超ワールドサッカー

ジェフユナイテッド千葉

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 千葉 24 6 6 7 25 27 -2 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
18:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
岐阜 vs 千葉
2017-07-01
18:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
千葉 vs 大分
2017-07-08
18:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
千葉 vs 讃岐
2017-07-16
19:00
明治安田生命J2リーグ
第23節
熊本 vs 千葉
2017-07-22
18:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
千葉 vs 金沢

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.17
18:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
水戸 3 - 1 千葉
2017.06.10
13:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
千葉 0 - 0 福岡
2017.06.03
19:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
岡山 2 - 1 千葉
2017.05.27
15:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
千葉 4 - 2 愛媛
2017.05.21
17:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
千葉 1 - 1 熊本

基本データ

正式名称:ジェフユナイテッド千葉

ホームタウン:市原市、千葉市

チームカラー:イエロー、グリーン、レッド

関連ニュース

thumb

水戸、3得点大勝! 千葉は清武FK弾も及ばず…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の水戸ホーリーホックvsジェフユナイテッド千葉が17日にケーズデンキスタジアム水戸で行われ、3-1で水戸が勝利した。 ▽9位の水戸(勝ち点28)は11戦負けなし、かつ前節は松本を1-0で下し3連勝中と上り調子にあるが、ここまで全試合フル出場を果たしてきたDF福井が出場停止となっていることが懸念事項となる。対する千葉(勝ち点24)は14位に沈んでいるが、前節は首位福岡(勝ち点37)を相手にドローへ持ち込み貴重な勝ち点1を手にし、チームは浮上のきっかけを掴みつつある。 ▽序盤は中盤での奪い合いが続いた。DFラインを高く設定する千葉に対し、水戸は素早くチェックをかけショートカウンターを狙う。決定機が訪れないまま時間が流れたが、26分に水戸がチャンスを得る。浜崎のクロスに林が頭から飛び込むも、うまくミートできずにボールはボックス内へこぼれる。こぼれ球に反応した外山がシュートを放つも飛び出したGKに阻まれた。再度ボールを拾った外山がGK不在のゴールへ押し込もうとするも、DFの懸命なブロックに遭い得点することは叶わず。 ▽すると39分、水戸が先制に成功する。浜崎が右サイド浅い位置から低めの速いアーリークロスを入れると、佐藤弘が意表を突いて足裏を使って橋本へ落とす。橋本がワントラップしてボックス手前中央から右足を振り抜くと、これが得点となった。 ▽折り返して46分、水戸が千葉を突き放す。外山が中央で佐藤弘へパスを送ると、佐藤弘はボックス右手前から強烈な無回転シュートを繰り出す。GKが手の先で触れるも、ボールはポストへ当たりネットに突き刺さった。 ▽62分、水戸が試合を決定付ける3点目を決める。橋本が前線へ浮き球のパスを出すと、前田がDFと倒れ込むように競り合いボールがこぼれる。走り込んでいた林がボールを拾うと思い切りよく左足で蹴り込み、千葉を突き放した。 ▽92分、諦めない千葉が一矢報いる得点を決める。ボックス手前中央からのFKを清武が直接狙う。精度の高いボールが壁の上を越えると、GKの手を掠めてバーを直撃し、そのままゴールへ吸い込まれた。 ▽反撃もむなしく、千葉の反撃もそこそこに試合は終了した。この結果、水戸(勝ち点31)は4連勝となった。対する千葉(勝ち点24)は昇格争いからはまた一つ遠ざかることとなった。 2017.06.17 20:41 Sat
twitterfacebook
thumb

千葉がDF岡野洵とプロA契約! 「ジェフに恩返しが出来るように」

▽ジェフユナイテッド千葉は11日、DF岡野洵(19)とのプロA契約締結を発表した。岡野は5月27日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節の愛媛FC戦で、公式試合時間450分以上出場のプロA契約変更条件を満たした。 ▽千葉の育成機関で育った岡野は、2014年9月に16歳ながら2種登録選手としてトップチーム登録されると、2016年に正式昇格。今シーズンはJ2リーグ6試合の出場を記録している。岡野はクラブ公式サイトで次のようにコメントした。 「A契約を締結できた事をとても嬉しく思います。今まで関わって下さったたくさんの人に感謝し、より高みを目指して日々精進していきたいと思います。1試合1試合全力で闘いジェフに恩返しが出来るように頑張りますので引き続き応援よろしくお願いします」 2017.06.11 11:39 Sun
twitterfacebook
thumb

首位の福岡、ホーム無敗の千葉と敵地で0-0《J2》

▽10日にフクダ電子アリーナで行われた明治安田生命J2リーグ第18節のジェフユナイテッド千葉vsアビスパ福岡は、0-0のドローに終わった。 ▽勝ち点23で14位につける千葉と、同33で首位に立つ福岡が激突。千葉が今シーズン無敗を誇るホームに福岡を迎え撃った。 ▽試合は千葉が序盤からボールポゼッションを高め、福岡を押し込む展開に。福岡は守備に追われる苦しい入りとなる。 ▽13分にはその千葉に決定機。ボックス右でボールを受けた船山が右足を振り抜く。これが枠内に飛ぶが、GKのセーブに阻まれた。 ▽序盤から劣勢の福岡は、15分を過ぎたあたりに冨安を一列前に上げて3バックから4バックに変更。中盤の枚数を増やして、試合の流れを引き寄せにかかる。 ▽そうした中、21分には右サイドからのクロスに中央のウェリントンがヘディングシュート。続く22分にはハイラインの背後を突いた山瀬がGKとの一対一を迎えるが、ゴールチャンスを不意にする。 ▽それでも、持ち直した福岡は34分にウェリントン、続く42分にも三門がゴールを強襲。いずれもネットを揺らすには至らなかったものの、優位な試合運びを見せる。 ▽しかし、後半に入ると、千葉もペースアップ。巻き返し始めた千葉と、尻上がりにペースを握り始めた福岡の激しい攻防戦となる。 ▽その中で、福岡は71分、ウィリアン・ポッピが放ったシュートがゴール前のこぼれ球に。素早く反応した三門がプッシュするが、押し込みきれない。 ▽その後も凌ぎを削る展開が続いたが、最後までスコアに動きなく、ゴールレスドローで終了した。これで、千葉は2戦未勝利。対する福岡は今シーズン3度目の連勝を逃した。 2017.06.10 14:57 Sat
twitterfacebook
thumb

石毛移籍後初ゴールで千葉に逆転勝ちの岡山が3戦負けなし!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節のファジアーノ岡山vsジェフユナイテッド市原・千葉が3日にシティライトスタジアムで行われ、ホームの岡山が2-1で勝利した。 ▽共に1勝1分けで2戦負けなしの19位岡山と、11位千葉の一戦。前節、大分トリニータとドローの岡山は、その試合でゴールを決めた武田に代えて塚川を起用。対する千葉は4-2で打ち勝った愛媛FC戦から町田に代えてアランダを先発で起用した。 ▽立ち上がりから互いにハイプレスを仕掛けるオープンな攻防の中、ホームの岡山はハイラインを敷く千葉に対して、3分に石毛がロングシュートを狙うなど、相手のウィークを意識した攻めで主導権を掴む。16分には石毛の右CKを塚川が打点の高いヘディングで合わすが、これはGK佐藤優の好守に阻まれた。 ▽一方、守備に追われる時間が続く千葉だったが、27分に最初の決定機。右サイドからアランダが入れたクロスをゴール前の指宿がヘディングシュート。これはGK一森のファインセーブに遭うが、ボックス左でこぼれ球に詰めた乾が角度のないところからシュート。だが、そのままでもゴールラインを割る可能性が高かった中、オフサイドラインに居た指宿が押し込んでしまい、このゴールはオフサイドの判定で認められず。 ▽絶好の先制機を逸した千葉だったが、スーパーゴールで均衡を破る。34分、セットプレーの流れから佐藤勇のクロスはGKにパンチングで弾かれるが、ボックス手前左でこぼれ球に反応したキム・ボムヨンが左足を一閃。すると、この弾丸ミドルシュートがゴール右上隅の絶妙なコースに突き刺さった。 ▽防ぎようがないスーパーミドルで先制を許した岡山は、40分過ぎに渡邊が足を痛めてプレー続行不可能となるアクシデントが発生。だが、皮肉にもここで緊急投入された片山が試合を振り出しに戻す同点ゴールを決める。前半アディショナルタイム3分、GK一森のロングボールがDF岡野とGK佐藤優の連係ミスを誘い、難なく抜け出した片山が無人のゴールへ冷静に蹴り込んだ。 ▽相手のミスによって1-1のイーブンで後半に臨んだ岡山は、51分にゴール前に飛び出した豊川が惜しいヘディングシュートを放つなど、ハイプレスと相手の背後を狙う形の仕掛けが機能。すると54分、相手陣内右サイドでDFキム・ボムヨンのパスをカットした片山がそのままボックス内に持ち込んでクロス。これはDFに当たってコースが変わるも、うまくこぼれ球に反応した石毛がゴール前で豪快に蹴り込み、移籍後初ゴールを奪取。なお、このゴールは岡山にとってJ2ホーム通算200点目となった。 ▽再びミスから失点して逆転を許した千葉は、失点直後にアランダとキム・ボムヨンを下げて船山、町田を入れる2枚替えを敢行。この選手交代を機に攻勢を強める千葉は、70分過ぎに続けて決定機が訪れる。72分、カウンターから前線でロングボールを収めた船山が指宿とのパス交換でボックス右に抜け出しシュートを放つが、このシュートはクロスバーを叩く。直後には再びボックス右で枠を捉えたシュートを放つが、今度はGK一森の好守に阻まれた。 ▽その後、最後の交代カードとしてラリベイをピッチに送り出し、形振り構わぬ猛攻に出る千葉だが、冷静に試合をコントロールする岡山をあと一歩で崩し切れない。逆に、前がかりなところをカウンターで突かれるが、相手のフィニッシュの精度にも助けられ、何とか同点に望みを繋ぐ。試合終盤にかけては指宿とラリベイのツインタワー目掛けたロングボールで最後までゴールを目指すが、試合はこのままタイムアップ。 ▽緊急投入の片山が2ゴールに絡む活躍で逆転勝利に導いた岡山が、リーグ3戦負け無しで暫定15位に浮上した。一方、2つのミスが響いて逆転負けの千葉は3戦ぶりの黒星となった。 2017.06.03 21:12 Sat
twitterfacebook
thumb

愛媛下した千葉が今季初逆転勝ちで3試合ぶり勝ち点3《J2》

▽27日に行われたフクダ電子アリーナで行われた明治安田生命J2リーグ第16節のジェフユナイテッド千葉vs愛媛FCは、ホームの千葉が4-2で勝利した。 ▽13位の千葉と8位の愛媛が激突した。試合は12分、カウンターから白井がディフェンスラインの裏を狙ったスルーパスを供給。ボックス内で受けた近藤がGKとの一対一を制し、愛媛が先制する。 ▽しかし、千葉は31分、こぼれ球を拾った清武がボックス右からクロスを上げると、乾が頭で合わせてゴールネットに突き刺して同点。続く38分には山本真希が町田とのワンツーからダイレクトでゴール右隅に蹴り込み、千葉が勝ち越した。 ▽44分に清武が放ったシュートのこぼれ球から町田にもゴールが生まれた千葉。64分には左CKからキッカーの清武が右足でクロスを送り、指宿の頭上を越えたボールに反応したニアサイドの近藤が頭で合わせ、チーム4点目を記録する。 ▽しかし、74にはスローインからボックス右の丹羽が右足でクロスを送り、小島のボレーシュートで愛媛が反撃。それでも、これ以上の反撃を許さなかった千葉が今シーズン初の逆転勝ちで3試合ぶりの白星を手にした。 2017.05.27 16:57 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング