浦和レッズ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 浦和 19 6 1 1 24 9 15 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-30
15:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
大宮 vs 浦和
2017-05-04
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
浦和 vs 鹿島
2017-05-10
19:00
ACL2017グループF
第6節
FCソウル vs 浦和
2017-05-14
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
新潟 vs 浦和
2017-05-20
14:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
浦和 vs 清水

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.26
19:30
ACL2017グループF
第5節
浦和 6 - 1 ウェスタン・シドニー
2017.04.22
14:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
浦和 3 - 2 札幌
2017.04.16
14:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
FC東京 0 - 1 浦和
2017.04.11
19:30
ACL2017グループF
第4節
浦和 1 - 0 上海上港
2017.04.07
19:30
明治安田生命J1リーグ
第6節
浦和 7 - 0 仙台

基本データ

正式名称:浦和レッドダイヤモンズ

原語表記:URAWA Red Diamons

ホームタウン:さいたま市

チームカラー:レッド

関連ニュース

thumb

7月にドルトムトとセビージャが来日!「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」として鹿島、浦和と対戦!

▽Jリーグは27日、2016年の明治安田生命J1リーグ王者の鹿島アントラーズと、YBCルヴァンカップ王者の浦和レッズがヨーロッパの強豪クラブと対戦する「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」の開催を発表した。 ▽「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」はJリーグが海外の強豪クラブを招へいし、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」として開催。今回はドルトムントとセビージャが来日し、ドルトムントは浦和と、セビージャは鹿島と対戦する。 ▽浦和vsドルトムントは7月15日(土)に埼玉スタジアム2002にで開催。鹿島vsセビージャは7月22日(土)に県立カシマサッカースタジアムで行われる。キックオフ時間などは未定となっている。 2017.04.27 18:16 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和のACLラウンド16進出決定によりJ1第13節の川崎Fvs浦和は7月5日に開催《J1》

▽Jリーグは26日、明治安田生命J1リーグ第13節の川崎フロンターレvs浦和レッズの試合開催日決定を発表した。試合は7月5日(水)に行われる。 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場している両チームのカードは、会場やキックオフ時間は発表されていたものの開催日が未定の状態だった。しかし、26日に浦和がACLのグループステージ突破が決定。これにより、開催日が決定した。 ▽試合は7月5日(水)の19時から、等々力陸上競技場で行われる。 2017.04.27 09:57 Thu
twitterfacebook
thumb

W・シドニーに6発圧勝の浦和、決勝T進出決定…Jリーグ勢一番乗り《ACL2017》

▽浦和レッズは26日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループF第5節でウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)をホームに迎え、6-1で快勝した。 ▽3勝1敗の勝ち点9で首位に立つ浦和。引き分け以上で16強入りが決まる今節は、最下位のウェスタン・シドニーをホームで迎え撃った。 ▽ペトロヴィッチ監督は、3日後に控える明治安田生命J1リーグ第9節の大宮アルディージャとのさいたまダービーを意識してか、直近の試合から先発を5名変更。総力戦でグループステージ突破を狙った。 ▽立ち上がりからコンビネーションサッカーで試合の主導権を握りにかかった浦和が攻勢。前線に人数をかけた攻撃をしっかりとシュートの形に繋げていき、W・シドニー守勢の展開に持ち込む。 ▽すると、浦和は14分、柏木からパスを受けた武藤がバイタルエリア左から中央にボールを供給。関根がワントラップから迷いなく右足を振り抜くと、これがネットを揺らして先制に成功する。 ▽関根の公式戦2戦連発弾で先取点を挙げた浦和は続く18分、バイタルエリア右外から駒井が不揃いな最終ラインの背後にスルーパス。これに反応したズラタンが右足ダイレクトでボールを流し込んだ。 ▽良い流れで2点リードに成功した浦和は、その後も試合の主導権をコントエロール。37分にはサンタラブにヘディングシュートを許すが、クロスバーに助けられるなど運も味方する。 ▽そうした状況の中、浦和は43分にカウンターを発動。ズラタンにボールを預けて前線に走り出した李が並走する駒井のグラウンダークロスに合わせる。浦和が効率良く得点を重ねていく。 ▽迎えた後半、次戦に向けて早いベンチワークを見せた浦和。しかし、62分にズラタンの負傷交代に見舞われると、66分に楠神にドリブルからGK西川の頭上を越える右足の技ありシュートを決められてしまう。 ▽それでも、ズラタンの負傷交代で急きょピッチに立ったラファエル・シルバが71分に4点目、80分に5点目と連続ゴール。続く後半アディショナルタイムには興梠もネットを揺らし、W・シドニーを圧倒する。 ▽結局、浦和がW・シドニーに6発圧勝。勝ち点を「12」に伸ばした浦和が最終節を残して2大会連続の決勝トーナメント進出を果たした。 2017.04.26 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌が粘りを見せるも浦和が“疑惑”のPKで逃げ切りに成功し首位キープ《J1》

▽22日、明治安田生命J1リーグ第8節の浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌が埼玉スタジアム2002で行われ、3-2で浦和が勝利した。 ▽現在5勝1分け1敗の勝ち点16で首位に立つ浦和は、前節のFC東京戦からスタメンを1名変更。菊池に変えて関根を右のワイドに配置し、興梠が1トップの位置に入る[3-4-2-1]のフォーメーションで臨んだ。一方の札幌はここまで2勝2分け1敗の勝ち点8で15位。前節の川崎フロンターレ戦からこちらも1名スタメンを変更し、内村に変えて菅を起用。[3-3-2-2]で試合に臨んだ。 ▽立ち上がりから主導権を握ったのは浦和。3分、武藤からのパスを右サイドで受けた関根がドリブル突破。クロスを上げるも、GKク・ソンユンがキャッチする。6分には、ボックス手前中央から宇賀神がミドルシュートを放つも、再びGKク・ソンユンが正面でキャッチする。 ▽札幌は11分に左CKを得ると、福森のクロスにニアサイドへ飛び込んだ宮澤がヘッド。シュートは枠に飛ぶも、GK西川がしっかりとキャッチする。 ▽14分、札幌が自陣でパスミス。これを拾った宇賀神が早めにクロスを入れると、ファーに流れたボールをフリーで関根が受け、ボックス内右からシュート。しかし、これもGKク・ソンユンがセーブする。 ▽立ち上がりから攻め立てる浦和の攻勢は止まらない。16分、柏木からのロングフィードに反応した興梠がオフサイドラインぎりぎりで抜け出すと、ボックス内で胸トラップからループシュート。前に出たGKク・ソンユンの頭上を越えていくも、これはわずかに大きく枠を捉えられない。 ▽さらに19分、遠藤のフィードをボックス内でパスを受けた関根がGKク・ソンユンと一対一に。しかし、シュートを選択せずに上がってきた興梠に戻してしまい、DFにクリアされる。それでも、これで得たCKからゴールが生まれる。柏木がゴール前にクロスを送ると、ボックス中央でラファエル・シルバが競り合うと、こぼれ球にいち早く反応し倒れ込みながらシュート。これがネットを揺らし、浦和が先制する。 ▽先制した浦和は25分にカウンターから決定機。武藤がドリブルで持ち出し、ラファエル・シルバへパス。ボックス内中央からラファエル・シルバがシュートを放つも、GKク・ソンユンにセーブされる。 ▽攻め立てる浦和だったが27分にミスからピンチを迎える。宇賀神のバックパスのズレを突き、スペースに流れたボールを都倉が追いかけるも、GK西川が大きくボックスを飛び出して何とかクリアする。 ▽徐々に攻撃のリズムが出てきた札幌は34分、一瞬の隙を突いて同点ゴールを奪う。左サイドでボールを持った田中が中央にボールを送ると、都倉の落としが浮き球になると菅がヘッド。これをオフサイドラインぎりぎりで抜けた兵藤がGK西川との一対一を冷静に沈め、同点に追いつく。 ▽追いつかれた浦和だったが、40分に勝ち越しに成功する。左サイドを仕掛けた宇賀神がクロス。これをボックス中央で興梠がどんぴしゃヘッドで合わせるも、GKク・ソンユンが素晴らしいセーブ。しかし、こぼれ球をボックス内で関根が豪快に蹴り込み、浦和が勝ち越しに成功する。 ▽浦和が1点リードで迎えた後半、最初にチャンスを作ったのは札幌。50分、都倉がボックス右でパスを受けると、対峙したDF2人の間を強引に突破。ボックス内右から左足でシュートを狙うも、枠を外れる。 ▽浦和は58分、ボックス手前でFKを得ると、柏木が直接狙うも、壁がわずかに触れて枠を外れる。60分には、ボックス内でGKク・ソンユンをかわしたラファエル・シルバが倒れ込みながらもシュート。しかし、力なくDFが処理する。 ▽73分には興梠がビッグチャンス。ラファエル・シルバのスルーパスに反応し、そのままシュート。これはGKク・ソンユンにセーブされるも、こぼれ球を拾いに行ったところで倒れるとPKの判定に。興梠自身の足がかかって倒れたように見えたが、荒木主審はPKスポットを指し、興梠がこのPKを落ち着いて決めてリードを2点とする。 ▽反撃に出たい札幌は小野を投入。小野は清水エスパルス時代以来6年ぶりの埼玉スタジアム凱旋となった。札幌は小野の投入により攻撃を活性化させると87分、ボックス手前でFKを獲得。これを福森が直接狙うと、鋭いシュートがゴール右下に決まり、札幌が1点差に迫る。 ▽同点を目指す札幌だったが、浦和がボールを握って時間を与えず。結局そのまま試合が終了し、3-2で浦和が勝利し、首位をキープした。 2017.04.22 15:56 Sat
twitterfacebook
thumb

リーグ戦連発の興梠弾でFC東京撃破! 浦和は3連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節、FC東京vs浦和レッズが16日に味の素スタジアムで行われ、浦和が1-0で勝利した。 ▽6節終了時点で、3勝2敗1分で7位につけるFC東京と、4勝1敗1分で2位につける浦和レッズの一戦。前節のコンサドーレ札幌とのアウェイ戦を1-2で敗れ、2試合白星がないFC東京は、札幌戦から先発メンバーを4人変更。太田と中島、田邉に代えて徳永と梶山、永井を起用した。また、練習中にボールが頭部に直撃し、脳震とうの疑いもあった大久保は欠場。前線には前田が入った。 ▽一方、前節のベガルタ仙台戦では攻撃陣が爆発し、7-0の大勝で連勝を飾った浦和は、11日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・第4節の上海上港戦(1-0で勝利)から先発メンバーを3人変更。青木と駒井、ズラタンに代えて菊池と武藤、興梠を起用した。 ▽試合はまずホームのFC東京が、好調の浦和を脅かす。1分、ボックス右手前でパスを受けた永井がフリックで縦に流すと、走り込んだ阿部がボックス右からシュートを放つも、西川にパンチングで防がれる。 ▽開始早々、ピンチを迎えた浦和が落ち着きを取り戻すと、速攻から先制点を奪う。14分、最終ラインからのパスを自陣中央で柏木が潰れてうまくつなぐと、カウンターを発動。ラファエル・シルバがドリブルで敵陣中央まで進攻すると、ボックス内にスルーパス。これに走り込んだ興梠が左足で右隅へと流し込んだ。 ▽リードを許したFC東京は19分、セットプレーから同点のチャンスを迎える。ボックス右外からのFKをキッカーの東がクロスを選択。これをゴール前中央の梶山がフリーの状況から頭で合わせるも、当てきることができず、ゴール左へ外れた。 ▽その後、浦和は細かいパスワークからクロス、ミドルシュートを織り交ぜてFC東京ディフェンスを揺さぶる。対するFC東京も、カウンターから最終ラインの裏を突き始めるも、ゴール前の枚数が少なく、攻め手を欠いてしまう。 ▽浦和の1点リードで迎えた後半、ここまで苦しい展開を強いられていたFC東京が反撃を見せる。50分、ボックス手前で前田からパスを受けた橋本が右足を振り抜くと、左ポストに直撃。55分、敵陣中央左のFKから東がクロスを入れると、そのままゴール方向へ。しかし、今度は右ポストに嫌われる。 ▽後半立ち上がり、FC東京が立て続けにチャンスを作ると、攻防はより激しさを増す。すると浦和は74分、自陣で奪ったボールをラファエル・シルバが受けると、ドリブルで敵陣へと進攻。ボックス内に浮き球のスルーパスを送ると、反応した興梠がキープから反転シュートを放つも、GK林彰洋の好守に阻まれる。 ▽対するFC東京は81分、東がボックス右外からクロスを入れると、ユ・インスが頭で逸らす。このボールをボックス内で受けた中島が右足でループ気味のシュートを放つも、枠を捉えることができない。 ▽追いつきたいFC東京は84分に徳永に代えて太田を投入。その後は、両サイドからクロスを放り込むも、脅かすには至らずそのまま試合終了。興梠のゴールを守り切った浦和が3連勝を達成。一方のFC東京は今季初の連敗を喫した。 2017.04.16 17:02 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング