大阪戦から、小林を代えて古賀を起用。一方の、最下位に沈むアウェイの新潟(勝ち点9)は、前節のベガルタ仙台戦から、小泉と富澤からソン・ジュフンとホニに先発を入れ替えて臨んだ。 ▽試合開始から積極的な入りを見せた柏は、2分の左CKの場面。クリスティアーノが直接狙うが、DFに頭でブロックされてゴールとはならなかった。 ▽その後も新潟に攻撃の隙を与えず攻め続ける柏。しかし、守り続ける新潟が相手のミスを誘い得点に繋げる。30分、右サイドで相手のパスを奪ったホニがそのまま駆け上がると、ボックス右に侵入。クロスを上げた先に走り込んだチアゴ・ガリャルドが頭で押し込み、カウンターから先制点を決めた。 ▽追いつきたい柏に追い打ちをかけるアクシデントが発生。39分に中谷が2枚目のイエローカードを受けて退場。前半のうちに1人少ない状況になってしまった。しかし、柏はその前半のうちに追いつく。44分、右CKの場面、GKと競り合った大谷秀がGK大谷幸のファンブルを誘うと、こぼれ球を押し込んで同点に追いついた。 ▽後半に入ってからは互角の戦いが続く。そんな中70分にはチアゴ・ガリャルドが右ポスト直撃のコントロールシュートを放つなど新潟に決定機が訪れた。対する柏も75分には、ハモン・ロペスがボックス内からオーバーヘッドシュートを放つなど、熱戦が繰り広げられる。 ▽終了間際の90分には、ホニのスルーパスに反応した加藤がGK中村強襲のシュートを放ち、惜しい場面が見られたが、試合はこのまま終了。柏の圧倒的有利かに思われたが、新潟が最後まで踏ん張り勝ち点1をもぎ取った。 2017.08.26 21:27 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング