柏レイソル

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 39 12 3 19 47 54 -7 34

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.01
14:00
明治安田生命J1リーグ
第34節
4 - 2 G大阪
2018.11.24
14:00
明治安田生命J1リーグ
第33節
C大阪 0 - 3
2018.11.06
19:00
明治安田生命J1リーグ
第32節
2 - 3 鹿島
2018.11.03
14:00
明治安田生命J1リーグ
第31節
川崎F 3 - 0
2018.10.19
19:30
明治安田生命J1リーグ
第30節
0 - 1 名古屋

基本データ

正式名称:柏レイソル

原語表記:KASHIWA Reysol

ホームタウン:柏市

チームカラー:イエロー

関連ニュース

thumb

ネルシーニョ新体制の柏、スタッフ陣発表! 福岡監督退任の井原正巳氏や現役引退の栗澤僚一氏が入閣

▽柏レイソルは13日、井原正巳氏(51)、栗澤僚一氏(36)、ディオゴ・リニャーレス氏(38)のコーチングスタッフ入閣を発表した。 ▽現役時代に“アジアの壁”として日本代表で活躍した井原氏は2006年から指導者キャリアをスタート後、U-23日本代表ヘッドコーチを経て、2009年から柏のコーチを歴任。2015年からアビスパ福岡の監督を務めたが、今年を最後に退任が決定した。 ▽栗澤氏は今シーズン限りで現役を引退。ディオゴ・リニャーレス氏は今年までフラメンゴ(ブラジル)でフィジカルコーチを務めた。ネルシーニョ新体制下にヘッドコーチとして入閣する井原氏や、コーチを務める栗澤氏、フィジカルコーチのディオゴ・リニャーレス氏は次のようにコメントしている。 ◆井原正巳 「5シーズンぶりに柏レイソルに戻ることになりました。まずはネルシーニョ監督をしっかりとサポートし、1年でJ1に復帰するために最大限を尽くします」 ◆栗澤僚一 「現役を引退してすぐに、コーチとしてまたチームに戻れることを大変うれしく思います。ネルシーニョ監督のもと、選手・スタッフひとつになって、1年でJ1復帰できるように全力で取り組んでいきます。今後ともよろしくお願いいたします」 ◆ディオゴ・リニャーレス 「レイソルファミリーの一員として迎え入れて頂けることを光栄に、そして嬉しく思います。レイソルがあるべき場所に少しでも早く戻れるよう、みんなで手を取り合い、献身的に職務を全うしたいと思っています。よろしくお願いします」 2018.12.13 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

1年でのJ1復帰へ…柏、名将ネルシーニョ復帰を発表!

▽柏レイソルは13日、ブラジル人監督のネルシーニョ氏(68)の就任が決定したことを発表した。 ▽ネルシーニョ氏は、2009年7月から2014年まで柏で指揮。2010年にはJ2リーグを制してJ1に復帰すると、翌年には昇格初年度のクラブとして初のJ1優勝を成し遂げたほか、2012年に天皇杯、2013年にJリーグカップのタイトルも獲得した。まさに柏が誇る名指揮官だ。 ▽2014年に柏を退団して以降は、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸で指揮した後、2017年12月からスポる地で指揮していた。しかし、今年4月にフロント陣との衝突から退団しており、フリーとなっていた。 ▽柏への復帰が決定したネルシーニョ氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「レイソルに戻ることができるということに深く感謝をしています。我々の目標は、レイソルを再びJ1に戻すことです。そのためにはファン・サポーターの皆さんのサポートが必要です。みんなで戦いましょう」 2018.12.13 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】予想外の太陽王降格 1年でのJ1復帰が至上命令《柏レイソル》

▽優勝争いから残留争いまで手に汗を握る接戦、熱戦が続いた2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。第2弾は17位の柏レイソルを総括! <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181212_reysol_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽柏にとって、今年は迷走に迷走を極めたシーズンだった。ACLプレーオフ参戦に伴った例年以上に早い始動にはじまり、主力の相次ぐ故障離脱、2度の監督交代を経て、9年ぶり3度目のJ2降格。今となれば全てが言い訳になってしまうが、そうした苦しい台所事情も今年の大不振に大きく影響したことは間違いない。 ▽シーズン開幕前を振り返れば、今年の柏は上位候補の声も多かった。前年はJ1リーグで4位に入り、今オフにDFパク・ジョンスやDF亀川諒史、MF江坂任、MF小泉慶、FW瀬川祐輔、FW山崎亮平ら即戦力級の選手を次々と獲得。今シーズンへの本気度を感じさせる見事な立ち回りで国内外の戦いに万全の準備をした。 ▽ところが、柏はファンの期待を裏切った。シーズン序盤から勝ち試合が引き分けに終わる展開が散見され、順位も徐々に下降。ACLでグループステージ敗退が決まったチームはJ1でも14節終了時点で5勝2分7敗の11位に沈み、ロシア・ワールドカップ中断期間に入る前のタイミングで下平隆宏氏の解任を決断した。 ▽だが、フロントは結果的にさらなる悪化を招いた。今シーズンからヘッドコーチを務める加藤望氏に再建を託したが、18試合で5勝1分け12敗。夏場にDF鈴木大輔やDF高木利弥、FWオルンガを新たに獲得するサポートも施したが、加藤氏に率いられたチームは今シーズン最長の4連敗を喫するなど、さらに混迷を極めた。 ▽9月以降は完全に残留争いを強いられ、負ければ即降格となる第33節のセレッソ大阪戦からコーチ兼アカデミーヘッドオブコーチの岩瀬健氏を3人目の監督として招き、その一戦を勝利で飾ったが、他会場の結果を受けて降格が決定。結果的に、誰もが予想外の降格劇を加速させてしまったという点でフロントの責任は重い。 <span style="font-weight:700;">◆MVP</span> FW瀬川祐輔(24) 明治安田生命J1リーグ25試合出場(先発16試合)/9得点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181212_reysol_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽評価し難いシーズンだが、強いてMVPを選ぶとすれば、瀬川か。シーズン序盤こそ出たり出なかったりの試合が続いたが、後半戦に入り、完全にレギュラーポジションを確保。20節の移籍後初得点を皮切りに、25節から28節まで4戦連発をマークするなど、キャリアハイの9ゴールと活躍した。チーム状況もあり、ゴールが勝利に結びつかない試合も多々あったが、そのパフォーマンスは特筆すべきものだった。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度 《B》</span>※最低E〜最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181212_reysol_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽シーズン初めの補強は各ポジションの増強という面で成功を収めたが、個々の持っている能力を発揮し切れたかといれば疑問符がつきまとう。江坂と瀬川の攻撃陣は一定の機能をなしたが、亀川や山崎は最後まで定位置を確保できず、パク・ジョンスと小泉も終盤に出場機会を失った。鈴木や高木、オルンガの夏加入組も新しい風を吹き込んだが、何にせよ、チームの状況が良ければ、もっと力を出せたかもしれない。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 《E》</span>※最低E〜最高S <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181212_reysol_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チームとして苦いシーズンとなったが、総勝ち点は「39」。18チーム制移行後のJ2自動降格チームとしては、史上最高勝ち点での降格となる。1年を通して苦戦が続いたが、史上稀にみる大混戦の煽りを受けたことも事実。前年の順位表に当てはめれば、自動降格を余儀なくされるほど勝ち点を稼いでいなかったわけではない。 ▽そうなると、やはり加藤政権の再建失敗が悔やまれる。本来の繋ぐスタイルから一時的に縦を意識したスタイルにシフトした加藤氏だったが、上述した同氏政権下の戦績が示すように、ビジョン見えずの戦いは選手の長所がかき消され、低迷をより助長させただけ。フロントへの風当たりが強まるのも無理はない。 ▽来年から柏が参戦するJ2は、年々レベルアップ。今年はヴァンフォーレ甲府やアルビレックス新潟、大宮アルディージャが軒並みに1年でのJ1復帰を逃した。柏は主力の流失を最小限にとどめ、今年露呈した問題点を精査していけるか。ネルシーニョ氏の監督復帰が噂に挙がる来年は間違いなく1年でのJ1復帰が至上命令となる。 2018.12.12 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

柏MF伊東純也は貢献を誓う! 「勝利に貢献できるようにすべてを注ぐ」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集された柏レイソルのMF伊東純也は、以下のように意気込みを語っている。 ◆MF伊東純也 「今回はアジアカップという大きな国際大会に日本代表の一員として参加できることを嬉しく思います。厳しい戦いになると思いますが、チームの勝利に貢献できるようにすべてを注いで頑張ります」 2018.12.12 16:36 Wed
twitterfacebook
thumb

柏、元日本代表MF細貝萌がタイのブリーラムに完全移籍! 「サッカー選手としてもっと成長し続けたい」

▽柏レイソルは6日、元日本代表MF細貝萌(32)が来シーズンからタイ1部のブリーラム・ユナイテッドFCに完全移籍することを発表した。 ▽2005年に前橋育英高校から浦和レッズに加入した細貝。その後、レバークーゼンやシュツットガルトなど欧州のクラブを渡り歩き、2017年3月に柏に加入していた。今シーズンは公式戦10試合に出場していた。 ▽柏退団を受けて細貝はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ドイツから戻ってきて2シーズンという短い期間でしたが、小学生の頃から憧れていた選手がプレーしていた日立台でプレーできたことは非常に光栄でした。30歳を超えたベテランとしてチームに加入しておきながら、なかなか試合に出場できず、本来の自分らしいプレーを、ファン、サポーターの皆様にみせることが出来ず、直接的にチームの力になることができない状況は自分自身非常にもどかしい思いでした」 「このままレイソルの選手として仲間と一緒にプレーし続けたい気持ち、若い選手が多いレイソルで自分が経験してきたことを間近で伝えていきたい気持ち、様々な思いの中で悩み、葛藤もしましたが、サッカー選手として自分自身がもっと成長し続けたい、その気持ちで新しいチャレンジをすることに決めました」 「いつも雰囲気の良い日立台、そして柏の街では多くのファン・サポーターの方々から声援を送っていただきました。皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。応援していただき本当にありがとうございました」 2018.12.06 16:06 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング