ジェフユナイテッド千葉

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 千葉 12 3 3 3 9 13 -4 9

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
15:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
千葉 vs 徳島
2017-05-03
14:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
讃岐 vs 千葉
2017-05-07
13:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
金沢 vs 千葉
2017-05-13
15:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
千葉 vs 長崎
2017-05-17
19:30
明治安田生命J2リーグ
第14節
東京V vs 千葉

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
18:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
横浜FC 4 - 0 千葉
2017.04.15
14:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
山口 0 - 1 千葉
2017.04.08
15:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
千葉 1 - 1 群馬
2017.04.01
14:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
千葉 2 - 2 京都
2017.03.25
16:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
湘南 2 - 0 千葉

基本データ

正式名称:ジェフユナイテッド千葉

ホームタウン:市原市、千葉市

チームカラー:イエロー、グリーン、レッド

関連ニュース

thumb

千葉に4発快勝の横浜FC、2試合ぶり白星で上位戦線へ《J2》

▽22日にニッパツ三ツ沢球技場で行われた明治安田生命J2リーグ第9節の横浜FCvsジェフユナイテッド千葉は、ホームの横浜FCが4-0で勝利した。 ▽4勝2分け2敗で5位につける横浜FCと、3勝3分け2敗で12位に位置する千葉が激突した。その試合は立ち上がりから千葉がボールの主導権を握り、三浦負傷欠場の横浜FCを押し込む展開となる。 ▽しかし、横浜FCが25分、ハーフウェイライン付近でFKのチャンスを獲得すると、佐藤謙介がクイックリスタートを選択。ロングシュートがが枠内を捉えるが、GK佐藤優也に弾き出されてしまう。 ▽ゴールレスで折り返した試合は53分、佐藤謙介のパスから横浜FCのカウンターが発動。右サイドでボールを受けたイバが独走状態に持ち込み、左足のシュートを叩き込んだ。 ▽均衡を破った横浜FCはわずか2分後に追加点。ロングスローのこぼれ球を拾った野村がボックス手前右からミドルシュートを放つと、左足から放たれた強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽完全にリズムに乗った横浜FCは61分、佐藤謙介からパスを受けたジョン・チュングンがドリブルでDFを抜き去り、バイタルエリア中央から右足を一閃。これが豪快にネットを揺らした。 ▽さらに、69分には横浜FCが4点目。イバのスルーパスに反応した永田がボックス左脇からクロスを送る。これに反応した野村のヘディングシュートがゴール右に吸い込まれた。 ▽失点を重ねた千葉は、一矢報いるべく、立て続けに3枚の交代カードを切るが、策もむなしく0-4で4試合ぶりの黒星。勝利した横浜FCは、2試合ぶりの白星を手にし、2位に浮上した。 2017.04.22 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

土壇場PKで山口を撃破! 千葉がラリベイの加入後初ゴールで5試合ぶりの白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第8節のレノファ山口vsジェフユナイテッド千葉が15日に維新百年記念公園陸上競技場で行われ、0-1で千葉が勝利した。 ▽第7節終了時点で、1勝3敗3分で19位につける山口と、2勝2敗3分で13位につける千葉の一戦。直近の2試合をドローで終えている両者の試合は、攻守の切り替わりが激しい立ち上がりとなる。 ▽最初にチャンスを迎えたのは山口。8分、小野瀬がスルーパスに反応し、右サイドを突破するとクロスを供給。これに米澤が頭で合わせるも、GK佐藤優が弾いたボールがバーに当たり、先制点とはならない。 ▽対する千葉はその直後、左サイドでボールを受けた高橋がカットインからシュート。しかし、これは相手DFに当たってわずかにゴール右へ外れる。 ▽前半半ばに差し掛かると、互いにラストパスの精度を欠き、シュートまで持ち込めない時間帯が続く。こう着した時間帯が続いたが、千葉が徐々に主導権を握り始める。35分、敵陣中央で縦パスを受けた高橋が反転して、ボックス手前からシュート。さらに36分、ホルヘ・サリーナスの落としを受けた町田がボックス右から左足を振り抜くも、GK山田が立て続けにセーブする。 ▽攻勢を続ける千葉は39分、決定機を作り出す。左サイドを突破したキム・ボムヨンが敵陣深くからクロス。これをニアサイドで清武が落とすと、船山が右足でシュートを放つも、バーに嫌われる。 ▽後半に入っても前半同様、千葉が山口を攻め立てる。対する山口はパスワークから相手の最終ラインの裏を突くも、高いポジションを取るGK佐藤優の飛び出しに阻まれ、チャンスを潰されてしまう。 ▽それでも千葉がやや優勢に試合を進めると67分、右サイドを抜け出した船山がカットインから左足を振り抜く。これは枠を捉えるも、GK山田の好守に阻まれる。 ▽一進一退の攻防は終盤に激しさを増す。千葉は82分、右サイドを突破した町田がクロスを上げると、ラリベイが潰れる。こぼれ球に反応した町田が、ボックス右から左足を振り抜くも、またしてもGK山田に阻まれる。 ▽対する山口はその直後、浮き球のパスを送ると、近藤がクリアミス。これに反応した小塚が、GK佐藤優が飛び出しているのを見逃さずループシュートを放つ。しかし、シュートは左ポストに嫌われ、ネットを揺らすことができない。 ▽このまま引き分けかと思われた90分、千葉が土壇場でチャンスを迎える。ボックス左に侵攻した高橋が前との一対一で倒されると、PKの判定。少々不可解なジャッジであったが、これをラリベイが冷静に右隅へと沈め、移籍後初得点。このゴールが決勝点となり、千葉が5試合ぶりの白星を飾った。対する山口は3試合未勝利となった。 2017.04.15 17:01 Sat
twitterfacebook
thumb

逃げ切り失敗も群馬が開幕からの連敗をストップ! 高卒ルーキー高橋壱晟の初ゴールも千葉は4戦勝利なし《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第7節のジェフユナイテッド市原・千葉vsザスパクサツ群馬が8日にフクダ電子アリーナで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽3戦未勝利の10位千葉と、クラブワーストの開幕6連敗の最下位群馬の一戦。試合は開始早々に動く。5分、ハーフウェイライン付近で相手からボールを奪った高井がGK佐藤の前目のポジションを見極め、意表を突いたロングシュートを放つと、これがゴールネットを揺らした。 ▽高井のスーパーゴールで先制を許した千葉は、失点直後の8分に右サイドに抜け出した清武からファーサイドのラリベイに鋭いクロスが入るが、わずかに届かない。早い時間帯に追いつきたいホームチームは、その後も前がかりになって攻めるが、ビルドアップや仕掛けのプレーでミスが目立ち、思うようにチャンスを作れない。 ▽一方、千葉の弱点である高い最終ラインの背後を徹底的に狙う群馬は、18分に裏へ抜け出した岡田のヒールパスから石田がシュート、40分には右サイドを完璧に抜け出した川田の折り返しから高井に2点目のチャンスも、ここは果敢に飛び出したGKが気になったか、ループシュートをクロスバーに当ててしまい、前半のうちに追加点を奪うことはできず。 ▽後半先に動いたのは、ビハインドを追う千葉。山本真に代えて町田をハーフタイム明けに投入。立ち上がりから厚みのある仕掛けを見せるホームチームは、53分と61分にいずれも町田とホルヘ・サリーナスのコンビからボックス付近でフィニッシュに持ち込むが、いずれも枠に飛ばすことができない。 ▽一方、後半に入って守勢が続く群馬は、54分に川田と石田を下げて、小林、高橋駿を同時投入。前半同様に前がかりな相手に対して、岡庭らがカウンターから決定機を迎えるが、このチャンスを決め切れない。 ▽最下位相手に取りこぼしは許されない千葉は、65分にホルヘ・サリーナスを下げて船山を投入。すると、この交代直後に同点ゴールが生まれる。67分、町田のスルーパスに抜け出した北爪がボックス右で丁寧に折り返すと、中央に走り込んだ高橋壱が滑り込みながら右足で流し込んだ。 ▽今季市立船橋高校から加入の高卒ルーキー高橋壱のプロ初ゴールで試合を振り出しに戻した千葉は、ここから勢いづいて群馬を押し込む。77分には高橋壱のスルーパスに抜け出した船山が左サイドからボックス中央に切り込んでシュートを放つが、これは枠を捉え切れず。 ▽試合終盤にかけては人数をかけて攻める千葉と、カウンターから一発を狙う群馬という構図の下、一進一退の攻防が繰り広げられるが、互いに決め手を欠いたまま、試合は1-1でタイムアップ。群馬が逃げ切り失敗も開幕からの連敗を「6」でストップした。一方、2試合連続でビハインドから追いついた千葉だったが、勝ち越す力はなく4戦未勝利となった。 2017.04.08 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

小屋松&仙頭の京都橘コンビがゴールも京都が千葉とドロー…岐阜が嬉しい今季初勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節のジェフユナイテッド市原・千葉vs京都サンガF.C.が1日にフクダ電子アリーナで行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽2連敗中の12位千葉と3連敗中の19位京都が浮上のキッカケを探る一戦。試合は開始2分に清武のFKからキム・ボムヨンに決定機が生まれるなど、ホームチームのペースで進む。すると8分、ボックス手前でパスを受けた清武が巧みなファーストタッチでDFを滑らせてかわし、最後は冷静に右足のシュートを流し込んだ。 ▽その後もハイラインハイプレスで相手を押し込む千葉に対して、京都は相手のウィークポイントである最終ラインの背後を狙い、間延びした中盤のスペースで受けた仙頭や小屋松が積極的にミドルシュートを狙う。すると24分、千葉の自陣からのクリアボールを頭で続けて前線に運ぶと、戻りオフサイド気味の位置取りをしていた小屋松がうまくオフサイドラインをかいくぐり、エリア外に飛び出したGK佐藤をかわし、無人のゴールへ流し込んだ。 ▽小屋松の移籍後初ゴールで振り出しに戻った試合は、その後も行ったり来たりのオープンな展開が続く。その中でよりゴールに迫ったのは追いついた京都だったが、30分の仙頭のシュートはGK佐藤の好守とDFのクリアに遭い、前半は1-1のイーブンで終了した。 ▽迎えた後半、開始4分にラリベイの絶妙な落としから山本真に決定機が訪れるが、枠の左隅を捉えたシュートはGK菅野の好守に阻まれる。すると60分、京都が後半最初の決定機をゴールに結びつける。ボックス手前で大野からパスを受けた仙頭がGK佐藤の前目のポジショニングを見極め、すかさず右足でコントロールシュートを狙うと、これがゴール左上隅の絶妙なコースに吸い込まれた。 ▽痛恨の逆転を許した千葉は、失点直後にセンターバックの若狭を下げてストライカーの船山を投入。3バックから4バックに変更し、より攻撃的な布陣でゴールを目指す。だが、相手陣内深くまでボールを運ぶものの、なかなか決定機を作り出せない。 ▽その後も攻めあぐねる千葉だったが、最後の最後に意地を見せる。後半アディヨナルタイム1分、左サイドを攻め上がったホルヘ・サリーナスが絶妙な左足クロスを入れると、パワープレー要員として前線に上がっていた近藤がコースを狙ったヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。そして、試合はこのまま2-2でタイムアップを迎え、共に連敗こそストップしたものの、待望の勝ち点3獲得とはならなかった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170401_19_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、同時刻に町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvsFC岐阜は、アウェイの岐阜が1-0で勝利した。 ▽4戦無敗(1勝3分け)の13位町田と、開幕5戦勝利のない20位岐阜の一戦は、ボールを保持する岐阜に対して、町田が堅守速攻で応戦する予想通りの展開が続く。互いにチャンスを作り合うもゴールが遠い中、71分に均衡が破れる。 ▽左サイドを強引に突破した古橋からの折り返しを、ゴール前に飛び込んだ難波が頭で流し込み、アウェイの岐阜が先制に成功。その後はホームの町田が押し込む展開となるが、松本らの決定機はGKビクトルに守り切られ、試合はこのままタイムアップ。町田との接戦を制した岐阜が、大木新体制で待望の今季初勝利を手にした。 2017.04.01 16:48 Sat
twitterfacebook
thumb

町田が千葉FW吉田眞紀人を期限付き移籍で獲得「チームの勝利に貢献できるように」

▽町田ゼルビアは30日、ジェフユナイテッド千葉のFW吉田眞紀人(24)を期限付き移籍で獲得したと発表した。 ▽吉田は今シーズンの明治安田生命J2リーグで1試合に出場している。同選手は町田の公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「この度、FC町田ゼルビアに加入することになりました。自分の力を最大限発揮し、チームの勝利に貢献できるよう精一杯、頑張りたいと思います。皆様、応援をよろしくお願い致します」 ▽また、千葉の公式サイト上では次のようにコメントしている。 「このたび、FC町田ゼルビアに移籍することになりました。急な移籍になってしまったことでファン、サポーターの皆さんに直接お伝えできなくて申し訳ありません」 「このクラブを離れるということは正直ものすごく寂しいですが、いちサッカー選手という立場で考えた時に、新たな環境でもう一度自分を見つめ直したいという思いからこの決断に至りました」 「ファン、サポーターの皆さんには日頃からたくさんの声をかけていただいて感謝しかありません。サッカー選手としてもっと上手く、もっと強くなって帰ってきたいと思います!」 2017.03.30 10:28 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング