超ワールドサッカー

水戸ホーリーホック

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 水戸 31 8 7 4 24 18 6 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
18:00
明治安田生命J2リーグ
第20節
水戸 vs 讃岐
2017-07-01
19:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
岡山 vs 水戸
2017-07-08
18:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
水戸 vs 熊本
2017-07-16
18:00
明治安田生命J2リーグ
第23節
町田 vs 水戸
2017-07-22
19:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
大分 vs 水戸

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.17
18:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
水戸 3 - 1 千葉
2017.06.11
14:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
松本 0 - 1 水戸
2017.06.03
13:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
水戸 2 - 0 大分
2017.05.28
13:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
熊本 2 - 3 水戸
2017.05.21
14:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
水戸 1 - 1 徳島

基本データ

正式名称:水戸ホーリーホック

原語表記:Mito Hollyhock

ホームタウン:水戸市

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

水戸、3得点大勝! 千葉は清武FK弾も及ばず…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の水戸ホーリーホックvsジェフユナイテッド千葉が17日にケーズデンキスタジアム水戸で行われ、3-1で水戸が勝利した。 ▽9位の水戸(勝ち点28)は11戦負けなし、かつ前節は松本を1-0で下し3連勝中と上り調子にあるが、ここまで全試合フル出場を果たしてきたDF福井が出場停止となっていることが懸念事項となる。対する千葉(勝ち点24)は14位に沈んでいるが、前節は首位福岡(勝ち点37)を相手にドローへ持ち込み貴重な勝ち点1を手にし、チームは浮上のきっかけを掴みつつある。 ▽序盤は中盤での奪い合いが続いた。DFラインを高く設定する千葉に対し、水戸は素早くチェックをかけショートカウンターを狙う。決定機が訪れないまま時間が流れたが、26分に水戸がチャンスを得る。浜崎のクロスに林が頭から飛び込むも、うまくミートできずにボールはボックス内へこぼれる。こぼれ球に反応した外山がシュートを放つも飛び出したGKに阻まれた。再度ボールを拾った外山がGK不在のゴールへ押し込もうとするも、DFの懸命なブロックに遭い得点することは叶わず。 ▽すると39分、水戸が先制に成功する。浜崎が右サイド浅い位置から低めの速いアーリークロスを入れると、佐藤弘が意表を突いて足裏を使って橋本へ落とす。橋本がワントラップしてボックス手前中央から右足を振り抜くと、これが得点となった。 ▽折り返して46分、水戸が千葉を突き放す。外山が中央で佐藤弘へパスを送ると、佐藤弘はボックス右手前から強烈な無回転シュートを繰り出す。GKが手の先で触れるも、ボールはポストへ当たりネットに突き刺さった。 ▽62分、水戸が試合を決定付ける3点目を決める。橋本が前線へ浮き球のパスを出すと、前田がDFと倒れ込むように競り合いボールがこぼれる。走り込んでいた林がボールを拾うと思い切りよく左足で蹴り込み、千葉を突き放した。 ▽92分、諦めない千葉が一矢報いる得点を決める。ボックス手前中央からのFKを清武が直接狙う。精度の高いボールが壁の上を越えると、GKの手を掠めてバーを直撃し、そのままゴールへ吸い込まれた。 ▽反撃もむなしく、千葉の反撃もそこそこに試合は終了した。この結果、水戸(勝ち点31)は4連勝となった。対する千葉(勝ち点24)は昇格争いからはまた一つ遠ざかることとなった。 2017.06.17 20:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ワンチャンスをモノにした水戸が松本を破りクラブ記録の11試合無敗達成!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第18節の松本山雅FC vs 水戸ホーリーホックが11日に行われ、1-0で水戸が勝利した。3連勝を飾った水戸は、これで11試合無敗とし、クラブ記録を樹立した。 ▽ここ7試合でわずか1勝と苦しんでいる14位の松本(勝ち点23)は、前節1-1で引き分けた東京V戦からGK村山を鈴木に代えて試合に臨んだ。対する水戸(勝ち点25)は、現在2連勝中と好調。2-0で勝利した前節の大分戦から前田を白井に代えて3連勝を目指した。 ▽試合は序盤から松本ペースで進んでいく。6分に後藤がゴールライン付近から右足を振り抜きGK笠原を強襲すると、11分にも高崎がヘディングで狙うがクロスバーの上に外れる。 ▽一方の水戸は、21分にカウンターから白井が右足を振り抜くが、GK鈴木がしっかりとセーブ。徐々に盛り返しを見せる水戸だが、その後は松本ゴールを脅かすまでには至らない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、試合の大勢は変わらず松本が攻める展開。しかし、ここまで守勢だった水戸はFKのワンチャンスをモノにする。70分、ボックス外右で獲得したFKを橋本がファーサイドに送ると、福井が頭で合わせる。シュートは左ポストに当たるもそのままネットを揺らした。 ▽その後の水戸は最終ラインに5人並べて完全に守備固め。対する松本は、77分にボックス手前中央からのFKで宮阪が直接狙うが、クロスバーの上へ外れてしまう。試合終了間際の91分には、CKから橋内が頭で合わせるも、これも枠の外へ。 ▽試合はこのまま終了。攻め続けながらも勝ち点を拾えなかった松本は悔しい敗戦。一方、ワンチャンスをモノにした水戸は1-0で勝利を収め3連勝。これでリーグ戦11試合負け無しというクラブ新記録を樹立した。 2017.06.11 16:35 Sun
twitterfacebook
thumb

後半2ゴールの水戸が大分に完勝で10戦無敗!!《J2》

▽3日に明治安田生命J2リーグ第17節の水戸ホーリーホックvs大分トリニータがケーズデンキスタジアム水戸で行われ、2-0で水戸が勝利した。 ▽前節ロアッソ熊本戦で6試合ぶりの白星を飾り、クラブ記録となる9戦無敗とした13位の水戸(勝ち点22)が、ファジアーノ岡山とドローに終わり2戦連続引き分けとなっている7位の大分(勝ち点25)を迎えた。 ▽試合はキックオフ直後に、この試合がスタメン初出場となった吉平がシュートを放つなど、大分が積極的な入りを見せる。5分には後藤がドリブルで持ち上がり、吉平からの折り返しを後藤が右足で狙うが、GKの正面を突いた。 ▽一方の水戸は、最前線の前田にボールを集めるが、大分もしっかりとマークを置いて自由にさせず。そのため水戸の攻撃は停滞していった。一方の大分もやや重心を下げたことで、アタッキングサードまでボールを運ぶ回数が減る。 ▽それでも34分、自陣からショートパスを繋いで攻め込んだ大分は、ボックス左の吉平がカットイン。そこからシュートではなく右サイドの展開して、もう1崩しを狙うが岸田のダイレクトで入れたクロスは精度を欠いてしまい、チャンスを潰す。 ▽水戸も前半アディショナルタイムにボックス内でこぼれたボールを外山が収める。そこから浮き球のパスをねらうが味方に通らず前半はゴールレスで終えた。 ▽後半は立ち上がりから水戸がボールを持って主導権を握っていく。49分には高い位置でボールを奪い、外山の折り返しから橋本が狙うが、相手のブロックに阻まれた。大分も54分、縦パスを受けた伊佐が反転して、さらにフェイントから右足で狙うが、ボールはクロスバーの上へと飛んでしまった。 ▽大分は76分に決定機を迎える。三平が高い位置でボールを奪い、伊佐とのパス交換でボックス左からシュート。これは右ポストを叩き、こぼれ球を拾った後藤のシュートは枠を越えてしまった。すると今度は水戸がチャンスを作る。80分、前田がGK上福元にプレスを敢行。上福元が出したパスを佐藤弘がカットして、最後は前田が押し込み、試合の均衡が破られた。 ▽さらに水戸は88分、右サイドから佐藤が入れた折り返しを白井が合わせる。しかしうまくミートできずにゴールマウスを外すが、これを林が押し込んで水戸が試合を決定付ける2点目を奪取。水戸が10試合無敗の2連勝とした。 2017.06.03 15:01 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸が鹿島GK小泉勇人を育成型期限付き移籍で獲得「自分のサッカー人生をかけ、特別な思いで決断」

▽水戸ホーリーホックは29日、鹿島アントラーズのGK小泉勇人(21)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなり、背番号は「40」を付ける。 ▽小泉はジュニアユースから鹿島に所属。ユース、トップチームと昇格していた。これまではU-22選抜としてJ3リーグに1試合出場したのみとなっている。小泉は両クラブを通じてコメントしている。 <span style="font-weight:700;">◆水戸ホーリーホック</span> 「このたび、鹿島アントラーズより加入することとなりました小泉勇人です。今回の移籍は、本当に自分のサッカー人生をかけ、特別な思いで決断をしました。僕は茨城県出身で、鹿島と水戸を小さい頃から見てきましたし、水戸という素晴らしいクラブでプレーできることを楽しみにしています。水戸の勝利に貢献できるよう、常に全力で戦いたいと思います。サポーターの皆さん、熱い応援をお願いします」 <span style="font-weight:700;">◆鹿島アントラーズ</span> 「このたび、水戸ホーリーホックに期限付き移籍することとなりました。このお話をいただいた時、自分の中では葛藤がありましたが、今後のサッカー人生を考えた時、一度外に出て、違う環境で成長したいと強く思いました。僕は鹿島アントラーズのホームタウンで生まれ育ち、ジュニアユースの時から約10年間お世話になっているこのクラブに、人一倍の思い入れと愛情があります。鹿島に長く在籍することが一番の幸せですが、特別なクラブにふさわしい選手となるため、日本でもトップクラスのプレーヤーに成長しなくてはなりません。水戸で日々練習に励み、サポーターの皆さんにたくましくなった姿を見せられるよう頑張ります。僕の気持ちはいつも、鹿島とともにあります」 2017.05.29 11:04 Mon
twitterfacebook
thumb

前半3ゴールの水戸が熊本の追撃を逃げ切り6試合ぶりの白星!!《J2》

▽28日に明治安田生命J2リーグ第16節のロアッソ熊本vs水戸ホーリーホックがえがお健康スタジアムで行われ、3-2で水戸が勝利した。 ▽前節のジェフユナイテッド千葉戦をドローで終えた18位の熊本(勝ち点15)が、徳島ヴォルティス戦を1-1のドローで終えて5戦連続ドローの8戦無敗とした15位の水戸(勝ち点19)を迎えた。 ▽晴天の中で開始された試合はホームの熊本がパスを繋いでビルドアップしていく。しかし水戸がロングボールを多用し、最前線の前田を走らせるシンプルな攻撃に徹することで、熊本のバックラインは徐々に後退し、水戸が流れを引き寄せていく。 ▽すると25分、水戸は左CKからニアサイドで選手に当たってコースが変わりファーサイドに流れたところを林が頭で押し込んで先制点を奪う。リードした水戸は直後の28分にも林がボックス内までボールを運んで左足でシュートを沈めて一気に2点を奪った。 ▽2点を追いかける熊本は、前に出る姿勢を見せるが36分、橋本からのロングボールに抜け出した前田がボックス左からシュート。一度はGKに防がれるが、こぼれ球を自身で押し込み早くも3点差とした。 ▽前半はそのまま終了を迎えると、追いかける熊本はハーフタイムで平繁を下げてグスタボを送り出す。すると47分にはそのグスタボがドリブルで起点を作り、ボックス手前でパスを選択。しかしこれは味方に繋がらず。 ▽それでも熊本は52分に左サイドの片山が入れたクロスを相手がクリアしきれず。こぼれたところにいた安柄俊が押し込んで1点を返した。さらに57分には右CKの流れからこぼれたところを林が押し込み、熊本が1点差と迫る。 ▽一方の水戸は68分に右サイドから抜け出した前田がシュートもGK野村がセーブ。こぼれ球に白井が合わせるが、ここもGK野村に防がれるなど点差を広げられない。 ▽終盤にかけてはお互いに決定機を作り出すが決めきれず。結局試合はそのまま終了を迎え、水戸が前半のリードを守り切って6試合ぶりの白星を飾っている。 2017.05.28 14:55 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング