柏レイソル

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 58 17 7 8 48 33 15 32

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-11-26
13:00
明治安田生命J1リーグ
第33節
鹿島 vs
2017-12-02
14:00
明治安田生命J1リーグ
第34節
vs 広島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.18
14:00
明治安田生命J1リーグ
第32節
1 - 0 磐田
2017.10.29
16:30
明治安田生命J1リーグ
第31節
2 - 2 川崎F
2017.10.21
14:00
明治安田生命J1リーグ
第30節
大宮 1 - 1
2017.10.14
13:00
明治安田生命J1リーグ
第29節
札幌 3 - 0
2017.09.30
16:00
明治安田生命J1リーグ
第28節
0 - 1 甲府

基本データ

正式名称:柏レイソル

原語表記:KASHIWA Reysol

ホームタウン:柏市

チームカラー:イエロー

関連ニュース

thumb

柏がACL権獲得へ貴重な白星! OGで磐田を退ける《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節の柏レイソルvsジュビロ磐田が18日に日立柏サッカー場で行われ、1-0で柏が勝利した。 ▽ACL出場権獲得を狙う4位の柏(勝ち点55)と6位の磐田(勝ち点54)が激突した。ホームの柏は、2-2で引き分けた前節の川崎フロンターレ戦から中谷、栗澤、ディエゴ・オリヴェイラに代えて鎌田、大谷、中川を起用。対する磐田は、2-1で勝利した前節の横浜F・マリノス戦から宮崎に代えて高橋を起用する1点を変更した。 ▽試合は立ち上がりからボール保持率を高めてパスをつないでいく柏が押し気味に進める。すると、柏は29分に試合の均衡を破る。脱ぐサイドで仕掛けた伊東がゴール前に鋭いクロスを供給。これをファーサイドでクリアしようとした磐田DF櫻内のオウンゴールを誘い、柏が先行する。 ▽ハーフタイムにかけては磐田が盛り返す。対する柏はクリスティアーノを生かしながらカウンターで対応。44分には縦パスからボックス右角付近のクリスティアーノが素早く右足を振る。しかし、強烈なシュートはわずかに枠をはずれた。 ▽迎えた後半も白熱の攻防が繰り広げられる。ハーフタイム明けに櫻内を下げて上原を投入した磐田の名波監督は、59分には川辺に代えて松浦を送り出す。 ▽柏は66分、キム・ボギョンのCKに正面のクリスティアーノが頭で合わせる。これがネットインするも、ファウルの判定があったとしてゴールは認められない。逆に磐田は76分、単騎で仕掛けてボックス左に抜けたアダイウトンがシュートに持ち込むも、うまく前に出てきたGK中村の好ブロックに遭う。 ▽その後、柏はリードを保ったまま試合終了。上位対決を制し、ACL出場権獲得に近づいている。 2017.11.18 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ACL目指す柏に逆風…MF小林祐介が左ヒザ外側半月板損傷で今季絶望

▽柏レイソルは11月2日、MF小林祐介が左ヒザ外側半月板損傷により、離脱することを発表。全治見込みが約8週間であることも伝えている。 ▽小林は、10月25日に行われた第97回天皇杯全日本サッカー選手権準々決勝の川崎フロンターレ戦に先発し、77分に栗澤と交代してピッチを後に。同カードとなった同月29日、明治安田生命J1リーグ第31節の川崎Fではメンバー外となっており、検査の結果今回の負傷が明らかとなった。全治が見込み通りであれば、小林の今シーズン中の復帰は絶望的。J1で4位につけ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内浮上を目指すチームにとって、痛い離脱となっている。 ▽埼玉県出身の小林は柏レイソルの下部組織で育ち、2013年にトップチームとの契約を結んだ。2014年にはJ1初出場を果たしており、今シーズンは第31節終了時点で14試合に出場し1Gを記録していた。 2017.11.02 20:33 Thu
twitterfacebook
thumb

今季神戸を指揮していたネルシーニョ氏がブラジル帰国へ「日本ではとても幸せだった」

▽今年8月にヴィッセル神戸の指揮官を解任されたネルシーニョ元監督が、15年過ごした日本に別れを告げ、母国ブラジルへと帰国することになるようだ。ブラジル『FUTEBOL INTERIOR』が報じた。 ▽ネルシーニョ氏は、1994年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)のコーチに就任。1994年1月から1996年12月まで監督を務めた。その後ブラジルに帰国するも、2003年7月に再び来日し、名古屋グランパスの監督に就任。2005年9月まで指揮を執った。 ▽再び日本を離れると、サントスやコリンチャンスなどで監督を務め、2009年7月に柏レイソルの監督に就任。J2降格も経験したものの、2010年のJ2で優勝、2011年のJ1ではリーグ史上初となる昇格1年目での優勝を果たし、天皇杯も制覇。2013年にはナビスコカップも制し、国内3タイトルをクラブにもたらせた。 ▽2014年12月に柏の監督を退任すると、2015年からは神戸の監督に就任。タイトルこそ獲得できなかったが、チームのベースを作り、2016年の明治安田生命J1リーグ2ndステージでは2位につける躍進を見せていた。 ▽『FUTEBOL INTERIOR』によると、ネルシーニョ氏は家族とともにブラジルへ帰国する見込みとのこと。年内は休暇を取り、2018シーズンから復帰するつもりのようだ。 ▽ネルシーニョ氏の招へいには、ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ氏を解任したスポルチ・レシフェ、かつてセレッソ大阪で指揮を執っていたレヴィー・クルピ監督を解任したサントスも興味を示しているようだ。 ▽ネルシーニョ氏はブラジル『Grande Área』でコメント。「今が帰る時だ」と語り、日本での生活を振り返った。 「ブラジルへの帰国を決断した。サッカーだけでなく、人々との共生や学習の面でも日本ではとても幸せだった。ただ、今が帰るべき時だと思っている。日本の文化の中で育った8歳の娘には申し訳なく思うし、日本が恋しくなるだろう」 「この先何をするかはまだわからない。私は休みたいし、今年はブラジルで休暇を楽しみたい。家族の隣で落ち着いて過ごし、2018年に何をするかを決断したい。しかし、私は達成感を持ちながら日本を離れる」 「私はタイトル、友人を得ました。そして、経験、組織、全てのものを日本から受け取っている」 2017.11.02 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

小林悠が執念の一発! 鹿島追走の川崎Fが柏と劇的ドロー《J1》

▽29日に日立柏サッカー場で行われた明治安田生命J1リーグ第31節の柏レイソルvs川崎フロンターレは、2-2の痛み分けに終わった。 ▽ACL出場権獲得を目指す5位の柏が逆転優勝を狙う2位の川崎Fをホームに迎えた。リーグ戦4試合ぶりの白星を狙う柏は、負傷明けの大谷がベンチスタート。リーグ戦12試合無敗で3連勝中の川崎Fは、負傷のチョン・ソンリョンに代わり、新井が引き続きゴールマウスを守った。 ▽25日に行われた天皇杯準々決勝から中3日で迎えた両チームの再戦。定刻から30分遅れでキックオフした試合は、ボールが止まる難しいピッチコンディションの下でのプレーを強いられる。 ▽その影響もあってか、両チームともに繋ぎがままならない展開に。その中で、FKからクリスティアーノがゴールに迫れば、中村憲剛もミドルシュートを放つが、いずれもネットを揺らすには至らない。 ▽だが、試合は後半早々に動く。48分、高い位置で奈良のボール処理のもたつきからクリスティアーノが最終ラインを突破。最後はクリスティアーノの横パスから並走するハモン・ロペスが押し込み、柏がリードした。 ▽続く52分にも柏に好機。ハモン・ロペスが左サイド深い位置からクロスが供給すると、ゴール前のディエゴ・オリベイラが流し込み、柏が一気に川崎を引き離した。 ▽だが、追う川崎Fは70分、車屋が左サイドからクロスを供給し、これを途中出場の知念がヘディングで合わせて1点差に。さらに、90分には車屋のクロスを小林悠が頭でネットを揺らして、土壇場で試合を振り出しに戻した。 ▽結局、試合はそのまま終了。4試合ぶりの勝利を逃した柏はACL出場権争いから後退した。対する川崎Fは、今節勝利の首位・鹿島アントラーズとの勝ち点差が「4」に広がったものの、執念で勝ち点1を持ち帰った。 2017.10.29 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

クリスティアーノ右足一閃! 川崎Fに競り勝った柏が2年ぶりベスト4《天皇杯》

▽25日に第97回天皇杯全日本サッカー選手権準々決勝の川崎フロンターレvs柏レイソルが等々力陸上競技場で行われ、1-0で柏が勝利した。 ▽9月20日に行われた4回戦で清水エスパルスを4-1で下した川崎Fと、ガンバ大阪を3-2で下した柏レイソルの一戦。3冠の可能性を残す川崎Fは、GK新井と車屋、ハイネル、家長、知念らを起用した。 ▽一方、直近のリーグ戦で3試合未勝利と調子を落としつつある柏は、中山と輪湖、キム・ボギョン、中川、ハモン・ロペスらが先発に名を連ねた。 ▽29日の明治安田生命J1リーグ第31節でも対戦する両者の試合は開始から柏が前線からのプレスで川崎Fにプレッシャーをかける。これが良い方向に作用し、柏が立ち上がりから押し込むが脅威を与えることはできない。 ▽一方、川崎Fのファーストシュートは10分、ボックス右手前から森谷がミドルシュート。これをボックス中央で待ち構えていた森本が右足でコースを変えるが、GK中村航に対処される。 ▽高い位置からのプレスを継続する柏は20分、敵陣中央やや左でハモン・ロペスがパスカットから中川に預ける。中川がボックス手前から右足を振り抜いてゴール右隅を狙うも、GK新井の好守に阻まれてしまう。 ▽その後もキム・ボギョン、クリスティアーノがゴールに迫るもゴールが遠い柏。それでも40分にビッグチャンスが訪れる。中谷のパスを受けた小池がボックス右外からクロス。これがボックス中央でフリーになっていたクリスティアーノに通り右足でボレーシュートを放つが、GK新井の正面に飛んでしまって弾かれる。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、前半劣勢だった川崎Fが後半開始から森本に代えて中村憲を投入する。しかし、これにも動じない柏は61分に先制点。左CKをキッカーのクリスティアーノがショートコーナーを選択する。キム・ボギョンから再びパスを受けたクリスティアーノがボックス右手前からダイレクトで右足を振り抜き、ゴール右隅へと突き刺した。 ▽先制点を奪われた川崎Fは直後、ハイネルに代えて登里を投入。すると21分、田坂の右サイドからのクロスに登里が右足で合わせるが、GK中村航に防がれてしまう。 ▽70分にも知念に代えて小林悠を投入した川崎Fは、同点ゴールを奪いに攻勢を強めるが、チャンスを作りきることができない。それに対して柏はクリスティアーノ、伊東を起点とした攻撃でカウンターから川崎Fゴールに迫る。 ▽終盤に入っても川崎Fに決定的なチャンスを作らせない柏は、小池から細貝を投入して試合をクローズ。1-0で勝利した柏が2年ぶりのベスト4進出を決めた。 2017.10.25 21:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング